リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

先端産業調査シリーズ 適用分野・ターゲット別 深堀調査 2015-

先端産業動向, ICT技術動向, 先端技術マーケティング, IoT, ビッグデータ, 人工知能AI, 産業ロボット, 位置情報活用事例, エネルギー新市場, センサーネット, センサー活用事例, セキュリティ, 映像認識技術, ドローン, 工業技術動向

先端産業調査シリーズ 適用分野・ターゲット別 深堀調査 2015-

Clip!

~ 最先端産業における注目のテーマごとに、それらの用途・適用領域を探索的に抽出して深堀り分析、有望&新規ターゲットとして狙いを定めておきたいセグメントがわかる!≪業界・分野別×未来予測シリーズ≫ 2015発刊タイトル一覧 ~

  • オススメ

商品コード: ESP00092

【資料概要】

市場データや業界情報が未整備な先端産業について、注目のテーマごとに用途・適用領域を調査!将来性が期待される有望&新規ターゲット・セグメントを探る!

先端産業の適用分野・ターゲット別 『深堀調査』 は、各分野の主要ベンダー (企業・団体) を中心に、当該分野のテクノロジーや機器・サービスの用途・適用領域について、現状の実態と今後の展望を把握するための特別企画調査レポートです。

特定分野のテーマに特化して、その用途・適用領域を探索的に抽出した上で、大分類~小分類にセグメント化し、定量化できる部分に集計を施すと共に、マトリクスや俯瞰マップを描くなど、より深く堀り下げた分析に基づくアウトプットを収録しています。有望&新規ターゲットとなり得るビジネスのセグメントに、いち早く狙いを定めるためにも、すぐに活用できる資料である当調査レポートをご活用ください。

【 分野別の既刊レポート 】

各分野の主要ベンダー企業・団体を中心に、当該分野の用途・適用領域について深堀り調査を実施、有望&新規ターゲット・セグメントを探索した結果から、抽出された用途・適用領域を整理してセグメント化 ⇒ 集計&グラフ化 ⇒ レポート化。

<凡例>
「ターゲット分野」
(用途・適用領域の抽出件数、調査対象企業・団体数、報告書ページ数、発刊時期)

▼ 情報通信技術 ICT関連テーマ

「IoT・M2M」 分野 (2,543件、180社、349ページ、2015年10月発刊)
「ウェアラブル (デバイス・端末)」 分野 (847件、104社、149ページ、2015年5月発刊)
「ビッグデータ解析」 分野 (794件、115社、142ページ、2015年8月発刊)
「Beacon」 分野 (762件、72社、115ページ、2015年9月発刊)
「人工知能」 分野 (916件、73社、124ページ、2015年11月発刊)
「AI技術×活用」 分野 (347件、57社、72ページ、2014年8月発刊)
「産業ロボット」 分野 (873件、107社、94ページ、2015年7月発刊)
「AGV (無人搬送機)」 分野 (217件、60社、38ページ、2015年12月発刊)
「スマートモビリティ」 分野 (171件、99社、46ページ、2014年7月発刊)
「ドローン (無人航空機)」 分野 (426件、50社、50ページ、2015年4月発刊)
「映像認識 (技術)」 分野 (295件、81社、82ページ、2015年3月発刊)
「映像監視ネットワーク」 分野 (558件、113社、95ページ、2014年7月発刊)
「監視カメラ・防犯カメラ」 分野 (1,743件、204社、268ページ、2015年7月発刊)
「介護機器」 分野 (521件、188社、125ページ、2014年9月発刊) *1
「顔認証」 分野 (525件、66社、80ページ、2015年8月発刊)
「動線分析」 分野 (504件、65社、81ページ、2015年9月発刊)
「位置情報」 分野 (988件、121社、183ページ、2015年10月発刊)
「位置情報×活用」 分野 (751件、139社、162ページ、2014年10月発刊)
「スマートフォン」 分野 (1,090件、202社、310ページ、2015年11月発刊)
「デジタルサイネージ」 分野 (2,027件、171社、240ページ、2015年11月発刊)
「MVNO」 分野 (135件、87社、43ページ、2014年11月発刊)
「GPS」 分野 (306件、82社、67ページ、2014年9月発刊)
「IMES」 分野 (226件、48社、42ページ、2014年11月発刊)
「エリア・マーケティング」 分野 (735件、157社、129ページ、2014年10月発刊)
「無線LAN」 分野 (344件、90社、55ページ、2014年8月発刊)
「WiFi」 分野 (296件、81社、51ページ、2014年8月発刊)

*1 『介護機器』 の調査対象は、ネットワーク接続機器、マシン、車いす、ベッド、リフト、排泄装置、ネットワークサービス、センサ装置等。オムツ、食品などの消耗品および日用品、マットレス、杖、簡易トイレ、スロープ等の『介護用品』は調査対象外。

▼ センサー関連テーマ

「センサネット」 分野 (1,208件、92社、152ページ、2015年9月発刊)
「ウェアラブルセンサ」 分野 (612件、80社、93ページ、2015年12月発刊)
「ほこりセンサ」 分野 (119件、10社、19ページ、2015年3月発刊)
「光センサ」 分野 (184件、92社、58ページ、2015年3月発刊)
「歪み (ひずみ) センサ」 分野 (335件、92社、72ページ、2015年2月発刊)
「磁気センサ」 分野 (421件、124社、98ページ、2015年2月発刊)
「振動・加速度センサ」 分野 (495件、109社、94ページ、2015年1月発刊)
「位置・変位センサ」 分野 (258件、84社、74ページ、2015年1月発刊)
「傾斜センサ」 分野 (303件、98社、84ページ、2015年1月発刊)
「圧力センサ」 分野 (245件、102社、60ページ、2014年12月発刊)
「人感センサ」 分野 (536件、119社、91ページ、2014年6月発刊)
「温度センサ」 分野 (589件、151社、136ページ、2014年5月発刊)
「冠水&浸水センサ」 分野 (122件、25社、2014年4月発刊)
「角度センサ」 分野 (324件、70社、54ページ、2014年4月発刊)

▼ エネルギー関連テーマ

「水力発電」 分野 (762件、82社、105ページ、2015年6月発刊)
「風力発電」 分野 (717件、107社、109ページ、2015年6月発刊)
「太陽光発電」 分野 (843件、168社、138ページ、2015年5月発刊)
「蓄電池」 分野 (2,281件、167社、268ページ、2015年5月発刊)
「BEMS (Building Energy Management System)」 分野 (794件、131社、131ページ、2015年4月発刊)

▼ 工業用技術・機器&素材関連テーマ

「工業用バーナ」 分野 (466件、59社、78ページ、2015年10月発刊)
「短尺ホース」 分野 (29件、20社、15ページ、2015年9月発刊)
「溶解パルプ」 分野 (77件、17社、16ページ、2015年8月発刊)
「装飾フィルム」 分野 (709件、90社、71ページ、2015年12月発刊)
「炉」 分野 (711件、112社、150ページ、2015年11月発刊)
「食品装置」 分野 (567件、163社、135ページ、2015年7月発刊)
「真空ポンプ」 分野 (812件、91社、98ページ、2015年7月発刊)
「有機EL」 分野 (547件、100社、76ページ、2015年7月発刊)
「分析機器」 分野*1 (517件、169社、161ページ、2014年11月発刊) *2
「安全機器」 分野 (261件、65社、46ページ、2014年5月発刊) *3

*2 『分析機器』 の調査対象は、主に製造現場用の分析機器 例 : pH計、酸素計、濁度計、導電率計
*3 『安全機器』 の調査対象は、主に産業用安全機器及びリスクアセスメントなどの安全関連サービス

»»» 2016年版のテーマ一覧はこちら

【先端産業調査シリーズ 適用分野・ターゲット別 「深堀調査」 とは?】

「自主企画調査」 による調査レポートは、不特定多数を対象としたもの (10万円前後の価格帯でのご提供) であるのに対し、当シリーズの調査レポートは特定少数向けに、よりニッチな分野のテーマに特化して深堀り分析した専門資料となっています。

企画の背景には、お客様が従来型の 「個別調査」 のコスト (1テーマごとに数百万円~) にご予算を割けない場合に、低予算でも調査を実施することができるように、ご要望にお応えする特別企画調査として、基本的には複数社からご要望をいただいた場合に実施されています。

なお、当シリーズのレポートは、「出版物」 としての位置付けになります。そのため、調査結果についての権利の所属、つまり本報告書及びその記載内容を含む成果物の著作権などは、発刊元に帰属することになります。

当シリーズの調査レポートについては、
(1) 提供ベンダ企業におけるシーズ
 例 : 「競合調査」 「アライアンス先調査」 「チャネル調査」 「市場規模、市場動向調査」 など
(2) ユーザ企業におけるニーズ
 例 : 「ベンダ選定のための調査~価格差異や主要ベンダの強みなどを客観的に比較」
の2点を主目的とした内容となっております。

【調査対象】

各分野の主要事業者 (プレイヤー)

【調査方法】

専門調査員によるオープンデータの収集、並びにクローズドデータの収集、さらに、独自データベースの活用により調査・分析。

【調査&レポート期間】

それぞれ約1ヶ月間の深堀調査を経た上で、集計~追加分析~レポート制作。

▼ 先端産業調査シリーズ 適用分野・ターゲット別 『深堀調査』 レポート

(共通フォーマット)

  1) 大分類&集計・分析

当該分野×用途・適用領域の全件を集計&網羅的に体系化

  2) 企業別 × 用途・適用分野別 × マトリクス

集計&分析1 : 企業・団体別

  3) 企業別 × 用途・適用分野別 × マトリクス

集計&分析2 : 小分類別

  4) 企業別 × 用途・適用分野別 × マトリクス

~ カウント・数値定義についての解説 ~

  5) 用途・適用分野&対象エリア

マトリクス一覧 (俯瞰MAP)
※社名・団体名 非公開企業については1社・1団体としてまとめてカウント

  6) ターゲティング

用途・適用分野について、大分類でセグメント

  7) ポテンシャル・プレイヤー × マーケティング・マトリクス

商品名
先端産業調査シリーズ 適用分野・ターゲット別 深堀調査 2015-
発刊
2015年12月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 ※ページ数はタイトルごとの上記記載を参照
備考
上記から 「ターゲット分野 (=資料タイトル)」 を選んで、お申込み画面内のメッセージ欄にご記入ください
販売価格

報告書 全編 [PDF版]
194,400 円 (税抜 180,000 円+消費税 14,400 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態 [ESP]
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ