リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

データセンター調査報告書2012

データセンター市場動向, データセンター利用者動向, データセンター比較, BCP対策, 新世代データセンター, データセンター満足度評価, データセンター事業者調査, データセンター企業調査, デスクトップ仮想化普及度, クラウド対応データセンター, データセンター業界, データセンター調査報告書

データセンター調査報告書2012

Clip!

~ データセンター市場の動向、事業者のサービス動向、ユーザーの利用動向をまとめた調査レポート!データセンター利用企業担当者489名への実態調査と164のデータセンターサービス分析を収録! ~

データセンター調査報告書2012

データセンター調査報告書2012

  • データセンターの動向、業界トレンドやトピックスなど市場を概観!
  • 164のデータセンター事業者のサービス提供状況を調査、多角的に分析!
  • 各事業者の現況・サービス内容など調査結果を掲載、時系列分析も!
  • データセンター事業者の基本スペック/サービス費用など詳細に調査!
  • データセンター利用企業489名への利用企業動向調査結果を掲載!
  • BCP対策/デスクトップ仮想化の普及度、郊外型DCの急伸に着目!
  • 国内データセンター事業者の連絡先/サービス内容など一覧で収録!

商品コード: IRD00067

【資料概要】

検討する企業が昨年から15.5ポイント増で45.8%に急伸!震災を機にBCP対策としてのデータセンター利用のニーズ高まる!2007年から毎年発行、今年で6年目の調査レポート。過去から現在までデータセンター産業の変遷から将来に向けた動きまで網羅!

本書 『データセンター調査報告書2012』 は、インプレスビジネスメディア社の専門媒体 『データセンター完全ガイド』 による監修のもと、データセンター市場の動向、事業者のサービス動向、ユーザーの利用動向をまとめた調査報告書です。2007年から毎年発行し、今年で6年目を迎えました。2007年以前から同媒体が蓄積してきた資料をもとに過去から現在まで、データセンター産業の変遷から将来に向けた動きまで網羅しています。

東日本大震災直後は多くのデータセンターがBCP (事業継続計画) の問い合わせ対応に追われました。しかしBCPはコストがかさむこともあり、このタイミングでBCPの導入ラッシュには至りませんでした。ユーザー企業もデータセンター事業者もBCPを放置していたわけではなく、BCPのコストを理解した企業は、その後の半年間で自社システムの仕訳と自社なりのBCP基準の構築を行い、データセンターも、2011年末からニーズに向けたデータバックアップソリューションを提供して注目を集めました。

こうした背景から、今年度版では、データセンター利用企業のサーバー側BCPとオフィス側BCPであるデスクトップ仮想化について、東日本大震災以降のデータセンター利用者のBCPやデスクトップ仮想化の進展状況、および郊外型データセンターの急伸に着目して調査を行いました。その結果、すでにデータセンターを利用している企業において、震災を機にBCP対策としてのデータセンター利用が浸透し、定着していることがわかりました。

BCP / Business Continuity Plan : 事業継続計画のことで、事業が継続できなくなるリスクを分析・想定し、継続に必要な業務分野とその復旧時間や対応策などを定めた企業内の計画

本報告書では、東日本大震災以降のデータセンター利用企業におけるBCP対策の進展状況について詳細な調査結果を掲載しています。また、例年どおり 「データセンターの基本スペックやサービス費用」 などの詳細な調査結果を盛り込んでおり、データセンター産業が進むべき方向性を豊富なデータから読み解けるように構成しています。

【 『データセンター調査報告書2012』 資料構成】

【第1章】 市場概況
『データセンター完全ガイド』 が日々の取材活動で入手した最新ニュースや業界トレンド情報など豊富な知見をもとに、データセンターに関する最新動向やトピックスを 「東日本大震災からの回復は見えてきたのか?」 「都市型データセンターと地方型データセンター」 「クラウドとデータセンターの関係」 「デスクトップ仮想化」 「ビジネスモデルの変更を迫られるデータセンター」 の観点からまとめ、今後、データセンター産業が目指すべき方向などについて、市場を概観しています。

【第2章】 データセンター事業者分析
データセンター事業者調査の結果を掲載しています。164のデータセンターについてサービス提供状況を調査、株式会社インプレスビジネスメディアの専門媒体 『データセンター完全ガイド』 に掲載したデータをさらに多角的に分析しています。各データセンターにおける最新のサービス提供状況に加え、2008年から2012年までの時系列の分析も掲載。さらに、総床面積や総ラック数、所在地などの基本スペック、ラック料金や回線料金等のサービス利用費用などの分析を掲載しています。

【第3章】 利用企業動向調査
データセンター利用企業へアンケート調査を実施し、その結果を掲載しています。データセンター利用企業の担当者に限定して2012年7月に調査を実施、489名から回答を得ました。企業におけるデータセンターの利用状況や需要量の中期予測、選定理由、満足度や不満足点、クラウドへの取り組みや利用状況、オフィス側BCPに有効なデスクトップ仮想化の意向やその普及度などの調査結果を掲載しています。

【第4章】 データセンター事業者一覧
日本国内におけるデータセンター事業者の連絡先やサービス内容などを一覧形式で掲載しています。

【 『データセンター調査報告書2012』 調査結果ハイライト】

■ 震災を機にBCP対策としてのデータセンター利用が定着

BCP対策目的によるデータセンターの利用の有無を見ると、「利用中」 が22.1%、「検討中」 が45.8%となっている。「検討中」 は昨年より15.5ポイントと大幅に増加しており、東日本大震災をきっかけとしてBCP対策としてのニーズが高まっていることがうかがえる。ただし、去年の本調査は東日本大震災の約4か月後である。そのため、去年の調査以降にこうしたニーズが高まったこともうかがえる。

資料 BCP対策目的によるデータセンター利用の有無
BCP対策目的によるデータセンター利用の有無[データセンター調査報告書2012]

■ 近畿の電力供給の切迫で、移転先地域として関東圏のニーズが高まる

BCP対策目的で実施または検討しているデータセンターの移転先地域を見ると、データセンターの移転先としては、「関東 (東京以外)」 が27.9%で最も比率が高く、「東京」 が26.4%、「近畿」 が25.0%で続いている。昨年は東日本大震災や関東での計画停電の影響を受けて 「近畿」 のニーズが高かったが、近畿の電力供給が切迫した状況となり、今年は関東圏のニーズが高まっている。

資料 実施または検討しているデータセンターの移転先地域(複数回答)
実施または検討しているデータセンターの移転先地域[データセンター調査報告書2012]

■ 「社外向け企業情報ホームページ/メールサーバー」 のクラウドへの移行が伸展

データセンターの利用用途を見ると、「自社向け情報システム」 は昨年から引き続き増加しており、BCPでの利用が増えていることがほぼ裏付けられる。去年の調査は東日本大震災から約4か月後で、それまで減少傾向だった 「自社向け情報システム」 が大幅な増加に転じた。今年は、去年ほどでないものの増加が継続中である。一方、「社外向け企業情報ホームページ/メールサーバー」 が減少していることは、移行が容易なこうしたサーバーをクラウド利用に移行したことなどが要因として考えられる。

資料 データセンターの利用用途(複数回答)
データセンターの利用用途[データセンター調査報告書2012]

▼ 『データセンター調査報告書2012』 資料目次

・ はじめに

  第1章 市場概況

1.1 東日本大震災からの回復は見えてきたのか?

■ 回復は進んでいるが、楽観を許さない状況
■ より高度な安全性を期待されるデータセンター
■ BCP、データバックアップニーズへの対応

1.2 都市型データセンターと地方型データセンター

■ 新世代都市型データセンター建設ブームとは何だったのか?
■ 大規模地方型データセンターの登場

1.3 クラウドとデータセンターの関係

■ 一気に認知が高まったクラウドサービス
■ それぞれのクラウド対応
■ 相次ぐトラブルとその教訓

1.4 デスクトップ仮想化

■ 高い上昇率を見せるデスクトップ仮想化ニーズ
■ 多業種からの参入で競争は激化する

1.5 ビジネスモデルの変更を迫られるデータセンター

■ 不動産型ビジネスからの脱皮
■ 新しいビジネスはどこにあるのか?

  第2章 データセンター事業者分析

2.1 本章のデータについて

2.2 基本スペック

2.2.1 回線総量
2.2.2 接続先のIX・ISP
2.2.3 データセンターの所在地
2.2.4 総床面積
2.2.5 総ラック数
2.2.6 稼動サーバー数
2.2.7 入退室認証
2.2.8 セキュリティー認証
2.2.9 常駐スタッフ数

2.3 提供サービス

2.3.1 提供サービス

2.4 サービス費用

2.4.1 ラック月額料金
2.4.2 共有回線月額料金
2.4.3 専有回線月額料金

2.5 クロス分析

2.5.1 基本スペック 総床面積と回線総量の相関
2.5.2 基本スペック 総床面積と総ラック数の相関
2.5.3 基本スペック 総床面積と稼動サーバー数の相関
2.5.4 基本スペック 総床面積と常駐スタッフ数の相関
2.5.5 サービス料金 地域別1ラックの平均月額料金
2.5.6 サービス料金 地域別10Mbps専有回線の平均月額料金

  第3章 利用企業動向調査

3.1 調査概要

3.1.1 調査概要
 ■ 調査対象
 ■ 対象地域
 ■ 調査方法
 ■ サンプリング条件
 ■ 有効回答数
 ■ 調査期間
3.1.2 回答者のプロフィール

3.2 データセンターの利用状況

3.2.1 データセンターの利用用途
3.2.2 利用事業者ランキング
3.2.3 利用のきっかけ
3.2.4 利用しているデータセンターの個所数
3.2.5 利用データセンターの開始時期
3.2.6 主に利用しているデータセンターの契約期間
3.2.7 利用している回線のキャリア
3.2.8 利用しているラック数
3.2.9 利用している回線の種類
3.2.10 利用している回線容量
3.2.11 1ラック当たりの利用している電力容量
3.2.12 1ラックで最低限必要な許容電力
3.2.13 利用しているサーバー台数

3.3 月額費用

3.3.1 ラックの月額費用
3.3.2 回線の月額費用
3.3.3 追加で支払っている電力料金

3.4 オプションサービス

3.4.1 利用しているオプションサービス
3.4.2 オプションサービスの月額料金

3.5 データセンターの立地

3.5.1 データセンターの所在地
3.5.2 データセンターまでの距離
3.5.3 データセンターまでの所要時間
3.5.4 データセンターの訪問頻度

3.6 需要量の中期見込み

3.6.1 中期のラック数の見込み
3.6.2 中期のサーバー台数の見込み
3.6.3 中期のデータ量の見込み

3.7 オフィスとデータセンターの立地に関する意識

3.7.1 オフィスとデータセンターの費用と近接性に関する意識
3.7.2 オフィス移転の際にデータセンターとの位置関係が条件となるか

3.8 データセンターに対する評価

3.8.1 利用中のデータセンターの選択理由
3.8.2 利用しているデータセンターの満足度
3.8.3 利用しているデータセンターの満足な点
3.8.4 利用しているデータセンターの不満な点

3.9 データセンターの移転/統合意向

3.9.1 データセンターの移転経験の有無
3.9.2 データセンターの移転/統合の可能性
3.9.3 データセンターを移転/統合する理由
3.9.4 データセンターを移転/統合しない理由

3.10 クラウド

3.10.1 SaaSの利用状況
3.10.2 PaaSの利用状況
3.10.3 IaaSの利用状況
3.10.4 SaaSの利用目的
3.10.5 利用しているSaaS
3.10.6 利用中のPaaSやIaaS
3.10.7 パブリッククラウドに対する取り組み状況
3.10.8 プライベートクラウドに対する取り組み状況
3.10.9 ハイブリッドクラウドに対する取り組み状況
3.10.10 クラウドに取り組む前の実現方法

3.11 BCP(事業継続計画)対策

3.11.1 BCPの策定状況
3.11.2 ITシステム関連でのBCP対策の検討有無
3.11.3 自社内にある業務データ
3.11.4 自社内に業務データがある理由
3.11.5 BCP対策目的によるデータセンター利用の有無
3.11.6 BCP対策目的でのデータセンター利用において実施した対応
3.11.7 実施または検討しているデータセンターの移転先地域
3.11.8 BCP対策目的でのデータセンター選定での重視項目
3.11.9 BCP対策目的でデータセンターに置く業務データ
3.11.10 ITシステムのBCP対策
3.11.11 IT関連のBCP対策における3年間のトータルコスト
3.11.12 オフィスのBCP対策としてのデスクトップ仮想化の検討有無
3.11.13 デスクトップ仮想化の目的
3.11.14 デスクトップ仮想化の社内普及割合

  第4章 データセンター事業者一覧

  索引

  ■ 掲載資料一覧

資料1.1.1 国内通信事業者のソリューション/マネージドサービス市場 売上額予測 2010年~2016年
資料1.1.2 昭電「SD-5 typeII」
資料1.1.3 日本フォームサービス「F・E・Mガードシステム」サーバーラック搭載イメージ
資料1.1.4 アイディールブレーン「μ-Solator」の滑走プレートとセルシート
資料1.1.5 秘密分散バックアップサービス(NTTPCコミュニケーションズ)
資料1.1.6 全国データセンター連携構想
資料1.2.1 都市型データセンターで多く採用されたセキュリティーシステム 共連れ防止ゲートと掌静脈認証装置
資料1.2.2 地方のデータセンターは広大な敷地で拡張が容易で大規模に向く
資料1.3.1 アップルのiCloudは世間のクラウドに対する認識を飛躍的に高めた
資料1.3.2 ニフティクラウドは日本のパブリッククラウドの草分け
資料1.4.1 国内クライアント仮想化ソリューション市場 ソリューション別売上額予測、2011年~2016年
資料1.4.2 VDIサービスはさまざまな業種から提供されている
資料1.5.1 エクイニクスのエコシステムの概念
資料1.5.2 端末の標準化争いが注目される電子出版だが、今後はデータの流通が重要になる 楽天 KoboとAmazon Kindle

資料2.2.1 回線総量の回答状況
資料2.2.2 回線総量の推移
資料2.2.3 回線総量の合計と1事業者当たりの平均回線総量の推移
資料2.2.4 接続先のIX・ISPの回答状況
資料2.2.5 接続先のIX・ISP
資料2.2.6 所在地の回答状況
資料2.2.7 所在地数の合計と1事業者当たりの平均所在地数の推移
資料2.2.8 都道府県別データセンターの所在地数(降順)
資料2.2.9 都道府県別データセンターの所在地数(全国地図)
資料2.2.10 総床面積の回答状況
資料2.2.11 総床面積の推移
資料2.2.12 総床面積の合計と1事業者当たりの平均総床面積の推移
資料2.2.13 総ラック数の回答状況
資料2.2.14 総ラック数の推移
資料2.2.15 総ラック数の合計と1事業者当たりの平均総ラック数の推移
資料2.2.16 稼動サーバー数の回答状況
資料2.2.17 稼動サーバー数の推移
資料2.2.18 入退室認証の回答状況
資料2.2.19 入退室認証(複数回答)
資料2.2.20 セキュリティー認証の回答状況
資料2.2.21 セキュリティー認証(複数回答)
資料2.2.22 常駐スタッフ数の回答状況
資料2.2.23 常駐スタッフ数の推移
資料2.3.1 提供サービスの有無
資料2.3.2 提供サービスの有無の推移(1/2)
資料2.3.3 提供サービスの有無の推移(2/2)
資料2.4.1 ラック月額料金の回答状況
資料2.4.2 ラック月額料金
資料2.4.3 1ラックの月額料金の推移
資料2.4.4 共有回線月額料金の回答状況
資料2.4.5 共有回線月額料金
資料2.4.6 10Mbps共有回線月額料金の推移
資料2.4.7 専有回線月額料金の回答状況
資料2.4.8 専有回線月額料金
資料2.4.9 10Mbps専有回線月額料金の推移
資料2.5.1 総床面積と回線総量の相関
資料2.5.2 総床面積と総ラック数の相関
資料2.5.3 総床面積と稼動サーバー数の相関
資料2.5.4 総床面積と常駐スタッフ数の相関
資料2.5.5 地域別1ラックの平均月額料金
資料2.5.6 地域別10Mbps専有回線の平均月額料金

資料3.1.1 従業員規模(プロフィール)
資料3.1.2 売上規模(プロフィール)
資料3.1.3 業種(プロフィール)
資料3.1.4 地域(プロフィール)
資料3.1.5 上場区分(プロフィール)
資料3.2.1 データセンターの利用用途(複数回答)
資料3.2.2 売上規模別データセンターの利用用途(複数回答)
資料3.2.3 業種別データセンターの利用用途(複数回答)
資料3.2.4 地域別データセンターの利用用途(複数回答)
資料3.2.5 利用しているデータセンター事業者ランキング
資料3.2.6 利用のきっかけ(複数回答)
資料3.2.7 売上規模別利用のきっかけ(複数回答)
資料3.2.8 業種別利用のきっかけ(複数回答)
資料3.2.9 地域別利用のきっかけ(複数回答)
資料3.2.10 利用しているデータセンターの個所数
資料3.2.11 売上規模別利用しているデータセンターの個所数
資料3.2.12 業種別利用しているデータセンターの個所数
資料3.2.13 地域別利用しているデータセンターの個所数
資料3.2.14 利用データセンターの開始時期
資料3.2.15 売上規模別利用データセンターの開始時期
資料3.2.16 業種別利用データセンターの開始時期
資料3.2.17 地域別利用データセンターの開始時期
資料3.2.18 主に利用しているデータセンターの契約期間
資料3.2.19 売上規模別主に利用しているデータセンターの契約期間
資料3.2.20 業種別主に利用しているデータセンターの契約期間
資料3.2.21 地域別主に利用しているデータセンターの契約期間
資料3.2.22 利用している回線のキャリア
資料3.2.23 売上規模別利用している回線のキャリア(抜粋)
資料3.2.24 業種別利用している回線のキャリア(抜粋)
資料3.2.25 地域別利用している回線のキャリア(抜粋)
資料3.2.26 利用しているラック数
資料3.2.27 売上規模別利用しているラック数
資料3.2.28 業種別利用しているラック数
資料3.2.29 地域別利用しているラック数
資料3.2.30 利用している回線の種類
資料3.2.31 売上規模別利用している回線の種類
資料3.2.32 業種別利用している回線の種類
資料3.2.33 地域別利用している回線の種類
資料3.2.34 利用している回線容量
資料3.2.35 売上規模別利用している回線容量
資料3.2.36 業種別利用している回線容量
資料3.2.37 地域別利用している回線容量
資料3.2.38 1ラック当たりの利用している電力容量
資料3.2.39 1ラック当たりの利用している電力容量(不明除く)
資料3.2.40 売上規模別1ラック当たりの利用している電力容量
資料3.2.41 売上規模別1ラック当たりの利用している電力容量(不明除く)
資料3.2.42 業種別1ラック当たりの利用している電力容量
資料3.2.43 業種別1ラック当たりの利用している電力容量(不明除く)
資料3.2.44 地域別1ラック当たりの利用している電力容量
資料3.2.45 地域別1ラック当たりの利用している電力容量(不明除く)
資料3.2.46 1ラックで最低限必要な許容電力
資料3.2.47 売上規模別1ラックで最低限必要な許容電力
資料3.2.48 業種別1ラックで最低限必要な許容電力
資料3.2.49 地域別1ラックで最低限必要な許容電力
資料3.2.50 利用しているサーバー台数
資料3.2.51 売上規模別利用しているサーバー台数
資料3.2.52 業種別利用しているサーバー台数
資料3.2.53 地域別利用しているサーバー台数
資料3.3.1 ラックの月額費用
資料3.3.2 売上規模別ラックの月額費用
資料3.3.3 業種別ラックの月額費用
資料3.3.4 地域別ラックの月額費用
資料3.3.5 回線の月額費用
資料3.3.6 売上規模別回線の月額費用
資料3.3.7 業種別回線の月額費用
資料3.3.8 地域別回線の月額費用
資料3.3.9 追加で支払っている月額電力料金
資料3.3.10 売上規模別追加で支払っている月額電力料金
資料3.3.11 業種別追加で支払っている月額電力料金
資料3.3.12 地域別追加で支払っている月額電力料金
資料3.4.1 オプションサービスの利用意向
資料3.4.2 オプションサービスの月額料金
資料3.4.3 売上規模別オプションサービスの月額料金
資料3.4.4 業種別オプションサービスの月額料金
資料3.4.5 地域別オプションサービスの月額料金
資料3.5.1 利用しているデータセンターの所在市区町村
資料3.5.2 利用しているデータセンターの所在都道府県
資料3.5.3 データセンターまでの距離
資料3.5.4 売上規模別データセンターまでの距離
資料3.5.5 業種別データセンターまでの距離
資料3.5.6 地域別データセンターまでの距離
資料3.5.7 データセンターまでの所要時間
資料3.5.8 売上規模別データセンターまでの所要時間
資料3.5.9 業種別データセンターまでの所要時間
資料3.5.10 地域別データセンターまでの所要時間
資料3.5.11 データセンターの訪問頻度
資料3.5.12 売上規模別データセンターの訪問頻度
資料3.5.13 業種別データセンターの訪問頻度
資料3.5.14 地域別データセンターの訪問頻度
資料3.6.1 中期のラック数の見込み
資料3.6.2 売上規模別中期のラック数の見込み
資料3.6.3 業種別中期のラック数の見込み
資料3.6.4 地域別中期のラック数の見込み
資料3.6.5 中期のサーバー台数の見込み
資料3.6.6 売上規模別中期のサーバー台数の見込み
資料3.6.7 業種別中期のサーバー台数の見込み
資料3.6.8 地域別中期のサーバー台数の見込み
資料3.6.9 中期のデータ量の見込み
資料3.6.10 売上規模別中期のデータ量の見込み
資料3.6.11 業種別中期のデータ量の見込み
資料3.6.12 地域別中期のデータ量の見込み
資料3.7.1 オフィスとデータセンターの費用と近接性に関する意識
資料3.7.2 オフィスとデータセンターの費用と近接性に関する意識(不明除く)
資料3.7.3 売上規模別オフィスとデータセンターの費用と近接性に関する意識
資料3.7.4 業種別オフィスとデータセンターの費用と近接性に関する意識
資料3.7.5 地域別オフィスとデータセンターの費用と近接性に関する意識
資料3.7.6 オフィス移転の際にデータセンターとの位置関係が条件となるか
資料3.7.7 売上規模別オフィス移転の際にデータセンターとの位置関係が条件となるか
資料3.7.8 業種別オフィス移転の際にデータセンターとの位置関係が条件となるか
資料3.7.9 地域別オフィス移転の際にデータセンターとの位置関係が条件となるか
資料3.8.1 利用中のデータセンターの選択理由(複数回答)
資料3.8.2 売上規模別利用中のデータセンターの選択理由(複数回答)
資料3.8.3 業種別利用中のデータセンターの選択理由(複数回答)
資料3.8.4 地域別利用中のデータセンターの選択理由(複数回答)
資料3.8.5 利用しているデータセンターの満足度
資料3.8.6 売上規模別利用しているデータセンターの満足度
資料3.8.7 業種別利用しているデータセンターの満足度
資料3.8.8 地域別利用しているデータセンターの満足度
資料3.8.9 利用しているデータセンターの満足な点(複数回答)
資料3.8.10 売上規模別利用しているデータセンターの満足な点(複数回答)
資料3.8.11 業種別利用しているデータセンターの満足な点(複数回答)
資料3.8.12 地域別利用しているデータセンターの満足な点(複数回答)
資料3.8.13 利用しているデータセンターの不満な点(複数回答)
資料3.8.14 売上規模別利用しているデータセンターの不満な点(複数回答)
資料3.8.15 業種別利用しているデータセンターの不満な点(複数回答)
資料3.8.16 地域別利用しているデータセンターの不満な点(複数回答)
資料3.9.1 データセンターの移転経験の有無
資料3.9.2 売上規模別データセンターの移転経験の有無
資料3.9.3 業種別データセンターの移転経験の有無
資料3.9.4 地域別データセンターの移転経験の有無
資料3.9.5 データセンターの移転/統合の可能性
資料3.9.6 売上規模別データセンターの移転/統合の可能性
資料3.9.7 業種別データセンターの移転/統合の可能性
資料3.9.8 地域別データセンターの移転/統合の可能性
資料3.9.9 データセンターを移転/統合する理由(複数回答)
資料3.9.10 売上規模別データセンターを移転/統合する理由(複数回答)
資料3.9.11 業種別データセンターを移転/統合する理由(複数回答)
資料3.9.12 地域別データセンターを移転/統合する理由(複数回答)
資料3.9.13 データセンターを移転/統合しない理由(複数回答)
資料3.9.14 売上規模別データセンターを移転/統合しない理由(複数回答)
資料3.9.15 業種別データセンターを移転/統合しない理由(複数回答)
資料3.9.16 地域別データセンターを移転/統合しない理由(複数回答)
資料3.10.1 SaaSの利用状況
資料3.10.2 売上規模別SaaSの利用状況
資料3.10.3 業種別SaaSの利用状況
資料3.10.4 地域別SaaSの利用状況
資料3.10.5 PaaSの利用状況
資料3.10.6 売上規模別PaaSの利用状況
資料3.10.7 業種別PaaSの利用状況
資料3.10.8 地域別PaaSの利用状況
資料3.10.9 IaaSの利用状況
資料3.10.10 売上規模別IaaSの利用状況
資料3.10.11 業種別IaaSの利用状況
資料3.10.12 地域別IaaSの利用状況
資料3.10.13 SaaSの利用目的(複数回答)
資料3.10.14 利用しているSaaS
資料3.10.15 利用中のPaaSやIaaS
資料3.10.16 パブリッククラウドに対する取り組み状況
資料3.10.17 売上規模別パブリッククラウドに対する取り組み状況
資料3.10.18 業種別パブリッククラウドに対する取り組み状況
資料3.10.19 地域別パブリッククラウドに対する取り組み状況
資料3.10.20 プライベートクラウドに対する取り組み状況
資料3.10.21 売上規模別プライベートクラウドに対する取り組み状況
資料3.10.22 業種別プライベートクラウドに対する取り組み状況
資料3.10.23 地域別プライベートクラウドに対する取り組み状況
資料3.10.24 ハイブリッドクラウドに対する取り組み状況
資料3.10.25 売上規模別ハイブリッドクラウドに対する取り組み状況
資料3.10.26 業種別ハイブリッドクラウドに対する取り組み状況
資料3.10.27 地域別ハイブリッドクラウドに対する取り組み状況
資料3.10.28 クラウドに取り組む前の実現方法(複数回答)
資料3.10.29 売上規模別クラウドに取り組む前の実現方法(複数回答)
資料3.10.30 業種別クラウドに取り組む前の実現方法(複数回答)
資料3.10.31 地域別クラウドに取り組む前の実現方法(複数回答)
資料3.11.1 BCPの策定状況
資料3.11.2 売上規模別BCPの策定状況
資料3.11.3 業種別BCPの策定状況
資料3.11.4 地域別BCPの策定状況
資料3.11.5 BCP非策定企業におけるIT関連のBCP策定状況
資料3.11.6 売上規模別BCP非策定企業におけるIT関連のBCP策定状況
資料3.11.7 業種別BCP非策定企業におけるIT関連のBCP策定状況
資料3.11.8 地域別BCP非策定企業におけるIT関連のBCP策定状況
資料3.11.9 自社内にある業務データ(複数回答)
資料3.11.10 売上規模別自社内にある業務データ(複数回答)
資料3.11.11 業種別自社内にある業務データ(複数回答)
資料3.11.12 地域別自社内にある業務データ(複数回答)
資料3.11.13 自社内に業務データがある理由(複数回答)
資料3.11.14 売上規模別自社内に業務データがある理由(複数回答)
資料3.11.15 業種別自社内に業務データがある理由(複数回答)
資料3.11.16 地域別自社内に業務データがある理由(複数回答)
資料3.11.17 BCP対策目的によるデータセンター利用の有無
資料3.11.18 売上規模別BCP対策目的によるデータセンター利用の有無
資料3.11.19 業種別BCP対策目的によるデータセンター利用の有無
資料3.11.20 地域別BCP対策目的によるデータセンター利用の有無
資料3.11.21 BCP対策目的でのデータセンター利用において実施した対応
資料3.11.22 売上規模別BCP対策目的でのデータセンター利用において実施した対応
資料3.11.23 業種別BCP対策目的でのデータセンター利用において実施した対応
資料3.11.24 地域別BCP対策目的でのデータセンター利用において実施した対応
資料3.11.25 実施または検討しているデータセンターの移転先地域(複数回答)
資料3.11.26 BCP対策目的でのデータセンター選定での重視項目(複数回答)
資料3.11.27 売上規模別BCP対策目的でのデータセンター選定での重視項目(複数回答)
資料3.11.28 業種別BCP対策目的でのデータセンター選定での重視項目(複数回答)
資料3.11.29 地域別BCP対策目的でのデータセンター選定での重視項目(複数回答)
資料3.11.30 BCP対策目的でデータセンターに置く業務データ(複数回答)
資料3.11.31 売上規模別BCP対策目的でデータセンターに置く業務データ(複数回答)
資料3.11.32 業種別BCP対策目的でデータセンターに置く業務データ(複数回答)
資料3.11.33 地域別BCP対策目的でデータセンターに置く業務データ(複数回答)
資料3.11.34 ITシステムのBCP対策
資料3.11.35 売上規模別ITシステムのBCP対策
資料3.11.36 業種別ITシステムのBCP対策
資料3.11.37 地域別ITシステムのBCP対策
資料3.11.38 IT関連のBCP対策における3年間のトータルコスト
資料3.11.39 売上規模別IT関連のBCP対策における3年間のトータルコスト
資料3.11.40 業種別IT関連のBCP対策における3年間のトータルコスト
資料3.11.41 地域別IT関連のBCP対策における3年間のトータルコスト
資料3.11.42 オフィスのBCP対策としてのデスクトップ仮想化の検討有無
資料3.11.43 売上規模別オフィスのBCP対策としてのデスクトップ仮想化の検討有無
資料3.11.44 業種別オフィスのBCP対策としてのデスクトップ仮想化の検討有無
資料3.11.45 地域別オフィスのBCP対策としてのデスクトップ仮想化の検討有無
資料3.11.46 デスクトップ仮想化の目的(複数回答)
資料3.11.47 デスクトップ仮想化の社内普及割合

商品名
データセンター調査報告書2012
発刊
2012年08月
発行
株式会社 インプレスR&D
監修
株式会社 インプレスビジネスメディア データセンター完全ガイド編集部
編集
株式会社 インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 406ページ
販売価格

報告書 [PDF版]
172,800 円 (税抜 160,000 円+消費税 12,800 円)
報告書セット [PDF版+製本版]
183,600 円 (税抜 170,000 円+消費税 13,600 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。



このページのTOPへ