リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔

欧州環境ビジネス市場, 欧州環境市場規模, 再生可能エネルギー市場予測, 太陽光発電市場, 風力発電市場, 洋上風力市場, 太陽熱市場, 波力・潮力発電市場, バイオ燃料市場, 水エネルギー市場, 欧州環境企業戦略, 欧州環境市場動向, 欧州の先進環境100社

欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔

Clip!

~ 最新の統計を基に、再生可能エネルギーを軸とした欧州環境市場の動向、今後の成長を予測!特に伸びの目立つ注目市場、洋上風力/集光型太陽熱 (CSP)/波力・潮力の3分野を取り上げ、成長の原動力を探る! ~

  • オススメ

欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔

欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔

  • 欧州環境ビジネスを牽引する先進企業100社の戦略と最新動向!
  • 再生可能エネルギーを中心として高成長中の欧州環境市場規模推移!
  • 太陽光発電市場/風力発電市場の動向と今後の成長見通しを解説!
  • 各国政府の補助制度の変更点、分野別の成長予測も掲載!
  • 注目の洋上風力/太陽熱/波力・潮力発電の3市場の動向をピックアップ!
  • 商品コード: EBS00002

    【資料概要】

    革新的な技術開発や新たなサービスの展開を目指す、欧州環境ビジネスを牽引する先進企業100社をピックアップして、その戦略と最新動向を明らかに!

    再生可能エネルギーを中心とする欧州の環境市場は依然、高い成長が続いている。金融・経済危機直後には投資の冷え込みが懸念されたものの、ふたを開けてみると太陽光発電、風力発電ともに2009年は過去最大規模の伸びを記録した。各国の政策を追い風に2010年もこの勢いが続く見通しだ。


    本書 『欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔』 では最新の統計を基に、再生可能エネルギーを軸とする欧州環境市場の過去1年の動きをまとめると同時に、今後の成長予測を紹介する。特に伸びの目立つ注目市場として洋上風力、集光型太陽熱 (CSP)、波力・潮力の3分野を取り上げ、成長の原動力を探る。こうした市場の伸びを担っているのが革新的な技術開発や新たなサービスの展開を目指す企業だ。欧州環境ビジネスを牽引する先進企業100社を選び出し、その戦略と最新動向を明らかにする。

    欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔

    【『欧州の先進環境100社 最新市場動向と注目企業の横顔』 主な内容】

    ■ 欧州の先進環境企業100社の戦略と最新動向
    ■ 欧州環境市場規模の推移
    ■ 太陽光発電市場の2009年実績と今後の成長見通し
    ■ 風力発電市場の2009年実績と成長見通し
    ■ 各国政府の補助制度の変更
    ■ 分野別の成長予測
    ■ 洋上風力、太陽熱、波力・潮力発電の動向

    【掲載図表サンプル】

    [図] 欧州環境ビジネス市場規模の推移 / 欧州太陽光発電市場の推移
    欧州環境ビジネス市場規模の推移/欧州太陽光発電市場の推移[欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔]

    [図] 欧州再生可能エネルギーの分野別成長予測 (2020年までの年平均成長率)
    欧州再生可能エネルギーの分野別成長予測[欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔]

    【「第1章 欧州環境市場の最新動向と成長予測」 からの抜粋記事】

    欧州経済は2009年半ばに底を打った後、緩やかな回復軌道にある。ただ、ギリシャを発端とする財政危機により主要国政府は相次いで歳出削減策を打ち出しており、民需の回復力とあいまって今後の景気の行方は定かではない。

    こうした中、再生可能エネルギーに代表される環境ビジネス市場は2009年に、年初の悲観的見通しを覆し高い成長を遂げた。風力発電、太陽光発電ともに年間設置容量は過去最高を記録した。2010年は年末にかけて一部で減速感が出てくるものの、年間を通して昨年同様の市場規模を確保する見通しだ。太陽光では2011年に息切れが懸念されるが、再生可能エネルギー全体として長期的には温暖化対策とエネルギー安全保障の点から成長トレンドが続く。

    以下では欧州の環境ビジネス市場を概観した後、主力の再生可能エネルギーについて過去1年の最新動向を見る。さらに今後の成長予測を紹介し、その中で特に高い成長が見込まれる3分野にスポットを当てる。

    1. 拡大する欧州環境ビジネス市場

    一口に環境ビジネスと言っても、そこには従来型の環境汚染防止技術から成長著しい再生可能エネルギー発電まで幅広い対象が含まれる。このため環境市場全体を対象とした調査は数少ないが、その一つとして欧州委員会がまとめた資料を基に、環境市場全体の動向をみておこう。

    [過去年平均8.3%で成長]

    欧州委員会が外部のコンサルティング企業に委託して2009年10月に発表した調査(Study on the Competitiveness of the EU Eco-industry)では、環境ビジネスを廃棄物管理や大気汚染、再生可能エネルギー、水供給など14分野に分類し、2004年から2008年までの市場規模を推計した。

    それによると、欧州連合(EU)加盟27カ国の環境ビジネス市場規模は2008年に3,191億ユーロで、2004年の2,322億ユーロから37%増加した(図1)。

    この間、毎年平均して8.3%ずつ成長したことになる。インフレを除いた実質ベースでの年平均成長率は5.9%だった。同期間の実質GDP・・・(以下略)

    【「第1章 欧州環境市場の最新動向と成長予測 ~ 2. 経済危機後の再生可能エネルギー市場」 からの抜粋記事】

    次に、成長性に富み注目度も高い再生可能エネルギーの中でも市場規模が大きく日本企業に関連の深い太陽光発電と風力発電に焦点を絞り、最新の統計から市場動向と業界の特徴的な動きを探る。さらに、今後の成長見通しに触れる。

    (1) 太陽光 ― 欧州が世界成長を牽引

    経済危機の影響が懸念されたにもかかわらず、世界の太陽光発電市場は2009年も大きく拡大した。業界団体の欧州太陽光発電工業会(EPIA: European Photovoltaic Industry Association)が2010年5月にまとめた最新統計によれば、2009年に世界全体で7.2GWpの太陽光発電所が新設され、同年末の累積設置容量は22.9GWpに達した(GWp=ギガワット・ピーク、Wp=ワット・ピークは一定の測定環境下における太陽電池の最高出力を指す)。各国政府の促進政策と太陽電池の単価下落が追い風となった。

    累積容量は前年末に比べて46%増という大幅な伸び。ドイツやイタリアといった欧州諸国に加え、日本、米国での増加が目立った。累積容量は5年前の2004年末にはわずか3.9GWpだったことを考えると、2000年代の後半以降、世界の太陽光発電は爆発的な勢いで拡大していることがわかる。

    2009年の伸びを牽引したのが欧州市場だ。EU27カ国の2009年末の累積容量は15.9GWpに達し、前年末から54%増加した(図4)。2009年の新設容量は5.6GWpで前年比10.8%の伸びだった。後述のように風力発電では欧州外の地域の累積容量が2009年に初めて欧州を抜いたが、太陽光では依然、欧州がトップを独走している。

    [ドイツが3.8GWpを新設]

    国別にみるとドイツの伸びが著しい。2009年にドイツは欧州市場の68%を占める3,806MWpの容量を新設、同年末の累積容量は9,785MWpとなった(次頁図5、図6)。累積容量は欧州の61%、世界全体でも43 %を占め、太陽光発電大国の地位はゆるぎない。大規模発電所に加え、住宅やビルに据え付けるタイプの需要が増加したのが主因だ。

    新設容量で2位だったのが711MWpを設置したイタリア。政府が総容量1,200MWpを上限に導入したFIT制度により、投資が急増。2009年末の累積設置容量は1,167MWpとなり、ドイツ、スペインに次いで初めて1GWpを突破した。・・・(以下略)

    【「第1章 欧州環境市場の最新動向と成長予測 ~ 3. 今後の注目分野」 からの抜粋記事】

    成長性の高い再生可能エネルギーの中でも今後特に高い伸びが期待されるのはどの分野だろうか。以下では、複数の機関の予測を比較しながら、分野別の成長ポテンシャルを探る。さらに、特に注目を集める新規分野として洋上風力、集光型太陽熱、波力・潮力を取り上げる。

    (1) 分野別の成長予測

    欧州における主な再生可能エネルギー分野の2020年までの成長予測をまとめたのが図13だ。各業界団体、業界団体や研究機関の汎欧州組織である欧州再生可能エネルギー評議会(EREC:European Renewable Energy Council)および欧州委員会の予測を比較した。

    各業界団体の予測数値はほかの機関より高めに出るきらいがあるが、一部を除き全体の傾向はほぼ整合的である。

    [洋上風力、波力・潮力に期待]

    風力発電の累積容量は2020年にかけて年率10%程度の伸びが続くものの、成長率は過去に比べて低くなるだろう。累積容量が大きくなるにつれて伸び率が鈍化するという成熟化の現象が見えてくる。陸上風力での立地制約も背景にある。ただし、洋上風力に注目すると、年率30%程度の高い伸びが見込まれる。風力発電の成長の主役は陸上から洋上へと変わりつつある。・・・(以下略)

    ▼ 資料目次
      第1章 欧州環境市場の最新動向と成長予測

    1. 拡大する欧州環境ビジネス市場

    2. 経済危機後の再生可能エネルギー市場

    (1) 太陽光―欧州が世界成長を牽引
    (2) 風力―2009年に過去最高の容量新設

    3. 今後の注目分野

    (1) 分野別の成長予測
    (2) 洋上風力発電―英独で大規模計画
    (3) 集光型太陽熱―スペインで計画相次ぐ
    (4) 波力・潮力―技術開発から実用化へ

      第2章 欧州環境ビジネスを牽引する100社

    <ソーラーエネルギー>

    Concentrix Solar/コンセントリクス・ソーラー
    G24 Innovations/G24イノベーションズ
    heliatek/ヘリアテック
    Odersun/オーダーサン
    QuantaSol/クアンタソル
    Rem/レム
    Suntrica/サントリカ
    3S Industries/3Sインダストリーズ
    ClimateWell/クライメイトウェル
    Conergy/コナジー
    ertex solartechnik/エアテクス・ソーラーテクニック
    Nuon Helianthos/ヌーオン・ヘリアントス
    Oerlikon Solar/エリコン・ソーラー
    Photovoltech/フォトヴォルテック
    Q-cells/Qセルズ
    Sener/セネール
    SolarWorld/ソーラーワールド
    Solarion/ソラリオン
    Solon/ソロン
    Sulfurcell/サルファーセル
    Systaic/シスタイック

    <風力発電>

    BARD Group/バード・グループ
    Gamesa/ガメサ
    Moventas/ムーベンタス
    Nordex/ノーデックス
    Siemens (Energy Sector)/シーメンス(エネルギー部門)
    Vestas/ベスタス
    ChapDrive/チャップドライブ
    ENERCON/エネルコン
    Evance Wind Turbines/エヴァンス・ウィンド・タービン
    LM Wind Power/LMウィンドパワー
    Areva Wind/アレヴァ・ウィンド
    REpower Systems/リパワー・システムズ
    SWAY/スウェイ
    WinWinD/ウィンウィンド
    Zenergy Power/ゼナジー・パワー

    <波力・潮力>

    Aquamarine Power/アクアマリン・パワー
    Atlantis Resources Corporation/アトランティス・リソーシズ・コーポレーション
    Langlee Wave Power/ラングリー・ウェーブ・パワー
    Marine Current Turbines/マリン・カレント・タービンズ
    Pelamis Wave Power/ペラミス・ウェーブ・パワー
    Voith Hydro/フォイト・ハイドロ

    <発電事業者>

    EDP RENOVAVEIS/EDPレノバベイス
    Enel Green Power/エネル・グリーン・パワー
    E.ON/エーオン..
    ScottishPower Renewables/スコティッシュパワー・リニューワブルズ
    Scottish and Southern Energy/スコティッシュ・アンド・サザンエナジー
    Vattenfall/バッテンフォール
    Abengoa Solar/アベンゴア・ソーラー
    ACCIONA Energia/アクシオナ・エネルヒア
    BP Alternative Energy/BP オルタナティブ・エナジー
    Centrica/セントリカ
    Dong Energy/ドング・エナジー
    Ecotricity/エコトリシティ
    EDF Energies Nouvelles/EDF エネルジ・ヌーベル
    Fortum/フォータム
    Iberdrola Renovables/イベルドローラ・レノバブレス
    RWE Innogy/RWEイノジー

    <グリッド>

    AlertMe.com Ltd/アラートミー
    Responsiveload Ltd(RLtec)/RLテック..
    Power Plus Communications/パワープラス・コミュニケーションズ
    EnergyICT/エナジーICT

    <デベロッパー・ コンサルティング>

    Dulas/デュラス
    Solar Millennium/ソーラーミレニアム
    Phoenix Solar/フェニックス・ソーラー
    Renewable Energy Systems/リニューワブル・エナジー・システムズ

    <バイオ燃料>

    BioGasol/バイオガソル
    Inbicon/インビコン
    Scandinavian Biogas Fuels/スカンジナビアン・バイオガス・フュエルズ
    CHOREN Industries/コーレン・インダストリーズ
    Novozymes/ノボザイムズ

    <リサイクル・廃棄物>

    Carbon Recycling International/カーボン・リサイクリング・インターナショナル
    Recupyl/レキュピル
    TITECH/タイテク
    Xylophane/キシロフェン
    Scandinavian Enviro Systems/スカンジナビアン・エンバイロ・システムズ.
    SiC Processing/SiCプロセッシング

    <水>

    Danfoss AquaZ/ダンフォス・アクアゼット
    Epuramat/エピュラマット
    inge watertechnologies/インゲ・ウォーターテクノロジーズ
    SwissINSO/スイスインソ
    Watreco/ワトレコ
    Thames Water/テムズ・ウォーター
    Veolia Water/ベオリア・ウォーター

    <燃料電池>

    Electro Power Systems/エレクトロ・パワー・システムズ
    myFC/マイエフシー
    SFC Smart Fuel Cell/SFCスマート・フュエル・セル
    ACAL Energy/ACALエネルギー
    Ceres Power/セレス・パワー

    <サービス・その他>

    3nine/スリーナイン
    ChromoGenics/クロモジェニクス
    Climate Change Capital/クライメット・チェンジ・キャピタル
    EnOcean/エンオーシャン
    Novaled/ノバレッド
    Telvent GIT/テルベント GIT
    Point Carbon/ポイント・カーボン
    Tricorona/トリコローナ
    Areva/アレヴァ
    EcoSecurities/エコセキュリティーズ
    The Switch/ザ・スウィッチ

      【図表目次】

    図 1 : 欧州環境ビジネス市場規模の推移
    図 2 : 欧州環境市場の分野別内訳 (2008年)
    図 3 : 分野別市場規模の伸び率 (2004~2008年の年平均成長率)
    図 4 : 欧州太陽光発電市場の推移
    図 5 : 太陽光発電新設容量の国別内訳 (2009年)
    図 6 : 太陽光発電の累積設置容量の国別内訳 (2009年末)
    図 7 : 主要4カ国の年間設置容量の推移
    図 8 : 欧州太陽光発電の設置容量の予測
    図 9 : 欧州の風力発電容量の推移 (EU27カ国)
    図10 : 世界の風力発電の累積設置容量と伸び率
    図11 : 風力発電新設容量の国別内訳 (2009年)
    図12 : 風力発電の累積設置容量の国別内訳 (2009年末)
    図13 : 欧州再生可能エネルギーの分野別成長予測 (2020年までの年平均成長率)
    図14 : 洋上風力の累積設置容量の国別内訳 (2009年末)
    図15 : 国別の洋上風力発電計画

    表 1 : 波力・潮力発電におけるベンチャーと大手の提携例

    商品名
    欧州の先進環境100社-最新市場動向と注目企業の横顔
    発刊
    2010年09月
    発行
    EBS (UK) Ltd.
    調査
    EBS (UK) Ltd.
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 110ページ
    販売価格

    報告書 [PDF版]
    57,240 円 (税抜 53,000 円+消費税 4,240 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ