リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2014年M2Mに関する今後5カ年の対象セグメント別の普及シナリオ予測

M2M市場分析, M2M市場規模推移, M2M普及予測, M2M市場調査, M2M通信市場規模, M2M業界動向, M2Mビジネス市場動向, M2M市場予測, M2M市場シェア, M2Mマーケティング戦略

2014年M2Mに関する今後5カ年の対象セグメント別の普及シナリオ予測

Clip!

~ 【特別企画調査】 M2M(エムツーエム)に関連するビジネス[大分類14/小分類336]セグメント(用途・適用分野)別の公開統計を抽出、5年後までの各市場の普及予測・潜在市場規模推移をシナリオ別に算出、M2Mビジネス市場を徹底分析! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00045

【資料概要】

M2M関連ビジネス市場を分野別に細分化、[大分類14/小分類336] 各セグメントの統計値をベースにしたシナリオ別の潜在市場規模・普及予測!

当資料 『2014年M2Mに関する今後5カ年の対象セグメント別の普及シナリオ予測』 は、M2M (エムツーエム) 関連分野ビジネスの用途・適用分野別に、大分類14/小分類336セグメントの公開統計をベースに各市場の普及予測・今後5年間の潜在市場規模推移をシナリオ別に算出して、M2Mに関連するビジネスの市場を分析し、今後の展望をまとめた特別企画調査シリーズの調査レポート資料です。

【 『2014年M2Mに関する今後5カ年の対象セグメント別の普及シナリオ予測』
- はじめに - より 】

2014年に入って間もなく1か月が過ぎようとしているが、IT業界において、「M2M (エムツーエム)」 市場は今なお注目を浴びている。「クラウド」 「ビッグデータ (BigData)・ソーシャル」 「SDN」 と並んで 「4大Bigトレンド・テーマ」 の1つとなっており、 「M2M」 市場への期待感は年々高まっている。

しかしながら、今後 「M2M」 市場が実態的にどの程度のスピードで普及拡大し、短期的かつ長期的に見てどういった用途・分野(セグメント)でどの程度の市場(規模)が見込めるのか?未だに不透明とジレンマを抱えている (積極的に当該ビジネスを推進していきたいが、果たして、今後どこまで普及拡大していくのか?見えないと認識している) 「M2M」 ベンダも少なくない。

また、現時点では氷山の一角でしかない 「M2M」 顕在・実態市場規模のみを (当該主要ベンダに対する当該売上のヒアリングによって) 積み上げ (ボトムアップ) 方式で捉えるのみならず、用途・分野 (セグメント) 別に公開統計を把握し、トップダウン方式によって潜在市場規模を把握する (楽観・悲観といったシナリオで場合分けして普及予測を行う) ことで、「M2M」 市場は、本来であればどの程度の市場 (π) が見込めるのか?顕在・実態市場規模と潜在市場規模とのギャップ (氷山の一角とはどの程度の割合なのか?) を試算・予測して欲しい (当該主要ベンダへのヒアリング : 定点観測も継続して行って欲しいが、別の角度で多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰して欲しい) といった要望 (声) を数多くの企業 (業種/部門) から頂いた。

従って、ESP総研では、こうしたニーズに迅速且つ柔軟に応えるべく、まずは2013年12月にエヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDI、ソフトバンクに対して 「通信モジュールサービス」 に関する実態調査・普及予測を実施した。

<1> 過去からの 「契約回線数」 推移と分析
<2> 今後20年後までの普及予測 (平均シナリオ)
<3> 今後20年後までの普及予測 (悲観シナリオ)
<4> 今後20年後までの普及予測 (楽観シナリオ)
<5> 通信モジュール単価調査ならびに金額ベースでの売上予測
などに関する深堀調査である。

次にESP総研が発刊した 『2013年 「M2M (Machine to Machine)」 ビジネス×「ターゲッティング (用途・適用分野)」 の現状・実態に関する深堀調査』 の最新調査結果をベースに、対象セグメント (大分類14セグメント/小分類336セグメント) 毎に公開統計を抽出するところからレポーティング作業を開始した。

さらに、
(1) M2Mビジネス
⇒ 「通信モジュール」 ビジネス×平均実績価格 裏付け <携帯キャリア3社にヒアリング (イニシャライズコストの平均、ランニングコストの平均、2015年度以降の年率推移 (予測))>
(2) M2Mビジネス×潜在市場規模算出 (今後5カ年での普及予測) -「Japan-VALS2」 アプローチ
(3) 「Japan-VALS2」 アプローチ×大分類セグメント (14種類) 別普及予測率(%)×テーブルMAP
→ M2Mビジネス×(用途・適用分野) セグメント別普及率(%) 調査結果を反映
(4) 通信モジュールビジネス×携帯キャリア3社の数量 (平均シナリオ)・金額 (売上) 合計推移・予測 <20年後までの予測推移(数量ベース)> (2011年11月時点実績~2033年度予測) 表、グラフ (TOTAL推移)
(5) 通信モジュールビジネス×携帯キャリア3社の数量 (平均シナリオ)・金額 (売上) 合計推移・予測 <10年後までの予測推移(数量ベース)>(2011年11月時点実績~2023年度予測) グラフ (通信キャリア3社×セグメント別推移、シェア)
(6) 通信モジュールビジネス×携帯キャリア3社の数量 (平均シナリオ)・金額 (売上) 合計推移・予測 <7年後までの予測推移(金額ベース)>(2011年度実績~2020年度予測) 表、グラフ (TOTAL推移)、グラフ (通信キャリア3社×セグメント別推移、シェア)
から基本ロジック・普及予測根拠を組み立てた。

上記の作業によって、潜在市場規模算出 (TOTAL/大分類14セグメント/小分類336セグメント×今後5カ年における普及予測) を徹底的に実施した。

最終的にレポートしたポイントであるが、
1) M2Mビジネス×対象セグメント (用途・分野) の抽出方法
2) 対象分野 : 大分類14 (小分類336) セグメントにおけるM2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測 (TOTAL) <通信サービス (回線利用料収入) のケース>
3) 対象分野 : 大分類14 (小分類336) セグメント×M2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測 <通信サービス (回線利用料収入) のケース> (楽観予測 : 金額ベース) <1>表 <2>グラフ (セグメント別×潜在市場規模推移)
4) 対象分野 : 大分類14 (小分類336) セグメント×M2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測 <通信サービス (回線利用料収入) のケース> (楽観予測 : 金額ベース) <1>表 <2>グラフ (セグメント比率(%)別×潜在市場規模推移)
5) 対象分野 : 大分類14 (小分類336) セグメント×M2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測 <通信サービス (回線利用料収入) のケース> (悲観予測 : 金額ベース) <1>表 <2>グラフ (セグメント別×潜在市場規模推移)
6) 対象分野 : 大分類14 (小分類336) セグメント×M2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測 <通信サービス (回線利用料収入) のケース> (悲観予測 : 金額ベース) <1>表 <2>グラフ (セグメント比率(%)別×潜在市場規模推移)
7-1) M2Mビジネス潜在市場規模と、顕在 (実態) 市場規模推移・普及予測 <通信サービス (回線利用料収入) のケース> との比較 (金額ベース)
*現時点において、顕在<実態>マーケットTOTAL(金額ベース)は潜在マーケットTOTAL(楽観予測×金額ベース)の何割(%)なのか?
7-2) M2Mビジネス潜在市場規模と、顕在 (実態) 市場規模推移・普及予測 <通信サービス (回線利用料収入) のケース>との比較 (金額ベース)
*現時点において、顕在<実態>マーケットTOTAL(金額ベース)は潜在マーケットTOTAL(悲観予測×金額ベース)の何割(%)なのか?
8) M2Mビジネス×対象分野シェア (大分類×14セグメント別シェア)
※抽出件数(合計)2,360件×テーマ(分野)の集計&分析 (顕在<実態>マーケット、潜在マーケット)
9) 日本市場におけるM2M(ビジネス)×用途・適用分野マトリックス俯瞰図 (大分類・中分類・小分類×合計抽出件数)
*市場規模算出のベースとなった基本統計も添付
10) M2Mビジネス×通信サービス (回線利用料収入)×対象エリア (場所) : 大分類14 (小分類336) セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測<数量ベース/金額ベース> 【楽観シナリオ予測】 【悲観シナリオ予測】
などである。
(※ 潜在市場規模予測はいずれも2014年度~2018年度の5カ年)

この調査報告書がM2M関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【 『2014年M2Mに関する今後5カ年の対象セグメント別の普及シナリオ予測』
各章の概要 】

I. 要約・結論 編

1) M2Mビジネス×対象セグメントの抽出方法

2) M2Mビジネス×対象分野シェア (大分類×21セグメント 別シェア/ランキング順位)
※抽出件数 (合計) 963テーマ (分野) の集計&分析

3) M2Mビジネス×対象分野シェア&ランキング (大分類×21セグメント 関連統計×参考資料)
※参考ファイル (合計) 150枚テーマ (分野) の集計&分析

4) M2Mビジネス×対象分野シェア&ランキング (大分類×21セグメント、小分類107セグメント 関連統計×参考資料)
※参考ファイル (合計) 107枚テーマ(分野)の集計&分析

5) 対象分野 : 大分類21 (小分類107) セグメントにおけるM2Mビジネス潜在市場規模 (5カ年 : 2012年度~2016年度) 推移・普及予測 (TOTAL) <通信サービス (回線利用料収入) のケース>

6) 対象セグメント : 大分類21セグメント別潜在市場規模ランキング (金額ベース) <通信サービス (回線利用料収入) のケース> 楽観シナリオ 【2012年度予測、2016年度予測】

7) 対象セグメント : 大分類21セグメント別潜在市場規模ランキング (金額ベース) <通信サービス (回線利用料収入) のケース> 悲観シナリオ 【2012年度予測、2016年度予測】

8) 日本市場におけるM2M(ビジネス)×適用分野マトリックス俯瞰図 (大分類/中分類/小分類/合計抽出件数)
市場規模算出のベースとなった基本統計も添付。

9) M2Mビジネス×通信サービス (回線利用料収入)×対象エリア (場所) : 大分類21 (小分類107) セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測 (2012年度~2016年度) <数量ベース/金額ベース> 【楽観シナリオ予測】 【悲観シナリオ予測】

II. 潜在市場規模算出 編
- TOTAL/大分類21セグメント<小分類107セグメント>×今後5カ年での普及予測

1. M2Mビジネス×セグメント (大分類21セグメント/小分類107セグメント) 別潜在市場規模推移・予測 (今後5カ年 : 2012年度~2016年度での普及予測)TOTAL

1) 対象分野 : 大分類21 (小分類107) セグメントにおけるM2Mビジネス潜在市場規模 (5カ年 : 2012年度~2016年度) 推移・普及予測 (TOTAL) <通信サービス(回線利用料収入)のケース>

2. M2Mビジネス×セグメント別 潜在市場規模推移・予測 (今後5カ年 : 2012年度~2016年度での普及予測)×最重要ターゲット (大分類21セグメント/小分類107セグメント) 別 ≪通信サービス(回線利用料収入)のケース≫

車両、業務車両、商用車両分野、自動販売機分野、リモート監視・遠隔監視分野、防犯・セキュリティ分野、デジタルサイネージ、決済分野、FA分野(産業、製造業、工業) 、食・農業分野、物流・輸送分野、医療・介護・ヘルスケア分野、防災分野、家電・スマート家電分野、計測・センサー分野、商業機器分野、環境・エネルギー分野、商業・小売業、ATM 、IT分野、工事分野、レジャー・観光分野、保全分野

III. 公開統計抽出 編
- M2M<エムツーエム>の用途×大分類21セグメント別

車両、業務車両、商用車両分野、自動販売機分野、リモート監視・遠隔監視分野、防犯・セキュリティ分野、デジタルサイネージ、決済分野、FA、産業、製造業、工業分野、食・農業分野、物流・輸送分野、医療・介護・ヘルスケア分野、防災分野、家電・スマート家電分野、計測・センサー分野、商業機器分野、環境・エネルギー分野、商業・小売業、ATM、IT分野、工事分野、レジャー・観光分野、保全分野

IV. 基本ロジック・普及予測根拠 編 (ビジネスモデル別×M2Mビジネス)
- ≪「ハードウェア販売(通信モジュールの販売など)」 「通信サービス(回線利用料収入)」 「ソフトウェア・ミドルウェアの販売(ライセンス販売)、ソフトウェアの開発(受託開発含む)」 「ソリューション・SI 」 「ASPサービス提供」 など≫ の導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

(1) M2Mビジネス×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移 (2009年度~2013年度)
(2) M2Mビジネス×平均実績価格 裏付け
(3) M2Mビジネス×潜在市場規模算出 (今後5カ年での普及予測) - 「Japan-VALS2」 アプローチ

【調査対象】

Web上にて 「M2M (エムツーエム)」 と言及している当該事業者 (当該プレイヤー)・キーマンならびに知見者、研究者など。

【調査方法】

専門調査員による訪問ヒアリング、電話でのヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、独自データベースの活用により調査・分析。

【調査&レポート期間】

2013年11月9日~12月26日まで、実態調査 (深堀調査) を実施。さらに調査対象を拡げ (M2M×知見者、研究者など)、加えて公開統計収集を含む情報収集後、レポーティング (集計&分析) を実施し、2014年1月25日に集計&分析ならびにコメント化終了。

「特別企画調査」 とは?

1) 「自主企画調査」 が不特定多数を対象とした調査レポート (定価は10万円未満/冊) であるのに対し、「特別企画調査」 は特定少数を対象とした調査レポート (定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き) となります。

2) 「特別企画調査」 を実施する背景には、お客様が 「個別調査」 に対して従来通りの調査コスト (数百万円~数千万円/テーマ) をかけられない!といったご要望にお応えすることなどがあります。

3) つまり、個別調査を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がないお客様のご要望を満たすための調査レポート内容となっております。

4) 基本的に、最低5社以上からのご注文、または特定企業からの強いご要望・リクエストがあった場合に 「特別企画調査」 を実施しております。

5) なお、特別企画調査レポートは、個別調査・マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物 (本報告書及びその記載内容を含む) の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

▼ 『2014年M2Mに関する今後5カ年の対象セグメント別の普及シナリオ予測』 資料目次

2014年 「M2M (エムツーエム)」 に関する今後5カ年 (2014年度~2018年度) の対象セグメント別の普及シナリオ予測 (T字型調査の実施 : 垂直深堀調査重視)

  I. 要約・結論 編

1) M2Mビジネス×対象セグメント(用途・分野)の抽出方法

2-1) 対象分野 : 大分類14(小分類336)セグメントにおけるM2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測(TOTAL)<通信サービス(回線利用料収入)のケース>

2-2) 対象分野 : 大分類14(小分類336)セグメント×M2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>(楽観予測 : 金額ベース)
 <1> 表(セグメント別×潜在市場規模推移)
 <2> グラフ(セグメント別×潜在市場規模推移)
 <3> 表(セグメント比率(%)別×潜在市場規模推移)
 <4> グラフ(セグメント比率(%)別×潜在市場規模推移)

2-3) 対象分野 : 大分類14(小分類336)セグメント×M2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>(悲観予測 : 金額ベース)
 <1> 表(セグメント別×潜在市場規模推移)
 <2> グラフ(セグメント別×潜在市場規模推移)
 <3> 表(セグメント比率(%)別×潜在市場規模推移)
 <4> グラフ(セグメント比率(%)別×潜在市場規模推移)

2-4) M2Mビジネス潜在市場規模と、顕在(実態)市場規模推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>との比較(金額ベース)*現時点において、顕在<実態>マーケットTOTAL(金額ベース)は潜在マーケットTOTAL(楽観予測×金額ベース)の何割(%)なのか?

2-5) M2Mビジネス潜在市場規模と、顕在(実態)市場規模推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>との比較(金額ベース)*現時点において、顕在<実態>マーケットTOTAL(金額ベース)は潜在マーケットTOTAL(悲観予測×金額ベース)の何割(%)なのか?

3) M2Mビジネス×対象分野シェア(大分類×14セグメント別シェア)※抽出件数(合計)2,360件×「テーマ(分野)」の集計&分析(顕在<実態>マーケット、潜在マーケット)

4) 日本市場における「M2M(ビジネス)」×用途・適用分野マトリックス俯瞰図(大分類・中分類・小分類×合計抽出件数)
*市場規模算出のベースとなった基本統計も添付

5-1) M2Mビジネス×通信サービス(回線利用料収入)×対象エリア(場所) : 大分類14(小分類336)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測】

5-2) M2Mビジネス×通信サービス(回線利用料収入)×対象エリア(場所) : 大分類14(小分類336)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測<数量ベース/金額ベース>【悲観シナリオ予測】

  II. 潜在市場規模算出 編
(TOTAL/大分類14セグメント<小分類336セグメント> ×今後5カ年での普及予測)

※ 以下、いずれも今後5カ年 : 2014年度~2018年度での普及予測

1. M2Mビジネス×セグメント(大分類14セグメント/小分類336セグメント)別 潜在市場規模推移・予測TOTAL

1) 対象分野 : 大分類14(小分類336)セグメントにおけるM2Mビジネス潜在市場規模推移・普及予測(TOTAL)<通信サービス(回線利用料収入)のケース>

2. M2Mビジネス×セグメント別 潜在市場規模推移・予測×最重要ターゲット(大分類14セグメント/小分類336セグメント)別≪通信サービス(回線利用料収入)のケース≫

※ 当該分野 × M2Mビジネス×潜在市場規模<普及予測>(2014年度~2018年度)

-1. 環境・エネルギー用途

1-1) 電力メーター
1-2) 都市ガスメーター
1-3) 水道メーター
1-4) キュービクル(受変電設備)
1-5) スマートメーター
1-6) LPガス(プロパンガス供給装置)
1-7) 屋内電力制御(変電所など)
1-8) 集合住宅(共同住宅)
1-9) (送電線)鉄塔
1-10) 住宅用太陽光発電システム
1-11) 送配電システム
1-12) 発電所
1-13) 風力発電設置
1-14) ウェザーステーション(気象台)
1-15) 屋上緑化
1-16) 緑地化(壁面緑化)
1-17) 金属製温度計
1-18) 環境計測機器
1-19) 気象情報提供事業者
1-20) 自然公園
1-21) 放射線測定器

-2. 産業用途

2-1) 中古車国内ストック台数
2-2) 中古建設機械の再販台数
2-3) 主要建設機械
2-4) 建設事業者の許可業者数
2-5) 工事(業者数)
2-6) ファクトリーオートメーション用計測制御機器
2-7) 産業車両(動力付き運搬車)
2-8) プロセス監視制御システム
2-9) 産業用ロボットの稼働台数
2-10) ロボット(プレイバック+数値制御+知能+シーケンス)
2-11) 各種溶接機(電気+アーク+回転式アーク+標準自動アーク+抵抗)
2-12) LPガス集中監視(伝送装置 : NCU)
2-13) 超音波LPガスメーター
2-14) 金属工作機械
2-15) 電気計器
2-16) 指示計器
2-17) 電力量計
2-18) 工場の立地件数
2-19) 計測機器+測定機器
2-20) 絶縁監視システム
2-21) 組立用装置

-3. 社会インフラ・公共用途

3-1) ダム
3-2) トンネルの工区数
3-3) 道路橋(橋の長さが15メートル以上)
3-4) 専用住宅(木造)
3-5) 共同住宅・寄宿舎(木造)
3-6) 併用住宅(木造)
3-7) 農家住宅(木造)
3-8) 旅館・料亭・ホテル(木造)
3-9) 事業所・銀行・店舗(木造)
3-10) 劇場・病院(木造)
3-11) 公衆浴場(木造)
3-12) 工場・倉庫(木造)
3-13) 住宅・アパート(木造以外)
3-14) 事務所・店舗・百貨店・銀行(木造以外)
3-15) ホテル・病院(木造以外)
3-16) 工場・倉庫・市場(木造以外)
3-17) 警察・消防関連施設の施設数
3-18) 駅
3-19) 日本の道路総延長距離
3-20) 空港
3-21) オフィスビルストック
3-22) 港湾
3-23) 従業者10人以上の製造事業所
3-24) 免震ビル棟数
3-25) 鉄道×総延長距離
3-26) 高速道路×総延長距離
3-27) 橋梁数(橋)
3-28) 管路等(とう道、ずい道を含む)
3-29) 耕地面積(? )
3-30) 植物工場の数(箇所)
3-31) 原発の数(基)
3-32) 森林面積(万ha) *1haは0.01?
3-33) 地下街の数(箇所)
3-34) 淡水化プラント(生活用+工業用)設置状況(件)
3-35) 電柱の数
3-36) 配電盤×設置件数(件)
3-37) 水道管
3-38) 屋外照明向けの道路灯
3-39) 公園灯・街路灯

-4. 小売・流通業用途

4-1) 飲食店営業施設
4-2) 宅配、ピザ店舗
4-3) JAN型POSシステム導入台数
4-4) 男子服+婦人子供服 小売業商店数
4-5) 小売業全体
4-6) デジタルキオスク端末の設置台数
4-7) コンビニエンスストアの店舗数
4-8) ショッピングセンター×総テナント数
4-9) チェーン店を展開している薬局(ドラッグストア店舗数)
4-10) 業務用冷蔵庫
4-11) Pontaカード会員数
4-12) Tポイントカード会員数
4-13) バイオメトリクス
4-14) 自動販売機
4-15) チェーンストア店舗数
4-16) 照明写真 : プリント倶楽部(プリントくらぶ)設置台数
4-17) ホテル営業施設数+旅館営業施設数+簡易宿所数
4-18) 全国の商店街数
4-19) 電子POP
4-20) リーダライタ(固定型・手持型・モジュール・ハンディターイナル)

-5. 物流業・運送業用途

5-1) レンタルパレット保有数量
5-2) コンテナ申告件数
5-3) 営・自合計トラックおよび特種(殊)用途車保有台数
5-4) 貨物自動車運送事業者
5-5) 港湾
5-6) 業務用PDA
5-7) 冷蔵倉庫(営業用)所管容積
5-8) 大規模倉庫着工面積
5-9) 運行動態管理
5-10) 大規模物流施設竣工状況
5-11) 移動電話
5-12) センサーUWBデバイス

-6. 農林水産業用途

6-1) 冷凍食品の製造工場
6-2) 食品製造業
6-3) 沿海地区漁協数
6-4) 家畜(鶏+豚+肉用牛+乳用牛)飼養戸数
6-5) 農地リースによる民間の農業参入企業数
6-6) エネファームメーカー販売台数
6-7) 園芸用施設(ガラス室+ハウス+雨除け栽培)
6-8) 加温設備の種類別(加温面積+石油利用など以外の加温面積)設置実面積
6-9) 省エネルギー装置等
6-10) 農家戸数
6-11) 耕運機(農業機械)
6-12) 道内製造業における事業所数
6-13) 田畑、水田の作付面積
6-14) 産地数
6-15) 養液栽培施設の設置実面積
6-16) 植物工場+一般農家における生産面積(栽培している面積)

-7. 防犯・防災用途

7-1) セキュリティシステム
7-2) 警備員
7-3) マンション
7-4) ネットワークカメラ
7-5) エマージェンシーコール
7-6) 高齢者
7-7) センサー等を使った見守りサービス(象印、東京ガス、パナソニック、アートデータ)
7-8) シニア向け分譲マンション
7-9) サービス付き高齢者向け住宅
7-10) こども
7-11) 機械警備業務の対象施設
7-12) 防災行政無線で緊急地震速報を放送可能な市町村
7-13) 地震専用受信端末
7-14) 緊急地震速報訓練参加自治体(防災行政無線などで住民に伝達する自治体)
7-15) 河川(一級河川、二級河川、準用河川)の総延長距離
7-16) 高感度地震計(国立大学、防災科学技術研究所、海洋研究開発機構、産業技術総合研究所、気象庁)
7-17) 消防団員
7-18) 自主防災組織
7-19) 緊急避難場所・施設

-8. IT・通信用途

8-1) 国内PCサーバー
8-2) PC
8-3) PDA
8-4) 次世代スマートテレビ+インターネットTV・スマートテレビ
8-5) ウェアラブル端末
8-6) 据置型家庭用ゲーム機
8-7) 携帯型家庭用ゲーム機
8-8) デジタルキオスク端末
8-9) スイッチ製品(L2、L3、外部電源供給付)
8-10) タブレット・電子書籍専用端末
8-11) 国内データセンター総床面積推移
8-12) 固定電話サービス用モデム
8-13) デジタルサイネージシステム向けの主要ディスプレイ
8-14) FPU(用途 : マラソンの生中継(局数実績))
8-15) デジタル特定ラジオマイク(局数実績)
8-16) 特定小電力ラジオマイク(B型)
8-17) MCA(局数実績)
8-18) パーソナル無線(局数実績)
8-19) RFID(アクティブタイプシステム+パッシブタイプのリーダ/ライタ)
8-20) ルーター
8-21) クックパッド(プレミア会員数の推移)
8-22) スマートフォン+フィーチャーフォン
8-23) リユース情報機器

-9. 医療・介護・健康用途

9-1) AED
9-2) 通信用途UWB無線システム
9-3) 看護師、准看護師
9-4) 訪問看護ステーション
9-5) オーダリング/電子カルテの導入医療機関
9-6) 診療所施設
9-7) 歯科診療所施設
9-8) 医療機器
9-9) 一般診療所
9-10) 日本の医療機器製造業における従業者
9-11) 救急医療施設
9-12) 在宅療養支援診療所
9-13) 要介護度別認定者
9-14) 介護福祉士の登録者
9-15) 有料老人ホームの施設数
9-16) 訪問介護事業所
9-17) 訪問介護従業者
9-18) グループホームの障害種類別利用者
9-19) ケアホームの障害種類別利用者
9-20) 居宅介護の障害種類別利用者
9-21) 短期入所の障害種類別利用者
9-22) 宿泊型自立訓練の障害種類別利用者
9-23) 就労系障害福祉サービス(就労以降新事業+就労継続支援A型+就労継続支援B型)の障害種類別利用者
9-24) 新規開発フィットネスクラブ
9-25) ヘルスケア機器(オムロン)×WellnessLINK
9-26) マッサージチェア
9-27) 病院
9-28) 家庭用電気磁気治療器
9-29) 血圧計
9-30) 社会体育施設と民間体育施設
9-31) 総合型地域スポーツクラブ(育成クラブ)
9-32) スポーツ施設
9-33) 心拍計
9-34) 体温計(婦人用体温計)

-10. ビジネス・オフィス用途

10-1) エネファーム
10-2) 業務用建築物(ストックベース)
10-3) BEAMSアグリゲータ事業の主なターゲット層=高圧小口需要家
10-4) 国内に設置されたエレベーター
10-5) オフィス着工戸数
10-6) ビルディングオートメーション(BAS)
10-7) 特定建築物
10-8) オフィスビルストック(床面積)
10-9) 業務用(パッケージ)エアコン
10-10) オフィス機器(複合機・複写機、ページプリンタ、データプロジェクタ)
10-11) コーヒーメーカー
10-12) B2B営業マン
10-13) 中小企業・小規模事業者
10-14) 非1次産業企業数(大・中・小企業)

-11. 交通・輸送用途

11-1) EV/PHVスタンド(充電設備設置数)
11-2) 電気自動車/ハイブリッド自動車の保有概算値
11-3) カーシェアリング会員数
11-4) レンタサイクル台数
11-5) カーナビ
11-6) タクシー車両
11-7) 営・自別トラックおよび特種(殊)用途車
11-8) トラック運送事業従業員
11-9) デジタルタコグラフ+運行動態管理+リース車両用テレマティクス+ドライブレコーダー+複合機
11-10) 乗合バス+貸切バス
11-11) 交通信号機
11-12) 道路標識
11-13) VICSユニット
11-14) 国道の管理延長
11-15) 自動車
11-16) 全国の認証工場(自動車整備業界)
11-17) ETC車載器
11-18) ITSスポットサービス
11-19) 駐車場(月極駐車場、住宅の倉庫、小規模路外駐車場 : 500㎡未満以外)
11-20) 道路の総延長距離
11-21) スポーツ&GT(上位10車種での)
11-22) フェラーリ販売台数
11-23) バイク(二輪車販売台数)
11-24) 空港(空港数)
11-25) 日本籍船舶(乾貨物船+タンカー+その他)量
11-26) 海運業+漁業の船員
11-27) プレジャーボート保有隻数
11-28) 鉄道、電車<JR、JR以外>(鉄道車両数)
11-29) 飛行機(国内機数)

-12. コンシューマ用途

12-1) 日本における世帯総数推計
12-2) 住宅用太陽光発電 年間購入世帯数
12-3) 新築住宅需要に占めるスマートハウス戸数
12-4) デジタルフォトフレーム
12-5) ドアホン
12-6) ネットワーク家電
12-7) 総住宅数
12-8) 温水給湯暖房器
12-9) 暖房機器
12-10) 石油ストーブ
12-11) 家電機器(主要11品目)
12-12) 15歳未満の人口(玩具市場に影響)
12-13) VTR、DVDプレーヤ、DVDレコーダ
12-14) BDレコーダー・BDプレイヤー
12-15) 自転車
12-16) テレビ(ブラウン管+薄型)
12-17) カメラ(フィルム+デジタル)

-13. 施設・設備用途

13-1) シンクライアント専用端末
13-2) Juniper Networks製品
13-3) 物品賃貸業
13-4) モータ(三相誘導電動機)
13-5) 不動産業の事業所数
13-6) 借家戸数(公営・公団・公社借家、民営借家)
13-7) ビルディング賃貸×事務所床面積
13-8) オフィス(ストック)×床面積
13-9) 保守点検業務委託ありの診療所数
13-10) 建物サービス業×事業所数
13-11) Siセンサーコンロ
13-12) 離床センサー
13-13) 次世代自動車
13-14) 自動車
13-15) 自動車保有台数
13-16) ハイブリッド自動車・電気自動車
13-17) 業務用換気センサ
13-18) タイムレコーダ
13-19) 宅配ボックス
13-20) 自動サービス機(コインロッカー、両替機、パーキングメーター)
13-21) 電力メータの総設置台数(国内)
13-22) スマートメータ設置計画
13-23) 機械式駐車装置
13-24) (ボイラ+冷凍機+冷却塔)設置台数
13-25) 冷凍機(業務用空調機器+小型冷凍冷蔵庫+チリングユニット+中型冷凍冷蔵庫+大型冷凍冷蔵庫)の設置台数
13-26) 圧縮機
13-27) 社会福祉施設
13-28) 設置者別スポーツ施設数(総計)
13-29) 照明器具
13-30) 医療機器(マンモグラフィー、PET、マルチスライスCTなど)
13-31) 特殊診療設備の保有状況
13-32) 節水トイレ
13-33) スマートHEMS販売台数
13-34) 家庭用エアコン
13-35) 業務用空調機器(店舗用エアコン)
13-36) 業務用空調機器(パッケージエアコン)
13-37) 業務用空調機器(設備用エアコン)
13-38) 業務用空調機器(スポットエアコン)
13-39) 業務用空調機器(セントラル空調)
13-40) 業務用冷凍冷蔵機器(冷凍冷蔵ショーケース)
13-41) 業務用冷凍冷蔵機器(業務用冷凍冷蔵庫+製氷機+冷水機)
13-42) 業務用冷凍冷蔵機器(車載用冷凍冷蔵ユニット)
13-43) ルームエアコン
13-44) 業務用冷凍空調機器

-14. その他用途

14-1) アミューズメント施設
14-2) カラオケボックス(カラオケボックスルーム)
14-3) ゲームセンター(ゲームセンター等の営業所数)
14-4) 業務用フォトプリンタ
14-5) 映画館
14-6) 博物館
14-7) 公園
14-8) 温泉
14-9) 青少年教育施設
14-10) 温泉施設
14-11) 旅行会社(代理業を含む)
14-12) ホテル、旅館の室数
14-13) 遠隔教育(通信制大学における学生数推移)
14-14) 学校(幼稚園~大学まで)
14-15) CD・ATM設置台数
14-16) クレジットカード
14-17) 業務用端末装置(カード決済端末)
14-18) 自動車保有台数
14-19) インターネットバンキング
14-20) モバイルバンキング
14-21) 金融業・保険業の事業所
14-22) 金融端末装置
14-23) POS端末
14-24) KIOSK端末
14-25) おサイフケータイ累計会員数
14-26) 指紋認証機能搭載端末
14-27) 個人保険の種類別新契約件数

  III. 公開統計抽出 編
 ~ M2Mの用途・適用分野×大分類14セグメント別 ~

1. 環境・エネルギー用途

[エネルギー用途]
(1) LPガス
 <1>需給量の推移
 <2>世帯数、年間販売量の推移
(2) 電力メーター/ガスメーター/水道メーター/エネルギー需給
 <1>取り付け数の推移
 <2>都市ガスメーター取り付け数の推移
 <3>生産数、販売数の推移
 <4>コージェネレーション設備の導入実績の推移
(3) 環境発電(新エネルギー供給量の推移)
(4) ガス事業者(ガス事業者数と設置状況の推移)
(5) キュービクル(受変電設備)の需要動向
(6) スマートグリッド(スマートメーター導入計画)
(7) スマートメーター(普及台数の推移)
(8) プロパンガス供給装置(プロパンガス×国内流通経路)
(9) プロパンガス供給装置(プロパンガス×都道府県別総世帯数とLPガス消費世帯数)
(10) 屋内電力制御(変電所など) (変電所 統計 : 東京電力)
(11) 火力・原子力発電(発電量の推移)
(12) 再生可能エネルギー
 <1>再生可能エネルギーによる一次エネルギー供給の供給実績の推移
 <2>バイオマス発電導入量の推移
(13) 自然エネルギー(自然エネルギーによる発電量の推移)
(14) 集合住宅(共同住宅)<1>~<7>
(15) 水力発電(水力発電による発電量の推移)
(16) 送電線
 <1>送電線の長さと鉄塔の数
 <2>電圧別送電設備一覧表
(17) 太陽光発電
 <1>太陽電池の生産量の推移
 <2>太陽光発電システム導入数の推移
 <3>住宅用太陽光発電システム導入数の推移
 <4>太陽光発電市場の推移
 <5>住宅用発電システムの数量推移
 <6>ソーラーシステム販売・施工実績の推移
(18) 配電システム(送配電システムの全体像)<1><2>
(19) 発電所(発電所数と最大出力の推移)
(20) 風力発電(風力発電導入量の推移)

[環境用途]
(1) ウェザーステーション(ウェザーステーション(気象台)の数)
(2) ソーラーパネル(モジュール統計)<1>~<3>
(3) 屋上緑化(施工面積の推移)
(4) 緑地化(壁面緑化の施工面積の推移)
(5) 温度計
 <1>各種統計
 <2-1>~<2-3>圧力計・金属製温度計の現状
(6) 環境計測(環境計測機器の生産数、販売数の推移)
(7) 気象情報収集(気象情報提供事業者数の推移)
(8) CO2濃度(大気中CO2濃度と人為的排出量の推移※世界)
(9) 自然保護
 <1>自然公園数・年間利用者数の推移
 <2>国立公園許可申請件数(環境省許可分)の推移
(10) 放射線測定(放射線測定器の生産数の推移)

2. 産業用途

[土木・建設業用途]
(1) 建機
 <1>中古車発生台数、再販数の推移
 <2>盗難台数の推移
 <3>主要建設機械の推定保有台数の推移
 <4>建設機械の生産台数の推移
 <5>中古車発生台数、新車販売台数、中古車需要台数の推移
(2) 建設現場
 <1>建設事業者の許可業者数の推移
 <2>建設業就業者数の推移
(3) 工事(業者数)
(4) 重機
 <1>主要商品 直近の需要
 <2>中古車事業・マーケットの状況
(5) 大型建設用機器(油圧ショベル 国内出荷台数推移)

[工業・製造業用途]
(1) FA機器
 <1>FAカメラの台数の推移
 <2>ファクトリーオートメーション用計測制御機器の生産台数の推移
(2) 産業用車両(産業車両生産実績の推移)
(3) プロセスオートメーション(プロセス監視制御システムの生産台数、出荷台数の推移)
(4) ロボット
 <1>産業用ロボットの稼働台数の推移
 <2>各種ロボットの生産台数の推移
(5) 溶接機
 <1>各種溶接機の生産台数の推移
 <2>各種溶接機の生産台数の推移
(6) 灯油タンク残量管理システム
 <1>LPガス集中監視普及推計
 <2>LPガス業界の物流
 <3>超音波LPガスメーターの出荷台数
(7) 工作機械/工業計器
 <1>金属工作機械の生産台数、販売台数の推移
 <2>その他の金属工作機械の生産台数、販売台数の推移
 <3>その他の数値制御工作機械の生産台数、販売台数の推移
 <4>他に分類されない工作機械の生産台数、販売台数の推移
 <5>電気計器の生産台数、販売台数の推移
 <6>指示計器の生産台数、販売台数の推移
 <7>電力量計の生産台数、販売台数の推移
(8) 工場(工場の立地件数と立地面積の推移)
(9) 産業計測(計測機器・測定機器の生産台数、販売台数の推移)
(10) 絶縁監視(オムロン×絶縁監視システム×出荷台数)
(11) 組立機械(組立用装置の生産台数、販売台数の推移)

3. 社会インフラ・公共用途

[構造物用途]
(1) ダム
 <1>ダム事業数の推移
 <2>国土交通省管理ダム数の推移
(2) トンネル(トンネルの工事数の推移)
(3) 橋梁
 <1>道路橋の累計数の推移
 <2>通行止め・通行規制橋梁の数の推移
 <3>道路橋の建設年度別設置状況
(4) 建物
 <1>~<13>戸数など
(5) 構造物
 <1>駅
 <2>道路、高速道路
 <3-1><3-2>空港
 <4>ダム
 <5>オフィスビル
 <6>港湾
 <7-1><7-2>工場

[インフラ用途]
(1) インフラ、社会インフラ<1>~<4>
(2) 水道管
(3) 上下水道の管理(上下水道管理の自治体の数)
(4) 街灯
(5) 都市(政令指定都市)

[自治体用途]
(1) 電子政府(国の行政機関が扱う申請・届出等手続のオンライン利用状況の推移)

4. 小売・流通業用途

[飲食・サービス業用途]
(1) 飲食業
 (1) 飲食店営業施設数の推移
 (2) ファーストフード(店舗数、前年比)
(2) 宅配、ピザの配達<1><2>
(3) 証明写真(業務用フォトプリンタの国内出荷台数の推移)
(4) ホテル(ホテル・旅館の施設数、室数の推移)

[小売業・流通業用途]
(1) POS
 <1>JAN型POSシステム導入店舗数 ・ 台数の推移
 <2>POS ターミナル市場規模の推移
 <3>食品スーパーのPOSシステム導入状況の推移
 <4>総合・食品スーパーのセルフPOSテム導入状況の推移
(2) アパレル<1>~<4>
(3) キオスク(デジタルキオスク端末のタイプ別設置台数の推移)
(4) コンビニ
 <1>コンビニエンスストアの店舗数、客数の推移
 <2>コンビニエンスストアの販売額と店舗数の推移
(5) ショッピング(ショッピングセンターの数の推移)
(6) チェーン店を展開している薬局(ドラッグストア店舗数の推移)
(7) 店舗用冷凍庫(業務用冷蔵庫・冷凍庫の出荷台数の推移)
(8) レジ(POSターミナル市場規模推移 : 数量ベース)
(9) ハンディターミナル(ハンディターミナルの出荷台数の推移)
(10) ポイントカードサービス
 <1>Pontaカード会員数、取引件数の推移
 <2>Tポイントカード会員数の推移
(11) 顧客管理、認証
 <1>CRM年間新規導入社数の推移
 <2>生体認証装置の数の推移
(12) 自動販売機
 <1>普及台数の推移
 <2>清涼飲料自販機の普及台数の推移
 <3>タバコ自販機の設置台数の推移
(13) 店舗、商店
 <1>小売店舗数の推移
 <2>チェーンストア月別販売金額と店舗数の推移
 <3>百貨店販売額と店舗数の推移
(14) 照明写真
(15) ホテル
(16) 商業ビル、商業施設(大規模小売店の新設届出件数、床面積の推移)
(17) 商店街
(18) 電子POP(電子POPの市場規模の推移)
(19) RFID、無線ICタグ(RFID、リーダライタの数の推移)
(20) 流通(卸・メーカーの流通BMS導入企業数推移)

5. 物流業・運送業用途

(1) パレット(レンタルパレット保有数量 2013年度発表)
(2) コンテナ(コンテナ貨物量、申告件数の推移)
(3) 運送業車両/運送業
 <1>営・自別トラックおよび特種(殊)用途車保有台数の推移
 <2>貨物自動車運送事業者数の推移
(4) 貨物
 <1>国内航空貨物量の推移
 <2>宅配便等取扱個数の推移
 <3>港湾取扱貨物量の推移
(5) 港湾
 <1>コンテナ取扱港数の推移
 <2>港湾数一覧、港湾数の推移
(6) 産業用PDA(業務用PDAの数の推移)
(7) 倉庫
 <1>冷蔵倉庫(営業用)事業所数、所管容積の推移
 <2>品目別入庫量の推移
 <3>倉庫の建築棟数・平均床面積の割合の推移、大規模曽倉庫着工面積の推移
(8) 物流システム/物流現場
 <1>運行支援(運行動態管理)の出荷台数の推移
 <2>大規模物流施設竣工状況の推移
(9) 位置情報端末
 <1>移動電話 国内出荷実績
 <2>移動電話 国内出荷実績
 <3>スマートフォン比率
 <4>移動電話 国内出荷台数推移
 <5>移動電話 国内出荷台数推移、スマートフォン内訳
 <6>携帯電話、PHS契約数、携帯電話IP接続サービス契約数
(10) 追跡システム
 <1>センサーUWBデバイス需要予測
 <2>センサーUWB無線システムの需要予測及び普及密度について

6. 農林水産業用途

[食の安全用途]
(1) トレーサビリティ(トレーサビリティ・システムの導入状況の推移)
(2) 食品
 <1>冷凍食品の消費量の推移
 <2>冷凍食品品目別生産量の推移
 <3>水産加工品の生産量の推移
 <4>麦加工食品の生産量の推移
 <5>食料の生産量の推移
(3) 食品工場
 <1>冷凍食品の製造工場数の推移
 <2>食品製造業におけるHACCP手法の導入状況の推移

[畜産業・漁業用途]
(1) 漁業
 <1>漁業・養殖業の生産量の推移
 <2>沿海地区漁協数・合併参加漁協数の推移
(2) 家畜(家畜・鶏飼養戸数及び飼養頭羽数の推移)
(3) 畜産業、酪農(酪農・畜産部門農家の数の推移)

[農業用途]
(1) アグリ(農地リースによる民間の農業参入企業数推移)
(2) スマートファーム(エネファームメーカー販売台数)
(3) ビニールハウス、ハウス栽培、施設園芸農業
 <1>園芸用施設の設置実面積及び栽培延べ面積の推移
 <2>加温設備の種類別設置実面積の推移
 <3>省エネルギー装置等の普及の推移
(4) フィールドサーバ(我が国の農業をめぐる状況)
(5) 耕運機(農業機械 生産、出荷、在庫実績の推移)
(6) 植物工場(全国植物工場の分布図)
(7) 食糧加工機(道内製造業における事業所数の推移)
(8) 田畑、水田
 <1>水稲の作付面積と収穫量の推移
 <2>耕地および作付面積の推移
(9) 農業
 <1>農家の数の推移
 <2>農業生産工程管理(GAP)の導入産地数の推移
(10) 農作物(野菜の収穫量および出荷量の推移)
(11) 野菜工場
 <1>園芸用ガラス室ハウス設置実面積の推移
 <2>養液栽培施設の設置実面積の推移
 <3>レタス類の生産規模 : 植物工場と一般農家

7. 防犯・防災用途

[防犯・セキュリティ用途]
(1) 防犯
 <1>住宅を対象とした侵入窃盗の認知件数と検挙件数の推移
 <2>侵入窃盗件数の推移
 <3>セキュリティシステムの契約件数の推移
(2) セキュリティ業界
 <1>警備業者数の推移
 <2>警備員数の推移
 <3>機械警備業者数の推移
(3) マンション(マンション販売戸数の推移)
(4) 安全・監視(ネットワークカメラ出荷台数推移)
(5) 安否確認(エマージェンシーコール 累計実績)
(6) 監視カメラ(ネットワークカメラの出荷台数の推移)
(7) 警備(警備員数)
(8) 高齢者の見守り
 <1>高齢者の人口の推移
 <2>センサー等を使った見守りサービスの加入者数の推移
 <3>一人暮らしの高齢者数の推移
 <4>シニア向け分譲マンションの供給の推移
 <5>サービス付き高齢者向け住宅の登録状況の推移
(9) 子供(こどもの数および総人口に占める割合の推移)
(10) 防犯装置(警備業務の対象施設数)

[防犯・防災用途(2) ]
 (1) 緊急警報システム
  <1>防災行政無線で緊急地震速報を放送可能な市町村数の推移
  <2>予報業務許可事業者数、専用受信端末の出荷台数の推移
  <3>緊急地震速報訓練参加自治体数の推移
 (2) 河川(河川管理施設における損傷・事故等の発生状況の推移)
 (3) 地震計測(河川管理施設における損傷・事故等の発生状況の推移)
 (4) 緊急通報(サービス付き高齢者住宅件数推移)
 (5) 災害(平成24年における死亡災害発生状況)<1>~<2>
 (6) 災害(自然災害による死者・行方不明者数の推移)
 (7) 消防
  <1>消防団員数の推移
  <2>自主防災組織の推移
 (8) 災害対策(緊急避難場所等の指定状況の推移)

8. IT・通信用途

[IT・通信用途]
(1) PC、サーバ
 <1>国内PCサーバー市場推移
 <2>PC出荷台数の推移
 <3>PC出荷台数の推移
(2) PDA(PDA出荷台数の推移)
(3) インターネットTV(スマートテレビ保有世帯数の推移、予測)
(4) ウェアラブルモニタ(ウェアラブル端末の販売台数の推移、予測)
(5) ゲーム(据置型家庭用ゲーム機)
(6) ゲーム(携帯型ゲーム機)
(7) コンテンツ配信端末
 <1>タブレット端末 数量ベースでの市場規模推移
 <2>デジタルキオスク端末×TOTAL×数量ベースでの市場規模推移
(8) スイッチ(スイッチ製品×TOTAL×数量ベースでの市場規模推移)
(9) タブレット端末(タブレット・電子書籍専用端末の販売台数の推移、予測)
(10) データセンター(国内データセンター総床面積推移と予測)
(11) モデム(固定電話サービス用モデム 累計出荷台数)
(12) デジタルサイネージ(デジタルサイネージシステム向けの主要ディスプレイ(TOTAL)の市場規模の推移、予測)
(13) マラソンの生中継(局数実績)<1>~<5>
(14) ルーター(国内市場規模推移×数量ベース)<1><2>
(15) クックパッド(プレミア会員数、訪問者数の推移)
(16) 携帯電話、スマートフォン
 <1>携帯電話契約数とスマートフォン個人普及率の推移、予測
 <2>携帯電話端末、スマートフォンの販売台数の推移、予測
(17) 情報機器(リユース情報機器販売台数×数量ベース)<1>~<4>

9. 医療・介護・健康用途

[医療用途]
 (1) AED遠隔監視
  <1>AEDの普及台数の推移
  <2>AEDの新規購入台数の推移
 (2) ボディエリアネットワーク
  <1>通信用途UWB無線システムの出荷台数
  <2>通信用途UWBの普及予測
 (3) 看護
  <1>看護師, 准看護師の数の推移
  <2>訪問看護ステーション数と利用者数の推移
 (4) カルテ(オーダリング/電子カルテの導入医療機関の数の推移)
 (5) 救急搬送
  <1>救急出動件数の推移
  <2>救急搬送人員数の推移
 (6) 医療機関
  <1>病院施設数の推移
  <2>診療所施設数の推移
  <3>歯科診療所施設数の推移
 (7) 医療機器(医療機器市場規模の推移)
 (8) 遠隔医療(遠隔医療システムの導入件数の推移)
 (9) 家庭用医療機器
  <1>日本の医療機器製造業
  <2>米国の医療機器製造業
 (10) 災害医療(救急医療体制の整備状況の推移)
 (11) 在宅医療(在宅療養支援診療所・病院の届出数の推移)

[介護・福祉用途]
 (1) 介護、介護医療
  <1>要介護度別認定者数の推移
  <2>介護福祉士の登録者数の推移
 (2) 介護施設
  <1>有料老人ホームの数および定員数の推移
  <2>有料老人ホームの開設数・施設数の推移
 (3) 在宅介護(訪問介護員、訪問介護事業所数の推移)
 (4) 福祉サービス
  <1>グループホーム・ケアホームの障害種類別利用者数の推移
  <2>居宅介護・短期入所・宿泊型自立訓練の障害種類別利用者数の推移
  <3>就労系障害福祉サービスの障害種類別利用者数の推移

[ヘルスケア用途]
 (1) フィットネス(新規開発フィットネスクラブ数の推移)
 (2) ヘルスケア機器
  <1>オムロン
  <2>マッサージチェア年間 出荷台数
  <3>遠隔医療システム 導入状況
  <4>遠隔医療市場
  <5>e-Healthデバイス×世界出荷台数
  <6>家庭用電気磁気治療器×累計出荷台数
 (3) 血圧計
  <1>血圧計販売台数推移
  <2>血圧計×グローバルシェア
  <3>血圧計×累計販売台数
 (4) スポーツジム
  <1>社会体育施設数と民間体育施設数の推移
  <2>総合型地域スポーツクラブ育成クラブ数と育成率の推移
  <3>スポーツ施設の数の推移
 (5) 心拍計(心拍計×年間市場規模)
 (6) 体温計(婦人用体温計)

10.ビジネス・オフィス用途

[オフィス・ビル用途]
 (1) BEMS
  <1>BEMS事業の効果事例
  <2>エコ見える化システム×年間販売台数
  <3>エネファーム累計販売台数推移
  <4-1>ICT機器、ネットワークの消費電力量
  <4-2>新聞の電子ペーパー化
  <4-3>超臨場感システムによる海外出張の軽減
  <4-4>プロアクティブHEMS、プロアクティブBEMS
  <5-1>業務用建築物(ストックベース)
  <5-2>BEAMS導入による中小ビルなどの省エネ・節電
  <5-3>BEAMSアグリゲータ事業の主なターゲット層
  <5-4>エネルギー管理システム導入促進事業(BEAMS)
 (2) エレベータ(国内に設置されたエレベーターの台数推移)
 (3) オフィス
  <1>新規供給面積・新規需要面積と空室率(東京23区)の推移
  <2>事務所着工面積の推移(首都圏・大阪・愛知)
  <3>オフィス着工戸数の推移
  <4>東京23区の大規模オフィスビルの供給量推移
 (4) スマートビル
  <1>ビル(大規模・中規模・小規模)の定義
 (5) ビルディングオートメーション(BAS市場規模推移と将来予測)
 (6) ファシリティ
  <1>平成15年度特定建築物棟数
 (7) オフィス
  <1>オフィスビルストック
  <2>竣工年次別のストック量
  <3>竣工年次別のストック量
  <4>築後年別集計
  <5>規模別集計
  <6>最近3か年の新築ビル・取り壊しビル
  <7>新築・取壊量、今後の竣工予定
  <8>今後のオフィスビル開発計画(延床面積3万㎡以上)

[オフィス機器・設備用途]
 (1) エアコン(業務用(パッケージ)エアコンの国内出荷台数と輸出台数の推移)
 (2) オフィス機器(事務機械の出荷台数の推移)
 (3) 業務用コーヒーマシン
  <1>コーヒーメーカー市場台数
 (4) 複合機
  <1>複写機・複写複合機 国内販売台数推移
 (5) MFP
  <1>MFP市場規模推移(数量ベース)
 (6) プリンタ
  <1>国内インクジェットプリンタ 市場規模推移(数量ベース)

[ビジネス・業務用途]
 (1) 営業
  <1>B2B営業マンの数
 (2) 企業
  <1>中小企業・小規模事業者数
  <2>企業数
  <3>企業数
  <4>中小企業数
  <5>中小企業数
 (3) 広告
  <1>新聞発行部数および雑誌推定発行部数の推移
  <2>スマートフォン広告・フィーチャーフォン広告(ピクチャー広告)の出稿広告主数の推移
 (4) 廃棄物管理
  <1>産業廃棄物の排出状況の推移
  <2>総排出量、再生利用量、減量化量及び最終処分量の推移

11.交通・輸送用途

[自動車関連用途]
 (1) EV/PHVスタンド(充電設備設置数の推移)
 (2) 電気自動車(充電設備設置数の推移)
 (3) カーシェアリング(カーシェアリング車両台数と会員数の推移)
 (4) レンタサイクル(レンタサイクル事業者数及び台数の推移)
 (5) カーナビ(カーナビの出荷台数の推移)
 (6) タクシー会社(タクシー事業者数及び車両数の推移)
 (7) タクシー、トラック(営・自別トラックおよび特種(殊)用途車保有台数の推移)
 (8) タクシー、トラック(トラック輸送量の推移(トンベース)、トラック運送事業従業員数の推移)
 (9) テレマティクス(商用車向けテレマティクス端末5品目別出荷台数の推移)
 (10) バス(バスの車両数、輸送人員及び走行キロの推移)
 (11) 信号機
  <1>交通信号機の設置状況の推移
  <2>道路標識の設置状況の推移
 (12) 交通システム
  <1>VICSユニットの出荷台数累計
  <2>カーナビの出荷台数累計
 (13) 高速道路(路面管理)
  <1>国道の維持管理費及び管理延長の推移
  <2>高速道路の渋滞発生状況の変化
 (14) 自動車 (自動車保有台数の推移)
 (15) 車載システム
  <1>VICS車載機の出荷台数の推移
  <2>ETC利用率、利用台数の推移
 (16) 車体整備業界(全国の認証工場数と自動車整備業界の売上高の推移)
 (17) 車両運行システム
  <1>商用車向けテレマティクス<運行動態管理+デジタルタコグラフ+ドライブレコーダー+リース車両用テレマティクスなど>市場規模推移(数量ベース)
  <2>VICSユニットの累積出荷台数推移
  <3>ETC車載器のセットアップ数
  <4>カーナビ・VICS・ETCの普及
  <5>ITS推進に関する全体構想の9分野
  <6>カーナビの普及
  <7>VICSの普及
  <8>ETCの普及
  <9>ITSスポットサービスの展開
 (18) 駐車場(駐車場整備状況の推移)
 (19) 道路
  <1>道路の総延長距離

[その他用途]
 (1) F1レースカー
  <1>スポーツ&GT 販売台数
  <2>フェラーリ 販売台数
 (2) バイク(二輪車販売台数の推移)
 (3) 空港(空港数の推移)
 (4) 船舶
  <1>日本籍船船量の推移
  <2>商船の船員数の推移
  <3>プレジャーボート保有隻数の推移
 (5) 鉄道、電車(鉄道車両数の推移)
 (6) 飛行機
  <1>飛行機(国内機数)

12. コンシューマ用途

(1) HEMS
 <1>日本における世帯数推計
 <2>住宅用太陽光発電 年間購入世帯数
(2) スマートハウス
 <1>新築住宅需要に占めるスマートハウス戸数(2020年予測)
 <2>日本型スマートハウス普及拡大に向けたアクションプラン
(3) デジタルフォトフレーム(デジタルフォトフレームの販売数の推移(推定))
(4) ドアホン
 <1>ドアホン×市場規模推移(数量ベース)
(5) ホームネットワーク
 <1>ネットワーク家電×市場規模推移(数量ベース)
(6) 住宅
 <1>住宅数の推移
 <2>持家着工数と戸建注文景況感指数の推移
(7) 暖房器
 <1>ガス機器×国内出荷数量推移(数量ベース)
 <2>ガス機器×国内出荷数量推移(数量ベース)
(8) 暖房器
 <1>石油機器×国内出荷数量推移(数量ベース)
 <2>石油機器×国内出荷数量推移(数量ベース)
(9) 家電機器
 <1>家電機器の生産台数の推移
 <2>家電機器の出荷台数の推移
(10) 玩具
 <1>玩具・ゲーム類の輸入推移
 <2>玩具・ゲーム類の輸入推移
 <3>少子化による影響
 <4>子供関連産業への影響
(11) ハードディスク・レコーダー
 <1>DVDレコーダーの伸長
 <2>2011年におけるレコーダー・プレイヤー市場規模(数量ベース)
 <3>BDレコーダー・プレイヤーの国内市場規模(数量ベース)
(12) 自転車
 <1>1店あたりの車種別販売台数
 <2>1店あたりの車種別販売台数
(13) デジタル家電
 <1>テレビ、DVD-ビデオの国内出荷台数の推移
 <2>カメラの国内出荷台数の推移
(14) 電子書籍、電子書籍端末(電子書籍の市場規模の推移、予測)

13. 施設・設備用途

[サービス・メンテナンス用途]
 (1) クライアント端末
  <1>シンクライアント専用端末×国内出荷台数推移
 (2) リモートメンテナンス
  <1>Juniper Networks製品の累計出荷台数
 (3) リース業
  <1>物品賃貸業
 (4) 金属加工機械
  <1>モータ 出荷台数
 (5) 不動産・ビル
  <1>不動産業の法人数
  <2>資本金別法人数
  <3>不動産業の事業所数
  <4>不動産業の従業者数
  <5>借家戸数の推移
  <6>ビルディング賃貸×事務所床面積の推移
  <7>オフィス(ストック)×床面積の推移
 (6) 保守点検
  <1>医療機器×保守点検業務委託あり診療所数
  <2>建物サービス業×事業所数

[監視・制御用途]
 (1) センサ
  <1>Siセンサーコンロ累計出荷台数
  <2>離床センサー年度別出荷台数伸長
  <3-1>次世代自動車など出荷台数
  <3-2>自動車販売台数
  <3-3>自動車保有台数
  <3-4>ハイブリッド自動車・電気自動車の保有台数
  <3-5>業務用換気センサの普及台数
 (2) タイムレコーダ
  <1>2011年 事務機器自主統計品目別出荷実績及び、2012年、2013年需要予測
  <2>2011年 事務機器自主統計品目別出荷実績及び、2012年、2013年需要予測
 (3) ロッカー、無人ロッカー
  <1>宅配ボックス
  <2>自動サービス機(コインロッカー)
 (4) メータ
  <1>電力メータの総設置台数(国内)
  <2>2014年度 設置分のスケジュール
  <3>スマートメータ設置計画
 (5) 機械装置
  <1>機械式駐車装置の普及状況
 (6) 空調
  <1>ボイラ設置台数
  <2>冷凍機の設置台数
  <3>冷却塔の設置台数
  <4>その他
  <5>その他
 (7) 施設
  <1>社会福祉施設数
  <2-1>設置者別スポーツ施設数
  <2-2>設置者別スポーツ施設数
  <2-3>設置者別スポーツ施設数
 (8) 照明(照明器具の生産・出荷(販売)数の推移)
 (9) 設備機器
  <1>医療機器の設置状況
  <2>特殊診療設備の保有状況
  <3>節水トイレの累計出荷台数
  <4>スマートHEMS販売台数
  <5>家庭用エアコン×国内出荷台数
  <6>業務用空調機器×国内出荷台数
  <7>業務用空調機器×国内出荷台数
  <8>業務用空調機器×国内出荷台数
  <9>業務用空調機器×国内出荷台数
  <10>業務用冷凍冷蔵機器×国内出荷台数
  <11>業務用冷凍冷蔵機器×国内出荷台数
  <12>業務用冷凍冷蔵機器×国内出荷台数
  <13>ルームエアコン×国内出荷台数推移
  <14>業務用冷凍空調機器×国内出荷台数推移

14. その他用途

[レジャー・娯楽用途]
 (1) アミューズメント施設(アミューズメント施設の立地形態別店舗数 の推移)
 (2) カラオケボックス(カラオケ参加人口、カラオケボックスルーム、施設数の推移)
 (3) ゲームセンター(ゲームセンター等の営業所数の推移)
 (4) プリントシール機(業務用フォトプリンタ国内出荷台数の推移)
 (5) レジャー
  <1-1>映画館数
  <1-2>映画館数
  <2-1>博物館数
  <2-2>博物館数
  <3-1>公園数
  <3-2>公園数
  <4-1>温泉総数
  <4-2>温泉総数
  <5-1>青少年教育施設数
  <5-2>青少年教育施設数
  <5-3>青少年教育施設数
 (6) 温泉施設(温泉施設数の推移)
 (7) 観光、宿泊施設
  <1>旅行業の営業資格種別と業務範囲
  <2>ホテル、旅館の規模

[教育用途]
 (1) 遠隔教育(通信制大学における学生数と学校数推移)
 (2) 授業
  <1>学校数

[金融・保険会社用途]
 (1) ATM(CD・ATM設置台数の推移)
 (2) クレジットカード端末
  <1>クレジットカードの発行枚数の推移
  <2>業務用端末装置(カード決済端末)国内出荷台数の推移
 (3) 自動車
  <1>自動車保有台数
 (4) モバイル電子決済(インターネットバンキング、モバイルバンキングの普及状況の推移)
 (5) 金融機関(業態別の銀行数の長期的推移)
 (6) 金融
  <1>金融業・保険業の事業所数
 (7) 決済端末
  <1>金融端末装置、POS端末、KIOSK端末×出荷台数
 (8) 電子マネー
  <1>電子マネー累計発行数、おサイフケータイ累計会員数
 (9) 認証
  <1>自動認識装置×国内市場規模推移(バイオメトリクスなど)
  <2>情報端末への指紋認証機能搭載
 (10) 保険会社(個人保険の種類別新契約件数の推移)

  IV. 基本ロジック・普及予測根拠 編

「M2M」ビジネス ⇒「通信モジュール」ビジネス ≪M2Mビジネスの中核ビジネスである通信モジュールの販売、通信サービス(回線利用料収入)≫の導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

(1) M2Mビジネス⇒「通信モジュール」ビジネス×平均実績価格 裏付け
<携帯キャリア3社にヒアリング(イニシャライズコストの平均、ランニングコストの平均、2015年度以降の年率推移(予測))>

(2) M2Mビジネス×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測) - 「Japan-VALS2」 アプローチ

(3) 「Japan-VALS2」 アプローチ-×大分類セグメント(14種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP<1><2>
 M2Mビジネス×(用途・適用分野)セグメント別普及率(%)調査結果を反映

(4-1~4-2) 通信モジュールビジネス×携帯キャリア3社の数量(平均シナリオ)・金額(売上)合計推移・予測<20年後までの予測推移(数量ベース)>(2011年11月時点実績~2033年度予測) 表/グラフ(TOTAL推移)

(4-3) 通信モジュールビジネス×携帯キャリア3社の数量(平均シナリオ)・金額(売上)合計推移・予測<10年後までの予測推移(数量ベース)>(2011年11月時点実績~2023年度予測) グラフ(通信キャリア3社×セグメント別推移、シェア)

(4-4~4-6) 通信モジュールビジネス×携帯キャリア3社の数量(平均シナリオ)・金額(売上)合計推移・予測<7年後までの予測推移(金額ベース)>(2011年度実績~2020年度予測) 表/グラフ(TOTAL推移)/グラフ(通信キャリア3社×セグメント別推移、シェア)

1. (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ 編

1) 「通信モジュールサービス」に関する調査(2013年12月9日調査)
 <1>過去からの「契約回線数」推移と分析
 <2>今後20年後までの普及予測(平均シナリオ)
 <3>今後20年後までの普及予測(悲観シナリオ)
 <4>今後20年後までの普及予測(楽観シナリオ)
2)「通信モジュールサービス」に関する調査(2013年12月9日調査)
 <1>通信モジュール単価調査ならびに金額ベースでの売上予測(1) ~(5)

2. KDDI(株) 編

1) 「通信モジュールサービス」に関する調査(2013年12月9日調査)
 <1>過去からの「契約回線数」推移と分析
 <2>今後20年後までの普及予測(平均シナリオ)
 <3>今後20年後までの普及予測(悲観シナリオ)
 <4>今後20年後までの普及予測(楽観シナリオ)
2) 「通信モジュールサービス」に関する調査(2013年12月9日調査)
 <1>通信モジュール単価調査ならびに金額ベースでの売上予測<2020年度までの売上推移予測>(平均シナリオで契約数が増加推移した場合)

3. ソフトバンク(株) 編

1) 「通信モジュールサービス」に関する調査(2013年12月9日調査)
 <1>過去からの「契約回線数」推移と分析
 <2>今後20年後までの普及予測(平均シナリオ)
2)「通信モジュールサービス」に関する調査(2013年12月9日調査)
 <1>通信モジュール単価調査ならびに金額ベースでの売上予測<2020年度までの売上推移予測>(平均シナリオで契約数が増加推移した場合)

商品名
2014年M2Mに関する今後5カ年の対象セグメント別の普及シナリオ予測
発刊
2014年01月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 1,214ページ
[I章: 305ページ/II章: 354ページ/III章: 524ページ/IV章: 31ページ]
備考
※ 一部の章のみの分割/組み合わせ販売はPDF版のみのご提供となります (PDF版はCD-Rに収録)
販売価格

報告書セット [印刷版+PDF版]
1,026,000 円 (税抜 950,000 円+消費税 76,000 円)
報告書 I 章のみ [PDF版]
324,000 円 (税抜 300,000 円+消費税 24,000 円)
報告書 II 章のみ [PDF版]
324,000 円 (税抜 300,000 円+消費税 24,000 円)
報告書 III 章のみ [PDF版]
275,400 円 (税抜 255,000 円+消費税 20,400 円)
報告書 IV 章のみ [PDF版]
102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態 [ESP]
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ