リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測

環境情報システム, グリーンICT推進, 環境ITビジネス, ICTサービス市場規模, ICT市場予測, ICTシステム市場, ICTソフトウェア市場, ICT潜在市場規模予測, ICTサービスCO2削減, CO2削減ビジネス, 環境情報サービス

2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測

Clip!

~ 【特別企画調査】 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」分野の20セグメント(用途・適用エリア)別に公開統計を抽出、統計値をベースに各市場の普及予測・5年間の潜在市場規模推移をシナリオ別に算出して、CO2削減ビジネス/環境情報システム市場を分析! ~

  • オススメ

商品コード: ESP00024

【資料概要】

大分類20セグメントの用途・適用エリア(場所)別×公開統計の抽出ならびに、公開統計をベースとした「Japan-VALS2」普及予測ロジックによるトップダウン式潜在市場規模<2012年度~2016年度>算出(楽観シナリオ/悲観シナリオ)!

当資料 『2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測 【特別企画調査】』 は、「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」分野の用途・適用エリア別20セグメントの公開統計をベースに、各市場の普及予測・5年間の潜在市場規模推移をシナリオ別に算出して、CO2削減ビジネス/環境情報システム市場を分析、今後の市場展望をまとめた特別企画調査シリーズの調査レポート資料です。

(各章の概要)

I. 要約・結論 編

1) 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」 ×対象エリア(場所)の抽出方法
2) 対象エリア (場所) : 大分類20セグメントにおける 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」 潜在市場規模 (5カ年 : 2012年度~2016年度) 推移・普及予測 (TOTAL) <ソフトウェア販売(単体)のケース/システム販売のケース>
3) 対象エリア (場所) : 大分類20セグメント別潜在市場規模ランキング (金額ベース) <ソフトウェア販売のケース/システム販売のケース> (楽観シナリオ【2012年度予測、2016年度予測】)(悲観シナリオ【2012年度予測、2016年度予測】)
4) 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×ソフトウェア販売/システム販売×対象エリア (場所) : 大分類20セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2012年度~2016年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測、悲観シナリオ予測】

II. 潜在市場規模算出 編
- TOTAL/大分類20セグメント ×今後5カ年での普及予測

1. ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス (ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)×エリア(場所)別 潜在市場規模推移・予測 (今後5カ年 : 2012年度~2016年度での普及予測) TOTAL
2. 対象エリア (場所) : 大分類20セグメントにおける 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」 潜在市場規模 (5カ年 : 2012年度~2016年度) 推移・普及予測 (TOTAL) <ソフトウェア販売(単体)のケース/システム販売のケース>

III. 基本ロジック・普及予測根拠 編
- ビジネスモデル別×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス ≪ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など≫の導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など

(1) ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス (ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移 (2009年度~2013年度)
(2) ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス (ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)×平均実績価格 裏付け
(3) ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス (ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)×潜在市場規模算出 (今後5カ年での普及予測) - 「Japan-VALS2」 アプローチ

IV. 公開統計抽出 編
- A.エリア・場所、建物など ※乗り物<車・鉄道>、人、漠然とした対象市場、適用製品や適用サービスなどは除いた

大分類20セグメント (テーマ) 別

【調査対象】

Web上にて 「CO2削減」 と言及している当該事業者(当該プレイヤー)・キーマンならびに知見者、研究者など。

【調査方法】

専門調査員による訪問ヒアリング、電話でのヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、独自データベースの活用により調査・分析を行った。(主は電話でのヒアリング)

【調査&レポート期間】

2010年12月6日~2011年1月20日まで、実態調査といった観点で深堀調査を実施、さらに2011年5月11日まで公開統計収集を含む情報収集を実施した。その後、レポーティング (集計&分析) を行い、2011年5月19日に集計&分析ならびにコメント化終了。

「特別企画調査」 とは?

1) 「自主企画調査」 が不特定多数を対象とした調査レポート (定価は10万円未満/冊) であるのに対し、「特別企画調査」 は特定少数を対象とした調査レポート (定価は100万円未満/冊 ※ CD-R付き)となります。

2) 「特別企画調査」 を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で 「個別調査」 に対して従来通りコスト (数百万円/テーマ~数千万円/テーマ) をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。

3) つまり、個別調査を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がないクライアント様のご要望を満たすための調査レポート内容となっております。

4) 基本的に、最低で3社以上からのご注文、または特定の企業様からの強いご要望・リクエストがあった場合に 「特別企画調査」 を実施しております。

5) なお、特別企画調査レポートは、個別調査・マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物 (本報告書及びその記載内容を含む) の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

▼ 資料目次

2011年 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」 に関する今後5カ年 (2012年度~2016年度) の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測 (T字型調査の実施 : 垂直深堀調査重視)

  I. 要約・結論 編

1) 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」×対象エリア(場所)の抽出方法

2) 対象エリア(場所) : 大分類20セグメントにおける 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」 潜在市場規模 (5カ年 : 2012年度~2016年度) 推移・普及予測 (TOTAL)<ソフトウェア販売(単体)のケース>

3) 対象エリア(場所) : 大分類20セグメントにおける 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」潜在市場規模 (5カ年 : 2012年度~2016年度) 推移・普及予測 (TOTAL)<システム販売のケース>

4) 対象エリア(場所) : 大分類20セグメント別潜在市場規模ランキング (金額ベース)
 <ソフトウェア販売のケース>
 (1-1) 楽観シナリオ 【2012年度予測】
 (1-2) 楽観シナリオ 【2016年度予測】
 (2-1) 悲観シナリオ 【2012年度予測】
 (2-2) 悲観シナリオ 【2016年度予測】
 <システム販売のケース>
 (3-1) 楽観シナリオ 【2012年度予測】
 (3-2) 楽観シナリオ 【2016年度予測】
 (4-1) 悲観シナリオ 【2012年度予測】
 (4-2) 悲観シナリオ 【2016年度予測】

5-1) 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×ソフトウェア販売×対象エリア(場所) : 大分類20セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2012年度~2016年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測】
5-2) 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×ソフトウェア販売×対象エリア(場所) : 大分類20セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2012年度~2016年度)<数量ベース/金額ベース>【悲観シナリオ予測】

6-1) 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×システム販売×対象エリア(場所) : 大分類20セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2012年度~2016年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ予測】
6-2) 「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×システム販売×対象エリア(場所) : 大分類20セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2012年度~2016年度)<数量ベース/金額ベース>【悲観シナリオ予測】

  II. 潜在市場規模算出 編 (TOTAL/大分類20セグメント ×今後5カ年での普及予測)

※ 以下、いずれも5カ年 (2012年度~2016年度) の<普及予測>

1. ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など) ×エリア(場所)別 潜在市場規模推移・予測 TOTAL

1) 対象エリア(場所) : 大分類20セグメントにおける「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」 潜在市場規模(5カ年 : 2012年度~2016年度)推移・普及予測(TOTAL)<ソフトウェア販売(単体)のケース>

2) 対象エリア(場所) : 大分類20セグメントにおける「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」 潜在市場規模(5カ年 : 2012年度~2016年度)推移・普及予測(TOTAL)<システム販売のケース>

2-1. ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×エリア(場所)別 潜在市場規模推移・予測×最重要ターゲット : 大分類20セグメント別≪ソフトウェア販売(単体)のケース≫

1-1) 工場、事業所が1500Kリットル以上のエネルギーを使っている工場、工場など連続稼働する産業向け【1,500kl以上のエネルギーを使用している工場】× ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-2) 介護施設×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-3) 病院×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-4) パチンコ店×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-5) コンビニ×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-6) 一般企業×事業所を多く持っている企業、一般企業【事業所を多く持っている企業(工業系企業)】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-7) 24時間稼働している建物【小売業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-8) ホテル×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-9) 分野は問わず、パソコンが50台以上ある企業【パソコンが50台以上ある企業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-10) スーパー、スーパーなど冷却機器(冷蔵庫)を扱っている企業・店舗【スーパーマーケット】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-11) 製造業×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-12) オフィス・ビル(のオーナーなど)、ビル管理、一般オフィス【オフィス・ビル】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-13) 中堅企業(従業員200人規模の会社など) 【従業員数が200名規模の中堅企業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-14) 土地測量会社など現場関連職種【測量業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-15) 環境会社など現場関連職種【廃棄物業者など】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-16) 物販店で多店舗展開(100~500店舗)しているフランチャイズ企業【フランチャイズ企業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-17) 地方自治体×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-18) 自動車会社など、自動車関連会社(トヨタ九州・ホンダ・三菱など) 【自動車会社・自動車関連会社】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-19) 学校×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-20) 土木関連業者×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模

2-2. ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×エリア(場所)別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年 : 2012年度~2016年度での普及予測)×最重要ターゲット : 大分類20セグメント別≪システム販売のケース≫

1-1) 工場、事業所が1500Kリットル以上のエネルギーを使っている工場、工場など連続稼働する産業向け【1,500kl以上のエネルギーを使用している工場】× ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-2) 介護施設×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-3) 病院×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-4) パチンコ店×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-5) コンビニ×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-6) 一般企業×事業所を多く持っている企業、一般企業【事業所を多く持っている企業(工業系企業)】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-7) 24時間稼働している建物【小売業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-8) ホテル×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-9) 分野は問わず、パソコンが50台以上ある企業【パソコンが50台以上ある企業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-10) スーパー、スーパーなど冷却機器(冷蔵庫)を扱っている企業・店舗【スーパーマーケット】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-11) 製造業×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-12) オフィス・ビル(のオーナーなど)、ビル管理、一般オフィス【オフィス・ビル】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-13) 中堅企業(従業員200人規模の会社など) 【従業員数が200名規模の中堅企業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-14) 土地測量会社など現場関連職種【測量業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-15) 環境会社など現場関連職種【廃棄物業者など】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-16) 物販店で多店舗展開(100~500店舗)しているフランチャイズ企業【フランチャイズ企業】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-17) 地方自治体×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-18) 自動車会社など、自動車関連会社(トヨタ九州・ホンダ・三菱など) 【自動車会社・自動車関連会社】×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-19) 学校×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模
1-20) 土木関連業者×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模

  III. 基本ロジック・普及予測根拠 編(ビジネスモデル別×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス)≪ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など≫の導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など)

(1) ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移(2009年度~2013年度)
(2) ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)×平均実績価格 裏付け(1)(2)
(3) ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など) ×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測) - 「Japan-VALS2」アプローチ

  IV. 公開統計抽出 編(A.エリア・場所、建物など ※乗り物<車・鉄道>、人、漠然とした対象市場、適用製品や適用サービスなどは除いた)

(1) 工場、事業所が1500Kリットル以上のエネルギーを使っている工場、工場など連続稼働する産業向け<1,500kl以上のエネルギーを使用している工場>の数 (日本国内すべて)(1)(2)
(2) 介護施設の数 (日本国内すべて)(1)(4)
(3) 病院の数 (日本国内すべて)(1)(2)
(4) パチンコ店の数 (日本国内すべて)(1)~(5)
(5) コンビニの数 (日本国内すべて)(1)~(4)
(6) 一般企業×事業所を多く持っている企業、一般企業<事業所を多く持っている企業>の数 (日本国内すべて)(1)(2)
(6) 一般企業×事業所を多く持っている企業、一般企業<事業所を多く持っている企業(工業系企業)>の数 (日本国内すべて)(3)(4)
(7) 24時間稼動している建物(小売業)の数 (日本国内すべて)(1)
(7) 24時間稼動している建物(消防署)の数 (日本国内すべて)(2)
(8) ホテルの数 (日本国内すべて)(1)(2)
(9) 分野は問わず、パソコンが50台以上ある企業<パソコンが50台以上ある企業>の数 (日本国内すべて)(1)~(6)
(10) スーパー、スーパーなど冷却機器(冷蔵庫)を扱っている企業・店舗<スーパーマーケット>の数 (日本国内すべて)(1)~(6)
(11) 製造業の数 (日本国内すべて)(1)~(4)
(12) オフィス・ビル(のオーナーなど)、ビル管理、一般オフィス<オフィス・ビル>の数 (日本全国主要都市部)(1)~(2)
(13) 中堅企業(従業員200人規模の会社など)<従業員数が200名規模の中堅企業>の数 (日本国内すべて)(1)~(4)
(14) 土地測量会社など現場関連職種<測量業>の数 (日本国内すべて)(1)~(4)
(15) 環境会社など現場関連職種<環境ビジネスの市場規模 金額ベース>の数(1)~(3)
(15) 環境会社など現場関連職種<環境ビジネス(廃棄物処理業者)>の数 (日本国内すべて)(4)~(6)
(16) 物販店で多店舗展開(100~500店舗)しているフランチャイズ企業<フランチャイズ企業>の数 (日本国内すべて)(1)~(4)
(17) 地方自治体の数 (日本国内すべて)(1)
(18) 自動車会社など、自動車関連会社(トヨタ九州・ホンダ・三菱など)<自動車会社・自動車関連会社>の数 (日本国内すべて)(1)~(3)
(19) 学校の数 (日本国内すべて)(1)~(5)
(20) 土木関連業者の数 (日本国内すべて)(1)~(6)

商品名
2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測
発刊
2011年05月
発行
株式会社 ESP総研
調査
株式会社 ESP総研
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 177ページ
備考
ハードコピーは一部のみカラー、CD-R収録のPDF版は全てカラー
販売価格

報告書セット [PDF版+印刷版]
1,026,000 円 (税抜 950,000 円+消費税 76,000 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ