リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

[韓国の産業と市場別冊]韓国化粧品産業と技術開発動向

韓国化粧品市場動向, 韓国化粧品産業, 韓国化粧品事業者, 機能性化粧品市場, 低価格化粧品市場, 化粧品輸出入動向, 漢方化粧品市場, 化粧品技術開発動向, 化粧品産業政策, 中国化粧品市場, 韓国化粧品産業と技術開発動向

[韓国の産業と市場別冊]韓国化粧品産業と技術開発動向

Clip!

~ 韓国の化粧品/機能性化粧品市場動向・産業政策から、主要事業者の現況・動向、化粧品関連会社リストも収録! ~

  • オススメ

[韓国の産業と市場別冊]韓国化粧品産業と技術開発動向

[韓国の産業と市場別冊]韓国化粧品産業と技術開発動向

  • 「韓国の産業と市場」別冊版、韓国の化粧品産業にフォーカス!
  • 韓国の化粧品市場/機能性化粧品市場/主要事業者の動向を詳細に!
  • 化粧品の輸出入動向/流通構造、素材・原料に関する内容も掲載!
  • 化粧品安全管理制度など韓国の化粧品産業政策の現況・動向を解説!
  • 世界の化粧品市場動向と、欧米・アジア各国他の国別化粧品産業動向も!
  • 巻末に韓国化粧品産業の関連企業リストを収録!
  • 商品コード: VST00005

    【資料概要】

    韓国化粧品の輸出入動向・流通構造、化粧品の素材・原料開発動向他、化粧品産業に関する統計データに化粧品会社リストも収録された充実の一冊!世界の化粧品市場動向も!

    韓国化粧品原料は伝統的な漢方素材を中心にナノテクやバイオ技術を導入して健康にやさしい製品開発に力を注いでいる。それらの製品は韓流ブームにのって世界での認知度が高まっている。健康的でいつまでも若々しく長生きしたいという世界的な人々のライフスタイルの流れにもマッチし、韓国の化粧品産業は新素材の開発に一層の力を注いでいる。

    当資料 『韓国化粧品産業と技術開発動向』 は、韓国の産業と市場動向に関する総合的な統計書である 『韓国の産業と市場』 の別冊として発刊されたもので、韓国化粧品/機能性化粧品の市場動向、輸出入動向、流通構造の他、化粧品産業における技術、化粧品素材・原料の開発動向、韓国化粧品事業者の現況や世界各国の化粧品市場動向に関する内容までもが網羅されています。

    【『韓国化粧品産業と技術開発動向』 発刊の辞より】

    化粧品産業はその特性上、景気の影響を直接的に受ける産業の一つであり、その消費、生産及び市場は景気と似た動向を示してきた。国内景気の沈滞により家計所得が減った2004~2005年に超低価格化粧品が新しい市場を形成し始め、2006年に入って景気が回復して消費が増加すると、主力業者を中心に高価なプレミアム級化粧品の消費が増え、2006年の韓国化粧品市場はデパート販売および訪問販売によるプレミアム級化粧品とブランドショップ中心の超低価格化粧品市場を中心に両極化が進んだ一年と評価されている。また、ここ何年間か成長の勢いが鈍化したOEM・ODM企業等の場合、ブランドショップの拡大および割引店、ホームショッピングなどの新流通チャンネルの成長および輸出市場の改善などによって成長傾向にある。

    韓国化粧品の輸出は最近5年間年平均14%の成長をとげた。国内の化粧品輸入市場の萎縮により貿易収支の赤字は年平均7%ずつ減少した。このような化粧品の輸出増加傾向は、年平均10%以上の高成長が持続している中国化粧品市場に韓国の主要化粧品企業が積極的に進出したことに起因している。

    2007年の韓国化粧品市場は、2006年対比4.1%成長の5兆7400億規模と展望され、市場全体はほぼ2002年水準に回復すると見られるが、化粧品業者の両極化現象は持続するだろう。上位化粧品会社は営業利益率の改善が期待されるが、中位圏業者の実績は停滞すると予想されている。今後、高齢化と女性の結婚年齢が上がり、中壮年層の経済力が向上することによって、しわ改善機能性製品と自然主義製品や漢方製品などが脚光を浴びると予想されている。

    このように目まぐるしく変化している市場状況の中で、本書 『韓国化粧品産業と技術開発動向』 が21世紀の化粧品産業の新しい一ページを開く媒介体の役割を果たし、化粧品産業界の発展に少しでも助けになれれば幸いである。

    ▼ 資料目次

    発刊の辞

      第1章 化粧品の概要

    1. 化粧品の概要

    1-1. 概念

    1-2. 製品別概要
     1) 基礎化粧用製品
     2) 頭髪用製品
     3) メーキャップ製品
     4) 芳香用製品
     5) アイメイク用製品
     6) 浴用製品
     7) 髭そり用製品
     8) 子供用製品
     9) マニキュア用製品
     10) 日焼けおよび日焼け防止用製品

    1-3. 化粧品の歴史
     1) 商品化初期 (1910年~1965年)
     2) 訪問販売時代 (1965年~1989年)
     3) 流通経路の多角化 (1989年以後~2006年)

    1-4. 化粧品の分類方法
     1) 使用部位別の分類
     2) 形状別の分類
     3) 使用目的別の分類

    1-5. 化粧品の技術分類
     1) 乳化製品
     2) 可溶化製品
     3) 分散製品

    1-6. 製造工程
     1) 分散工程
     2) 乳化工程
     3) 可溶化工程
     4) 混合工程
     5) 粉砕工程
     6) 充填・包装および整形工程

    1-7. 化粧品の効能効果

    2. 機能性化粧品

    2-1. 機能性化粧品の概要
     1) 機能性化粧品の効能および効果
     2) 機能性化粧品の主要要件

    2-2. 機能別の化粧品の種類
     1) 老化抑制化粧品
     2) 美白化粧品
     3) 紫外線防止剤
     4) ニキビ用化粧品
     5) アトピー用化粧品
     6) 機能性毛髪化粧品

    2-3. 機能性化粧品の開発方向および産業育成
     1) 機能性化粧品の開発方向
     2) 機能性化粧品の産業育成政策
     3) 機能性化粧品の核心技術開発計画

      第2章 化粧品産業の政策動向

    1. 化粧品産業政策の動向

    1-1. 化粧品関連法律の動向
     1) 化粧品法令の体系
     2) 化粧品法の主要内容
     3) 化粧品関連告示の主要改定内容

    1-2. 食品医薬品安全庁の化粧品関連推進課題
     1) 化粧品原料の安全性強化
     2) 化粧品の類型および効能・効果の改善
     3) 化粧品全成分表示制の導入
     4) 虚偽・誇大広告などに対する事後管理強化

    1-3. 韓国の化粧品安全関連法令、管理制度の改善策
     1) 化粧品管理体系
     2) 化粧品原料の管理
     3) 全成分表示
     4) 使用期限の表示
     5) 化粧品GMP の拡大
     6) 管理業種の改編
     7) 輸入化粧品の品質検査の強化
     8) 国内の化粧品品質検査の改善
     9) 韓国の化粧品流通および事後管理の改善
     10) 化粧品副作用モニターの強化
     11) 自発的品目登録システム
     12) 化粧品の安全に関する情報管理
     13) 化粧品オンライン販売に対する管理システム

    1-4. 化粧品産業振興政策の推進

      第3章 国内化粧品の市場動向

    1. 化粧品の市場動向

    1-1. 2005年の化粧品生産実績

    1-2. 2006年化粧品の市場動向
     1) 生産実績
     2) 2006年韓国の化粧品市場動向
     3) 消費者動向

    1-3. 化粧品業者の営業実績分析 (2006年)

    1-4. 2007年化粧品産業の展望
     1) 産業展望
     2) 化粧品市場の展望
     3) 製品別展望
     4) 流通

    2. 機能性化粧品

    2-1. 2005年市場動向

    2-2. 2006年市場動向
     1) 概要
     2) 市場動向
     3) 美白化粧品
     4) シワ改善
     5) 紫外線防止剤

    2-3. 機能性化粧品の承認動向
     1) 製品別承認現況
     2) 業者別承認現況

    2-4. 漢方化粧品
     1) 市場現況
     2) 天然漢方素材
     3) 漢方産学協力プロジェクト

    3. 化粧品の輸出入動向

    3-1. 2005年輸出入

    3-2. 2006年輸出入

    3-3. 2007年上半期輸出入
    1) 輸出
    2) 輸入

    3-4. 化粧品の輸出入統計

    4. 化粧品の流通構造

    4-1. 概要
     1) 化粧品流通構造の概要
     2) 化粧品の流通動向
     3) 流通部門別の概要

    4-2. 専門店
     1) 概要
     2) 都市別

    4-3. オンライン取引

    4-4. ブランドショップ

    5. 化粧品産業の技術現況

    5-1. 技術導入の現況

    5-2. 技術輸出現況

    5-3. 化粧品 R&D 現況

      第4章 世界の化粧品市場の動向

    1. 世界の化粧品市場の動向

    1-1. 2006年化粧品市場

    1-2. 2007年化粧品市場の展望

    2. 国別化粧品産業の動向

    2-1. アメリカ
     1) 化粧品市場の動向
     2) 機能性化粧品の市場動向
     3) 需要動向
     4) 流通現況

    2-2. 中国
     1) 概要
     2) 業者動向
     3) 市場現況

    2-3. 西ヨーロッパ化粧品市場の現況
     1) 市場概要
     2) 市場動向
     3) 流通現況

    2-4. フランス
     1) 市場概要
     2) 市場動向

    2-5. ドイツ

    2-6. スペイン

    2-7. ロシア
     1) 概要
     2) 市場動向
     3) 輸出入動向
     4) 流通現況

    2-8. 台湾
     1) 市場概要
     2) 市場動向

    2-9. インド
     1) 市場概要
     2) 市場動向
     3) 輸出入動向
     4) 市場展望

    2-10. マレーシア

    2-11. 香港
     1) 市場概要
     2) 香港化粧品市場動向
     3) 主要製品別の市場特性

    2-12. ペルー
     1) 市場概要
     2) 市場動向

    2-13. ハンガリー
     1) 市場概要
     2) 市場動向

    2-14. ギリシャ
     1) 概要
     2) 輸出入動向
     3) 流通現況

    2-15. ベトナム
     1) 概要
     2) 業者動向

    2-16. シンガポール
     1) 概要
     2) 市場動向

    2-17. スイス
     1) 概要
     2) 市場動向
     3) 流通現況

    2-18. ウクライナ
     1) 概要
     2) 輸出入動向
     3) 市場動向
     4) 流通現況

    2-19. カザフスタン
     1) 概要
     2) 輸出入動向
     3) 市場動向
     4) 流通経路

    2-20. 南アフリカ共和国

    2-21. ルーマニア

    2-22. UAE

      第5章 化粧品の素材および原料動向

    1. 化粧品の素材動向

    1-1. 国内外の主要化粧品素材の開発動向

    1-2. 主要機能性化粧品素材の開発動向
     1) 機能性美白化粧品素材の開発動向
     2) 機能性老化防止化粧品素材の開発動向
     4) 機能性紫外線防止用化粧品素材の開発動向
     5) 遺伝子発現調節による機能性化粧品新素材の開発動向
     6) その他の素材

    1-3. 化粧品素材の開発戦略
     1) 老化効能素材
     2) 美白効能素材
     3) 化粧品有効素材の皮膚伝達技術
     4) 化粧品官能上の変化傾向
     5) 化粧品の色の未来
     6) エモルジョンの未来

    2. 化粧品の原料開発

    2-1. 原料開発
     1) 新原料開発基盤技術の発展
     2) 原料開発の現況
     3) 原料開発の方向

    2-2. 有効成分
     1) マイクロカプセル化
     2) Liposome (リポソーム)
     3) シクロデキストリン集合体
     4) 有効成分の発展方向

    2-3. 国際市場動向

    3 化粧品および原料の輸入手続き

    3-1. 化粧品の輸入手続き

    3-2. 化粧品原料の輸入手続き

      第6章 化粧品業者の現況

    1. アモーレパシフィック

    1-1. 事業現況
     1) プレステージ化粧品事業
     2) マス化粧品事業
     3) 生活用品および緑茶事業
     4) 海外事業
    1-2. 研究開発動向
    1-3. 業者概要

    2. LG 生活健康

    2-1. 事業現況
    2-2. 研究開発動向
    2-3. 業者概要

    3. コリアナ化粧品

    3-1. 事業現況
    3-2. 研究開発動向
    3-3. 業者概要

    4. 韓国化粧品

    4-1. 事業現況
    4-2. 研究開発動向
    4-3. 業者概要

    5. エイブルシエンシ

    5-1. 事業現況
    5-2. 研究開発動向
    5-3. 業者概要

    6. 保寧メディアンス

    6-1. 事業現況
     1) 乳児/生活営業部
     2) ファッション/流通事業部
    6-2. 研究開発動向
    6-3. 業者概要

    7. 韓国コルマ

    7-1. 事業現況
    7-2. 研究開発動向
    7-3. 業者概要

    8. ドンソン製薬

    8-1. 事業現況
    8-2. 研究開発動向
    8-3. 業者概要

    9. コスマックス

    9-1. 事業現況
    9-2. 研究開発動向
    9-3. 業者概要

    10. バイオランド

    10-1. 事業現況
     1) 事業動向
     2) 新規事業
    10-2. 研究開発動向
    10-3. 業者概要

    11. テボンエルエス

    11-1. 事業現況
    11-2. 研究開発動向
    11-3. 業者概要

    12. その他の化粧品業者現況

    12-1. 韓国アムウェイ
    12-2. エギョン産業
    12-3. (株)ザ・フェイスショップコリア
    12-4. 韓国ジョンソン・エンド・ジョンソン
    12-5. エンプラニ株式会社
    12-6. ユニリーバコリア株式会社
    12-7. 株式会社ハイリビング
    12-8. ソマン化粧品株式会社
    12-9. (株)マイム (旧アロエマイム)
    12-10. 株式会社チャームゾーン
    12-11. ニュースキンエンタープライズコリア株式会社 (エヌエスイーコリア)
    12-12. (株)韓国資生堂
    12-13. 韓仏化粧品株式会社
    12-14. ナドリ化粧品(株)
    12-15. (株)ファンジン化粧品
    12-16. ニベアソウル(株)
    12-17. 株式会社イロム
    12-18. (株)Amos
    12-19. 株式会社ボブ
    12-20. 株式会社クムビ化粧品
    12-21. 株式会社ウェルコス
    12-22. (株)エチュード
    12-23. (株)チョンサン生命工学(株)
    12-24. 株式会社キムジョンムンアロエ
    12-25. イネル化粧品(株)
    12-26. 株式会社生グリーン
    12-27. (株)ネシュラ化粧品
    12-28. (株)ナウコス
    12-29. (株)サイムダン化粧品
    12-30. プルムウォン健康生活株式会社
    12-31. ローゼ化粧品株式会社
    12-32. 株式会社ティディコ
    12-33. (株)セモ
    12-34. (株)ユニベラ
    12-35. (株)ジョイコス
    12-36. ハンドク化粧品株式会社

      化粧品および関連企業リスト

      索引

    ・ 市道別索引
    ・ 業種別索引

    ▼ 表目次
      第1章 化粧品の概要

    <表1-1> 類型別化粧品の種類
    <表1-2> 基礎化粧品の種類
    <表1-3> 頭髪用製品の種類
    <表1-4> メーキャップ製品の種類
    <表1-5> 芳香用製品の種類
    <表1-6> アイメーク用化粧品の種類
    <表1-7> 浴用製品の種類
    <表1-8> 髭そり用製品の種類
    <表1-9> 子供用製品の種類
    <表1-10> マニキュア用製品の種類
    <表1-11> 日焼けおよび日焼け防止用製品の種類
    <表1-12> 化粧品技術分類
    <表1-13> アイメーク用製品類の効能・効果
    <表1-14> 子供用製品類の効能・効果
    <表1-15> 浴用製品類の効能・効果
    <表1-16> 髭そり用製品類の効能・効果
    <表1-17> 基礎化粧用製品類の効能・効果
    <表1-18> 頭髪用製品類の効能・効果
    <表1-19> メーキャップ用製品類の効能・効果
    <表1-20> マニキュア用製品類の効能・効果
    <表1-21> 芳香用製品類の効能・効果
    <表1-22> 染毛用製品類の効能・効果
    <表1-23> 老化防止効果のある代表的な原料&化粧品
    <表1-24> 皮膚シワ改善を助ける告示原料
    <表1-25> 告示原料以外の皮膚シワ改善の主要原料
    <表1-26> 代表的な皮膚美白の原料
    <表1-27> 皮膚美白効果のある告示原料
    <表1-28> 告示原料以外の皮膚美白効果のある主要原料
    <表1-29> 段階別核心製品開発推進計画
    <表1-30> 段階別核心技術開発推進計画

      第2章 化粧品産業の政策動向

    <表2-1> 主要国の全成分表示方法の比較
    <表2-2> 主要国の化粧品製造施設基準の比較
    <表2-3> 化粧品品質検査の委託検査機関の現況
    <表2-4> 課題名1-1 化粧品の表示・広告の合理化案
    <表2-5> 課題名1-2 全成分表示制の導入
    <表2-6> 課題名1-3 化粧品の品目、類型の拡大推進
    <表2-7> 課題名1-4 化粧品CGMP 制度活性化
    <表2-8> 課題名1-5 流通過程上の化粧品の品質確保の検討
    <表2-9> 課題名2-1 製品開発のためのR&D 集中支援
    <表2-10> 課題名2-2 化粧品“素材開発センター”指定及び告示
    <表2-11> 課題名3-1 韓国化粧品のブランド力向上のための海外広報活動強化

      第3章 国内の化粧品の市場動向

    <表3-1> 類型別化粧品生産推移
    <表3-2> 年度別販売ルート別化粧品の国内販売実績推移
    <表3-3> 用途別化粧品の生産実績
    <表3-4> 子供用化粧品の生産実績
    <表3-5> 浴用化粧品の生産実績
    <表3-6> アイメイク用化粧品の生産実績
    <表3-7> 芳香用化粧品の生産実績
    <表3-8> 頭髪用化粧品の生産実績
    <表3-9> メーキャップ化粧品の生産実績
    <表3-10> 染毛用化粧品の生産実績
    <表3-11> 髭そり用化粧品の生産実績
    <表3-12> マニキュア用化粧品の生産実績
    <表3-13> 基礎化粧品類の生産実績
    <表3-14> 機能性化粧品の生産実績
    <表3-15> 機能性化粧品の生産実績
    <表3-16> 美白化粧品上位10 ブランドの生産実績(2006)
    <表3-17> シワ改善化粧品上位10 ブランドの生産実績(2006)
    <表3-18> 紫外線防止剤上位10 ブランドの生産実績(2006)
    <表3-19> 複合型機能性化粧品上位10 ブランドの生産実績 (2006)
    <表3-20> 化粧品の輸出入実績
    <表3-21> 品目別化粧品輸出入実績
    <表3-22> 香水の輸出入動向(3303-00-1000)
    <表3-23> 化粧水の輸出入動向(3303-00-2000)
    <表3-24> リップスティックの輸出入動向(3304-10-1000)
    <表3-25> その他リップ化粧品類の輸出入動向(3304-10-9000)
    <表3-26> アイシャドーの輸出入動向(3304-20-1000)
    <表3-27> その他のアイメイク用化粧用の輸出入動向(3304-20-9000)
    <表3-28> ネイルエナメルの輸出入動向(3304-30-1000)
    <表3-29> その他マニキュア/ペディキュア用化粧品の輸出入動向(3304-30-9000)
    <表3-30> フェイスパウダーの輸出入動向(3304-91-1000)
    <表3-31> ベビーパウダー(パックパウダー含む)の輸出入動向(3304-91-2000)
    <表3-32> その他美容化粧品類(粉末状)の輸出入動向(3304-91-9000)
    <表3-33> 基礎化粧品類の輸出入動向(3304-99-1000)
    <表3-34> メーキャップ用化粧品の輸出入動向(3304-99-2000)
    <表3-35> 子供用化粧品の輸出入動向(3304-99-3000)
    <表3-36> その他の美容及び化粧品類の輸出入動向(3304-99-9000)
    <表3-37> シャンプーの輸出入動向(3305-10-0000)
    <表3-38> パーマネントウェーブ用及びストレートニング用化粧品の輸出入動向(3305-20-0000)
    <表3-39> ヘアーラッカーの輸出入動向(3305-30-0000)
    <表3-40> ヘアリンスの輸出入動向(3305-90-1000)
    <表3-41> ヘアクリームの輸出入動向(3305-90-2000)
    <表3-42> その他の頭髪用化粧品の輸出入動向(3305-90-9000)
    <表3-43> アフターシェーブローションの輸出入動向(3307-10-1000)
    <表3-44> その他髭そり用化粧品の輸出入動向(3307-10-9000)
    <表3-45> 体臭消臭剤および耐発汗剤の輸出入動向(3307-20-0000)
    <表3-46> 加香した浴用塩の輸出入動向(3307-30-1000)
    <表3-47> その他浴用化粧品の輸出入動向(3307-30-2000)
    <表3-48> 主要品目別化粧品輸出現況
    <表3-49> 年度別化粧品輸出入推移
    <表3-50> 主要国別韓国化粧品の輸出推移
    <表3-51> 主要国別韓国の化粧品輸入現況
    <表3-52> 対アメリカ化粧品輸出入推移
    <表3-53> 対日本化粧品輸出入推移
    <表3-54> 対中国化粧品輸出入推移
    <表3-55> 対香港化粧品輸出入推移
    <表3-56> 対台湾化粧品輸出入推移
    <表3-57> 対タイ化粧品輸出入推移
    <表3-58> 対ニュージーランド化粧品輸出入推移
    <表3-59> 対ロシア連邦化粧品輸出入推移
    <表3-60> 対マレーシア化粧品輸出入推移
    <表3-61> 対メキシコ化粧品輸出入推移
    <表3-62> 対ベトナム化粧品輸出入推移
    <表3-63> 対シンガポール化粧品輸出入推移
    <表3-64> 対インド化粧品輸出入推移
    <表3-65> 対インドネシア化粧品輸出入推移
    <表3-66> 対カナダ化粧品輸出入推移
    <表3-67> 対オーストラリア化粧品輸出入推移
    <表3-68> 対フィリピン化粧品輸出入推移
    <表3-69> 対モンゴル化粧品輸出入推移
    <表3-70> 国内化粧品専門店の現況
    <表3-71> 化粧品及び香水のオンライン取引額推移
    <表3-72> 化粧品ブランドショップの現況

      第4章 世界の化粧品の市場動向

    <表4-1> 国別世界の化粧品市場規模推移
    <表4-2> 国別世界の化粧品市場規模展望
    <表4-3> 中国の主要化粧品の輸入現況(2005)
    <表4-4> 国別西ヨーロッパの専門店販売推移
    <表4-5> スペインの化粧品生産額
    <表4-6> スペインの1 人当り化粧品購買額
    <表4-7> ロシアの化粧品市場占有率トップ15 ブランド(2005)
    <表4-8> ロシアの国別化粧品輸出入動向(2005)
    <表4-9> 台湾化粧品の製品類現況
    <表4-10> 台湾の化粧品輸出入推移
    <表4-11> インドの化粧品輸入推移
    <表4-12> インドの化粧品の輸出推移
    <表4-13> マレーシアの化粧品輸出入推移
    <表4-14> マレーシアの化粧品(HS Code4)の主要輸入国
    <表4-15> マレーシアの香水および化粧水(HS Code3)の主要輸入国
    <表4-16> マレーシアの化粧品(HS Code4)の主要輸出国
    <表4-17> 香港の化粧品輸入推移
    <表4-18> ペルーの美容化粧品輸入動向
    <表4-19> ペルーの化粧品輸入動向
    <表4-20> ペルーの化粧品の輸出動向
    <表4-21> 国別ペルーの化粧品(HS コード3304)輸入現況
    <表4-22> ハンガリーの化粧品製品現況
    <表4-23> ウクライナのメーキャップ化粧品(HS4)の輸入動向
    <表4-24> 国別カザフスタンの化粧品輸入推移

      第5章 化粧品の素材および原料動向

    <表5-1> 韓国の化粧品原料の現況
    <表5-2> 韓国の地域特産物を活用した化粧品素材の開発動向
    <表5-3> 2005年に発表された主要海外化粧品素材
    <表5-4> 海外の化粧品素材開発動向
    <表5-5> 韓国の美白機能性原料の開発動向
    <表5-6> 韓国のシワ改善原料の開発動向
    <表5-7> 化粧品原料の開発方向
    <表5-8> シワ生成予防製品の分類および範囲
    <表5-9> シワ緩和製品の分類および範囲
    <表5-10> シワ治癒および新概念抗老化製品の分類および範囲
    <表5-11> シミそばかす緩和製品の分類および範囲
    <表5-12> Brightning 製品の分類および範囲

      第6章 化粧品業者の現況

    <表6-1> アモーレパシフィックの主要製品現況
    <表6-2> アモーレパシフィックの主要原材料買入現況
    <表6-3> 事業部門別アモーレパシフィックの生産実績
    <表6-4> アモーレパシフィックの研究開発実績
    <表6-5> アモーレパシフィックの研究開発費の現況(2006.6-12)
    <表6-6> アモーレパシフィックの業者概況
    <表6-7> LG 生活健康の主要製品現況
    <表6-8> 年度別LG 生活健康の売上推移
    <表6-9> LG 生活健康の主要原材料買入れ現況
    <表6-10> LG 生活健康の事業部門別の生産実績
    <表6-11> LG 生活健康の漢方化粧品研究開発実績
    <表6-12> LG 生活健康の基礎化粧品(機能性)研究開発実績
    <表6-13> LG 生活健康の基礎化粧品(保湿/毛穴)研究開発実績
    <表6-14> LG 生活健康の男性化粧品研究開発実績
    <表6-15> LG 生活健康の色調化粧品研究開発実績
    <表6-16> LG 生活健康のNutri Health 研究開発実績
    <表6-17> LG 生活健康の研究開発費推移
    <表6-18> LG 生活健康の業者概況
    <表6-19> コリアナ化粧品の主要製品現況(2006)
    <表6-20> 年度別コリアナ化粧品の売上推移
    <表6-21> コリアナ化粧品の主要原材料買入現況
    <表6-22> 事業部門別コリアナ化粧品の生産実績
    <表6-23> コリアナ化粧品の化粧品販売経路(2006)
    <表6-24> コリアナ化粧品の研究開発費推移
    <表6-25> (株)コリアナ化粧品の業者概況
    <表6-26> 韓国化粧品の主要製品現況
    <表6-27> 年度別韓国化粧品の売上推移
    <表6-28> 韓国化粧品の主要原材料買入現況
    <表6-29> 韓国化粧品の事業部門別の生産実績
    <表6-30> 韓国化粧品の研究開発実績-社内研究
    <表6-31> 韓国化粧品の研究開発実績-委託研究
    <表6-32> 韓国化粧品の研究開発費推移
    <表6-33> 韓国化粧品の業者概況
    <表6-34> 事業部門別エイブルシエンシ化粧品の生産実績
    <表6-35> エイブルシエンシの主要製品現況
    <表6-36> エイブルシエンシの主要原材料買入現況
    <表6-37> エイブルシエンシの年度別売上推移
    <表6-38> エイブルシエンシ化粧品事業部の販売組織(2006)
    <表6-39> エイブルシエンシの研究開発費現況
    <表6-40> エイブルシエンシの研究開発実績
    <表6-41> エイブルシエンシの業者概況
    <表6-42> 保寧メディアンスの主要製品現況
    <表6-43> 保寧メディアンス化粧品事業部門の主要原材料買入現況
    <表6-44> 事業部門別保寧メディアンスの生産実績推移
    <表6-45> 年度別保寧メディアンスの売上推移
    <表6-46> 保寧メディアンスの研究開発費現況
    <表6-47> 保寧メディアンスの業者概況
    <表6-48> 韓国コルマの年度別売上推移
    <表6-49> 韓国コルマの主要製品現況
    <表6-50> 韓国コルマの主要原材料買入現況
    <表6-51> 韓国コルマの事業部門別生産実績
    <表6-52> 韓国コルマの研究開発実績
    <表6-53> 韓国コルマの研究開発費用推移
    <表6-54> 韓国コルマの研究開発部門組織図
    <表6-55> 韓国コルマの業者概況
    <表6-56> ドンソン製薬の主要製品現況
    <表6-57> ドンソン製薬の化粧品事業部門主要原材料買入現況
    <表6-58> ドンソン製薬の事業部門別生産実績推移
    <表6-59> ドンソン製薬の年度別売上推移
    <表6-60> ドンソン製薬の研究開発費現況
    <表6-61> ドンソン製薬の業者概況
    <表6-62> コスマックスの主要製品現況
    <表6-63> コスマックスの化粧品事業部門主要原材料買入現況
    <表6-64> コスマックスの部門別化粧品生産実績推移
    <表6-65> コスマックスの年度別売上推移
    <表6-66> コスマックスの化粧品事業部販売経路(2006)
    <表6-67> コスマックスの研究開発費現況
    <表6-68> コスマックスの研究開発実績
    <表6-69> コスマックス(株)の業者概況
    <表6-70> 韓国化粧品原料市場占有率
    <表6-71> バイオランドの主要製品現況
    <表6-72> バイオランドの主要原材料買入の現況
    <表6-73> バイオランドの事業部門別生産実績推移
    <表6-74> バイオランドの年度別売上推移
    <表6-75> バイオランド化粧品事業部の販売経路(2006)
    <表6-76> バイオランドの研究開発費現況
    <表6-77> バイオランドの研究開発実績
    <表6-78> (株)バイオランドの業者概況
    <表6-79> テボンエルエスの新規事業現況
    <表6-80> テボンエルエスの主要製品現況
    <表6-81> テボンエルエスの事業部門別生産実績推移
    <表6-82> テボンエルエスの主要原材料買入現況
    <表6-83> テボンエルエスの年度別売上推移
    <表6-84> テボンエルエスの化粧品事業部販売経路(2006)
    <表6-85> テボンエルエスの化粧品関連研究開発実績
    <表6-86> テボンエルエスの研究開発費現況
    <表6-87> テボンエルエス(株)の業者概況
    <表6-88> 韓国アムウェイ(株)の業者概況
    <表6-89> エギョン産業株式会社の業者概況
    <表6-90> (株)ザ・フェイスショップコリアの業者概況
    <表6-91> 韓国ジョンソン・エンド・ジョンソンの業者概況
    <表6-92> エンプラニの業者概況
    <表6-93> ユニリーバコリアの業者概況
    <表6-94> ハイリビングの業者概況
    <表6-95> ソマン化粧品の業者概況
    <表6-96> マイムの業者概況
    <表6-97> チャームゾーンの業者概況
    <表6-98> ニュースキンエンタープライズコリアの業者概況
    <表6-99> (株)韓国資生堂の業者概況
    <表6-100> 韓仏化粧品の業者概況
    <表6-101> ナドリ化粧品の業者概況
    <表6-102> (株)ファンジン化粧品の業者概況
    <表6-103> ニベアソウル(株)の業者概況
    <表6-104> イロムの業者概況
    <表6-105> (株)Amos の業者概況
    <表6-106> ボブの業者概況
    <表6-107> クムビ化粧品の業者概況
    <表6-108> ウェルコスの業者概況
    <表6-109> (株)エチュードの業者概況
    <表6-110> チョンサン生命工学(株)の業者概況
    <表6-111> キムジョンムンアロエの業者概況
    <表6-112> イネル化粧品(株)の業者概況
    <表6-113> 生グリーンの業者概況
    <表6-114> (株)ネシュラ化粧品の業者概況
    <表6-115> (株)ナウコスの業者概況
    <表6-116> (株)サイムダン化粧品の業者概況
    <表6-117> プルムウォン健康生活株式会社の業者概況
    <表6-118> ローゼ化粧品の業者概況
    <表6-119> 株式会社ティディコの業者概況
    <表6-120> (株)セモの業者概況
    <表6-121> (株)ユニベラの業者概況
    <表6-122> (株)ジョイコスの業者概況
    <表6-123> ハンドク化粧品の業者概況

    ▼ 図目次
      第2章 化粧品産業の政策動向

    <図2-1> 化粧品法、施行令および施行規則の重要規制内容

      第3章 国内の化粧品の市場動向

    <図3-1> 化粧品類型別の生産比重(2006)
    <図3-2> 類型別機能性化粧品の生産現況(2005)
    <図3-3> 類型別機能性化粧品の生産現況(2006)
    <図3-4> 年度別機能性化粧品の承認現況
    <図3-5> 製品別機能性化粧品の承認現況(2006)
    <図3-6> 複合機能化粧品の承認現況(2006)
    <図3-7> 業者別機能性化粧品の承認現況(2006)
    <図3-8> 市道別化粧品専門店の分布現況(2006)
    <図3-9> 化粧品および香水のオンライン取引現況
    <図3-10> 年度別化粧品産業の技術導入額推移
    <図3-11> 年度別化粧品産業の技術導入契約数推移
    <図3-12> 年度別・企業規模別化粧品産業の技術導入額分布 (2005 年)
    <図3-13> 地域別化粧品産業の技術導入額分布(2005 年)
    <図3-14> 国別韓国化粧品産業の技術輸入額分布(2005)
    <図3-15> 化粧品産業の技術類型別の技術導入額分布(2005)
    <図3-16> 化粧品産業の代価支払い方式別の技術導入額分布
    <図3-17> 化粧品産業の制限事項別の技術導入額分布(2005)
    <図3-18> 年度別化粧品産業の技術輸出額推移

      第4章 世界の化粧品の市場動向

    <図4-1> 国別世界化粧品市場占有率(2006)
    <図4-2> 類型別世界の化粧品占有率予測(2007)
    <図4-3> 会社別アメリカ化粧品業者の市場占有率(2005)
    <図4-4> 流通別アメリカの色調化粧品の比重(2004)
    <図4-5> 中国の化粧品市場規模推移
    <図4-6> 2006年国別西ヨーロッパ化粧品市場規模
    <図4-7> 品目別西ヨーロッパの化粧品販売比重
    <図4-8> 製品別フランスの化粧品生産分布(2005)
    <図4-9> フランスの色調化粧品生産分布(2005)
    <図4-10> フランスの基礎化粧品生産分布(2005)
    <図4-11> フランス化粧品市場の流通構造
    <図4-12> スペイン1 人当りの化粧品購買比率(2005)
    <図4-13> ヨーロッパ1 人当りの化粧品購買比率(2005)
    <図4-14> スペイン1人当りの化粧品購買場所(金額基準)(2005)
    <図4-15> スペイン化粧品販売店数推移
    <図4-16> 流通構造別ロシアの化粧品販売比率
    <図4-17> 台湾の化粧品輸入推移
    <図4-18> 年度別ペルーの化粧品輸入推移
    <図4-19> 国別ペルーの化粧品(HS CODE3304)輸入比重(2005)
    <図4-20> ペルーの化粧品ブランドの占有現況(2005)
    <図4-21> 国別競争業者別の市場占有現況
    <図4-22> 製品別スイス化粧品市場占有現況(2005)
    <図4-23> 国別南アフリカ共和国の化粧品輸入現況(2005)

      第5章 化粧品の素材および原料動向

    <図5-1> 2006製品別パーソナルケアの世界の原料需要量現況(506、143MT)
    <図5-2> 2006製品別パーソナルケアの世界の原料需要金額現況(3499.777M$)
    <図5-3> 2006地域別世界のパーソナルケア化粧品原料需要現況(506143MT)

      第6章 化粧品業者の現況

    <図6-1> アモーレパシフィックの事業部門売上比重(2006)
    <図6-2> アモーレパシフィックの化粧品事業部の販売経路(2006)
    <図6-3> アモーレパシフィックの化粧品およびMB&S 事業部門の組織図
    <図6-4> アモーレパシフィックの研究開発組織図
    <図6-5> LG 生活健康の事業部門売上比重(2006)
    <図6-6> LG 生活健康の化粧品事業部国内販売経路(2006)
    <図6-7> LG 生活健康の化粧品事業組織図
    <図6-8> LG 生活健康の研究開発部門組織図
    <図6-9> コリアナ化粧品の事業部門別売上比重(2006)
    <図6-10> コリアナ化粧品の研究開発組織図
    <図6-11> 韓国化粧品の事業部門別売上比重(2006)
    <図6-12> 韓国化粧品の国内販売経路(2006)
    <図6-13> 韓国化粧品の化粧品事業組織図
    <図6-14> 韓国化粧品の研究開発組織図
    <図6-15> エイブルシエンシの製品別売上比重(2006)
    <図6-16> エイブルシエンシの化粧品事業部販売経路(2006)
    <図6-17> エイブルシエンシの研究開発組織図
    <図6-18> 保寧メディアンスの製品別売上比重(2006)
    <図6-20> ドンソン製薬の製品別売上比重(2006)
    <図6-21> コスマックスの製品別売上比重(2006)
    <図6-22> バイオランドの製品別売上比重(2006)
    <図6-23> バイオランドの化粧品事業部の販売組織
    <図6-24> テボンエルエスの製品別売上比重(2006)
    <図6-25> テボンエルエスの化粧品事業部の販売組織(2006)
    <図6-26> テボンエルエスの研究開発組織図

    商品名
    [韓国の産業と市場別冊]韓国化粧品産業と技術開発動向
    発刊
    2008年08月
    発行
    ビスタ ピー・エス
    編集
    DACO IRI / デイコ産業研究所
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    B5判 479ページ
    販売価格

    報告書 [製本版]
    35,640 円 (税抜 33,000 円+消費税 2,640 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ