リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2014年版 サムスン電子競争力分析

サムスン電子利益率推移, 韓国サムスン業績推移, 韓国サムスン売上構成, 韓国サムスン電子財務分析, 韓国サムスン電子事業戦略, 韓国サムスン電子経営分析 , サムスン電子競争力, サムスン電子マーケティング戦略, 韓国サムスン電子競争力分析

2014年版 サムスン電子競争力分析

Clip!

~ [スマートフォンの失墜から新しい翼を探るサムスン] 韓国サムスン電子の主要財務実績、組織改編、事業領域別の実績、主要製品戦略、マーケティング&ブランド戦略、研究開発活動など徹底研究! ~

  • オススメ

2014年版 サムスン電子競争力分析

2014年版 サムスン電子競争力分析

  • 韓国サムスン電子をベンチマークに据えた経営分析資料!
  • 韓国サムスン電子の利益率推移など財務面から徹底分析!
  • サムスン電子の組織分析、事業領域別の実績や主要製品戦略を解説!
  • マーケティング&ブランド戦略、研究開発活動、次世代事業にも言及!
  • 毎年継続して発刊中の企業分析シリーズ定番レポート!
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!
  • 商品コード: ROA00082

    【資料概要】

    家電・電子製品や半導体事業等のグローバル市場研究、競合分析&ベンチマークに!

    サムスン電子は2006年以降、8年間に渡って毎年史上最高の実績を更新してきた。2013年の売上高は229兆ウォンで前年度比13.7%増を記録し、営業利益は37兆ウォンで前年度比26.6%増加した。しかし、2014年第3四半期までの実績を見ると、スマートフォン事業の業績が大幅に下落している。中国スマートフォン市場において、小米 (シャオミ) など同国の新興ベンダーが低価格スマートフォンを出して、サムスン電子を追い越しトップとなったのが原因である。IM事業の業績悪化が続く中、他の既存事業では回復が難しく、サムスン電子は次世代主力事業の育成を通して今の危機を乗り越えようとしている。

    本レポート 『2014年版 サムスン電子競争力分析』 は、サムスン電子が約9年ぶりのマイナス成長の危機をどう克服するかについての疑問から構成されている。サムスンが直面する経営の危機的状況と戦略的方向性を解説し、最後には独自の意見も提起している。

    ▼ 『2014年版 サムスン電子競争力分析』 エグゼクティブサマリー

    2006年度以降、シリーズで発行している好評の本報告書では、半導体と携帯電話、TV、LCD 及びLEDなどを取り扱う総合電子製品、そして部品メーカーとしての側面を持つサムスン電子の主要財務実績と組織、投資、マーケティング、及び未来戦略事業を分析している。

    サムスン電子は、日本やグローバルの電子製品メーカーが直面した事業環境の急激な変化の中、それら環境に対応しながら安定的な成長を続けてきた。同社は今後も、製造や部品分野だけでなく、様々な企業の戦略樹立においてベンチマーキングの対象になり得るだろう。

    具体的には、サムスン電子は2013年のグローバル景気の低迷にもかかわらず、2006年以降、8年間に渡って毎年史上最高の実績を更新してきた。2013年の売上高は229兆ウォンで前年度比13.7%増を記録し、営業利益は37兆ウォンで前年度比26.6%増加した。成長の原動力は、スマートフォンを含めたIM部門とメモリー半導体の実績好調だ。

    しかし、2014年第3四半期までの実績を見ると、スマートフォン事業の業績が大幅に下落している。中国スマートフォン市場において、小米(シャオミ)など同国の新興ベンダーが低価格スマートフォンを出して、サムスン電子を追い越しトップとなったのが原因である。売上比重の高いIM事業の業績が下落するにつれ、サムスン電子の全体売上及び営業利益率も大幅に下落した。IM事業の業績悪化が続く中、他の既存事業では回復が難しく、サムスン電子は次世代主力事業の育成を通して今の危機を乗り越えようとしている。

    さらに、李健煕(イ・ゴンヒ)会長の健康悪化で、2014年5月から最高経営者の不在状態も続いている。サムスン内部では、長男の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が次期会長として、すでに「李在鎔(イ・ジェヨン)流のサムスン作り」の動きを見せているという。

    このようにサムスン電子は今、キャッシュ・カウだったスマートフォン事業の下落、それに伴う全体業績の低迷、経営交替など、様々な課題に直面している。同社では、今の危機を乗り越えるための独自の解決策を提示して方向性を持って取り組んでおり、そのための組織改編や事業推進のためのキーワードなどの詳細は本レポートでできる限り解説した。

    [図] 2014年 サムスン電子組織改編と事業推進キーワード
    サムスン電子組織改編と事業推進キーワード[2014年版サムスン電子競争力分析]

    本報告書は、サムスン電子が約9年ぶりのマイナス成長の危機をどう克服するかについての疑問から構成されている。サムスンが直面する経営の危機的状況と戦略的方向性を解説し、最後にはROA 独自の意見も提起してみた。本報告書はサムスン電子と直接的な競争関係にある電子メーカーを対象に企画、作成されているが、モバイル、LCD/LED、TV、家電、半導体、その他電子製品事業などのグローバル市場で競争関係にある事業者にも参考資料になると確信する。

    そして、本報告書が一寸先を予想することが難しくなっているグローバルIT 業界において、各企業の事業計画策定のための羅針盤として活用していただければ幸いである。

    ※ 本報告書で使われた資料は2013年~ 2014年Q3の連結財務データである。
    ※ 2009年から2012年の資料は 『2013年版 サムスン電子競争力分析』 の資料から引用。

    ▼ 『2014年版 サムスン電子競争力分析』 資料目次

    - エグゼクティブサマリー

      I 財務分析

    1.1 2013年のスマートフォン1位堅持と史上最高の実績更新から 2014年は成長に陰り
    1.2 IM 部門の売上割合が 5割を超える売上偏重傾向が深化
    1.3 自己資本利益率 (ROE) は前年度比1%増の22%を記録

      II 組織分析 : 2014年組織改編の主要イシュー

    2.1 2014年組織改編の主要イシュー
    2.2 ソフトウエア人材養成プログラムを展開
    2.3 シリコンバレー投資
    2.4 ポスト李健煕(イ・ゴンヒ)体制に備えるコントロールタワー
    2.5 次期会長により変化するサムスン組織文化

      III 事業領域別の実績分析

    3.1 デジタルメディア& アプライアンス部門(CE)
    3.2 スマートフォン事業の実績が右下がり傾向の通信部門(IM)
    3.3 メモリー事業の収益性改善で翼を付けた半導体部門(DS)
    3.4 業績下落基調のディスプレイパネル部門(DP)

      IV 主要製品戦略

    4.1 TV
    4.2 生活家電
    4.3 携帯電話
    4.4 半導体
    4.5 ディスプレイパネル

      V マーケティング、ブランド戦略 : 販促費は前年比32%増で史上最大のマーケティング費用を支出

    5.1 販促費は前年比32%増で史上最大のマーケティング費用を支出
    5.2 スポーツマーケティング
    5.3 体験型マーケティングの強化
    5.4 エマージング市場を狙った地域別特化マーケティング
    5.5 B2B 事業の強化

      VI R&D 活動分析 : 2013年の研究開発費は前年比24%増加

    6.1 2013年の研究開発費は前年比24%増加
    6.2 アップルとの訴訟後にデザイン特許の強化とシリコンバレーに戦略的投資

      VII Beyond Smartphone の次世代主力事業

      VIII インプリケーション

    8.1 スマートフォン事業の偏重傾向を打開
    8.2 選択と集中を通じた次世代主力事業の育成
    8.3 B2B 事業の拡大

      【図目次】

    [図1-1] サムスン電子の年間売上高と営業利益率の推移 (2004年~2013年)
    [図1-2] サムスン電子の四分期別売上高と営業利益率の推移 (2011 Q1 ~ 2014 Q3)
    [図1-3] サムスン電子の事業領域別の四半期営業利益率の推移 (2011 Q1 ~ 2014 Q3)
    [図1-4] 2012年サムスン電子の各事業部領域の売上/営業利益構成比
    [図1-5] 2013年サムスン電子の各事業部領域の売上/営業利益構成比
    [図1-6] 2014年Q1 ~ Q3 サムスン電子各事業部領域の営業利益構成比
    [図1-7] サムスン電子の自己資本利益率の推移 (2004~2013)
    [図2-1] サムスン電子の組織改編 (2011~2014)
    [図2-2] サムスン電子のソフトウエア教育プログラム
    [図3-1] サムスン電子の事業部門及び主要製品
    [図3-2] サムスン電子デジタルメディア& アプライアンス部門の四半期別売上高と営業利益率の推移 (2011 Q1~2014 Q3)
    [図3-3] サムスン電子通信部門の四半期別売上高と営業利益率の推移 (2011 Q1~2014 Q3)
    [図3-4] サムスン電子半導体部門の四半期別売上高と営業利益率の推移 (2011 Q1~2014 Q3)
    [図3-5] サムスン電子ディスプレイパネル部門の四半期別売上高と営業利益率の推移 (2011 Q1~2014 Q3)
    [図4-1] 「Tizen 開発者カンファレンス」 で初公開された Tizen OS スマートTV の試製品
    [図4-2] サムスン電子の 「シェフ・コレクション」
    [図4-3] 「スマートホーム」 サービス概要
    [図4-4] サムスン電子の 「GALAXY S シリーズ」 の価格変化
    [図4-5] サムスン電子のセキュリティ・ソリューション 「ノックス(KNOX)」 の概念図
    [図4-6] フォルダブルディスプレイを搭載したスマートフォンのイメージ
    [図5-1] サムスン電子マーケティング関連費用の推移 (2009年~2013年)
    [図5-2] 第47 回スーパーボウルの 「ザ・ビッグピッチ(The Big Pitch)」 広告
    [図5-3] GALAXY 11 キャンペーン
    [図5-4] 米国で開かれた 「2014 サムスンリビングアトリエ」 で公開されたセンターステージ展示
    [図5-5] 現地の商店街と連携した 「GALAXY Studio in Your Life」 キャンペーン
    [図6-1] サムスン電子R&D 投資費用の推移 (2009年~2013年)

      【表目次】

    [表2-1] サムスングループのソフトウエア人材育成計画 (2013年5月発表)
    [表2-2] 2012年以降のサムスン電子の米シリコンバレーM&A事例
    [表7-1] サムスングループの5大次世代主力事業の現況

    商品名
    2014年版 サムスン電子競争力分析
    発刊
    2014年11月
    発行
    株式会社 ROA Holdings
    調査
    株式会社 ROA Holdings
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 68ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版] ※ 印刷・コピー不可
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    韓国におけるモバイルコマース進化トレンド

    韓国におけるモバイルコマース進化トレンド

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    韓国の産業と市場2013

    韓国の産業と市場2013

    価格(税込) 52,920 円

    韓国コンテンツ産業動向2013

    韓国コンテンツ産業動向2013

    価格(税込) 41,040 円

    韓国進出日系企業総覧

    韓国進出日系企業総覧

    価格(税込) 52,920 円


    このページのTOPへ