リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

韓国におけるモバイルコマース進化トレンド

ソーシャルコマース市場規模, ソーシャルショッピング市場, 共同購入クーポン市場, モバイルコマース市場動向, ソーシャルコマース市場動向, ソーシャルコマース海外事例, グルーポンビジネスモデル, スマートフォン販売台数, ソーシャルコマース市場予測, ソーシャルコマース課題

韓国におけるモバイルコマース進化トレンド

Clip!

~ スマホ普及率7割を背景にバーティカルコマース、サブスクリプションコマース、放送型コマースなど、進化が止まらない韓国eコマースの現状及び展望 ~

  • オススメ

韓国におけるモバイルコマース進化トレンド

韓国におけるモバイルコマース進化トレンド

  • 韓国市場におけるeコマース市場の現状及び市場規模予測!
  • 韓国の主要eコマースプラットフォームの特徴を比較して分析!
  • 韓国eコマース分野の主要事業者の紹介と競争トレンドを紹介!
  • 主要事業者のコマースプラットフォーム事例を分析!
  • モバイルショッピング系のスマホアプリ事例も多数掲載!
  • モバイルコマースプラットフォームの成功要素とキーワードを抽出!

商品コード: ROA00083

【資料概要】

激烈な競争を極める韓国eコマース市場、モバイルコマース事業戦略の研究事例に!

2014年の韓国市場は、日本よりも進んだモバイルコマース・プラットフォームの進化方向性や成功キーワードを得るための最良のベンチマーキング対象である。スマートフォンの普及率は高く、新しいプラットフォームの拡散速度が日本に比べて格段に速いからである。韓国にスマートフォンが普及し始めたのは2010年からであり、その時からモバイルショッピング市場が増加し始めた。2016年には、オンラインショッピング取引のうちモバイルショッピングが全体の半分以上となる27兆ウォンまで成長していくと予測する。

今後のe コマースの成長軸は確実にモバイルショッピングである。モバイルがe コマース市場の主導的なゲートウエイに成長した背景には、過当競争の中で生き残りをかけてアイデアを出していった結果として、多くのユーザー層を取り込めたサービスや戦略の多様性が大きく起因する。

複雑な韓国のモバイルe コマース市場を整理して俯瞰することは、日本市場でスマートフォン普及率が6割を超える近い将来に向けて、必ずや有益になり得るだろう。本書 『韓国におけるモバイルコマース進化トレンド』 がその一助となれば幸いである。

▼ 『韓国におけるモバイルコマース進化トレンド』 エグゼクティブサマリー / レポートガイドライン

2014年の韓国市場は、日本よりも進んだモバイルコマース・プラットフォームの進化方向性や成功のキーワードを得るための最良のベンチマーキング対象である。スマートフォンの普及率は高く、新しいプラットフォームの拡散速度が日本に比べて格段に速いからであり、そこには少し先の日本の未来が垣間見える場合がある。

特に、新しいアイデアを求めて楽天・Amazon の二強に挑む日本のコマース事業者にとって、韓国市場のトレンドを整理することは、モバイルコマース事業戦略を立てる際に看過できない要素となろう。なぜなら、韓国内の競争は激烈を極め、集客のために経営体力だけでなくアイデアが求められる厳しい市場となっているからである。

また、地理的にも文化的にも距離が近い市場であるため、グローバル志向の強い韓国事業者は、日本のコマース事業者にとっても潜在的な競争者として認識する必要もある。ましてや販売商品が電子コンテンツの場合、グローバルだけでなくローカル事業者にとってもボーダレスの無限競争に巻き込まれざるを得ない。他国のローカル事業者も含めてベンチマーキングすることは、非常に有益であろう。

[図] 韓国市場におけるeコマース市場規模現状及び予測 (B2C取扱額、PC・モバイル・TVのデバイス区分、2009~2016)
韓国市場におけるeコマース市場規模現状及び予測[韓国におけるモバイルコマース進化トレンド]

韓国市場にスマートフォンが普及し始めたのは2010年からであり、その時からモバイルショッピング市場が増加し始めた。2016年には、オンラインショッピング取引のうちモバイルショッピングが全体の半分以上となる27兆ウォンまで成長していくと予測する。

今後のeコマースの成長軸は確実にモバイルショッピングであり、その元年がまさに2014年であると言える。2013年のオンラインショッピングに占めるモバイルショッピングの割合はわずか17%だったが、2014年上半期に約3割まで急増し、さらに下半期には約5割を占めると予測される。2015年以後は、通年でモバイルショッピング市場規模がPC ショッピング市場規模を上回ることになる。

これほどまでにモバイルがe コマース市場の主導的なゲートウエイに成長した背景には、事業者による様々なサービス品質の努力や競争要因が挙げられるが、やはり過当競争の中で生き残りをかけてアイデアを出していった結果として、多くのユーザー層を取り込めたサービスや戦略の多様性が大きく起因する。例えば、主要e コマースプラットフォームの特徴を見ても、かなり多様な特徴が見て取れる。

[図] 主要eコマースプラットフォームの特徴
主要eコマースプラットフォームの特徴[韓国におけるモバイルコマース進化トレンド]

e コマースの運用要素としては、販売者、商圏、販促、購買・決済、配送、ロイヤルティが挙げられるが、そのどれを最優先にアプローチしているかによって、e コマースプラットフォームの特徴が顕在化できる。これらの定義は特徴を強調するための概念的用語に過ぎず、実際の市場を完全に区分できる定義ではない。例えば、韓国におけるSocial Commerce は、ローカル店舗のサービス引換券のインターネット取引を増加させている中で、結果的に地域や商圏密着商材を扱うTown Commerce のきっかけを作った。また、フラッシュマーケティングに用いられた「キュレーション」を特定ニーズに限定・強化することで、Vertical Commerce やSubscription Commerce まで進化させており、これらの要素が複雑に絡み合って競争軸が成り立っている。

本報告書で取り扱う「e コマース(Ecommerce)」は、個人対象の商品及びサービスの販売に限定しており、法人向けのコマース市場は割愛している。ただし、購入商品やサービスが配送される通常の購買形態だけでなく、利用券(バウチャー)の購入や譲渡などのケースも対象に含まれるとする。

複雑な韓国のモバイルe コマース市場を整理して俯瞰することは、日本市場でスマートフォン普及率が6割を超える近い将来に向けて、必ずや有益になり得るだろう。本書がその一助となれば幸いである。

▼ 『韓国におけるモバイルコマース進化トレンド』 資料目次

- エグゼクティブサマリー

  I eコマースの定義

1.1 eコマースの定義
1.2 eコマース構成要素
1.3 主要eコマースプラットフォーム

  II 韓国eコマース市場規模の現状及び予測

2.1 主要コマースアプリのダウンロード数
2.2 デバイス別の韓国e コマース市場規模予測

  III 主要韓国eコマース事業者及び競争トレンド

3.1 主要事業者

3.2 競争トレンド
 3.2.1 リテール大手及びキャリア大手によるオムニチャンネル及びマルチチャンネルコマース推進
 3.2.2 スマートフォン普及を背景としたSocial Commerce の異例的な大ヒットおよびモバイルコマースの無限競争

3.3 ウェブ及びモバイルトラフィック占有企業のコマース参入と波紋

3.4 スタートアップラッシュ及びスタートアップによるコマース市場拡大

  IV 主要事業者及びコマースプラットフォーム事例

4.1 大手グループ系列のe コマース

4.1.1 通販最大手GS SHOP のマルチチャンネルコマースサービス
 4.1.1.1 テレビショッピングと連携するGS SHOP のモバイルアプリ
 4.1.1.2 共感によるショッピングサイト、ditto

4.1.2 Lotte のオムニチャンネルコマース
 4.1.2.1 ソーシャルコマース方式を取り入れたLotte mart
 4.1.2.2 Lotteデパートのスマートクーポン集及びスマートピック

4.1.3 リテール/メディア/コンテンツを保有するCJ グループの物販及びコンテンツの統合コマース戦略
 4.1.3.1 CJ mall、O’C LOCK、専門モール
 4.1.3.2 CooToo

4.1.4 SKT、SKP のコマース総力戦
 4.1.4.1 SKP、まずは商圏型コマースプラットフォームを狙う「Syrup」
 4.1.4.2 ファッション、モバイル、キュレーションに集中する11street
 4.1.4.3 Shocking Deal 11am
 4.1.4.4 元祖モバイルクーポンサービスでSyrupへ統合されたgifticon
 4.1.4.5 テレビショッピングのポータルSKT T Shopping

4.1.5 KT のインフラとコマースのシナジー戦略
 4.1.5.1 SKY T SHOPPING
 4.1.5.2 giftishow

4.2 大手ネット事業者のモバイルコマースプラットフォーム

4.2.1 Interpark の専門モール戦略

4.2.2 M&A で韓国Open Market を占領したeBay
 4.2.2.1 Gmarket、G9
 4.2.2.2 Auction

4.2.3 Naver 知識ショッピング(検索)とNaver Checkout(決済)を利用するOpen Market、Store Farm

4.2.4 モバイルコマースプラットフォーム競争の台風の目、カカオ
 4.2.4.1 カカオプレゼント
 4.2.4.2 カカオスタイル

4.3 ソーシャルコマース3社

4.3.1 出前、近距離旅行、コア商品の最安値維持を図るTMON

4.3.2 開発文化革新を強調するcoupang

4.3.3 ファッション商品の無料返品/交換などマーケティング総力のWEMAKEPRICE(ウィメプ)

4.4 その他のスタートアップ

4.4.1 ダウンロード1,200 万の出前アプリ、Baemin

4.4.2 オンラインプレミアムデパートを志向するClub Venit

4.4.3 ファッション・ビューティ関連のVertical Commerce、MEMEBOX

4.4.4 女性ターゲットの放送型コマース、Womenstalk

  V インプリケーション : モバイルコマースプラットフォームの進化方向及び成功キーワード

  【図目次】

[図1-1] eコマースの構成要素
[図1-2] 主要eコマースプラットフォームの特徴(発祥軸)
[図1-3] 主要eコマースプラットフォームの比較―取扱商材
[図1-4] 主要eコマースプラットフォームの比較―取引デバイス
[図1-5] 主要eコマースプラットフォームの比較―事業モデル
[図2-1] 韓国市場におけるe コマース市場規模現状及び予測 (B2C 取扱額、PC・モバイル・TV のデバイス区分、2009~2016)
[図3-1] 韓国市場における競争トレンド
[図4-1] GS SHOP モバイルアプリのテレビショッピング連携事例
[図4-2] GS SHOP モバイルアプリの画面例
[図4-3] GS SHOP が運営するditto の画面例
[図4-4] Lotte mart アプリ画面例
[図4-5] Lotte デパートのアプリ事例
[図4-6] CJ mall のモバイル画面例
[図4-7] SK グループのコマースプラットフォームの現状及び統合方向性
[図4-8] SKP Syrup モバイルアプリの画面例
[図4-9] SKP 11street モバイルアプリ画面例
[図4-10] SKP Shocking Deal 11am モバイル画面例
[図4-11] SKP gitficon モバイルアプリ画面例
[図4-12] SKT T Shopping のモバイルアプリ画面例
[図4-13] KTH のSKY T SHOPPING のTV 画面イメージ
[図4-14] Interpark ショッピングのモバイルアプリ画面例
[図4-15] Gmarket のモバイルアプリ画面例
[図4-16] Auction のモバイルアプリ画面例
[図4-17] Naver Store Farm の販売者及び購買者向け画面例
[図4-18] カカオプレゼントの利用のモバイル画面例
[図4-19] カカオスタイルのモバイルアプリ画面例
[図4-20] TMON のモバイルアプリ画面例
[図4-21] coupang のモバイルアプリ画面例
[図4-22] WEMAKEPRICE(ウィメプ)のマーケティングコピーを強調するモバイルアプリ画面紹介
[図4-23] 新しい表現で若い世代の支持を得たBaemin のブランドマーケティング
[図4-24] Baemin のマーケティングに注視したモバイルアプリ紹介
[図4-25] Club Venit のモバイルアプリ画面例
[図4-26] MEMEBOX のモバイルアプリ画面例
[図4-27] Womenstalk のモバイルアプリの画面例
[図5-1] モバイルコマースプラットフォーム進化方向及び成功キーワード

  【表目次】

[表2-1] 主要ショッピングアプリのダウンロード数
[表3-1] 事業者類型別のe コマース参入現状及びトレンド
[表4-1] GS SHOP 取引額及び売上 (総額及びチャンネル別比率、2012~2013年)
[表4-2] CJ O SHOPPING 取扱額及び売上 (総額及びチャンネル別比率、2012~2013年)
[表4-3] SKP Shocking Deal 11am カテゴリー及び販売手数料

商品名
韓国におけるモバイルコマース進化トレンド
発刊
2014年12月
発行
株式会社 ROA Holdings
調査
株式会社 ROA Holdings
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 68ページ
備考
※ PDF版は著作権の関係上、印刷及びデータ抽出できません。ご注意ください。
販売価格

報告書 [印刷版]
102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
報告書 [PDF版] ※ 印刷・コピー不可
102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
報告書セット [PDF版+印刷版]
105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ