リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略

欧州自動車産業動向, ヨーロッパ自動車市場, EU自動車市場シェア, ロシア自動車産業市場, 欧州エコカー市場動向, 自動車関連環境政策, エコカー開発動向, 欧州乗用車販売統計, ロシア自動車販売動向, 電気自動車市場, ハイブリッド車市場, 世界自動車業界トレンド, 欧州自動車産業の最新動向

欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略

Clip!

~ 欧州(EU)・ロシア自動車産業の主要乗用車メーカー動向・販売動向、エコカー市場の動向と今後の展開、各社のエコカー戦略を詳細に分析! ~

  • オススメ

欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略

欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略

  • 欧州主要乗用車メーカーの動向、戦略・今後の見通しを詳細にレポート!
  • メーカー別の欧州の乗用車・商用車販売統計、販売動向を分析!
  • エコカーをめぐるEUの政策と支援戦略、主要国の自動車関連環境政策!
  • 欧州エコカー市場の動向と今後の展開、大手各社のエコカー戦略も!
  • 日系自動車メーカー各社の欧州での展開と戦略も解説!
  • ロシアの乗用車販売動向、欧州内生産拠点とその動向に関する内容も!
  • 商品コード: EBS00001

    【資料概要】

    エコカーをめぐるEUの政策と支援戦略、CO2排出規制の概要などEUと加盟各国の自動車関連環境政策・規制に関する解説も掲載!

    金融・経済危機後の試練をくぐりぬけ、2009年末から自動車産業が着実に回復してきた。このけん引役の1つとして大きく浮上してきたのが電気自動車やハイブリッド車をはじめとするエコカーだ。世界の自動車メーカー各社が将来の市場の主導権を握ろうとエコカー戦略を打ち出す中で、欧州ではEUが2010年4月、産業の競争力強化を狙って環境対応車の本格的な促進支援に乗り出した。

    本書 『欧州自動車産業の最新動向 2010-11年版 EUのエコカー戦略』 では、EUおよび主要自動車メーカーなど関連メーカーのエコカーをめぐる動向と戦略を軸に、欧州自動車業界の過去1年間の展開と今後の見通しを明らかにする。また、エコカー市場の推移やロシアを含む乗用車・商用車の販売台数統計、自動車メーカーの生産施設の立地などの情報も網羅した。

    欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略

    【『欧州自動車産業の最新動向 2010-11年版 EUのエコカー戦略』 主な内容】

    ■ エコカーに対するEUの開発支援戦略
    ■ EUと主要国の自動車関連環境政策-CO2排出規制の概要など
    ■ 欧州のエコカー市場の現状と見通し
    ■ 欧州の大手乗用車メーカーのエコカー戦略
    ■ 主要乗用車メーカーの過去1年間の展開と今後の見通し
    ■ メーカー別の欧州の乗用車・商用車販売統計
    ■ ロシアの自動車販売動向
    ■ 主要自動車メーカーの欧州・ロシアの生産施設立地

    【掲載図表サンプル】

    [表] 主要自動車メーカーのエコカーの開発動向-1 (主に2009年下期以降)
    主要自動車メーカーのエコカーの開発動向-1[欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略]

    [表] EU 旧15カ国の乗用車販売台数に占めるCO2排出量のシェア
    EU旧15カ国の乗用車販売台数に占めるCO2排出量のシェア[欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略]

    [表] 欧州で販売されているCO2低排出車の車種 (2010年7月時点)
    欧州で販売されているCO2低排出車の車種[欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略]

    [図] EUとEFTAの自動車メーカー別の乗用車新規登録台数シェア (2009年)
    EUとEFTAの自動車メーカー別の乗用車新規登録台数シェア[欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略]

    [表] EUとEFTAの自動車メーカー別・ブランド別の新規登録台数 (2009年) ※ 一部抜粋
    EUとEFTAの自動車メーカー別・ブランド別の新規登録台数[欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略]

    [表] ロシアのメーカー・ブランド別の販売台数 (2008~2009年) ※ 一部抜粋
    ロシアのメーカー・ブランド別の販売台数[欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略]

    【「序章 自動車産業8つのトレンドと見通し」 からの抜粋記事】

    金融・経済危機後に欧州はじめ各国で導入された自動車産業への支援策の中で、大きな効果をもたらしたのがエコカーなど低排出車への買い替えを促進させるための補助金だった。2009年後半から販売が持ち直し、各自動車メーカーも2009年終わりには生産が回復してきた。しかし、2010年春以降に支援策が各国で終わるにつれて反動も出てきた。ただし、これはいわゆる先進国を中心とした流れで、中国やインドなど新興国では自動車市場が一貫して拡大を続けている。中国では市場が過熱気味と言えるほどだ。自動車メーカーが生き残るには環境技術だけでなく、こうした新興市場で販売を伸ばせる車を投入する力も問われている。

    ここでは2009年後半から2009年前半に浮上してきた自動車業界のトレンドとこれからの見通しを、8つのポイントで示した。

    1. 環境と小型車が生き残りのカギ

    欧州連合 (EU) では2012年から二酸化炭素 (CO2) の排出規制が始まる。待ったなしの状況の中で、各社が2009年から電動化に向けて走り出した。三菱や日産・ルノー連合の電気自動車 (EV) が2010年に発売され、GMやトヨタのプラグインハイブリッド車も2011年に登場する。環境技術の波に乗り遅れないことが、これからの生き残りのカギとなる。環境でリードできれば勝ち残れるのだ。

    もう一つ重要なのは小型車に強いことである。買い替え支援策では低燃費の小型車が優遇されたが、環境面だけではない。今後も成長が見込まれる新興市場を攻略するうえでは、低コストで生産し低価格で販売できる小型車を揃えることが必要となる。小型車を世界戦略車、ワールドカーとして世界のどの市場でも投入することに向けて、すでに競争が始まっている。

    2. 提携も新興市場向けと環境が軸に

    エコカーの主流が見えてくるまで、各社は経営資源を効率的に利用し全方位で技術開発への投資を迫られる。一方で、新興市場の開拓と新興市場向けの小型車の開発にも時間とコストがかかる。いずれも体力勝負だが、2009年から再び動き出した各社の提携にも、この環境技術と新興市場・小型車という2つの軸がある。日産・ルノーとダイムラーの提携は、エコカーの技術と小型車の開発が大きな目的だ。フォルクスワーゲン (VW) とスズキの提携は、新興市場などで低価格の小型車をワールドカーとして投入する戦略の中から出てきた。これからも環境と新興市場を軸に、互いに補完し合うことを目指す新たな提携が生まれてきそうだ。

    3. 自動車業界に大再編の可能性も

    かつて 「600万台クラブ」 と呼ばれ、生き残るには世界で600万台の販売が必要と言われた時期があった。今では新興市場の成長力を考えれば1,000万台がハードルになるとの見方も出ている。緩い提携ではなく強固な提携、そして・・・(以下略)

    【「第2章 欧州自動車各社のエコカーを中心とした動向と戦略 ~ 3. 欧州主要自動車メーカーの動向と今後の展開」 からの抜粋記事】

    欧州メーカーのほか米系2社、韓国の現代グループ、ジャガー・ランドローバーを傘下に抱えるインドのタタ・モーターズ、そして企業買収に積極的に乗り出している中国メーカーについて、2009年秋から2010年夏の1年間の欧州事業の展開とエコカーを中心とした戦略を見ていく。過去1年間 (2009年9月~2010年8月) の動きは各メーカー別に時系列で示した。焦点となるのは環境戦略のほか新興市場での展開、そして新興市場を中心に世界市場に向けた低価格で小型の世界戦略車の投入などだ。

    (1) 世界首位を目指すVW

    VWの目標は明快だ。2018年までに傘下の全ブランドで、年間販売台数を1,000万台以上にしてトヨタを上回る世界最大の自動車会社になるとぶち上げた。ポルシェを傘下に収め、強みとする中国での基盤を強固にし、インドで増産体制に入って米国での販売拡大を狙っている。いずれも世界首位への布石で、環境戦略でも各技術の全方位を視野に入れている。

    2018年に1,000万台を販売

    VWグループの2009年の世界販売台数は過去最高の629万台を記録し、2010年上半期は輸出の好調で前年同期比16%増の358台に達した。欧州でも2009年に各社が苦戦する中、乗用車で微増と踏ん張った。傘下のアウディも2015年までにBMWを抜き高級車市場でトップになることを目標に2010年は100万台突破を目指す。

    中国では自動車市場がやや過熱気味とは言え、VWの販売台数は年間200万台が目前に迫り、中国で10番目となる年産30万台の新工場の建設にも乗り出した。中国ではEV市場が急拡大するとの見通しに基づいて、中国向けのEVを2013年に投入することも発表している。

    販売戦略の一つがスズキとの提携で、出資比率は20%未満となりスズキはグループの一員にはならなかったものの、スズキが強みとするインド市場は魅力的で、VWが強い中国と補完できる。また、スズキは小型の世界戦略車で新興市場を切り開いてきた実績を持ち、世界首位の座を見据えるVWは、これを取り入れて世界の新興市場で低コストの小型車を売り出すことを狙っている。

    HVの割合を全販売台数の3%に

    ハイブリッド車 (HV) にさほど積極的でない欧州メーカーが多い中で、最も力を入れているのもVWだ。米国市場を攻略したいVWにとってはHVで最大規模の市場である米国に・・・(以下略)

    ▼ 資料目次
      序 章 自動車産業8つのトレンドと見通し

      第1章 エコカーをめぐるEUの政策と戦略

    1. EUのエコカーに対する支援戦略

    (1) エコカー普及の6つの必須条件
    (2) EUのエコカー中・長期戦略
    (3) 開発支援や標準化の具体的な動き

    2. EUと加盟各国の自動車関連の環境政策と規制

    (1) EUの排ガス規制
    (2) 乗用車のCO2排出規制
    (3) 小型商用車のCO2排出規制案
    (4) 各メーカーの排出量と見通し
    (5) EU主要国の自動車関連政策

      第2章 欧州自動車各社のエコカーを中心とした動向と戦略

    1. エコカーの技術概要と大手各社の戦略

    (1) エコカーの主要技術の特徴
    (2) 自動車メーカーのエコカー戦略
    (3) 各社が投入する電気自動車 (EV)

    2. 欧州のエコカー市場の現状と見通し

    (1) 欧州のエコカーの現状
    (2) エコカー市場の形成と販売見通し

    3. 欧州主要自動車メーカーの動向と今後の展開

    (1) 世界首位を目指すVW
    (2) EVに賭けるルノー
    (3) 環境技術で提携を活用するPSA
    (4) 新興市場で快走続くBMW .
    (5) 環境で急加速するダイムラー
    (6) フィアットの武器は強力な小型車
    (7) 課題が消えない再生GM
    (8) 人気車種で突き進むフォード
    (9) 販売拡大が続く現代グループ
    (10) タタ・グループ/中国メーカー

    4. 日系自動車メーカーの欧州での展開と戦略

    (1) トヨタ
    (2) 日産
    (3) ホンダ
    (4) マツダ
    (5) スズキ
    (6) 三菱自動車
    (7) 富士重工

      第3章 統計で見る自動車市場

    1. 世界の自動車市場 ― 各国別・メーカー別の販売台数と生産台数

    (1) 世界の乗用車販売台数
    (2) 各国別の自動車生産台数
    (3) メーカー別の自動車生産台数

    2. 欧州の自動車販売市場 ― 各国別の販売台数

    (1) 2009年の欧州各国の自動車販売
    (2) 2009年の各国の商用車販売

    3. メーカー別の欧州の自動車販売

    (1) 2009年の各社の自動車販売
    (2) 2009年の各社の商用車販売

    4. セグメントとモデルで見た欧州の乗用車販売動向

    (1) 小型車の販売シェア
    (2) ディーゼル車の販売傾向

    5. 欧州の自動車生産動向

    (1) 各国の自動車生産台数
    (2) 日系メーカーの生産実績

    6. ロシアの乗用車販売動向

    (1) 乗用車の販売市場
    (2) 2010年上半期の乗用車販売状況

    7. 自動車メーカーの欧州内生産施設と最近の動向

    (1) 非日系メーカーの生産拠点
    (2) 日系メーカーの欧州生産拠点

      【図表リスト】

    図 1 : EU旧15カ国のCO2低排出乗用車 (120g/km以下) の販売台数
    図 2 : 世界の乗用車販売台数のシェア (2009年)
    図 3 : EUおよびEFTAの自動車新規登録台数(販売台数)の国別シェア (2009年)
    図 4 : EUとEFTAの自動車メーカー別の乗用車新規登録台数シェア (2009年)
    図 5 : 西欧における乗用車販売台数のセグメント別シェア (2009年)

    表 1 : EUの電気自動車促進のための行動計画
    表 2 : EU各国のEV・ハイブリッド車に対する優遇策
    表 3 : EUの乗用車の排ガス規制値
    表 4 : EUの小型商用車の排ガス規制値
    表 5 : 乗用車のCO2 排出削減目標の段階的達成目標
    表 6 : 乗用車のスーパークレジット
    表 7 : 乗用車のCO2排出規則における課徴金の内訳
    表 8 : 小型商用車のスーパークレジット
    表 9 : 小型商用車のCO2排出規則における課徴金の内訳
    表10 : 自動車メーカーグループ別のCO2平均排出量 (2007~2008年)
    表11 : 英国の2010年度自動車税 (VED)
    表12 : フランスの新車買い替え奨励金・課税の金額 (2010~11年)
    表13 : EU27カ国の乗用車の課税 (2010年1月現在)
    表14 : 環境対応車の各技術の特徴と課題
    表15 : 主要自動車メーカーのエコカーの開発動向-1 (主に2009年下期以降)
    表16 : 主要自動車メーカーのエコカーの開発動向-2 (主に2009年下期以降)
    表17 : 各社の電気自動車の発売時期と性能比較 .
    表18 : EU旧15カ国の乗用車販売台数に占めるCO2排出量のシェア
    表19 : 欧州で販売されているCO2低排出車の車種 (2010年7月時点)
    表20 : 世界の乗用車販売台数の推移 (2000~2009年)
    表21 : 世界各国の乗用車の生産台数 (2007~2009年)
    表22 : 世界各国の商用車の生産台数 (2007~2009年)
    表23 : 世界各国の商用車生産台数の内訳 (2009年)
    表24 : 世界各国の自動車 (乗用車と商用車) の生産台数 (2007~2009年)
    表25 : 世界のメーカー別自動車生産台数 (2007~2009年)
    表26 : EUおよびEFTAの国別自動車新規登録台数 (販売台数) (2009年)
    表27 : EUおよびEFTAの国別乗用車新規登録台数 (販売台数) の推移
    表28 : EUおよびEFTAの国別商用車新規登録台数 (販売台数) の推移
    表29 : EUとEFTAの自動車メーカー別・ブランド別の新規登録台数 (2009年)
    表30 : EUとEFTAの自動車メーカー別・ブランド別の乗用車新規登録台数の推移
    表31 : 西欧の自動車メーカー別・ブランド別乗用車新規登録台数の推移
    表32 : 中・東欧10カ国の自動車メーカー別・ブランド別乗用車新規登録台数の推移
    表33 : EUとEFTAの自動車メーカー別の商用車新規登録台数の推移とシェア
    表34 : 西欧の自動車メーカー別・ブランド別商用車新規登録台数の推移
    表35 : 中・東欧10カ国の自動車メーカー別・ブランド別商用車の新規登録台数の推移
    表36 : 西欧における乗用車販売台数のセグメント別シェア (2009年)
    表37 : 西欧各国における乗用車販売台数のセグメント別シェア (2009年)
    表38 : 西欧各国の乗用車販売台数に占める四輪駆動車のシェアの推移
    表39 : 西欧各国の乗用車販売台数に占めるディーゼル車のシェアの推移
    表40 : 欧州各国の自動車生産台数の推移 (2007~2009年)
    表41 : 欧州各国の自動車生産台数の内訳 (2009年)
    表42 : 日系自動車メーカーの欧州におけるメーカー別生産台数の推移
    表43 : 日系自動車メーカーの欧州におけるメーカー別生産台数の内訳 (2009年)
    表44 : ロシアのメーカー・ブランド別の販売台数 (2008~2009年)
    表45 : ロシアの新車モデル別販売台数トップ25 (2008~2009年)
    表46 : ロシアのメーカー・ブランド別販売台数 (2010年上半期)
    表47 : ロシアの新車モデル別販売台数トップ25 (2010年上半期)
    表48 : 非日系自動車メーカーの乗用車・小型商用車の組立工場一覧
    表49 : 非日系自動車メーカーの商用車の組立工場一覧
    表50 : 日系自動車メーカーの欧州内の生産拠点

    商品名
    欧州自動車産業の最新動向2010-11年版-EUのエコカー戦略
    発刊
    2010年09月
    発行
    EBS (UK) Ltd.
    調査
    EBS (UK) Ltd.
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 113ページ
    販売価格

    報告書 [PDF版]
    57,240 円 (税抜 53,000 円+消費税 4,240 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ