リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

アジア二輪車産業2014<市場編>

ベトナム二輪車産業, ベトナム二輪車部品メーカー, ベトナムスクーター市場動向, ベトナム二輪車販売シェア, ベトナム二輪車生産台数, ベトナム二輪車販売台数, ベトナム二輪車輸出台数, ベトナム二輪車市場, ベトナムVMEP, アジア二輪車産業

アジア二輪車産業2014<市場編>

Clip!

~ アジア二輪車市場[中国、インド、インドネシア、ベトナム、タイ、台湾]における各種統計値を横断的に収録!中国市場における電動バイク・電動自転車の最新情報も! ~

  • オススメ
  • ※ 当商品は販売終了いたしました。

アジア二輪車産業2014<市場編>

アジア二輪車産業2014<市場編>

  • アジア6ヶ国の二輪車市場を横断的に、現地情報に基づき調査!
  • 各国の二輪車産業構造と特徴を各種統計と現地情報の両面から追跡!
  • 6ヶ国の出荷台数/国内販売台数/輸出台数の推移&市場シェア!
  • 主要メーカー/ブランドの紹介とブランド別の台数推移も!
  • 中国市場における電動バイク&電動自転車の最新情報も収録!
  • アジア全体の二輪車産業の最新状況がわかる!
  • 商品コード: AIRI00011

    【資料概要】

    激動するアジア6ヶ国 [中国、台湾、ベトナム、タイ、インドネシア、インド] の二輪車市場を横断的に調査!

    当資料 『アジア二輪車産業2014<市場編>』 は、二輪車生産で年産100万台以上の国 (エリア) を調査対象とし、アジア6ヶ国 [中国、台湾、ベトナム、タイ、インドネシア、インド] 各国の二輪車産業の最新概況、主要ブランドの紹介、ブランド別の各国国内販売 (出荷) 台数推移や二輪車輸出国の輸出台数推移などの統計値が掲載されています。

    また、中国における電動バイク市場 及び 電動自転車市場の最新情報も収録されています。

    ▼ 『アジア二輪車産業2014<市場編>』 資料目次

    はじめに
    ■ 世界主要国 (エリア) の二輪車市場 (二輪車国内販売台数)
    ■ アジア (エリア) の二輪車市場 (二輪車国内販売台数)
    ■ アジアの二輪車市場規模 (2012年)
    ■ 中国二輪車産業vsインド二輪車産業
    ■ アジア、二輪車組立メーカ国内販売台数 Top10社 (2012年、個別単体企業別)
    ■ 不透明さを増すアジアと世界の二輪車市場

      1. アジア主要国 (エリア) 二輪車市場

    1-1. 縮小が鮮明になった中国市場
    1-2. 中国、膨張する、もう一つの二輪車産業
    1-3. 2012年、中国を抜いたインド二輪車市場
    1-4. 低迷からの出口を探すインド二輪車産業
    1-5. 日本ブランド (日系メーカ) のドル箱インドネシア二輪車市場
    1-6. 縮小に転じたベトナム二輪車市場
    1-7. 年間200万台を維持するタイ二輪車市場
    1-8. 年間100万台を維持する台湾二輪車産業

      2. 世界 (アジア) 二輪車産業をリードする日本ブランド

    ■ ホンダ
    ■ ヤマハ
    ■ スズキ
    ■ カワサキ

      3. 中国ブランド

    ■ Haojue
    ■ Loncin
    ■ Lifan

      4. インドブランド

    ■ Hero
    ■ Bajaj
    ■ TVS

      5. アジアの二輪車産業<中国>

    5-1. 中国二輪車産業推移 (2008年~2013年)
    5-2. もう一つの二輪車産業、中国eバイク・eサイクル産業
    5-3. 出荷/国内販売台数 上位4社
     ■ 上位メーカ (Top10社) 出荷台数推移 (三輪車含む、輸出含む)
     ■ 上位メーカ (Top10社) 出荷台数推移 (三輪車除く、輸出含む)
     ■ 出荷上位メーカ (Top10社) 輸出台数推移 (三輪車含む)
     ■ 輸出上位メーカ (Top10社) 台数推移 (三輪車含む)
     ■ 主な輸出先 (国)
    5-4. 中国の日本ブランド
     ■ ホンダ
     ■ スズキ
     ■ ヤマハ
    5-5. 中国eバイク・eサイクル産業
    5-6. 膨張する電動自転車/電動二輪車産業
    5-7. 中国有力電動自転車/電動二輪車メーカ
    5-8. 中国自転車協会
    5-9. 天津市自転車・電気自動車産業協会 会員名簿
    5-10. 日本のeバイク・eサイクル
     ■ 日本の二輪車出荷台数推移 (原付第一種、原付第一種以外)
     ■ 日本の自転車出荷台数推移 (全体、電動アシスト自転車)
     ■ 日本の二輪車と電動アシスト自転車出荷台数推移 (原付含む二輪車全体、電動アシスト自転車)

      6. アジアの二輪車産業<インド>

    6-1. インド二輪車産業推移 (2008年度~2013年度)
    6-2. 2012年、インドが中国を抜き世界一の二輪車市場となる
    6-3. 2020年までにインド二輪車販売シェアトップを目指すホンダ
    6-4. ヤマハ チェンナイ新工場開業を延期、ただし年産280万台計画に変更はなし
    6-5. 出荷/国内販売台数 上位4社
     ■ 出荷台数 (国内販売+輸出) シェア推移 (2008年度~2012年度)
     ■ 国内販売台数シェア推移 (2008年度~2012年度)
     ■ 輸出台数シェア推移 (2008年度~2012年度)

      7. アジアの二輪車産業<インドネシア>

    7-1. インドネシア二輪車産業推移 (2008年~2013年)
    7-2. ブランド別国内販売台数推移 (2008年~2013年)
    7-3. 圧倒的日本ブランド市場、日系二輪車メーカ大手2社 (ホンダとヤマハ) の 「ドル箱」
    7-4. Astra Honda新工場は2014年6月稼働開始、二輪車年産能力は560万台
    7-5. 出荷/国内販売台数 上位4社

      8. アジアの二輪車産業<ベトナム>

    8-1. ベトナム二輪車産業推移 (2008年~2013年)
    8-2. 偽ホンダ二輪車、ピーク時販売年間151万台
    8-3. ブランド別国内販売台数推移 (2008年~2013年)
    8-4. 2014年2月、VAMM (ベトナム二輪車協会) 活動を開始
    8-5. ブランド別輸出台数推移 (2010年~2013年)
    8-6. 出荷/国内販売台数 上位4社

      9. アジアの二輪車産業<タイ>

    9-1. タイ二輪車産業推移 (2008年~2013年)
    9-2. ブランド別国内販売台数推移 (2008年~2013年)
    9-3. ブランド別輸出台数の推移 (2008年~2013年)
    9-4. 出荷/国内販売台数 上位4社

      10. アジアの二輪車産業<台湾>

    10-1. 台湾二輪車産業推移 (2008年~2013年)
    10-2. ブランド別台湾内販売台数推移 (2008年~2013年)
    10-3. ブランド別台湾輸出台数の推移 (2008年~2013年)
    10-4. 出荷/国内販売台数 上位4社

    商品名
    アジア二輪車産業2014<市場編>
    発刊
    2014年05月
    発行
    エーアイ・アールアイ
    調査
    エーアイ・アールアイ
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 112ページ
    販売価格

    報告書 [製本版]
    37,800 円 (税抜 35,000 円+消費税 2,800 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。



    このページのTOPへ