リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2013年版サムスン電子競争力分析

サムスン電子利益率推移, 韓国サムスン業績推移, 韓国サムスン売上構成, 韓国サムスン電子財務分析, 韓国サムスン電子事業戦略, 韓国サムスン電子経営分析 , サムスン電子競争力, 韓国サムスン電子事業領域, サムスン電子マーケティング戦略, 韓国サムスン電子競争力分析

2013年版サムスン電子競争力分析

Clip!

~ [最高収益更新の中の危機意識、未来に備えるサムスンの組織、投資、実績、マーケティング分析] ~

  • オススメ

2013年版サムスン電子競争力分析

2013年版サムスン電子競争力分析

  • 韓国サムスン電子を利益率推移などの財務面から分析!
  • サムスン電子の組織分析、事業領域別の実績や主要製品戦略も解説!
  • マーケティング/ブランド戦略、R&D活動にも言及!
  • 電子製品や半導体事業等のグローバル市場と競合分析・業界研究に!
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!
  • 商品コード: ROA00079

    【資料概要】

    韓国サムスン電子の部門別財務実績分析、組織改編、研究開発、マーケティング戦略、次世代事業まで詳しく解説!

    2012年サムスン電子は、グローバルIT景気の低迷にもかかわらず、前年度比36兆ウォン増の201兆ウォンを記録し、2008年に売上100兆ウォンを突破してから4年間で同200兆ウォンを突破することができた。2006年以降、7年間に渡って毎年史上最高の実績を更新しているのである。しかし、歴代最高を上回る好調な財務実績の影で、同社には業況の変化による既存事業構造への危機意識と成長を持続させるためのプレッシャーが常に付きまとっているのも事実だ。

    本レポート 『2013年版 サムスン電子競争力分析』 では、2012年のサムスン電子の各部門別財務実績分析をはじめ、新たな飛躍を目指す組織改編、R&D、マーケティング、次世代事業などについて詳しくまとめている。

    ▼ 『2013年版 サムスン電子競争力分析』 エグゼクティブサマリー

    2006年度以降、好評のシリーズで発行している本報告書では、半導体と携帯電話、TV、LCDおよびLEDなどを取り扱う総合電子製品、そして部品メーカーとしての側面も持つサムスン電子の主要財務実績と組織、投資、マーケティング、及び未来戦略事業を分析しており、これまでにも多くの企業から参考になるとのお声をいただいた。

    なぜなら、サムスン電子は日本やグローバルな電子製品メーカーが直面する事業環境の急激な変化の中、それら環境に対応しながら安定的な成長を続けているからである。同社は今後も、製造や部品分野だけでなく、様々な企業の戦略樹立においてベンチマーキングの対象になり得るだろう。

    具体的には、サムスン電子は2012年のグローバルIT景気の低迷にもかかわらず、前年度比36兆ウォン増の201兆ウォンを記録し、2008年に売上100兆ウォンを突破してから4年間で同200兆ウォンを突破することができた。2006年以降、7年間に渡って毎年史上最高の実績を更新しているのである。

    サムスン電子の営業利益率は2011年の9.8%から2012年には14.4%に大きく改善している。売上比重の高いIM事業部の利益率は前年度の12%から18%に伸び、前年度に赤字を記録したディスプレイパネル部門の利益率も改善された。

    しかし、歴代最高を上回る好調な財務実績の影で、同社には業況の変化による既存事業構造への危機意識と成長を持続させるためのプレッシャーが常に付きまとっているのも事実だ。同社では、それら不安を払しょくするための独自の解策も提示し、すでに方向性を持って取り組んでいる。解決策となり得る組織改編や事業推進のためのキーワードは以下の通りであるが、詳細は本レポートにてできる限り解説する。

    [図] 2013 年サムスン電子組織改編と事業推進キーワード
    2013 年サムスン電子組織改編と事業推進キーワード[2013年版サムスン電子競争力分析]

    本報告書は、サムスン電子と直接的な競争関係にある電子製品メーカーを対象に企画、作成されたが、特にモバイル、LCD/LED TV、家電、半導体およびそのほか電子製品事業などのグローバル市場領域で競争関係にある事業者全般への参考資料となればと思っている。また、IT関連事業者ではなくとも、マーケティングやR&D、その他主要な企業活動において同社をベンチマークすることも有益であると考えている。

    本報告書が、不確定要素の多いグローバルIT業界において企業の意思決定のための参考になれば幸いである。

    ※ 本報告書で使われた資料は2012年の連結財務データである。
    ※ 2008年から20011年の資料は 『2012年版サムスン電子競争力分析』 内の資料を引用。

    ▼ 『2013年版 サムスン電子競争力分析』 資料目次

    ・ エグゼクティブサマリー

      I 財務分析

    1-1 携帯電話 1位の達成と史上最高の実績
    1-2 通信部門への偏重
    1-3 自己資本利益率 (ROE)

      II 組織分析

    2-1 最大実績更新の中にある危機経営
     2-1-1 TV、携帯電話の成功 DNAの拡散を望む2013年事業部組織改編
     2-1-2 ソフトウエア研究所の新設
     2-1-3 シリコンバレー投資
    2-2 未来の新規事業化と組織の再整備
     2-2-1 医療機器事業部の新設と医療機器およびバイオ子会社化
     2-2-2 LCD事業分社とLED事業部の新設
    2-3 コントロールタワーのパワーアップ

      III 事業領域別の実績分析

    3-1 デジタルメディア&アプライアンス部門 (CE)
    3-2 通信部門 (IM)
    3-3 半導体部門 (DS)
    3-4 ディスプレイパネル部門 (DS)

      IV 主要製品戦略

    4-1 TV
    4-2 生活家電
    4-3 携帯電話
    4-4 半導体
    4-5 ディスプレイパネル

      V マーケティング、ブランド戦略

    5-1 前年比40%増の史上最大のマーケティング投資
    5-2 Galaxy S3で即効力を発揮したロンドン五輪マーケティング
    5-3 TV、携帯電話から台所家電まで体験と参加型マーケティングを強化
    5-4 エマージング市場を狙ったサムスンフォーラム
    5-5 B2Bマーケティングの強化

      VI R&D活動分析

    6-1 2012年の研究開発費は前年比16%の増加
    6-2 アップル訴訟後、デザイン特許の強化とシリコンバレーへの戦略的投資

      VII インプリケーション

    7-1 危機と機会、その1-“アップル” 対応で試されるサムスンの半導体戦略とスピード
    7-2 危機と機会、その2-“Soft Driven Company” スピードシナリオの潜在力と不安要素
    7-3 危機と機会、その3-サムスンの未来事業

      【図目次】

    [図1-1] サムスン電子の年間売上と営業利益の推移(2003年~2012年)
    [図1-2] サムスン電子の分期別売上額と営業利益率の推移(2010年~2012年)
    [図1-3] サムスン電子の事業領域別による四半期営業利益の推移(2010年~2012年)
    [図1-4] 2011年 サムスン電子の各事業部領域の売上構成比
    [図1-5] 2012年 サムスン電子の各事業部領域の売上構成比
    [図1-6] 2012年 サムスン電子の各事業領域の営業利益比率
    [図1-7] サムスン電子の事業自己資本利益率の推移(2003年~2012年)
    [図2-1] サムスン電子の組織改編(2010年~2013年)
    [図2-2] サムスン電子SW 開発組織
    [図3-1] サムスン電子事業部門および主要製品
    [図3-2] サムスン電子デジタルメディア&アプライアンス部門の
         四半期別売上額と営業利益率推移(2010年~2012年)
    [図3-3] サムスン電子通信部門の四半期別売上額と営業利益率推移(2010年~2012年)
    [図3-4] サムスン電子半導体部門の四半期別売上額と営業利益率推移(2010年~2012年)
    [図3-5] サムスン電子ディスプレイパネル部門の四半期別売上額と営業利益率推移
        (2010年~2012年)
    [図4-1] 2013年サムスン電子プレミアムTV 戦略
    [図4-2] サムスン電子プラットフォームサービスの構成および
         サムスンコンテンツとサービスポータルサイトイメージ
    [図4-3] CES 2013のプラスティックフレキシブルディスプレイブランド
        “YOUM” テスト製品の試作イメージ
    [図5-1] サムスン電子の広告とマーケティング関連費用支出(2008年~2012年)
    [図5-2] ロンドンオリンピック開幕式に登場したGalaxy S3
    [図5-3] サムスンモバイルPIMおよび聖火リレーでのデバイス体験イメージ
    [図5-4] Samsung Take Part 2012 広報イメージ
    [図5-5] サムスン電子北米法人のFacebookアプリ “US Olympic Genome Project”
    [図5-6] サムスン電子 スマートTV のAngry Birdsゲーム体験イメージ
    [図5-7] アフリカで行われる“ Solar Powered Internet School”の大型コンテナ
    [図6-1] サムスン電子R&D投資費用推移(2008年~2012年)

      【表目次】

    [表4-1] 2013年サムスン電子スマートフォン事例

    商品名
    2013年版サムスン電子競争力分析
    発刊
    2013年09月
    発行
    株式会社 ROA Holdings
    調査
    株式会社 ROA Holdings
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 66ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版] ※ 印刷・コピー不可
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ