リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

医療(手術・オペ分野)×最先端技術による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/医療(手術・オペ分野)業界の未来予測≪2013‐2033≫未来絵編

手術支援ロボット開発, 再生医療技術, 先端医療技術, 医療機器業界, 医療用3Dプリンター, ARナビゲーション手術, 医療用VRシミュレーター, ICタグ医療機器, 高密度超音波治療, 医療用ディスプレイ市場, 遠隔医療, ハイブリッド手術室, インテリジェント手術機器開発, 人工細胞技術, がん治療研究開発, がん遺伝子治療, 医療の機械化

医療(手術・オペ分野)×最先端技術による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/医療(手術・オペ分野)業界の未来予測≪2013‐2033≫未来絵編

Clip!

~ 医療(手術・オペ分野)業界×最先端技術の調査から抽出したトレンドと未来に向けたイノベーションとなり得るポイントやポテンシャルなどのヒントをイラストに落とし込んだ未来予測レポート! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00048

【資料概要】

医療(手術・オペ分野)業界×最先端技術がもたらす近未来の研究開発・技術開発に役立つ最先端技術を調査することで変革ポイントを抽出、極めて斬新なシーンが市場や社会に与えるインパクトをイラスト化した未来予測レポート!

当資料 『医療(手術・オペ分野)×最先端技術による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/医療(手術・オペ分野)業界の未来予測≪2013‐2033≫~未来絵 編~』 は、医療(手術・オペ分野)分野の最先端技術を徹底調査、最先端/未来シーンにつながる観点を網羅的に抽出し、医療(手術・オペ分野)×最先端技術によってもたらされるイノベーションのポイントや医療業界における新たなトレンドを予測し、≪総括絵3枚、個票絵62枚≫ の未来絵を制作することで未来社会を可視化したレポート資料です。

(1) 医療 (手術・オペ分野) 分野×最先端技術調査から抽出できた 「時流」 「(次の)提案ポイント」 「未来への(方向性やポテンシャル)ヒント」 × 特に変革 (イノベーション) ポイントで代表的な観点を 「未来絵 (イラスト)」 に落とし込み!

(2) この 「総括絵」 「個票絵」 のカット・シーンを俯瞰することで、"医療 (手術・オペ分野)×最先端技術" によってもたらされる潮流、変革 (イノベーション)、医療 (手術・オペ分野) 業界における新たなトレンドが分かる!

(3) "医療 (手術・オペ分野)×最先端技術" 分野×セグメントに集中・特化して、医療 (手術・オペ分野) 業界における変革 (イノベーション) ポイントを可視化!

【 『医療(手術・オペ分野)×最先端技術による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/医療(手術・オペ分野)業界の未来予測≪2013‐2033≫~未来絵 編~』 - はじめに - より 】

医療 (手術・オペ分野) 業界は、今後20年でいったいどのように変わるのか?イノベーション (変革) ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

特に、"医療 (手術・オペ分野)×最先端技術" に着眼するメーカー、キャリアまたは関連会社の研究開発部門の方々、ならびに "医療 (手術・オペ分野)×最先端技術" に着眼するメーカー、キャリアまたは関連会社に対してソリューションやサービス、プロダクツ (製品・部品) を提供する企業の皆さまからである。

今や 「イノベーション (変革)」 が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その 「イノベーション (変革)」 によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化 (未来絵化) することが求められている。

こうした声を受けて、ESP総研では 「医療 (手術・オペ分野)」 分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て 「未来カットシーン」 「最先端カットシーン」 など、尖がっている 「観点」 については網羅的に全てを抽出した。

重視した抽出条件は、「将来、"医療 (手術・オペ分野)×最先端技術" に着眼するメーカー、キャリアまたは関連会社の研究開発に役立つかどうか?」 「将来、"医療 (手術・オペ分野)×最先端技術" に着眼するメーカー、キャリアまたは関連会社に対してソリューションやサービス、プロダクツ (製品、部品) を提供する企業にとって役立つかどうか?」 「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」 「斬新さ (サプライズ) があるかどうか?」 「観点の鋭さ=尖がっているかどうか? (製品開発や技術開発に役立つかどうか?)」 「気づき・アイデアとなっているか?」 などである。これらのハードルをクリアした 「観点」 (ユニークで斬新な観点) は網羅的に全て抽出した。

今回、ESP総研では総力を結集して "医療 (手術・オペ分野)×最先端技術" による変革 (イノベーション)&未来社会の可視化/医療 (手術・オペ分野) 業界の未来予測 ≪2013‐2033≫ ~未来絵 編 ~ レポートを刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作の担当者が、以下の調査&未来絵 (イラスト化) 制作の所感を述べているので、参考にして頂きたい。

「医療 (手術・オペ分野)×最先端技術」 の調査を多面的に実施した結果、注目する観点については、「医療の機械化」 「人体の再生」 「安全性」 の3点が最重要項目と認識できる。近年、それらの取組みに対応するべく様々な研究が進められている。

まず 「医療の機械化」 である。「医療の機械化」 といってもロボットが手術をするわけではない。主に 「医療の機械化」 というのは 「医者の手術を機械が補佐すること」 を指す。その上で注目を集めているのが 「手術ロボット」 と 「MR技術」 である。「ダヴィンチ」 に代表される 「手術ロボット」 の実用化により、人間には不可能だった領域に手が出せるようになった。人間である医者が手術をする際、どうしても発生する 「手ぶれ」 が 「手術ロボット」 を介することで無くなる。また、人間である医者が手術をする際、どうしても視認できないミクロサイズの患部も 「手術ロボット」 を介することで視認できる。それらの 「精密さ」 と 「緻密さ」 は手術の範囲を大きく広げることとなるであろう。「MR技術」 による手術支援により、人間である医者の 「労力」 は軽減され、より高い 「安全性」 を手に入れることができるだろう。なお、手術工程を表示できる 「ナビゲーション技術」 や現実空間に映像を映し出す 「投影技術」 などにより手術はスムーズ化されるだろう。このように機械が人間の手術を補助することにより、今後の手術形式は、その姿を大きく変えていくことになるだろう。

次に 「人体の再生」 である。人体の再生では 「iPS細胞」 の技術が代表的であるが、近年急成長している 「3Dプリンタ」 の技術発展も目覚しいものがある。これらの技術が発展していくことにより、人体をパーツ単位で再生することができるようになるだろう。これらは、治療不可能とされる病気すらも克服できる可能性を秘めている。

最後に 「安全性の向上」 である。絶えることのない 「医療ミス」 の多くは、医者の 「ヒューマンエラー」 によってもたらされる。医者が人間である以上、「ヒューマンエラー」 を根絶することは不可能である。しかしながら、「ICチップの付いたガーゼ・術具」 などが一般化すれば 「人体への置き忘れ事故」 は根絶されるだろう。また、「内視鏡」 の発展は、より安全に、且つ、より安全性の高い術式を確立していくだろう。このように、「ヒューマンエラー」 を起こしても問題の無いような環境・術具作りが進められている。医療業界において、「安全性」 は永遠のテーマと言っても過言ではない。

未来の医療業界に向けて、様々な研究が進められているが、これからも医療業界は今まで以上に早いスピードで進化・発展していくだろうと、本調査を通じて強く感じた次第である。

皆さまからの強い期待とリクエストによって、"医療 (手術・オペ分野)×最先端技術" による変革 (イノベーション)&未来社会の可視化/医療 (手術・オペ分野) 業界の未来予測≪2013-2033≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が 「医療 (手術・オペ分野)×最先端技術」 に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【調査対象】

「医療 (手術・オペ分野) × 最先端技術」 分野全般

【調査方法】

専門調査員による最先端技術調査後、"医療(手術・オペ分野) ×最先端技術" による変革 (イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵 (総括絵、個票絵) を制作。

【調査&レポート期間】

2013年10月4日 (調査開始)~10月9日まで医療 (手術・オペ分野) ×最先端技術調査を実施、11月21日に未来絵 (個票絵ならびに総括絵のイラスト) 制作終了。

▼ 『医療(手術・オペ分野)×最先端技術による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/医療(手術・オペ分野)業界の未来予測≪2013‐2033≫~未来絵 編~』 資料目次

~ 医療 (手術・オペ分野) × 最先端技術がもたらす近未来市場 (社会) 創造、最先端技術調査から (観点) 抽出できた極めて斬新なシーンが市場 (社会) に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化 ≪総括絵3枚、個票絵62枚≫ ~

  I. 総括 編

1. 未来の手術
2. 未来の医療道具
3. 治療方法の多様化

  II. 個票 編

(1) ダヴィンチ手術 (患者側)
(2) ダヴィンチ手術 (医療側)
(3) ダヴィンチ手術 (遠隔手術)
(4) 医者が一人だけで手術ができる 「ソロサージェリー」
(5) 人工心肺装置を使わずに 「オフポンプ手術」
(6) 患者ロボット
(7) 感触を伝えるロボット
(8) ARナビゲーション手術
(9) インテリジェント手術機器 (強調表示)
(10) インテリジェント手術機器 (工程案内)
(11) インテリジェント手術機器 (医療情報表示)
(12) インテリジェント手術機器 (医師視点の映像配信)
(13) インテリジェント手術機器 (VRトレーニング)
(14) 執刀状況のナビゲーショをしてくれる 「StealthStation S7」
(15) 皮膚下の血管を視認できる 「VeinViewer」
(16) 複合現実技術を用いた医用3次元時空統合コンピュータグラフィックス
(17) VR医療シミュレーター
(18) 内視鏡からの映像を表示できる 「ヘッドマウントイメージプロセッサユニット」
(19) 最先端の内視鏡 「ムコゼクトーム 2」
(20) 飲み込んで安全な 「カプセル型内視鏡」
(21) 小型腹腔内移動手術補助ロボット
(22) 細径超音波探知器の開発
(23) 薬剤溶出型バルーンカテーテル
(24) ICタグ付衛生医療材料 「ICトレーサー」
(25) ICタグ付き衛生医療器具
(26) ラテックスアレルギー対策済み手袋 「ポリクロロプレンゴム」
(27) 手洗いを監視してくれるリストバンド 「IntelligentM」
(28) 外科手術用ホチキス
(29) 3Dプリンタを利用した人口骨
(30) 3Dプリンタを利用した人口内蔵
(31) 3Dプリンタを利用した人工皮膚
(32) 3Dプリンタを利用したインプラント
(33) 3Dプリンタを利用した体モデル
(34) 癌のウィルス療法
(35) 遺伝子治療による癌治療
(36) 自分の癌から作る 「癌ワクチン」
(37) 自分の血液から作る 「癌ワクチン」
(38) iPS細胞による 「再生医療」
(39) iPS細胞による 「網膜の再生」
(40) 再生医療で乳房を取り戻す
(41) 医用画像外部保存と共有サービス 「Healthcare@Cloud」
(42) 温熱療法と化学療法を同時に実現する 「ナノファイバーメッシュ」
(43) 人工酸素運搬体 (赤血球代替物)
(44) 「進化の機能」 を持った人工細胞
(45) 人工クモ糸 「QMONOS」 の人体利用
(46) 人工クモ糸 「QMONOS」 の縫合糸
(47) ハイブリッド手術室
(48) 移動式手術室
(49) 患者と病院をつなぐ 「ブルーカード」
(50) 光を当てて患部を治療する 「光線力学治療」
(51) 高密度超音波 「HIFU」
(52) 光+超音波ダイナミック療法
(53) 肌細胞注入療法で健康な肌を保つ
(54) 未来の自分に皮膚を保管しておく 「皮膚バンク」
(55) 医療用裸眼3Dディスプレイ
(56) 最大4画面を1画面に合成して配信できる 「VMI-40MD」
(57) 小児用補助人工心臓
(58) 内側までリアルに再現した心臓レプリカ
(59) 心血管構造の立体CGモデル
(60) 膵臓手術で発生する 「膵液の漏れ」 を可視化
(61) 糸状菌由来の免疫回避機能性素材を用いた新規医療用ナノ粒子
(62) 救急現場を医師が遠隔サポート

商品名
医療(手術・オペ分野)×最先端技術による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/医療(手術・オペ分野)業界の未来予測≪2013‐2033≫未来絵編
発刊
2013年11月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 68ページ
備考
※ PDFはCD-Rに収録
販売価格

報告書 全編 [PDF版]
324,000 円 (税抜 300,000 円+消費税 24,000 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態 [ESP]
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ