リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
特集記事カテゴリー
検索条件

キーワード入力

商品カテゴリー
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

ビバレッジ・ベンディング[特集記事]調査データ詳細分析レポート

 

■ 特集記事調査データ ~ ビバレッジベンディング詳細分析レポートNo.1 ~

清涼飲料専門月刊誌 『ビバレッジ・ベンディング』 で掲載される特集記事の内容をより詳細に分析された調査結果を追加収録した別冊レポートです。

特集記事の企画調査では、独自にピックアップした業界のタイムリーなトピックスについて毎月調査しており、市場動向の把握に必須な内容となっています。特集記事用の調査データをさらに細分化して集計・分析した特集記事調査データを、月刊誌の本誌記事とあわせてご利用ください。

≫ 『ビバレッジ・ベンディング』のご紹介はこちら

【レポート形式】 ※ 各号共通

■ 調査実施要領
■ 対象者プロファイル
■ 特集記事掲載データ (本誌掲載の単純集計グラフまたは表付)

▽ 分析軸
 ・性別
 ・年代別
 ・性×年代別
 ・職業別
 ・地域別 [首都圏/京阪神]
 ・地域別×性別
 ・地域別×年代別
 ・地域別×性年代別
 ・地域別×職業別

■ 特集記事企画調査テーマ一覧

2009年12月号特集 清涼飲料市場の行方

特集企画調査 『清涼飲料市場の行方』

▽ 主要調査項目
 1) PB(プライベートブランド)商品購入頻度
 2) 清涼飲料PB(プライベートブランド)商品購入時の飲料ジャンル
 3) PB(プライベートブランド)商品を購入しない理由
 4) 自販機における電子マネー《SUICA、PASMO、ICOCA、EDYなど》利用実態
 5) 清涼飲料自動販売機に設置されていることが望ましいもの
 6) コンビニエンスストアでの清涼飲料購入時のその他購入商品

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年11月5日 ~ 11月11日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全973件

≫ 特集企画調査 『清涼飲料市場の行方』

2009年11月号特集 2009/2010年シーズン 缶コーヒー戦争

特集企画調査 『2009/2010年シーズン 缶コーヒー戦争』

▽ 主要調査項目
 1) 缶コーヒーの飲用頻度
 2) 缶コーヒーの購入場所
 3) 缶コーヒー購入時における基準ポイント
 4) 2009年秋 <缶コーヒー商品認知度>
 5) 2009年秋 <缶コーヒー商品購入経験率>
 6) 缶コーヒーに対しての訴求ポイント

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年10月3日 ~ 10月8日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全945件

≫ 特集企画調査 『2009/2010年シーズン 缶コーヒー戦争』

2009年10月号特集 第2回 清涼飲料自動販売機 生活利用実態調査

特集企画調査 『第2回 清涼飲料自動販売機 生活利用実態調査』

▽ 主要調査項目
 1) 普段自動販売機を良く利用する場所
 2) 普段利用する自動販売機のタイプ
 3) いつも決まって利用している清涼自動販売機の有無
 4) 清涼飲料自動販売機をよく利用する時間帯
 5) 生活圏内にある清涼飲料自動販売機の台数
 6) 生活圏内にある安売り清涼飲料自動販売機の台数

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年9月4日 ~ 9月10日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全979件

≫ 特集企画調査 『第2回 清涼飲料自動販売機 生活利用実態調査』

2009年9月号特集 巨大帝国誕生の足音

特集企画調査 『巨大帝国誕生の足音』

▽ 主要調査項目
 1) 「サントリー」の自販機でよく購入する清涼飲料ブランド
 2) 「サントリー」の自動販売機で良く購入する理由
 3) 「サントリー」の製品を自動販売機では購入しない理由
 4) 「キリン」の自動販売機でよく購入する清涼飲料ブランド
 5) 「キリン」の自動販売機で良く購入する理由
 6) 「キリン」の製品を自動販売機では購入しない理由

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年8月1日 ~ 8月6日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全966件

≫ 特集企画調査 『巨大帝国誕生の足音』

2009年8月号特集 新カテゴリー市場における攻防

特集企画調査 『新カテゴリー市場における攻防』

▽ 主要調査項目
 1) ゼリー飲料の購入頻度
 2) ゼリー飲料の生活飲用シーン
 3) ゼリー飲料の主購入場所
 4) 冷凍PET飲料の購入頻度
 5) 冷凍PET飲料の生活飲用シーン
 6) 自動販売機における購入意向冷凍商品

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年7月3日 ~ 7月7日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全957件

≫ 特集企画調査 『新カテゴリー市場における攻防』

2009年7月号特集 第2回 清涼自動販売機 購買実態調査

特集企画調査 『第2回清涼自動販売機 購買実態調査』

▽ 主要調査項目
 1) 清涼飲料の購入場所
 2) 清涼飲料自動販売機利用頻度
 3) 自動販売機での各メーカー別利用経験率 (過去半年以内)
 4) 自動販売機での各カテゴリー別購入経験率 (過去半年以内)
 5) 自動販売機での各カテゴリー別購入商品決定済率
 6) 自動販売機での1ヶ月あたりの平均使用金額

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年6月2日 ~ 6月9日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全969件

≫ 特集企画調査 『第2回清涼自動販売機 購買実態調査』

2009年6月号特集 容量 「280」 シリーズの逆襲

特集企画調査 『容量「280」シリーズの逆襲』

▽ 主要調査項目
 1) 缶120円、ペットボトル120円時の消費者選択
 2) 缶120円、ペットボトル130円時の消費者選択
 3) 缶120円、ペットボトル140円時の消費者選択
 4) 購入意向商品が『缶』のため、他のペットボトル商品を選んだ経験
 5) 「缶」の清涼飲料商品のデメリット
 6) 「ペットボトル」の清涼飲料商品のデメリット

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年5月1日 ~ 5月7日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全990件

≫ 特集企画調査 『容量「280」シリーズの逆襲』

2009年5月号特集 自動販売機”桃”バトル

特集企画調査 『自動販売機”桃”バトル』

▽ 主要調査項目
 1) 自動販売機で『桃』を使った飲料の購入頻度
 2) 自動販売機で購入したことのある『桃』製品
 3) 自動販売機で『桃』飲料を購入する際、重視する点
 4) 好きな『桃』を使った清涼飲料商品のタイプ
 5) 好きな『桃』と他の果物を使用した清涼飲料商品
 6) 好きな果汁飲料のタイプ

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年4月1日 ~ 4月5日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全982件

≫ 特集企画調査 『自動販売機”桃”バトル』

2009年4月号特集 第1回 清涼飲料自動販売機 生活利用実態調査

特集企画調査 『第1回 清涼飲料自動販売機 生活利用実態調査』

▽ 主要調査項目
 1) 普段利用する自販機
 2) いつも決まって利用している清涼自動販売機の有無
 3) 普段自動販売機を良く利用する場所
 4) 清涼飲料自動販売機をよく利用する時間帯
 5) 生活圏内にある自動販売機の台数
 6) 生活圏内にある安売り自動販売機の台数

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年3月5日 ~ 3月10日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全984件

≫ 特集企画調査 『第1回 清涼飲料自動販売機 生活利用実態調査』

2009年3月号特集 「0」 飲料時代の到来 ~炭酸・機能性飲料編~

特集企画調査 『 「0」 飲料時代の到来 ~炭酸・機能性飲料編~』

▽ 主要調査項目
 1) 購入したことのある「ゼロ」系商品
 2) カロリー「ゼロ」のコーラ飲料といえば
 3) その他コーラ系商品の購入経験
 4) その他スポーツ・機能性飲料購入経験
 5) 特定保健用食品購入経験
 6) 魅力的なキーワード

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年2月6日 ~ 2月10日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全1,005件

≫ 特集企画調査 『 「0」 飲料時代の到来 ~炭酸・機能性飲料編~』

2009年2月号特集 アサヒカルピスビバレッジ ~統合1年後の実態~

特集企画調査 『アサヒカルピスビバレッジ ~統合1年後の実態~』

▽ 主要調査項目
 1) アサヒ飲料とカルピス社の自動販売機混合販売の認知
 2) 自販機混合販売で購入したアサヒ飲料
 3) アサヒ飲料を自販機以外で購入する機会
 4) 自販機混合販売で購入したカルピス社製品
 5) カルピス社製品を自販機以外で購入する機会
 6) アサヒ飲料又はカルピス社のイメージの変化

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2009年1月8日 ~ 1月13日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する15~59歳男女
 有効回答数 : 全994件

≫ 特集企画調査 『アサヒカルピスビバレッジ ~統合1年後の実態~』

2009年1月号特集 第1回 清涼自動販売機 購買実態調査

特集企画調査 『第1回 清涼自動販売機 購買実態調査』

▽ 主要調査項目
 1) 清涼飲料の購入場所
 2) 清涼飲料自動販売機利用頻度
 3) 自動販売機での各メーカー別利用経験率 (過去半年以内)
 4) 自動販売機での各カテゴリー別購入経験率 (過去半年以内)
 5) 自動販売機での各カテゴリー別購入商品決定済率
 6) 自動販売機での1ヶ月あたりの平均使用金額

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2008年12月6日 ~ 12月10日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する16~59歳男女
 有効回答数 : 全972件

≫ 特集企画調査 『第1回 清涼自動販売機 購買実態調査』

2008年12月号特集 ホット飲料の実態分析

特集企画調査 『ホット飲料の実態分析』

▽ 主要調査項目
 1) ホット飲料(食品)購入経験商品
 2) ホット飲料(食品)を購入する際に、最も良く購入する場所(業態)
 3) ホット飲料(食品)はどの容器で販売されていると一番好ましいか
 4) 欲しいホット飲料
 5) ダイドー 「高速加温システム搭載自販機」 購入意向度
 6) ダイドー 「高速加温システム搭載自販機」 購入意向商品

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2008年11月7日 ~ 11月11日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する16~59歳男女
 有効回答数 : 全1,031件

≫ 特集企画調査 『ホット飲料の実態分析』

2008年11月号特集 「0」 飲料時代の到来 ~コーヒー編~

特集企画調査 『 「0」 飲料時代の到来 ~コーヒー編~』

▽ 主要調査項目
 1) 購入したことのある 「糖類0 (ゼロ)」 の商品
 2) 購入したことのある 「糖類0 (ゼロ)」 の缶コーヒー
 3) 「糖類0 (ゼロ)」 の缶コーヒーの購入理由
 4) 「糖類0 (ゼロ)」 の缶コーヒーといえばどの商品か
 5) 「糖類0 (ゼロ)」 の缶コーヒーの今後の購入意向
 6) 「糖類0 (ゼロ)」 の缶コーヒーを購入しない理由

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2008年10月7日 ~ 10月12日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する16~59歳男女
 有効回答数 : 全1,050件

≫ 特集企画調査 『 「0」 飲料時代の到来 ~コーヒー編~』

2008年10月号特集 飲料業界における物価高と原料高騰の波

特集企画調査 『飲料業界における物価高と原料高騰の波』

▽ 主要調査項目
 1) ペットボトル商品値上認知度
 2) 10円値上した場合の購入頻度の変化
 3) 130円280mlPET vs 120円350g缶
 4) 清涼飲料水の価格の一部値上がりによる購入頻度の変化
 5) 清涼飲料水を購入する頻度が減ったことで、利用する機会が増えたこと
 6) 毎月、清涼飲料水に使用する金額

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2008年9月6日 ~ 9月9日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する16~59歳男女
 有効回答数 : 全1,089件

≫ 特集企画調査 『飲料業界における物価高と原料高騰の波』

2008年9月創刊号特集 新ジャンル飲料ラインナップの到来

特集企画調査 『新ジャンル飲料ラインナップの到来』

▽ 主要調査項目
 1) ふるふるシェィカー (購入経験・認知度)
 2) ふるふるシェィカー (購入理由)
 3) ふるふるシェィカー (今後のフレーバー)
 4) ふるふるシェィカー (今までの類似品購入経験)
 5) ふるふるシェィカー (冬場の購入予測状況)

▽ 調査方法 / 調査期間
 調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
 調査期間 : 2008年8月6日 ~ 8月8日

▽ 調査対象 / 有効回答数
 調査地域 : 首都圏(埼玉/千葉/東京/神奈川)及び 京阪神(京都/大阪/兵庫)
 調査対象者 : 上記地域に居住する16~59歳男女
 有効回答数 : 全1,099件

≫ 特集企画調査 『新ジャンル飲料ラインナップの到来』


このページのTOPへ