リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来[最先端エレクトロニクス世界市場調査レポート2014]

電気自動車業界動向, リチウムイオン電池市場動向, 電気自動車市場規模, 電気自動車販売動向, 電気自動車技術動向, 電気自動車用電池市場, 電気自動車部品メーカー動向, リチウムイオン電池市場規模, リチウムイオン電池販売動向, リチウムイオン電池技術動向, リチウムイオン電池部材メーカー, リチウムイオン電池材料シェア, リチウムイオン電池部材市場

EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来[最先端エレクトロニクス世界市場調査レポート2014]

Clip!

~ 急成長する電気自動車市場とリチウムイオン電池市場の実態把握と進化するハイテク製品を支える主要な部品・材料分野を含むサプライチェーンの実態を詳細に調査・分析!主要メーカー15社の他、部品・材料メーカー各社の販売動向や技術動向も! ~

  • オススメ

EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来

EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来[最先端エレクトロニクス世界市場調査レポート2014]

  • 注目の電気自動車/リチウムイオン電池の世界市場を調査・分析!
  • 市場の実態と、製品を構成する主要部品・材料の動向もレポート!
  • 部品材料編では販売シェア/技術動向/メーカー別動向など分析!
  • 各メーカーの販売動向、生産体制やサプライチェーンにも言及!
  • 市場シェア/販売量の推移など数多くのデータを図表を交えて解説!
  • 商品コード: DLRN00003

    【資料概要】

    世界市場と主要部品のサプライチェーンの実態解明/進化するハイテク製品を支える主要部品サプライチェーンの現状!製品市場編/部品材料編/メーカー編の3部構成による多角的な視点からの分析で、市場の動向をより深く考察できる調査レポート資料!

    時代とともにエレクトロニクス製品市場は拡大の一途をたどっており、特にコンシューマエレクトロニクス製品は生活に必要不可欠なものになりつつあります。

    デジタル生活において、モバイルネットワーク機器は主導的地位にあり、スマートフォンとタブレット端末の利用市場は急成長する見込みです。

    『2014年 最先端エレクトロニクス世界市場調査レポート』 シリーズでは、市場で存在感を増しつつあるエレクトロニクス製品のうち、注目度の高い5製品についてレポートしています。調査したエレクトロニクス製品は、「スマートフォン」 「タブレット端末」 「電子ブックリーダー」 「新エネルギー自動車」 「リチウムイオン電池」 の5分野です。

    また、当シリーズのレポートでは、エレクトロニクス製品の世界市場を製品市場だけでなく、製品を構成する部品・材料市場も調査し、その動向を明らかにすることで、エレクトロニクス製品分野のサプライチェーンの実態も併せて明らかにすることに努めています。

    各種製品についての内容は、製品市場編、部品材料編、メーカー編の3部構成となっており、多角的な視点から分析することにより、市場の動向をより深く考察することができる資料となっています。

    当資料 『EV (新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来』 では、「新エネルギー自動車」 「リチウムイオン電池」 2分野の市場にフォーカスして取りまとめています。

    「スマートフォン」 「タブレット端末」 「電子ブックリーダー」 の3分野については、『スマートフォン・タブレット端末・電子ブックリーダー市場の実態と将来』 をご覧ください。

    【調査対象製品・品目】

    【1】 新エネルギー自動車

    ■ 電気自動車用電池

    LG化学、AESC、GSユアサ、パナソニック、ジョンソンコントロールズ、日立ビークルエナジー、サムスンSDI

    【2】 リチウムイオン電池

    ■ 正極材料

    ユミコア、日亜化学、L&F 、巴莫科技、湖南杉杉、瑞翔新材料、乾運高科、当昇材料、戸田工業

    ■ 負極材

    日立化成、貝特瑞、杉杉科技、三菱化学、JEFスチール、日本カーボン

    ■ 電解液

    三菱化学、韓国旭成、国泰華栄、東莞杉杉、天津金牛、LG化学、新宙邦、宇部興産、広州天賜

    ■ セパレータ

    旭化成イーマテリアルズ、Celgard、東レ、SKイノベーション、宇部興産、ENTEK、金輝高科、星源材質、格瑞恩

    【調査対象メーカー】

    【1】 新エネルギー自動車

    - トヨタ
    - ホンダ
    - フォード
    - 現代・起亜
    - 日産
    - ゼネラルモーターズ
    - Tesla

    【2】 リチウムイオン電池

    - サムスンSDI
    - パナソニック
    - LG科学
    - ソニー
    - 天津力神
    - CBAK
    - ATL
    - BYD

    【調査項目】

    【1】 市場編

    1. 製品・市場概要
    2. 主要参入企業一覧
    3. 市場規模推移
     -1. グローバル市場規模推移
     -2. 地域別市場規模推移
    4. メーカー別販売動向
     -1. 主要メーカー別販売実績推移
     -2. 地域別メーカー動向
     -3. 主要メーカー動向
    5. 技術動向
    6. サプライチェーン
     -1. 主要生産工場
     -2. 新設生産工場の動向

    【2】 部品材料編

    1. 主要参入企業一覧
    2. 製品概要
    3. 技術動向
    4. 売上高/市場規模
    5. メーカー別動向
     -1. 主要メーカー動向
     -2. 日本メーカーの位置づけ

    【3】 主要メーカー事例

    1. 企業概要
    2. 製品概要
    3. 販売量推移
    4. 主要販売対象国/主要販売対象市場
    5. 生産体制
     -1. 生産工場
     -2. 生産拠点移転動向
    6. サプライチェーン

    【調査期間】

    2012年12月 ~ 2013年12月

    【 『EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来』 - はじめに - より 】

    技術の高度化に伴い、エレクトロニクス製品の市場拡大は著しい。2012年、グローバルにおけるコンシューマエレクトロニクス産業の売り上げは2,040億米ドルで、2013年には売上高はさらに増加し、2,090億米ドルに達すると見込まれている。急成長市場のため、各国のメーカーの競争はますます激化し、メーカーの動向には高い注目が集まっている。

    今回弊社が調査したのは、連絡ツールとして市場に登場して以来、規模が拡大の一途にあるスマートフォン、携帯に便利なパソコン機能を備えたタブレット端末、大量の書籍をデジタルで手軽に閲覧することができる電子ブックリーダー、省エネで環境に優しい新エネルギー自動車、充電可能で、ノートパソコンや携帯電話によく利用されているリチウムイオン電池である。それぞれの製品の市場規模は全体的に拡大傾向にある。

    メーカー別に見ると、スマートフォン、タブレット端末の販売量はAPPLE、サムスンが上位1-2位を占めている。

    電子ブックリーダーは北米メーカーであるアマゾンがシェアの半分を占めているが、スマートフォン、タブレット端末の発展により市場全体も含め多少の翳りを見せている傾向にある。

    新エネルギー自動車は、日本メーカーが主導的な地位にあり、リチウムイオン電池はアジア系のメーカーが市場シェアの多くを占めている現状であり、今後の市場性への期待も大きい。

    上記からも分かるように、エレクトロニクス製品の主力メーカーは世界中に分布しており、また各国の市場動向による影響を大きく受けるため、各製品市場を理解するには多角的観点からの分析が必要である。

    当レポートはエレクトロニクス製品の世界市場を主要企業だけでなく、製品を構成する部品・材料市場も調査し、エレクロトニクス製品の市場をより深く掘り下げてレポートした。

    本資料の制作にご協力頂いた関係各位に感謝するとともに、本資料をご利用頂く方々の更なる繁栄を願う次第である。

    【 『EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来』 掲載図表サンプル 】

    【1】 新ネルギー自動車 (電気自動車) > 【1.1】 新エネルギー自動車 (電気自動車) 市場編 > 3 市場規模推移

    新エネルギー自動車動力方式別グローバル市場比率推移[EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来]
    [図] 2010年-2014年 新エネルギー自動車動力方式別グローバル市場比率推移

    ■ 2010年-2014年にかけて、ハイブリッド車の市場比率は低下の傾向にあり、最も高い2010年の9割以上から2014年には6割前後まで低減する見込である。

    ■ プラグインハイブリッド車の市場比率は一貫して上昇の傾向にある。2012年以前、同車の市場比率は純粋電気自動車と近く、競争が激しかった。

    ■ 2011年、純粋電気自動車の市場比率はプラグインハイブリッド車を一時上回ったが2012年以降、同市場の市場比率は純粋電気自動車との差が拡大している。

    ■ 2014年、同市場の比率は2割以上になると見込まれている。その主な理由は、近年各国がプラグインハイブリッド車の発展を重要視しているためである。

    ■ 純粋電気自動車の市場比率は一貫して上昇の傾向にあり、2013年に初めて1割以上に達する見込である。

    【2】 リチウムイオン電池 > 【2.2】 部品材料編 > 【2.2.4】 セパレータ > 4 市場規模 > 4.1 全体市場規模推移

    リチウム電池用セパレータ市場規模推移[EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来]
    [表] リチウム電池用セパレータ市場規模推移

    リチウム電池用セパレータ市場規模推移[EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来]
    [図] リチウム電池用セパレータ市場規模推移

    ■ 2010年-2013年にかけて、リチウム電池用セパレータの販売量は増加の傾向にある。販売量の伸長率は上昇した後、低下する変化傾向にあるが、一貫して10%以上である。

    ■ リチウム電池用セパレータの販売量が増加した理由は、主に下流リチウム電池の市場需要が増加しつつあるためである。リチウム電池の需要量が増加した主な理由は、コンシューマエレクトロニクス製品の売れ行きが良く、エネルギー危機で各国政府が新エネルギーの自動車に対するサポート政策に注力しているためである。

    ▼ 『EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来』 資料目次

    ■■ 【1】 新ネルギー自動車 (電気自動車) ■■

      【1.1】 新エネルギー自動車 (電気自動車) 市場編

    1 製品、市場概要

    1.1 製品概要、分類
     1.1.1 ハイブリッド車発電と駆動方式
     1.2.2 ハイブリッド車両の燃料効率比較
     1.2.1 自動車の全体発展経緯
     1.2.2 電気自動車の発展経緯
    1.3 HV/EV/PHEV製品比較

    2 主要参入企業一覧
    3 市場規模推移

    3.1 グローバル市場規模推移
    3.2 地域別市場規模推移

    4 メーカー別販売動向

    4.1 主要メーカー別市場規模
    4.2 国家地域別動向
     4.2.1 各国政策動向
     4.2.2 各国技術発展方向比較
     4.2.3 各国新エネルギー自動車の発展目標
    4.3 主要メーカー動向

    5 技術動向

    5.1 電気自動車エネルギー動力技術の発展動向
    5.2 電気自動車車両技術の発展動向

    6 サプライチェーン

    6.1 主要生産工場
    6.2 新しく設置された生産工場動向

      【1.2】 部品材料編 - 電気自動車用電池

    1 主要参入企業一覧

    2 製品概要

    3 技術動向

    4 売上高

    4.1 全体売上高推移
    4.2 メーカー売上高(2012年)

    5 メーカー動向

    5.1 主要メーカー動向
     5.1.1 LG化学
     5.1.2 AESC
     5.1.3 GSユアサ
     5.1.4 パナソニック
     5.1.5 ジョンソンコントロールズ
     5.1.6 日立
     5.1.7 サムスンSDI
     5.1.8 その他
    5.2 日本メーカーの位置づけ

      【1.3】 主要メーカー事例

    【1.3.1】 トヨタ自動車株式会社

    1 企業概要

    2 製品概要

    2.1 トヨタの新エネルギー自動車方面の技術ロードマップ
    2.2 トヨタ新エネルギー自動車で最も重要なシリーズ-PRIUSシリーズ
    2.3 トヨタ傘下の特色のあるハイブリッド車23機種一覧

    3 販売量推移

    4 主要販売対象国

    4.1 アメリカ
    4.2 日本
    4.3 ヨーロッパ
    4.4 中国
     4.4.1 トヨタの主な車種 - 中国におけるPriusの販売状況
     4.4.2 中国における新しいチャンスに臨み、トヨタは中国市場での発展を加速化する
     4.4.3 中国における販売チャンネル - 主にディーラーに依存する

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後生産拠点の移転計画

    【1.3.2】 本田技研工業株式会社

    1 企業概要

    2 製品概要

    3 販売量推移

    4 主要販売対象国

    4.1 アメリカ
    4.2 日本
    4.3 ヨーロッパ
    4.4 中国
    4.5 その他

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後の生産拠点移転計画

    6 サプライチェーン

    【1.3.3】 フォードモーターカンパニー

    1 企業概要

    2 製品概要

    2.1 フォード新エネルギー自動車の発展概况
    2.2 フォード新エネルギー自動車車種、販売状況
    2.3 フォードの異なる新エネルギー自動車の発展状況

    3 販売量推移

    4 主要販売対象国

    4.1 アメリカ
     4.1.1 アメリカがフォード新エネルギー自動車の最大市場
     4.1.2 アメリカにおけるタブルチャンネルモデル
     4.1.3 競争下での販促政策
     4.1.4 インフラ、研究に継続的に投資
    4.2 ヨーロッパ
    4.3 中国

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後の生産拠点移転計画

    【1.3.4】 現代・起亜自動車グループ

    1 企業概要

    2 製品概要

    2.1 ハイブリッド技術特徴
    2.2 重点製品の特徴
    2.3 ハイブリッド車の発展経緯

    3 販売量推移

    4 主要販売対象国

    4.1 韓国
    4.2 北米
    4.3 中国

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後の生産拠点移転計画

    【1.3.5】 日産自動車株式会社

    1 企業概要

    2 製品概要

    3 販売量推移

    4 主要販売対象国

    4.1 アメリカ
    4.2 日本
    4.3 ヨーロッパ
    4.4 中国
    4.5 その他

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後の生産拠点移転計画

    【1.3.6】 ゼネラルモーターズ

    1 企業概要

    2 製品概要

    2.1 製品発展方向
    2.2 ハイブリッド技術路線

    3 販売量推移

    4 主要販売対象国

    4.1 アメリカ
    4.2 ヨーロッパ
    4.3 中国
     4.3.1 2010年GMが中国市場に参入
     4.3.2 中国におけるGMの販売量は多くないが、製品は注目を集めている
     4.3.3 合弁会社が中国におけるGMの発展に協力する

    5 生産体制

    【1.3.7】 TESLA MOTORS,INC.

    1 企業概要

    2 製品概要

    2.1 製品発展概况
    2.2 製品戦略
    2.3 TESLA新エネルギー自動車技術路線

    3 販売量推移

    4 主要販売対象国、販売モデル

    4.1 販売モデル
     4.1.1 販売モデル - 直営
     4.1.2 新しい推進方式 - レンタル
    4.2 主要販売対象国
     4.2.1 北米
     4.2.2 日本
     4.2.3 ヨーロッパ
     4.2.4 中国

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後生産拠点の移転計画

    6 サプライチェーン

    ■■ 【2】 リチウムイオン電池 ■■

      【2.1】 リチウムイオン電池市場編

    1 製品、市場概要

    1.1 製品概要
    1.2 製品発展経緯、利用見通し
     1.2.1 製品発展経緯
     1.2.2 製品の利用見通し

    2 主要参入企業一覧

    3 市場規模推移

    3.1 グローバルリチウムイオン電池市場規模推移
    3.2 リチウムイオン電池用途別市場規模推移
     3.2.1 コンシューマエレクトロニクス製品市場 - 現在の主な利用市場
     3.2.2 乗物の動力向け市場 - 今後の発展における推進力
     3.2.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 大量に利用する潜在的市場
    3.3 地域別コンシューマエレクトロニクス用リチウムイオン電池生産量推移

    4 メーカー別販売動向

    4.1 主要メーカー別コンシューマエレクトロニクス用リチウム電池販売量推移
    4.2 主要国家別動向
    4.3 主要リチウムイオン電池メーカー動向
    4.4 日本メーカー動向

    5 技術動向

    5.1 リチウムイオン電池技術の発展方向
    5.2 新しいリチウム電池の発展
    5.3 リチウムイオン電池材料の発展動向

    6 サプライチェーン

    6.1 主要生産工場
    6.2 新しく設置された生産工場の動向

      【2.2】 部品材料編

    【2.2.1】 正極材料

    1 主要参入企業一覧

    2 製品概要

    3 技術動向

    4 市場規模

    4.1 全体市場規模推移
    4.2 メーカー別販売量推移

    5 メーカー動向

    5.1 主要メーカー動向
     5.1.1 ユミコア
     5.1.2 日亜化学
     5.1.3 L&F
     5.1.4 巴莫科技
     5.1.5 湖南杉杉
     5.1.6 瑞翔新材料
     5.1.7 乾運高科
     5.1.8 当昇科技
     5.1.9 戸田工業
    5.2 日本メーカーの位置づけ

    【2.2.2】 負極材

    1 主要参入企業一覧

    2 製品概要

    3 技術動向

    4 市場規模

    4.1 全体市場規模推移
    4.2 メーカー別販売量推移

    5 メーカー動向

    5.1 主要メーカー動向
     5.1.1 日立化成
     5.1.2 貝特瑞
     5.1.3 杉杉科技
     5.1.4 三菱化学
     5.1.5 JFEスチール
     5.1.6 日本カーボン
     5.1.7 その他
    5.2 日本メーカーの位置づけ

    【2.2.3】 電解液

    1 主要参入企業一覧

    2 製品概要

    3 技術動向

    4 市場規模

    4.1 全体市場規模推移
    4.2 メーカー別販売量推移

    5 メーカー動向

    5.1 主要メーカー動向
     5.1.1 三菱化学
     5.1.2 韓国旭成
     5.1.3 国泰華栄
     5.1.4 東莞杉杉
     5.1.5 天津金牛
     5.1.6 LG化学
     5.1.7 新宙邦
     5.1.8 宇部興産
     5.1.9 広州天賜
     5.1.10 その他
    5.2 日本メーカーの位置づけ

    6 製品利用状況

    【2.2.4】 セパレータ

    1 主要参入企業一覧

    2 製品概要

    2.1 製品概念、性能要求
    2.2 製品の発展現状
    2.3 製品の製造技術

    3 技術動向

    3.1 研究の方向性
    3.2 基材の種類

    4 市場規模

    4.1 全体市場規模推移
    4.2 メーカー別販売量推移

    5 メーカー動向

    5.1 主要メーカー動向
     5.1.1 旭化成
     5.1.2 Celgard
     5.1.3 東レ
     5.1.4 SKイノベーション
     5.1.5 宇部興産
     5.1.6 ENTEK
     5.1.7 金輝高科
     5.1.8 星源材質
     5.1.9 格瑞恩
    5.2 日本メーカーの位置づけ
     5.2.1 製造技術
     5.2.2 基材

    6 生産工場分布

      【2.3】 主要メーカー事例

    【2.3.1】 サムスンSDI株式会社

    1 企業概要

    2 製品概要

    3 販売量推移

    4 主要販売対象市場

    4.1 コンシューマエレクトロニクス市場 - ユーザーの質が良く、数が多い
    4.2 乗物の動力市場 - 主に欧米メーカーと協力
    4.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 先に先進国を開拓

    5 生産体制

    5.1 生産工場

    【2.3.2】 パナソニック株式会社

    1 企業概要

    2 製品概要

    2.1 コンシューマリチウムイオン電池 - 初期の発展重心
    2.2 動力用リチウムイオン電池 - 現在の重点
    2.3 エネルギーストレージ&工業用電池 - 積極的に参入

    3 販売量推移

    4 主要販売対象市場

    4.1 コンシューマエレクトロニクス製品市場 - 今後、市場状況は厳しくなる見込みである
    4.2 乗物の動力市場 - 発展に注力し、期待が寄せられる市場
    4.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 期待されている市場

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後の生産拠点移転計画

    【2.3.3】 株式会社LG化学

    1 企業概要

    2 製品概要

    3 販売量推移

    4 主要販売対象市場

    4.1 コンシューマエレクトロニクス製品市場 - 日本メーカーの重要な競合メーカー
    4.2 乗物の動力市場 - 協力関係にあるメーカーの範囲が広い
    4.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 強い競争力がある

    5 生産体制

    5.1 生産工場

    【2.3.4】 ソニーエナジー・デバイス株式会社

    1 企業概要

    2 製品概要

    3 販売量推移

    4 主要販売対象市場

    4.1 コンシューマエレクトロニクス市場 - 最も注力している重要な市場
    4.2 乗物の動力向け市場 - 実質的な事業展開をあまり取っていない
    4.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 一定の業績を上げているが、大きな発展を遂げていない

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 生産拠点の移転計画

    【2.3.5】 天津力神電池股份有限公司

    1 企業概要

    2 製品概要

    3 販売量推移

    4 主要販売対象市場

    4.1 コンシューマエレクトロニクス製品市場 - 主な市場
    4.2 乗物の動力向け市場 - 発展の初期段階にあるが、同市場への関心は高まりつつある
    4.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 新しい発展方向であり、その他メーカーと開発協力

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後の生産拠点移転計画

    【2.3.6】 中国比克電池股份有限公司 (CBAK)

    1 企業概要

    2 製品概要

    2.1 製品の生産上の優位性
    2.2 製品発展

    3 販売量推移

    4 主要販売対象市場

    4.1 コンシューマエレクトロニクス製品市場 - 最も主な市場
    4.2 乗物の動力市場 - 期待している市場であり、発展初期にある
    4.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 積極的に参入した市場

    5 生産体制

    5.1 生産工場
    5.2 今後生産拠点の移転計画

    【2.3.7】 新能源科技有限公司 (ATL)

    1 企業概要

    2 製品概要

    3 販売量推移

    4 主要販売対象市場

    4.1 コンシューマエレクトロニクス製品市場 - 主な市場
    4.2 乗物の動力向け市場 - 積極的に開拓している
    4.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 積極的に開拓している

    5 生産工場

    【2.3.8】 比亜迪股份有限公司 (BYD)

    1 企業概要

    2 製品概要

    3 販売量推移

    4 主要販売対象市場

    4.1 コンシューマエレクトロニクス製品市場 - 主に携帯電話機メーカー向け
    4.2 乗物の動力市場 - 重要視する市場
    4.3 エネルギーストレージ&工業市場 - 中国のプロジェクトに参加し、海外のパートナーを探す

    5 生産体制

    5.1 生産工場

      【表目次】

    表1 新エネルギー自動車グローバル市場規模推移
    表2 地域別市場規模推移
    表3 主要メーカー別市場規模
    表4 新エネルギー自動車に対し、各国の主要サポート方式比較
    表5 グローバル車載電池全体売上高推移
    表6 メーカー別車載用電池売上高
    表7 2010年-2013年 トヨタ新エネルギー自動車販売量推移
    表8 2010年-2013年 ホンダ新エネルギー自動車販売量推移
    表9 2010年-2013年 フォード新エネルギー自動車販売量推移
    表10 2010年-2013年 現代起亜新エネルギー自動車販売量推移
    表11 2010年-2013年 日産の新エネルギー自動車販売量推移
    表12 2010年-2013年 GM新エネルギー自動車販売量推移
    表13 2010年-2014年 Tesla新エネルギー自動車販売量推移
    表14 グローバルリチウムイオン電池市場規模推移
    表16 地域別コンシューマエレクトロニクス用リチウムイオン電池生産量推移
    表17 主要メーカー別コンシューマエレクトロニクス用リチウム電池販売量推移
    表18 リチウム電池正極材料全体市場規模推移
    表19 リチウム電池正極材料メーカー別販売量推移
    表20 リチウム電池負極材市場規模推移
    表21 リチウム電池負極材メーカー別販売量推移
    表22 リチウム電池電解液市場規模推移
    表23 リチウム電池電解液メーカー別販売量推移
    表24 リチウム電池用セパレータ市場規模推移
    表25 リチウム電池用セパレータメーカー別販売量推移
    表26 2008年-2013年 サムスンSDIリチウムイオン電池販売量推移
    表27 2010年-2013年 パナソニックリチウムイオン電池販売量推移
    表28 2010年-2013年 LG化学リチウムイオン電池販売量推移
    表29 2010年-2013年 ソニーリチウムイオン電池販売量推移
    表30 2010年-2013年 天津力神リチウムイオン電池販売量推移
    表31 2010年-2013年 BAKリチウムイオン電池販売量推移
    表32 2010年-2013年 ATLリチウムイオン電池販売量推移
    表33 2010年-2013年 BYDリチウムイオン電池販売量推移

      【グラフ目次】

    グラフ1 ハイブリッド比率別ハイブリッド車の燃料効率
    グラフ2 2010年-2014年 新エネルギー電気自動車グローバル市場規模推移
    グラフ3 2010年-2014年 新エネルギー自動車動力方式別グローバル販売量推移
    グラフ4 2010年-2014年 新エネルギー自動車動力方式別グローバル市場比率推移
    グラフ5 地域別新エネルギー自動車市場規模推移
    グラフ6 地域別新エネルギー自動車市場のグローバルにおける比率推移
    グラフ7 新エネルギー自動車メーカー別販売量推移
    グラフ8 新エネルギー自動車メーカー別市場シェア推移
    グラフ9 グローバル車載電池全体売上高推移
    グラフ10 グローバル車載電池売上高シェア推移
    グラフ11 2012年 メーカー別車載用電池売上高シェア
    グラフ12 2010年-2013年 トヨタ新エネルギー自動車販売量推移
    グラフ13 2010年-2011年 トヨタのヨーロッパ全体におけるハイブリッド自動車販売量比率推移
    グラフ14 トヨタPriusの中国における販売量推移(2006-2008年、2012年)
    グラフ15 2010年-2013年 ホンダ新エネルギー自動車販売量推移
    グラフ16 2009年 ホンダハイブリッド車の日本における比率
    グラフ17 2010年-2013年 フォード新エネルギー自動車販売量推移
    グラフ18 2010年-2020年 フォード新エネルギー自動車販売量比率
    グラフ20 2013年 上半期フォード販売量アメリカ市場シェア
    グラフ21 2010年-2013年 現代起亜新エネルギー自動車販売量推移
    グラフ22 現代起亜ハイブリッド車地域別累計販売量
    グラフ23 2013年1-5月 現代起亜主なハイブリッド車販売量
    グラフ24 2010年-2013年 日産の新エネルギー自動車販売量推移
    グラフ25 2011年-2013年 アメリカにおける日産電気自動車の販売量推移
    グラフ26 2012年-2013年 ヨーロッパにおける日産電気自動車の販売量推移
    グラフ27 2010年-2013年 GM新エネルギー自動車販売量推移
    グラフ28 2012年Chevrolet Volt地域別販売量
    グラフ29 2010年-2014年 Tesla新エネルギー自動車販売量推移
    グラフ30 2013年第1四半期北米電気自動車販売量ランキング
    グラフ31 2010年-2015年 グローバルリチウムイオン電池市場規模(販売量)推移
    グラフ32 2010年-2015年 グローバルリチウムイオン電池市場規模(売上高)推移
    グラフ33 リチウムイオン電池用途別市場規模推移
    グラフ34 リチウムイオン電池用途別市場規模比率推移
    グラフ35 地域別コンシューマエレクトロニクス用リチウムイオン電池生産量推移
    グラフ36 地域別コンシューマエレクトロニクス用リチウムイオン電池生産量グローバル比率推移
    グラフ37 リチウムイオン電池メーカー別リチウム電池販売量推移
    グラフ38 リチウムイオン電池メーカー別リチウム電池市場シェア推移
    グラフ39 2011年 正極材料別市場シェア
    グラフ40 リチウム電池正極材料市場規模推移
    グラフ41 リチウム電池正極材料メーカー別販売量推移
    グラフ42 リチウム電池正極材料メーカー市場シェア推移
    グラフ43 2012年 負極材別市場シェア
    グラフ44 リチウム電池負極材市場規模推移
    グラフ45 リチウム電池負極材メーカー別販売量推移
    グラフ46 リチウム電池負極材メーカー別市場シェア推移
    グラフ47 リチウム電池電解液市場規模推移
    グラフ48 リチウム電池電解液メーカー別販売量推移
    グラフ49 リチウム電池電解液メーカー市場シェア推移
    グラフ50 リチウム電池用セパレータ市場規模推移
    グラフ51 リチウム電池用セパレータメーカー別販売量推移
    グラフ52 リチウム電池用セパレータメーカー別市場シェア推移
    グラフ53 2008年-2013年 サムスンSDIリチウムイオン電池販売量推移
    グラフ54 2010年-2013年 パナソニック(三洋を含む)リチウムイオン電池販売量推移
    グラフ55 2010年-2013年 LG化学リチウムイオン電池販売量推移
    グラフ56 2010年-2013年 リチウムイオン電池販売量推移
    グラフ57 2010年-2013年 天津力神リチウムイオン電池販売量推移
    グラフ58 2010年-2013年 BAKリチウムイオン電池販売量推移
    グラフ59 2010年-2013年 ATLリチウムイオン電池販売量推移
    グラフ60 2010年-2013年 BYDリチウムイオン電池販売量推移

    商品名
    EV(新エネルギー自動車)・リチウムイオン電池市場の実態と将来[最先端エレクトロニクス世界市場調査レポート2014]
    発刊
    2014年01月
    発行
    データライン・リサーチ・ネットワーク株式会社
    調査
    上海智友商務諮詢有限公司
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 226ぺージ
    販売価格

    報告書 [製本版]
    75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
    報告書 [PDF版]
    75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
    報告書セット [PDF版+製本版]
    86,400 円 (税抜 80,000 円+消費税 6,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ