リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

月刊 『ビバレッジ・ベンディング』 2008年9月創刊号

清涼飲料新製品情報, 清涼飲料市場シェア, 炭酸飲料比較, 透明炭酸飲料ブランド, 自動販売機販売量, 自動販売機市場, 飲料自動販売機

月刊 『ビバレッジ・ベンディング』 2008年9月創刊号

Clip!

~ 飲料メーカー/自販機ベンダー必読の自販機清涼飲料に関する国内随一の月刊誌!首都圏/京阪神エリアの10飲料メーカー約360台の自販機販売量と独自のアンケート調査分析結果を収録! ~

月刊 『ビバレッジ・ベンディング』 2008年9月創刊号

月刊 『ビバレッジ・ベンディング』 2008年9月創刊号

  • 自販機販売商品を中心に、清涼飲料の最新状勢とトレンドをレポート!
  • 飲料メーカー/自販機ベンダー必読の国内随一の月刊誌!
  • 首都圏/京阪神10飲料メーカー約360台の自販機販売量を掲載!
  • 新製品の認知・購買経験・飲用意向など独自の調査結果も!
  • 各号の特集企画では、独自データと調査結果から市場動向を分析!
  • 最新の新製品情報・リニューアル製品情報一覧も!
  • 独自の調査結果は詳細レポートでさらに詳しく分析!
  • 商品コード: TML00001

    【資料概要】


    希少価値の高い清涼飲料の自動販売機販売量データと、独自のアンケート調査結果を多数収録!
    月刊 『ビバレッジ・ベンディング』 は、調査分析的な視点から捉えたデータを多く取り入れ、飲料自販機の主要カテゴリー販売動向をはじめ、新製品や注目商品の紹介、過去の販売動向と比較したフラッシュバックデータ情報、独自のノウハウで分析する商品力レポートの分析結果、その他特集記事・企業特集を盛り込み、専門性を追求して充実した誌面構成の月刊誌です。


    年間1,000アイテムにも及ぶ商品が市場に投入されるものの、翌年に残る商品が1%にも満たないという入れ替えの熾烈さに、飲料市場の特徴が垣間見られます。


    他方、販売チャネルを俯瞰すると、低価格商品を基調とする量販店やドラッグストア、一定の販売価格を維持するコンビニエンスストア、定価販売をする飲料自販機など、さまざまなチャネルが交錯しています。メーカーにとっては、販売価格の維持できる安定的なチャネルを確保し、販売拡大を図り、いかに販売効率と収益性を高めていくか、その対応が大きな課題となってきています。


    『ビバレッジ・ベンディング』 は、10年以上にわたり蓄積されたデータと飲料自販機に関する多くの情報を多角的に集約・分析し、清涼飲料の総合専門誌として、また、飲料関連ビジネスに携わる方々の必読書として、国内唯一のデータを月刊誌化いたしました。


    専門性を追求した質の高い誌面構成


    [特集] タイムリーな話題をピックアップして分析
    月刊 『ビバレッジ・ベンディング』 の特集は、タイムリーなトピックを、毎月の調査データと消費者アンケートで得られたデータで総合的に分析していきます。例えば、テーマを事前調査することにより、今後の動向や傾向・需要を分析。特定メーカーに関する内容や業界全体に関連することなど、調査テーマを幅広く設定して分析することで、飲料ビジネスに関わる方々に、毎号最新状勢に洞察を加えてレポートします。


    [新製品特集] 各メーカーの主力新商品を紹介
    新製品特集では、各メーカーの自動販売機に搭載される主力新商品について、毎月の独自アンケート調査により、各商品の認知度・購入経験・購入意向など3つのファクターから分析。同時期に販売された商品や以前に販売された商品などの比較ができ、商品力を分析します。また、今月の注目商品では、自動販売機に搭載されない新商品 (店頭販売専用商品) についても同様に分析されています。


    [SGK販売データ] 各社動向とカテゴリー別ランキングを掲載
    SGK販売データとは、株式会社綜合企画が1996年から定点調査している首都圏と京阪神の自動販売機の販売量調査データで、月次の販売数量と傾向値を追い、月次の最新情報を収録して分析結果がレポートされています。今まで特定のメーカーだけにご提供されていたクローズドデータの一部を、本誌で毎号掲載します。主力10メーカーの動向とカテゴリー別ランキングを、上位3製品 (コーヒー飲料のみ5製品) 紹介しています。


    その他にも、清涼飲料に関連した各社のキャンペーン評価や、過去に蓄積されたデータとの検証など、自販機販売商品を中心とした清涼飲料の最新状勢とトレンドがレポートされており、充実した内容と専門性を追求した質の高い誌面構成で、飲料業界関係者必携の月刊誌となっています。

    【2008年9月創刊号アンケート調査】 調査概要


    ▼ 調査方法 / 調査期間


     調査手法 : インターネットリサーチによるアンケート調査
     調査期間 : 2008年8月6日~8月8日


    ▼ 調査対象 / 有効回答数


     調査地域 : 首都圏 (埼玉/千葉/東京/神奈川) 及び 京阪神 (京都/大阪/兵庫)
     調査対象者 : 上記地域に居住する16~59歳男女
     有効回答数 : 全1,099件


    ▼ 主要調査項目


    1. 特集調査 [新ジャンル飲料 ラインナップの到来] [*1]
      ・ ふるふるシェイカー / 「振るゼリー」飲料の認知・購入経験
      ・ 購入理由 / 今後飲んでみたいフレーバー
      ・ 冬場の購入予想 (購買層と季節要因分析)
      ・ 「ゼリー飲料」 パーマシン販売量データ


    2. キャンペーン調査 [消費者はこう見ている!]
      ・ アサヒ飲料 「崖の上のポニョ」 キャンペーン
      ・ 伊藤園 「スグレ技術 (モノ) コレクション」 キャンペーン [*2]


    3. 新商品調査


     [調査対象商品]
      ・ ラッキーサイダー / サントリー
      ・ ファンタ ゼロ レモン / コカ・コーラ [*3]
      ・ 午後の紅茶 アジアンストレート〈無糖〉/ キリンビバレッジ
      ・ D-1 StageZero (ステージゼロ) [糖類0g]/ ダイドー
      ・ 梅涼み(うめすずみ) / 伊藤園  [*3]


     [調査項目]
      ・ 認知度
      ・ 併飲状況
      ・ 今後の購入意向度


    4. 今月の注目商品 (自販機展開外商品)


     [調査対象商品]
      ・ リプトン ココナッツアイランド / サントリー [*4]
      ・ ジョージア エッセンスドロップ / コカ・コーラ [*4]
      ・ キレートレモンスパークリング / ポッカ [*4]
      ・ ぶどうを搾った三ツ矢サイダー / アサヒ飲料
      ・ お~いお茶 お抹茶 / 伊藤園


     [調査項目]
      ・ 認知度
      ・ 併飲状況
      ・ 今後の購入意向度
      ・ 自販機での購入意向度


    5. ブランド分析 [透明炭酸飲料のブランド"力"測定]


    * の項目は、別売のオプションレポートに詳細分析結果が掲載されています。


     [*1]9月号別冊 : [特集] 「新ジャンル飲料ラインナップの到来」 特集調査詳細レポート
     [*2]9月号別冊 : 【消費者はこう見ている】 詳細調査レポート
     [*3]9月号別冊 : 【新製品情報】 詳細調査レポート
     [*4]9月号別冊 : 【今月の注目商品】 詳細調査レポート


    【自動販売機販売量調査について】


    『自販機セールスデータ』 調査は、1996年以来継続されている長年の調査実績と経験をもとに、首都圏および京阪神地区における10の飲料メーカー約360台のアウトドア自販機に関する販売量調査です。


    1996年5月の開始以来、毎月継続して販売量データを収集・蓄積し、「飲料メーカー別」「ホット・コールド別」「カテゴリー別」「容器容量別」といった多彩な角度からデータを加工・分析して実施されています。


    コンビニエンスストアの台頭や自販機ロケーションの飽和状態により自動販売機の売上が清涼飲料市場全体に占めるシェアはここ数年減少傾向にありますが、清涼飲料自動販売機の市場規模は、約2兆4000億円 (2007年度 / 日本自動販売機工業会調べ)といわれ、全国に200万台以上設置されている自動販売機は、スケールメリットからも依然として重要なチャネルであるといえます。


    POSの導入により微細に捕捉されている小売店の販売データに比べ、自動販売機、特にレギュラーサービスの販売状況については充分なデータが把握しにくい状況にある中、最適な販売体制の構築、ひいては、エンドユーザの満足度向上につながる施策策定時の基礎資料としてご活用ください。


    ▼ 【自販機セールスデータ】 調査実施要領


     調査地域 : 首都圏40km圏内…東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県
             京阪神…京都市/大阪市/神戸市とその周辺市


     調査台数 :

    メーカ計 コカ・コーラ サントリー キリン
    ビバレッジ
    アサヒ飲料 ダイドー
    361 50 50 50 50 28

    伊藤園 大塚 ポッカ カルピス サッポロ
    飲料
    13 50 20 25 25


     調査データ内容 : 搭載銘柄・販売量・売価・HOT/COLD設定
     分析データ対象月 : 2008年7月度分
     調査実施機関 : 株式会社 綜合企画

    ▼ 資料目次
      [特集] 新ジャンル飲料 ラインナップの到来


      ・ 購買層と季節要因による分析
      ・ ふるふるシェイカーの冬場の反動とは

      [消費者調査] 消費者はこう見ている!


      ~ キャンペーン編 ~ アサヒ飲料 「崖の上のポニョ」

      [新製品ガイド] 2008年7月度 新製品情報


      ・ ラッキーサイダー / サントリー
      ・ 午後の紅茶 アジアンストレート〈無糖〉/ キリンビバレッジ
      ・ D-1 StageZero (ステージゼロ) [糖類0g]/ ダイドー

      [SGKデータ] 2008年7月度 自販機セールスデータ


      ・ 2008年7月度 パーマシン前年比・前月比 (単月)
      ・ 2008年7月度 銘柄別 パーマシン TOP3

      [今月の注目商品] 2008年7月度 今月の注目商品


      ・ ぶどうを搾った三ツ矢サイダー / アサヒ飲料
      ・ お~いお茶 お抹茶 / 伊藤園

      [ブランドカルテ] 透明炭酸飲料のブランド "力" 測定


      ・ ラッキーサイダー / サントリー
      ・ 7UP / サントリー
      ・ スプライト / コカ・コーラ
      ・ キリンレモン / キリン
      ・ 三ツ矢サイダー / アサヒ
      ・ リボンシトロン / サッポロ

      [FBD] 今から5年前との 『炭酸』 比較特集


      ・ 現在と5年前の各社炭酸飲料ラインナップ
      ・ 現在と5年前の炭酸飲料パーマシンTOP10

      [新製品&リニューアル] 2008年7月度 新製品&リニューアル商品


    商品名
    月刊 『ビバレッジ・ベンディング』 2008年9月創刊号
    発刊
    2008年09月
    発行
    株式会社 トータル・マーケティング・ラボラトリー
    調査
    株式会社 トータル・マーケティング・ラボラトリー
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 26ページ
    販売価格

    [バックナンバー] 【1号のみ】
    4,114 円 (税抜 3,810 円+消費税 304 円)
    3,086 円 (税抜 2,858 円+消費税 228 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態 [月刊誌]
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ