リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015 [Apple/Google/Samsung/Amazonの最新プラットフォームからサービス動向まで]

スマートハウス業界動向, IoT関連標準化動向, コネクテッドホーム機器市場規模, スマートハウス技術動向, スマートハウス市場規模, スマートグリッド業界動向, スマートメーター業界動向, スマートハウスのプラットフォーム動向, スマートハウスのサービス動向, スマートハウスのセキュリティ展望

スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015 [Apple/Google/Samsung/Amazonの最新プラットフォームからサービス動向まで]

Clip!

~ スマートハウス/コネクテッドホーム分野における国際的な動向、影響を与える技術動向・市場予測、エネルギー/セキュリティ/ヘルスケア各分野におけるサービス事例、スマートメーター/プラットフォーム/IoT関連標準化の各動向、セキュリティ課題と今後の展望にも言及! ~

  • オススメ

スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015

スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015 [Apple/Google/Samsung/Amazonの最新プラットフォームからサービス動向まで]

  • スマートハウス/コネクテッドホームに関わる国内外の最新動向を網羅!
  • 影響を与える技術動向、コネクテッドホームに関連する市場を予測!
  • 日米欧におけるスマートメーターの世界的な動向を紹介!
  • プラットフォームの動向を企業買収や各社の取り組み状況から整理!
  • エネルギー/セキュリティ/ヘルスケア各分野のサービス事例・動向!
  • スマートハウス/コネクテッドホームにおけるIoT関連化最新動向も!
  • スマートハウス/コネクテッドホームのセキュリティ課題と展望も整理!

商品コード: IPS00107

【資料概要】

IoT時代に 「ラスト1マイル」 の新しいビジネス領域として国内外で注目されるスマートハウスについての最新動向を一挙に網羅して解説!顧客が欲するもの/満たされていないニーズを検証しながら整理!

IoT (Internet of Things) という言葉を見聞きする機会が増え、インターネットを介して家の中や外、家の周辺にあるさまざまな機器やシステム、例えばセキュリティシステムや電気・ガスなどのエネルギーメーター、家電製品、ウェアラブル機器、消費者向けヘルスケア機器、コネクテッド・カーが、無線や有線によって接続されて使われるようになってきました。これらは 「ラスト1マイル」 の新たなビジネス領域として国内外で大きく注目されています。

例えば、Googleが室内の湿度温度計企業 「Nest Labs」 を買収したり、Amazonが食品や日用雑貨の買い物メモ専用デバイス 「Amazon Dash」 を発表したり、またAppleは、「HomeKit」 といわれるスマートハウス向けの新機能を発表したりと、この分野は大きく注目されています。

日本においても、電力の自由化を目前に控えて、家庭内から収集したさまざまな情報 (データ) が、スマートメーターなどの機器を介してネットワークと連携することで、新たな価値とともにユーザー (消費者) に提供する新しいサービスが話題になっています。とくに、新たに登場したディスアグリゲーション型のサービス (機器分離型サービス) は、今後の日本市場でも新しい展開が期待されています。

本書で取り上げているスマートハウス/コネクテッドホームの分野においても、ハウスメーカーはもちろん、家電、通信、ソフトウェア、EC、電力、医療・ヘルスケア、自動車など、さまざまなプレイヤーが次々と参入してきています。このような世界でビジネスを行うためには、多種多様なプレイヤーがひしめく状況を俯瞰したうえで、「顧客が本当に欲しているものは何なのか」 「顧客が満たされていないニーズは何なのか」 を、仮説検証を繰り返しながら市場に問うていく姿勢が必要になっているのです。

本書 『スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015 [Apple/Google/Samsung/Amazonの最新プラットフォームからサービス動向まで]』 は、スマートハウス/コネクテッドホームの分野でビジネスを行っている、あるいは参入を検討している方々を対象に、この分野で実際に起きている国際的な大きな動きを俯瞰し、顧客が本当に欲しているものや、顧客が満たされていないニーズを検証しながら、整理してまとめています。

▼ 『スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015』 資料構成

【第1章】 スマートハウス/コネクテッドホームの概要

スマートハウス/コネクテッドホームの概況を整理しています。冒頭で、スマートグリッドの意味の変化を追い「コネクテッドホーム」の定義を整理しています。その後、なぜ今スマートハウス/コネクテッドホームに注目が集まるのかについて、スマートハウス/コネクテッドホームに影響を与える大きな技術動向について整理をしたうえで、コネクテッドホームの市場予測を取り上げています。

【第2章】 各国におけるスマートメーターの導入動向

スマートハウス/コネクテッドホームでも重要な役割を果たす日米欧におけるスマートメーターの世界的な動向をまとめています。まず、米国における各電力事業者の導入状況を確認したうえで、スマートグリッド・デモンストレーションプロジェクトに選ばれたAEP(American Electric Power)の状況を紹介しています。欧州においては、第三次EU電力自由化指令に基づくEU加盟国における費用対効果分析の結果と導入状況などを整理しています。最後に、日本におけるエネルギー基本計画の中でのスマートメーターの位置づけを確認したうえで、電力会社各社のスマートメーター導入計画・導入状況を紹介しています。

【第3章】 スマートハウス/コネクテッドホームを支えるプラットフォームの動向 =AppleからGoogle、Samsung、Amazon、AT&T、Deutsche Telekom、日本ベンダまで= 

スマートハウス/コネクテッドホームの具体的なサービスを支えるプラットフォームの動向について整理しています。最初に、スマートグリッド分野の中でも特にスマートハウス/コネクテッドホーム関連分野における企業買収などの動向を整理した後で、サービス提供事業者によるプラットフォームの動向として、AppleやGoogle、Amazonなどの具体的な取り組みについて紹介しています。その後、通信キャリアの動向として、主に米国AT&Tやドイツテレコムについて取り上げ、最後に日本の標準規格「ECHONET Lite」の動向と、通信キャリアとしてのNTTの動向について取り上げています。

【第4章】 スマートハウス/コネクテッドホームのビジネス化に向けたサービス動向 =ディスアグリゲーション型が台頭=

スマートハウス/コネクテッドホームの具体的なサービス動向について紹介しています。ここでは、エネルギー分野のサービスを大きく「見える化」「利用者へのアドバイス提供」「エネルギー利用の自動制御」の3分野に分けたうえで、各分野におけるサービス動向を整理しています。特にアドバイス型では、これまでのアグリゲーション(集める)型から新たに登場したディスアグリゲーション(分離)型のサービス(機器分離型サービス)に注目し、その最新動向をまとめています。続いてセキュリティ分野について、家全体を総合的に扱うサービスやビデオモニタリングサービス、スマートロックについて取り上げています。最後に、ヘルスケア分野のサービス動向について取り上げ、ウェアラブル端末や今後のヘルスケア分野を分析する際に利用できるフレームワークについて整理しています。

【第5章】 AllSeen、OIC、Thread、IICなどスマートハウス/コネクテッドホームのIoT関連の標準化団体の最新動向

スマートハウス/コネクテッドホームにおける標準化団体の最新動向をまとめています。ここでは特に、IoT関連の標準規格の策定に取り組んでいる、AllSeen Alliance、Open Interconnect Consortium (OIC)、Thread Group、そして欧州の第4次産業革命と言われる「Industrie 4.0」とともに急速な注目を集めている「Industrial Internet Consortium」 (IIC)について取り上げ、各団体の具体的な取り組みの最新動向を整理しています。

【第6章】 スマートハウス/コネクテッドホームの今後の展望 =4つのセキュリティの課題=

スマートハウス/コネクテッドホームのセキュリティと、今後の展望について整理しています。セキュリティについては、スマートハウス/コネクテッドホームで利用される機器を標的としたプライバシー侵害やハッキングの可能性がある点を指摘したうえで、IoTによるホームセキュリティシステムの脆弱性(ぜいじゃくせい)を分析し、プライバシーとセキュリティの課題に対する4つの対策を整理しています。その後、著者自身が事業開発や商品開発のプロジェクトで活用しているシナリオプランニングという新手法を使い、スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの今後の展望について分析しています。

▼ 『スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015』 資料目次

  第1章 スマートハウス/コネクテッドホームの概要

1.1 スマートグリッドからスマートハウス/コネクテッドホームへ

1.1.1 スマートグリッドの意味の変化
1.1.2 コネクテッドホームとは?

1.2 スマートハウス/コネクテッドホームが実現する背景

1.2.1 世界の26億人がインターネットを利用
1.2.2 スマートハウス/コネクテッドホームの実現に大きく影響するスマートフォンの普及率
1.2.3 ビッグデータを貯めるストレージコストの劇的な変化

1.3 コネクテッドホームの概況

1.3.1 Connected Home専用ページが続々と登場
1.3.2 コネクテッドホーム関連の買収
1.3.3 コネクテッドホーム関連機器の出荷台数と市場規模予測
1.3.4 コネクテッドホーム関連機器の所有状況
1.3.5 コネクテッドホーム関連機器の購入先の傾向
1.3.6 コネクテッドホーム関連機器の導入意向状況
 〔1〕 導入意向の高いもの : 日常生活の中の必需品や新たなサービスに期待できるもの
 〔2〕 導入を躊躇する理由 : 「値段」 「技術面」 「セキュリティ」 「プライバシー」

  第2章 各国におけるスマートメーターの導入動向

2.1 世界的に見たスマートメーターの導入状況

2.1.1 今後は欧州とアジアでの導入が大きく進展
2.1.2 トップシェアはItron (アイトロン)

2.2 米国におけるスマートメーター関連動向

2.2.1 スマートグリッド関連投資の実績と予測
2.2.2 米国におけるスマートメーターの導入状況
 〔1〕 ARRA (アメリカ再生・再投資法) による導入への取り組み
 〔2〕 ARRA以外の電力事業者のスマートメーター導入状況
 〔3〕 AEP Ohio (エーイーピー・オハイオ) 社のスマートメーター導入への取り組み
 〔4〕 需要家にメリットがあるスマートメーター活用サービスへ

2.3 欧州におけるスマートメーター関連動向

2.3.1 第三次EU電力自由化指令 (DIRECTIVE 2009/72/EC)
2.3.2 費用対効果分析 (CBA) の結果
2.3.3 スマートメーター1台あたりの導入効果
2.3.4 欧州におけるスマートメーターの導入状況
 〔1〕 2020年までに需要家全体の80%以上にスマートメーターの導入を目指す20カ国
 〔2〕 欧州におけるスマートメーター関連規格

2.4 日本におけるスマートメーター関連動向

2.4.1 スマートメーター早期導入を目指すエネルギー基本計画
2.4.2 電力会社各社のスマートメーター導入計画
 〔1〕 日本全国で導入ピークとなるのは2016年から2018年
 〔2〕 AMI (スマートメーター通信基盤) における3つの通信方式の各電力会社の選択
 〔3〕 東京電力のスマートメーターを活用したサービス

  第3章 スマートハウス/コネクテッドホームを支えるプラットフォームの動向 =AppleからGoogle、Samsung、Amazon、AT&T、Deutsche Telekom、日本ベンダまで=

3.1 スマートグリッド分野への投資状況 ―投資の質が変化した2014年―

3.1.1 2010年がスマートグリッド関連の投資額が最大
3.1.2 投資の質が変化した2014年
3.1.3 2014年の分野別の投資額
 〔1〕 AMI分野への投資
 〔2〕 スマートメーターからホームへ
3.1.4 注目される上位5社の企業
3.1.5 2014年の企業買収 (M&A) の動向
3.1.6 2014年のM&Aの上位はいずれもスマートハウス関連企業

3.2 サービス提供事業者によるプラットフォーム ―AppleからGoogle、Amazonまで―

3.2.1 Appleによるプラットフォーム動向
 〔1〕 HomeKitとは
 〔2〕 対象となる家の管理を行えるHomeKit
 〔3〕 HomeKitへの対応を表名したメーカー
 〔4〕 HomeKitのプライバシーガイドライン
 〔5〕 iOS 8以降広く使われ始めたHealthKit
 〔6〕 iTunes Storeにおけるヘルスケア連携アプリ
 〔7〕 医療機関におけるHealthKitの導入
 〔8〕 医療研究向けのソフトウェアフレームワーク 「ResearchKit」
3.2.2 Googleによるプラットフォーム動向
 〔1〕 Nest社のNest Thermostat (ネスト・サーモスタット)
 〔2〕 再びスマートハウス関連のビジネスに取り組むGoogle
 〔3〕 Nest開発者プログラム最初の提携企業と具体的なサービス
 〔4〕 スマートハウス/コネクテッドホームの制御システム企業 「Revolv (リボルブ)」 の買収
 〔5〕 ヘルスケア関連プラットフォーム 「Google Fit (グーグル・フィット)」
 〔6〕 スマートフォン市場で圧倒的なシェアをもつGoogleの今後のゆくえ
3.2.3 Samsungによるプラットフォーム動向
 〔1〕 宅内ハブをもつSmartThingsの買収
 〔2〕 スマートハウス/コネクテッドホーム進展を目指したオープンプラットフォームの宅内ハブ
 〔3〕 2017年までに製品の90%をIoT対応にするSamsung

3.3 その他のプレイヤー動向

3.3.1 Amazonの動向
 〔1〕 Amazonのビジネスの現状と売上高
 〔2〕 商品購入を容易にするためのAmazonの製品戦略
 〔3〕 Amazon端末は長期的な成長に貢献するための投資
 〔4〕 スマートハウス/コネクテッドホームビジネスに影響を与える買収や製品・サービス
3.3.2 通信キャリアの動向
 〔1〕 AT&TのDigital Life (デジタルライフ)
 〔2〕 Deutsche Telekom (ドイツ・テレコム) のQIVICON (キビコン)

3.4 日本におけるスマートハウス/コネクテッドホームの動向

  第4章 スマートハウス/コネクテッドホームのビジネス化に向けたサービス動向 =ディスアグリゲーション型が台頭=

4.1 スマートハウス/コネクテッドホームのサービス動向
4.2 エネルギー分野のサービス動向

4.2.1 見える化型サービスの動向
 〔1〕 Energy, Inc. (エナジー・インク) のTED
 〔2〕 Wattvision (ワットビジョン) のWattvision 2
 〔3〕 Green Button (グリーン・ボタン) の取り組み
 〔4〕 2つのGreen Buttonの利用方法
4.2.2 アドバイス型サービスの動向
4.2.3 「ディスアグリゲーション型」 サービス
 〔1〕 インフォメティスのディスアグリゲーション (機器分離)
 〔2〕 Intel (インテル) のディスアグリゲーション技術の実証実験
 〔3〕 PG&EとBidgely (ビッジリー) の家庭向けエネルギー分析サービスの実験結果
 〔4〕 Navetas (ナビタス) のディスアグリゲーション活用サービス
 〔5〕 Neurio (ニューリオ) のディスアグリゲーション
 〔6〕 Smappe (スマッピー) のディスアグリゲーション
 〔7〕 plotwatt (プロットワット) のディスアグリゲーション
 〔8〕 東京電力とインフォメティスによるディスアグリゲーション技術の共同実証実験
 〔9〕 野村不動産とインフォメティスによるディスアグリゲーション
4.2.4 「行動変容型」 サービス
 〔1〕 行動科学と電力利用に関する実験・サービス
 〔2〕 顧客は一般利用者ではなく電力事業者
 〔3〕 Opowerと東京電力との業務提携 : 「でんき家計簿」
 〔4〕 Ohmconnect (オームコネクト) の省エネサービス
 〔5〕 EcoFactor (エコファクター) の 「エネルギー利用の自動制御」 サービス

4.3 セキュリティ分野のサービス動向

4.3.1 総合サービス
 〔1〕 ComcastによるXFINITY Home
 〔2〕 セコムやALSOK (アルソック)、Alarm.com (アラーム・ドット・コム) など多数企業が提供
 〔3〕 ホームセキュリティと宅内コントロールのVivint (ヴィヴィント)
4.3.2 ビデオモニタリングサービス
 〔1〕 IPカメラ市場の拡大とクラウド連携
 〔2〕 一般家庭向けの性能と価格帯で提供するDropcam (ドロップカム)
 〔3〕 対応カメラとSafieクラウドを提供するSafie (セーフィー)
4.3.3 スマートロック
 〔1〕 Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック)
 〔2〕 フォトシンスによるAkerun (アケルン)

4.4 ヘルスケア分野のサービス動向

4.4.1 ヘルスケア分野におけるウェアラブル端末
 〔1〕 スマートウォッチ
 〔2〕 センサー付き衣類
4.4.2 モバイルヘルスケア分類のフレームワーク
4.4.3 世界のヘルスケア市場
 〔1〕 2017年におけるグローバルのヘルスケア市場の内訳予測
 〔2〕 ビジネスモデルまでを検討したヘルスケア分野への取り組みが必要

  第5章 AllSeen、OIC、Thread、IICなどスマートハウス/コネクテッドホームのIoT関連の標準化団体の最新動向

5.1 スマートハウス/コネクテッドホームが抱える相互接続性の課題

5.1.1 普及させるための重要なポイント

5.2 業界における標準化のジレンマ
5.3 AllSeen Alliance

5.3.1 Qualcommが開発したプロトコルを利用するAllSeen Alliance
5.3.2 プレミアムメンバーとコミュニティメンバー
5.3.3 AllSeen Allianceが考えるIoTの課題
5.3.4 AllJoynフレームワークの構成
 〔1〕 2段階の認証プログラム 「AlliSeen Certified」

5.4 Open Interconnect Consortium (OIC)

5.4.1 OICを構成するメンバー
5.4.2 OICのフレームワークの構成
5.4.3 オープンソースプロジェクト 「IoTivity (アイオーティビティ)」
5.4.4 今後重要なLinux FoundationとIoTivityの動き
5.4.5 OICとAllSeen Allianceの競合

5.5 Thread Group

5.5.1 Thread Groupのメンバー構成
5.5.2 AllSeenともOICとも協業するThread
5.5.3 Threadが扱う範囲と特徴

5.6 Industrial Internet Consortium (IIC)

5.6.1 GEが実質的な推進力
5.6.2 IICの設立とIndustry 4.0

  第6章 スマートハウス/コネクテッドホームの今後の展望 =4つのセキュリティの課題=

6.1 スマートハウス/コネクテッドホームのセキュリティ課題

6.1.1 無線接続を行うモバイル機器を標的としたプライバシー侵害やハッキング
6.1.2 IoTによるホームセキュリティシステムの脆弱性
6.1.3 プライバシーとセキュリティの課題への4つの対策

6.2 スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの今後

6.2.1 シナリオプランニングによる関連分野の将来ビジネスの可能性の検討
6.2.2 スマートハウス/コネクテッドホーム分野の今後の展開を検討するシナリオ
 〔1〕 2軸のマトリクスで示したシナリオ
 〔2〕 「都市化進展」 と 「電力自由化進展」 というシナリオ
 〔3〕 「都市化進展」 と 「電力自由化停滞」 というシナリオ
 〔4〕 「地方創生」 が実現した際のシナリオ

  索引

商品名
スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015 [Apple/Google/Samsung/Amazonの最新プラットフォームからサービス動向まで]
発刊
2015年06月
発行
株式会社 インプレス
著者
新井 宏征
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 236ページ
販売価格

報告書 [PDF版]
91,800 円 (税抜 85,000 円+消費税 6,800 円)
報告書セット [PDF版+製本版]
102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ