リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2012年「エネルギーハーベスティング」×新市場探索総調査ならびに今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途(場所・エリア、対象分野など))別の普及シナリオ予測

自家発電ビジネス, 自家発電市場動向, エネルギーハーベスティング市場規模, エネルギーハーベスティング動向, 自家発電潜在市場規模, 自家発電設備, 自己発電ビジネス, 環境ITビジネス, 環境発電ビジネス, 環境発電技術, エネルギーハーベスティング市場予測, エネルギーハーベスティング市場分析

2012年「エネルギーハーベスティング」×新市場探索総調査ならびに今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途(場所・エリア、対象分野など))別の普及シナリオ予測

Clip!

~ 【特別企画調査】 「自己発電」「自家発電」分野のエネルギーハーベスティングに関連する新市場探索総調査。[大分類19/小分類213]の対象セグメント別の公開統計を抽出、統計値をベースとした各市場の普及予測・5年間の潜在市場規模推移をシナリオ別に予測! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00035

【資料概要】

「自己発電」「自家発電」分野から「エネルギーハーベスティング」に関する新市場探索総調査を実施。大分類19セグメント(小分類213セグメント)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途(場所・エリア、対象分野など))別×公開統計の抽出ならびに、公開統計をベースとした「Japan-VALS2」普及予測ロジックによるトップダウン式潜在市場規模<2013年度~2017年度>!

当資料 『2012年「エネルギーハーベスティング」×新市場探索総調査ならびに今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途(場所・エリア、対象分野など))別の普及シナリオ予測』 は、「自己発電」「自家発電」に関連するエネルギーハーベスティング分野ビジネスの用途・適用エリア別に、大分類19/小分類213セグメントの公開統計をベースに、セグメントごとに今後5年間の潜在市場規模推移をシナリオ(楽観/悲観)別に算出、エネルギーハーベスティンに関連する市場を分析した特別企画調査シリーズのレポート資料です。

(各章の概要)

I. 要約・結論 編

1) 「エネルギーハーベスティング」新市場探索方法(自己発電・自家発電分野からアプローチ)

2) 自己発電・自家発電分野に属する「プレイヤー」抽出 調査所感 (気づきメモ)

3) 対象分野 : 大分類19(小分類213)セグメントにおける「“エネルギーハーベスティング”新市場 」潜在市場規模(5カ年 : 2013年度~2017年度)推移・普及予測(TOTAL、楽観シナリオ×2013年度予測、楽観シナリオ× 2017年度予測、悲観シナリオ×2013年度予測、悲観シナリオ× 2017年度予測)<ハードウェア(部品)販売のケース>

4) 「自己発電」「自家発電」シーズ(プロダクツ、サービス)の適用分野マトリックス(大分類 : 19種類)

5) “エネルギーハーベスティング(ビジネス)”新市場探索×潜在市場規模<普及予測>×ハードウェア : 部品販売×適用分野 : 大分類19(小分類213)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2013年度~2017年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測、悲観シナリオ予測】

II. 潜在市場規模算出 編
- TOTAL/大分類19セグメント<小分類213セグメント> ×今後5カ年での普及予測

1) “エネルギーハーベスティング”新市場×セグメント(大分類19セグメント/小分類213セグメント)別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2013年度~2017年度での普及予測)TOTAL

2) 対象分野 : 大分類19(小分類213)セグメントにおける「 “エネルギーハーベスティング”新市場 」潜在市場規模(5カ年 : 2013年度~2017年度)推移・普及予測(TOTAL)<ハードウェア(部品)販売のケース>

3) “エネルギーハーベスティング”ビジネス×セグメント別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2013年度~2017年度での普及予測)×最重要ターゲット(大分類19セグメント/小分類213セグメント)別≪ハードウェア(部品)販売のケース≫

【“エネルギーハーベスティング(ビジネス)”新市場探索×潜在市場規模<普及予測>(2013年度~2017年度)】

(1) 防犯・セキュリティ分野
(2) 防災分野
(3) 医療・福祉分野
(4) 宇宙分野
(5) 環境分野
(6) 公共施設分野
(7) 一般家庭分野
(8) 企業・ビル分野
(9) 一般・企業共通分野
(10) 工業・製造業分野
(11) 商業分野
(12) 農業・畜産業分野
(13) 通信施設分野
(14) 電化製品分野
(15) 電子機器分野
(16) 電力・エネルギー分野
(17) 交通・輸送機分野
(18) レジャー分野
(19) その他

III. 公開統計抽出 編
- 適用分野、応用分野、用途(場所・エリア、対象分野など) ※ 数量ベース

(1) 防犯・セキュリティ分野
(2) 防災分野
(3) 医療・福祉分野
(4) 宇宙分野
(5) 環境分野
(6) 公共施設分野
(7) 一般家庭分野
(8) 企業・ビル分野
(9) 一般・企業共通分野
(10) 工業・製造業分野
(11) 商業分野
(12) 農業・畜産業分野
(13) 通信施設分野
(14) 電化製品分野
(15) 電子機器分野
(16) 電力・エネルギー分野
(17) 交通・輸送機分野
(18) レジャー分野
(19) その他

IV. 基本ロジック・普及予測根拠 編
- ビジネスモデル別×エネルギーハーベスティングの導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

≪ハードウェア販売(完成品、マイコン、チップ、モジュール、デバイスなどの部品) ※時計も含む、システム販売(ハードウェア販売+ソフトウェア販売)、企業から受託研究、受託開発、コンサルティング、その他(レンタル事業、イルミネーション事業、液体状など)≫

(1) エネルギーハーベスティング×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移(2009年度~2013年度) ※ 時計を含まないモデルを指標値とした。
(2) エネルギーハーベスティング×平均実績価格 裏付け
(3) “エネルギーハーベスティング”ビジネス×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ
(4) 「Japan-VALS2」アプローチ-×大分類セグメント(19種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP

V. 「自家発電」「自己発電」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス (75社/団体)

【調査対象】

Web上にて 「自己発電」 「自家発電」 と言及している当該事業者(当該プレイヤー)・キーマンならびに知見者、研究者など。

【調査方法】

専門調査員による訪問ヒアリング、電話でのヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、独自データベースの活用により調査・分析。(主は電話ヒアリング)

【調査&レポート期間】

2011年6月29日 (自己発電・自家発電リスティング開始)~2011年12月27日まで深堀調査 (公開統計収集を含む情報収集) を実施。その後、レポーティング(集計&分析)、2012年1月7日に集計&分析ならびにコメント化終了。

「特別企画調査」 とは?

1) 「自主企画調査」 が不特定多数を対象とした調査レポート (定価は10万円未満/冊) であるのに対し、「特別企画調査」 は特定少数を対象とした調査レポート (定価は100万円未満/冊 ※ CD-R付き)となります。

2) 「特別企画調査」 を実施する背景には、不況などの影響により、お客様が 「個別調査」 に対して従来通りの調査コスト (数百万円~数千万円/テーマ) をかけられない!といったご要望にお応えすることなどがあります。

3) つまり、個別調査を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がないクライアントのご要望を満たすための調査レポート内容となっております。

4) 基本的に、最低3社以上からのご注文、または特定企業からの強いご要望・リクエストがあった場合に 「特別企画調査」 を実施しております。

5) なお、特別企画調査レポートは、個別調査・マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物 (本報告書及びその記載内容を含む) の著作権などは、発刊元である (株)ESP総研に帰属するものです。

▼ 資料目次

2012年「エネルギーハーベスティング」×新市場探索総調査ならびに今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途(場所・エリア、対象分野など))別の普及シナリオ予測 (T字型調査の実施 : 垂直深堀調査重視)

  I. 要約・結論 編

1) 「エネルギーハーベスティング」新市場探索方法(自己発電・自家発電分野からアプローチ)

2) 自己発電・自家発電分野に属する「プレイヤー」抽出 調査所感(気づきメモ)

3) 対象分野 : 大分類19(小分類213)セグメントにおける「“エネルギーハーベスティング”新市場 」潜在市場規模(5カ年 : 2013年度~2017年度)推移・普及予測(TOTAL)<ハードウェア(部品)販売のケース>

4) 対象セグメント : 大分類19セグメント別潜在市場規模ランキング(金額ベース)<ハードウェア(部品)販売のケース>
 (1-1) 楽観シナリオ 【2013年度予測】<1><2>
 (1-2) 楽観シナリオ 【2017年度予測】<1><2>
 (2-1) 悲観シナリオ 【2013年度予測】<1><2>
 (2-2) 悲観シナリオ 【2017年度予測】<1><2>

5) 「自己発電」「自家発電」シーズ(プロダクツ、サービス)の適用分野マトリックス(大分類 : 19種類)

6-1) “エネルギーハーベスティング(ビジネス)”新市場探索×潜在市場規模<普及予測>×ハードウェア : 部品販売×適用分野 : 大分類19(小分類213)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2013年度~2017年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測】
6-2) “エネルギーハーベスティング(ビジネス)”新市場探索×潜在市場規模<普及予測>×ハードウェア : 部品販売×適用分野 : 大分類19(小分類213)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2013年度~2017年度)<数量ベース/金額ベース>【悲観シナリオ予測】

  II. 潜在市場規模算出 編
 - TOTAL/大分類19セグメント<小分類213セグメント> ×今後5カ年での普及予測

1. “エネルギーハーベスティング”新市場×セグメント(大分類19セグメント/小分類213セグメント)別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2013年度~2017年度での普及予測)TOTAL

1) 対象分野 : 大分類19(小分類213)セグメントにおける「 “エネルギーハーベスティング”新市場 」潜在市場規模(5カ年 : 2013年度~2017年度)推移・普及予測(TOTAL)<ハードウェア(部品)販売のケース>

2. “エネルギーハーベスティング”ビジネス×セグメント別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2013年度~2017年度での普及予測)×最重要ターゲット(大分類19セグメント/小分類213セグメント)別≪ハードウェア(部品)販売のケース≫ × “エネルギーハーベスティング(ビジネス)”新市場探索×潜在市場規模<普及予測>(2013年度~2017年度)

[防犯・セキュリティ分野]
1-1. 見守り機器(センサー等を使った見守りサービス)
1-2-1. 監視カメラ(ネットワークカメラ)
1-2-2. 監視カメラ
1-3-1. 児童
1-3-2. 高齢者
1-4. 自動監視(遠隔監視)
1-5. 防犯装置の数(EAS機器)

[防災分野]
2-1. 救助活動支援(救急隊)
2-2. 消火設備(消火器)
2-3. 非常用照明(防災用)
2-4. 防災保安機器(火災警報器)

[医療・福祉分野]
3-1. 体重計(体組成計)
3-2. 医療機器
3-3. 福祉施設(社会福祉施設)
3-4. 宗教施設
3-5. 電子カルテ
3-6. 医療施設(病院+一般診療所+無料診療所)
3-7. 老人福祉施設
3-8. 介護保健施設

[宇宙分野]
4. 人工衛星

[環境分野]
5-1. 河川(一級河川+二級河川)
5-2. 淡水化施設
5-3. 環境計測機器
5-4. ダム(既設+新設)
5-5. 離島

[公共施設分野]
6-1. 体育施設(社会+民間)
6-2. 小学校
6-3. 中学校
6-4. 高等学校
6-5. 専修学校
6-6. 保育所
6-7. 幼稚園
6-8. 大学
6-9. 各種学校
6-10. 文化施設(公民館+図書館+博物館+青少年教育施設+女性教育施設)
6-11. 都市公園
6-12. 公園(国立公園+国定公園+都道府県立自然公園+国民公園+都市公園)
6-13. 庁舎(合同+単独)
6-14. 非住宅用太陽光発電システム
6-15. 水道
6-16. 浄水場、消毒のみの浄水施設
6-17. 神社、寺院
6-18. 井戸(検査井戸ならび基準超過井戸)
6-19. 銀行×店舗(本支店+出張所)
6-20. 公共施設用太陽光発電システム
6-21. 公共施設用太陽電池

[一般家庭分野]
7-1. システムキッチン
7-2. キッチンシンク(浄水器)
7-3. シャワーヘッド(浄水シャワー)
7-4. 住宅
7-5. マンション
7-6. 玩具
7-7. 電子ピアノ
7-8. 白熱灯器具+放電灯器具+自動車用器具
7-9. 電動工具
7-10. こども
7-11. 時計
7-12. 換気設備
7-13. ダクト式換気システム
7-14. 温水器(ガス給湯器)
7-15. 温水器(電気式給湯器)
7-16. 温水器(ヒートポンプ給湯器)
7-17. 住宅用太陽光発電システム

[企業・ビル分野]
8-1. エスカレータ、エレベータ
8-2. オフィスビル
8-3. 賃貸ビル(事務室用)
8-4. 事業所
8-5. BAS
8-6. ビジネスプロジェクター(液晶+DLP+LCOS)
8-7. 国内レーザープリンタ
8-8. デジタル複合機(マルチファンクションプリンタ)
8-9. 事務機器(情報端末機器) 「ディスプレイ+プリンタ+固定磁気ディスク装置+イメージスキャナ+OCR」

[一般・企業共通分野]
9-1. LED 器具
9-2. 白色LED
9-3. 各種照明(一般証明用ランプ)
9-4. タッチパネル
9-5. 節水便器
9-6. 人感センサ
9-7. ガス給湯器(給湯単能機、ふろ給湯器、給湯暖房機)
9-8. 電気式給湯器
9-9. 建材(屋根材)
9-10. 各種屋根材
9-11. 板ガラス
9-12. 防音壁
9-13. 壁紙
9-14. ラジオ受信機
9-15. 太陽熱利用温水器
9-16. エアコン( RAC=家庭用エアコン+ PAC=業務用エアコン)
9-17. 業務用エアコン

[工業・製造業分野]
10-1. クリーンルーム、クリーンベンチ及び真空装置
10-2. ファクトリーオートメーション(ファクトリーオートメーション用計測制御機器)
10-3. プロセス用分析計+プロセス監視制御システム
10-4. 産業用ロボット
10-5. 製造工場
10-6. 印刷・製版会社
10-7. 製材工場、合板工場
10-8. 食料品、飼料、飲料製造業
10-9. プレス金型+プラスチック成型金型
10-10. 金型
10-11. 工業用長さ計や精密測定機(光学測定器を含む)
10-12. 計測機器+測定機器
10-13. 発信器(温度計+圧力計+流量計+差圧計+その他の発信器)
10-14. 建設機械×ストック台数
10-15. 工場立地
10-16. 鉄鋼業、非鉄金属製造業×工場
10-17. 養殖面積規模別 生産者
10-18. 大規模工場
10-19. 半導体製造装置及びフラットパネル・ディスプレイ製造装置

[商業分野]
11-1. エステティックサロン
11-2. 美容室+理容室
11-3. クリーニング業
11-4. 小売業(事業所)
11-5. ショッピングセンター
11-6. 百貨店+スーパー
11-7. ファーストフード店
11-8. ペット関連業者
11-9. ファミリーレストラン
11-10. 飲食店合計
11-11. 花きなど取扱業の商店
11-12. 花き販売農家
11-13. 業務用冷蔵庫
11-14. ガソリンスタンド(SS)
11-15. 厨房(家庭用) 厨房機器全体>
11-16. 鮮魚市場
11-17. 券類自販機
11-18. コインパーキング市場(無人駐車場)
11-19. 駐車場(駐車場等の整備状況)

[農業・畜産業分野]
12-1. 施設園芸農家
12-2. 田・畑
12-3. 畜舎及び家きん舎
12-4. 農家
12-5. 農業用水使用量

[通信施設分野]
13-1. 通信施設(無線中継局、衛星地上局)
13-2. 無線局
13-3. 衛星移動通信サービス無線局
13-4. デジタルテレビ受信機器(アダプタ+デジタルTV)
13-5. 放送事業者

[電化製品分野]
14-1. 情報通信機器(液晶テレビ+プラズマテレビ+ブラウン管テレビ+DVDレコーダー+VTR)
14-2. CDプレイヤー+MD
14-3. 音響機器(ipod)
14-4. 暖房関連機器(電気ストーブ+電気こたつ+電気毛布+電気カーペット)
14-5. シェーバー
14-6. 電気がま+トースター+ ジューサミキサ+ジャーポット+電気冷蔵庫+ヘヤードライヤー+換気扇+扇風機
14-7. ハンドドライヤー
14-8. デジタルカメラ+銀塩カメラ
14-9. 冷蔵庫
14-10. 洗濯機

[電子機器分野]
15-1. 日本x86サーバ
15-2. 国内ルーター
15-3. デスクトップパソコン+ノートパソコン
15-4. モバイル端末(定義)=スマートフォン、タブレット型コンピュータ、ネットブック、モバイルノートPC、電子書籍専用端末
15-5. 携帯電話(スマートフォン)
15-6. 携帯電話(携帯電話)
15-7. 携帯電話などの充電器(モジュール : ワイヤレス給電 : 無接点・非接触給電小型家電向けモジュール)
15-8. 携帯電話用ソーラーモジュール
15-9. 国内における電話機
15-10. 電子式卓上計算機

[電力・エネルギー分野]
16-1. 注目モジュール/ユニットのリモート監視用途市場(スマートメーター)
16-2. ソーラーバッテリー(太陽電池)
16-3. 非常用電源(燃料電池)
16-4. 非常用発電機
16-5. 無停電電源装置
16-6. 瞬時電圧保護装置
16-7. 発電所
16-8. メガソーラー発電
16-9. 産業用コジェネレーション

[交通・輸送機分野]
17-1. トンネル
17-2. 海上標識(航路標識);光波標識+ 電波標識+その他標識
17-3. 洋上風力
17-4. 航空路管制取扱機
17-5. 交通信号機
17-6. 道路情報管理施設
17-7. 空港
17-8. プリウス
17-9. バス(乗合バス+貸切バス)
17-10. 清掃事業車
17-11. 特殊小型船舶+プレジャーモーターボート+プレジャーヨット
17-12. 企業の業務用車両(法人自動車保有台数)
17-13. 高速道路
17-14. 駅
17-15. 国内商用車向けテレマティクスサービス端末4品目(デジタルタコグラフ+運行動態管理+リース車両用テレマティクス+ドライブレコーダー)
17-16. 車載機器の数(車載端末)
17-17. 車載機等の端末機器(ETC搭載機+多機能車載機)
17-18. 車載用地上デジタルテレビ受信機器
17-19. ハイブリット自動車
17-20. 自動車(軽自動車を含む)
17-21. 船舶(木船+鋼船)
17-22. 大型船(※大型船とは20トン以上の大きさの船を指す)
17-23. 小型漁船(漁船+小型兼用船)
17-24. 鉄道車両 ・新造 ・国内向け
17-25. 電気自動車
17-26. 燃料電池自動車、充電ステーション(日本)
17-27. 航空機

[レジャー分野]
18-1. キャンプ場
18-2. 全国イベント開催
18-3. ハイキングコース
18-4. プール(水泳+レジャー+ダイビング)
18-5. 日本人海外旅行者
18-6. カラオケボックス
18-7. ゲーム機(ニンテンドーDS+PSP+Wii+プレイステーション3+Xbox360)
18-8. アミューズメント施設の立地形態別店舗(SC・デパート+単独立地+ホテル旅館+ボウリング場+飲食店+その他 業種)
18-9. スキー・スノーボード場
18-10. ナイター設備設置施設
18-11. パチンコ・スロットの遊技場
18-12. ホテル・旅館
18-13. 温泉
18-14. 一般公衆浴場+公共温浴施設+ヘルスセンター+サウナ風呂+スポーツ施設+その他
18-15. 文化会館
18-16. 映画館
18-17. 水族館
18-18. 遊園地(テーマパーク)

[その他]
19-1. 武器(銃+砲+爆発物投射機+戦車車両)
19-2. 設備工事業

  III. 公開統計抽出 編
 - 適用分野、応用分野、用途 (場所・エリア、対象分野など)

[防犯・セキュリティ分野] ※ 数量ベース
(1-1)見守り機器の数
(1-2-1)監視カメラ(ネットワークカメラ)の数
(1-2-2)監視カメラの数
(1-3-1)児童の数
(1-3-2)高齢者の数
(1-4)自動監視(遠隔監視)の数
(1-5)防犯装置の数(EAS機器)

[防災分野] ※ 数量ベース
(2-1)救助活動支援(救急隊)の数
(2-2)消火設備(消火器)の数
(2-3)非常用照明(防災用)の数
(2-4)防災保安機器(火災警報器)の数

[医療・福祉分野] ※ 数量ベース
(3-1)体重計(体組成計)の数
(3-2)医療機器の数
(3-3)福祉施設(社会福祉施設)の数
(3-4)宗教施設の数
(3-5)電子カルテの数
(3-6)病院、歯科医院の数
(3-7)老人ホームの数
(3-8)老人介護施設の数

[宇宙分野] ※ 数量ベース
(4-1-1)人工衛星の数
(4-1-2)人工衛星の数

[環境分野] ※ 数量ベース
(5-1)河川の数
(5-2)海水の真水化(淡水化施設)の数
(5-3)観測機器(環境計測機器)の数
(5-4)ダムの数
(5-5)離島の数

[公共施設分野] ※ 数量ベース
(6-1)スポーツ施設の数
(6-2-1)教育施設(学校)の数 (小学校)
(6-2-2)教育施設(学校)の数 (中学校)
(6-2-3)教育施設(学校)の数 (高等学校)
(6-2-4)教育施設(学校)の数 (専修学校)
(6-2-5)教育施設(保育園)の数
(6-2-6)教育施設(幼稚園)の数
(6-2-7)教育施設(大学)の数
(6-2-8)教育施設(学校)の数 (各種学校)
(6-3)文化施設の数
(6-4-1)公園(都市公園)の数
(6-4-2)公園の数
(6-4-3)公共施設(庁舎)の数
(6-5)産業用太陽光発電システムの数
(6-6-1)水道施設(水道の箇所)の数
(6-6-2)水道施設(浄水場、水再生センター、水処理場)の数
(6-7)神社、寺院の数
(6-8)井戸(飲用井戸)の数
(6-9)銀行の数
(6-10-1)公共施設用太陽電池モジュールの数
(6-10-2)公共施設用太陽電池の数

[一般家庭分野] ※ 数量ベース
(7-1-1)キッチンシンク(システムキッチン)の数
(7-1-2)キッチンシンク(浄水器)の数
(7-2)シャワーヘッド(浄水シャワー)の数
(7-3-1)マンション・集合住宅・一戸建て・高層住宅の数
(7-3-2)マンション・集合住宅・一戸建て・高層住宅の数
(7-4-1)玩具の数
(7-4-2)楽器(電子ピアノ)の数
(7-5)各種照明の数
(7-6)工具(電動工具)の数
(7-7)子供の数
(7-8)時計、腕時計の数
(7-9-1)換気ファン(換気設備)の数
(7-9-2)換気ファン(ダクト式換気システム)の数
(7-10-1)温水器(ガス給湯器)の数
(7-10-2)温水器(電気式給湯器)の数
(7-10-3)温水器(ヒートポンプ給湯器)の数
(7-11)住宅用太陽光発電システムの数

[企業・ビル分野] ※ 数量ベース
(8-1)エスカレータ、エレベータの数
(8-2-1)オフィスビルの数(全国主要都市部)
(8-2-2)オフィスビルの数(面積)
(8-3)職場、事業所の数
(8-4)ビルオートメーションの数(BAS)
(8-5)プロジェクター(ビジネスプロジェクター)の数
(8-6-1)事務機器(レーザープリンタ)の数
(8-6-2)事務機器(デジタル複合機)の数
(8-6-3)事務機器(情報端末機器)の数

[一般・企業共通分野] ※ 数量ベース
(9-1-1)LED照明の数
(9-1-2)LED照明の数
(9-1-3)各種照明(一般証明用ランプ)の数
(9-2)タッチパネルの数
(9-3)トイレの数
(9-4)人感センサの数
(9-5-1)給湯設備< ガス給湯器(給湯単能機、ふろ給湯器、給湯暖房機) >の数
(9-5-2)給湯設備<電気式給湯器>の数
(9-6-1)建材(屋根材)<シングル材 : 販売面積>の数
(9-6-2)建材(屋根材)の数
(9-6-3)建材(窓ガラス)の数
(9-6-4)建材(防音壁)の数
(9-6-5)建材(壁紙)の数
(9-7)音声受信機(ラジオ受信機)の数
(9-8)太陽熱温水器の数
(9-9-1)冷暖房空調設備(エアコン)の数
(9-9-2)冷暖房空調設備の数

[工業・製造業分野] ※ 数量ベース
(10-1)クリーンルームの数
(10-2)ファクトリーオートメーション(ファクトリーオートメーション用計測制御機器)の数
(10-3)プロセス制御・管理・流量監視の数
(10-4)ロボットの数
(10-5-1)製造工場の数
(10-5-2)印刷工場の数
(10-5-3)印刷工場の数
(10-5-4)製材工場、合板工場の数
(10-5-5)食品加工工場、飲料工場の数
(10-6-1)金型・成型加工の数
(10-6-2)金型・成型加工の数
(10-7-1)精密機器、計測機器の数
(10-7-2)測定器の数
(10-8)ワイヤレス計測システムの数
(10-9)建設機械の数
(10-10)工業団地の数
(10-11)製鉄工場の数
(10-12)水産業の数
(10-13)大規模工場の数
(10-14)半導体製造装置の数

[商業分野] ※ 数量ベース
(11-1-1)エステの数
(11-1-2)理美容院の数
(11-2)クリーニング店の数
(11-3)小規模店舗、スーパー、コンビニエンスストアの数
(11-4-1)ショッピングセンターの数
(11-4-2)大規模小売店、スーパー、百貨店の数
(11-5)ファーストフード店の数
(11-6)ペットショップの数
(11-7)レストラン(ファミリーレストラン)の店舗数
(11-8)飲食店の数
(11-9)花卉従事者、花屋の数
(11-10)業務用冷蔵庫の数
(11-11)ガソリンスタンドの数
(11-12)厨房(家庭用)<厨房機器全体>の数
(11-13)鮮魚市場の数
(11-14)駐車場発券機の普及台数
(11-15-1)駐車場(コインパーキング)の累計稼働台数
(11-15-2)駐車場(駐車場等の整備状況)の累計稼働台数

[農業・畜産業分野] ※ 数量ベース
(12-1)小規模温室、ハウス栽培の数
(12-2)田畑の数(面積)
(12-3)畜舎(豚舎や牛舎)の数
(12-4)農業従事者(農家)の数
(12-5)農業用水路(農業用水)の数

[通信施設分野] ※ 数量ベース
(13-1-1)通信施設(無線中継局、衛星地上局)の数
(13-1-2)通信施設(無線局)の数
(13-1-3)通信施設(衛星通信サービス無線局)の数
(13-2)放送機器(デジタルテレビ受信機器)の数
(13-3-1)放送局の数
(13-3-2)放送局(放送事業者)の数

[電化製品分野] ※ 数量ベース
(14-1)AV機器(テレビ、DVDプレーヤー)の数
(14-2-1)音響機器(CDプレーヤー、MD)の数
(14-2-2)音響機器(ipod)の数
(14-3)暖房関連機器(こたつ、ホットカーペット)の数
(14-4)シェーバーの数
(14-5-1)炊飯器、トースター、ジューサー、電気ポット、ミニ冷蔵庫、ドライヤー、扇風機の数
(14-5-2)ドライヤー(ハンドドライヤー)の数
(14-6)デジタルカメラの数
(14-7)冷蔵庫の数
(14-8)洗濯機の数

[電子機器分野] ※ 数量ベース
(15-1)サーバ(日本x86サーバ)の数
(15-2)PC周辺機器(ルーター)の数
(15-3)デスクトップパソコン、ノートパソコンの数
(15-4)モバイル機器(モバイル端末)の数
(15-5-1)携帯電話(スマートフォン)の数
(15-5-2)携帯電話(携帯電話)の数
(15-6)携帯電話などの充電器(モジュール : ワイヤレス給電 : 無接点・非接触給電小型家電向けモジュール)の数
(15-7)太陽電池を搭載する携帯電話機の数
(15-8)電話機の数
(15-9)電卓の数

[電力・エネルギー分野] ※ 数量ベース
(16-1)スマートメーターの普及台数
(16-2)ソーラーバッテリー(太陽電池)の数
(16-3-1)非常用電源(燃料電池)の数
(16-3-2)非常用電源(非常用発電装置)の数
(16-4)無停電システム(無停電電源装置)の数
(16-5)瞬時停電対策装置の数
(16-6)発電所の数
(16-7)メガソーラーの数
(16-8)産業用コジェネレーションの数

[交通・輸送機分野] ※ 数量ベース
(17-1)トンネルの数
(17-2-1)海上標識(航路標識)の数
(17-2-2)洋上発電の数(参考数値)
(17-2-3)洋上発電の数(参考数値)
(17-3-1)航空管制局(航空管制)の数
(17-3-2)航空管制局(航空管制)の数
(17-4)信号機の数
(17-5)道路管理施設の数
(17-6)空港の数
(17-7)キャンピングカーの数
(17-8)プリウスの販売台数
(17-9-1)バスの販売台数
(17-9-2)バスの数
(17-10)清掃事業車の数
(17-11)ヨット(小型船舶)の数
(17-12)企業の業務用車両(法人自動車保有台数)の数
(17-13)高速道路の数
(17-14)駅舎の数
(17-15-1)車載機器の数(商用車向けテレマティクスサービス端末)
(17-15-2)車載機器の数(車載端末)
(17-15-3)車載機器の数(ETC車載機)
(17-16)自動車用テレビ(車載用地上デジタルテレビ受信機器)の数
(17-17)ハイブリット車の数
(17-18)自動車、乗用車の保有台数
(17-19)船舶の数
(17-20-1)大型船の数
(17-20-2)小型漁船の数
(17-21)鉄道、電車、地下鉄の数
(17-22)電気自動車の数
(17-23)燃料電池車、充電ステーションの数
(17-24)飛行機(航空機)の数

[レジャー分野] ※ 数量ベース
(18-1)キャンプ地(キャンプ場)の数
(18-2)イベントの数
(18-3)ピクニック(ハイキングコース)の数
(18-4)温水プール、プールの数
(18-5)海外旅行(旅行者)の数
(18-6)カラオケBOXの数
(18-7-1)ゲーム機の数
(18-7-2)アミューズメント、ゲームセンターの数
(18-8)スキー場の数
(18-9)ナイター設備設置施設の数
(18-10)パチンコ・スロットの遊技場の数
(18-11)ホテル・旅館の数
(18-12-1)温泉の数
(18-12-2)温泉施設の数
(18-13-1)劇場(文化会館)の数
(18-13-2)劇場(映画館)の数
(18-14)水族館の数
(18-15)遊園地(テーマパーク)の数

[その他] ※ 数量ベース
(19-1)軍事兵器、軍用の数
(19-2)住設メーカー、電設メーカー(設備工事業)の数

  IV. 基本ロジック・普及予測根拠 編
 - ビジネスモデル別×エネルギーハーベスティングの導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

≪ハードウェア販売(完成品、マイコン、チップ、モジュール、デバイスなどの部品) ※ 時計も含む、システム販売(ハードウェア販売+ソフトウェア販売)、企業から受託研究、受託開発、コンサルティング、その他(レンタル事業、イルミネーション事業、液体状など)≫

(1) エネルギーハーベスティング×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移(2009年度~2013年度) ※ 時計を含まないモデルを指標値とした。
(2) エネルギーハーベスティング×平均実績価格 裏付け(1)~(2)
(3) “エネルギーハーベスティング”ビジネス×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ
(4) 「Japan-VALS2」アプローチ-×大分類セグメント(19種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP(1)~(10)

  V. 「自家発電」 「自己発電」 ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス (75社/団体)

商品名
2012年「エネルギーハーベスティング」×新市場探索総調査ならびに今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野、応用分野、用途(場所・エリア、対象分野など))別の普及シナリオ予測
発刊
2012年01月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 688ページ
備考
印刷版(ハードコピー)は一部カラー、CD-R収録のPDF版は全てカラー
販売価格

報告書セット [PDF版+印刷版]
1,026,000 円 (税抜 950,000 円+消費税 76,000 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ