リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

欧州の環境市場と環境規制2011-12年版

欧州環境ビジネス市場動向, 環境ビジネス市場規模, 再生可能エネルギー市場予測, 太陽光発電市場動向, 風力発電市場動向, EU環境規制・環境政策動向, 太陽熱市場, 波力・潮力発電市場, バイオ燃料市場, 水エネルギー市場

欧州の環境市場と環境規制2011-12年版

Clip!

~ 最新の統計データを中心に、再生可能エネルギーを軸とした欧州環境市場の動向をまとめると共に、環境ビジネス市場拡大の担い手である先進企業100社の戦略と最新動向を紹介!EUの環境規制について、新たな規制や注目される協議中の規制の最新動向も解説! ~

  • オススメ

欧州の環境市場と環境規制2011-12年版

欧州の環境市場と環境規制2011-12年版

  • 欧州の再生可能エネルギー市場動向・成長予測、環境規制・政策動向!
  • 欧州の環境ビジネス市場規模推移、分野別の成長予測!
  • 環境ビジネスを牽引する欧州の先進環境企業100社の戦略と最新動向!
  • 太陽光発電市場/風力発電市場の実績値・動向と成長見通しを解説!
  • EU各国政府の支援制度や主要規制の改正に関する最新動向!
  • 資源効率ロードマップ、エコデザイン指令、排出権取引の制度動向も!
  • 商品コード: EBS00006

    【資料概要】

    欧州の再生可能エネルギーに関する市場動向と今後の成長予測、EUの環境規制や政策動向と、環境ビジネス市場における先進企業100社の戦略や動向も解説!

    風力発電など一部では2010年に減速感が表れたものの、欧州環境市場の長期的な成長トレンドに変わりはない。低炭素社会への移行に伴い、再生可能エネルギーを中心に息の長い市場拡大が続くと期待される。脱原発を決めたドイツは、従来以上に再生可能エネルギーの利用を促進する方針だ。

    本レポート 『欧州の環境市場と環境規制2011-12年版』 は、最新の統計データを中心に、欧州環境市場の動きをまとめると同時に、市場拡大の担い手である先進企業100社について、その戦略と最新動向を紹介する。

    また、環境市場の動向に大きな影響を与えているのが規制の枠組みだ。2050年までに低炭素経済を構築することを目指すEUの環境規制は、気候変動政策の枠組みだけでなく、今後の資源効率政策によって広範な産業に影響を及ぼす可能性が出てきた。

    企業にとって制約であると同時に成長のチャンスでもあるEUの環境規制について、過去1年間の新たな規制と今後ウォッチしておきたい協議中の規制の最新動向を解説する。

    欧州の環境市場と環境規制2011-12年版

    【『欧州の環境市場と環境規制2011-12年版』 主な内容】

    [環境市場と先進企業100社] (約90ページ)

    ■ 欧州の先進環境企業100社の戦略と最新動向
    ■ 欧州環境市場規模の推移
    ■ 太陽光発電市場の2010年実績と今後の成長見通し
    ■ 風力発電市場の2010年実績と成長見通し
    ■ 各国政府の支援制度の動向
    ■ 分野別の成長予測

    [環境規制動向] (約60ページ)

    ■ 2050年の低炭素経済構築に向けたロードマップ
    ■ 原料戦略と資源効率ロードマップの見通し
    ■ エコデザイン指令の動向
    ■ EU排出権取引の制度動向と炭素リーケージ
    ■ 自動車 (乗用車、バン、トラック) のCO2排出規制と乗用車エコイノベーション規則
    ■ スマートシティ/コミュニティの促進
    ■ 過去1年間の主要規制の改正動向
     - WEEE・RoHS指令、廃車指令、REACH、エネルギーラベル
    ■ 留意したいその他の主要規制の今後の動向
     - Fガス規則の改正、エネルギーインフラ・プロジェクト支援に関わる規制エネルギー税新指令 など

    【『欧州の環境市場と環境規制2011-12年版』 資料構成】

    (「第1章 EU環境規制の最新動向」 からの抜粋)

    EU は2011年3月に2050年に向けた低炭素経済へのロードマップを提案し、温室効果ガスの排出を2050年に1990年比で80~95%削減する目標を掲げた。これによって2020年の排出削減も20%から25%への引き上げが協議されている。このことは、低排出への移行が求められる産業が今後さらに増えていくことを意味する。

    他方、気候変動以外の環境分野では、2010年に発表された 「Europe 2020」 戦略で掲げられた 「持続可能な経済成長」 の名目の下で、資源効率を高めるための政策が提案されており、広範な産業に影響を及ぼす可能性が出てきた。また、気候変動政策と並んで重視されながらも、これまで二の次となっていた生物多様性の分野にもEUは注力し始めた。

    本章では、企業にとって制約であると同時に成長のチャンスでもあるEUの環境規制・政策について過去1年間の新たな動きを捉えるとともに、今後ウォッチしておきたい新たな規制の最新動向を解説する。

    (「第2章 欧州再生可能エネルギー市場の最新動向と成長予測」 からの抜粋)

    幅広い環境関連市場の中で現在最も注目されているのが再生可能エネルギーだ。EUは2020年の温暖化ガス排出量を1990年比で20%削減する目標を打ち出しているが、実現に向けたカギとなるのが風力や太陽光など再生可能エネルギーの積極的な利用である。EUは最終エネルギー消費に占める再生可能エネルギーの比率を2020年までに20%に引き上げることを目指している。

    短期的には景気変動の影響を受ける可能性があるものの、長期的トレンドとしては各国政府の支援政策を追い風に市場は成長を続けるだろう。また、東日本大震災後に脱原発の前倒しを決めたドイツは再生可能エネルギーのさらなる推進を打ち出しており、こうした政策変更も再生可能エネルギーの利用拡大を後押しする。ここでは太陽光と風力を中心に、欧州再生可能エネルギー市場の動向と今後の成長予測を述べる。

    (「第3章 欧州環境ビジネスを牽引する100社」 からの抜粋)

    欧州の環境ビジネスをリードする有力企業100社のプロフィールを紹介する。太陽光・太陽熱を含むソーラーエネルギー、風力、波力・潮力、発電事業、グリッド、デベロッパー・コンサルティング、バイオ燃料、リサイクル・廃棄物、水、燃料電池、サービス・その他の各分野から、業界を代表する大手および特定の技術・サービスで強みを持つ企業を選んだ。分野ごとにアルファベット順に並べた。また、各企業のページの右上に、事業対象と機能分野を示したアイコンを付けた。

    [欧州の環境市場と環境規制2011-12年版]

    【『欧州の環境市場と環境規制2011-12年版』 掲載図表サンプル】

    [図] エコデザインの実施措置決定までの流れ
    エコデザインの実施措置決定までの流れ[欧州の環境市場と環境規制2011-12年版]

    [図] 分野別環境市場規模と成長率
    分野別環境市場規模と成長率[欧州の環境市場と環境規制2011-12年版]

    ▼ 『欧州の環境市場と環境規制2011-12年版』 資料目次
      第1章 EU環境規制の最新動向

    1 EU環境政策における基本政策と戦略

    (1) EU環境政策における戦略・優先分野と基本原則、注目分野
    (2) EU法の種類と法制化の手続き

    2 製品ライフサイクルに関する主な規制・政策の動向

    (1) 統合製品政策 (IPP)
    (2) エコデザイン指令
    (3) エネルギーラベル
    (4) WEEE 指令
    (5) RoHS 指令
    (6) 廃車 (ELV) 指令

    3 気候変動・エネルギー政策の最新動向

    (1) 2020年と2050年の目標
    (2) 建物エネルギー性能要件指令
    (3) EU排出権取引制度

    4 留意したいその他の主要規制・政策の最新動向

    (1) 化学物質に関する規制 REACH
    (2) 自動車のCO2排出規制
    (3) エネルギー税指令の改正
    (4) Fガス規則改正への動き
    (5) エネルギーインフラ・プロジェクト支援に関わる規制
    (6) スマートシティの促進

      第2章 欧州再生可能エネルギー市場の最新動向と成長予測

    1 拡大する再生可能エネルギー市場

    (1) 環境市場の成長率
    (2) 世界をリードする再生可能エネルギー発電
    (3) 2020年の見通し

    2 太陽光発電 - 風力抜いて急成長

    (1) 急拡大する欧州市場
    (2) 2010年の市場規模
    (3) 今後の市場予測

    3 風力発電 - 洋上へ成長点が移行

    (1) 2010年の市場規模
    (2) 洋上風力発電の市場動向
    (3) 今後の市場予測

      第3章 欧州環境ビジネスを牽引する100社

    【 ソーラーエネルギー 】

    3S Swiss Solar Systems/スイスソーラーシステムズ
    Bosch Solar Energy/ボッシュ・ソーラーエナジー
    G24 Innovations/G24 イノベーションズ
    Heliatek/ヘリアテック
    Odersun/オーデルサン
    PV Crystalox Solar/PV・クリスタロックス・ソーラー
    Q-cells/Q セルズ
    Soitec/ソイテック
    Suntrica/サントリカ
    Total/トタル
    Centrotherm Photovoltaics/セントロサーム・フォトボルタイクス
    ClimateWell/クライメイトウェル
    Isofoton/イソフォトン
    Nuon Helianthos/ヌーオン・ヘリアントス
    Oerlikon Solar/エリコン・ソーラー
    Photovoltech/フォトヴォルテック
    SMA Solar Technology/SMA ソーラー・テクノロジー
    SolarWorld/ソーラー・ワールド
    Soltecture/ソルテクチャー
    Wurth Solar/ヴュルト・ソーラー

    【 風力発電 】

    BARD Group/バード・グループ
    Enercon/エネルコン
    Nordex/ノーデックス
    Renewable Devices Swift Turbines/リニューアブル・デバイシズ・スィフト・タービンズ
    Repower Systems/リパワーシステムズ
    Siemens (Energy Sector)/シーメンス (エネルギー部門)
    Vestas/ベスタス
    Areva Wind/アレヴァ・ウィンド
    ChapDrive/チャップ・ドライブ
    Gamesa/ガメサ
    LM Wind Power/LM ウィンドパワー
    Statoil/スタットイル
    SWAY/スウェイ
    Winergy/ウィナジー
    WinWinD/ウィンウィンド

    【 波力・潮力 】

    Aquamarine Power/アクアマリン・パワー
    Marine Current Turbines/マリン・カレント・タービンズ
    Pelamis Wave Power/ペラミス・ウェーブ・パワー
    Atlantis Resources Corporation/アトランティス・リソーシズ・コーポレーション
    Langlee Wave Power/ラングリー・ウェーブ・パワー
    Minesto /ミネスト
    OpenHydro/オープン・ハイドロ

    【 発電事業者 】

    Abengoa Solar/アベンゴア・ソーラー
    Dong Energy/ドンク・エナジー
    EDF Energies Nouvelles/EDF エネルジ・ヌーベル
    EDP RENOVAVEIS/EDP レノバベイス
    Enel Green Power/エネル・グリーン・パワー
    E.ON/エーオン
    Good Energy/グッド・エナジー
    Iberdrola/イベルドローラ
    Scottish and Southern Energy/スコティッシュ・アンド・サザンエナジー
    Vattenfall/バッテンフォール
    ACCIONA Energia/アクシオナ・エネルヒア
    BP Alternative Energy/BP オルタナティブ・エナジー
    Centrica/セントリカ
    Eneco/エネコ
    Fortum/フォータム
    RWE Innogy/RWE イノジー

    【 グリッド 】

    bglobal/ビーグローバル
    Power Plus Communications/パワープラス・コミュニケーションズ
    AlertMe/アラートミー
    EnergyICT/エナジーICT
    Landis+Gyr/ランディス・ギア
    PowerSense/パワーセンス
    Responsiveload(RLtec)/RL テック

    【 デベロッパー 】

    EarthEnergy/アースエナジー
    Solar Millennium/ソーラーミレニアム
    Phoenix Solar/フェニックス・ソーラー
    Renewable Energy Systems/リニューワブル・エナジー・システムズ

    【 バイオ 】

    Biome Technoogoies/バイオーム・テクノロジーズ
    CHOREN Industries/コーレン・インダストリーズ
    Inbicon/インビコン
    Kedco/ケドゥコ.
    Avantium/アバンティウム
    BioGasol/バイオガソル

    【 リサイクル・廃棄物 】

    Befesa Medio Ambiente/ベフェサ・メディオ・アンビエンテ
    Shark Solutions/シャークソリューションズ
    Zelfo Technology/Zelfo テクノロジー
    Carbon Recycling International/カーボン・リサイクリング・インターナショナル
    Envac/エンバック
    O-Flexx Technologies/オーフレックス・テクノロジーズ
    Recupyl/レキュピル
    Scandinavian Enviro Systems/スカンジナビアン・エンバイロ・システムズ
    TITECH/タイテク

    【 水素・燃料電池 】

    AFC Energy/AFC エナジー
    Intelligent Energy/インテリジェント・エナジー
    Proton Motor Fuel Cell/プロトン・モーター・フュエル・セル
    SFC Energy/SFC エナジー
    ACAL Energy/ACAL エネルギー
    Diverse Energy/ダイバース・エナジー
    McPhy Energy/マクフィー・エネルギー
    myFC/マイエフシー

    【 水 】

    Epuramat/エピュラマット
    inge watertechnologies/インゲ・ウォーターテクノロジーズ
    Veolia Water/ヴェオリア・ウォーター
    Voltea/フォルテア
    AquaZ/アクアゼット
    Suez Environment/スエズ・エンバイロメント

    【 サービス・その他 】

    Novaled/ノバレッド
    Nexeon/ネグゼオン

      【掲載図表リスト】

    図 1 : エコデザインの実施措置決定までの流れ
    図 2 : WEEE 指令の対象となる機器
    図 3 : 世界CO2 排出量の国別内訳 (2009年)
    図 4 : 世界の排出権取引市場の推移 (2005~2010年)
    図 5 : エネルギー税指令改正におけるガソリンの最低税率の算出例
    図 6 : 分野別環境市場規模と成長率
    図 7 : 発電容量の内訳 (2010年末)
    図 8 : 電源別構成比の変化
    図 9 : 2000~2010年の電源別容量増減
    図10 : 再生可能エネルギー比率の変化
    図11 : 再生可能エネルギー発電量の予測
    図12 : 2020年の再生可能エネルギー発電の内訳
    図13 : 太陽光発電と風力発電の新設容量の推移
    図14 : 主要国の太陽光発電新設容量の推移
    図15 : 太陽光発電の累積設置容量の推移
    図16 : 太陽光発電の新設容量の予測
    図17 : NREAP による太陽光発電累積設置容量の見通し
    図18 : 2020年の太陽光発電累積設置容量の国別内訳見通し
    図19 : 風力発電新設容量の推移
    図20 : 風力発電新設容量の国別内訳 (2010年)
    図21 : 中東欧主要国の設置容量の推移
    図22 : 洋上風力発電設置容量の推移
    図23 : 洋上風力累積設置容量の国別内訳 (2010年末)
    図24 : 風力発電新設容量の中期予測
    図25 : 風力発電新設容量の長期予測
    図26 : 風力発電累積容量の長期予測

    表 1 : 主要部門別の温室効果ガスの削減目標 (1990年比)
    表 2 : 資源効率ロードマップにおける優先セクターの目標と今後の作業
    表 3 : 先行して選ばれた20の製品分野
    表 4 : 2008年作業計画で規制導入に向けて動き出した10の製品分野
    表 5 : 対象製品分野と実施措置の策定に向けた進捗状況 (2011年9月時点)
    表 6 : 指令改正案で提案されている製品カテゴリーと目標値
    表 7 : RoHS 指令での特定6有害物質の最大許容濃度
    表 8 : RoHS 指令対象製品カテゴリーと適用開始時期
    表 9 : RoHS 指令の適用除外項目のリスト
    表10 : 廃車指令の適用除外項目
    表11 : EU の京都議定書目標と2009年における達成状況
    表12 : EU27カ国の2009年および2010年の年間割当量とCO2 排出実績
    表13 : EU-ETS 第三期間で対象となる活動分野 (EU-ETS 改正指令附則I)
    表14 : 主要製品分野の排出枠を決める基準値 (2013~2014年適用)
    表15 : 炭素リーケージのリスクが高いと欧州委員会がみなした製品分野 (2013~2014年適用)
    表16 : 乗用車のCO2 排出規制における課徴金の内訳
    表17 : 主要エネルギー製品に対する現行指令と指令改正案における最低税率の比較
    表18 : スマートシティ・イニシアチブの実現目標と行動計画
    表19 : 再生可能エネルギー発電量の予測

    商品名
    欧州の環境市場と環境規制2011-12年版
    発刊
    2011年10月
    発行
    EBS (UK) Ltd.
    調査
    EBS (UK) Ltd.
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 約150ページ
    販売価格

    報告書 [PDF版]
    96,120 円 (税抜 89,000 円+消費税 7,120 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ