リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

データセンター調査報告書 2014

データセンター市場動向, データセンター比較, クラウド需要変化, データセンターサービス動向, データセンター満足度評価, データセンター事業者調査, データセンター利用者調査, データセンター企業調査, データセンター業界, データセンター調査報告書

データセンター調査報告書 2014

Clip!

~ データセンター/クラウドサービスの市場動向とユーザ利用実態のすべてを網羅した定番の年次調査レポート!173のデータセンターサービス分析、ユーザ企業担当者208名への実態調査、データセンター採用検討担当者への選定基準に関する調査結果も収録! ~

データセンター調査報告書 2014

データセンター調査報告書 2014

  • データセンターの市場動向、サービス/テクノロジー動向を紹介!
  • データセンター事業者173サービスについて調査、多面的に分析!
  • 各事業者のサービス内容・料金など綿密に調査~時系列分析も!
  • 専門メディアによる資料/データや知見をもとに、将来動向予測も!
  • データセンター利用企業208ユーザを対象に利用者の実態・動向を調査!
  • データセンター採用検討担当者に選定基準を調査した結果も収録!
  • 国内データセンター事業者の連絡先/サービス仕様や特長を一覧で収録!

商品コード: IRD00097

【資料概要】

データセンター/クラウドサービスの業界動向、産業としての潮流~主な技術動向、企業ユーザー側の選定基準・意向や実態も明らかに!

本書 『データセンター調査報告書 2014』 は、インプレスの専門メディア 『データセンター完全ガイド』 による監修のもと、データセンターの市場動向、サービス動向、テクノロジー動向、ユーザー企業の利用動向などをまとめた調査報告書です。2007年に第1回目のレポートを発行し、今年で8年目を迎えました。2000年の創刊以来、データセンター完全ガイドが蓄積してきた資料・データや知見をもとに、過去から現在に至るデータセンター市場・産業の変遷から将来に向けた動向予測までを網羅しています。

本レポートでは、データセンター/クラウドサービスの市場・産業動向・分析、同分野のテクノロジー動向・分析、173のデータセンターサービスの詳細分析を中心に構成されています。

また、本年度版より、データセンターサービスの比較・検討・採用にあたる企業の担当者を対象としたユーザー調査結果を新たに掲載しています。調査対象はデータセンター完全ガイドのWebサイトで無料提供中の 「一括資料請求・見積依頼」 サービスを利用したユーザー企業の担当者で、その後の採用状況、採用もしくは不採用決定に至るまでの期間、初期費用、月額料金、採用にあたって重視する点、ハードルとなった点、採用を断念した理由を尋ね、データセンターの比較・検討・採用を実際に経験したことのあるユーザー企業の実像に迫っています。

▼ 『データセンター調査報告書 2014』 資料構成

【第1章】 市場概況

『データセンター完全ガイド』 が日々の最新ニュースや業界トレンド、独自の取材活動で入手した情報など豊富な知見をもとに、データセンターに関する最新動向やトピックスをビジネスドレンドとテクノロジートレンドの2面から解説。ビジネストレンドでは 「データセンターの新設状況」 「データセンターに期待されるニーズ」 「国内DCが生き残るためのビジネスモデル」、テクノロジートレンドでは 「運用管理の自動化とコスト削減」 「ネットワークの自動構成」 「ネットワーク機器とアーキテクチャの変化」 他、今後のデータセンタービジネスが目指すべき方向性を見定められる各種情報を含めて市場を概観しています。

【第2章】 データセンターサービス分析

市場で提供されているデータセンターサービスの調査結果を掲載しています。173サービスの基本スペックや付加価値オプション、特長などを調査、多面的に分析しています。最新データの分析に加え、時系列の分析も掲載。総床面積や総ラック数、回線総量、IX・ISPなどの基本スペック、所在地、ラック料金や回線料金などサービス費用についての情報も掲載しています。

【第3章】 利用企業動向調査

データセンター利用企業を対象としたアンケートの調査結果を掲載。データセンター利用企業の担当者208人を対象に調査を実施、データセンターの利用状況や利用のきっかけ~選定理由、支払料金、満足度~満足/不満な点などデータセンターに対する評価、移転/統合意向、クラウドの利用状況他について調査した結果をまとめています。

【第4章】 データセンターへ見積依頼・資料請求した担当者への調査

データセンターサービスの比較・検討・採用にあたる企業の担当者を対象としたユーザー調査結果。データセンター完全ガイドWebサイトで 「一括資料請求・見積依頼」 サービスを利用したユーザー企業担当者を調査対象として、その後の採用状況、採用もしくは不採用決定に至るまでの期間、初期費用、月額料金、採用にあたって重視する点、ハードルとなった点、採用を断念した理由を尋ね、データセンターの比較・検討・採用を実際に経験したことのある企業ユーザーの実像に迫っています。

【第5章】 データセンターサービス一覧

第2章の元データとなっている日本国内におけるデータセンターサービスの連絡先やサービス仕様や特長などを一覧形式で掲載しています。

▼ 『データセンター調査報告書 2014』 調査結果ハイライト

【利用企業担当者への実態調査結果】

■ 4割の企業が現在のメインデータセンターを東日本大地震以降に利用

現在主に利用しているデータセンターの利用開始時期では、「2011年」 が16.8%で最も高く、2010年以降4年間の比率が合計で52.6%と半数を占めていて、東日本大地震以降に新規または乗り換えとして、現在のデータセンターをメインとして利用開始しているケースが非常に多いという調査結果です。

現在主に利用しているデータセンターの契約期間では、「5年以上」 が28.0%と最も比率が高く、「3年未満」 が23.1%、「5年未満」 が20.3%と続き、3年以上という長期間化が進行しています。

[図] メインデータセンターの利用開始時期
メインデータセンターの利用開始時期[データセンター調査報告書2014]

[図] メインデータセンターの契約期間
メインデータセンターの契約期間[データセンター調査報告書2014]

■ ラックの電力容量は5kVAが主流に

利用しているラックの電力容量では、「5kVA以下」 が27.1%で最も比率が高く、「4kVA以下」 が24.5%で続いています。また、1ラックで最低限必要な許容電力においても、「5kVA」 が20.5%で最も比率が高く、「4kVA」 が20.5%で続いています。

[図] 1ラック当たりの利用している電力容量
1ラック当たりの利用している電力容量[データセンター調査報告書2014]

[図] 1ラックで最低限必要な許容電力
1ラックで最低限必要な許容電力[データセンター調査報告書2014]

■ データセンターに強化してほしいのは 「クラウドサービス」 と 「セキュリティー」

データセンターに強化してほしい点は、トップは 「クラウドサービス」 (38.0%) で、続いて 「IT的セキュリティー」 (33.7%) となっています。この2つは去年も要望が強く、ユーザー企業に同じ課題が横たわっている状況が続いています。

[図] データセンターに強化して欲しい点
データセンターに強化して欲しい点[データセンター調査報告書2014]

【採用検討企業担当者への調査結果】

■ データセンターの採用にあたって重視するのは 「コスト」 と 「立地」

データセンターの採用にあたって重視した (する) 点では、「コスト」 が74%で最も高く、「立地 (安全性、BCP/DR)」 が52%、「立地 (自社のオフィスや事業所から近かったり、交通の便がよい)」 が48%で、コストと立地が重視されています。

[図] 採用にあたって重視する点
採用にあたって重視する点[データセンター調査報告書2014]

▼ 『データセンター調査報告書 2014』 資料目次

  第1章 市場概況

1.1 ビジネストレンド

1.1.1 データセンター新設状況
 ■ 低成長時代を迎えたデータセンター市場
 ■ 都市型と郊外型という区分の見直し
 ■ 設備の標準化と差別化
1.1.2 今後のデータセンターに期待されるニーズとは?
 ■ BCP/DRのマジョリティー
 ■ 携帯デバイスのビジネス活用に安全性を提供するVDI
 ■ ビッグデータからIoTへ
1.1.3 国内データセンターが生き残るためのビジネスモデル
 ■ 世界規模でのデータセンター市場の動向
 ■ 自治体がデータセンター誘致に期待するもの
 ■ AWSエコシステムの興隆が国内データセンター事業者に与えるインパクト
 ■ 高度のクラウド対応がデータセンターの価値に

1.2 テクノロジートレンド

1.2.1 運用管理の自動化とコスト削減
 ■ セルフサービス・プロビジョニングの実現
 ■ ツールの選定状況
1.2.2 ネットワークの自動化
 ■ 統合型SDNコントローラの出現
1.2.3 ネットワーク機器とアーキテクチャの変化
 ■ 100GbEの普及状況と展望
 ■ ビッグデータへの対応
1.2.4 終わりに

  第2章 データセンターサービス分析

2.1 本章のデータについて
2.2 基本スペック

2.2.1 回線総量
2.2.2 接続先のIX・ISP
2.2.3 データセンターの所在地
2.2.4 総床面積
2.2.5 総ラック数
2.2.6 稼動サーバー数
2.2.7 入退室認証
2.2.8 セキュリティー認証
2.2.9 常駐スタッフ数

2.3 提供サービス

2.3.1 提供サービス

2.4 サービス費用

2.4.1 ラック月額料金
2.4.2 共有回線月額料金
2.4.3 専有回線月額料金

2.5 クロス分析

2.5.1 基本スペック 総床面積と回線総量の相関
2.5.2 基本スペック 総床面積と総ラック数の相関
2.5.3 基本スペック 総床面積と稼動サーバー数の相関
2.5.4 基本スペック 総床面積と常駐スタッフ数の相関
2.5.5 サービス料金 地域別1ラックの平均月額料金
2.5.6 サービス料金 地域別10Mbps専有回線の平均月額料金
2.5.7 サービス料金 地域別100Mbps共有回線の平均月額料金

  第3章 利用企業動向調査

3.1 調査概要

3.1.1 調査概要
3.1.2 回答者 (回答企業) のプロフィール

3.2 データセンターの利用状況

3.2.1 データセンターの利用用途
3.2.2 利用事業者ランキング
3.2.3 利用のきっかけ
3.2.4 利用しているデータセンターの個所数
3.2.5 データセンターの利用開始時期
3.2.6 データセンターの契約期間
3.2.7 利用している回線のキャリア
3.2.8 利用しているラック数
3.2.9 利用している回線の種類
3.2.10 利用している回線容量
3.2.11 1ラックあたりの利用している電力容量
3.2.12 1ラックで最低限必要な許容電力
3.2.13 利用しているサーバー台数

3.3 月額料金

3.3.1 ラックの月額料金
3.3.2 回線の月額料金
3.3.3 追加で支払っている電力料金

3.4 オプションサービス

3.4.1 利用しているオプションサービス
3.4.2 オプションサービスの月額料金

3.5 データセンターの立地

3.5.1 データセンターの所在地
3.5.2 データセンターまでの距離
3.5.3 データセンターまでの所要時間
3.5.4 データセンターの訪問頻度
3.5.5 データセンターを訪問する目的
3.5.6 オフィスとデータセンターの費用と近接性に関する意識

3.6 データセンターに対する評価

3.6.1 利用中のデータセンターの選択理由
3.6.2 利用しているデータセンターの満足度
3.6.3 利用しているデータセンターの満足な点
3.6.4 利用しているデータセンターの不満な点
3.6.5 データセンターに強化して欲しい点
3.6.6 データセンターに関する投資の増減見込み

3.7 データセンターの移転/統合意向

3.7.1 データセンターの移転経験の有無
3.7.2 データセンターの移転/統合の可能性
3.7.3 データセンターを移転/統合する理由
3.7.4 データセンターを移転/統合しない理由

3.8 クラウド

3.8.1 SaaSの利用状況
3.8.2 PaaSの利用状況
3.8.3 IaaSの利用状況
3.8.4 SaaSの利用目的
3.8.5 PaaSに魅力を感じている点
3.8.6 IaaSに魅力を感じている点
3.8.7 パブリッククラウドに対する取り組み状況
3.8.8 プライベートクラウドに対する取り組み状況
3.8.9 ハイブリッドクラウドに対する取り組み状況
3.8.10 クラウドに取り組む前の実現方法
3.8.11 クラウドサービスの採用に至らない理由

  第4章 データセンターへ見積依頼・資料請求した担当者への調査

4.1 調査概要

4.1.1 調査概要
4.1.2 回答者 (回答企業) のプロフィール

4.2 調査結果

4.2.1 資料請求・見積依頼後のデータセンターの採用状況
4.2.2 採用・不採用決定に至るまでの期間
4.2.3 初期費用
4.2.4 月額料金
4.2.5 採用にあたって重視する点
4.2.6 採用にあたってのハードル
4.2.7 採用を断念した理由

  第5章 データセンターサービス一覧

商品名
データセンター調査報告書 2014
発刊
2014年09月
発行
株式会社 インプレス インプレス総合研究所
監修
株式会社 インプレス データセンター完全ガイド編集部
編集
株式会社 インプレス インプレス総合研究所
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 400ページ
販売価格

報告書 [PDF版]
172,800 円 (税抜 160,000 円+消費税 12,800 円)
報告書セット [PDF版+製本版]
183,600 円 (税抜 170,000 円+消費税 13,600 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。


オススメ商品

国内スマートフォンセキュリティ市場の展望

国内スマートフォンセキュリティ市場の展望

価格(税込) 102,600~105,840 円

動画配信ビジネス調査報告書 2014

動画配信ビジネス調査報告書 2014

価格(税込) 73,440~84,240 円

M2Mビジネスイノベーションの最新動向 2014

M2Mビジネスイノベーションの最新動向 2014

価格(税込) 91,800~102,600 円

920IP(ZigBee IP)とWi-SUN標準 2015

920IP(ZigBee IP)とWi-SUN標準 2015

価格(税込) 91,800~102,600 円


このページのTOPへ