リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

日本O2O市場の動向と展望

O2O市場トレンド, O2Oプラットフォーム戦略, O2O市場規模, O2O業界動向, O2Oサービス事例, O2Oマーケティング事例, O2Oビジネスプラットフォーム

日本O2O市場の動向と展望

Clip!

~ [店舗に誘導するO2Oプラットフォーム進化のトレンド] 主要事業者の動向から O2Oビジネスモデル/プラットフォーム戦略の方向性&スタートアップ事業者の O2Oソリューション、日本国内市場における O2Oのビジネス展開モデルとトレンドを分析、 市場規模予測も! ~

  • オススメ

日本O2O市場の動向と展望

日本O2O市場の動向と展望

  • O2Oプラットフォームの進化方向性とO2Oビジネスモデルを抽出!
  • O2Oプラットフォームの構造~展開・進化のトレンドから解説!
  • O2O分野の主要事業者動向を各社のO2Oプラットフォーム戦略から分析!
  • キャリア/メディア事業者/ポイントプログラム/オンライン決済事業者!
  • ソリューションプロバイダやスタートアップの O2Oソリューションも!
  • 日本の O2Oビジネスを分類、O2O市場規模も予測!
  • 商品コード: ROA00080

    【資料概要】

    O2O プラットフォームの構造~進化方向性を分析、ビジネスモデルを抽出して O2O 市場の成長トレンドを予測!

    本レポート 『日本O2O市場の動向と展望』 は、O2O およびO2O プラットフォームの構造を独自に定義して、O2O プラットフォームの進化方向性を提示し、本レポートの定義を基にO2O ビジネスモデルを抽出、日本O2O 市場の成長トレンドを予測しています。 EC およびオンライン広告など、従来のオンラインビジネスとの違いをはっきりと認識し、ビジネス的側面からの "Value Propositioning" を樹立するための調査資料としてご活用いただけます。

    ▼ 『日本O2O市場の動向と展望』 エグゼクティブサマリー

    O2O は、広義ではオンラインを使ったビジネスの意味で解釈することもあるが、本レポートではリアル店舗の送客を目的としたプラットフォームを活用したサービスという狭義の意味を適用する。なぜなら、EC およびオンライン広告など、従来のオンラインビジネスとの違いをはっきりと認識し、ビジネス的側面からのValue Propositioning を樹立することを目的に本レポートが作成されたからである。

    [図] O2O によるユーザー行為の誘導の概念
    O2O によるユーザー行為の誘導の概念[日本O2O市場の動向と展望]

    本レポートでは、O2O およびO2O プラットフォームの構造を独自に定義してO2O プラットフォームの進化方向性を提示し、本レポートの定義を基にO2Oビジネスモデルを抽出し、O2O 市場の成長トレンドを予測した。

    結果的に、本レポートで定義したO2O プラットフォームを活用してサードパーティー事業者が提供するO2O ビジネスは、店舗を対象としたオンライン広告、店舗利用を前提とした商品購入券およびサービス利用権のオンラインコマース、店舗利用を前提としたオンライン商品券、店舗外あるいは店舗内でのモバイル決済プラットフォーム、共通ポイントブランドの運営、ポイント/マイレージの仲介/交換の 5つの領域に分類できる。

    [図] 日本のO2O ビジネス区分
    日本のO2O ビジネス区分[日本O2O市場の動向と展望]

    本レポートのO2O ビジネス定義に基づいて、ローカル情報を連携した店舗広告市場 (広告代行料)、ポイント市場 (共通ポイントの発行手数料、ポイントおよびマイレージ仲介/交換手数料)、店舗利用における決済市場 (共同購入型商品券/ギフト券/バーコード商品券などの販売手数料、タギングおよび位置基盤の決済プラットフォーム利用手数料) を O2O市場で定義した場合、2012年に 1,749億円の O2O市場が形成されており、2017年には 5年間で約2.2倍となる 3,775億円規模にまで成長すると予測している。

    [図] 日本の O2O市場規模予測 (2012~2017)
    日本のO2O市場規模予測[日本O2O市場の動向と展望]

    ▼ 『日本O2O市場の動向と展望』 資料目次

    - エグゼクティブサマリー

      1 O2O 定義

    1-1 O2O 概念

    1-2 O2O プラットフォーム

    1-3 O2O プラットフォームの構造

    1-4 O2O プラットフォーム進化のトレンド

     1-4-1 O2Oプラットフォームが求める "消費満足感" は金銭的な補償+経験的補償
     1-4-2 O2Oプラットフォームの "店舗利用満足感" は In Shop サービスに進化
     1-4-3 O2Oプラットフォームのメディアとしてのスマートフォン
     1-4-4 O2Oプラットフォーム技術のキーワードと技術

      2 日本の O2O 市場展開トレンド

    2-1 日本 O2O市場の区分

    2-2 バリューチェーン

    2-3 バリューチェーン別 O2O市場参入トレンド

      3 主要事業者の動向 - O2Oサービス/プラットフォーム戦略の方向性

    3-1 キャリア

    3-1-1 ドコモの O2Oプラットフォーム戦略
     3-1-1-1 iD
     3-1-1-2 ToruCa
     3-1-1-3 イマナラ
     3-1-1-4 SHOPlat

    3-1-2 KDDI の O2Oプラットフォーム戦略
     3-1-2-1 au Smart pass

    3-1-3 Softbank グループの O2Oプラットフォーム戦略
     3-1-3-1 ウルトラ集客
     3-1-3-2 Yahoo! ロコ
     3-1-3-3 ソフトバンクギフト
     3-1-3-4 Paypal

    3-1-4 NTT グループの O2O実証実験、Smart Stacia

    3-2 大手メディア事業者

    3-2-1 NHN ジャパンの O2Oプラットフォーム戦略
     3-2-1-1 LINE
     3-2-1-2 ロケタッチ

    3-2-2 デジタルガレージグループの O2Oプラットフォーム戦略
     3-2-2-1 価格.com
     3-2-2-2 食べログ

    3-2-3 リクルートライフスタイルの O2Oプラットフォーム戦略
     3-2-3-1 ジャンル別マーケティングブランド : Hotpepper、じゃらん、ポンパレ、MARQREL
     3-2-3-2 ショプリエ
     3-2-3-3 RecoCheck

    3-2-4 ぐるなびの O2Oプラットフォーム戦略

    3-2-5 mixi の O2Oプラットフォーム戦略

    3-3 共通ポイントとオンライン決済事業者

    3-3-1 Tポイントの O2Oプラットフォーム戦略

    3-3-2 Loyalty Marketing の O2Oプラットフォーム戦略

    3-3-3 楽天グループの O2Oプラットフォーム戦略
     3-3-3-1 楽天Edy
     3-3-3-2 スマートペイ

    3-3-4 G.Plan の O2Oプラットフォーム戦略

      4 主要事業者の動向 - SI およびスタートアップの O2Oソリューション

    4-1 ソリューションプロバイダー

    4-1-1 Toppan (凸版)
    4-1-2 DNP
    4-1-3 NEC
    4-1-4 NTT データ
    4-1-5 FeliCa Networks

    4-2 スタートアップ事業者

    4-2-1 ロケーションバリュー
    4-2-2 Retty
    4-2-3 スポットライト
    4-2-4 FrogApps
    4-2-5 iRidge
    4-2-6 モビネクト
    4-2-7 Coiney

      5 日本の O2O市場規模の予測

      6 インプリケーション

      【図目次】

    [図1-1] O2O によるユーザー行為誘導の概念
    [図1-2] マーケットプレイス、 広告プラットフォーム、O2O送客プラットフォームの概念比較
    [図1-3] O2Oプラットフォームの定義
    [図2-1] 日本 O2Oビジネス区分
    [図2-2] O2O のバリューチェーン
    [図2-3] 日本の主要 O2Oプラットフォームのポジショニングマップ (Value & User Behavior)
    [図3-1] ドコモの O2Oプラットフォーム戦略の方向性 - 局地的マーケティングの強化
    [図3-2] 時間限定クーポンポータルのイマナラを利用するアプリ連携イメージ
    [図3-3] イマナラ時間 および場所限定クーポンの利用手順
    [図3-4] ショプリエ 利用の手順
    [図3-5] ソフトバンクグループの O2Oプラットフォーム相関関係
    [図3-6] Yahoo! ジャパンのNFC 実証実験 - クリスマスタッチラリー
    [図3-7] ウルトラ集客の手順
    [図3-8] Mobile Stacia のサービス
    [図3-9] アプリを稼働しゲームに参加して達成するとクーポンなどをもらえるKiip 画面の例
    [図3-10] 価格.com の店舗情報提供画面の例
    [図3-11] ショプリエの利用手順
    [図3-12] RecoCheck アプリイメージ
    [図3-13] ぐるなびタッチ専用端末
    [図3-14] mixi Xmas と連動した O2Oマーケティング例
    [図3-15] 楽天Edy スマートクーポンサービスの利用手順
    [図4-1] NFC および位置情報基盤のコンテンツ配信サービス Cylsee Geo システムの概要
    [図4-2] DNPの Mobileウォレットサービスと NFCタグの情報サーバー TAPLINKの連携
    [図4-3] NEC の O2Oクラウドサービスイメージ
    [図4-4] NTT データの位置連動型 O2Oプラットフォームイメージ
    [図4-5] リアル送客サービスの利用イメージ
    [図4-6] 実名型飲食店推薦メディア Rettyグルメアプリの利用イメージ
    [図4-7] 超音波を使ったスポット訪問ポイント、スマポアプリの利用イメージ
    [図4-8] 位置情報基盤のプッシュアップソリューション popInfo イメージ
    [図4-9] モバイルPOS市場を狙う決済ソリューション Coiney、Smartpay、Paypal Here
    [図5-1] 日本の O2O市場規模の予測 (2012~2017)

      【表目次】

    [表3-1] iD の最近の動向
    [表3-2] ToruCa の最近の動向
    [表3-3] NTT ドコモグループに編入されたイマナラの概要
    [表3-4] SHOPlat の概要
    [表3-5] KDDI の2013年モバイルNFC 実証実験 (決済および店舗マーケティング)
    [表3-6] au Smartpass の O2Oプラットフォームの特性
    [表3-7] ウルトラ集客の概要
    [表3-8] Yahoo! ロコの概要
    [表3-9] ソフトバンクギフトの概要
    [表3-10] Paypal Here の概要
    [表3-11] LINE O2O戦略の概要
    [表3-12] ロケタッチの概要
    [表3-13] 価格.com の O2Oサービス動向
    [表3-14] 食べログのサービス概要
    [表3-15] リクルートライフスタイルのジャンル別 O2Oサービス概要
    [表3-16] ぐるなびの O2O戦略的な方向性
    [表3-17] Tポイント概要
    [表3-18] Pointa の概要
    [表3-19] 楽天Edy の O2O概要
    [表3-20] 楽天スマートペイの概要

    商品名
    日本O2O市場の動向と展望
    発刊
    2013年05月
    発行
    株式会社 ROA Holdings
    調査
    株式会社 ROA Holdings
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 75ページ
    備考
    ※ PDF版は、著作権の関係上、印刷及びテキストコピー不可のデータです。
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版] ※ 印刷・コピー不可
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ