リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

再生可能エネルギーの技術動向と最新ビジネスモデル 2015

新エネルギー政策, 省エネルギー対策, 新エネルギー技術開発, 改正省エネルギー法, グリーンエネルギー, 太陽光発電技術開発動向, 風力発電技術開発動向, バイオマス技術開発動向, スマートグリッド, 次世代エネルギーパーク, 省エネルギー設備投資, エネ革税制, 省エネルギー総覧

再生可能エネルギーの技術動向と最新ビジネスモデル 2015

Clip!

~ エネルギー総合計画の見直し、電力小売り完全自由化や再生可能エネルギーの買取制度の拡充等を見据え、再生可能エネルギーに関する最近の政策、出願特許の状況・技術動向、研究開発動向、技術開発事例や新たなビジネス事例を網羅! ~

  • オススメ

商品コード: TSS00011

【資料概要】

再生可能エネルギーに関わる最近の政策、知財・技術動向、関連企業・機関における研究開発動向、技術開発事例やビジネス事例など多面的なアプローチで調査~分析、再生可能エネルギー市場の展望に!

原子力発電の再稼働が進展しない中、国のエネルギー総合計画が見直され、再生可能エネルギーの位置づけや拡充が再検討されています。再生可能エネルギーは技術やコストの課題はありますが、地球温暖化対策、成長戦略、エネルギーの安定供給の補完等に欠かせない存在となってきました。

本書 『再生可能エネルギーの技術動向と最新ビジネスモデル 2015』 は、このような状況で、最近の政策、知財・技術、ビジネス等多面的な動向を調査分析し、再生可能エネルギーのビジネス拡大のための総合情報図書としてまとめるものです。

【資源エネルギー年鑑編集委員会・電力自由化調査チームについて】

「資源エネルギー年鑑」 は、我が国のエネルギー・資源政策の中心を担っている資源エネルギー庁の発足を機に、1976年に創刊したエネルギー・資源問題に関する総合解説書です。創刊以来長きにわたり、経済産業省・資源エネルギー庁の監修の下に改訂・刊行されてきたことなどから、今後もその継続が必要かつ有意であるとの趣旨に基づき、改訂・執筆、調査等を続けているのが 「資源エネルギー年鑑編集委員会」 です。委員会は、企業等においてエネルギー・資源関連分野に専従されてきた識者等により構成され、2003/2004年版より改訂作業等についてご協力ならびにご指導等をいただいているものです。

今回の特別編集版の調査・執筆にあたりましては、編集委員会内に特別チームとして 「電力自由化調査チーム」 を立ち上げ、独自の調査、新たな視点・手法による分析のほか、エネルギー・資源ビジネスのさらなる可能性についても展望しているものです。

▼ 『再生可能エネルギーの技術動向と最新ビジネスモデル 2015』 ポイント

【 本書で扱う再生可能エネルギー分野と関連キーワード 】

「太陽光発電」 「風力発電 (洋上・小型)」 「地熱発電」 「中小水力発電」 「海洋エネルギー」 「太陽熱発電」 ...

「スマートグリッド」 「パワーコンディショナ」 「海洋エネルギー」 ...

「固定価格買取制度」 「再生可能エネルギー支援制度・補助金制度」 ...

ほか多数

【 本書が試みる技術開発・ビジネスの今後を紐解くためのアプローチ 】

再生可能エネルギーの主要分野ごとに、出願特許の状況調査や分析、技術動向、関連企業・機関における研究開発~事業状況等について選り抜き解説するとともに、最新の技術開発事例や新たなビジネス事例について調査・分析~展望する新たなアプローチを試みています。

▼ 『再生可能エネルギーの技術動向と最新ビジネスモデル 2015』 資料構成

【序章】 エネルギー総合計画と再生可能エネルギーの位置づけ

◇我が国のエネルギー基本計画の概要ならびにエネルギー政策制度における再生可能エネルギーの位置づけについて整理し解説。併せて導入拡大に係る課題と対応施策等について取り纏め解説。

【第1章】 再生可能エネルギーに関する最近の技術動向

◇太陽光発電、風力発電、地熱発電、バイナリー発電、中小水力発電、マイクロ水力発電等に関する最近の技術動向と課題、特許出願状況から得られる技術開発の将来像を分析・解説。関連企業の状況ほか関連の注目情報を紹介。

【第2章】 再生可能エネルギーに関する最近の事業動向

◇太陽光発電に関する事業状況と課題、具体的な最近の事業事例と参入プレーヤー等について解説するとともに、メガソーラーの新しい形態、自治体の取り組み、ソーラーシェアリング、水上の太陽光発電等の情報について収録。

◇風力発電(洋上風力、小型風力)に関する経済産業省ほか省庁の取り組み、電気事業法等法令に基づく規制のあり方について体系的に取り纏めているほか、関連企業の動向、実証プロジェクトの状況等について紹介・解説。

【第3章】 再生可能エネルギーの導入・拡大を促進する新たな技術

◇再生可能エネルギーを活用するシステムとしてのスマートグリッドについて、技術概要・プロジェクト事例及び特許出願動向からの技術開発動向の今後を展望。要素技術・機能を活用した事業事例等について収録・解説。

【第4章】 再生可能エネルギーの事業化を推進する施策や制度

◇電力自由化に関する施策の経緯と今後の流れについて解説。広域的運営推進機関、新電力の参入状況と課題・安定供給に関する課題等について解説。FITと今後の流れについて課題やリスクなどについても併説。

▼ 『再生可能エネルギーの技術動向と最新ビジネスモデル 2015』 資料目次

  序章 エネルギー総合計画と再生可能エネルギーの位置づけ

1. はじめに
2. 国のエネルギー基本計画と再生可能エネルギーの位置づけ
3. 再生可能エネルギー導入や拡大に関する課題や施策概論

  第1章 再生可能エネルギーに関する最近の技術動向

1. 再生可能エネルギーの技術開発状況と課題 (総論)

(1) 再生可能エネルギーの技術動向と課題
(2) 再生可能エネルギーの技術開発ロードマップ
 - 低炭素社会づくりに関する提言によるロードマップ
 - 太陽光発電における革新的な技術開発のテーマ事例
(3) 再生可能エネルギーに係る新たな研究拠点における活動等について研究内容/産学官の連携ほか

2. 太陽光発電に関する最近の技術動向

(1) 太陽光発電に関する技術開発の状況とプロジェクト事例
 - 太陽光発電に関する技術動向や課題
 - 太陽光発電に関する長期的な技術開発
(2) 出願特許調査から見た太陽光発電の技術開発動向
 - 太陽光発電の出願特許及び技術の全般的動向
 - 太陽光発電に関する出願特許と出願人
(3) 太陽光発電に関する研究開発事例
 - 最近の太陽電池の効率向上に関する研究開発事例
 - 太陽光発電全般に関する技術開発事例

3. 風力発電に関する最近の技術動向

(1) 風力発電に関する技術開発の状況と課題
 - 風力発電における技術課題等
 - 特許庁の出願特許調査による風力発電の技術開発動向
(2) 洋上風力発電に関する出願特許の状況と技術開発
 - 関連企業の公開特許の状況
 - 洋上風力に関する大学、研究機関、産学連携等の出願と要約の事例
 - 洋上風力発電に関する技術開発事例
(3) 小型風力発電に関する出願特許の状況と技術開発
 - 関連企業等の出願特許の状況
 - 小型風力発電に関連する大学、企業等の出願と要約の事例
 - 小型風力発電に関する技術開発事例
 ほか

4. 地熱発電に関する最近の技術動向

(1) 地熱発電に関する技術開発の状況
 - 地熱発電システムの基本機能と要素技術
 - 最近の地熱発電の研究開発補助事業と技術課題
(2) 地熱発電に関する出願特許の状況と事例
 - 主要企業、大学、研究機関、産学連携等による地熱発電に関する出願と要約事例
 ほか
(3) バイナリー発電に関する技術開発の状況
 - 主要企業、関連団体等におけるバイナリー発電関係技術及び注目情報
 - 再生可能エネルギーを組み合わせたバイナリー発電の研究開発
 ほか

5. 中小水力発電に関する最近の技術動向

(1) 主要企業による中小水力発電に関する技術開発の最新状況
(2) 中小水力発電に関する出願特許の状況と事例
 - 大学、研究機関及び企業から出願されている特許の事例 (課題と解決手段等)
(3) 中小水力発電に関する新たな技術開発
 - 主要企業、団体等における最新研究開発の現状等
 ほか

  第2章 再生可能エネルギーに関する最近の事業動向

1. 再生可能エネルギーの事業状況と課題

(1) 再生可能エネルギーの事業環境
 - 再生可能エネルギーの事業における共通的な課題
 - 再生可能エネルギーの資源状況
(2) 再生可能エネルギーの事業形態
 - 事業の形態とプレーヤー
 - ITの活用とスマート化
 - 地域における再生可能エネルギー導入事例 (分散エネルギーと地域振興)
 - 新たな再生可能エネルギービジネスモデルの事例

2. 太陽光発電に関する最近の事業状況

(1) 太陽光発電に関する事業状況と課題
(2) 太陽光発電に関する最近の事業事例と参入プレーヤー
 - 屋根一体型太陽光パネルの事例
 - 太陽光パネルの清掃ロボット
 - 太陽光パネルの監視・保守技術と製品 (太陽光発電の保証、メンテナンス等)
 - メガソーラーの技術と事業事例
(3) 太陽光発電に関する新たなビジネスモデル
 - 分譲住宅・省エネ型住宅「太陽光搭載スマートハウス」、補助活用、コスト削減
 - メガソーラーの新しい形態
 - 通信業の参入と屋根の借用ビジネス
 - 自治体の取り組み
 - 太陽光パネルのキット販売と保険
 - 農地転用・ソーラーシェアリング
 - 水上の太陽光発電
 - 実証プロジェクト
 - 太陽光発電事業に関する融資、資金調達等

3. 風力発電に関する最近の事業状況 (洋上風力、小型風力)

(1) 風力発電に関する事業状況と課題
 - 事業の状況や背景等
 - 洋上風力発電に関する経済産業省、環境省の取り組み
 - 洋上風力発電に対する電気事業法に基づく規制のあり方について
(2) 洋上風力発電に関する企業の動向、実証プロジェクトの状況
 - 企業の連携、提携、支援等
 - 洋上風力発電に関する実証プロジェクト事例
(3) 小型風力発電に関する最近の事業事例、参入プレーヤー
 - 自治体の補助制度の事例
 - 小型風力発電に関する企業と製品の事例
 ほか

4. 地熱発電に関する最近の事業状況

(1) 地熱発電の事業状況と課題
 - 地熱発電の状況 (課題と規制、開発計画等)
 - 資源エネルギー庁の取り組み事例
 - 地熱発電に対する債務保証の事例
 - 環境省の補助事業の事例
(2) 地熱発電に関する最近の事業事例と参入プレーヤー
 - 主要企業、地方公共団体等における関連事業の動向
 - 経済産業省・地熱資源開発調査事業
(3) 地熱発電の新たなビジネスモデル、バイナリー発電、温泉発電の事例
 - バイナリー発電の導入・拡大を支える支援制度や資金調達等の事例
 - バイナリー発電機を扱う企業と製品例
 - バイナリー発電、温泉発電の事業、ビジネスモデル事例

5. 中小水力発電に関する最近の事業状況

(1) 中小水力発電に関する事業状況と課題
 - 小水力発電と水利使用手続 (国土交通省)
 - 規制緩和の状況事例 (経済産業省)
 - 助成制度の事例 (農林水産省)
 - 融資関連の事例
 - 保険・補償の事例
(2) 中小水力発電に関する最近の事業事例と参入プレーヤー
 - 関連企業と製品、事業の事例
 - 地域での小水力発電の事業事例
 - 都市部での小水力発電の事業事例
 - 小水力発電事業に関する提携や連携等の事例
(3) 中小水力発電に関する新たなビジネスモデル
 - 主要企業、地域等における取り組みの事例
 - 自然エネルギー自給型コミュニティ構築事業
 - 温泉地域におけるビジネスモデル事例
 - 地域分散エネルギーとしての小水力発電の事例

  第3章 再生可能エネルギーの導入・拡大を促進する新たな技術

1. 再生可能エネルギーを活用するシステムと制御

(1) スマートグリッドの技術概要とプロジェクト事例
(2) スマートグリッドの特許出願動向及び要素技術の開発事例
 - スマートグリッドを実現するための管理・監視技術
 - スマートグリッドを支える要素技術
(3) スマートグリッド機能を活用した事業事例
 - 自治体の取り組みと実証事業の概要
 - 企業の連携とスマートグリッド事業例
 - 小規模システムの事業化事例
 - 経済産業省 「次世代エネルギー・社会システム実証事業」
 - 地域電力融通のためのスマートグリッドプロジェクト事例 (不動産企業)
 - 鉄道分野におけるスマートグリッド活用の事例
 - クラウド型BEMSサービスを大学へ導入した事例
 - クラウドコンピューティングを活用した見える化の事業事例
 - BEMSに関する実証プロジェクト

2. 再生可能エネルギーを生み出す電力変換装置

(1) パワーコンディショナの技術動向
 - 実証プロジェクトの事例ほか
(2) 特許出願状況から見たパワーコンディショナの技術開発動向
 - 調査対象技術の概要
 - 太陽光発電用・風力発電用パワーコンディショナ
 ほか
(3) パワーコンディショナ関連の企業と製品・技術事例
 - 主要企業における開発・製品化の最新動向
 ほか

3. 今後の有力な再生可能エネルギー 「海洋エネルギー」

(1) 海洋エネルギーの概要と技術開発の状況
(2) 海洋エネルギーの研究開発、実証プロジェクトの事例
 - 産学官における主要な取り組み事例について

  第4章 再生可能エネルギーの事業化を推進する施策や制度

1. 電力自由化に関する方針と今後の流れ

(1) 電力自由化の概要
 - 発電の自由化
 - 小売りの自由化
 - 送配電の自由化
 - 発送電分離
(2) 電力自由化の施策の経緯と今後の流れ
 - 第3次制度改革
 - 第4次制度改革
 - 電力システム改革
(3) 広域的運営推進機関
 - 設立準備組合
 - 業務規程
(4) 新電力の参入状況と課題
(5) 安定供給の課題

2. 電力買取制度FITと今後の流れ

(1) 電力買取制度FITの概要
(2) 電力買取制度FITに至る経緯と今後の流れ
(3) 電力買取制度FITの状況
(4) 電力買取制度の課題やリスク
 - 非住宅用大型設備ほど運転開始時期が遅れている
 - 送電網が受け入れる間欠性電源の容量の限界

3. 再生可能エネルギーに関する支援制度

(1) 再生可能エネルギーに関する支援制度の概要
(2) 環境省関連 (グリーンファンド)
 - 概要
 - 出資の形態
 - 出資対象プロジェクト
(3) 農林水産省関連 (農山漁村再生可能エネルギー法に関連した支援)
(4) 農林水産省関連 (農林漁業成長産業化ファンド)
(5) 農林水産省関連 (再生可能エネルギー発電に関する太陽光・風力・小水力発電事業の事例)
(6) 自治体、民間ファンドの事例
(7) 自治体等における太陽熱、太陽光活用に関する施策・支援

4. 再生可能エネルギーに関する補助金制度

(1) 再生可能エネルギーに関する補助金制度の内容
 - 経済産業省関連の事例
 - 環境省関連の事例
 - 文部科学省
(2) 再生可能エネルギーに関する補助金制度の状況と課題
 - 関連団体の事例
 その他

5. 再生可能エネルギーに関する支援組織、業界団体等の概要

- 太陽光発電関連
- 風力発電関連
- 地熱関連
- 水力発電関連
ほか

  終章 総括と展望

商品名
再生可能エネルギーの技術動向と最新ビジネスモデル 2015
発刊
2015年03月
発行
株式会社 通産資料出版会
編集
資源エネルギー年鑑編集委員会 電力自由化調査チーム
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
B5判 300ページ
ISBN
978-4-901864-91-6
販売価格

報告書 [製本版]
37,800 円 (税抜 35,000 円+消費税 2,800 円)
報告書 [PDF版]
37,800 円 (税抜 35,000 円+消費税 2,800 円)
報告書セット [PDF版+製本版]
51,300 円 (税抜 47,500 円+消費税 3,800 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ