リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

アグリビジネスに取り組む全企業2013[特許データからビジネスチャンスを探る特許分析レポート]

アグリビジネス特許調査, アグリビジネス技術動向, アグリビジネス参入企業, アグリビジネス業界動向, アグリビジネス特許分析, アグリビジネス特許情報, アグリビジネス特許件数, アグリビジネス企業一覧, アグリビジネス将来展望, 特許技術動向調査, 特許出願技術動向, 特許調査報告書

アグリビジネスに取り組む全企業2013[特許データからビジネスチャンスを探る特許分析レポート]

Clip!

~ 注目市場 「アグリビジネス」 への新規参入/新事業創出の可能性、技術動向と課題、業種別アプローチ状況と業界・競合の動向、異業種連携や共同研究先開拓の情報源に!注目分野に取り組む全企業を業種別に俯瞰、特許出願技術動向調査から業界が見える! ~

  • オススメ

アグリビジネスに取り組む全企業2013

アグリビジネスに取り組む全企業2013[特許データからビジネスチャンスを探る特許分析レポート]

  • 特許データからビジネスチャンスを探る特許分析レポート!
  • 直近3年間の特許情報、技術動向に関する業界別データを掲載!
  • アグリビジネスにおける業種ごとのポジションや技術領域を分析!
  • 成長市場への新規参入/新事業創出の可能性、ビジネスチャンスを探る!
  • 特許出願内容から、業界/競合の動向や各企業の技術力がわかる!
  • 異業種との連携や共同研究先の開拓・探索にも!
  • 各業界の出願件数トップ50企業、公開特許抄録を収録!
  • 商品コード: NTCG00001

    【資料概要】

    注目の成長分野 「アグリビジネス」 に対して、各業界のどのような企業が関わり、どのような技術でアプローチしているのか、特許情報から業界/企業動向が浮き彫りに!特許データからビジネスチャンス&ビジネス上の接点を探る!

    当資料 『アグリビジネスに取り組む全企業2013』 は、最近3年間の公開特許出現件数から号種ごとにみた技術動向に関するデータが掲載されています。出願件数から各業種のアグリビジネスにおけるポジションや、特許情報に付与されたFタームテーマコードから各業界がねらう技術領域を分析しています。

    また、各業界に属する出願件数トップ1から50企業一覧や、具体的な公開特許抄録も掲載されています。

    [分析対象特許情報]
    発刊元にて設定された母集団検索式により検索した、2010年4月1日以降2013年3月31日までに発行された国内公開特許情報7,812件が分析対象となっています。

    【本シリーズ 「特許データからビジネスチャンスを探る」 のねらい】

    特許情報は、企業が優れた技術を特許出願し、独占権を取得して自社を優位にする代償として公開されるパブリック情報です。本シリーズのレポートでは、特許データをもとに、注目市場に取り組む全企業を業種別に俯瞰することで見えてくる裾野の広がりに着目しています。

    特許情報には、出願した企業名と技術の内容が記載されています。特許情報を調査することにより、どこの企業が、どのような技術を価値ある企業資源として捉えているかを知ることができます。日々の営業活動とは違った角度から、また、通常のマーケットレポートでは得られないデータから、自社を取り巻く企業と技術の状況を把握することができます。

    各企業の技術力を把握し、ビジネスチャンスを開拓する機会として、業種の中で個々の企業を相対比較することもできます。将来が期待される技術分野において、競合他社の動向や異業種企業との連携の可能性を探る際に、ぜひお役立ください。

    [特許データからビジネスチャンスを探るシリーズ]

    【 『アグリビジネスに取り組む全企業2013』 レポートサンプル / 掲載図表例 】

    I. アグリビジネス最近動向 > 1. アグリビジネスの現況と将来展望

    農業は、いま、熱い変革期にいます。農業は生産から加工、消費までを含めた6次産業化を進めつつあり、事業の多角化や高度化は生産・加工・貯蔵・輸送など広範囲な産業界に新たなアグリビジネス※1 への参入機会をもたらしています。

    ※1 アグリビジネス agribusiness という用語は 1957年に米国で Davis と Goldberg が使い始め、最近では農業工業化や生産価値、ネットチェーンなど、農作物のサプライチェーン(生産、加工、流通、食品販売までの相互依存関係)を含めて使われているようです(Ng and Siebert / International Food and Agribusiness Management Review Volume 12, Issue 4, 2009)。本資料では6次産業化とアグリビジネスとを似た意味の言葉として扱っています。

    農業が、生産から加工、販売まで地域資源を活かした新たな産業創出のアグリビジネスとして注目され始めたのは 2005年ごろのようです。国内で急速に少子化と高齢化が進み、同時に、世界市場をめぐる貿易摩擦が深刻化したという社会的背景があり、農水省も重要施策の一つとして6次産業化に積極的に取り組んでいるようです。

    アグリビジネスの一つのわかりやすい典型例は「植物工場」※2 です。植物工場では LED照明や多段式ベッド栽培、温湿度を含めた空調管理、最適濃度の循環式施肥など、植物に最適な生育環境がコンピュータ制御され、省エネにかなった生産システムで農産物が計画生産され、安心・安全な食材が市場に供給されています。生育環境プログラムやセンシングネットワークなどをシステム化した栽培環境や条件設定をすることで、大自然のもたらす天候の影響を受けず、長年の農業経験に頼ることもなく、農業を商工と連携した新たな産業に変えるシステムとして植物工場は期待されています。工場生産ができる農業ビジネスとして植物工場を通じて企業が農業に参入し、新たな農業の担い手としての企業の役割が期待されています。

    ※2 植物工場という用語は、いわゆる工場のような閉鎖空間の中で最適な生育環境をコンピュータ制御する大規模な施設だけを指すものではなく、ビニールハウスのような簡易的な施設であっても、光、温湿度、施肥などの生育環境を人工的に制御できて季節や天候に左右されずに自動的に連続生産が行える施設であれば植物工場という概念に含まれるようです。

    アグリビジネスの特徴は、農業を単に生産する農業とはとらえず、農産物の生産だけでなく、流通や食材としての最終消費までを含めた社会システムとしてとらえる点にあるようです。生産の川下にまで伸びて新しい産業を生み出しているのです。確かに、世界規模での食料供給は喫緊の課題です。世界銀行も中国やインドへの支援などを強めており、アグリビジネスはますます市場規模が拡大すると期待されています。

    最近のこのような農業の変革については10年間で一兆円市場を十兆円市場へと農業の競争力を高める政府方針も唱えられています。2020年には農業輸出を一兆円にする戦略構想もあるようです。植物工場も 2013年時点でリーフレタスやハーブなど全国で約 150サイトにまで増加し、植物工場の市場規模予測データの中には、一例を養液栽培プラントや資材、貯蔵関連を含む市場規模で見れば 2011年は約 700億円、2020年予測約 900億円とする例も見られます。

    アグリビジネスの将来を見越していろいろな業界が関わりをもちはじめています。もちろん農業分野の主要三業界は機械、化学、建設です。また、植物工場では LED 照明が電力消費の削減と省エネを実現するだけでなく、発光色を選んだ植生促進や防疫などのように、従来にない新たな光源の効果を生んでいます。しかし、最近の注目ポイントは、これらの農産物の生産に係る業界の動きだけでなく、情報通信や食品、サービスなど、生産の農業から見れば川下に位置する産業のネットワークシステムとしての動きにもあるようです。

    地球環境に優しい低負荷ケミカルや、農業生産の安定、高効率化を図るだけでなく、生産された農産物を加工、貯蔵し、消費地に運輸、小売するサプライチェーンの重要性にも注目する動きです。まさに 6次産業化 (アグリビジネス) を地球規模での食糧対策に係る重要な国家戦略と位置づける新産業創出の観点です。

    地球規模での環境負荷の軽減は、社会の基本潮流です。すでに省エネは社会の常識です。さまざまな情報と通信ネットワークを駆使した生産から消費、回収までを包含したシステムとしてアグリビジネスをとらえると、いままでの生産主体の農業では考えられなかった新規ビジネスが生まれる有望な新しい産業のイメージが浮かび上がってきます。アグリビジネスに係る企業や技術の動向を調べると、これから参入する新たなビジネスのチャンスを発見できると思われます。

    個人、海外の特許出願の多さが特徴

    最近 3年間のアグリビジネスに関連する出願件数シェアを下図に示します。農業機械などの機械が約 40%です。注目すべきは大学・研究機関・個人の 19%であり、2位にランクインする珍しい現象です。中でも個人出願が非常に活発なのはアグリビジネスならではの特徴といえるでしょう。海外からの出願も 3位です。4位はその他業種 (未上場企業や新規企業を含む) で、縁遠いと思われていた業種がアグリビジネスに接点を求めて研究開発と特許出願を行っている実態が窺えます。

    [アグリビジネスに取り組む全企業2013]

    II. アグリビジネスに取り組む企業と研究者 > 1. 業界動向 > 1. 機械

    [アグリビジネスに取り組む全企業2013]

    [アグリビジネスに取り組む全企業2013]

    ▼ 『アグリビジネスに取り組む全企業2013』 資料目次

      I. アグリビジネス最近動向

    1. アグリビジネスの現状と将来展望
    2. 特許情報からビジネスチャンスを探る
    3. 特許データでみるアグリビジネス

      II. アグリビジネスに取り組む企業と研究者

    1. 業界動向

    - データの見方

    (下記の項目について、業界ごとに掲載)
    ◆ 属する企業
    ◆ 全体に占める比率
    ◆ 参入している技術分野
    ◆ ねらっている領域
    ◆ 技術

    1. 機械
    2. 大学・研究機関・個人
    3. 海外
    4. その他業種
    5. 化学
    6. 建設業
    7. 電気機器
    8. その他製品
    9. 卸売業
    10. 食料品
    11. 輸送用機器
    12. 金属製品
    13. サービス業
    14. 電気・ガス業
    15. ガラス・土石製品
    16. 鉄鋼
    17. 非鉄金属
    18. 繊維製品
    19. 水産・農林業
    20. パルプ・紙
    21. ゴム製品
    22. 小売業
    23. 石油・石炭製品
    24. 技術提供業
    25. 精密機器
    26. 情報・通信業
    27. 医薬品
    28. 陸運業
    29. その他金融業
    30. 不動産業
    31. 空運業

    2. 最近3年間の公開特許出願人一覧 (索引)
    3. 最近3年間の公開特許発明者一覧 (索引)

      III. 業種別公開特許抄録

    - 機械
    - 大学・研究機関・個人
    - 海外
    - その他業種
    - 化学
    - 建設業
    - 電気機器
    - その他製品
    - 卸売業
    - 食料品
    - 輸送用機器
    - 金属製品
    - サービス業
    - 電気・ガス業
    - ガラス・土石製品
    - 鉄鋼
    - 非鉄金属
    - 繊維製品
    - 水産・農林業
    - パルプ・紙
    - ゴム製品
    - 小売業
    - 石油・石炭製品
    - 技術提供業
    - 精密機器
    - 情報・通信業
    - 医薬品
    - 陸運業
    - その他金融業
    - 不動産業
    - 空運業

      IV. APPENDIX

    商品名
    アグリビジネスに取り組む全企業2013[特許データからビジネスチャンスを探る特許分析レポート]
    発刊
    2012年07月
    発行
    株式会社 ネオテクノロジー
    監修
    株式会社 ネオテクノロジー
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 640ページ
    販売価格

    報告書 [製本版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円) +送料 810円
    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ