リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題

ウェアラブルコンピュータ市場動向, ウェアラブルコンピュータ課題, 国内ウェアラブルコンピュータ市場規模, ウェアラブルコンピュータビジネスモデル, 人体通信技術, ユビキタスコンピューティング, 日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題

日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題

Clip!

~ 想定されるウェアラブルコンピュータの利用分野、デバイス/ビジネスモデル/プレイヤー各社の動向を分析し、ウェアラブルコンピュータ市場の成長性とビジネス戦略上の課題を明らかに! ~

  • オススメ

日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題

日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題

  • ウェアラブルコンピュータの技術トレンドやデザイン方向性に焦点!
  • ウェアラブルコンピュータに関する今後のトレンドやロードマップ!
  • 日本国内のウェアラブルコンピュータ市場の成長性と市場規模予測!
  • デバイス/ビジネスモデル/世界と日本のプレイヤーを分析!
  • 商品コード: ROA00078

    【資料概要】

    革新UI とエコシステムが鍵!

    本レポート 『日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題』 では、特に世界と日本のプレイヤーの状況を踏まえつつ、ウェアラブルコンピュータの定義やその意味するところ、最近の技術トレンドやデザイン方向性などに焦点を定めて解説し、今後数年間のトレンドやロードマップを導き出しながら、日本の市場規模を予測することを目的に執筆されています。

    ▼ 『日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題』 エグゼクティブサマリー

    米グーグルのGoogle Glass が話題を集める昨今、ウェアラブルコンピュータ分野が大きな注目を集めている。その歴史は意外と古いが、しかし、一部の専門業務用を除いて民生品として成功した事例は世界でもこれまでにない。

    普及しなかった理由を挙げれば枚挙にいとまがない。技術的には、身体装着型であるがためのバッテリー問題や放熱の問題が常にあったほか、筐体は重くかさばり、デザインとしても自然に活用できるレベルではなかった。

    まさに宇宙服を着るようなプロトタイプから今日のGoogle Glass へと進化した背景には、スマートフォンやタブレット市場で培われた技術革新が挙げられる。スマートフォンの普及と共に部品は安く、そして小さくなっていった。これにより、世界市場では今後のウェアラブル機器市場が大きく成長すると予想されており、当然に日本のB2C 市場においてもその可能性が指摘されている。ただし、一方でその進化方向性と課題へのアプローチを見誤ると、再び失敗の歴史を繰り返す危うさがあるのも事実だ。

    本レポートでは、特に世界と日本のプレイヤーの状況を踏まえつつ、ウェアラブルコンピュータの定義やその意味するところ、最近の技術トレンドやデザイン方向性などに焦点を定めて解説し、今後数年間のトレンドやロードマップを導き出しながら、日本の市場規模を予測することを目的に執筆された。

    [図] 日本国内ウェアラブルコンピュータ市場規模予測 (2014~2018)
    日本国内ウェアラブルコンピュータ市場規模予測 [日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題]

    ウェアラブルコンピュータの時代は必ず来る。上図グラフは端末のみの市場規模を推測したものだが、加えてこれら端末の周りで創造されるエコシステムにより、サービスやコンテンツ、アプリケーション、端末アクセサリーなどの市場も新たに形成されていくことになるだろう。その経済効果は第二のスマートフォン市場 (第二幕)、もしくは2台目スマートフォン市場規模に達する可能性もある。

    しかし、すべての国民がその利便性を享受できる簡単で明白な目的や理由がなければ、結局はニッチ市場に留まってしまう可能性も高い。なぜウェアラブルであるべきなのか、一体これまでと違って何ができるのか。これらの疑問は、同市場にチャレンジするプレイヤーにとって歴史の中で常に反芻されてきたのである。

    本レポートは、今後も不確定要素の多いウェアラブル市場において、独自の進化方向性と課題を明らかにすることに注力した。本レポートが同市場にチャレンジするプレイヤーの疑問に対し、少しでもお役にたてれば幸いである。

    ▼ 『日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題』 資料目次

    ・ エグゼクティブサマリー

      1 ウェアラブルコンピュータ概要

    1-1 ウェアラブルコンピュータの定義
    1-2 ウェアラブルであるための意味
    1-3 ウェアラブルコンピュータ利用分野

      2 デバイス分析

    2-1 デバイスカテゴリー
    2-2 ハードウエア
    2-3 ソフトウエア
    2-4 エコシステム

      3 ビジネスモデル分析

    3-1 バリューチェーン
    3-2 収益モデル考察
    3-3 ロードマップ

      4 プレイヤー分析

    4-1 海外主要プレイヤー

    4-1-1 グーグル
    4-1-2 アップル
    4-1-3 マイクロソフト
    4-1-4 サムスン
    4-1-5 ナイキ(Nike)
    4-1-6 オークリー(Oakley)

    4-2 日本主要プレイヤー

    4-2-1 テレパシー
    4-2-2 ニューロウエア
    4-2-3 オリンパス
    4-2-4 ブラザー工業(B2B)
    4-2-5 セイコーエプソン

      5 市場成長性

      6 インプリケーション

      【図目次】

    [図1-1] ウェアラブルコンピュータの定義と区分
    [図1-2] スマートデバイス例:Smart Beam
    [図1-3] デバイスの利用変遷
    [図1-4] ウェアラブルの行動支援3 要素
    [図1-5] ウェアラブルコンピュータの想定利用分野
    [図2-1] ウェアラブルコンピュータのエコシステム
    [図3-1] ウェアラブルコンピュータのバリューチェーン
    [図3-2] ウェアラブルをめぐるロードマップ
    [図4-1] Google Glass
    [図4-2] Google Glass のディスプレイの仕組み
    [図4-3] iWatch で噂されるコーニング社のガラスプレート
    [図4-4] アップルのiWatch と見られる製品特許
    [図4-5] マイクロソフトのHMD パテント
    [図4-6] 噂されるサムスンのスマートウォッチスクリーンショット
    [図4-7] ナイキのFullband
    [図4-8] オークリーのAirwave
    [図4-9] Telepathy One
    [図4-10] neurowear のnecomimi とshippo
    [図4-11] neuroware のmico
    [図4-12] オリンパスのMEG4.0
    [図4-13] ブラザー工業のAiRScouter
    [図4-14] セイコーエプソンのMOVERIO
    [図5-1] 日本国内ウェアラブルコンピュータ市場規模予測(2014~2018)

      【表目次】

    [表2-1] デバイス形状トレンド

    商品名
    日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題
    発刊
    2013年06月
    発行
    株式会社 ROA Holdings
    調査
    株式会社 ROA Holdings
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 58ページ
    備考
    ※ PDF版は、著作権の関係上、印刷及びテキストコピー不可のデータです。
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版] ※ 印刷・コピー不可
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    M2Mの最新動向と国際標準2013

    M2Mの最新動向と国際標準2013

    価格(税込) 91,800~102,600 円

    日本国内M2Mマーケット市場展望2012

    日本国内M2Mマーケット市場展望2012

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    Wi-Fiネットワーク最新技術動向2012

    Wi-Fiネットワーク最新技術動向2012

    価格(税込) 91,800~102,600 円

    人体通信技術の現状と展望

    人体通信技術の現状と展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    B2C向けモバイルM2Mの展望と課題

    B2C向けモバイルM2Mの展望と課題

    価格(税込) 102,600~105,840 円


    このページのTOPへ