リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

都市圏などで人の流れ・動線を掴み都市整備やビジネスに役立てる2013【映像レポート】

空間情報科学分野, 動線分析ビジネス動向, 人の流れプロジェクト, 位置情報技術, 動線解析技術活用事例, 動線解析プラットフォーム, 動線分析市場予測

都市圏などで人の流れ・動線を掴み都市整備やビジネスに役立てる2013【映像レポート】

Clip!

~ 【映像レポート】 東京大学空間情報科学研究センター 『人の流れプロジェクト』 におけるビッグデータ時代の応用研究分野とは! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00060

【資料概要】

特定領域の地理情報に関連するデータを収集~蓄積~分析して体系化する空間情報科学から得られる知見を、さまざまな分野に応用する試みがなされています。代表的なものの一つが、調査データから都市圏などでの人の流れや動線をつかんで、都市整備やビジネスに役立てるといった試みです。

数十万~数百万人単位のデータから人の流れをつかむことで、災害シミュレーションや混雑解消に、また、屋外広告や新しい商圏開発といった市場開拓に役立たせることも可能です。2007年に地理空間情報活用推進基本法が公布・施行されて以降、国を挙げて地理空間情報の活用を推進する動きも出てきています。

東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)では、多数の人々の概略の位置を調査・収集・解析・視覚化する方法論やプラットフォームについて研究することを目的として、2008年度に官民一体で地理空間情報の活用をさらに推進するための 『人の流れプロジェクト』 が発足されました。

「GPSなどの位置情報技術の進歩はめざましいものがあります。しかし現状では、繁華街の混雑状況を正確に把握することは簡単ではありません。『人の流れプロジェクト』 では、1000人~1万人単位ではなく、数十万~数百万人単位のデータから正確な動線データを、プライバシーに配慮しつつ、つかむためにはどうすればいいのか、といった方法論やプラットフォーム構築手法を研究しています。」 (関本義秀 東京大学 特任准教授 談)

当資料 『都市圏などで、人の流れ・動線を掴み、都市整備やビジネスに役立てる 2013 【映像レポート】』 は、ビッグデータ時代の応用研究分野について、東京大学 生産技術研究所 人間・社会系部門 (空間情報科学研究センター) 准教授を講師に迎えてプレゼンテーションを収録した 【映像レポート】 です。

【発信対象】

「ビッグデータ」 関連業界など (日本ならびに世界)

【(映像) 撮影&編集 方法】

ムービーカメラ、照明を固定し、撮影会場 (東京・目黒) 内にて撮影。撮影映像を ESP総研 機材で編集。

【(映像) 撮影&編集 期間】

2013年7月26日に撮影後、2013年9月28日に編集終了。

【映像レポートとは?】

1) 今や、映像や音声など視覚に訴えて 「コンテンツ」 を最大限に表現する時代。「伝わりやすさ」 「分かりやすさ」 「感動」 をモットーに 「コンテンツ」 作りを目指しているESP総研では、(文字情報を中心とした) 「調査レポート」 から (映像や音声を中心とした) 「映像レポート」 にシフトしました。

2) 「取材対象者 (語り手)」 「スポンサー (番組制作依頼者ならびに番組ニーズ発信者)」 「映像制作会社 (プロダクション、聞き手=ESP総研)」 全てがハッピーで、心から楽しむことを心がけております。

3) 「映像レポート」 化することで、「情報発信」 ならびに 「情報伝達」 力が高まり、「コンテンツ価値」 もUPし、(字幕スーパー : テロップなどを入れるなどして) 日本市場のみならず、世界市場に向けた 「コンテンツ」 作りを行えます。

4) 「映像レポート」 はスポンサーや真に当該情報を必要としている視聴者など、最終的には不特定多数 (企業内個人) を対象とした映像レポートとなっております。また、「コンテンツ」 は、映像や音声 (パソコンで視聴できるようなMP4 ビデオ (.mp4))+プレゼンテーター解説資料 (PPTなど) によって構成されていることから、提供形態はDVDとなります。

5) 基本的に、最低で3社以上からの強いご要望・リクエストまたは特定企業からのスポンサーお申し込みがあった場合に 「映像レポート」 化を実施しております。

6) なお、「映像レポート」 は、「コンテンツ」 としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物 (映像や音声、その他付随資料など) の著作権などは、発刊元である(株)ESP総研に帰属するものです。

【注意事項・備考】

● DISCは片面・1層ディスク ● COLOR ● 日本語 (ステレオ)
● 日本市場向け ● レンタル不可・複製不能
● DVDビデオは映像と音声を高密度に記録したディスクです。DVDビデオ対応のプレイヤーで再生してください。
● このディスク並びにパッケージに関する全ての知的財産権は権利者に留保され、日本国内での企業用、家庭用観賞を目的とした販売に限って許可されています。無断でこれを複製、上映、公衆送信、改変すること、および第三者への頒布 (中古販売、貸与などを含む) は法律で厳しく禁止されております。

▼ 『都市圏などで、人の流れ・動線を掴み、都市整備やビジネスに役立てる 2013 【映像レポート】』 収録内容

~ ビッグデータ活用 ~

  1. どのように大規模な人の流動を都市圏の中で把握するのか?といった技術

  2. 人の流動データが、どういう利用のされ方をしていくのか?

  3. 国際的なトレンドについて

≪講師プロフィール・略歴≫
関本 義秀 (せきもと よしひで) 氏
東京大学 生産技術研究所 人間・社会系部門 准教授
(工学系研究科社会基盤学専攻&空間情報科学研究センター 兼任)

商品名
都市圏などで人の流れ・動線を掴み都市整備やビジネスに役立てる2013【映像レポート】
発刊
2013年09月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
DVD (映像レポート / PC視聴版 wmv : 41分54秒)
備考
※ Windows Media オーディオ/ビデオ ファイル (.wmv) 収録DVD
販売価格

DVD版 (Japanese Ver.)
108,000 円 (税抜 100,000 円+消費税 8,000 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ