ソーシャルコマース調査報告書2013 / 業界動向・市場分析・消費者調査~マーケティングデータ&業界分析レポートSurveyReport

リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

ソーシャルコマース調査報告書2013

ソーシャルコマース市場動向, ソーシャルコマース市場規模, ソーシャルメディアのマネタイズ, ソーシャルコマース事例, ネット購買行動, O2Oビジネス, Fコマース, ソーシャルコマース調査, ソーシャルメディア利用動向, ソーシャルグラフ, ソーシャルコマース調査報告書

ソーシャルコマース調査報告書2013

Clip!

~ ソーシャルコマースの現状分析およびユーザー調査結果を収録!ソーシャルメディア個人利用者1,141人を対象にしたアンケート調査結果からソーシャルコマースの利用実態が明らかに! ~

  • オススメ

ソーシャルコマース調査報告書2013

ソーシャルコマース調査報告書2013

  • ソーシャルコマースの概要解説と日本国内の市場規模を推計!
  • ソーシャルコマースと相性の良い商品・サービス分野を探る!
  • 企業が行うソーシャルコマースの類型や今後の展望も解説!
  • ソーシャルメディア個人利用者1,141人へのアンケート調査結果を収録!
  • ソーシャルメディア~ソーシャルコマースの利用経験・実態が明らかに!
  • ソーシャルコマースに関するユーザ調査結果の集計データを収録!

商品コード: IRD00061

【資料概要】

ソーシャルメディア利用者の74.8%がソーシャルコマースの経験あり!最も影響を与えている情報は 「友達や家族」 の投稿やフィード!

FacebookやTwitterなどソーシャルメディアの普及は、個人から個人への情報伝達を変化させました。その情報の中には自分と密接に関係のある家族や友達、有識者、企業からの 「商品」 「サービス」 に関する評判や体験が含まれており、それがトリガーとなって購買行動に結びつくケースは明らかに増加しています。さらには消費者自らが購買したものに関する情報をソーシャルメディア上で発信していく行動がバイラル効果を生み、次の購買へと結び付いていくといったことが起きています。

本調査報告書 『ソーシャルコマース調査報告書2013』 は、このような 「ソーシャルメディアという場で得た情報が決め手となった購買活動」 をソーシャルコマースと定義し、市場動向やユーザー調査からソーシャルコマースの実態を分析して、今後の展望をまとめています。

【 『ソーシャルコマース調査報告書2013』 資料構成 】

【第1章】 ソーシャルコマースの概要
曖昧でわかりにくいものであったソーシャルコマースを定義し、ソーシャルコマースと相性の良い商品・サービスや企業が行うソーシャルコマースの類型、今後の展望を解説しています。また日本国内においての、2012年ソーシャルコマース市場規模を推計しています。

【第2章】 ユーザー調査のサマリー
【第3章】 ソーシャルメディアの利用概況
【第4章】 ソーシャルコマースの実態
ソーシャルメディア利用者1,141人にアンケートを実施し、ソーシャルコマースに関連する経験を20問以上にわたる設問で明らかにしています。

【特別付録】
ソーシャルコマースに関するユーザー調査の単純集計とクロス集計結果(メインで利用しているソーシャルメディア別、性年代別)をExcel形式で提供します。

【 『ソーシャルコマース調査報告書2013』 注目の調査結果】

ソーシャルメディア利用者の74.8%がソーシャルコマースの経験あり。最も影響力が高いのは 「友達や家族」 のフィードや投稿

ソーシャルメディア利用者のうちソーシャルコマースの経験があると回答したユーザーは74.8%にのぼりました。なかでも 「友達や家族」 からのフィードや投稿をもとにして、ソーシャルコマースの経験があると回答したユーザーが61.2%と最も高い比率となっています。以降、順に 「企業やお店」 の55.7%、「ネット上の知り合い」 の55.0%、「ある分野に詳しい人や有識者」 の41.3%、「有名人やタレント」 の34.4%となっています。これは、リアルで親しい 「友達や家族」 の情報が購買活動に最も影響力が高く、企業や店舗によって発信される情報を上回る影響力を持っていると言えます。

また今後、ソーシャルメディアのユーザー数や利用頻度の増加に伴い、ソーシャルコマースにつながるようなフィード情報がシェアされて伝播していく流れは加速していくことが考えられます。そのためソーシャルコマースの体験は、大きく増えると推測されます。

ソーシャルコマースの経験
ソーシャルコマースの経験[ソーシャルコマース調査報告書2013]

フィードの発信元別 ソーシャルコマースの経験
フィードの発信元別 ソーシャルコマースの経験[ソーシャルコマース調査報告書2013]

[ソーシャルコマースの定義]
本調査報告書で言及するソーシャルコマースとは、このように 「ソーシャルメディアで得た情報が決め手となり、購買活動に結びついた商取引」 のことを指す。なお、ソーシャルメディアのフィード発信元は企業や個人等を問わず、購入対象は商品、サービス、デジタルコンテンツのすべてを含む。ソーシャルメディアで得た情報が決め手であれば、購買した場所はリアルの店舗およびECサイトのどちらでもソーシャルコマースの対象となる。

ソーシャルコマースで購入する物は、書籍・雑誌、食料品、音楽・CD、外食が上位

ソーシャルコマースによって実際に購入する商品としては、「書籍・雑誌」 「食料品」 「音楽・CD」 「外食」 が多いという結果になりました。また、ソーシャルコマースで購入した金額を調査したところ1万円未満という回答が約9割を占めました。

「比較的簡単に入手できたり、サービスを享受できたりする」 もしくは 「購入後の体験をシェアする機会が多い」 といった特性を持つ商品・サービスのほうが、ソーシャルコマースにつながりやすいと言えます。

これまでにソーシャルコマースで購入した商品やサービスのジャンル
これまでにソーシャルコマースで購入した商品やサービスのジャンル[ソーシャルコマース調査報告書2013]

▼ 『ソーシャルコマース調査報告書2013』 資料目次

・ はじめに

  第1章 ソーシャルコマースの概要

1.1 ソーシャルコマースとは

1.1.1 ソーシャルコマースの定義
1.1.2 ソーシャルコマースにおけるソーシャルメディア
1.1.3 購入の決め手になる 「情報」 とは
1.1.4 ソーシャルコマースと相性のよい商品・サービス
1.1.5 ソーシャルコマース市場規模推計

1.2 ソーシャルメディアとは

1.2.1 ソーシャルメディアの分類
1.2.2 日本のソーシャルメディア人口
1.2.3 有力ソーシャルメディアの現況

1.3 ソーシャルメディアが起こした変化

1.4 企業が行うソーシャルコマースの類型

1.4.1 ソーシャルメディア内でダイレクトに販売
1.4.2 ソーシャルメディアからECサイトへと誘導
1.4.3 ソーシャルメディアからリアル店舗へ誘導

1.5 今後の展望

  第2章 ユーザー調査のサマリー

2.1 調査結果のハイライト

2.2 調査概要

2.3 回答者のプロフィール

  第3章 ソーシャルメディアの利用概況

3.1 ソーシャルメディアの利用状況

3.1.1 ソーシャルメディア利用概況
3.1.2 利用しているソーシャルメディア
3.1.3 メインで利用しているソーシャルメディア
3.1.4 ソーシャルメディアの閲覧頻度
3.1.5 ソーシャルメディアの投稿頻度

3.2 ソーシャルグラフ

3.2.1 ソーシャルメディアにおける友達数
3.2.2 ソーシャルメディアの友達やフォローしている

3.3 企業、店舗とのつながり

3.3.1 ソーシャルメディアにおける企業、ブランド、商品、店舗等のフィードや投稿購読数
3.3.2 企業、ブランド、商品、店舗等のフィードや投稿購読理由

  第4章 ソーシャルコマースの実態

4.1 ソーシャルコマースに関連するフィードや投稿やシェア経験

4.1.1 ソーシャルコマースに関連するフィードや投稿の書き込み状況
4.1.2 フィードや投稿への商品名やURL等の詳細情報の掲載経験
4.1.3 ソーシャルコマースに関連するフィードや投稿のシェア経験

4.2 ソーシャルコマース経験

4.2.1 フィードや投稿によるソーシャルコマースの経験
4.2.2 ソーシャルコマースの元となったソーシャルメディア
4.2.3 ソーシャルコマースで購入した商品やサービス
4.2.4 ソーシャルコマースで購入した金額
4.2.5 ソーシャルコマースでの購入先
4.2.6 ソーシャルコマースの3か月間の回数

4.3 情報取得後の行動

4.3.1 ソーシャルメディアでの情報取得後の行動

4.4 購入時に重要視する情報ソース

4.4.1 商品やサービスの購入時に参考・重要視する情報

4.5 参考 : ソーシャルコマースに関する自由回答

  付録 CD-ROM

・ 集計表・グラフ (エクセル)
・ 本文 (PDF)

商品名
ソーシャルコマース調査報告書2013
発刊
2012年11月
発行
株式会社 インプレスR&D
著者
株式会社 インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
編集
株式会社 インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 146ページ
販売価格

報告書 [PDF版]
73,440 円 (税抜 68,000 円+消費税 5,440 円)
報告書セット [PDF版+製本版]
84,240 円 (税抜 78,000 円+消費税 6,240 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる


オススメ商品

ソーシャルメディア調査報告書2012

ソーシャルメディア調査報告書2012

価格(税込) 73,440~84,240 円

インターネット個人利用動向調査2012

インターネット個人利用動向調査2012

価格(税込) 91,800~334,800 円

スマートフォン利用動向調査報告書2013

スマートフォン利用動向調査報告書2013

価格(税込) 73,440~84,240 円

タブレット利用動向調査報告書2013

タブレット利用動向調査報告書2013

価格(税込) 73,440~84,240 円


このページのTOPへ