リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2011年「エネルギーハーベスティング」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象セグメント(エリア・場所以外)別の普及シナリオ予測

エネルギーハーベスティング市場規模, エネルギーハーベスティング動向, エネルギーハーベスティング技術, 環境ITビジネス, グリーンICT推進, 環境情報システム, 環境発電ビジネス, 環境発電技術, エネルギーハーベスティング市場予測, エネルギーハーベスティング市場分析

2011年「エネルギーハーベスティング」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象セグメント(エリア・場所以外)別の普及シナリオ予測

Clip!

~ 【特別企画調査】 エネルギーハーベスティングに関連するビジネス対象[大分類15/小分類95]セグメント別の公開統計を抽出、統計値をベースに各市場の普及予測・5年間の潜在市場規模推移をシナリオ別に算出、エネルギーハーベスティング関連ビジネス市場を徹底分析! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00034

【資料概要】

大分類15セグメント(小分類95セグメント)の用途・適用分野(エリア・場所以外のセグメント)別×公開統計の抽出ならびに、公開統計をベースとした「Japan-VALS2」普及予測ロジックによるトップダウン式潜在市場規模<2012年度~2016年度>を算出!

当資料 『2011年「エネルギーハーベスティング」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象セグメント(エリア・場所以外)別の普及シナリオ予測』 は、エネルギーハーベスティング関連分野ビジネスの用途・適用エリア(場所)別に、大分類15(小分類95)セグメントの公開統計をベースとして、各市場の普及予測・今後5年間の潜在市場規模推移をシナリオ(楽観/悲観)別に算出、エネルギーハーベスティンに関連するビジネスの市場を分析して今後の展望をまとめた特別企画調査シリーズの調査レポート資料です。

(各章の概要)

I. 要約・結論 編

1) 「エネルギーハーベスティング」 ×対象分野セグメント(エリア・場所以外)の抽出方法

2) 対象分野シェア(大分類×16セグメント別シェアならびにランキング順位 ※公共分野を含んだ) ※ 抽出件数(合計) 388「テーマ(分野)」の集計&分析

3) 対象分野 : 大分類15(小分類95)セグメント(エリア・場所以外)における 「“エネルギーハーベスティング”ビジネス」 潜在市場規模(5カ年 : 2012年度~2016年度)推移・普及予測(TOTAL/楽観シナリオ/悲観シナリオ)<ハードウェア(部品)販売のケース>

4) 日本市場における 「エネルギーハーベスティング(ビジネス)」×適用分野 (エリア・場所以外) マトリックス俯瞰図 (大分類/中分類/小分類/合計抽出件数/普及予測テーブル・ランク(A~D)) 

5) 「“エネルギーハーベスティング” ビジネス×ハードウェア : 部品販売×応用分野 (エリア・場所以外のセグメント) : 大分類15(小分類95)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測 (2012年度~2016年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測ならびに悲観シナリオ予測】

II. 潜在市場規模算出 編
- TOTAL/大分類15セグメント<小分類95セグメント> ×今後5カ年での普及予測 ※ 公共分野以外

1) “エネルギーハーベスティング” ビジネス×セグメント (大分類15セグメント/小分類95セグメント) 別潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2012年度~2016年度での普及予測)TOTAL /ハードウェア(部品)販売のケース

<安心・安全分野、一般家庭分野、輸送機分野、モバイル分野、医療・ヘルスケア分野、エネルギーストレージ・電源分野、無線・センサー分野、環境分野、発電分野、商業・アミューズメント分野、スマートグリッド分野、工業・製造業・産業分野、農業・畜産業分野、ビル・企業分野、放送業分野>

III. 公開統計抽出 編
- B.エリア・場所以外 ※ 乗り物<車・鉄道>、人、漠然とした対象市場、適用製品や適用サービスなど

<安心・安全分野、一般家庭分野、輸送機分野、モバイル分野、医療・ヘルスケア分野、エネルギーストレージ・電源分野、無線・センサー分野、環境分野、.発電分野、商業・アミューズメント分野、スマートグリッド分野、工業・製造業・産業分野、農業・畜産業分野、ビル・企業分野、放送業分野>

IV. 基本ロジック・普及予測根拠 編
- ビジネスモデル別×エネルギーハーベスティングの導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

≪ハードウェア販売 (完成品、マイコン、チップ、モジュール、デバイスなどの部品) ※ 時計も含む、システム販売 (ハードウェア販売+ソフトウェア販売)、企業から受託研究、受託開発、コンサルティング、その他 (レンタル事業、イルミネーション事業、液体状など)≫

(1) エネルギーハーベスティング×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移 (2009年度~2013年度) ※ 時計を含まないモデルを指標値とした。

(2) エネルギーハーベスティング×平均実績価格 裏付け

(3) “エネルギーハーベスティング” ビジネス×潜在市場規模算出 (今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ

(4) 「Japan-VALS2」 アプローチ-×大分類セグメント(16種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP

【調査対象】

Web上にて 「エネルギーハーベスティング」 と言及している当該事業者(当該プレイヤー)・キーマンならびに知見者、研究者など。

【調査方法】

専門調査員による訪問ヒアリング、電話でのヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、独自データベースの活用により調査・分析。(主は電話ヒアリング)

【調査&レポート期間】

2011年3月30日(対象エリア・場所以外を中心に当該キーマンやプレイヤー、知見者、研究者にヒアリング開始)~2011年9月15日まで深堀調査(公開統計収集を含む情報収集)を実施。その後、レポーティング(集計&分析)、2011年10月29日に集計&分析ならびにコメント化終了

「特別企画調査」 とは?

1) 「自主企画調査」 が不特定多数を対象とした調査レポート (定価は10万円未満/冊) であるのに対し、「特別企画調査」 は特定少数を対象とした調査レポート (定価は100万円未満/冊 ※ CD-R付き)となります。

2) 「特別企画調査」 を実施する背景には、不況などの影響により、お客様が 「個別調査」 に対して従来通りの調査コスト (数百万円~数千万円/テーマ) をかけられない!といったご要望にお応えすることなどがあります。

3) つまり、個別調査を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がないクライアント様のご要望を満たすための調査レポート内容となっております。

4) 基本的に、最低3社以上からのご注文、または特定企業からの強いご要望・リクエストがあった場合に 「特別企画調査」 を実施しております。

5) なお、特別企画調査レポートは、個別調査・マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物 (本報告書及びその記載内容を含む) の著作権などは、発行元である (株)ESP総研に帰属するものです。

▼ 資料目次

2011年 「エネルギーハーベスティング」 に関する今後5カ年 (2012年度~2016年度) の対象セグメント (エリア・場所以外) 別の普及シナリオ予測 (T字型調査の実施 : 垂直深堀調査重視)

  I. 要約・結論 編

1) 「エネルギーハーベスティング」×対象分野セグメント(エリア・場所以外)の抽出方法

2) 「“エネルギーハーベスティング” ビジネス」×対象分野シェア(大分類×16セグメント別シェア ※ 公共分野を含んだ) ※ 抽出件数(合計) 388「テーマ(分野)」の集計&分析

3) 「“エネルギーハーベスティング” ビジネス」×対象分野セグメントシェア(大分類×16セグメント ランキング順位 ※ 公共分野を含めた) ※ 抽出件数(合計) 388「テーマ(分野)」の集計&分析

4) 対象分野 : 大分類15(小分類95)セグメント(エリア・場所以外)における「“エネルギーハーベスティング” ビジネス 」潜在市場規模(5カ年 : 2012年度~2016年度)推移・普及予測(TOTAL)<ハードウェア(部品)販売のケース>

5) 対象セグメント : 大分類15セグメント別潜在市場規模ランキング(金額ベース)<ハードウェア(部品)販売のケース>
 (1-1) 楽観シナリオ 【2012年度予測】<1><2>
 (1-2) 楽観シナリオ 【2016年度予測】<1><2>
 (2-1) 悲観シナリオ 【2012年度予測】<1><2>
 (2-2) 悲観シナリオ 【2016年度予測】<1><2>

6) 日本市場における「エネルギーハーベスティング(ビジネス)」×適用分野(エリア・場所以外)マトリックス俯瞰図(大分類/中分類/小分類/合計抽出件数/普及予測テーブル・ランク(A~D))

7-1) “エネルギーハーベスティング” ビジネス×ハードウェア : 部品販売×応用分野(エリア・場所以外のセグメント) : 大分類15(小分類95)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2012年度~2016年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測】
7-2) “エネルギーハーベスティング” ビジネス×ハードウェア : 部品販売×応用分野(エリア・場所以外のセグメント) : 大分類15(小分類95)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2012年度~2016年度)<数量ベース/金額ベース>【悲観シナリオ予測】

  II. 潜在市場規模算出 編
 - TOTAL/大分類15セグメント<小分類95セグメント>×今後5カ年での普及予測) ※ 公共分野以外

※ 以下、5カ年 (2012年度~2016年度) の分析

1. “エネルギーハーベスティング” ビジネス×セグメント(大分類15セグメント/小分類95セグメント)別潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2012年度~2016年度での普及予測)TOTAL

1) 対象分野 : 大分類15(小分類95)セグメントにおける 「“エネルギーハーベスティング” ビジネス」 潜在市場規模(5カ年 : 2012年度~2016年度)推移・普及予測(TOTAL)<ハードウェア(部品)販売のケース>

2. “エネルギーハーベスティング” ビジネス×セグメント別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2012年度~2016年度での普及予測)×最重要ターゲット(大分類15セグメント/小分類95セグメント)別≪ハードウェア(部品)販売のケース≫

[安心・安全分野]
1-1. 児童の数×幼稚園(人)
1-2. 児童の数×小学校(人)
1-3. 0~14歳の年少人口(人)
1-4. 65歳以上の老年人口(人)
1-5. 火災警報器の鑑定数(個)
1-6. ネットワークカメラ
1-7. 市町村防災無線システム
1-8. 無線局(防災行政含む)

[一般家庭分野]
2-1. 冷蔵庫
2-2. 電子レンジ
2-3. 洗濯乾燥機
2-4. リモコン(電子機器)
2-5. ゲーム機
2-6. デジタルスチルカメラ
2-7. ノート型パソコン
2-8. 地上デジタルテレビ放送受信機器
2-9. リゾートマンション
2-10. 無接点・非接触給電小型家電向けモジュール
2-11. 玩具
2-12. 電子式卓上計算機
2-13. 光電変換素子など
2-14. 家庭用電気機器
2-15. 災害用ラジオ
2-16. メガネフレーム

[輸送機分野]
3-1. (保有)自動車
3-2. 自動車
3-3. 電気自動車
3-4. ハイブリッド自動車
3-5. 鉄道車両
3-6. タッチセンサー
3-7. タイヤ空気圧警報システム用センサー
3-8. 自動車タイヤ・チューブ
3-9. 車のセンサー(レインセンサー )
3-10. 車のセンサー(加速度センサ+角速度センサ)
3-11. ヘリコプター
3-12. 航空機
3-13. 電動バス、EV向け非接触給電システム

[モバイル分野]
4-1. 非接触給電モバイル端末向けモジュール
4-2. 国内スマートフォン
4-3. スマートフォン(スマートフォン+フィーチャーフォン)
4-4. 携帯電話端末(PHS含む)
4-5. 国内タブレット端末

[医療・ヘルスケア分野]
5-1. ペースメーカー(植え込み)
5-2. 人工内耳(植え込み)
5-3. 体組成計
5-4. 歩数計
5-5. 婦人用体温計

[エネルギーストレージ・電源分野]
6-1. 二次電池
6-2. 一次電池
6-3. 家庭用PEFC
6-4. 業務・産業用PEFC
6-5. 移動体用PEFC
6-6. 携帯端末用PEFC
6-7. MCFC

[無線・センサー分野]
7-1. RFID
7-2. RFIDタグ、RFIDカード
7-3. IC カード

[環境分野]
8-1. 地震計
8-2. 気象センサー(ウェザーステーション)

[発電分野]
9-1. 廃熱発電(施設)
9-2. 革靴
9-3. ゴム・プラ履物
9-4. ペット(犬)
9-5. ペット(猫)
9-6. 人の数(人口)

[商業・アミューズメント分野]
10-1. プレハブ住宅
10-2. 全国で開催されたイベント件数

[スマートグリッド分野]
11-1. 電力量計
11-2. ガスメーター
11-3. 水道メーター
11-4. スマートメーター
11-5. 需要家メーター数

[工業・製造業・産業分野]
12-1. 産業用ロボット
12-2. 半導体製造装置
12-3. FPD製造装置
12-4. 物流システム機器
12-5. 位置・変位センサー
12-6. 工作機械
12-7. 建設機械
12-8. 建設機械(保有台数)
12-9. 産業用ロボット(マニピュレーティングロボットのみ)
12-10. PM型ステッピングモータ

[農業・畜産業分野]
13-1. 水陸稲(作付面積)
13-2. 野菜(40品目)
13-3. 乳用牛 飼養戸数・頭数(全国)
13-4. 肉用牛 飼養戸数・頭数(全国)
13-5. 豚の飼養戸数・頭数(全国)
13-6. 採卵鶏 飼養戸数・羽数(全国)
13-7. ブロイラー 飼養戸数・羽数(全国)

[ビル・企業分野]
14-1. 中小製造企業における研究開発を行った企業
14-2. エアコン(RAC=家庭用エアコン)
14-3. エアコン(PAC=業務用エアコン)
14-4. 白熱灯器具+放電灯器具+自動車用器具

[放送業分野]
15-1. 放送事業者
15-2. 中継車(特種用途自動車)

  III. 公開統計抽出 編
 - B. エリア・場所以外 ※ 乗り物<車・鉄道>、人、漠然とした対象市場、適用製品や適用サービスなど

1. 安心・安全分野 <抽出件数 : 11件> 【数量ベース】
(1)児童の数
(2)子供、高齢者の
(3)火災警報器、ガス検知器の数
(4)防犯モニター、防災モニターの数(ネットワークカメラ)
(5)緊急災害用情報機器の数(防災無線)
(6)緊急災害用情報機器の数(防災無線)

2. 一般家庭分野 <抽出件数 : 55件> 【数量ベース】
(1)冷蔵庫の数
(2)衣類乾燥機、マイクロオーブン(電子レンジ)の数
(3)リモコン(電子機器)の数 : AV機器
(4)ゲーム機の数
(5)デジタルカメラ、カメラの数
(6)ノート型パソコンの数
(7)テレビの国内出荷台数
(8)別荘の数
(9)小型電子機器の充電(モジュール)の数
(10)電子玩具、おもちゃの数
(11)計算機(電卓)の数
(12)LEDライトの数
(13)コンシューマエレクトロニクス(家電製品)の出荷台数
(14)害対策用手動充電式ラジオ、手回しラジオの数
(15)眼鏡の数

3. 輸送機分野 <抽出件数 : 45件> 【数量ベース】
(1)自動車の数<1>保有台数
(1)自動車の数<2>需要台数
(2)電気自動車の数
(3)ハイブリッド車の数
(4)鉄道車両の数
(5)スライドドアタッチセンサーの数
(6)タイヤ空気圧警報システム用センサーの数
(7)タイヤの数
(8)車のセンサーの数
 <1>レインセンサー
 <2>加速度センサー、角速度センサー
(9-1)ヘリコプターの数
(9-2)ヘリコプターの数
(10)航空機の数
(11)電動バス、EV向け非接触給電システムの数

4. モバイル分野 <抽出件数 : 23件> 【数量ベース】
(1)非接触給電モバイル端末向けモジュールの数
(2)スマートフォンの数
(3)スマートフォン+フィーチャーフォンの数
(4)携帯電話(PHS含む)の数
(5)タブレット端末の数

5. 医療・ヘルスケア分野 <抽出件数 : 25件> 【数量ベース】
(1)ペースメーカーの数
(2)人工内耳の数
(3)体重計、体脂肪計の数
(4)歩数計の数
(5)婦人用体温計の数

6. エネルギーストレージ・電源分野 <抽出件数 : 11件> 【数量ベース】
(1)充電式バッテリーの数(二次電池)
(2)一次バッテリーの数
(3)燃料電池の数
 <1>家庭用PEFC
 <2>業務・産業用PEFC
 <3>移動体用PEFC
 <4>携帯端末用PEFC
 <5>PAFC
 <6>MCFC

7. 無線・センサー分野 <抽出件数 : 48件> 【数量ベース】
(1)RFIDの数
(2)RFIDタグ、RFIDカードの数
(3)ICカードの数

8. 環境分野 <抽出件数 : 19件> 【数量ベース】
(1)地震計の数
(2)太陽光発電の発電量推移
(3)気象センサー(ウェザーステーション)の数

9. 発電分野 <抽出件数 : 46件> 【数量ベース】
(1)廃熱発電の数 (一般廃棄物焼却施設)
(2)靴の数
(3)ペット(犬、猫)の数
(4)人の数(人口)

10. 商業・アミューズメント分野 <抽出件数 : 8件> 【数量ベース】
(1)プレハブの数(プレハブ住宅)
(2)イベントの数(子供向けイベント含む)

11. スマートグリッド分野 <抽出件数 : 9件> 【数量ベース】
(1)スマートメータリングの数
 <1>電力メーター
 <2>ガスメーター、水道メーターの数
 <3>スマートメーターの普及台数
 <4>ガスメーターの普及台数

12. 工業・製造業・産業分野 <抽出件数 : 25件> 【数量ベース】
(1)産業用ロボットの数
(2)半導体製造装置の数(生産台数)
(3)物流管理(物流システム機器)の数 <1><2>
(4)位置センサーの数
(5)工作機械の数
(6)産業機械の数
 <1>建設機械(生産台数)
 <2>建設機械(推定保有台数)
 <3>産業用ロボット(稼働台数)
(7)モーターの数(PM型ステッピングモータ)

13. 農業・畜産業分野 <抽出件数 : 2件> 【数量ベース】
(1)農作物の数
 <1>米
 <2>野菜
(2)家畜の数
 <1>乳用牛・肉用牛
 <2>豚
 <3>採卵鶏・ブロイラー

14. ビル・企業分野 <抽出件数 : 36件> 【数量ベース】
(1)研究企業の数
(2)空調、冷暖房空調設備の数
 <1>エアコン
 <2>ビル空調
(3)電気、照明の数

15. 放送業分野 <抽出件数 : 3件> 【数量ベース】
(1)放送局の数
(2)中継車(特種用途自動車)の保有台数

  IV. 基本ロジック・普及予測根拠 編
 - ビジネスモデル別×エネルギーハーベスティングの導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

≪ハードウェア販売(完成品、マイコン、チップ、モジュール、デバイスなどの部品) ※時計も含む、システム販売(ハードウェア販売+ソフトウェア販売)、企業から受託研究、受託開発、コンサルティング、その他(レンタル事業、イルミネーション事業、液体状など)≫

(1) エネルギーハーベスティング×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移(2009年度~2013年度) ※時計を含まないモデルを指標値とした。
(2) エネルギーハーベスティング×平均実績価格 裏付け(1)(2)
(3) “エネルギーハーベスティング” ビジネス×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ
(4) 「Japan-VALS2」アプローチ-×大分類セグメント(16種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP(1)~(8)

商品名
2011年「エネルギーハーベスティング」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象セグメント(エリア・場所以外)別の普及シナリオ予測
発刊
2011年10月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 304ページ
備考
印刷版(ハードコピー)は一部カラー、CD-R収録のPDF版は全てカラー
販売価格

報告書セット [PDF版+印刷版]
1,026,000 円 (税抜 950,000 円+消費税 76,000 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ