リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

発展する植物工場の現状と将来展望

植物工場市場動向, 植物工場システム市場規模, 植物工場装置市場規模, 植物工場制御システム, 人工光型植物工場, 植物工場収益性分析, 植物工場ビジネスモデル, 植物工場業界地図, 植物工場養液栽培, 植物工場炭酸ガス供給装置, 植物工場業界動向, アグリビジネス動向, 発展する植物工場の現状と将来展望

発展する植物工場の現状と将来展望

Clip!

~ 植物工場のビジネスモデル・収益性分析/収益向上のポイント、新規参入の可能性、植物工場向け各種栽培システムや機器・装置のカテゴリ別市場規模推移、主要メーカー動向・海外進出実態まで網羅して、植物工場市場の最新動向を徹底分析したアグリビジネスシリーズのレポート資料! ~

  • オススメ

発展する植物工場の現状と将来展望

発展する植物工場の現状と将来展望

  • 完全密閉型人工光植物工場市場/各種栽培システム市場を徹底調査!
  • 国内で稼働中の先発植物工場の収益ビジネスモデルを分析!
  • 植物工場向け各種栽培システム、機器・装置メーカー情報と展開動向!
  • カテゴリ別市場規模推移、業界提携マップ、市場規模予測も!
  • 自動制御/光制御/空調・温度管理/養液培地/炭酸ガス供給装置ほか!
  • 海外展開メーカーの動向、ビジネスの可能性を考察!
  • 商品コード: TCR00001

    【資料概要】

    植物工場ビジネスの収益性を向上させるポイントと新規参入の可能性とは!完全人工光型植物工場にフォーカス、植物工場向け各種栽培システム市場の動向、機器・装置の国内市場規模推移とメーカー動向を追跡!

    1990年代後半から、安全な農産物の確保 - 「食の安全」、食料自給率の向上が叫ばれ始め、また一方で、農業従事者の高齢化による生産効率の低下、若年層の農業離れ、廉価な輸入野菜の増大などにより、安全な農産物の高効率生産は、農業を維持・発展させる上で、避けては通れない課題となっています。また地球温暖化の影響と思われる異常気象や天候不順は、農産物価格の著しい変動を生んでいます。

    こうした背景の下、密閉された工場建屋風の施設で、土壌を使わず、培養液に苗を植え、人工の光を照らし、温度・湿度・風量・ミスト等、全ての条件をITで制御し、管理する 「植物工場」 (完全人工光型植物工場) が増加しています。

    本レポート 『発展する植物工場の現状と将来展望』 は、その完全人工光型植物工場にターゲットを絞り、川下分野である植物工場の収益ビジネスモデルの分析、川上分野であるシステム・機器市場動向に注目することで、当該分野に参入している企業・団体あるいは新規参入を検討している企業・団体の事業計画・戦略立案に供する調査レポートとして企画されたものです。

    【 『発展する植物工場の現状と将来展望』 レポートサンプル / 掲載図表・分析例 】

    [発展する植物工場の現状と将来展望]レポートサンプル1

    【 『発展する植物工場の現状と将来展望』 - はじめに - より 】

    農業従事者の減少、高齢化、休耕地の増大、年々減少している農業総生産額、廉価な輸入農産物の増大、食糧自給率の低さ等、わが国の農業は幾多の問題を抱えている。2011年3月の東日本大震災や福島原発事故による農産物の多大な損害、またあるいは地球温暖化や異常気象による世界的な農作物不作による食糧危機など、現実に起こりうる可能性も高い。

    このような背景のもと、農産物のみにとどまらず、わが国の食糧供給は磐石という状況には程遠い状況下にあるといえよう。食の安全と安定供給は、国民生活を維持する上で、最も重要な基本政策である。

    戦後、農業改革、新しい農業政策推進、農業技術の開発・革新が行われ、農業近代化が進められてきた。1950年代にビニールハウスが出現し、以降、順次、設備・機器が導入され、高度化し、1960~1970年代にはガラス温室共々 「施設園芸」 と呼称されるようになった。

    その後もガラス室・ハウスは自動化、省力化、コンピュータ制御化が進み、1990年台には補助光を取り入れる施設も出現した。これが太陽光型植物工場である。

    1970年代には建物内での閉鎖型植物工場の開発が開始され、1980年代にはデモ施設、モデル施設も公開された。

    植物工場が実用化されてから、既に30年経過しており、現在、閉鎖型 (本書では人工光型と称す。)、太陽光型合わせて200を超える植物工場が稼動している。

    人工光型植物工場 (人工光型) は現在、106工場を数えるが、ここ1~2年、店舗併設型施設が増えており、設置を計画しているレストランもある。

    人工光型は、(1) 用地取得や工場建屋建設から事業着手すると投資額が膨大になる、(2) 光熱費や減価償却費負担が重く、採算が採れにくい、(3) 無菌の清潔な野菜を提供し得るが、運営コスト負担が重いため、価格は高くならざるを得ず、一般市場には受け入れてもらえない、などの課題が挙げられる。特に採算性がよくないことは決定的なマイナス要因であるが、システムメーカーの技術開発努力や工場事業運営者の経営努力や販売努力により、改善されてきており、収益を上げている工場も増加傾向にある。

    本書が扱う植物工場のタイプは、新規参入が活発であり、また異業種参入が容易で、今後日本企業の参入機会が増えると予想される人工光型(閉鎖型・完全制御型)に限定し、「植物工場」 の市場、栽培面積、収穫実績、販売・流通の特徴・課題、商圏エリア、技術課題、将来展望等、個々の事業者の現況を網羅すると共に、植物工場のビジネスモデル分析を行った。

    本書が植物工場関連業界の方々に情報収集の一助となれば、幸いである。

    ▼ 『発展する植物工場の現状と将来展望』 資料目次

      第1編 先発植物工場のビジネスモデル分析

    1章 収益黒字ビジネスモデル条件・提案

    1. コスト面(損益分岐点分析)
    2. 販売戦略(販売価格/商圏)
    3. 栽培品種
    4. 生産能力(歩留率/生産規模)

    2章 先発植物工場の収益分析/要因

    1. 収益黒字(拡大)工場の分析
    2. 収益赤字(撤退/事業縮小)工場の分析

    3章 植物工場個票分析

    1. 生産規模別
    2. 工場投資額別
    3. 工場設備仕様別
    4. 生産品種別
    5. 商圏別

    4章 対象植物工場個票

    1. 工場名
    2. 所在地
    3. 設置事業者
    4. 栽培開始時期
    5. 工場様態
     5-1. 投資額
     5-2. 栽培面積
     5-3. 栽培品種
     5-4. 収穫サイクル
     5-5. 歩留率
    6. 品種別収穫量
    7. 売上高(2010年及び 2012年実績)
    8. 栽培システムの特徴
    9. 設備内容
    10. 販売体制
    11. 商圏
    12. 原価構成(2010年及び 2012年実績)
     12-1. 売上高
     12-2. 地代
     12-3. 光熱費
     12-4. 減価償却費
     12-5. 人件費
     12-6. 輸送コスト
     12-7. 収益
     12-8. 収益変動要因
    13. 現在の課題
    14. 今後の動向及び事業計画

      第2編 新規植物工場事業調査編

    1章 新規植物工場事業化企業・団体リスト

    1. 参入契機
    2. 参入目的
    3. 企業形態
    4. 母体企業の植物工場事業への注力度

    2章 新規植物工場分析

    1. 生産規模別分析
    2. 工場投資額別分析
    3. 工場設備仕様別分析
    4. 生産品種別分析
    5. 商圏別分析

    3章 主要企業・団体個票

    1. 新規事業化企業・団体名
    2. 参入時期
    3. 工場・事業体名称
    4. 工場概要(所在地/資本・出資金/従業員数)
    5. 事業化目的
    6. 工場様態(第1編4章の5と同様項目)
    7. 品種別収穫量
    8. 栽培システムの特徴
    9. 設備内容
    10. 販売体制
    11. 商圏
    12. 現状の評価及び課題
    13. 今後の方針・計画

      第3編 植物工場向けシステム・機器の国内市場

    1章 システム・機器別主要参入メーカーリスト

    1. 植物工場・栽培システム
    2. 自動制御
    3. 光制御
    4. 空調
    5. 冷暖房・温湿度
    6. 養液培地
    7. 炭酸ガス供給システム
    8. 機械化・省力化

    2章 機器別仕様概要

    1. 植物工場・栽培システム
    2. 自動制御
    3. 光制御
    4. 空調
    5. 冷暖房・温湿度
    6. 養液培地
    7. 炭酸ガス供給システム
    8. 機械化・省力化

    3章 機器別市場規模推移

    1. 植物工場・栽培システム
    2. 自動制御
    3. 光制御
    4. 空調
    5. 冷暖房・温湿度
    6. 養液培地
    7. 炭酸ガス供給システム
    8. 機械化・省力化

    4章 主要メーカーの販売動向

    1. 過去 3年間の販売実績推移 (台数・金額)
    2. 主要メーカー別主要販売先
    3. 各社の販売戦略

    5章 業界提携マップ
    6章 機種別開発動向及び問題点
    7章 今後の市場規模予測
    8章 主要機器メーカー分析
    9章 主要機器メーカー個票

    1. 企業概要
    2. 植物工場向け事業内容
    3. 参入経緯
    4. 機器仕様
    5. 特徴・優位性
    6. 販売価格
    7. 販売実績
    8. 協業関係

      第4編 システム・機器メーカーの海外挑戦編

    1章 主要参入メーカーリスト

    1. 企業名
    2. 参入目的
    3. 生産品種
    4. ターゲット市場分析
     4-1. 参入障壁
     4-2. 商流
     4-3. 品種別流通価格
     4-4. 先発海外企業の動向

    2章 主要システム・機器海外進出メーカー個票分析

    1. 参入目的
    2. 収益性
    3. 生産品種
    4. ターゲット市場
    5. 現状の評価と今後の課題

    3章 主要システム・機器海外進出メーカー個票

    1. 企業名
    2. 参入時期
    3. 参入目的
    4. 生産品種
    5. ターゲット市場・地域とその背景要因
    6. 収益性見通し
    7. 現状の評価・課題
    8. 今後の動向・計画

    商品名
    発展する植物工場の現状と将来展望
    発刊
    2013年07月
    発行
    株式会社 テクノ・クリエイト
    調査
    株式会社 テクノ・クリエイト
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    B5判 213ぺージ
    販売価格

    報告書 [製本版]
    70,200 円 (税抜 65,000 円+消費税 5,200 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ