リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集[個人コンテンツアプリ編]

スマートフォンユーザ調査, モバイルユーザー調査, スマートフォン利用実態, スマートフォン利用者アンケート, iPhone利用者アンケート, Androidフォン利用者アンケート, ソーシャルメディアユーザアンケート, フィーチャーフォン利用者, モバイルアプリマーケットプレース, スマートフォン/ケータイ利用動向調査

スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集[個人コンテンツアプリ編]

Clip!

~ モバイル個人利用実態/動向を3,304人に詳しく調査、キャリアや端末選択に関する設問を中心としたアンケート調査結果を収録した[個人コンテンツアプリ編]! ~

  • オススメ

スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集[個人コンテンツアプリ編]

スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集[個人コンテンツアプリ編]

  • 計3,000人以上を対象に、83問の設問から利用動向/実態を調査!
  • 個人ユーザのフィーチャーフォンとスマートフォンの利用動向を比較!
  • コンテンツやアプリ利用に関する設問を中心に調査結果を収録!
  • さまざまなクロス軸に基づく集計表とグラフをCD-ROMに収録!
  • Excel形式収録データの集計表やグラフは独自資料用に加工可能!
  • 個別・独自に集計できるアンケート回答ローデータ付きセット販売も!
  • 商品コード: IRD00039

    【資料概要】

    スマートフォン利用率が22.9%と倍増、スマートフォンユーザーのTwitter利用率は40.6%。8年目の調査実績を誇る大規模サンプルによるアンケート調査資料!

    2010年度から急速にスマートフォン市場は拡大してきており、発売される携帯電話端末もスマートフォン中心になってきています。携帯電話市場の主戦場はフィーチャーフォンからスマートフォンへとシフトしきており、スマートフォン端末はグローバル端末に加え、ローカライズが進み、多種多様な端末が発売されるようになってきました。

    スマートフォンでは、パソコンとほぼ同等にウェブサイトを閲覧することが可能であり、インターネット環境は大きく飛躍しています。さらに、TwitterやFacebookなどのインターネットを前提としたソーシャルメディアが急速に拡大していることも、利用の拡大を後押ししています。ユーザーのインターネット利用動向はフィーチャーフォン時代とは大きく異なっており、コンテンツ事業者、サービス事業者も、もはやフィーチャーフォンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などマルチデバイスを横断的に見ながら戦略を考えていく必要に迫られています。

    インターネットメディア総合研究所では、2004年からそうした最新のモバイル利用状況を把握するための調査を実施しており、8回目となる今年の調査では、3,300人の個人携帯電話利用者と1,600人の企業担当者向けに独自調査を実施しました。

    携帯電話の利用動向に特化した 「個人のスマートフォン/ケータイ利用動向」 では、フィーチャーフォンユーザーとスマートフォンユーザーとほぼ同数の調査を行っており、拡大するスマートフォンユーザーの動向とフィーチャーフォンユーザーの動向とを比較できるようになっています。当資料 『スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集 [個人コンテンツアプリ編]』 では特に、個人利用によるコンテンツやアプリ利用に関する設問を中心とした調査結果データを収録しています。

    また、企業のモバイル機器利用動向に特化した 「企業のスマートフォン/ケータイ利用動向」 では、スマートフォンに加え、タブレット端末の業務利用についても分析を行っています。

    ▼ シリーズ調査資料

    『スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012 [個人キャリア端末編』
    ~ 個人利用によるキャリア端末に関する設問を中心とした調査結果データを収録 ~

    【『スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集[個人コンテンツアプリ編]』 の特徴】

    調査のポイント

    ・ 個人におけるフィーチャーフォン、スマートフォンの利用動向を調査
    ・ スマートフォンユーザーとフィーチャーフォンユーザーを比較

    製品のポイント

    ・ 全設問の中からコンテンツやアプリ利用に関する設問を中心に収録、様々なクロス軸による集計結果を見ることが可能
    ・ エクセル形式で収録しているため集計表やグラフを自由に加工可能
    ・ 性年代別モバイルでのインターネット利用時間別人口に基づいてサンプリングを行っているため、市場の代表性の高い集計結果

    その他

    ・ データ内の最初に目次や各設問を掲載しており、リンクでデータを簡単に参照可

    【『スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集[個人コンテンツアプリ編]』 調査概要】
    調査設計・分析 株式会社 インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
    調査方法 インタラクティブウェブ調査 (ネットリサーチ)
    調査対象 携帯電話・PHSを利用してインターネットを利用する13歳以上の男女個人
    対象地域 日本国内・全国
    サンプリング フィーチャーフォンユーザー、スマートフォンユーザーそれぞれに対して、株式会社インプレスR&Dが保有する性別・年代別・携帯電話でのインターネット利用時間別の人口構成比に可能な限り整合するようにサンプリング
    有効回答数 主に利用している携帯電話がフィーチャーフォンのユーザー : 1,685件
    主に利用している携帯電話がスマートフォンのユーザー : 1,619件
    調査期間 2011年10月12日(水)~2011年10月14日(金)
    設問数 83問+属性
    調査項目一覧 ▼ 通信サービス会社

    ・ 主に利用している通信サービス会社
    ・ 利用している携帯電話/スマートフォン

    ▼ コンテンツ・アプリ

    ・ 利用しているアプリ・コンテンツ
    ・ 利用しているソーシャルメディア
    ・ 利用しているEC
    ・ 有料で利用しているコンテンツ
    ・ 月額課金や年額課金で利用しているコンテンツやアプリ数
    ・ ウェブとアプリでの利用
    ・ アプリとウェブの比率
    ・ フィーチャーフォンからスマートフォンへのコンテンツの引き継ぎ
    ・ 複数台利用者の使い分け

    ▼ クラウド

    ・ パーソナルクラウドの利用
    ・ クラウドに保管しているデータ
    ・ パーソナルクラウドにアクセル端末
    ・ 利用しない理由

    ▼ アプリストア

    ・ 利用しているアプリストア
    ・ アプリストアへのアクセス頻度
    ・ アプリストアへのアクセス方法
    ・ アプリストアからのダウンロード経験
    ・ アプリストアの満足度
    ・ アプリストアのよいと思う点
    ・ アプリストアのよくないと思う点

    ▼ アプリのダウンロード

    ・ ダウンロードしたことのあるアプリのジャンル
    ・ アプリのダウンロード本数
    ・ 月に1回以上利用するアプリの数
    ・ よく利用する無料アプリ
    ・ よく利用する有料アプリ
    ・ よく購入するアプリの価格帯
    ・ 1か月のアプリの料金
    ・ アプリの許容金額
    ・ 有料アプリと無料アプリの比率利用状況
    ・ アプリの認知経路
    ・ ダウンロードしたアプリの満足度
    ・ 今後利用したいアプリのジャンル
    ・ アプリ内課金の認知度と利用経験
    ・ アプリ内課金で購入したもの
    ・ アプリ内課金を利用しない理由
    ・ アプリ内広告の視認状況
    ・ アプリ内広告のクリック経験
    ・ アプリ提供者が紹介する他のアプリの購入経験

    ▼ 音楽

    ・ 音楽配信のダウンロード数

    ▼ 電子書籍

    ・ 電子書籍の購入数
    ・ 購入した有料電子書籍のジャンル
    ・ 1か月あたりの電子書籍購入費用
    ・ 今後電子書籍を購読したい端末
    ・ スマートフォン読んでみたい電子書籍

    ▼ 動画配信

    ・ 1か月の有料動画料金
    ・ 視聴する有料・無料動画の本数
    ・ 有料・無料動画のジャンル
    ・ 利用している有料・無料動画配信サービス

    ▼ ゲーム

    ・ 利用頻度
    ・ 有料ゲームと無料ゲームの比率
    ・ ゲームの利用料金

    ▼ ソーシャルメディア

    ・ ブログの利用頻度
    ・ Twitterの利用頻度
    ・ mixiの利用頻度
    ・ Facebookの利用頻度
    ・ 利用しているSNSの種類
    ・ ソーシャルアプリの利用頻度
    ・ ソーシャルアプリの利用目的
    ・ 利用するソーシャルアプリのジャンル
    ・ 位置情報を利用したコミュニティやゲームの利用頻度
    ・ 情報を取得したときに携帯電話でよく行う行動 (バイラル)

    ▼ EC

    ・ オンラインショッピングで購入したことのある商品のジャンル
    ・ ここ1年間にオンラインショッピングで利用した金額

    ▼ メディア

    ・ メディア接触時間
    ・ 機器の利用時間
    ・ 1日のウェブ利用時間
    ・ 情報を入手することが多いメディア
    ・ テレビを見ながらの携帯電話利用状況
    ・ 携帯電話/スマートフォンの利用時間の内訳

    ▼ 広告

    ・ インターネット広告の視認状況
    ・ 広告を見たあとの行動
    ・ 視認した広告の内容

    ▼ クーポン

    ・ クーポンの利用頻度
    ・ クーポンの形態
    ・ クーポンを利用しない理由
    ・ 共同購入するクーポンの利用経験
    ・ 購入した共同購入するクーポンのジャンル

    ▼ スマートフォンでの変化

    ・ スマートフォン利用による変化

    ▼ 個人属性

    ・ コンシューマーエレクトロニクス製品の購入行動
    ・ コンシューマーエレクトロニクス製品の購入時期
    ・ 普段利用しているパソコン
    ・ 世帯年収
    ・ 自由に使える金額
    ・ 通勤通学時の交通手段

    【個人のスマートフォン/ケータイ利用動向の主な調査結果】

    ■ スマートフォンの利用率は22.9%に、男性20~30代、女性30代で30%超え

    携帯電話会社が年間のスマートフォンの販売台数を相次いで上方修正するなど、スマートフォンの好調な販売状況が続いています。その結果、本調査によるスマートフォンの所有率は22.9%となり、2010年9月の9.0%、2011年4月の14.8%から大きく上昇しました。スマートフォンユーザーの71.5%は端末利用期間が1年以内、つまりこの1年以内にスマートフォンを購入しており、急速な拡大を裏付けています。特に特に男性20代(42.0%)、男性30代(33.3%)、女性20代(30.9)、男性10代(29.2%)、男性40代(27.8%)で所有率が高く、若年男性だけでなく女性にも広まっています。また、非利用者のうち利用を検討している層は66.6%にも達しています。

    一方、本調査対象者によるiPadやGALAXY Tabに代表されるタブレット端末の所有率は6.2%となっています。2011年4月の調査の3.0%から堅調に伸びています。これをメインで利用している携帯電話の種類別に見ると、メイン端末がスマートフォンユーザーでは11.8%、メイン端末がフィーチャーフォンユーザーでは4.6%と差が生じています。また、非利用者のうち利用を検討している層は39.4%となっています。

    ▼ スマートフォン利用率 [性年代別]

    性年代別・スマートフォン利用率[スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集]

    ■ スマートフォン使用機種ランキングはiPhoneが上位を独占、OSシェアではAndroidが60.9%

    スマートフォンユーザーの使用機種ランキングでは、iPhone4が21.8%で突出して高く、以下、iPhone 3GS(7.8%)、Xperia(4.4%)、REGZA Phone T-01C(4.2%)、MEDIAS N-04C(4.1%)と続きます。一方、OSシェアで見た場合、Androidが60.9%、iOSが36.3%、その他が2.8%となっており、OSではAndroidのシェアのほうが高い状況です。

    ▼ スマートフォン使用機種ランキング

    スマートフォン使用機種ランキング[スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集]

    ▼ スマートフォンOSシェア

    スマートフォンOSシェア[スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集]

    ■ スマートフォンユーザーによるTwitter利用率は40.6%

    主なソーシャルメディアの利用率では、「Twitter」が22.8%、「mixi」が20.8%、「Facebook」が11.8%となっています。特にスマートフォンユーザーに限定すると、「Twitter」が40.6%、「mixi」が31.5%、「Facebook」が25.4%となっており、スマートフォンユーザーがソーシャルメディア利用に積極的であることが見て取れます。

    ▼ 主なソーシャルメディアの利用率

    主なソーシャルメディアの利用率[スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集]

    ■ データ通信製品の利用率は10.0%に、ワイヤレスルーター型が主流に

    データ通信製品の利用率は昨年の7.8%から10.0%へと伸張しており、特にスマートフォンユーザーのデータ通信製品利用率は17.0%となっています。利用者が利用しているデータ通信製品の種類(複数回答)では、「USB型」と「モバイルワイヤレスルーター」が46.3%と同率で高く、PCでの利用に加え、タブレットやスマートフォンなどのモバイル端末での利用もできるようカード型(10.%)から大きくシフトしています。

    ▼ データ通信製品の利用率

    データ通信製品の利用率[スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集]

    ▼ 【スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集[個人コンテンツアプリ編]】 目次 / 収録物
    CD-ROM
    収録内容
    [1] Readme

    [2] 単純集計 (Excel)

    [3] クロス集計 (Excel)
     ▼ クロス集計軸 [スマートフォン/フィーチャーフォン別]
     ・ 性年代
     ・ キャリア
     ・ パケット定額制加入有無
     ・ 居住地域
     ・ 通勤通学時の苦痛手段
     ・ 世帯収入
     ・ 1か月に自由に使える金額
     ・ 職業
     ・ PCでのインターネット利用時間
     ・ スマートフォン/フィーチャーフォンでのインターネット利用時間

    [4] PDF
     1. 調査概要
     2. 総括
     3. 単純集計表 / グラフ
     4. クロス集計表
     5. 調査票

    [5] ローデータ (CSV) 

    ※ 「アンケート回答ローデータ」 セット版のみ

    商品名
    スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012データ集[個人コンテンツアプリ編]
    発刊
    2011年11月
    発行
    株式会社 インプレスR&D
    編集
    株式会社 インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 230ページ
    販売価格

    PDFレポート+集計表データ
    91,800 円 (税抜 85,000 円+消費税 6,800 円)
    PDFレポート+集計表データ+冊子版
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    PDFレポート+集計表データ+アンケート回答ローデータ
    540,000 円 (税抜 500,000 円+消費税 40,000 円)
    PDFレポート+集計表データ+アンケート回答ローデータ+冊子版
    550,800 円 (税抜 510,000 円+消費税 40,800 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態 [IRD]
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ