リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性

タブレット販売台数推移, タブレット端末動向, タブレット型端末市場, 携帯端末比較分析, Android端末市場, タブレットPC比較, Androidタブレット比較, アンドロイドタブレット

2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性

Clip!

~ 2010~2011年の主要デバイスベンダーの動向を中心に ~

  • オススメ

2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性

2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性

  • 国内で発売されたタブレット端末を中心に、世界の端末市場環境も分析!
  • 国内における新規発売端末と携帯端末市場の方向性を解説!
  • 携帯端末の進化レベルを評価、付加価値要素の分析と今後の予測も!
  • 携帯端末の機能要素、付加サービス要素、今後の展望を把握!
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!

商品コード: ROA00065

【資料概要】

アジアの通信市場と携帯端末市場を主導する日本の新規発売端末と市場の方向性を分析!

本レポート 『2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性』 は、アジアの通信市場と携帯端末市場を主導する日本の新規発売端末を定期的に分析し、市場の方向性を分析したレポートです。主に国内で発売した端末の詳細情報を中心に、ROA Holdings独自の評価方法によって携帯端末の進化レベルを評価、今後の予測を行っています。 このレポートで端末の機能要素、付加サービス要素、そして今後の展望を把握できます。

▼ 『2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性』 レポートサマリー

1. 本レポートにおける 「タブレット」 の定義

本レポートにおける 「タブレット」 とは以下の3つの条件を全て満たすものである。

(1) タッチスクリーン
 ・ タッチスクリーン (静電容量方式若しくは抵抗膜方式) を採用
 ・ スタイラスやHWキーボード無しでもほぼ全ての機能が使用できる

(2) ディスプレイサイズ
 ・ スクリーンサイズが5.5インチ以上
 ・ 片手で無理なく閲覧できるサイズ・重量

(3) スマートOS
 ・ Smartphone OS 、若しくはそうしたOS向けのアプリケーションが利用出来るOSを採用
具体的にはiOS、Android(Chrome)、Palm(WebOS)、BlackBerry、Windows Mobile/Phone、Symbian(Meego)が該当
Windows7はPC向けのOSであるが、次期タブレット向けOSであるWindows 8へのアップグレードが想定されるため、これを含めるものとする

2. レポートの紹介

本レポートはアジアの中でも通信市場及び携帯端末市場を主導する日本の新規発売端末を定期的に分析し、今後の市場の方向性を提示するために企画されたものである。日本国内で発売された端末の詳細情報を定期的に提供し、ROA Holdings独自の評価方法によって携帯端末の進化レベルを評価、今後の予測を行っている。本レポートにて端末の機能要素、付加サービス要素及び今後の展望を把握することができる。

[基本要素]
ユーザーは端末に搭載された機能を通じてDevice Basic PerformanceとMobility Performanceの大きく2つの欲求を満たそうとする。よってROA Holdingsは 機能面の詳細項目をこれら2つの属性により分類し、評価を行なった。これら2属性に関連する事柄は以下の通り。
・ Device Basic Performance
・ Mobility Performance

[付加価値要素]
付加価値要素はユーザーが携帯端末を通じて付加価値の高いサービスを活用するのに必要な機能を意味する。ROA Holdingsは付加サービスを大きく、User Experience、Entertainment Platform、 Life Conversionの3つの属性により分類を行った。(全ての詳細項目はこれら3つの属性に含まれるよう分類を行なった。)
・ User Experience
・ Entertainment Platform
・ Life Conversion

3. 調査範囲

本レポートは日本国内で発売されたタブレット端末を中心に調査を行い、海外で発売されたものに関しても可能なかぎり調査を行った。

[図] 調査対象端末メーカー及びモデル/調査対象項目
調査対象端末メーカー及びモデル/調査対象項目[2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性]

4. 調査プロセス

本レポートは次のようなプロセスを経て作成され、全世界で発売 (発表) となったタブレット端末に関する特性を分類することで、タブレットのコンバージェンスの方向性を予測することを目的としている。

調査プロセス[2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性]

▼ 『2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性』 資料目次
  1. エグゼクティブサマリー

1. 本レポートにおける 「タブレット」 の定義
2. レポートの紹介
3. 調査範囲
4. 調査プロセス

  2. 2010-2011年世界のタブレット端末市場環境の分析

1. 2010-2015年タブレット販売台数推移予測
2. Wi-Fi専用機種と3G搭載機種の販売台数比較

  3. Device Basic Performance

1. Issue 1 - CPUクロックはSingle 1GからDual 1Gが主流に
2. Issue 2 - RAMは1GBを超えるスペックの端末が増加
3. Issue 3 - Storageは16GB~32GBが多数派
4. Issue 4 - 4万円~6万円の実勢価格が一般的に

  4. Mobility Performance

1. Issue 1 - 端末重量は700グラム、厚みは12ミリをベンチマーク
2. Issue 2 - 3Gボイス搭載機はアジアのベンダーを中心に発展
3. Issue 3 - 3.9G搭載機が海外ベンダーを中心に登場
4. Issue 4 - バッテリーの持続時間は10時間が目標値に

  5. 付加価値要素

User Experience

1. Issue 1 - ディスプレイサイズは8~9インチサイズ台の端末が台頭
2. Issue 2 - タッチ方式においてはコストを抑えた抵抗膜方式は消えつつある
3. Issue 3 - OSバージョン毎のUX進化スピードはAndroidが圧倒的

Entertainment Platform

4. Issue 4 - アプリケーションマーケットのマルチプレーヤー化
5. Issue 5 - 日系ベンダーのコンテンツネットワーク形成

Life Conversion

6. Issue 6 - ビジネスサイドにおける用途の広がり
7. Issue 7 - SNS、NFC、Nスクリーン等生活の中心へと変化

  6. 2011年までの纏めと2012年以降のキーポイント

1. 2011年までのキーポイント纏め
2. 2012年以降のキーポイント

  7. Appendix

商品名
2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性
発刊
2011年06月
発行
株式会社 ROA Holdings
調査
株式会社 ROA Holdings
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 52ページ
備考
※ PDF版は著作権の関係上、印刷及びデータ抽出できません。ご注意ください。
販売価格

報告書 [印刷版]
102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
報告書 [PDF版] ※ 印刷・コピー不可
102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
報告書セット [PDF版+印刷版]
105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ