リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版

電子書籍市場動向, 電子出版業界動向, 電子書店, 電子書籍ストア, ソーシャルリーディング, EPUB, Kindleキンドルストア, 紀伊國屋書店BookWebPlus, 楽天kobo, honto, BookLive!, パピレス, Yahoo!ブックストア, Google Play Books, eBookJapan, 電子書籍ストア利用動向調査

電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版

Clip!

~ [Kindle上陸後の激変した日本のストア市場を分析] ~

  • オススメ

電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版

電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版

  • 国内主要電子書籍ストアの利用実態調査結果レポート!
  • 過去2回分の利用実態調査結果も掲載
  • 電子書籍ストアごとの利用者属性、併用ストア、利用端末なども調査!
  • 日本市場未参入(調査時点)の外資系電子書籍ストアへの関心度も!
  • 商品コード: IRD00080

    【資料概要】

    OnDeck電子書籍ストア利用率調査、Kindleストアが日本でも1位を獲得。初登場で40%のシェア、電子書籍市場全体を牽引!

    電子出版ビジネスは、携帯電話 (フィーチャーフォン) の時代に花開き、2011年度の市場規模は629億円まで成長。近年はスマートフォンやタブレットといった新端末で新しいビジネスが生まれつつあり、2016年には2000億円市場になると予想されています。

    そのような中、電子書籍ストアは、パピレスやイーブックイニシアティブジャパンなどの上場企業に加え、楽天Koboイーブックストア、Reader Store等のメーカー系ストア、Booklive!等の印刷会社系のストアなど多数の企業が事業を展開しています。この秋には、Google Books が日本市場で開始、Amazonも11月に専用端末を発売し日本に上陸、この後Appleの参入も予測され、電子書籍ストアの競争は激化しています。

    本書 『電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版 [Kindle上陸後の激変した日本のストア市場を分析]』 は、インプレスR&Dが発行する電子出版産業に携わる人向けのEPUBマガジン 「OnDeck weekly」 の読者を対象に実施した電子書籍ストアの利用率調査をまとめたもので、2012年12月に実施した最新の調査結果に加え、過去4回の調査結果との比較、ストアごとのクロス集計など詳細な分析を掲載しています。Kindle上陸後の激変した電子書籍ストアの利用状況を把握することができます。

    電子出版ビジネスにおけるイノベーター/アーリーアダプター層が中心の読者において、最も利用されている電子書籍ストア、利用をやめてしまったストア、購読端末、過去の調査との比較による各ストアの利用状況の変化などを掲載し、電子書籍ストアを展開する上で必読の一冊となっています。

    調査対象 : 電子出版産業に携わる人向けのEPUBマガジン「OnDeck weekly」読者
    実施期間 : 12月17日~12月20日
    有効回答数 : 582件

    【 『電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版』 調査結果概要】

    ■ 「Kindleストア」 が40.0%でトップ

    これまでトップを守っていた 「紀伊國屋書店BookWebPlus」 の13.4%を大きく上回る40.0%で 「Kindleストア」 が首位になりました。2012年10月25日に日本でサービスを開始したばかりのKindleストアですが、短期間で多くのユーザーを獲得したことが明らかになりました。

    興味深いのは、2位以下の電子書籍ストアの利用率に大きな変動がなかった点です。紀伊國屋書店BookWebPlus、Reader Store、BookLive! はそれぞれ利用率があがっています。Kindleストアの日本参入は、既存ストアのシェアを浸食せずに、新たな市場を作り上げたことになります。

    一方、楽天koboは前回調査時 (8.5%) から1.1ポイント減の7.4%となり、息切れ感が感じられました。電子ペーパー型の専用端末中心であること、iPhoneやiPad、Androidといった端末向けのアプリ対応が遅れたことなどが影響した結果とおもわれます。

    [電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版]

    ▼ 『電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版』 資料目次

    ・ はじめに

      第1章 電子書籍ストア利用実態調査結果

    1.1 調査概要
     1.1.1 留意事項
     1.1.2 回答者のプロフィール
    1.2 調査のハイライト
    1.3 電子書籍ストアの利用状況
    1.4 コンテンツの閲覧環境
    1.5 利用している電子書籍ストア
    1.6 利用している電子書籍ストア (利用者限定)
    1.7 電子書籍ストアの利用状況推移
     1.7.1 調査概要 (2012年9月分)
     1.7.2 調査概要 (2012年6月分)
     1.7.3 調査概要 (2011年11月分)
     1.7.4 利用状況の推移

      第2章 電子書籍ストア別利用実態調査結果

    2.1 Kindleストア
    2.2 紀伊國屋書店BookWebPlus
    2.3 Reader Store
    2.4 楽天kobo
    2.5 BookLive!
    2.6 BOOK☆WALKER
    2.7 honto
    2.8 eBookJapan
    2.9 その他の電子書籍ストア
     2.9.1 Google Play Books
     2.9.2 GALAPAGOS STORE
     2.9.3 Yahoo!ブックストア
     2.9.4 パピレス
     2.9.5 TSUTAYA.com eBOOKS

      第3章 電子書籍ストアごとの利用者評価

    3.1 電子書籍ストア利用者による評価結果
     3.1.1 Kindleストア利用者の評価
     3.1.2 紀伊國屋書店BookWebPlus利用者の評価
     3.1.3 Reader Store利用者の評価
     3.1.4 楽天kobo利用者の評価
     3.1.5 BookLive!利用者の評価
     3.1.6 BOOK☆WALKER利用者の評価
     3.1.7 honto利用者の評価
     3.1.8 eBookJapan利用者の評価

    商品名
    電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck2012年12月調査版
    発刊
    2013年01月
    発行
    株式会社 インプレスR&D
    編集
    株式会社 インプレスR&D OnDeck編集部
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 73ページ
    販売価格

    報告書 [製本版]
    46,440 円 (税抜 43,000 円+消費税 3,440 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    電子書籍ビジネス調査報告書2012

    電子書籍ビジネス調査報告書2012

    価格(税込) 62,640~73,440 円

    電子コミックビジネス調査報告書2012

    電子コミックビジネス調査報告書2012

    価格(税込) 62,640~73,440 円

    電子雑誌ビジネス調査報告書2012

    電子雑誌ビジネス調査報告書2012

    価格(税込) 135,000~145,800 円


    このページのTOPへ