リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2011年「クラウド」ビジネス実態総調査

クラウド市場規模, クラウド市場動向, クラウド業界地図, クラウド事業者, クラウド事業戦略, クラウド技術, SaaS市場, PaaS市場, IaaS市場

2011年「クラウド」ビジネス実態総調査

Clip!

~ 国内クラウド関連ビジネス主要プレイヤー(18社・団体)にクラウド事業戦略・差別化戦略をインタビュー、用途・適用分野別に重点ターゲット23セグメントの市場規模を算出、将来市場推移の予測も! ~

  • オススメ

2011年「クラウド」ビジネス実態総調査

2011年「クラウド」ビジネス実態総調査

  • クラウド関連ビジネスを展開する主要各社[国内18社・団体]に独自取材!
  • 各社・団体の差別化戦略、クラウド事業戦略を多面的に調査&分析!
  • クラウドビジネス適用分野(用途・重点ターゲット)23セグメントを抽出!
  • 重点ターゲット分野別のポテンシャリティ探索・評価他、多面的に分析!
  • クラウド関連ビジネス各市場/ビジネスモデル別の市場規模を算出!
  • セグメント別クラウドビジネス実態/潜在市場規模推移/将来予測も!
  • 商品コード: ESP00028

    【資料概要】

    クラウドビジネス適用分野・ターゲット23セグメント別に、ポテンシャル・ターゲット視野/重点領域を分析、俯瞰&マッピング!クラウド関連ビジネス市場の全貌と実態・将来の見通し、主要サービスの事業戦略・差別化戦略などビジネスモデル分析やケーススタディも!

    当資料 『2011年「クラウド」ビジネス実態総調査』 は、クラウド関連ビジネスを積極的に展開している主要各社 [日本国内18社・団体] の差別化戦略、ならびに日本国内における 「クラウド」 ビジネス(事業) の現状を多面的に調査&分析した結果をまとめたレポートです。

    「クラウド」 ビジネスには、ハードウェア販売、ソフトウェア販売 (提供)、コンテンツ提供、ミドルウェア提供、SaaS/ASP、IaaS/HaaS、PaaS、ホスティング、SI/ソリューション提供 (webサービス提供・開発受託を含む)、人材育成サービス (スクール) : 教育事業、コンサルティング、その他 (ファイル共有サービス、仮想デスクトップサービス) の単体あるいは複合型のビジネスモデルが含まれています。

    I. 調査対象リスト一覧 編

    1) 調査対象プレイヤーの抽出方法 : 「クラウド (ビジネス)」 プレイヤーは?

    2) 「クラウド」 ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス (61社/部門)

    II. 総括 編
    - 総括 (結論) : 主要各社における「クラウド」ビジネスの現状分析とコンサルティング

    1) 「クラウド(ビジネス)」の定義範囲について

    2) 「クラウド(ビジネス)」の位置付けについて

    3) 市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測

    4) 当該主要18社・団体(個票要約分析) 全社売上に占める当該売上比率

    5) 当該主要14社・団体(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移(2009年度~2013年度)の換算、当該61社・団体(個票要約分析から換算)×当該売上額(TOTAL)=「クラウド」ビジネス市場規模推移<2009年度~2013年度>

    6) 当該主要14社・団体(個票要約分析)×ビジネスモデル別 当該売上額推移(2009年度~2013年度)の換算、当該ビジネスモデル別 構成比率(%)推移<2009年度~2013年度>

    7) 「クラウド」(ビジネス)の当該市場規模(感)

    8) 当該主要14社・団体(個票要約分析)ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 当該売上の変化・シナリオ
    <1>当該ビジネスモデル別 売上推移<2009年度~2013年度>
    <2>当該ビジネスモデル別 構成比率(%)推移<2009年度~2013年度>

    9) 「クラウド(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2010年度 : 見込)ならびに当該売上ランキング(2010年度 : 見込)について

    10) 「クラウド(ビジネス)」の競合認識、参入プレイヤー数認識(基本的には国内での認識)

    11) 主要18社・団体における「クラウド(ビジネス)」シーズ別『<ハードウェア販売、ソフトウェア販売(提供)、コンテンツ提供、ミドルウェア提供、SaaS/ASP、IaaS/HaaS、PaaS、ホスティング、SI/ソリューション提供(webサービス提供・開発受託を含む)、人材育成サービス(スクール) : 教育事業、コンサルティング、その他(ファイル共有サービス、仮想デスクトップサービス)』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度見込)相関クロス

    12) 「クラウド(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング、当該18社・団体における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP、適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪23セグメント別×分類≫

    13) 「クラウド(ビジネス)」実態市場規模推移「2009年度⇒2010年度⇒2013年度」<適用分野×主要セグメント別>、「クラウド(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース1』<適用分野×主要セグメント別>(潜在市場規模 : ソフトバンクテレコム(株)や(株)日立情報システムズ 認識値より)

    14) 「個票要約(18社・団体)分析」×「適用分野」別比率シェア調査結果

    15) 「個票(18社・団体)分析」×「技術クロス分布」

    16) 個票要約(18社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析

    17) 「個票要約(18社・団体)分析」×「販売チャネル」(全体俯瞰)

    18) 「個票分析(18社・団体)」×「重点戦略(直接的/間接的)」×「抽出重複件数(多い/少ない)」

    19) 「個票分析(18社・団体)」×「重点戦略(他社との差別化戦略)」

    20) 開始時期×当該単年売上規模(2010年度見込)の相関(XY軸)統計、当該単年売上規模(2010年度見込)の相関(XY軸)マッピング

    21) 導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上 : 2010年度見込)から言えること、相関統計

    22) 導入実績(個々の金額ベース)×(当該単年売上 : 2010年度見込)金額ベースから言えること

    23) 導入実績(個々の金額ベース)×(当該単年売上 : 2010年度見込)金額ベースの相関統計

    24) 前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス>

    25) (今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)×当該売上規模(2010年度見込)クロス

    26) 今後の売上計画×当該売上規模(2010年度見込)クロス

    27) 「個票(18社・団体)分析」×「市場拡大要因」分析&「市場阻害要因」分析

    28) 「個票(18社・団体)分析」×「ユーザー事例」分析

    29) 「個票要約分析(18社・団体) 」×「今後の方向性」×全体傾向(数値統計)

    30) 「クラウド」ビジネス主要ベンダ・団体×当該売上予測(2009年度~2013年度 : 5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧

    31) 「クラウド」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(18社・団体)

    32) 主要18社・団体における「クラウド(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<23セグメント>、適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP : 俯瞰図)、全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上換算(主要18社・団体)マトリックス一覧(当該売上、「クラウド」ビジネス換算売上×ランキング)≪23セグメント≫

    33) 「クラウド」ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業別×調査項目別>(18社・団体分)

    III. 個票要約 編 (訪問調査中心)
    - 当該主要18社・団体における個別ケーススタディ

    【調査対象】

    Web上にて 「クラウド」 と言及している事業者 (プレイヤー) <61社・団体>すべてにアプローチし、訪問&電話取材依頼を行った。その結果、累計18社・団体 (取材依頼企業全体の29.5%) が深堀取材OKを出した。

    【調査方法】

    専門調査員による訪問取材、電話取材並びにメールによる追加的な情報収集、独自データベースの活用により調査・分析 (主は訪問取材)。

    【調査&レポート期間】

    2011年1月11日(取材依頼開始)~2011年3月2日まで深堀調査(訪問取材、電話にてフォロー取材)を実施した。その後、2011年3月11日に東日本大震災が発生したため、一時的にレポーティングを中止、2011年7月にレポーティング(集計&分析)を再開し、2011年8月11日に集計&分析ならびにコメント化終了。

    2011年「クラウド」ビジネス実態総調査 -はじめに- より

    2010年度は 「クラウド」 元年として、IT市場における 「クラウド」 への注目度は一気に高まりました。

    ESP総研では、そういった 「クラウド」 市場に注目しているビジネス・キーマンから 「クラウド」 に特化した 「調査」 を多面的に実施して欲しい!などいったご要望 (リクエスト) を数多く頂きました。そういったリクエストに迅速にお応えするべく、第一弾として、2010年10月に 『2010年 「クラウド」 イノベーション (変革) 白書』 を発刊した結果、数多くの方々から多大な反響を頂き、この場を借りて心より御礼申し上げます。

    そして、第二弾として、『2010年 「クラウド」 イノベーション (変革) 白書』 をご購入頂いたお客様を中心に、主要な 「クラウド」 事業者の戦略ケーススタディに絞って、「数値」 を中心に主要各社の差別化戦略、事業戦略といった側面で (事業戦略の計数化=戦略数値中心など競合ベンチマークができるように絞って) 「調査」 して欲しい!といったご要望を数多く頂きました。

    従ってESP総研では、最新の 「クラウドビジネス (実態) 市場」 の全貌、将来の見通しと共に、当該主要各社の差別化戦略などを明確化するべく、当該主要企業・団体 (18社・団体) へのインタビューを多面的に実施し、2011年1月~2011年3月の間で顕在化している 「クラウド」 ビジネス適用分野 (用途・重点ターゲット) 23セグメントを抽出、ターゲッティング分野別×ポテンシャリティ探索・評価、「クラウド」 関連ビジネス [ハードウェア販売、ソフトウェア販売(提供)、コンテンツ提供、ミドルウェア提供、SaaS/ASP、IaaS/HaaS、PaaS、ホスティング、SI/ソリューション提供(webサービス提供・開発受託を含む)、人材育成サービス(スクール) : 教育事業、コンサルティング、その他(ファイル共有サービス、仮想デスクトップサービス) の単体あるいは複合型ビジネスモデル別] 市場規模の算出を行いました。

    特に重点を置いたのは23セグメント (適用分野) 別クラウド・ビジネスのポテンシャル・ターゲット視野/重点ターゲット領域のクロス集計・分析、セグメント別 [ハードウェア販売、ソフトウェア販売(提供)、コンテンツ提供、ミドルウェア提供、SaaS/ASP、IaaS/HaaS、PaaS、ホスティング、SI/ソリューション提供(webサービス提供・開発受託を含む)、人材育成サービス(スクール) : 教育事業、コンサルティング、その他 (ファイル共有サービス、仮想デスクトップサービス)]、クラウド・ビジネス実態/潜在規模推移 (2009年度~2013年度) といった将来予測、当該主要各社 (18社・団体) 別の差別化戦略などの事業戦略分析です。

    今回の調査によって、「クラウド (ビジネス)」 市場において、どの分野 (セグメント) でどの程度の規模のマーケットが創出され、どのようなスピード (時間) とベクトル (方向性) で拡大していくのか?、当該主要各社が 「クラウド」 事業をどのような位置づけとし、どのような差別化戦略を図っていこうとしているのか?などを多面的に調査しました。

    この調査報告書が 「クラウド」 関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に願っております。

    ▼ 資料目次

    2011年 「クラウド」 ビジネス実態総調査 (T字型調査の実施 : 垂直深堀調査重視)

      I. 調査対象リスト一覧 編

    1) 調査対象プレイヤーの抽出方法 : 「クラウド(ビジネス)」プレイヤーは?(1)(2)

    2) 「クラウド」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(61社/部門) ※2010年11月時点にピックアップ

      II. 総括 編

    ・ 総括 (結論) 主要各社における「クラウド」ビジネスの現状分析とコンサルティング

    1) 「クラウド(ビジネス)」の定義範囲について

    2) 「クラウド(ビジネス)」の位置付けについて<1><2>

    3) 市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測

    4) 当該主要18社・団体(個票要約分析) 全社売上に占める当該売上比率(1)(2)

    5-1) 当該主要14社・団体(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移(2009年度~2013年度)の換算
    5-2) 当該61社・団体(個票要約分析から換算)×当該売上額(TOTAL)=「クラウド」ビジネス市場規模推移<2009年度~2013年度>

    6-1) 当該主要14社・団体(個票要約分析)×ビジネスモデル別 当該売上額推移(2009年度~2013年度)の換算
    6-2) 当該主要14社・団体(個票要約分析)×当該ビジネスモデル別 構成比率(%)推移<2009年度~2013年度>

    7) 「クラウド」(ビジネス)の当該市場規模(感)

    8-1) 当該主要14社・団体(個票要約分析)ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 当該売上の変化・シナリオ
     <1>当該ビジネスモデル別 売上推移<2009年度~2013年度>
     <2>当該ビジネスモデル別 構成比率(%)推移<2009年度~2013年度>
    8-2) 「クラウド(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2010年度 : 見込)ならびに当該売上ランキング(2010年度 : 見込)について

    9) 「クラウド(ビジネス)」の競合認識、参入プレイヤー数認識(基本的には国内での認識) ※数値(規模)が入っていないコメントは削除した

    10) 主要18社・団体における「クラウド(ビジネス)」シーズ別『<ハードウェア販売、ソフトウェア販売(提供)、コンテンツ提供、ミドルウェア提供、SaaS/ASP、IaaS/HaaS、PaaS、ホスティング、SI/ソリューション提供(webサービス提供・開発受託を含む)、人材育成サービス(スクール) : 教育事業、コンサルティング、その他(ファイル共有サービス、仮想デスクトップサービス)』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度見込)相関クロス

    11-1) 「クラウド(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング
    11-2) 当該18社・団体における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP
    11-3) 適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪23セグメント別×分類≫【N=18】

    12-1) 「クラウド(ビジネス)」実態市場規模推移「2009年度⇒2010年度⇒2013年度」(主要14社・団体 合計)<適用分野×主要セグメント別>
    12-2) 「クラウド(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース1』<適用分野×主要セグメント別> <潜在市場規模 : ソフトバンクテレコム(株) 認識値より>
    12-3) 「クラウド(ビジネス)」潜在市場規模推移『ケース2』<適用分野×主要セグメント別> <潜在市場規模 : (株)日立情報システムズ 認識値より>

    13) 「個票要約(18社・団体)分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果

    14) 「個票(18社・団体)分析」×「技術クロス分布」

    15) 個票要約(18社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(1)~(3)

    16) 「個票要約(18社・団体)分析」×「販売チャネル」(全体俯瞰)

    17) 「個票分析(18社・団体) 」×「重点戦略(直接的/間接的)」×「抽出重複件数(多い/少ない)」

    18) 「個票分析(18社・団体) 」×「重点戦略(他社との差別化戦略)」 <1><2>

    19-1) 開始時期×当該単年売上規模(2010年度見込)の相関(XY軸)統計<N=18>
    19-2) 開始時期×当該単年売上規模(2010年度見込)の相関(XY軸)マッピング<N=18>

    20-1) 導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上 : 2010年度見込)から言えること<N=14> ※あくまで累計実績を抽出(実績なしのプレイヤーは抽出しなかった)
    20-2) 導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上 : 2010年度見込)の相関統計<N=14>
    20-3) 導入実績(個々の金額ベース)×(当該単年売上 : 2010年度見込)金額ベースから言えること<N=9> ※あくまで累計実績を抽出(実績なしのプレイヤーは抽出しなかった)
    20-4) 導入実績(個々の金額ベース)×(当該単年売上 : 2010年度見込)金額ベースの相関統計<N=9>

    21) 前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=9>

    22) (今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)×当該売上規模(2010年度見込)クロス<N=18>

    23) 今後の売上計画×当該売上規模(2010年度見込)クロス<N=18>

    24) 「個票(18社・団体)分析」×「市場拡大要因」分析 <1><2>

    25) 「個票(18社・団体)分析」×「市場阻害要因」分析 <1><2>

    26) 「個票(18社・団体)分析」×「ユーザー事例」分析 <1><2>

    27) 「個票要約分析(18社・団体) 」×「今後の方向性」×全体傾向(数値統計)

    28) 「クラウド」ビジネス主要ベンダ・団体(今回、深堀調査実施 : 主要18社・団体)当該売上予測(2009年度~2013年度 : 5カ年)推移×ビジネスモデルMAP一覧

    29) 「クラウド」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(18社・団体)

    30-1) 主要18社・団体における「クラウド(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<23セグメント>
    30-2) 主要18社・団体における「クラウド(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP : 俯瞰図)
    30-3) 主要18社・団体における分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上換算(主要18社・団体)マトリックス一覧(当該売上、「クラウド」ビジネス換算売上×ランキング)≪23セグメント≫

    31) 「クラウド」ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業別×調査項目別>(18社・団体分)

      III. 個票要約 編 (訪問調査中心)

    1) (株)エイジア 2011年2月に取材(1)~(6)
    2) NECビッグローブ(株) 2011年2月に取材(1)~(6)
    3) 沖縄クロス・ヘッド(株) 2011年2月に取材(1)~(6)
    4) (株)CSK Winテクノロジ 2011年2月取材(1)~(6)
    5) GMOインターネット(株) 2011年1月取材(1)~(5)
    6) GMOクラウド(株) 2011年2月に取材(1)~(6)
    7) ジークラウド(株) 2011年1月取材(1)~(5)
    8) ジョルダン(株) 2011年2月に取材(1)~(6)
    9) ソフトバンクテレコム(株) 2011年1月取材(1)~(7)
    10) 日本マイクロソフト(株) 2011年2月に取材(1)~(6)
    11) 日本ユニシス(株) 2011年2月に取材(1)~(6)
    12) (株)ネオジャパン 2011年2月に取材(1)~(6)
    13) (株)ねこじゃらし 2011年2月に取材(1)~(6)
    14) (株)ハートレイルズ(1)~(6)
    15) PCIアイオス(株) 2011年2月に取材(1)~(5)
    16) (株)日立情報システムズ 2011年2月取材(1)~(6)
    17) (株)日立製作所 2011年2月に取材(1)~(7)
    18) (株)ベルシステム研究所 2011年1月に調査(1)~(6)

    【各社 共通ヒアリング項目】

    (1) 御社における「クラウド」事業概要(定義範囲など)、全体から見た「クラウド」事業の位置付けとは?
    (2) 「クラウド」関連/中核プロダクツ(製品 : ハードウェア、ソフトウェア)、ソリューション(SI)、サービス(SaaS、ASPなど)概要(具体的なメニュー内容や料金体系 : 平均導入実績価格<実績ベースを中心に>など)
    (3) 適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)、販売ターゲット
    (4) 主要技術
    (5) ビジネスモデル・販売チャネル
     <1>ビジネスモデル
     <2>販売チャネル
    (6) 重点戦略・差別化戦略
     <1>重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力 : 直接的手段or間接的手段など)
     <2>他社との差別化戦略
    (7) 開始時期・導入実績・(今後の)目標
     <1>開始時期(  年 月)
     <2>導入実績(累計数量、単年売上、前年比伸長率など)
     <3>(今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)
    (8) 当該市場規模(感)/当該売上計画(2009年度~2013年度)
     <1>当該市場規模(感)<2009年度時点(金額ベース)>
     <2>御社における当該売上計画(2009年度~2013年度)<金額ベース>
    (9) 市場拡大要因/市場阻害要因(クラウド)
     <1>市場拡大要因(クラウド)
     <2>市場阻害要因(クラウド)
    (10) ユーザー事例/競合&当該プレイヤー数(合計)認識
     <1>ユーザー事例
     <2>競合/当該参入プレイヤー数(合計)認識(具体的な競合認識プレイヤー名、当該参入プレイヤー数 合計認識)
    (11) 今後の事業の方向性(拡大の方向/現状維持の方向/縮小の方向など)
    (12) 参考情報
     <1>URL
     <2>電話番号
     <3>売上高(全社)
     <4>従業員数
     <5>設立年月
    (13) 当該ビジネス×売上推移(予測)
     2009年度(実績)
     2010年度(見込)

    商品名
    2011年「クラウド」ビジネス実態総調査
    発刊
    2011年08月
    発行
    株式会社 ESP総研
    調査
    株式会社 ESP総研
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 194ページ
    備考
    ※ 印刷版の報告書は一部カラー、PDF版の報告書(CD-R納品)は全てカラー
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    153,900 円 (税抜 142,500 円+消費税 11,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ