リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査~深堀実態調査編~

動線分析ビジネス市場規模, 動線分析ビジネス市場動向, 動線分析サービス, 動線分析システム, 顧客動線分析, 動線分析サービス市場調査, 動線分析ビジネスモデル, 動線描画ソフトウェア, RFID動線分析, 動線分析ビジネス市場予測, 動線分析ビジネス市場シェア

2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査~深堀実態調査編~

Clip!

~ 【特別企画調査】 「動線分析」ビジネスに関連する主要プレイヤー(61社・団体)の取り組み最前線(最新ビジネスの実態)/ビジネスモデル別実態市場規模推移・予測 <将来予測(2010年度から2014年度×今後5年後までの当該市場規模推移・予測)> ならびに市場占有率 (シェア) 算出、動線分析ビジネス市場を徹底分析! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00032

【資料概要】

主要各社における動線分析ビジネスの現状を調査、ビジネスモデル別実態市場を分析、主要61社のビジネスモデル・戦略ケーススタディを深堀りヒアリング!

当資料 『2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査~深堀実態調査編~』 は、「動線分析」 関連ビジネスの主要プレイヤー(61社・団体)の取り組み最前線(最新ビジネスの実態)、ビジネスモデル別実態市場規模推移・予測 <将来予測(2010年度から2014年度×今後5年後までの当該市場規模推移・予測)>、ならびに市場占有率 (シェア) を算出するなど、独自の取材による調査結果をまとめた特別企画調査シリーズのレポート資料です。

(各章の概要)

I. 調査対象リスト一覧 編

1) 調査対象プレイヤーの抽出方法 : 「動線分析(ビジネス)」 プレイヤーは?
2) 「動線分析」 ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(64社/部門)

II. 総括 編 (市場規模算出・予測、提供ベンダ別市場占有率 : シェア中心)
⇒ 総括 (結論) 主要各社における「動線分析」ビジネスの現状分析とコンサルティング

1) 「動線分析(ビジネス)」の定義範囲について
2) 「動線分析(ビジネス)」における「提供ビジネスモデル形態」集計について
3) 当該売上額(TOTAL)推移(2010年度~2014年度)の換算
4) ビジネスモデル別 当該売上額推移(2010年度~2014年度)の換算
5) 当該ビジネスモデル別 構成比率(%) 推移<2010年度~2014年度>
6) ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別の変化・シナリオ
 <1> 当該ビジネスモデル別 売上推移<2010年度~2014年度>
 <2> 当該ビジネスモデル別 売上構成比率(%)推移<2010年度~2014年度>
7) 「動線分析(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2010年度 : 実績)ならびに当該売上ランキング(2010年度 : 実績)について 
8) 「動線分析」ビジネス 主要ベンダ・団体(今回、深堀調査実施 : 主要61社・団体)当該売上予測(2010年度~2014年度 : 5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧
9) 「動線分析」ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業・団体別×調査項目別>(61社・団体分)

III. 個票 (要約) 編
- 当該主要61社・団体の戦略ケーススタディを深堀ヒアリング&レポート

(1)関連/中核プロダクツ(製品)&ソリューション(SI)&サービス概要(具体的なメニュー内容や料金体系 : 平均導入実績価格<実績ベースを中心に>など)
(2)適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)<比率シェアなど>
(3)ビジネスモデル
 <1>ハードウェア販売
 <2>ソフトウェア販売
 <3>SI
 <4>ASPやSaaSなどのサービス提供
 <5>コンサルティング
 <6>ソフトウェア開発
 <7>システム販売(ハードウェア+ソフトウェアの提供)
 <8>その他
(4)開始時期( 年 月)
(5)導入実績(累計数量、単年売上など)
(6)前年比伸長率など(同社における当該販売数量または当該売上に関して)
(7)当該プレイヤー数(合計)認識
(8)参考情報
 <1> URL
 <2> 電話番号
 <3> 売上高(全社)
 <4> 従業員数
 <5> 設立年月 
(9)当該ビジネス×売上推移(予測)
 2010年度(実績)
 2011年度(見込)

【調査対象】

1) Web上にて「動線分析」と言及している事業者(プレイヤー)<64社・団体>すべてにヒアリング・アプローチした。その結果、累計61社・団体(ヒアリング・アプローチ企業全体の95.3%)に対して深堀ヒアリングを実施した。

2) 従って、今回実施したヒアリング調査で得られた「調査結果」(データ)は、当該主要プレイヤー61社・団体から得られた多面的な「深堀データ」であり、日本国内における「動線分析」ビジネスの現状(実態)を十分網羅・把握できるだけの「マーケティング・データ」となっている。

【調査方法】

専門調査員による電話ヒアリング、ならびに独自データベースの活用により調査・分析。(主は電話ヒアリング)

【調査&レポート期間】

2011年10月13日(電話ヒアリング・アプローチ開始)~2011年11月21日まで深堀調査(電話にて深堀ヒアリング)を実施。その後、レポーティング(集計&分析)、2011年11月25日に集計&分析ならびにコメント化終了。

「特別企画調査」 とは?

1) 「自主企画調査」 が不特定多数を対象とした調査レポート (定価は10万円未満/冊) であるのに対し、「特別企画調査」 は特定少数を対象とした調査レポート (定価は100万円未満/冊 ※ CD-R付き)となります。

2) 「特別企画調査」 を実施する背景には、不況などの影響により、お客様が 「個別調査」 に対して従来通りの調査コスト (数百万円~数千万円/テーマ) をかけられない!といったご要望にお応えすることなどがあります。

3) つまり、個別調査を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がないクライアント様のご要望を満たすための調査レポート内容となっております。

4) 基本的に、最低3社以上からのご注文、または特定の企業様からの強いご要望・リクエストがあった場合に 「特別企画調査」 を実施しております。

5) なお、特別企画調査レポートは、個別調査・マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物 (本報告書及びその記載内容を含む) の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

▼ 資料目次

2011年 「動線分析」 ビジネスに関する市場調査 ~深堀実態調査 編~ (T字型調査の実施 : 垂直深堀調査重視)

  I. 調査対象リスト一覧 編

1) 調査対象プレイヤーの抽出方法 : 「動線分析 (ビジネス)」 プレイヤーは?
2) 「動線分析」 ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス (64社/部門)

  II. 総括 編
 - 市場規模算出・予測、提供ベンダ別市場占有率 : シェア 中心

※ 以下、いずれも5カ年 (2010年度~2014年度) の分析

・ 総括(結論)主要各社における 「動線分析」 ビジネスの現状分析とコンサルティング)
1) 「動線分析(ビジネス)」 の定義範囲について(今回 : 2011年10月~2011年11月の調査結果から)
2) 「動線分析(ビジネス)」 における 「提供ビジネスモデル形態」 集計について
3) 当該主要44社・団体(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移の換算
4-1) 当該主要44社・団体(個票要約分析)×ビジネスモデル別 当該売上額推移の換算
4-2) 当該主要44社・団体(個票要約分析)×当該ビジネスモデル別 構成比率(%)推移
5)当該主要44社・団体(個票要約分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別の変化・シナリオ
 <1>当該ビジネスモデル別 売上推移
 <2>当該ビジネスモデル別 売上構成比率(%)推移
6) 「動線分析(ビジネス)」 の市場占有率<シェア>(2010年度 : 実績)ならびに当該売上ランキング(2010年度 : 実績)について
7) 「動線分析」 ビジネス 主要ベンダ・団体(今回、深堀調査実施 : 主要61社・団体)当該売上予測推移×ビジネスモデルMAP 一覧
8) 「動線分析」 ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業・団体別×調査項目別>(61社・団体分)

  III. 個票 (要約) 編

1) アイテック(株) (1)~(3)
2) アクシスコミュニケーションズ(株) (1)~(3-2)
3) (株)インテグラル (1)~(3-3)
4) (株)ATR-Promotions (1)~(3)
5) (株)エスアンドエス (1)~(3)
6) エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ(株) (1)~(3)
7) エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株) (1)~(3-4)
8) (株)構造計画研究所 (1)~(3-5)
9) ゴトクプロジェクト(株) (1)~(3)
10) コンピュータシステムサービス(株) (1)~(4)
11) (株)サイプレス (1)~(3-2)
12) (株)シーイーシー/ミツイワ(株) (1)~(3-6)
13) (株)シーイーデーシステム (1)~(3-2)
14) シスコシステムズ 合同会社/日本通運(株) (1)~(3-2)
15) (株)システム・ケイ (1)~(2)
16) (株)シンクチューブ (1)~(3)
17) (株)数理システム (1)~(2)
18) スプリームシステムコンサルティング(株) (1)~(2)
19) (株)セオン (1)~(2)
20) (株)セキュア (1)~(2)
21) (株)セキュリティデザイン (1)~(2)
22) セルコ(株) (1)~(2)
23) 大日本印刷(株) (1)~(2)
24) 立山科学工業(株) (1)~(2)
25) 都築電気(株) (1)~(2)
26) TIS(株) (1)~(2)
27) (株)DSS (1)~(2)
28) (株)DTS (1)~(4)
29) (株)テレマーク (1)~(2)
30) (株)電通国際情報サービス (1)~(2)
31) (株)ドゥ・ハウス (1)~(2)
32) (株)東芝 (1)~(2)
33) 東芝テック(株) (1)~(2)
34) 東芝ロジスティクス(株) (1)~(2)
35) (株)東邦技研 (1)~(2)
36) 冨田商事(株) (1)~(2)
37) (株)中川研究所 (1)~(2)
38) ニッソー商事(株) (1)~(2)
39) 日本IBM (1)~(3-2)
40) 日本ATM(株) (1)~(2)
41) 日本オイルポンプ(株) (1)~(2)
42) (株)日本総合研究所 (1)~(2)
43) (株)日本ロジファクトリー (1)~(2)
44) (株)ニューラルイメージ (1)~(2)
45) パナソニック(株) (1)~(2)
46) (株)日立情報制御ソリューションズ (1)~(2)
47) (株)日立製作所 (1)~(2)
48) 富士通(株) (1)~(2)
49) (株)富士通研究所 (1)~(2)
50) 古河機械金属(株)/古河産業(株) (1)~(3)
51) (株)ブレインズ (1)~(2)
52) (株)プロアシスト (1)~(3-4)
53) (株)ベクトル総研 (1)~(2)
54) (株)豊栄堂印刷所 (1)~(2)
55) マルソー(株) (1)~(2)
56) 三浦印刷(株) (1)~(3)
57) 三谷商事(株) (1)~(2)
58) 三菱電機インフォメーションテクノロジー(株) (1)~(2)
59) (株)ミディー (1)~(2)
60) (財)労働科学研究所 (1)~(2)
61) ロジ・ソリューション(株) (1)~(2)

【当該主要プレイヤー×共通ヒアリング項目】
(1)関連/中核プロダクツ(製品)&ソリューション(SI)&サービス概要(具体的なメニュー内容や料金体系 : 平均導入実績価格<実績ベースを中心に>など)
(2)適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)<比率シェアなど>
(3)ビジネスモデル
 <1> ハードウェア販売
 <2> ソフトウェア販売
 <3> SI
 <4> ASPやSaaSなどのサービス提供
 <5> コンサルティング
 <6> ソフトウェア開発
 <7> システム販売(ハードウェア+ソフトウェアの提供)
 <8> その他
(4)開始時期( 年 月)
(5)導入実績(累計数量、単年売上など)
(6)前年比伸長率など(同社における当該販売数量または当該売上に関して)
(7)当該プレイヤー数(合計)認識
(8)参考情報
 <1> URL
 <2> 電話番号
 <3> 売上高(全社)
 <4> 従業員数
 <5> 設立年月
(9) 当該ビジネス×売上推移(予測)
 2010年度(実績)
 2011年度(見込)

商品名
2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査~深堀実態調査編~
発刊
2011年11月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 215ページ
備考
印刷版(ハードコピー)は一部カラー、CD-R収録のPDF版は全てカラー
販売価格

報告書セット [PDF版+印刷版]
1,026,000 円 (税抜 950,000 円+消費税 76,000 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ