リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

グリーンイノベーション市場・技術予測 2015

新エネルギー政策, 省エネルギー対策, 新エネルギー技術開発, 改正省エネルギー法, グリーンエネルギー, 太陽光発電技術開発動向, 風力発電技術開発動向, バイオマス技術開発動向, スマートグリッド, 次世代エネルギーパーク, 省エネルギー設備投資, エネ革税制, 省エネルギー総覧

グリーンイノベーション市場・技術予測 2015

Clip!

~ ビジネスチャンスの創出が期待されるグリーンイノベーションの技術が生み出す新市場。グリーンイノベーションの研究開発動向をカテゴリ別に、市場動向と技術予測を20のマーケット別に、多面的に分析して新市場の創出を予測したレポート資料! ~

  • オススメ

商品コード: TSS00010

【資料概要】

生活者の意識変革が大きな推進力となっているグリーンイノベーション市場、2020年までの市場規模および技術革新を予測!

本書 『グリーンイノベーション市場・技術予測 2015』 は、グリーンイノベーションを多様な角度から分析し、新市場の創出を予測したレポート資料です。 グリーンイノベーション実現に向けた研究開発動向を展望し、技術が生み出す市場の姿を想定しています。グリーンイノベーションの現状を把握すると共に、新しいビジネス市場のモデルを探る基礎資料としてご活用ください。

【マーケット&テクノロジー・レポート編集委員会 グリーンイノベーション調査研究チームについて】

本委員会は、大手調査研究機関・研究所等に所属し、長年にわたる調査分析業務のほか重要な職責等を果たしてきた経験と見識を持つメンバー等から構成されており、環境・化学・エネルギー等に関する各種調査ならびに分析・評価を行っています。

具体的には、1. 上記分野・業界等の動向および関連資料・データの調査・分析、2. 官民の技術研究開発動向のインサイトと評価検討による関連市場展望ならびに今後の開発・戦略等の動向予測、3. 生活者調査研究・コミュニケーション調査分析による社会課題の抽出~現状把握・分析等について実施し、さまざまなデータ・知見の収集、整理・蓄積とその活用に日々取り組んでいます。

今回のレポートは、今後の日本のビジネスにおいて最重要課題となるテーマに関し調査研究チームを立ち上げ、これまで研究会において蓄積されてきた資料および知見についてあらためて検証・整理し取り纏め刊行するものです。

▼ 『グリーンイノベーション市場・技術予測 2015』 本書のポイント

(本書 「序文」 より)

環境問題の解決は主に産業分野と公共分野を中心にイノベーションに向けた取り組みが進められていたが、循環型社会の構築や地球温暖化問題により、生活者層にもその貢献が求められる時代となっている。

生活分野においても、低炭素化社会の実現に向けて、さまざまなイノベーションが浸透し始めている。生活者の意識も地球環境に良い商品やその商品を提供している企業への注目度 (判断意識) も高くなりつつある。またエコポイントサービスにより 「環境適合商品」 に対する認知度が高まり、さらに東北大震災によるエネルギーに対する生活者の関心も高まっている。これら生活者の意識変革がグリーンイノベーションを推進する大きな力となっている。

環境問題は、産業界だけでなく生活者にも密接な課題として、多様な社会的場面での対策が必要とされている。これらの課題を解決する手段として注目されているのがグリーンイノベーションであり、新たな市場とビジネスチャンスの創出が期待されている。

▼ 『グリーンイノベーション市場・技術予測 2015』 資料目次

  第I章 グリーンイノベーションの概要

1. 公害・省資源対策からグリーンイノベーションへの展開

1-1. 公害防止から社会システム形成への展開
1-2. 環境調和の実現とグリーンイノベーション市場

2. 実現を目指す 「未来の社会像」

2-1. 社会像の構成

3. 課題
4. 先進的な取組がグローバルなビジネスチャンスを生む
5. グリーンイノベーション市場創出と期待
6. グリーンイノベーションの変化要因から技術を予測する

  第II章 グリーンイノべーションの展開

1. 法律と業界の自主的な取組

1-1. 法律

2. 産業界の環境視点

2-1. 技術競争力
 2-1-1. 技術力向上のための視点
 2-1-2. わが国の技術優位性

2-2. 製品の差別化の視点

3. 産業界、生活者の意識変革

3-1. 企業における環境意識
3-2. 生活者における環境意識

4. 経済対策

  第III章 グリーンイノベーションのカテゴリー別に見た動向

1. カテゴリー関連市場の現在と近未来の姿

1-1. 社会システムとしてのグリーンイノベーション
 1-1-2. 未来像の実現を目指すスマートコミュニティ実証実験

1-2. カテゴリー別関連市場の現在と近未来の姿
 1-2-1. エネルギー生産分野 (クリーンなエネルギー供給の安定化と低コスト化)
 1-2-2. エネルギー流通分野 (高度エネルギーネットワークの統合化)
 1-2-3. エネルギー消費分野 (新規技術によるエネルギー利用効率の向上と消費の削減)

2. 未来の市場と実現のための技術

2-1. エネルギー生産分野 (クリーンなエネルギー供給の安定化と低コスト化)
 2-1-1. 革新的技術による再生可能エネルギーの供給拡大
 2-1-2. 高効率かつクリーンな革新的発電・燃焼技術
 2-1-3. エネルギー源・資源の多様化技術

2-2. エネルギー流通分野 (高度エネルギーネットワークの統合化)

2-3. エネルギー消費分野 (新規技術によるエネルギー利用効率の向上と消費の削減)
 2-3-1. 革新的デバイスの開発による効率的エネルギー利用技術
 2-3-2. 多様なエネルギー利用を促進するネットワークシステムの構築
 2-3-3. 生産プロセス技術

3. モデル市場の想定

3-1. 分野対象市場
 3-1-1. 国の戦略要素と変化要因から見たモデル市場
 3-1-2. モデル市場の概要

  第IV章 マーケット別市場動向と技術予測モデル

■ スマートグリッドの市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発
 5-1. 技術開発目標
 5-2. 技術内容
  5-2-1. 送配電系統の監視・制御技術
  5-2-2. 系統の効果的運用が可能となる先進技術

■ EMS (エネルギーマネジメントシステム) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ ホームエネルギーマネジメントシステム (HEMS) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ クラウドコンピューティングの市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ ITS (高度道路交通システム) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ スマートハウスの市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ 家庭用太陽光発電システムの市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ スマートメーターの市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ 家庭用二次電池 (家庭用定置型リチウムイオン電池) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ 家庭用燃料電池 (エネファーム) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ 家庭用ヒートポンプ給湯機 (エコキュート) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ PHV (プラグインハイブリッドカー) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ EV (電気自動車) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ 燃料電池自動車 (FCV) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ リチウムイオン電池 (自動車用) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ LED照明 (住宅用照明器具) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ LED照明 (自動車ランプ) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ SiC系パワー半導体の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ インテリジェントパワーモジュール (IPM) の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

■ 炭素繊維の市場動向・技術予測

1. 市場特性
2. 製品の概要
3. 市場動向と展望
 3-1. 発展の経緯
 3-2. 現状と将来展望
  3-2-1. 市場動向
  3-2-2. 市場規模と予測
  3-2-3. 企業動向
4. 業界構造と関連市場
5. 技術開発の方向性と予測 (目標)

商品名
グリーンイノベーション市場・技術予測 2015
発刊
2014年12月
発行
通産資料出版会株式会社
編集
マーケット&テクノロジー・レポート編集委員会 グリーンイノベーション調査研究チーム
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
B5判 260ページ
ISBN
978-4-901864-92-3
販売価格

報告書 [製本版]
75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
報告書 [PDF版]
75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
報告書セット [PDF版+製本版]
102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ