リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2012年「アクティブRFID」×今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途)別の普及シナリオ予測

アクティブRFID市場規模, アクティブRFID市場動向, アクティブRFID普及予測, アクティブRFID市場調査, アクティブRFID市場予測, アクティブRFID適用分野, アクティブRFID技術, アクティブRFIDビジネスモデル, アクティブRFIDマーケット規模, RFIDエネルギハーベスティング

2012年「アクティブRFID」×今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途)別の普及シナリオ予測

Clip!

~ 【特別企画調査】 アクティブRFIDに関連するビジネス分野[大分類12/小分類184]セグメント(用途・適用エリア)別の公開統計を抽出、各統計値をベースにセグメント別の市場の普及予測、潜在市場規模推移をシナリオ別に算出、アクティブRFID市場を徹底調査! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00037

【資料概要】

大分類12セグメント(小分類184セグメント)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途)別×公開統計の抽出ならびに、公開統計をベースとした「Japan-VALS2」普及予測ロジックによるトップダウン式潜在市場規模<2013年度~2017年度>をシナリオ別に算出!

当資料 『2012年「アクティブRFID」×今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途)別の普及シナリオ予測』 は、 アクティブRFID関連分野ビジネスの用途・適用エリア別に、大分類12(小分類184)セグメントの公開統計をベースとして、普及予測・各市場の今後5年間の潜在市場規模推移をシナリオ別に予測し、アクティブRFIDに関連するビジネスの市場を分析、今後の展望をまとめた特別企画調査シリーズの調査レポート資料です。

(各章の概要)

I. 要約・結論 編

1) 「アクティブRFID」×適用分野、応用分野、用途の抽出方法

2) 対象分野 : 大分類12(小分類184)セグメントにおける 「“アクティブRFID”ビジネス」 潜在市場規模(5カ年 : 2013年度~2017年度)推移・普及予測(TOTAL)
<「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」 のケース>

3) 対象セグメント : 大分類12セグメント別潜在市場規模ランキング (金額ベース)
<「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」 のケース>
 (1) 楽観シナリオ 【2013年度予測/2017年度予測】
 (2) 悲観シナリオ 【2013年度予測/2017年度予測】

4) 「アクティブRFID」 シーズ(プロダクツ、サービス) の適用分野マトリックス(大分類 : 12種類)

5) “アクティブRFID(ビジネス)”×「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」のケース×適用分野 : 大分類12(小分類184)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2013年度~2017年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測/悲観シナリオ予測】

II. 潜在市場規模算出 編
- TOTAL/大分類12セグメント<小分類184セグメント> ×今後5カ年での普及予測

1) “アクティブRFID”ビジネス×セグメント(大分類12セグメント/小分類184セグメント)別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2013年度~2017年度での普及予測)TOTAL

2) 対象分野 : 大分類12(小分類184)セグメントにおける「 “アクティブRFID”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年 : 2013年度~2017年度)推移・普及予測(TOTAL)
<「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」 のケース>

3) “アクティブRFID”ビジネス×セグメント別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2013年度~2017年度での普及予測)×最重要ターゲット(大分類12セグメント/小分類184セグメント)別
≪「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」 のケース≫

(1) アミューズメント分野
(2) 医療分野
(3) 企業分野
(4) 決済分野
(5) 公共・環境分野
(6) 産業・工業・製造業分野
(7) 商業・小売業分野
(8) 安心・安全分野
(9) 物流・流通分野
(10) 交通・輸送分野
(11) 農業・畜産業分野
(12) 共通分野

III. 公開統計抽出 編 (適用分野、応用分野、用途)

(1) アミューズメント分野
(2) 医療分野
(3) 企業分野
(4) 決済分野
(5) 公共・環境分野
(6) 産業・工業・製造業分野
(7) 商業・小売業分野
(8) 安心・安全分野
(9) 物流・流通分野
(10) 交通・輸送分野
(11) 農業・畜産業分野
(12) 共通分野

IV. 基本ロジック・普及予測根拠 編
- ビジネスモデル別×アクティブRFIDの導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

≪「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」≫

(1) アクティブRFID×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移(2010年度~2014年度)

(2) アクティブRFID(ビジネス)×平均実績価格 裏付け

(3) “アクティブRFID”ビジネス×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ

(4) 「Japan-VALS2」アプローチ-×大分類セグメント(12種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP

<参考> 「アクティブRFID」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(66社/部門)

【調査対象】

Web上にて 「アクティブRFID」 と言及している当該事業者(当該プレイヤー)・キーマンならびに知見者、研究者など。

【調査方法】

専門調査員による訪問ヒアリング、電話でのヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、独自データベースの活用により調査・分析 (主は電話でのヒアリング)。

【調査&レポート期間】

2011年11月21日 (アクティブRFID リスティング開始)~2011年12月25日まで深堀調査 (公開統計収集を含む情報収集) を実施。その後、レポーティング(集計&分析)、2012年1月28日に集計&分析ならびにコメント化終了。

「特別企画調査」 とは?

1) 「自主企画調査」 が不特定多数を対象とした調査レポート (定価は10万円未満/冊) であるのに対し、「特別企画調査」 は特定少数を対象とした調査レポート (定価は100万円未満/冊 ※ CD-R付き)となります。

2) 「特別企画調査」 を実施する背景には、不況などの影響により、お客様が 「個別調査」 に対して従来通りの調査コスト (数百万円~数千万円/テーマ) をかけられない!といったご要望にお応えすることなどがあります。

3) つまり、個別調査を実施したいものの、100万円未満/テーマしか調査予算がないクライアントのご要望を満たすための調査レポート内容となっております。

4) 基本的に、最低3社以上からのご注文、または特定企業からの強いご要望・リクエストがあった場合に 「特別企画調査」 を実施しております。

5) なお、特別企画調査レポートは、個別調査・マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物 (本報告書及びその記載内容を含む) の著作権などは、発刊元である (株)ESP総研に帰属するものです。

▼ 資料目次

2012年 「アクティブRFID」×今後5カ年 (2013年度~2017年度) の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途)別の普及シナリオ予測 (T字型調査の実施 : 垂直深堀調査重視)

  I. 要約・結論 編

1) 「アクティブRFID」×適用分野、応用分野、用途の抽出方法

2) 対象分野 : 大分類12(小分類184)セグメントにおける 「“アクティブRFID”ビジネス」 潜在市場規模(5カ年 : 2013年度~2017年度)推移・普及予測(TOTAL)
<「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」 のケース>

3) 対象セグメント : 大分類12セグメント別潜在市場規模ランキング(金額ベース)
<「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」 のケース>
 (1-1) 楽観シナリオ 【2013年度予測】<1><2>
 (1-2) 楽観シナリオ 【2017年度予測】<1><2>
 (2-1) 悲観シナリオ 【2013年度予測】<1><2>
 (2-2) 悲観シナリオ 【2017年度予測】<1><2>

4) 「アクティブRFID」シーズ(プロダクツ、サービス)の適用分野マトリックス(大分類 : 12種類)

5-1) “アクティブRFID(ビジネス)”×「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」のケース×適用分野 : 大分類12(小分類184)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2013年度~2017年度)<数量ベース/金額ベース> 【楽観シナリオ予測】
5-2)“アクティブRFID(ビジネス)”×「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」のケース×適用分野 : 大分類12(小分類184)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2013年度~2017年度)<数量ベース/金額ベース> 【悲観シナリオ予測】

  II. 潜在市場規模算出 編
 - TOTAL/大分類12セグメント<小分類184セグメント>×今後5カ年での普及予測

1. “アクティブRFID”ビジネス×セグメント(大分類12セグメント/小分類184セグメント)別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2013年度~2017年度での普及予測)TOTAL

1) 対象分野 : 大分類12(小分類184)セグメントにおける 「“アクティブRFID”ビジネス」 潜在市場規模(5カ年 : 2013年度~2017年度)推移・普及予測(TOTAL)
<「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」 のケース>

2. “アクティブRFID”ビジネス×セグメント別 潜在市場規模推移・予測
- 今後5カ年 : 2013年度~2017年度での普及予測×最重要ターゲット(大分類12セグメント/小分類184セグメント)別
≪「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」 のケース≫

[アミューズメント分野]
1-1. イベント
1-2. トライアスロン(大会、参加人口)
1-3. スポーツ参加人口(ジョギング、マラソン)
1-4. アミューズメント施設(店舗)

[医療分野]
2-1. 医薬品(製造所)
2-2. 血液(献血者)
2-3. 医師
2-4. 薬剤師
2-5. 看護師、准看護師
2-6. 患者
2-7. 調剤支援(処方箋)
2-8. 病院
2-9. 健康診断・人間ドッグ受診者
2-10. ベッド(病床)
2-11. 医療機器
2-12. 医療機器(製造業者)
2-13. PTCAカテーテル
2-14. 内視鏡(経鼻内視鏡)
2-15. 内視鏡(内視鏡下手術例)

[企業分野]
3-1. オフィスビル
3-2. 事業所
3-3. 就業人口
3-4. データセンター
3-5. データセンター(設置サーバ)
3-6. コンピュータ室(メインフレーム)
3-7. 総務部門
3-8. 研究施設
3-9. 電機会社(電気機械器具+情報通信機械器具+電子部品・デバイス+電気業)
3-10. 会社等の寮・寄宿舎

[決済分野]
4-1. FeliCa(ICチップ)
4-2. Edy の発行枚数
4-3. 電子マネー
4-4. 主要電子マネー
4-5. Suica電子マネー
4-6. ICOCA
4-7. PASMO
4-8. PiTaPa

[公共・環境分野]
5-1. 駅
5-2. 小学校
5-3. 中学校
5-4. 高等学校
5-5. 専修学校
5-6. 保育所
5-7. 幼稚園
5-8. 大学
5-9. 各種学校
5-10. 図書館
5-11. 図書館の蔵書
5-12. 国指定の文化財及び記念物
5-13. 都道府県・市(区)町村指定の文化財及び記念物
5-14. 市・町・村
5-15. 公共スペース(文化施設)
5-16. 環境リサイクル(プラスチック)
5-17. ガラスびん
5-18. アルミ缶、スチール缶
5-19. ペットボトル
5-20. 家庭系紙パック
5-21. 発泡スチロール
5-22. 食品廃棄物
5-23. パソコン : 自主回収実績・再資源化実績
5-24. 環境装置
5-25. 環境計測機器
5-26. 国立美術館における収集した美術作品
5-27. 種類別博物館類似施設(美術)
5-28. 学生証(大学生・大学院生)
5-29. 学習塾
5-30. 刑務所・拘置所及び少年院の収容人員
5-31. 団体規模別団体数の推移(市町村)

[産業・工業・製造業分野]
6-1. 家電(家庭用電気機器)
6-2. 家電リサイクル対象の家電4品目
6-3. 民生用機器主要品目
6-4. 建機 中古車ストック台数
6-5. 産業車両(動力付運搬車)
6-6. 普通鋼鋼材
6-7. 工場(電子機器、自動車、航空機)
6-8. 防衛装備品の生産に参加する企業数
6-9. ファクトリーオートメーション用計測制御機器
6-10. 産業用ロボット
6-11. ロボット
6-12. LPガス備蓄量
6-13. フォークリフト
6-14. 建設作業者(労働者)
6-15. 発信器(温度計+圧力計+流量計+差圧計)
6-16. 測定機器(工業用長さ計+積算体積計+圧力. アネロイド形>)
6-17. 工具
6-18. 精密測定機(光学測定機を含む)
6-19. 石油化学製品(ポリエチレン)
6-20. ガスコージェネレーション

[商業・小売業分野]
7-1. レコード・CDレンタル店
7-2. CDアルバム・CDシングル 総在庫状況
7-3. DVD
7-4. 繊維卸・小売業 商店
7-5. 国産アパレル品
7-6. 卸売業(事業所)
7-7. 小売業(事業所)
7-8. コンビニ
7-9. 書籍・雑誌
7-10. 印刷・同関連産業
7-11. 出版社
7-12. 書店
7-13. 外食産業(ファーストフード+ファミリーレストラン+パブ/居酒屋+ディナーレストラン+喫茶)
7-14. ファミリーレストラン
7-15. 米、小麦、豆類、野菜、牛乳・乳製品、肉類、果実
7-16. 冷凍食品
7-17. 漁業・養殖業部門別生産量
7-18. 酒類
7-19. 食品小売業
7-20. スーパー
7-21. ショッピングセンター(テナント)
7-22. ホテル・旅館客室
7-23. 宿泊業事業所・従業員

[安心・安全分野]
8-1. マンションストック戸数
8-2. ネットワークカメラ
8-3. 高齢者(65歳以上)
8-4. 老人福祉施設
8-5. 介護保険施設
8-6. 赤ちゃん(0歳~4歳人口)
8-7. 身体障害者
8-8. 要介護者の認知症老人
8-9. 幼稚園・小学校の在学者
8-10. こども
8-11. イモビライザー
8-12. 救急隊
8-13. EAS機器
8-14. 一人暮らし高齢者
8-15. ペット関連業者
8-16. ペット(犬猫)飼育頭数
8-17. 介護予防居宅サービス事業所
8-18. 介護老人福祉施設+介護老人保健施設+介護療養型医療施設
8-19. リモート監視関連(ZigBeeモジュール)

[物流・流通分野]
9-1. 海上貨物輸送(積荷)
9-2. 輸入・輸出×日本籍船(輸送量)
9-3. 舶用工業製品
9-4. 木船+鋼船
9-5. 貨物輸送
9-6. 港湾
9-7. 小量物品
9-8. 普通トラック
9-9. パレット用自動倉庫など
9-10. パレット
9-11. レンタルパレット
9-12. 自家用倉庫
9-13. 輸配送センター

[交通・輸送分野]
10-1. 空港
10-2. 国際航空旅客数
10-3. 国内航空旅客数
10-4. 航空機生産数(機体+エンジン)
10-5. 国際航空貨物取扱量
10-6. 国内航空貨物取扱量
10-7. 旅券
10-8. 使用済自動車発生台数
10-9. 自転車及び自動車保有台数
10-10. 自転車生産台数
10-11. 放置自転車
10-12. 自動車保有台数(軽自動車を含む)
10-13. バス
10-14. 路線バス(乗合バス、貸切バス)
10-15. 高速バス×輸送人員(年間)
10-16. ハイヤー・タクシー事業者
10-17. ワイパー
10-18. 交通系ICカード(鉄道)
10-19. コインパーキング(無人駐車場)
10-20. 駐車場等

[農業・畜産業分野]
11-1. 施設園芸農家
11-2. 鉢もの類
11-3. 切り花類
11-4. 観葉植物
11-5. 米
11-6. 小麦
11-7. 大豆
11-8. 青刈りとうもろこし
11-9. 動物(輸入)
11-10. 家畜(肉用牛、乳用牛)
11-11. 家畜(豚)
11-12. 家畜(ブロイラー)
11-13. 畜舎及び家きん舎
11-14. 捕獲鳥獣(鳥類)
11-15. 農家

[共通分野]
12-1. スマートフォン
12-2. 携帯電話
12-3. ネットワーク家電
12-4. パソコン→ノート+ネットブック(ミニノート)+デスクトップ
12-5. スポーツクラブ会員
12-6. 文具(鉛筆)

  III. 公開統計抽出 編 (適用分野、応用分野、用途)

[アミューズメント分野]
(1-1)イベントの数
(1-2-1)トライアスロン(大会、参加人口)の数
(1-2-2)マラソン(参加人口)の数
(1-3)アミューズメント施設の数

[医療分野]
(2-1)医薬品(製造所)の数
(2-2)血液(献血者)の数
(2-3-1)医師の数
(2-3-2)薬剤師の数
(2-3-3)看護士の数
(2-4)患者の数
(2-5)調剤支援(処方箋)の数
(2-6)病院の数
(2-7)ヘルスケア(健康診断受診者)の数
(2-8)ベッド(病床)の数
(2-9-1)医療機器の数
(2-9-2)医療機器(製造業者)の数
(2-9-3)高額医療材料(ペースメーカー、電子カテーテル、MRI)の数
(2-10-1)内視鏡(経鼻内視鏡)の数
(2-10-2)内視鏡(内視鏡下手術例)の数

[企業分野]
(3-1-1)オフィスビルの数(全国主要都市部)
(3-1-2)オフィスビルの数(面積)
(3-1-3)事務所(事業所)の数
(3-2)作業員、従業員の数
(3-3-1)データセンターの数
(3-3-2)データセンター(設置サーバ)の数
(3-4)コンピュータ室(メインフレーム)の数
(3-5)総務部門(企業)の数
(3-6)研究室、研究所の数
(3-7)電機会社の数
(3-8)独身寮(社員寮)の数

[決済分野]
(4-1)FeliCa(ICチップ)の数
(4-2-1)認証・電子マネー(Edy)の数
(4-2-2)認証・電子マネーの数
(4-2-3)認証・電子マネーの数
(4-3-1)Suicaの数
(4-3-2)ICOCAの数
(4-3-3)PASMOの数
(4-3-4)PiTaPaの数

[公共・環境分野]
(5-1)駅の数
(5-2-1)学校の数(小学校)
(5-2-2)学校の数(中学校)
(5-2-3)学校の数(高等学校)
(5-2-4)学校の数(専修学校)
(5-2-5)学校の数(保育園)
(5-2-6)学校の数(幼稚園)
(5-2-7)学校の数(大学)
(5-2-8)学校の数(各種学校)
(5-3)図書館の数
(5-4-1)文化施設の図書(図書館)の数
(5-4-2)文化施設の図書(蔵書)の数
(5-4-3)文化財(国指定)の数
(5-4-4)文化財(都道府県・市町村指定)の数
(5-5)街、市、地域の数
(5-6)公共スペース(文化施設)の数
(5-7-1)環境リサイクル(プラスチック)の数
(5-7-2)環境リサイクル(ガラスびん)の数
(5-7-3)環境リサイクル(アルミ缶、スチール缶)の数
(5-7-4)環境リサイクル(ペットボトル)の数
(5-7-5)環境リサイクル(紙パック)の数
(5-7-6)環境リサイクルの数※容器包装リサイクル法に基づく分別収集・再商品化の実績
(5-7-7)環境リサイクル(発泡スチロール)の数
(5-7-8)環境リサイクル(食品リサイクル)の数
(5-7-9)環境リサイクル(パソコン・小型二次電池リサイクル)の数
(5-7-10)環境リサイクル(環境装置)の数
(5-8)環境監視(環境計測機器)の数
(5-9-1)絵画、書、美術品の数
(5-9-2)絵画、書、美術品(美術館)の数
(5-10)学生証(大学生・大学院生)の数
(5-11)学習塾の数
(5-12)刑務所(収容人数)の数
(5-13)自治体の数

[産業・工業・製造業分野]
(6-1-1)家電の数
(6-1-2)家電の数
(6-1-3)家電(リサイクル)の数
(6-1-4)家電(リサイクル)の数
(6-1-5)電子機器の数
(6-2-1)建設車両、重機、工事車両の数
(6-2-2)建設車両、重機、工事車両の数
(6-2-3)産業車両の数
(6-3)鋼材の数
(6-4-1)工場(電子機器、自動車、航空機)の数
(6-4-2)防衛関連企業の数
(6-5)FA機器(ファクトリーオートメーション用計測制御機器)の数
(6-6)製油所の数
(6-7-1)産業用ロボットの数
(6-7-2)ロボットの数
(6-8)トレーサビリティ管理(システム)の導入状況
(6-9)ガス備蓄基地(LPガス備蓄量)の数
(6-10)フォークリフトの数
(6-11-1)土木・建設現場作業員の数
(6-11-2)土木・建設現場作業員の数
(6-12)温室度管理、電力量監視システムの数
(6-13)計器、測定器の数
(6-14)工具の数
(6-15)精密機器の数
(6-16)化学品の数<1><2>
(6-17)ガス施設(ガスコージェネレーション)の数

[商業・小売業分野]
(7-1-1)CD・DVDレンタル店の数
(7-1-2)CD・DVDレンタル品の数
(7-1-3)CDの数
(7-1-4)DVDの数
(7-2-1)アパレル(店舗)の数
(7-2-2)アパレル(衣料)の数
(7-2-3)百貨店の数
(7-3-1)卸売業(事業所)の数
(7-3-2)小売業(事業所)の数
(7-4)コンビニの数
(7-5-1)出版・書籍の数
(7-5-2)出版・書籍の数
(7-5-3)出版・書籍(事業所)の数
(7-5-4)出版・書籍(出版社)の数
(7-5-5)出版・書籍(書店)の数
(7-6-1)外食産業の数
(7-6-2)外食産業(ファミリーレストラン)の店舗数
(7-7-1)生鮮食品の数
(7-7-2)冷凍食品の数
(7-8)水産物の数
(7-9)酒、ビールの数
(7-10-1)食料品店の数
(7-10-2)スーパーの数
(7-10-3)店舗(ショッピングセンター)の数
(7-11)ホテルの数
(7-12)ホテル(宿泊業事業所・従業員)の数

[安心・安全分野]
(8-1)マンションの数
(8-2)ネットワークカメラの数
(8-3-1)老人(高齢者)の数
(8-3-2)老人介護施設(老人ホーム)の数
(8-3-3)老人介護施設の数
(8-4)赤ちゃん(0歳~4歳人口)の数
(8-5)障害者の数
(8-6)高齢者徘徊(認知症高齢者)の数
(8-7-1)児童、園児の数
(8-7-2)子供の数
(8-8)イモビライザーの数
(8-9)レスキューチーム(救急隊)の数
(8-10)万引防止(EAS機器)の数
(8-11)独居(独り住まい)の数
(8-12-1)ペット(関連事業者)の数
(8-12-2)ペット(犬、猫)の数
(8-13-1)介護(施設)の数
(8-13-2)介護(施設数・利用者数)の数
(8-14)遠隔監視システムの数

[物流・流通分野]
(9-1-1)海上貨物輸送の数 ※月平均
(9-1-2)海上貨物輸送(貿易量)の数
(9-1-3)船用機器の数
(9-2-1)船の数
(9-2-2)船の数
(9-3)貨物運搬の数
(9-4)主要湾の数
(9-5)宅配・郵便(小量物品取扱)の数
(9-6)トラックの数
(9-7-1)バケット自動倉庫、パレットの数
(9-7-2)パレットの数
(9-8)レンタルパレットの数
(9-9)台車の数
(9-10)倉庫の数
(9-11)物流センターの数
(9-12)ラック、ピッキング(システム)の数

[交通・輸送分野]
(10-1)空港の数
(10-2-1)空港の旅客の数
(10-2-2)空港の旅客の数
(10-3-1)航空機保守部品(機体、エンジン)の数
(10-3-2)航空機保守部品(機体、部品)の数
(10-4-1)航空手荷物(航空貨物)の数
(10-4-2)航空手荷物(航空貨物)の数
(10-5)パスポートの数
(10-6)自動車リサイクルの数
(10-7-1)自転車(保有台数)の数
(10-7-2)自転車(生産台数、レンタサイクル事業者・台数)
(10-7-3)自転車(放置自転車)の数
(10-8)自動車、乗用車の保有台数
(10-9-1) バスの販売台数
(10-9-2) 路線バス(乗合バス、貸切バス)の数
(10-9-3)高速バス(事業者、系統)の数
(10-10-1)タクシー(事業者)の数
(10-10-2)ワイパーの数
(10-11)乗車カード(交通系ICカード(鉄道)の累積発行枚数推移)の数
(10-12)駐車場の累計稼働台数

[農業・畜産業分野]
(11-1)温室栽培、ビニールハウスの数
(11-2)鉢の数
(11-3)花の数
(11-4)観葉植物の数
(11-5-1)穀物(米)の数
(11-5-2)穀物(小麦)の数
(11-5-3)穀物(大豆)の数
(11-5-4)穀物(とうもろこし)の数
(11-6)動物(輸入)の数
(11-7-1)家畜(肉用牛、乳用牛)の数
(11-7-2)家畜(豚)の数
(11-7-3)家畜(ブロイラー)の数
(11-7-4)家畜(畜舎)の数
(11-8)野生動物の調査の数
(11-9)契約農家(農家)の数

[共通分野]
(12-1-1)スマートフォンの(販売台)数
(12-1-2)携帯電話の数
(12-2)情報家電(ネットワーク家電)の数
(12-3) パソコンの数
(12-4)スポーツ計測(フィットネスクラブ、会員)の数
(12-5)文房具の数<1>~<3>

  IV. 基本ロジック・普及予測根拠 編
 - ビジネスモデル別×アクティブRFIDの導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

≪「タグ(アクティブ、温度、湿度、運動センサー付きアクティブRFIDなど)、リーダやライタ、評価キットなど<ハードウェア販売>」≫

(1) アクティブRFID×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移(2010年度~2014年度)<1><2>

(2) アクティブRFID(ビジネス)×平均実績価格 裏付け<1><2>

(3) “アクティブRFID”ビジネス×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ

(4) 「Japan-VALS2」アプローチ-×大分類セグメント(12種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP(1)~(10)

<参考> 「アクティブRFID」 ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(66社/部門)

商品名
2012年「アクティブRFID」×今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途)別の普及シナリオ予測
発刊
2012年01月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 626ページ
備考
印刷版(ハードコピー)は一部カラー、CD-R収録のPDF版は全てカラー
販売価格

報告書セット [PDF版+印刷版]
1,026,000 円 (税抜 950,000 円+消費税 76,000 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ