リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

ビッグデータ時代を睨んだソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)に関する深堀調査2013

ソーシャルデータ分析, ソーシャルメディアデータ分析, ソーシャル分析サービス, ソーシャルデータ分析市場規模, ソーシャルメディア分析市場シェア, ソーシャルデータ活用, ソーシャルメディア分析ツール, SNS分析ツール, ソーシャルCRM, ソーシャルリスニング, ソーシャル分析サービス調査, SNS分析サービス調査

ビッグデータ時代を睨んだソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)に関する深堀調査2013

Clip!

~ 【特別企画調査】 ソーシャル分析サービスを展開するプレイヤー[34社]に最新のビジネス実態を多面的にヒアリング&深堀分析! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00079

【資料概要】

「ソーシャル分析サービス」 の用途・適用分野、ビジネスモデル、販売チャネルなど多面的に個別ヒアリング!ソーシャル分析サービスの市場占有率 (シェア)や市場規模推移も!

当資料 『ビッグデータ時代を睨んだソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)に関する深堀調査2013』 は、「ソーシャル分析サービス」 関連分野のプレーヤー34社へのヒアリングに基づき、ソーシャル分析サービスの実態と今後の展望をまとめた特別企画調査シリーズのレポートです。各ソーシャル分析サービス事業者の調査個票と、適用分野&対象エリアといった特徴を集計して深堀り分析した資料となっています。

【 『ビッグデータ時代を睨んだソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)に関する深堀調査2013』 - はじめに - より 】

IT業界においては引き続き、「ビッグデータ (BigData)」 ブームが加速している。

近年、"情報爆発" とも形容されるほど、企業を取り巻くデータ量が増大しているものの、めまぐるしく変わる市場環境に追従するためには、従来からある構造化データのみならず、ソーシャルメディア上のテキストデータなど、非構造化データも活用対象としなければならない。こうした 「大量データを収益向上に生かす取り組み」 として 「ビッグデータ (BigData)」 がキーワードとなっているが、大量の情報を効率的に収集・蓄積し、部門の壁を超えて柔軟に共有・活用する、分析する、予測・予兆・予見するなど、データを眠らせず、積極的に生かしていく取り組みが注目されている。特に、収集・蓄積・保存、共有、分析、コンサルティングといったビックデータ活用の在り方と意義が注目されている。

こうした 「ビッグデータ (BigData)」 ブームの背景には、ここ数年、利用者が急激に拡大しているソーシャルメディア内のテキストデータ、携帯電話・スマートフォンに組み込まれたGPS (全地球測位システム) から発生する位置情報、時々刻々と生成されるセンサーデータなど、日々の生活の中で生み出されるデータが、数年前とは比べ物にならないほど膨大かつ複雑になってきているといったことがある。

所謂、情報爆発と呼ばれるように、日々多くのデータが生み出され、蓄積されている現在、莫大な量のデータからこれまでにない情報が得られるのではないか?と期待されている。既に、ソーシャルメディアの大量のデータは 「マーケティング・商品開発部門」 「コールセンタ部門」 「広報・プロモーション部門」 「ブランドモニタリング・リスクマネジメント部門」 を中心に利用され始めている。

そういった中で注目されているのが、「ビッグデータ(BigData)」 時代を睨んだ 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」 である。高価で使いこなすのが大変な 「データマイニング」 ツールや安価ではあるものの使いこなすにはそれなりに時間がかかる 「ソーシャル分析」 ツール (ソフトウェアなど) を自社で導入し、自社内で 0(ゼロ) からデータ・サイエンティスト (解析者) または専任の分析者を育成するよりも、「ビッグデータ(BigData)」 潮流を受けて、「ソーシャル(SNS)×分析サービス (個別分析&レポート受託業務)」 事業者に外注する企業が急増している。

2012年6月23日に発刊した 『2012年「ビッグデータ(BigData)」時代を睨んだ「データマイニング×受託解析サービス」に関する市場調査』 について、当初予想していた以上に数多くの方々からご注文を頂いたこと、「ビッグデータ(BigData)」 ブームに便乗して需要が高まっている 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」 に関する市場調査を多面的に実施して欲しい!といった要望やリクエストを受けたことから、ESP総研では当該主要80社・団体に対して 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート 受託業務)」 の市場規模推移や市場占有率 (シェア)、用途・適用分野などを中心に急遽ヒアリング調査を実施することとなった。

この調査報告書が 「ビッグデータ(BigData)」 ならびに 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」 関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【調査対象】

Web上にて 「ソーシャルメディア分析」 と言及している事業者 (プレイヤー) ≪2013年10月29日時点で、合計80社・団体≫ すべてにアプローチ、そのうちツイッター、ブログ、2チャンネルなどの大量 (膨大) なソーシャル・データ (ビッグデータ) の分析を受託業務 (1ショットまたは四半期に一回などの継続業務) として受注している会社についてのみ、徹底的に深堀ヒアリング・分析。
※ 但し、ソーシャル分析ツールの導入が前提となっており、その支援・サポートをレポートなどで行う業務は対象外とした。また、ソーシャル分析ツールの販売のみしか行っていないベンダは深堀調査対象外とした。

【調査方法】

専門調査員による電話によるヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、独自データベースの活用により調査・分析 (主は電話によるヒアリング)。

【調査&レポート期間】

2013年10月29日~11月21日まで深堀調査後、レポーティング (集計&分析)、11月29日に集計&分析ならびにコメント化終了。

「特別企画調査」 とは?

1) 「自主企画調査」 が不特定多数を対象とした調査レポート (定価は10万円未満/冊) であるのに対し、「特別企画調査」 は特定少数を対象とした調査レポート (定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き) となります。

2) 「特別企画調査」 を実施する背景には、お客様が 「個別調査」 に対して従来通りの調査コスト (数百万円~数千万円/テーマ) をかけられない!といったご要望にお応えすることなどがあります。

3) つまり、個別調査を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がないお客様のご要望を満たすための調査レポート内容となっております。

4) 基本的に、最低5社以上からのご注文または特定企業からの強いご要望・リクエストがあった場合に 「特別企画調査」 を実施しております。

5) この 「特別企画調査」 については、
(1) 提供ベンダ (シーズ) 側における 「競合調査」 「アライアンス先調査」 「チャネル調査」 「市場(規模、動向)調査」 など
(2) ユーザー (ニーズ) 側における 「ベンダ選定のための各種調査 (価格差異や主要ベンダの強みなどを客観的に比較)」 など
の2点を主目的とした内容となっております。

6) 「特別企画」 調査レポートは単なる 「出版物」 としての 「調査レポート」 ではなく、誰もが 「直ちに調査レポートをマーケティングに活用できる」 構成を目指しております。「基礎リスト」 を調査レポートに含んでいるのもそのためです。

7) 従来までは、「調査レポート」 は単にクライアントの戦略立案のための情報収集に活用する程度に留まっておりましたが、「(新規に)パートナーリング」 「顧客開拓」 「最適なベンダ・キーマン紹介」 など次の具体的な営業アクションまたはマーケティング・アクションを意識した調査レポートともなっております。

8) 従って、 「特別企画」 調査レポートをご購入頂いたお客様から、別途追加調査やプリセールス (キーマン紹介/顧客紹介などの個別業務) をご発注頂ければ、短期間でユーザーに最適なベンダ側のキーマンをご紹介できたり、低価格で 「フォロー調査」 を実施できるように、「キーマン・データベース」 を蓄積しながらのヒアリングを心がけております。

9) このように 「特別企画」 調査レポートは、特定少数向けではありますが、クライアントにおける総合的なマーケティング支援を行うための 「バイブル」 の位置付けとご理解頂ければ有り難く思います。

10) なお、特別企画調査レポートは、個別調査・マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物 (本報告書及びその記載内容を含む) の著作権などは、発刊元である (株)ESP総研に帰属するものです。

▼ 『ビッグデータ時代を睨んだソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)に関する深堀調査 2013』 資料目次

~ 「ビッグデータ (BigData)」 注目&有望ビジネス : 「ソーシャル (SNS) × 分析サービス (個別分析&レポート受託業務)」 ビジネスを展開している当該 (34社) プレイヤーに対して、最新のビジネス実態を多面的且つ多層的にヒアリング&深堀分析 ~

  I. 総括 編

1) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」 の定義範囲について

2) 市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測

3) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」 の市場規模推移 (2012年度 : 実績~2016年度 : 予測)<TOTAL>について

4-1) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」 の当該ベンダ別×当該売上 (2012年度 : 実績)
4-2) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」 の当該ベンダ別×当該売上 (2013年度 : 見込)

5) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」の市場占有率<シェア> (2012年度実績) ならびに当該売上ランキング (2012年度実績) について

6) ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)×価格(平均受注実績価格/案件)集計&分析<N=34>
 (1) 表
 (2) 平均受注価格×当該売上(2012年度実績)の相関
 (3) 平均受注価格
 (4) 受注価格(ミニマム)×当該売上(2012年度実績)の相関
 (5) 受注価格(マックス)×当該売上(2012年度実績)の相関

7) 分析(受託解析)するソーシャル・データ(BigData)の種類(Twitter(ツイッター)、ブログ(blog)、2チャンネルなど) 集計&分析<N=34>
 (1) 表
 (2)
 (3) 分析(受託解析)するソーシャル・データ(BigData)の種類と当該売上の相関<1><2>

8) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」×営業人数、データ分析アナリスト(技術者)などの人数 集計&分析<N=34>
 (1) 表
 (2) データ分析アナリスト(技術者)数
 (3) データ分析アナリスト(技術者)数×当該売上(2012年度実績)の相関

9-1) 適用分野(実績ベース)セグメント別<全体>「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」シェア(当該34社) (2013年10月~11月調査時点)
 <1> 単位 : (分野)抽出件数ベース【数量ベース】
 <2> 単位 : (分野)抽出件数ベース【数量ベース】
9-2) 適用分野(実績ベース)別×当該売上(2012年度実績)クロス「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」シェア(当該34社) (2013年10月~11月調査時点)
 <1> 単位 : セグメント別売上ベース【金額ベース】
 <2> 単位 : セグメント別売上ベース【金額ベース】
9-3) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」×重点「適用分野」「販売ターゲット」仮説(コンサルティング)
9-4) 適用分野(実績ベース)<現状>×俯瞰図
9-5) 当該34社における「適用分野」別合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロスMAP(2013年10月~2013年11月調査時点)

10) 当該プレイヤー(34社)「販売チャネル」×集計&分析
 (1) 表
 (2) グラフ

11) 開始時期(2013年10月~11月調査時点)×当該単年売上規模(2012年度実績)の相関(XY軸)統計<N=34>
 (1) 表
 (2) 開始時期 集計&分析

12) 前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×当該単年売上規模クロス><N=34>
 (1) 表
 (2) グラフ

13) 当該プレイヤー(34社)「同社の強み・他社との差別化ポイント」×集計&分析
 (1) 表
 (2) 表
 (3) グラフ

14) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(34社)

15) 当該34社における「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」ビジネス適用分野×当該売上マトリックス(2012年度実績)

16) 当該34社における「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」ビジネス×適用分野&対象エリア(実績ベース)マトリックス点数化ランキング一覧

17) 当該34社における「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」×適用分野&対象エリア(実績ベース)マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP : 俯瞰図)

18) 当該34社における「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」×適用分野&対象エリア(実績ベース)マトリックス一覧(適用分野有望度MAP : 俯瞰図)

19) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」当該ベンダ(34社)×当該売上予測推移(2012年度実績~2016年度予測)×ビジネスモデルシェア一覧

  II. 基礎リスト 編

1) 「ソーシャル分析サービス」 ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス (80社/部門)

  III. 個票マトリックス 編

1) 「ソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)」 深堀実態調査結果・マトリックス(34社分)<あいうえお順>

  IV. 個票 (要約) 編

1) アーガイル(株) (1) (2)
2) (株)アイスタイル (1) (2)
3) (株)ALBERT(アルベルト) (1) (2)
4) (株)ウェルコインターナショナル (1) (2)
5) (株)ウフル (1) (2)
6) (株)うるる (1) (2)
7) NEC<日本電気(株)> (1) (2)
8) エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株)<NTTコムウェア> (1) (2)
9) NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション(株) (1) (2)
10) (株)エヌ・ティ・ティ・ソルコ (1) (2)
11) (株)エヌ・ティ・ティ・データ (1) (2)
12) (株)オプト (1) (2)
13) (株)カレン (1) (2)
14) (株)グローバルリンクジャパン (1) (2)
15) (株)ゴーガ (1) (2)
16) (株)サイバー・コミュニケーションズ (1) (2)
17) Jetrunテクノロジ(株) (1) (2)
18) (株)システムソフト (1) (2)
19) (株)スパイスボックス (1) (2)
20) 大日本印刷(株) (1) (2)
21) ディー・フォー・ディー・アール(株) (1) (2)
22) データセクション(株)(ソリッドインテリジェンス(株)) (1) (2)
23) (株)電通 (1) (2)
24) (株)電通マーケティングインサイト (1) (2)
25) (株)トーチライト (1) (2)
26) 日本情報通信(株) (1) (2)
27) (株)野村総合研究所 (1) (2)
28) ビジネスサーチテクノロジ(株) (1) (2)
29) 富士通(株) (1) (2)
30) (株)プラスアルファコンサルティング (1) (2)
31) (株)ブレインパッド (1) (2)
32) (株)ベルシステム24 (1) (2)
33) (株)ホットリンク (1) (2)
34) メタデータ(株) (1) (2)

【当該プレイヤー×共通ヒアリング&調査項目】
(1) 「ソーシャル分析」(受託解析)サービス概要 : 平均受注金額実績、受注金額レンジ・幅<実績ベースを中心に>など
(2) 分析(受託解析)するソーシャル・データ(BigData)の種類(Twitter(ツイッター)、ブログ(blog)、2チャンネルなど)
(3) 当該営業人数、データ分析アナリスト(技術者)などの人数
(4) 適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)<比率シェアなど>
(5) ビジネスモデル
 <1> 「ソーシャル分析」受託業務
 <2> (ソーシャル分析)ツール販売
 <3> コンサルティング
 <4> その他 など
(6) 販売チャネル
 <1> 直販・間販の比率
 <2> 代理店名など
(7) 開始時期(  年 月)
(8) 導入実績(累計数量、単年売上など)
(9) 前年比伸長率など(同社における当該受注数量、金額または当該売上の前年比伸び率に関して)
(10) 同社の強み・他社との差別化ポイント
(11) 参考情報
 <1> URL
 <2> 電話番号
 <3> 売上高(全社)
 <4> 従業員数
 <5> 設立年月
(12) 当該ビジネス×売上推移(予測)
 当該売上算出根拠・計算式など

商品名
ビッグデータ時代を睨んだソーシャル(SNS)×分析サービス(個別分析&レポート受託業務)に関する深堀調査2013
発刊
2013年11月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 151ページ
販売価格

報告書セット [印刷版+PDF版]
864,000 円 (税抜 800,000 円+消費税 64,000 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態 [ESP]
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ