リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書2013

スマートフォン普及世界動向, タブレット端末普及世界動向, 世界のモバイル通信市場, スマートフォンメーカー戦略, タブレット端末メーカー戦略, スマートフォンセキュリティ, スマートフォン市場動向, アプリケーションサービス動向, スマートフォン課題, 世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書

世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書2013

Clip!

~ [国別市場概況とグローバルメーカーの戦略分析] 世界主要10か国の市場概況とグローバル端末メーカー15社の戦略、スマートフォンおよびタブレット端末の世界各国のトレンドと市場動向! ~

  • オススメ

世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書2013

世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書2013

  • 急速に成長するスマホ&タブレット端末の世界各国市場トレンドを概観!
  • 世界主要10か国の通信市場概況&スマートフォン/タブレット普及動向!
  • グローバル端末メーカー15社の経営戦略/事業概況/アプリ戦略他!
  • 特許紛争/OS間競争、アプリケーションサービスの最新動向も整理!
  • セキュリティ/周波数/著作権/端末流通/特許他、課題も幅広く解説!
  • 商品コード: IRD00066

    【資料概要】

    世界主要10か国のスマートフォン&タブレット市場動向、グローバル端末メーカー15社の戦略、アプリケーションサービスの世界動向、スマートフォンをめぐる各種課題など、世界のスマートフォン/タブレット市場を徹底解説!

    世界のスマートフォン市場は、アップルのiPhone人気を契機として、それに対抗するAndroidを中心に、急速な成長を見せています。なかでも、iPhoneに対抗すべく、Android OSを搭載したGALAXYシリーズで攻勢をかけるサムスン電子の追い上げは目覚ましく、2012年第1四半期 (1月~3月) には、ついにサムスン電子がスマートフォン市場でiPhoneを抜き、市場シェアトップに躍り出ました。こうしたサムスン電子の攻勢に対して、アップルは特許侵害を盾に攻撃の手を強め、両社は、世界10か国で訴訟合戦を繰り広げています。また。2012年9月12日にはアップルの最新スマートフォン 「iPhone 5」 が発表されるなど、競争はより激化の一途を辿っています。

    これらスマートフォンOS市場におけるiOSとAndroid OSの2強に対抗するため、第3のOSとしての地位を築こうとしている勢力として、サムスン電子が独自開発したBadaや、サムスン電子がインテルとともに開発を進めているリナックスベースのTizen、マイクロソフトのWindows Phone、RIMのBlackBerryなどがしのぎを削っています。こうしたOSの競争による端末の多様化は、携帯キャリアも歓迎しており、特定の端末への依存度を弱めることで、多様なユーザーニーズに応えたいとの姿勢が伺えます。

    また、タブレット端末市場でも、アップルの 「iPad」 シリーズに対抗すべく、アマゾンの 「Kindle Fire HD」 やグーグルの 「Nexus 7」、マイクロソフトの 「Surface」 など多様な端末がぞくぞくと登場してきており、競争はますます激しさを増しています。

    本報告書 『世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書2013 [国別市場概況とグローバルメーカーの戦略分析]』 は、このように急速に普及するスマートフォンおよびタブレット端末の市場について、世界的なトレンドを整理し、一般財団法人マルチメディア振興センター(FMMC) 電波利用調査部がとりまとめたものです。

    激しさを増すOS間競争やアプリケーションサービス動向について俯瞰的に整理したほか、世界の主要10か国のスマートフォンおよびタブレット市場動向、グローバル端末メーカー15社の戦略に加え、スマートフォンをめぐるさまざまな課題まで網羅して解説しています。世界のスマートフォン/タブレット市場への進出・飛躍を目指すメーカーやキャリアおよび関連プレーヤーにとって必読の一冊です。

    【一般財団法人マルチメディア振興センター 電波利用調査部】
    1990年に財団法人マルチメディア振興センター(FMMC)設立(2012年4月より一般財団法人へ移行)。FMMCは2007年に財団法人国際通信経済研究所(RITE)を統合し、RITEに属していた電波利用調査部を含む調査研究部門をFMMCに組織再編した。電波利用調査部では、世界各国の電波政策について、無線技術開発や無線サービス市場の動向を踏まえ、特にモバイル通信に注目しながら、周波数割り当て、無線局免許、電波利用料、電波監視、技術基準、機器認証などの制度整備を中心に調査研究を実施。特に米国、欧州、中国・韓国・インドやASEAN諸国のアジアに重点を置き、国内外の動向を相互に比較対照しながら、グローバルな観点からの分析を行っている。

    【 『世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書2013』 資料構成】

    【第1章】 世界市場の全体動向
    本報告書の総括として、スマートフォンおよびタブレット端末の世界市場を概観するとともに、特許紛争など激しさを増すOS間競争や、アプリケーションサービスの最新動向について整理しています。

    【第2章】 各国のスマートフォン市場の動向
    主要10か国 [米国、英国、フランス、ドイツ、スペイン、韓国、中国、インド、ブラジル、オーストラリア] について、モバイル通信市場の概況とスマートフォン/タブレット普及動向について解説しています。

    【第3章】 世界の端末メーカーのスマートフォンおよびタブレット戦略
    主なグローバル端末メーカー15社 [アップル、RIM、ノキア、モトローラ・モビリティー、サムスン電子、LGエレクトロニクス、HTC、ZTE、ファーウェイ、アマゾン、レノボ、ソニーモバイルコミュニケーションズ、シャープ、京セラ、パナソニック モバイルコミュニケーションズ] の経営戦略や事業概況をとりまとめるとともに、スマートフォンおよびタブレット戦略について解説しています。

    【第4章】 スマートフォンをめぐる課題
    セキュリティ問題やプライバシー侵害、著作権、周波数不足対策、ネット安心安全、特許問題、ネット中立性、端末流通問題まで、スマートフォンをめぐるさまざまな課題について幅広く解説しています。

    ▼ 『世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書2013』 資料目次

    ・ はじめに

      第1章 世界市場の全体動向

    1.1 世界のスマートフォン市場の動向

    1.1.1 世界のスマートフォン市場概況
    1.1.2 世界のスマートフォン市場予測

    1.2 世界のスマートフォンOSをめぐる動向

    1.2.1 iPhoneとAndroidが牽引するスマートフォン市場
    1.2.2 iOSとAndroidに対抗するためのノキアとマイクロソフトの提携
    1.2.3 特許攻撃に備えるグーグルのモトローラ買収
    1.2.4 iPhone対Androidをめぐる端末ベンダー間の特許紛争
    1.2.5 Windows Phoneで巻き返しを図るマイクロソフト
    1.2.6 iOSとAndroid OSに対抗する第3のOSを目指すTizen
    1.2.7 低価格スマートフォン市場に挑むモジラOS

    1.3 世界のタブレット端末市場の概況

    1.3.1 シェアトップに君臨するiPad
    1.3.2 Kindle Fireのシェア減少
    1.3.3 台湾メーカーの台頭
    1.3.4 2016年の市場規模は3億7000万台
    1.3.5 iPadの牙城にグーグルやマイクロソフトが参戦

    1.4 アプリケーションサービスの世界動向

    1.4.1 モバイルアプリケーションの利用
    1.4.2 アプリケーション開発
    1.4.3 アプリケーションストア
    1.4.4 クラウドサービス
    1.4.5 モバイルペイメント
    1.4.6 プライバシーをめぐる問題

      第2章 各国のスマートフォンおよびタブレット市場の動向

    2.1 米国

    2.1.1 モバイル通信市場の概況
    2.1.2 スマートフォンの普及状況
    2.1.3 タブレット端末の普及状況
    2.1.4 モバイルアプリケーションの利用動向
    2.1.5 その他

    2.2 英国

    2.2.1 モバイル通信市場の概況
    2.2.2 スマートフォンの普及状況
    2.2.3 タブレット端末の普及状況
    2.2.4 モバイルアプリケーションの利用動向
    2.2.5 その他

    2.3 フランス

    2.3.1 モバイル通信市場の概況
    2.3.2 スマートフォンの普及状況
    2.3.3 タブレット端末の普及状況
    2.3.4 モバイルアプリケーションの利用動向

    2.4 ドイツ

    2.4.1 モバイル通信市場の概況
    2.4.2 スマートフォンの普及状況
    2.4.3 タブレット端末の普及状況
    2.4.4 モバイルアプリケーションの利用動向

    2.5 スペイン

    2.5.1 モバイル通信市場の概況
    2.5.2 スマートフォンの普及状況
    2.5.3 タブレット端末の普及状況
    2.5.4 モバイルアプリケーションの利用動向
    2.5.5 その他

    2.6 韓国

    2.6.1 モバイル通信市場の概況
    2.6.2 スマートフォンの普及状況
    2.6.3 タブレット端末の普及状況
    2.6.4 モバイルアプリケーションの利用動向
    2.6.5 その他

    2.7 中華人民共和国

    2.7.1 モバイル通信市場の概況
    2.7.2 スマートフォンの普及状況
    2.7.3 タブレット端末の普及状況
    2.7.4 アプリケーションの利用動向
    2.7.5 その他

    2.8 インド

    2.8.1 モバイル通信市場の概況
    2.8.2 スマートフォンの普及状況
    2.8.3 タブレット端末の普及状況
    2.8.4 モバイルアプリケーションの利用動向
    2.8.5 その他

    2.9 ブラジル

    2.9.1 モバイル通信市場の概況
    2.9.2 スマートフォンの普及状況
    2.9.3 タブレット端末の普及状況
    2.9.4 モバイルアプリケーションの利用動向
    2.9.5 その他

    2.10 オーストラリア

    2.10.1 モバイル通信市場の概況
    2.10.2 スマートフォンの普及状況
    2.10.3 タブレット端末の普及状況
    2.10.4 アプリケーションの利用動向

      第3章 世界の端末メーカーのスマートフォンおよびタブレット戦略

    3.1 アップル (Apple Inc.)

    3.1.1 経営戦略
    3.1.2 事業概況
    3.1.3 スマートフォン戦略
    3.1.4 タブレット端末戦略
    3.1.5 アプリケーション戦略
    3.1.6 その他

    3.2 リサーチ・イン・モーション (Research In Motion : RIM)

    3.2.1 経営戦略
    3.2.2 事業概況
    3.2.3 スマートフォン戦略
    3.2.4 タブレット戦略
    3.2.5 アプリケーション戦略
    3.2.6 その他

    3.3 ノキア (Nokia Corporation)

    3.3.1 経営戦略
    3.3.2 事業概況
    3.3.3 スマートフォン戦略
    3.3.4 タブレット戦略
    3.3.5 アプリケーション戦略
    3.3.6 その他

    3.4 モトローラ・モビリティー (Motorola Mobility)

    3.4.1 経営戦略
    3.4.2 事業概況
    3.4.3 スマートフォン戦略
    3.4.4 タブレット戦略
    3.4.5 アプリケーション戦略
    3.4.6 その他

    3.5 サムスン電子 (Samsung Electronics Co.,Ltd.)

    3.5.1 経営戦略
    3.5.2 事業概況
    3.5.3 スマートフォン戦略
    3.5.4 タブレット戦略
    3.5.5 アプリケーション戦略
    3.5.6 その他

    3.6 LGエレクトロニクス (LG Electronics, Inc.)

    3.6.1 経営戦略
    3.6.2 事業概況
    3.6.3 スマートフォン戦略
    3.6.4 タブレット戦略
    3.6.5 アプリケーション戦略
    3.6.6 その他

    3.7 HTC Corporation (宏達国際電子)

    3.7.1 経営戦略
    3.7.2 事業概況
    3.7.3 スマートフォン戦略
    3.7.4 タブレット戦略
    3.7.5 アプリケーション戦略
    3.7.6 その他

    3.8 ZTE Corporation (中興通訊株式有限公司)

    3.8.1 経営戦略
    3.8.2 事業概況
    3.8.3 スマートフォン戦略
    3.8.4 タブレット戦略
    3.8.5 アプリケーション戦略
    3.8.6 その他

    3.9 ファーウェイ (Huawei Technologies Limited : 華為技術有限公司)

    3.9.1 経営戦略
    3.9.2 事業概況
    3.9.3 スマートフォン戦略
    3.9.4 タブレット戦略
    3.9.5 アプリケーション戦略
    3.9.6 その他

    3.10 アマゾン (Amazon.com)

    3.10.1 経営戦略
    3.10.2 事業概況
    3.10.3 スマートフォン戦略
    3.10.4 タブレット戦略
    3.10.5 アプリケーション戦略
    3.10.6 その他

    3.11 レノボ (Lenovo : 聯想集団)

    3.11.1 経営戦略
    3.11.2 事業概況
    3.11.3 スマートフォン戦略
    3.11.4 タブレット戦略
    3.11.5 アプリケーション戦略
    3.11.6 その他

    3.12 ソニーモバイルコミュニケーションズ (Sony Mobile Communications)

    3.12.1 経営戦略
    3.12.2 事業概況
    3.12.3 スマートフォン戦略
    3.12.4 タブレット戦略
    3.12.5 アプリケーション戦略
    3.12.6 その他

    3.13 シャープ (Sharp)

    3.13.1 経営戦略
    3.13.2 事業概況
    3.13.3 スマートフォン戦略
    3.13.4 タブレット戦略
    3.13.5 アプリケーション戦略
    3.13.6 その他

    3.14 京セラ (Kyocera)

    3.14.1 経営戦略
    3.14.2 事業概況
    3.14.3 スマートフォン戦略
    3.14.4 タブレット戦略
    3.14.5 アプリケーション戦略
    3.14.6 その他

    3.15 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
      (Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)

    3.15.1 経営戦略
    3.15.2 事業概況
    3.15.3 スマートフォン戦略
    3.15.4 タブレット戦略
    3.15.5 アプリケーション戦略
    3.15.6 その他

      第4章 スマートフォンをめぐる課題

    4.1 セキュリティ確保

    4.1.1 セキュリティの現状
    4.1.2 セキュリティ対策

    4.2 プライバシー侵害

    4.2.1 位置情報収集問題
    4.2.2 公安上の問題
    4.2.3 日本政府におけるスマートフォンプライバシー対策
    4.2.4 米国におけるモバイルプライバシー保護対策
    4.2.5 米国・欧州におけるプライバシー保護協定交渉

    4.3 著作権

    4.3.1 ハードディスク、カードに関する著作権
    4.3.2 脱獄 (Jailbreak) に関する著作権

    4.4 スマートフォンによる周波数不足対策

    4.4.1 周波数帯域の確保およびLTEの導入
    4.4.2 オフロードとしてのWi-Fiの利用

    4.5 ネット安心利用のための環境整備

    4.5.1 青少年対策

    4.6 スマートフォンに関する特許問題

    4.6.1 アップル社の対応
    4.6.2 アップル社とサムスン社の特許裁判
    4.6.3 アップル社とHTC社との特許裁判
    4.6.4 アップル社とモトローラ社の特許裁判
    4.6.5 グーグル社の対応
    4.6.6 アップルに関する特許裁判の今後の見通し
    4.6.7 マイクロソフトの特許戦略
    4.6.8 ノキアの特許戦略
    4.6.9 スマートフォンに関する特許戦術の重要性

    4.7 ネットワーク中立性とスマートフォン

    4.7.1 周波数帯域の問題から中立性には限界

    4.8 端末流通問題とスマートフォン

    4.8.1 LTEサービスの周波数帯の共通化

    商品名
    世界のスマートフォン&タブレット市場動向調査報告書2013
    発刊
    2012年09月
    発行
    株式会社 インプレスR&D
    著者
    一般財団法人マルチメディア振興センター 電波利用調査部
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 430ページ
    販売価格

    報告書 [PDF版]
    183,600 円 (税抜 170,000 円+消費税 13,600 円)
    報告書セット [PDF版+製本版]
    194,400 円 (税抜 180,000 円+消費税 14,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    世界のモバイルキャリア戦略調査報告書2012

    世界のモバイルキャリア戦略調査報告書2012

    価格(税込) 183,600~194,400 円

    スマートフォン利用動向調査報告書2013

    スマートフォン利用動向調査報告書2013

    価格(税込) 73,440~84,240 円

    タブレット利用動向調査報告書2013

    タブレット利用動向調査報告書2013

    価格(税込) 73,440~84,240 円

    電子雑誌ビジネス調査報告書2012

    電子雑誌ビジネス調査報告書2012

    価格(税込) 135,000~145,800 円

    電子書籍ビジネス調査報告書2012

    電子書籍ビジネス調査報告書2012

    価格(税込) 62,640~73,440 円


    このページのTOPへ