リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

未来予測2013-2023

経済動向予測, 世界経済長期展望, 世界経済見通し, 世界経済動向, 世界GDP成長率推移, 日本経済動向, 産業構造モデル, エネルギー政策, アジア富裕層, 新興国ビジネス, ロングライフ社会化, 有望技術ロードマップ, M2M市場予測, 再生医療市場予測, ロボット市場予測, ナノテクノロジー技術予測, 未来予測

未来予測2013-2023

Clip!

~ [世界の未来潮流とアベノミクス後の日本・日本企業] 世界と日本の社会・経済情勢動向予測、注目業界の市場予測や技術予測も含め、中長期事業計画時に着目すべき 10年後の将来予測に関する各種データを網羅! ~

  • オススメ

未来予測2013-2023

未来予測2013-2023

  • 世界の未来に向けた変化とその潮流が及ぼす日本への影響!
  • 基本潮流や制約条件に係わる重要で信頼性の高い基礎データを網羅!
  • 経済/産業構造の転換、消費市場など日本固有の諸条件や論点に注目!
  • 世界市場の枠組みで2030年までの市場を予測!
  • 分析対象領域は、拡大が予想される基本20品目&有望な36市場!
  • 技術予測データを基にした主要技術レベルの国際比較も!
  • 全ページフルカラー仕様で10年後の未来をグラフィカルに図解!
  • 商品コード: TCI00007

    【資料概要】

    未来潮流の中でアベノミクスを契機に潮目が変わる日本~事業体制を変えていかざるをえない日本~10年後の未来からビジネス環境を俯瞰!好評未来予測シリーズ第4弾!

    世界はこの10年で大きく変化しています。中国の経済規模は10年間で5倍強 (名目ドルベース) に拡大し、半導体の集積度は約64倍に進化しました。次の10年は、もっと大きな変化が起こるでしょう。当然事業環境も変化していきます。

    本書 『未来予測2013/2023』 は、未来の変化の様相を多角的に捉え、俯瞰できる構成になっています。折しも、アベノミクスによって、日本の未来の潮流も潮目が変わる局面となっています。

    未来予測手法に基づき10年スパンで主要な未来予測指標と仮説を網羅的に整理し、大きな潮流を捉えて分析、貴社事業の経営戦略・事業戦略立案に資するデータをご提供しています。

    未来の変化を踏まえた事業計画の見直しの一助として、また、論点整理用の資料として、本書をご活用いただければ幸いです。

    【本書の主な論点 】

    □ 自由貿易圏の広がりは何をもたらすのか
    □ 世界・日本のポジションはどう変化しているのか
    □ 資源制約はどう克服されるか
    □ 未来技術はビジネスをどう変えるのか
    □ 未来の日本に立地できる産業・ビジネスは何か
    □ マネー経済はビジネスにどう影響するのか
    □ 民意形成過程の変化はどう社会を変えるのか

    【 『未来予測2013-2023』 資料構成 】

    【第1章】 世界の未来潮流の解説と日本の選択 1~65ページ
    世界の未来に向けた変化とその解説、及び世界の潮流が日本・日本企業に及ぼす影響と予想される選択について、本書の見方を示しています。過去の未来予測シリーズの3倍の紙面を割いています。

    【第2章】 世界の潮流 66~251ページ
    世界の制約条件や基本潮流に係わる基礎データを基に、本書の視点を加味したグラフィカルなページ構成になっています。未来予測において重要度が高く、信頼性の高い基礎データを網羅的に収集分析し、いくつかのデータを組み合わせることで、より鮮明な未来が見えるよう加工しています。尚、データのほとんどは、前回未来予測から刷新しています。

    【第3章】 日本の潮流 252~323ページ
    日本固有の諸条件や、大きな論点となるロングライフ化、経済・産業構造の転換、日本の消費市場、地方の衰退などに力点を置いてデータ収集・加工しています。前項同様、ほとんどのデータを刷新しています。

    【第4章】 市場予測 324~378ページ
    世界市場の枠組みで2030年までの市場予測を行っています。対象品目は、新興国の台頭で拡大が予想される基本品目20と有望な市場領域36市場を取り上げています。調査方法は、各種市場予測データを基に弊社が補完調査を行い、予測したものです。

    【第5章】 技術予測 379~410ページ
    各種技術予測データを基に、10年後に実現している技術を用いた社会や生活をイメージしたフューチャーピクチャーと、主要技術レベルの国際比較で構成されています。

    【 『未来予測2013/2023』 編集委員 】

    原 陽一郎
      研究・技術計画学会 前会長
      長岡大学 前学長
      元 (株)東レ経営研究所 代表取締役社長

    安部 忠彦
      (株)富士通総研 経済研究所 研究理事

    鳥海 光弘
      東京大学 新領域創成科学研究科 名誉教授

    清水 克彦
      (株)東京創研 代表取締役

    【 『未来予測2013-2023』 レポート掲載サンプル 】

    ※ 各画像は、レポート内の複数のページを合成したサンプルイメージです。

    【 I 世界の未来潮流の解説と日本の選択 (1) 】
    I.世界の未来潮流の解説と日本の選択[未来予測2013-2023]

    【 I 世界の未来潮流の解説と日本の選択 (2) 】
    I.世界の未来潮流の解説と日本の選択[未来予測2013-2023]

    【 II. 世界の潮流 (1) 】
    II.世界の潮流[未来予測2013-2023]

    【 II. 世界の潮流 (2) 】
    II.世界の潮流[未来予測2013-2023]

    【 III 日本の潮流 (1) 】
    III.日本の潮流[未来予測2013-2023]

    【 III 日本の潮流 (2) 】
    III.日本の潮流[未来予測2013-2023]

    【 IV 市場予測 (1) 】
    IV.市場予測[未来予測2013-2023]

    【 IV 市場予測 (2) 】
    IV.市場予測[未来予測2013-2023]

    【 V 技術予測 (1) 】
    V.技術予測[未来予測2013-2023]

    【 V 技術予測 (2) 】
    V.技術予測[未来予測2013-2023]

    【 『未来予測2013-2023』 はじめに 】

    未来予測シリーズの発刊は今回で4回目(初回発刊は2006年)である。過去の未来予測は、基礎条件・基本潮流等の外部環境の変化に力点を置き、企業の競争条件にあたる戦略環境にはあまり踏み込んで来なかった。今回の未来予測は日本・日本企業の戦略環境の変化も解説として加えるものとした。またすべてのデータを刷新し、入れ替えている。

    欧米の未来予測の多くは、日本の未来に対して悲観的な予測を行っている。高齢化による人口オーナスや失われた20年を根拠として衰退国としての道を歩むとしている。一人当たりGDPでは、10年以内に韓国に抜かれ、さらにその差が広がるという予測もある。これに対して、安部新政権は日本再生をテーマに掲げ、強い日本の復活にチャレンジするとしている。国の経済成長は、基礎条件や基本潮流に影響されるが、政権の安定性や政策、企業戦略にも大きく左右されるものでもある。日本・日本企業にとって今後の何年間かは、欧米の予測通りに進むのか、再び成長軌道に乗るのかの岐路になるだろう。

    本書では未来予測の視点から日本・日本企業の戦略環境における論点を抽出するものとしたい。日本は失われた20年の間にも様々な政策や企業戦略を試してきた。しかし、充分な結果は得られていない。このことは、今までの視点から考えた政策や企業戦略では不充分であることを示している。不充分になってしまった要因は外部環境の変化に対しての認識が足りないこと、あるいは過去の経験や根拠のない期待感がバイアスとなって冷徹な判断ができていないことにもよると考えられる。未来予測は、現状とありたい姿との認識のギャップを、現状のトレンドを拡張することによって鮮明に映し出す。本書では、未来予測を通じて、日本・日本企業の政策・戦略検討における踏み込んだ方向感を示したい。

    未来予測は、正確な未来を予測することはできない。しかし、未来の方向性はある程度示すことができる。現状対応だけではビジョナルな事業運営はできない。中長期の計画が重要であることは言うまでもないが、中長期の計画には方向感が欠かせない。常に方向感の精度を高めていくことが、今日の日本・日本企業に重要な意味を持つと思われ、そのためにこそ未来予測が必要なのである。

    【 『未来予測2013-2023』 発刊の辞 - (株)東京創研 】

    今回の 『未来予測』 は冒頭の解説を大幅充実させていて、過去に発刊した 『未来予測』 の3倍の紙面を割いています。紙面を増やした理由は、クライアント各位からもう少し説明文を増やして欲しいというご要望をいただいていたことと、アベノミクスによって潮目が変わりつつある日本の変化は、データページだけでは説明しきれないことによります。

    潮目が変わったことは、株価の上昇や為替の変動に端的に表れていますが、低成長ボケした日本が、世界潮流のダイナミズムにアクセスして、蘇るフェーズに入ったことも意味しています。ただし、日本が本格的に成長軌道を取り戻すには、多くの政策投入や企業の経営革新を必要とし、これからの数年間におけるそれらの選択が将来を左右すると見込まれます。

    今回の未来予測では、世界の潮流の解説とともに、日本・日本企業の有望な選択肢とその背景についての検討を載せています。クライアント各位が、新たに取り組まれる事業計画立案、経営戦略立案の参考としていただければ幸いです。

    【 『未来予測2013-2023』 発刊に寄せて - 編集委員 原 陽一郎 / 長岡大学 前学長】

    東京創研は昨年の 『消費者未来予測2012/2017』 に引き続いて、このたび、マルチクライアントレポート 『未来予測2013/2023』 を刊行しました。2006年版から始めて5回目です (『未来予測』 は4回目)。継続していることに大きな意義があると考えています。世の中の変化への理解が深くなると同時に、わずかの変化の予兆にも敏感になるからです。投資アナリストと同じです。

    未来予測的な論考を発信しているシンクタンクは珍しくありませんが、これほど大規模に予測データを収集して、その意味を多元的に読み解いて、10年後の日本の姿を描いたものは他にありません。シンクタンク、調査・コンサルタント会社としては際立ってユニークな存在と言えるでしょう。

    今から15年ほど前、21世紀の到来を目の前にして、経済産業省は長期の経済政策を作ろうと考えていました。これが東京創研が未来予測に取り組むことになった直接のきっかけでした。

    当時、私は経済産業省等の委託で、数年にわたってイノベーションに関する実証的な調査研究を手掛けていました。そのような関係で、経産省が未来予測に関心を持っていることを知りました。そこで私は経産省の幹部にある提案をしたのです。

    私は1990年前後、東レの全社技術経営を仕切る立場だったときに、研究・技術開発戦略を立てるために、未来予測が必要と考え、社内の企画スタッフを動員してプロジェクトチームを作って、10年度の未来予測をやった経験があります。これはいくつかの予測手法を組み合わせる本格的な試みでした。これは東レが本格的に経営戦略を立てるときの前提になりました。今、振り返ってみると、変化の方向としては当っていて、先読みのできていたところもすくなくなかったのですが、バブル崩壊はまったく予想外でした (これも後で考えれば十分によめたこと)。しかし、このやり方の問題点は膨大な時間と人手がかかることです。外注すればスペシャリストの人件費を含めて2、3千万円を超えたでしょう。

    その後、東レ経営研究所の社長に転じてからは、シンクタンクの仕事のベースとして未来予測の技法を活用するよう心掛けたのです。そんな頃、世界的な企業T社が10年後の社会の予測の結果を経営会議に報告し、それに基づいて研究開発戦略を立てているという話を聞きました。彼らに言わせれば、“これは当然のこと、未来に向けて研究開発を行う以上、未来予測は欠かせない、これはT社の経営の伝統だ” とのこと。さすがに世界市場でダントツの強さを誇っている会社は違うと感心しました。予測の方法を聞いて、これも感心しました。未来のことはたくさんの人たちが考え、気楽に発言しています。マンガや女性週刊誌などにはたくさん出てきます。T社では、ありとあらゆる分野の図書、雑誌類を集めて、未来について語られている部分を抜き出してカードにして、KJ法で集約するとういう方法を使っているとのこと。これは手軽で、しかも柔らかい方法だと思いました。この手法を後に私は “予見;KJ法” と名付けました。

    未来予測の分類[未来予測2013-2023]

    もう一つヒントがあります。オープン・イノベーションの議論が盛んになっていました。組織の壁を越えた知恵の結集がキーワードです。プロジェクトのメンバーを組織に関係なく集めることができれば、制約なしに最適のチームが出来ます。ただし、信用力のある組織体がプロジェクト・チームの受け皿になる必要があります。NTTドコモのiモードの開発はその先駆的事例です。

    私が経済産業省に提案したのは、東レでの未来予測の体験をベースにT社の方法とオープン・イノベーションのチーム作りの組み合わせです。これだと比較的短期間にコストも安く、しかも質の高い成果が得られます。私は東レ経営研究所の元社長で仕事の上でも関係を持っていましたが、東レ経営研究所が引き受けるとは言いませんでした。

    経済産業省は面白いと思ってくれたようです。企画提案書を出すことになりました。まず、プロジェクト・チームを作りました。全員サラリーマンですから、仕事は夜と土日が前提。受け皿会社をどこにするか、皆で相談した結果、チームの一員である清水さんが社長をしている東京創研が受託企業になりました。

    こうして半年ほどで仕上げたのが13年前の 「技術革新の進展が我が国未来社会、経済、産業に与える影響に関する調査研究報告書」 です。経産省の長期戦略作りの拠りどころにしてもらったと私たちは思っています。

    ▼ 『未来予測2013-2023』 資料目次

      I 世界の未来潮流の解説と日本の選択

    ■ 世界の基本潮流

    - 世界的な制度や慣習の共通化
    - フラット化がもたらすビジネスキーの変化
    - 世界人口の半数が消費社会人口に
    - 自由貿易主義圏での覇権争い
    - 多様化する各国のエネルギー生産
    - 資源国と非資源国の格差の拡大と水問題
    - マネーの膨張と資産経済の拡大
    - 金融への国家関与と緩和的な金融政策
    - 投資的ビジネスの拡大が企業にもたらす変化
    - 民意形成の土台を変える3つの底流
    - あからさまな社会化を前提とした志向形成

    ■ 日本の未来潮流と戦略環境

    - 財政のしばりが政策の質を変える
    - フラット化が国内に及ぶ
    - 日本のポジションの変化
    - モノの輸出国から豊かさ提供国へ
    - 経常収支赤字化のインパクト
    - インフレ時代への転換と資産効果
    - 産業の新陳代謝と業務シフト
    - 金融セクターの改革と成長
    - 標準的な日本人の変化
    - 事業ドメインのマーケティングが不足する日本企業
    - 製品開発からビジネスモデル開発へ
    - スペシャルジェネラリストの育成
    - アジアの中上位所得者市場
    - ビジネスモデル開発のフロンティア

      II 世界の潮流

    ■ 世界的な人口構造の変化

    - 主要国の人口問題発生時期一覧
    - 2010~25年の間に100万都市が200都市以上増加
    - 中間層人口は2020年に32.5億人に
    - 先進国型消費人口の方が多くなる
    - アジア主要都市の賃金上昇

    ■ エネルギー・資源の制約

    - 中国・インドのエネルギー需要が激増
    - 電力不足で経済成長に足かせ
    - アジア、中東・アフリカの食料需要超過が目立つ
    - 急増する水需要で水ストレスが増加する
    - シェールガスは天然ガス黄金時代をもたらすか

    ■ 世界経済の拡大と各国のポジションの変化

    - 2025年には中国がGDP世界一になるという試算も
    - 一人あたりGDPは先進国と新興国の間に谷が存在する
    - 主要新興国・途上国の一人当たりGDP発展段階
    - 徐々に増加してきた日銀のバランスシート
    - 金額伸び率とも高いアジアの貿易額
    - TPPとRCEPの二大広域FTA交渉と米EU間FTAの衝撃
    - 多くの新興国でジニ係数が警戒ラインを超えている
    - 携帯電話契約数は世界で60億契約まで広く普及
    - インドのGDPは今後成長続くが、工業化に不安
    - 人口、資源が豊富なインドネシア

    ■ 世界経済の台風の目「中国」

    - 中国の世代ごとの時代体験
    - 中国の製造業の付加価値額は8年で約6倍増
    - 都市と農村の中所得世帯の所得格差は2.5倍以上
    - 地域格差大きく、ジニ係数は警戒ラインを上回る

      III 日本の潮流

    ■ ロングライフ社会化の進行

    - 2022年には0~19歳人口より75歳以上人口が多くなる
    - 80歳まで働き続ける社会の到来
    - 社会保障給付費の拡大

    ■ 変貌する経済-産業構造

    - 低迷続く日本のGDP
    - 国債・借入金残高はついに1,000兆円超え
    - 国内製造業は新たなフェーズに入る
    - 経常収支が急速に悪化
    - 対外投資は過去最高水準
    - 上場企業の営業利益は国内比率が50%を下回る
    - 日系企業の進出先の7割がアジア
    - 日本は貿易赤字に転落
    - 通信機が出超から入超へ転落、鉄鋼、自動車部品輸出が増加
    - アベノミクスで急変し始めた株式市場
    - 民間企業の金融資産は横ばいが続いている

    ■ 所得・賃金の低下による日本市場の低迷

    - 製造業就業者が減少し、医療・福祉就業者数が激増
    - 10年前に比べ男性の賃金が減少、女性の賃金が上昇
    - 世帯所得は減少続き、ピーク時から126万円減少
    - 所得階級別世帯分布が低所得層にシフト
    - 沖縄、青森、岩手、秋田等の賃金は東京の半分以下

    ■ 地方経済の衰退

    - 東京一極集中の人口移動
    - 2040年には11都府県以外は従属人口が生産年齢人口を超える
    - 商品販売額はリーマンショック後減少し、その後横ばい
    - 高齢化著しい農業。農業従事者の59%が65歳以上
    - 農業を取り巻く諸問題

      IV 市場予測

    ■ 基本品目市場予測

    - 鉄鋼市場:粗鋼
    - 石油市場
    - 農業機械市場
    - ゴム市場(タイヤ用途)
    - 工作機械市場
    - 建設機械市場
    - 自動車市場
    - 生活家電市場

    ■ 有望品目市場予測

    - 携帯電話・スマートフォン市場
    - クラウドコンピューティング市場
    - モバイルコンテンツ市場
    - 情報セキュリティ市場
    - M2M市場
    - 半導体・センサ市場
    - 蓄電池・二次電池市場
    - 燃料電池市場
    - 原子力発電市場
    - 水ビジネス市場
    - 鉄道関連市場
    - ロボット市場
    - 再生医療市場
    - 医療用医薬品市場

      V 技術予測

    ■ フューチャーピクチャー

    - 通信・エレクトロニクス・情報処理分野
    - 保健・医療・福祉・ライフサイエンス分野
    - 農林水産・食料分野
    - エネルギー・資源分野
    - 環境分野
    - ナノテクノロジー分野
    - 製造分野
    - ロボット・ロボティクス分野
    - フロンティア分野

    ■ 主要技術分野における国際比較

    - 環境・エネルギー分野
    - ナノテクノロジー・材料分野
    - ライフサイエンス分野

    商品名
    未来予測2013-2023
    発刊
    2013年05月
    発行
    株式会社 東京創研
    監修
    株式会社 東京創研
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4横判 410ページ 全カラー
    備考
    CD-ROM(PDF版)単体のみの販売は承っておりません
    販売価格

    報告書 [製本版]
    216,000 円 (税抜 200,000 円+消費税 16,000 円)
    報告書セット [PDF版+製本版]
    248,400 円 (税抜 230,000 円+消費税 18,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ