リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

データセンター調査報告書2015

データセンター業界動向, データセンター技術動向, データセンターサービス分析, データセンター比較, クラウド需要動向, データセンター評価満足度, データセンター事業者調査, データセンター利用者調査, データセンター企業調査, データセンター市場調査

データセンター調査報告書2015

Clip!

~ データセンター/クラウドサービスの業界動向、技術動向、ユーザ利用実態を網羅した定番の年次調査レポート!176のデータセンターサービス分析、ユーザ企業担当者201名への利用実態調査、データセンター採用検討担当者への採択時の判断基準などに関する調査結果も収録! ~

  • NEW
  • オススメ

データセンター調査報告書2015

データセンター調査報告書2015

  • データセンター業界動向、ビジネス/技術の各トレンドを解説!
  • 専門メディアによる資料・データや知見をもとに、業界を鋭く分析!
  • データセンター事業者176サービスを調査。時系列分析による変化も!
  • 各事業者の料金、スペックなど特徴を綿密に調査・分析、すぐに比較可!
  • データセンター利用企業201人を対象にした利用実態調査も収録!
  • 利用企業の担当者が語る選定基準や重視点、満足度、要望がわかる!
  • 国内データセンター事業者の連絡先/サービス仕様や特長を一覧で収録!

商品コード: IPS00106

【資料概要】

データセンター/クラウドサービスの業界動向、産業としての潮流~主な技術動向、企業ユーザー側の選定基準・意向や実態も明らかに!

本書 『データセンター調査報告書 2015』 は、インプレスの専門メディア 『データセンター完全ガイド』 による監修のもと、データセンターの市場動向、サービス動向、テクノロジー動向、ユーザー企業の利用動向などをまとめた調査報告書です。2007年に第1回目のレポートを発行し、今年で9年目を迎えました。2000年の創刊以来、データセンター完全ガイドが蓄積してきた資料・データや知見をもとに、過去から現在に至るデータセンター市場・産業の変遷から将来に向けた動向予測までを網羅しています。

本レポートでは、データセンター/クラウドサービスの市場・産業動向・分析、同分野のテクノロジー動向・分析、176のデータセンターサービスの詳細分析を中心に構成されています。

また、データセンターサービスの比較・検討・採用にあたる企業の担当者を対象とした調査結果を掲載しています。調査対象はデータセンター完全ガイドのWebサイトで無料提供中の 「一括資料請求・見積依頼」 サービスを利用したユーザー企業の担当者で、昨年度版の約2倍の89名から回答を得ています。その後の採用状況、採用もしくは不採用決定に至るまでの期間、初期費用、月額料金、採用にあたって重視する点、ハードルとなった点、採用を断念した理由を尋ね、データセンターの比較・検討・採用を実際に経験したことのあるユーザー企業の実像に迫っています。

▼ 『データセンター調査報告書2015』 資料構成

【第1章】 市場概況

『データセンター完全ガイド』 が日々のニュースや業界トレンド、独自の取材活動で入手した情報などの豊富な知見をベースに、ビジネストレンドとテクノロジートレンドの両面から解説しています。「ビジネストレンド」 はデータ新設状況やニーズなどを分析し、「テクノロジートレンド」 においては、この1年で明らかになってきた新たなトレンドについて俯瞰し、データセンターサービス提供事業者としてどういった技術・方向を検討すべきかのポイントと技術的な特徴、動向、将来性を紹介します。さらにデータセンターの運用を効率化するという最新のトレンドに基づくソフトウェア 「DCIM (Data Center Infrastructure Management)」 にもフィーチャーしています

【第2章】 データセンターサービス分析

市場で実際に提供されているデータセンターサービスの調査結果を掲載しています。2015年8月までに同媒体が収集した最新176サービスの基本スペックや付加価値オプション、特徴などを調査しています。『データセンター完全ガイド』 のサイトや雑誌版に掲載したデータをさらに多角的に分析。最新データの分析に加え、2011年から2015年までの時系列の分析も掲載。総床面積や総ラック数、回線総量、IX・ISPなどの基本スペック、ラック料金や回線料金といったサービス利用の料金分析も掲載しています。

【第3章】 利用企業動向調査

データセンター利用企業を対象としたアンケートの調査結果を掲載しています。調査は、2015年8月に利用企業の担当者201人を対象に実施し、データセンターの利用状況や選定理由、支払っている金額、満足度、満足な点、不満な点などをまとめています。

【第4章】 データセンターへ見積依頼・資料請求した担当者への調査

『データセンター完全ガイド』 の資料請求・見積依頼サービス利用者に対して追跡調査を実施しています。その後の採用状況や予算、採用において重視した点、採用にあたってのハードルなどをまとめています。

【第5章】 データセンターサービス一覧

第2章の元データとなっている日本国内におけるデータセンターサービスの連絡先やサービス仕様と特徴などを、一覧形式で掲載しています。

▼ 『データセンター調査報告書2015』 調査結果ハイライト

【利用企業担当者への実態調査結果より】

■ 1ラックの電力容量は引き続き4~5kVAが主流ながら、2kVAでの利用が増加

1ラック当たりの利用している電力容量では、「5kVA以下」が24.8%で最多であり、「4kVA以下」が22.8%で続いています。両電力容量が利用実態の主流であることは昨年度と同じ調査結果ですが、その比率は両電力容量ともやや低下しています。一方、これまで低下傾向だった「2kVA以下」の低電力容量は、本年度調査で増加に転じています。

1ラックで最低限必要な許容電力(ユーザー企業の意向)では、「4kVA」と「5kVA」がどちらも21.9%で最も高いです。昨年度までは、おおまかに言って「4kVA」以上は増加し続けていましたが、本年度調査では「6kVA」が9.6%に急減した一方、「3kVA」が増加に転じて13.0%となりました。これらの結果から、これまでの高消費電力一本槍という傾向が若干ながら和らいでいると言えます。ただ、昨年度調査で減少した「7kVA」~「8kVA超」を最低限としている回答は、本年度は再度増加に転じています。

ブレードサーバー登場以前の標準的な電力容量であった「2kVA」では、ブレードサーバー利用で電力不足になることは明らかです。しかし、これらの調査結果のうち、利用実態としての「2kVA以下」、意向として最低限必要の「3kVA」の2つがどちらも増加に転じています。このことは、ブレードサーバー利用が主流の現在において、一部のユーザー企業は低消費電力のサーバーを利用している姿が浮き彫りとなりました。

その背景として、画像や写真データの転送など一部の用途において高性能サーバーは必要ないため、そうした用途に見合ったサーバーを安価に購入し、また、消費電力を抑制するなどでコストを低減させている状況が伺えます。用途に応じたサーバーの使い分けは先進的なコンテンツ・サービス提供企業において以前から取り組みが進められていました。

[図] 1ラック当たりの利用している電力容量 (不明除く)
1ラック当たりの利用している電力容量[データセンター調査報告書2015]

[図] 1ラックで最低限必要な許容電力 (不明除く)
1ラックで最低限必要な許容電力[データセンター調査報告書2015]

■ データセンターに強化して欲しいのは 「IT的セキュリティー」 と 「クラウドサービス」

データセンターに強化して欲しい点は、トップは「IT的セキュリティー」の40.3%で、「クラウドサービス」が36.3%で続いています。この2つは昨年度と順位が入れ替わっていますが、昨年度調査でも要望が強く、ユーザー企業に同じ課題が横たわっている状況が続いています。

個別項目を昨年度と比較すると、「IT的セキュリティー」が6.6ポイント、「物理的セキュリティー」が8.9ポイントそれぞれ増加しており、増える一方の電子的・IT的な事件・事故、相次ぐ火山噴火などの天災を背景に、IT・物理の両セキュリティーに対するニーズが高まっています。

[図] データセンターに強化して欲しい点
データセンターに強化して欲しい点[データセンター調査報告書2015]

【採用検討企業担当者への調査結果より】

■ データセンターの採用にあたって重視するのは 「コスト」 と 「立地」

データセンターの採用にあたって重視した(する)点では、「コスト」が82%で最も高く、「立地(自社のオフィスや事業所から近かったり、交通の便がよい)」が45%、「立地(安全性、BCP/DR)」が43%と続き、コストと立地面が重視されています。

採用状況別に見ても、おおまかな傾向は同じですが、採用を諦めた企業では「立地(自社のオフィスや事業所から近かったり、交通の便がよい)」が70%と高い比率となっています。「その他」の回答としては、「トップの意向」「英語対応」「FISC準拠」「採用しているシステム」が挙げられています。

[図] 採用にあたって重視する点
採用にあたって重視する点[データセンター調査報告書2015]

▼ 『データセンター調査報告書2015』 調査概要

■ データセンター担当者への実態調査

目的 : データセンターユーザーに実施した調査をもとに、ユーザー動向を把握すること
調査対象 : 勤務先においてデータセンターを利用していて、データセンターの選定や決定に関与する個人
有効回答数 : 201サンプル
調査手法 : ウェブアンケート
調査期間 : 2015年8月18日~8月25日

■ データセンター採用検討企業担当者への調査

目的 : データセンターサービスを実際に採用するタイミングの検討担当者に対しアンケー ト調査を行い、比較・検討・採用決定現場の実際を把握すること
調査対象 : (株)インプレスが運営する国内唯一の専門媒体『データセンター完全ガイド』 のサイトで提供しているデータセンターサービスについての 「一括資料請求」 または 「一括見積依頼」 (いずれも無料利用) を、2013年7月~2015年8月 (約2年間) に利用した方が対象
有効回答数 : 89サンプル
調査手法 : 対象者にメールを送付し、ウェブ上のアンケートフォームへ誘導
調査期間 : 2015年8月24日~9月10日

▼ 『データセンター調査報告書2015』 資料目次

  第1章 市場概況

1.1 ビジネストレンド

1.1.1 データセンター新設状況
1.1.2 新しいデータセンターニーズとは?
1.1.3 データセンターサービスはどこへ向かうのか?

1.2 テクノロジートレンド

1.2.1 クラウドシフトのインパクト
1.2.2 サーバーの状況
1.2.3 SDNとNFVの動向
1.2.4 フラッシュストレージの発展

1.3 [セグメントフォーカス] DCIMの動向

1.3.1 DCIMの普及状況
1.3.2 ファシリティとITの統合管理
1.3.3 DCIMの管理項目
1.3.4 DCIMのソリューションの特徴
1.3.5 課題と展望

  第2章 データセンターサービス分析

2.1 本章のデータについて
2.2 基本スペック

2.2.1 回線総量
2.2.2 接続先のIX・ISP
2.2.3 データセンターの所在地
2.2.4 総床面積
2.2.5 総ラック数
2.2.6 稼動サーバー数
2.2.7 入退室認証
2.2.8 セキュリティー認証
2.2.9 常駐スタッフ数

2.3 提供サービス

2.3.1 提供サービス

2.4 サービス費用

2.4.1 ラック月額料金
2.4.2 共有回線月額料金
2.4.3 専有回線月額料金

2.5 クロス分析

2.5.1 基本スペック 総床面積と回線総量の相関
2.5.2 基本スペック 総床面積と総ラック数の相関
2.5.3 基本スペック 総床面積と稼動サーバー数の相関
2.5.4 基本スペック 総床面積と常駐スタッフ数の相関
2.5.5 サービス料金 地域別 1ラックの平均月額料金
2.5.6 サービス料金 地域別 10Mbps専有回線の平均月額料金
2.5.7 サービス料金 地域別 100Mbps共有回線の平均月額料金

  第3章 利用企業動向調査

3.1 調査概要

3.1.1 調査概要
3.1.2 回答者 (回答企業) のプロフィール

3.2 データセンターの利用状況

3.2.1 データセンターの利用用途
3.2.2 利用事業者ランキング
3.2.3 利用のきっかけ
3.2.4 利用しているデータセンターの個所数
3.2.5 データセンターの利用開始時期
3.2.6 データセンターの契約期間
3.2.7 利用している回線のキャリア
3.2.8 利用しているラック数
3.2.9 利用している回線の種類
3.2.10 利用している回線容量
3.2.11 1ラックあたりの利用している電力容量
3.2.12 1ラックで最低限必要な許容電力
3.2.13 利用しているサーバー台数

3.3 月額料金

3.3.1 ラックの月額料金
3.3.2 回線の合計月額料金
3.3.3 追加で支払っている電力料金

3.4 オプションサービス

3.4.1 利用しているオプションサービス
3.4.2 オプションサービスの月額料金

3.5 データセンターの立地

3.5.1 データセンターの所在地
3.5.2 データセンターまでの距離
3.5.3 データセンターまでの所要時間
3.5.4 データセンターの訪問頻度
3.5.5 データセンターを訪問する目的
3.5.6 オフィスとデータセンターの費用と近接性に関する意識

3.6 データセンターに対する評価

3.6.1 利用中のデータセンターの選択理由
3.6.2 利用しているデータセンターの満足度
3.6.3 利用しているデータセンターの満足な点
3.6.4 利用しているデータセンターの不満な点
3.6.5 データセンターに強化して欲しい点
3.6.6 データセンターに関する投資の増減見込み

3.7 データセンターの移転/統合意向

3.7.1 データセンターの移転経験の有無
3.7.2 データセンターの移転/統合の可能性
3.7.3 データセンターを移転/統合する理由
3.7.4 データセンターを移転/統合しない理由

3.8 クラウド

3.8.1 SaaSの利用状況
3.8.2 PaaSの利用状況
3.8.3 IaaSの利用状況
3.8.4 SaaSの利用目的
3.8.5 PaaSに魅力を感じている点
3.8.6 IaaSに魅力を感じている点
3.8.7 パブリッククラウドに対する取り組み状況
3.8.8 プライベートクラウドに対する取り組み状況
3.8.9 ハイブリッドクラウドに対する取り組み状況
3.8.10 クラウドに取り組む前の実現方法
3.8.11 クラウドサービスの採用に至らない理由
3.8.12 外資事業者の日本国内データセンターに対する懸念

  第4章 データセンターへ見積依頼・資料請求した担当者への調査

4.1 調査概要

4.1.1 調査概要
4.1.2 回答者 (回答企業) のプロフィール

4.2 調査結果

4.2.1 資料請求・見積依頼後のデータセンターの採用状況
4.2.2 検討したデータセンター事業者数
4.2.3 採用・不採用決定に至るまでの期間
4.2.4 初期費用
4.2.5 月額料金
4.2.6 採用にあたって重視する点
4.2.7 採用にあたってのハードル
4.2.8 採用を断念した理由

  第5章 データセンターサービス一覧

  CD-ROM : 集計表・グラフ (Excel)

商品名
データセンター調査報告書2015
発刊
2015年10月
発行
株式会社 インプレス
監修
株式会社 インプレス データセンター完全ガイド編集部
編集
株式会社 インプレス インプレス総合研究所
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 414ページ
販売価格

報告書 [PDF版]
172,800 円 (税抜 160,000 円+消費税 12,800 円)
報告書セット [PDF版+製本版]
183,600 円 (税抜 170,000 円+消費税 13,600 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ