リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

アメリカの放送市場 - TV Everywhereと4Kの普及動向 – 2014 The Compass レポート&月刊情報サービス

インターネットテレビ市場動向, モバイルTV放送市場動向, 映像コンテンツ配信サービス市場動向, ソーシャルテレビ市場動向, 動画配信市場動向, 多チャンネル放送市場動向, インターネットビデオ市場動向, ネットテレビ配信市場動向, Hulu動向, Google TV動向, IPTV市場動向, デジタルブロードバンド放送市場動向, 双方向テレビ番組, 通信と放送の融合, アメリカの放送市場とインターネット・ビデオのインパクト

アメリカの放送市場 - TV Everywhereと4Kの普及動向 – 2014 The Compass レポート&月刊情報サービス

Clip!

~ アメリカの放送・映像コンテンツ配信サービス市場にフォーカスして市場全体の動向をレポート!2大特集テーマとして、テレビ番組インターネット配信 Huluから TV Everywhereへのシフト&4K放送/4Kテレビの普及・市場動向をピックアップ! ~

  • オススメ

アメリカの放送市場 - TV Everywhereと4Kの普及動向

アメリカの放送市場 - TV Everywhereと4Kの普及動向 – 2014 The Compass レポート&月刊情報サービス

  • 米国の放送/映像コンテンツ配信サービスの市場動向を現地レポート!
  • 規制動向や業界構造、主要な市場統計数値も掲載!
  • テレビ番組のインターネット配信&4K放送/4Kテレビの動向を特集!
  • 最新ニュースや動向分析など豊富な図表入りでわかりやすく紹介!
  • 米国の映像コンテンツ配信市場をモニタリングする月刊情報サービスも!
  • 商品コード: DRI00016

    【資料概要】

    アメリカの放送・映像コンテンツ配信サービス市場動向や規制動向、主要統計を収録!業界の構造と市場の動きを鋭く分析した現地レポート!

    本報告書 『2014年 The Compass レポート – アメリカの放送市場 : TV Everywhereと4Kの普及動向』 は、アメリカにおけるテレビ放送市場 – 地上波、多チャンネルサービス、インターネットビデオ – の最新動向を分析したレポートです。当レポートはアメリカにおける映像コンテンツの配信サービス市場をモニタリングする年間購読サービス "The Compass" の一部として出版されており、市場の主要な動きと最新の市場統計数値を提供しています。

    2014年の年鑑レポートでは、市場全体の動向に加え、2つの重要な動きを特集しています。

    1つは、テレビ番組のインターネット配信のビジネスモデルとして広告ベースの Huluが衰退し、多チャンネルサービス加入者限定の配信をする TV Everywhereの成長です。多チャンネルネットワークだけでなく、ABC、CBS、Fox、NBCも TV Everywhereに移行しています。

    もう1つは、4Kの動きで、4Kは放送ではなく、Netflix等のインターネットビデオで始まり、また、市場の開始と共に50インチで$1000以下の4Kテレビが登場する等、HD (High Definition TV) の時とは全く異なったスタートになっています。

    ~ NSI Research, Inc のご紹介 ~

    NSI Research 社は、1987年に米国のエレクトロニクス分野の調査コンサルティング会社ストラテジック社の調査部長であった日本人アナリストの若山(テッド)隆により設立された、コンピュータ、データ通信、コンシューマ・エレクトロニクス分野を専門とする調査コンサルティング会社。米国における「放送と通信の融合市場」を、CATV、従来のTVネットワーク、地上波再送信、ブロードバンド放送、IPTV、衛星、デジタル放送などのキーワードに沿って、技術動向、市場動向、コンテンツ、法規制などを研究。

    著者 : 若山 (テッド) 隆
    オクラホマ州立大学イーストセントラル校のメディアとコミュニケーション学部学士。カリフォルニアの調査会社Strategic Inc.の調査部長を経て、NSI Researchを設立。

    ▼ 『アメリカの放送市場 - TV Everywhereと4Kの普及動向』 2014年版 The Compass 年鑑レポート 目次

    『The Compass』 は、アメリカを主としたデジタル放送とブロードバンドTV市場の最新動向を集約・分析する年間情報サービスです。The Compassは月1回発行のマンスリー・レポートと年1回発行の年次報告書で構成されています。

    当年鑑レポート (Annual Report) は、アメリカにおけるテレビ放送、ケーブルTV、衛星放送、 IPTV、インターネットビデオ、モバイルビデオを含む、映像コンテンツ配信サービスをウォッチして、その最新動向を分析したレポートです。

    多チャンネルサービスを含め、アメリカにおけるテレビ放送市場の動向と主要な統計等を毎年アップデートして使いやすくまとめた資料として、毎年6月前後頃に出版されており、市場研究の基礎となる情報を提供し、The Compass 月刊レポートを有効に活用するためのベースとなる資料です。(The Compass年次レポート単体でのご購入も可能です)

    ▼ The Compass 2014年鑑レポート 目次

      I. ビデオ視聴傾向

    A. テレビ視聴

    1. 視聴世帯
    2. HDTVとDVRの保有
    3. テレビの視聴時間

    B. インターネット・ビデオの視聴

    1. 視聴者数
    2. 視聴時間

    C. DVD/Blu-ray

    D. チャンネル数とディスカバリー

      II. テレビ放送市場

    A. TV放送事業者

    1. 概要
    2. コンテンツ制作
    3. TVネットワーク
    4. 放送事業者

    B. Comcastの Time Warner Cable買収

    1. 背景
    2. 買収のインパクト

      III. インターネットビデオ

    A. ブロードバンドの普及

    B. インターネット・ビデオ

    1. 利用動向
    2. OTT-V事業者
    3. TV Everywhere

    C. 再生デバイス

    1. モバイルデバイス
    2. コネクテッドTV

      IV. HuluからTV Everywhereへのシフト

    A. TV Everywhereへのシフト

    1. TV Everywhereとは
    2. 増えるTV Everywhereの採用

    B. Huluの失敗

    1. Huluの計画
    2. Huluの誤算
    3. Huluの今後

      V. 4Kの普及動向

    A. HDと4Kの市場発展の違い

    1. HDの市場発展
    2. 4Kの市場発展

    B. 4Kの動向

    1. インターネット配信
    2. 4K放送
    3. 4Kテレビ

      VI. 数値

    2004年~2013年の時系列データを表で収録
    *タブレットに関する統計値のみ 2012年~2013年

    - アメリカ総世帯数
    - TV視聴世帯数、TV視聴世帯率
    - HDTV保有世帯、HDTV保有率
    - DVR保有世帯数、DVR保有世帯率
    - タブレット保有世帯、タブレット保有世帯率、BB世帯におけるタブレット
    - ブロードバンド世帯数、ブロードバンド普及率[ケーブルモデム、DSL/光]
    - 多チャンネルサービス加入世帯[ケーブルTV、DBS、電話事業者、その他]
    - TV世帯における普及率[ケーブルTV、DBS、電話事業者、その他]
    - 多チャンネルサービスシェア[Cable TV、DBS、Telco TV、Others]
    - TV広告金額 [地上波ネットワーク、シンジケーション、地上波局、多チャンネルネットワーク、多チャンネルローカル]

      【図表目次】

    図表I-1 TV視聴世帯率
    図表I-2 TV視聴者の推移 (2011年1Q~2013年4Q)
    図表I-3 DVRの保有率 (2003年~2013年)
    図表I-4 HDTVの設置世帯率 (2003年~2013年)
    図表I-5 フラットパネルTVベンダーシェア (2012年4Qと2013年4Q)
    図表I-6 テレビ放送の視聴時間
    図表I-7 年齢層別ライブ視聴時間
    図表I-8 年齢層別タイムシフト視聴時間
    図表I-9 インターネットビデオの視聴者
    図表I-10 年齢層別インターネットビデオ視聴時間
    図表I-11 インターネットビデオ視聴時間と本数
    図表I-12 DVD/Blu-ray視聴者数と視聴時間
    図表I-13 アメリカのビデオレンタルと購入市場
    図表I-14 多チャンネルサービスのチャンネル数の増加
    図表I-15 通常見ているチャンネル数
    図表I-16 番組が見つからずテレビを消すことがあるか?
    図表I-17 番組を見るける方法

    図表II-1 アメリカTV放送市場の構造
    図表II-2 映画配給会社のシェア (2013年)
    図表II-3 映画スタジオとTVネットワークの関係
    図表II-4 主要な地上波ネットワーク
    図表II-5 主要地上波ネットワークの平均視聴率
    図表II-6 トップ10全米多チャンネルネットワーク (2013年)
    図表II-7 主要な有料 (プレミアム) チャンネル
    図表II-8 トップ20地上波局保有会社 (2013年)
    図表II-9 多チャンネルサービス加入世帯数
    図表II-10 コードカッティングの可能性
    図表II-11 サービス別多チャンネル加入世帯数
    図表II-12 多チャンネルサービス事業者トップ13位 (2013年)
    図表II-13 ComcastとCharterの契約の概要
    図表II-14 ComcastのTWC買収後の多チャンネル事業者シェア
    図表II-15 買収後のブロードバンド事業者シェア
    図表II-16 家庭向け固定電話事業者トップ10
    図表II-17 買収後の固定電話事業者シェア
    図表II-18 ComcastとTWCの営業地域

    図表III-1 ブロードバンド導入世帯 (2002年~2013年)
    図表III-2 ケーブルモデム対DSL/光 (2002年~2013年)
    図表III-3 ブロードバンド事業者トップ12 (2013年)
    図表III-4 インターネットビデオの再生本数
    図表III-5 インターネットビデオ事業者のユニーク視聴者数 (2013年3月と2014年3月)
    図表III-6 インターネットビデオ広告の配信プラットフォーム (2013年12月)
    図表III-7 年齢層別ケーブルTV、衛星、Netflix加入率
    図表III-8 有料ストリーミングサービスの利用率
    図表III-9 YouTubeのパートナーチャンネルのトップ10 (2014年3月)
    図表III-10 OTTビデオ事業者
    図表III-11 デバイス別再生開始数シェア
    図表III-12 モバイルデバイスで視聴されるコンテンツの長さ
    図表III-13 スマートフォン・ベンダーシェア (2014年3月)
    図表III-14 コネクテッドTVで視聴されるコンテンツの長さ (13年4Q)
    図表III-15 TV Everywhereコンテンツの再生デバイス (13年4Q)

    図表IV-1 HBO Goの認証画面
    図表IV-2 TV Everywhereアプリの利用頻度
    図表IV-3 アメリカの地上波放送のビジネスモデル
    図表IV-4 Huluのビジネスモデル
    図表IV-5 テレビ広告対インターネット広告
    図表IV-6 インターネット広告の内訳
    図表IV-7 地上波放送の新しいビジネスモデル

    図表V-1 LCD HDテレビの平均価格
    図表V-2 HDテレビの保有世帯数と保有率
    図表V-3 4Kパネルの出荷予測 (2014年)

    ▼ 月刊情報サービス 『The Compass』 各号 目次

    年間サービスでのご購読者には、月一回最新情報をお送りするマンスリーレポートと、年一回発行の年鑑レポートをセットでご提供しています。マンスリーレポートでは、アメリカにおける映像コンテンツ配信サービス&テレビ放送の市場動向の最新ニュースや分析を、毎号15ページ前後に取りまとめて毎月お届けいたします。(マンスリーレポート12回分、EメールでPDFによる配信)

    [ニュース&アナリシス] 大きなニュースを主体にした動向分析
    [規制/市場環境] 市場全体に関わる話題、規制に関する話題
    [コンテンツ] 放送ネットワーク他のコンテンツサイドの動き
    [多チャンネル放送] ケーブルTV、IPTV、衛星放送が提供するビデオと付加価値サービスに関する動き
    [インターネットTV] インターネットによるビデオ配信、それにブロードバンドサービスに関わる動き
    [ソリューション] デジタル放送、インターネットでのビデオ配信に関わるハードウェア、ソフトウェア、サービス、そのベンダーに関する話題

    ▼ マンスリーレポート目次

    【2015年2月号】  NEW!
     [ニュース&アナリシス]
      - CES 2015
      - 多チャンネルサービスの値上がり
      - Broadbandの定義速度が変わる
     [規制/市場環境]
      - AWS-3競売がやっと終了
      - Verizonが一部の有線事業を売却
      - DVRは62%の世帯に普及
      - 4Kの試験放送
      - 4Kテレビの出荷は700%増
      - 1Gbpsサービス
      - 19%のブロードバンドは4K対応
      - AT&TがLTE放送をテスト
      - MoCA 2.0のフィールドテスト
     [コンテンツ]
      - ディスク売上は11%減
      - Amazonが映画も制作
      - HBOのOTTサービス
      - NickelodeonもOTTサービスを予定
     [多チャンネル放送]
      - 多チャンネルサービス加入者数
      - DISHがOTTケーブルを発表
      - DISHが4K対応STBを公開
      - Autohopで広告だけを見る
      - CablevisionのVoWiFiサービス
      - SuddenlinkもRoviのDTA EPGを採用
     [インターネットTV]
      - Netflix加入者が1年で1,300万増加
      - NBCのスーパーボウル配信
      - M-GoがBeamrと契約
      - VerizonのOTTサービスは夏に開始?
     [ハードウェア/ソフトウェア]
      - SamsungのSlingbox的機能
      - TCL、PhilipsがMatchstickを採用
      - TiVoのRoamio OTA
      - RokuがTVパートナーを増やす
      - Vudu専門のストリーミング・スティック
      - Apple TVの売上減少?
      - NeuLionがDivXを買収
      - TCLがPalmブランドを復活
      - SynacorがNimble TVを買収
      - ImagineがRGBを買収
      - MaxLinearがEntropicを買収
      - Rentrakがレンタル事業を売却
    【2015年1月号】
     [ニュース&アナリシス]
      - TVネットワークとOTTの関係
      - インターネットビデオの視聴
     [規制/市場環境]
      - ソーシャル・ネットワークの利用
      - TV視聴とツイート
      - FCCが地上波局合併を許可
      - FCCがMVPD定義変更を開始
      - Amazon、Comcastが4K配信を開始
      - ESPNのアラカルト料金は月額$30以上
     [コンテンツ]
      - NBCがTVEでの配信を開始
      - Fox Newsが13年連続トップ
      - TabletTVがサービス開始
      - 多チャネルネットワークの視聴がダウン
      - HBOはOTTにMLBAMを使う
      - HearstがAwesomenessTVの25%を得る
      - デジタル音楽の売上が減少
     [多チャンネル放送]
      - Charterがデジタル移行を完了
      - DISHがNetflix視聴を可能にする
      - DirecTVがスペイン語OTTを開始
      - DirecTVの新衛星の打ち上げ成功
      - 最も不評な多チャネルサービス事業者
     [インターネットTV]
      - Netflix: 3~2週毎に新作を公開予定
      - Huluの復活
      - AMCのホラー専門SVOD
      - Vesselのサービス開始間近
      - Aereoの資産売却
     [ハードウェア/ソフトウェア]
      - VuduがJinniを採用
      - TVtagが終了
      - TV番組の音声ストリーミング
    【2014年12月号】
     [ニュース&アナリシス]
      - CableCARDの廃止が決定
      - 4Kの話題
      - ChromeCastがApple TVを追い抜く
     [規制/市場環境]
      - オンラインビデオ視聴
      - テレビ放送帯域返上のプロセス
      - AWS-3オークションが$400億を超える
      - Black Fridayの買い物客は5.2%減
     [ネットワーク&コンテンツ]
      - DISHとCBSが契約更新
      - DisneyがUVへの対抗を開始
      - NielsenがSVODも視聴調査に加える
      - Redboxが値上げ
      - Netflixのオリジナル番組視聴
     [多チャンネル放送]
      - 多チャネルサービス加入者が大きく減少
      - ComcastのXG2
      - WOWがNetflixと契約
      - Canoeが100億本の広告を配信
      - EchoStarのモバイル放送
     [インターネットTV]
      - Netflixのアジア参入は別問題
      - SonyがPlayStation Vueサービスを発表
      - Jason Kilarの次の事業
      - Huluの利用方法
      - Amazonの利用が増える
      - Streaming Video Allianceが設立
     [ソリューション]
      - YahooがBrightRollを買収
      - Sling TVのコンテンツ発見機能
      - TiVo加入者が510万に達する
    【2014年11月号】
     [ニュース&アナリシス]
      - Redbox Instantはなぜ失敗したのか
      - オンラインTVの視聴
     [規制/市場環境]
      - FCCが放送波の競売を延期
      - ギブアップしていないAereo
      - ティーンのSNSのトップはInstagram
      - TV視聴時のマルチタスク
      - 地上波再送信料は2020年で93億ドル
     [コンテンツ]
      - ネットワークと多チャネル事業者の争い
      - AMC NetworkがBBC Americaに出資
     [多チャンネル放送]
      - 多チャンネルサービス加入者が減少
      - Comcastは500万台のX1を導入
      - TWCが次世代DVRを導入
      - DirecTV 14衛星の打ち上げ
      - RogersとShawがNetflixに対抗
      - CogecoがTiVoの提供を開始
      - VerizonがNetflixを無料で提供
     [インターネットTV]
      - Netflixの視聴時間増加
      - Sonyのバーチャル・ケーブルは$80?
      - VerizonがNetflix ISP Indexの1位
      - Netflixが4K料金を導入
      - SkyがPluto.tvに投資
      - SoftbankがDramaFeverを買収
     [ソリューション]
      - Google等がiSTBを発表
      - Rokuが新たに$2,500万の投資を受ける
      - STBの売上が増える
      - Paceがブロードバンド市場に参入
      - RoviがFanhattanを買収
      - OoyalaがVideoplazaを買収
      - ImagineがOpen TVの広告技術を買う
      - スマートホームの話題
    【2014年10月号】
     [ニュース&アナリシス]
      - iSTB市場の競争とRokuの新戦略
      - 2014年2Qのテレビ/ビデオ視聴動向
     [規制/市場環境]
      - 放送法の改正
      - モバイルビデオの成長
      - DMAトップ10
      - NCTA Cable Showが無くなる
     [ネットワーク&コンテンツ]
      - SuddenlinkとViacomの争い
      - CBS: 再送信収入は2020年で$20億
     [多チャンネル放送]
      - 認証がTVEの問題か?
      - コードカッティングは減っていない
      - Comcastの話題
      - AT&T: DirecTVと固定LTEのバンドル
      - DirecTVもOTTサービスを計画
      - WindstreamがIPTVを開始
      - CanoeがAdGorillaと契約
      - ArmstrongがTiVoを採用
      - ONOがTiVoのクライドAPIを採用
      - Hughesの衛星ブロードバンド加入者
     [インターネットTV]
      - Netflixの話題
      - YouTubeの広告収入は$11億
      - Redbox Instantは閉鎖になるのか
      - Otter MediaがFullscreenを買収
      - SonyがOTT-TVでViacomと契約
      - Sonyが4KサービスでNanotechと契約
      - Amazon Fire TVがOpera TVをサポート
     [ソリューション]
      - Vizioが4Kテレビの出荷を開始
      - TiVoのモンスターDVR
      - RoviのDTA Guides
      - EricssonがVODサーバーのFabrixを買う
      - ActiveVideoがHBO Europeと契約
      - Arrisが4K製品を発表
      - スマートホームの話題
    【2014年9月号】
     [ニュース&アナリシス]
      - iSTB市場の競争とApple TV
     [規制/市場環境]
      - 最も革新的なイメージのブランドは?
      - クローズド・キャプションの精度
      - ギガビット・ブロードバンド
      - NABがFCCを訴える
      - スポーツ番組のブラックアウト
      - ソーシャルメディアとTV
     [コンテンツ]
      - 映像エンターテイメントは横這い
      - ViacomとCablevisionの訴訟
      - AwesomenessTVがRokuに配信
      - DirecTVとNFLの契約金は$14億ドル
      - 4Kコンテンツの提供
      - ESPNがPebbleアプリを発表
     [多チャンネル放送]
      - 多チャンネルサービス離れが減る
      - ケーブルモデム加入者がTVを抜く
      - CoxがDTAの購入先を決定
      - ケーブルTVでのBinge視聴
      - 政治広告を狙うDirecTVとDISH
      - TWCのトラブル
     [インターネットTV]
      - NetflixはHBOを追い抜いたか?
      - 最も高価なSVOD契約
      - NetflixはTWCとも契約
      - Netflixの欧州での成長
      - AmazonがTwitchを買収
      - Amazonが10月に4K配信を開始
      - EchoStarがConvivaと契約
     [ソリューション]
      - Tablet TVのテストサービス開始
      - Roku TVが発売開始
      - TiVoの地上波オンリーのモデル
      - Simple.TVの新製品
      - TVを4画面化する4seTV
      - MicrosoftのChromecast対抗製品
      - GracenoteがBaselineを買収
      - TelstraがOoyalaを買収
      - CiscoのCATV部門の不調
      - スマートホームの話題
    【2014年8月号】
     [ニュース&アナリシス]
      - 下院がCableCARD廃止を通過
      - Netflixの変身
      - Aereoはカムバック出来るのか?
     [規制/市場環境]
      - DISH Hopperの差止めは却下
      - NetflixとVerizonの争い (続き)
      - インターネットビデオの字幕規制
      - ニュージランドでNetflixを見る方法
      - UHD (4K) テレビの知名度は17%
     [コンテンツ]
      - FoxがTime Warner買収を試みる
      - Xbox Entertainment Studioが閉鎖
      - Liberty GlobalがITVに投資
      - CBSは「Zoo」をNetflixで配信
      - CNNもTV Everywhereへ移行
      - ミュージックダウンロードが減少
     [多チャンネル放送]
      - 第2四半期の加入者数
      - DVR戦争(続き)
      - TiVoでComcast VODが利用可能
      - CogecoがTiVoと契約
      - DirecTVの4K計画
      - VerizonのマルチキャストLTEは2015年
      - ComcastがPowerCloud Systemsを買収
     [インターネットTV]
      - Netflixの有料加入者が5,000万に近づく
      - AmazonもBinge配信をテスト
      - Netflixがプライベートモードをテスト
      - Apple TVで特典画像が視聴可能
      - YahooがRayVを買収
      - AT&T-Chernin JVがCreativebugを買う
      - Appleが膨大なCDNを構築
     [ソリューション]
      - Slingの新製品
      - Arrisの動向
      - Level 3の番組配信サービス
      - ComcastとVerizonがクラウドで協力
      - Qplayが閉鎖

    商品名
    アメリカの放送市場 - TV Everywhereと4Kの普及動向 – 2014 The Compass レポート&月刊情報サービス
    発刊
    2014年06月
    発行
    株式会社データリソース
    調査
    NSI Research, Inc.社
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 68ページ [電子媒体 (PDF)]
    備考
    ※The Compassのご購読は、ユーザライセンス制です。社内など複数のご購読者への配布には、マルチユーザ・ライセンスでのお申込みが必要になります。(詳細はご注文後にお知らせいたします)
    販売価格

    年鑑レポート
    75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
    年鑑レポート+マンスリーレポート (年間情報サービス) セット
    140,400 円 (税抜 130,000 円+消費税 10,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態 [DRI]
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    動画配信ビジネス調査報告書 2014

    動画配信ビジネス調査報告書 2014

    価格(税込) 73,440~84,240 円

    ハイレゾ音源市場の展望と課題

    ハイレゾ音源市場の展望と課題

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    ベトナム情報通信白書 2013

    ベトナム情報通信白書 2013

    価格(税込) 10,800 円


    このページのTOPへ