リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

シニア白書【2013年追補改訂版】-超高齢社会の今どきのシニア像を掴む!生活実態の調査データとシニアマーケット創造の視点

シニア市場調査, シニア消費行動, シニア生活スタイル調査, シニアライフスタイル調査, シニア消費者動向, アクティブシニア市場, シニアマーケット, シニアマーケティング, シニアビジネス, シニア層ニーズ, 高齢者市場動向, 高齢者マーケット, シニア層向けサービス

シニア白書【2013年追補改訂版】-超高齢社会の今どきのシニア像を掴む!生活実態の調査データとシニアマーケット創造の視点

Clip!

~ シニア・高齢者28,000人の回答による生活意識調査レポート!2013年4月までの調査データ追補+「シニアマーケティング実践のための視点とツール」 を追加収録した改訂版! ~

  • オススメ

シニア白書2013年追補改訂版

シニア白書【2013年追補改訂版】-超高齢社会の今どきのシニア像を掴む!生活実態の調査データとシニアマーケット創造の視点

  • 50代以上のシニア層28,000人に調査した生活意識調査レポート!
  • シニア層/高齢者の生活実態、価値観、消費の特徴が浮き彫りに!
  • 健康からIT利用まで多面的な生活意識のインサイトデータ収録!
  • 性別/年代別/世帯人数別(一部)の集計軸で、シニア層の傾向を分析!
  • 第1部では自意識/社会との関わり/家計/働く/買う他をテーマに!
  • 第2部は食べる/住む/ケア/情報収集/学ぶ・遊ぶ他、生活実態を中心に!
  • プレゼンにすぐ使える集計表&グラフデータ付属版も!

商品コード: GF00002

【調査背景】

シニア(高齢者)層を対象としたライフスタイル/生活意識/消費行動など意識調査の結果をテーマごとに編集したインサイトデータを多数収録!

本書 『シニア白書【2013年追補改訂版】-超高齢社会の今どきのシニア像を掴む!生活実態の調査データとシニアマーケット創造の視点』 は、2008年7月から2011年4月にかけて実施された、シニア世代の生活者を対象とした調査結果をまとめた 『シニア白書2011』 の2013年追補改訂版です。

主な改訂箇所は、2011版発行当時には重要テーマであった 「東日本大震災による自粛ムード」 を割愛し、新たに第3部 「2013年5月追補 シニアマーケットの創造へ」 として、第1章で2011年7月~2013年4月実施の調査データをご紹介、第2章でここまでの 「シニアの生活実態の調査データ集」 からマーケティング戦略を発想していただくための参考として、多摩大学総合研究所 副所長 松本祐一教授の監修による 「シニアマーケティング実践のための視点とツール」 が掲載・加筆されています。

本レポートに収録されている各調査結果は、その時期において社会的な話題や問題となった事柄について都度実施されたものとなっています。個々の調査結果を掲載するだけではなく、シニア世代の生活意識に対する理解を深めるための参考データブックとしてお読みいただけるように、「生活戦略」 と 「生活実態」 の2部構成で編集されています。

人口減少・超高齢化社会のパワーの源であるシニア世代 (50歳以上) 延べ2万8千人の生の声から、その生活意識を多角的に垣間見るインサイト・データ集としてご活用ください。

なお、プレゼンテーションなど自由に活用することができる各調査の集計表とグラフを収録したデータ版でもご提供しております。また、この追補改訂版の発行にあわせ、すでに 『シニア白書2011』 をご利用いただいている皆様に 「追補」 部分だけをご利用いただけるように編集した 『シニア白書2013追補版』 も発行されておりますので、ご活用ください。

【 『シニア白書2011』 発行 (当時) の背景 】

総務省の人口推計によると2011年9月15日現在、65歳以上の高齢者人口は2,980万人で、高齢化率は23.3% (前年は23.1%) の超高齢社会に入っており、国民のほぼ4人に1人が高齢者となっています。

高齢化の一つの原因である 「死亡率の低下・長寿社会の到来」 は、歴史上初めて還暦を迎えてから後さらに、男性で約20年、女性では四半世紀以上の人生 (平均寿命) をいかに生きるか、またそのための社会・経済をどうするのかという課題を私たちに突きつけています。

また、来年2012年から2014年の3年間は、いわゆる団塊の世代に当たる約800万人の方が、65歳以上の高齢者の仲間入りをする時期にあたり、人口減少で国内市場の消費者が減少する中、シニア・高齢者市場活性化への取り組みは、避けては通れない課題となっています。

『シニア白書2011-超高齢社会の今どきのシニア像を掴む!生活実態の調査データ集』 は、多様化するシニア・高齢者の生活意識調査を2008年以降継続的に実施してきた発刊元 (調査機関) が、各種調査データを、各企業の経営戦略において喫緊の課題となっているシニアマーケティング力強化の一助としお役立ていただけるように、再編集を施した上で発行した調査データ集となっています。

▼ 『シニア白書【2013年追補改訂版】-超高齢社会の今どきのシニア像を掴む!生活実態の調査データとシニアマーケット創造の視点』 資料目次

  【 第1部 生活戦略 】
  第1章 自意識

第1節 シニア世代の年齢ギャップ

1. 「シニア」 と呼ばれることへの抵抗感
2. 実年齢よりも若く見られたいか
3. どのくらい若く見られたいか

第2節 老化意識と健康維持

1. 自身の老化意識
2. 若さを保つために重要だと思うこと
3. 健康維持の方法
4. 自動車運転時の運動能力や判断力の衰え
5. 自動車を安全に運転できると思う年齢

  第2章 家族とのつながり

1. 自宅で一緒に食事をする相手
2. 外食の同伴者
3. 一緒に旅行に行きたい相手
4. 配偶者との習い事について
5. 孫と何をして過ごしたいか
6. 孫のためにかけるお金

  第3章 社会との関わり

第1節 市民が捉える社会的課題

1. 少子高齢化問題に対する意識
2. 現代社会における人との関わりについて
3. 今後の人との関わりについて
4. 生活の中での意識
5. 安心できる生活のために必要なこと
6. 重視する政府・企業の対策

第2節 環境問題

1. 環境問題ついて
2. 環境保護につながる行動
3. 家庭での環境保護についての関心事

第3節 社会貢献活動

1. 企業の社会貢献活動に関する情報入手経路
2. 商品購入時における環境貢献意識
3. 自身の社会貢献活動への取り組み状況
4. 企業の社会貢献に対する評価
5. 企業に期待する社会貢献活動の内容

第4節 企業との関わり

1. お客様相談室への問合わせ経験
2. 消費者意見を伝える相応しい方法
3. お客様相談室への問合わせ内容
4. お客様相談室を利用しない理由
5. 企業との意見交換の場への参加意向

第5節 消費者庁と消費者保護

1. 消費者庁の設立目的に対する認知度
2. 消費者保護対策への意識
3. 消費生活センターの利用経験
4. 「高齢者被害特別相談」 実施の認知度
5. 消費者庁に最も重視して欲しい問題

  第4章 家計

第1節 暮らし向き

1. 現在の暮らし向き
2. 家計簿の利用状況
3. 家計の管理者
4. 節約内容について
5. 毎月の収支バランス
6. 預貯金について

第2節 株式投資と資産運用

1. 株式投資や資産運用の経験
2. 今後の投資に対する意向
3. 資産運用時の重視点
4. 暮らしの生活設計について

  第5章 働く

1. 就労率
2. 就労希望の有無
3. 希望する就労時間
4. 希望する就労形態
5. 希望する就労年齢
6. 働く理由
7. 就労しない理由
8. 過去の職業

  第6章 買う

第1節 購買意欲と購買行動

1. 買い物の好き嫌い
2. 買い物時の移動手段
3. シニア向け商品
4. 商品購入時に重視する事柄
5. 自動車を購入する際の値段の目安
6. 消費意欲について

第2節 価格と機能性

1. 購入する商品について
2. 購入商品と価格
3. 購入商品の機能性 
4. 環境寄付型商品の認知度
5. 環境寄付型商品の購入意向
6. 省エネ商品の購入意向
7. ハイブリッドカーの所有率
8. 購入したい最適な車のサイズ

第3節 購入場所と購入方法

1. 買物時の不便度
2. 食材宅配サービスの利用状況
3. 食材宅配サービスの利用理由
4. 食材宅配サービスの注文方法
5. 食材宅配サービスを利用しない理由
6. 食料品店で購買時に困ること
7. ネットショッピング利用に対する不安感
8. インターネット通販利用ついて
9. テレビ通販利用について
10. ラジオ通販利用について
11. カタログ・新聞通販利用について

第4節 アラウンド還暦世代の消費動向

1. 最近1年以内での洋服購入
2. 洋服の購入場所
3. 1ヶ月当たりの洋服購入金額
4. 化粧品の使用について
5. 化粧品の購入場所
6. 1ヶ月当たりの化粧品購入金額

第5節 特産品の購買

1. 物産展への入場経験
2. 特産品を販売する専門店への入店経験
3. 特産品専門店の情報入手経路
4. 特産品試食販売への参加意向

  【 第2部 生活実態 】
  第1章 食べる

1. 1日の食事回数
2. インスタント食品利用状況
3. ファストフード店利用状況
4. 食事宅配サービスの認知度
5. 食事宅配のサービス利用状況
6. 配食サービスの需要価格について
7. お酒の飲用状況
8. 外食先に関する情報入手経路

  第2章 住む

1. 高齢社会について
2. 介護が必要になった際の住まいについて
3. 家庭内での高齢化対策について
4. 高齢者専用施設の情報について
5. 検討してみたい施設の種類について
6. 住み替えの検討時期について
7. 住み替え時の自宅について

  第3章 ケアする

第1節 医療と医薬品

1. 最近1年間の通院状況
2. 病院への通院頻度
3. 医薬品の処方の有無
4. ジェネリック医薬品の認知度
5. ジェネリック医薬品の処方経験
6. 医療用医薬品の購入場所
7. 市販用医薬品の購入場所
8. 医療費負担について

第2節 オーラルケアと入浴

1. 歯の定期健診について
2. 1日に歯を磨く回数
3. 正しい歯磨きについて
4. 歯磨きの目的
5. 歯磨き粉の利用について
6. 歯や口内で気になることについて
7. 入浴頻度
8. 普段の入浴時間

第3節 健康食品

1. 特定保健用食品の認知度
2. サプリメント飲用状況
3. 健康食品購入時の重視点
4. 健康食品を利用しない理由

  第4章 移動する

第1節 乗り物

1. 自転車の所有率
2. 自転車の利用頻度
3. 自転車の乗り心地について
4. 所有する自転車の種類
5. 自転車に乗りたいと思うとき
6. 自転車の不満点

第2節 自動車に関する意識

1. 自動車運転免許の保有率
2. 自動車運転頻度

  第5章 情報を集める

第1節 情報収集

1. 自宅での新聞購読について
2. 購読中の新聞について
3. 新聞広告の閲覧状況
4. 新聞広告のジャンル別閲覧状況
5. 新聞折込チラシの閲覧状況
6. 新聞折込チラシのジャンル別閲覧状況
7. 商品購入時の情報収集の方法
8. 商品購入時の相談相手

第2節 携帯電話・パソコン

1. パソコンのインターネット利用頻度
2. 携帯電話のインターネット利用頻度

  第6章 学ぶ・遊ぶ

第1節 習い事

1. 習い事について
2. 習い事をしていない理由
3. 習い事の種類
4. 習い事を始めたきっかけ
5. 習い事をする目的
6. 習い事の継続期間について
7. 習い事の頻度について
8. 習い事の時間について
9. 習い事にかける費用
10. 新たにやりたい習い事について

第2節 旅行に関する意識

1. 旅行の好き嫌い
2. 旅行費用
3. 日帰りと泊りがけの旅行の割合
4. 旅行に行く頻度
5. 旅行の同行者
6. 旅行の情報入手先
7. 旅行の目的
8. 旅行写真の楽しみ方
9. 東日本大震災後の旅行について

  【 第3部 2013年5月追補 】
  第1章 2011年7月~2013年4月調査より

第1節 2013年4月現在の景気動向に対する意識

1. 今の景気変化に対する意識
2. 景気の変化が望ましい理由
3. 景気の変化が望ましくない理由
4. 消費税増税に対する意識
5. 増税するべきと思う理由
6. 増税するべきではないと思う理由
7. 消費を増やすために必要なこと

第2節 2013年度シニア・高齢者の消費トレンド

1. 2013年の重大ニュースにみるシニアの関心事
2. 人生の完成を目指すエンディング戦略
3. 高額商品の購入
4. 消費意欲
5. 旅の価値
6. 過去のとらえなおし、未来への不安と関心
7. まとめ

第3節 健康と病気に対する意識

1. 今後の健康状態への不安
2. 病気になったときの頼り先
3. 性年代別にみる病気になったときの頼り先
4. 世帯構成別にみる病気になったときの頼り先

第4節 住まいのリフォームに対する意識

1. 築年数別・同居形態別にみるリフォームをした箇所
2. リフォームをした理由
3. リフォーム後の生活の変化
4. リフォーム箇所別にみる生活の変化
5. 定年退職経験別リフォーム後の生活の変化
6. 今後のリフォーム意向
7. リフォーム後の生活の変化予想
8. 終の棲家について
9. 性年代別にみる終の棲家について

第5節 インターネットとFAXの利用状況

1. インターネットの利用状況
2. 性年代別のインターネットの利用状況
3. インターネットを利用しない理由
4. 性年代別にみるインターネットを利用しない理由
5. FAXの利用状況
6. 性年代別にみるFAXの利用状況
7. FAXの利用目的
8. 性年代別にみるFAXの利用目的
9. 世帯人数別のインターネットの利用状況
10. 世帯人数別のインターネットを利用しない理由
11. 世帯人数別のFAXの利用状況
12. 世帯人数別のFAXの利用目的

  第2章 シニアマーケティング実践のための視点とツール

第1節 シニアをとらえる4つの視点

1. 年齢という視点
2. 老化という視点
3. モードという視点
4. 生活戦略という視点
5. 生活資源という視点
6. シニアの生活戦略
7. 生活戦略構築のパートナーとして

第2節 シニアの 「安心」 を生み出すサポートとは

1. 生活サポートの 「機能」
2. サポートのプロセスモデル
3. シニアマーケットの創造へ

第3節 シニアマーケティング実践のためのツール

1. 事業開発のための枠組み
2. シンプルストラテジー開発の背景
3. シンプルストラテジーの特徴
4. シンプルストラテジーの基本的な活用

  参考調査一覧

  付属CD-ROM [調査 36本/グラフ 2,047点収録]

商品名
シニア白書【2013年追補改訂版】-超高齢社会の今どきのシニア像を掴む!生活実態の調査データとシニアマーケット創造の視点
発刊
2013年06月
発行
株式会社 ジー・エフ
調査
株式会社 ジー・エフ
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 192ページ / 2013年追補のみ : A4判 52ページ
備考
※ PDF版の報告書は、著作権の関係上、印刷不可 (データ抽出は可能) の設定となります。ご注意ください。
※ 「集計表データ」 は、各調査結果の集計表とグラフが収録された Microsoft Excel 形式のデータとなります。
販売価格

報告書 [製本版]
30,240 円 (税抜 28,000 円+消費税 2,240 円) +送料 540円
報告書 [PDF版] ※ 印刷・コピー不可
30,240 円 (税抜 28,000 円+消費税 2,240 円)
報告書 [製本版] + 集計表データ
138,240 円 (税抜 128,000 円+消費税 10,240 円) +送料 540円
報告書 [PDF版] + 集計表データ
138,240 円 (税抜 128,000 円+消費税 10,240 円)
【2013年追補のみ】 報告書 [製本版]
8,100 円 (税抜 7,500 円+消費税 600 円) +送料 540円
【2013年追補のみ】 報告書 [PDF版] ※ 印刷・コピー不可
8,100 円 (税抜 7,500 円+消費税 600 円)
【2013年追補のみ】 報告書 [製本版] + 集計表データ
32,400 円 (税抜 30,000 円+消費税 2,400 円) +送料 540円
【2013年追補のみ】 報告書 [PDF版] + 集計表データ
32,400 円 (税抜 30,000 円+消費税 2,400 円)
納品形態 [GF00002]
個  数

カゴに入れる


オススメ商品

葬祭ビジネス市場動向2012

葬祭ビジネス市場動向2012

価格(税込) 64,800 円

未来予測2013-2023

未来予測2013-2023

価格(税込) 216,000~248,400 円


このページのTOPへ