リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2009年「位置捕捉」ビジネス白書(上)<屋内中心編>

位置情報ビジネス市場規模, 位置情報サービス, 地理空間情報, G空間社会, 携帯電話GPS市場, 位置管理サービス, 携帯電話位置情報, 位置捕捉ビジネス

2009年「位置捕捉」ビジネス白書(上)<屋内中心編>

Clip!

~ 「屋内位置捕捉(ビジネス)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化! ~

  • オススメ

2009年「位置捕捉」ビジネス白書(上)<屋内中心編>

2009年「位置捕捉」ビジネス白書(上)<屋内中心編>

  • 位置情報ビジネス関連企業計17社のキーマンに独自取材・インタビュー!
  • 屋内を中心とした位置捕捉ビジネスを分析、潜在市場規模推移/予測も!
  • 重点ターゲット領域として84セグメントをピックアップして市場検証!
  • 直接取材した内容をイラスト化、[総括絵12枚/個票絵98枚]収録!
  • 主要プレイヤーのマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析!
  • 主要プレイヤー17社・団体の個別ケーススタディ分析も!
  • 商品コード: ESP00005

    【資料概要】

    キーマンへの直接取材から、極めて斬新なシーンが市場/社会に与えるインパクトを厳正に抽出!屋内を中心とした位置情報サービスがもたらす近未来の市場創造を探る!

    当資料 『2009年「位置捕捉」ビジネス白書(上)<屋内中心編>』 は、屋内を中心とした位置捕捉ビジネス/位置情報サービス市場の実態と市場規模推移、今後の潜在市場規模推移・予測、主要プレイヤーの個別ケーススタディなど、17の関連事業者・団体への独自の直接取材・ヒアリングを元に、イラスト化・分析結果をまとめた資料です。

    1) 「屋内位置捕捉(ビジネス)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵12枚、個票絵98枚)

    2) 屋内を中心とした位置捕捉ビジネスの現状分析とコンサルティング(助言)
    市場概況×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測/位置捕捉ビジネスの位置付け&価値(V)
    → 魅せ方/位置捕捉ビジネスの課題(全体、業界、ビジネス)/位置捕捉ビジネスの進め方(コンサルティング&助言)
    → 当該ビジネスを成功させるためにはどうしたら良いのか?/適用分野(全体/ヒト/モノ・その他)<現状>、対象ターゲット分野<今後>×俯瞰図/「位置捕捉(屋内中心)」×重点ターゲット顧客仮説(コンサルティング)/「位置捕捉」ベンダ(提供者側)と「位置捕捉(潜在/顕在)ユーザー」における価格認識ギャップ/「位置捕捉」が付加価値に変化するまでのシナリオ・ステップ/「位置捕捉」×「SI(ソリューション)」「パッケージ(H/W、S/W)」「サービス」モデル別×組み合わせ最適化(相互連携/複合・融合/付加価値化)・相関図MAP

    3) 「位置捕捉(屋内中心)」実態ビジネス×市場検証(実態ビジネス×ターゲット・セグメント×ポテンシャリティ探索(全体 : 83セグメント、ヒト分野/モノ・その他分野 別)
    ⇒ 2008年12月~2009年1月時点における「位置捕捉(屋内中心)」実態市場は?今後の有望ビジネス(分野/アプリケーション)は?短中長期に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析 (「短期的」「長期的」(実態的)に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?)

    4) 「位置捕捉(屋内中心)」実態市場規模推移(2007年度~2011年度)×セグメント別 [ハードウェア(HW)/ソフトウェア(SW)/SI・カスタマイズ(SI)/サービス売り]

    5) 「位置捕捉(屋内中心)」ビジネスの潜在市場規模推移・予測
    <TOTAL/有望分野30テーマ(セグメント別)>(2009年度~2013年度(数量・金額/楽観・悲観シナリオ 別)>

    6) 「位置捕捉(屋内中心)」ビジネスをリードする主要プレイヤー(17社・団体)のマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析(個票項目分析)!

    7) 「位置捕捉(屋内中心)」×主要プレイヤー(17社・団体)の個別ケーススタディ分析

    ▼ 当資料は、上下巻の2部構成となっています。下記も併せてご活用ください。

    >> 『2009年「位置捕捉」ビジネス白書(下)<屋外中心編>』

    【調査目的と背景】

    2009年度下期に入り早くも1ヶ月が経過したが、景気後退等ビジネスを取り巻く環境が悪化している中で、最新の 「位置捕捉 (屋内中心)」 ビジネスが実態的にどの程度進み、短長期的に見てどういった分野 (セグメント) で、どの程度の市場規模 (市場形成) が見込めるのか?当該ビジネスの方向性と収束度を客観的にチェックし、「位置捕捉 (屋内中心)」 先端&有望ビジネスにおける 「位置捕捉対象セグメント別 (ヒト/モノ・その他) 有望度評価」 「セグメント別 (実態/潜在) 市場規模」 を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが継続的に求められている。

    「位置捕捉 (屋内中心)」 がもたらす近未来社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、ヒト・モノ・エリア (周辺環境等) の状況を正確に感知 (センシング)・認識し、状況や (屋外、屋内、その中間といったエリア・セグメント毎の) 環境に即した最適なサービスへと結びつけるための 「RFID(P)」 「UWB」 「ZigBee」 「RFID(A)」 「特定小電力」 「赤外線」 「超音波」 「無線LAN(Ekahau、WiFi等)」 「伝送するための無線技術」 「ステレオビジョン」 「他社のセンサー技術」 「AMR、加速度センサー、ジャイロ」 「MJ、AirLocation」 「音響測位技術」 「メッシュ技術」 等といった単体あるいは組み合わせ技術が不可欠となっている。

    この一連の技術の実現により、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。

    例 : 「オフィス (都内 等)」 「工場 (比較的に広大な等)」 「倉庫」 「店舗 (流通系店舗) ※ヨドバシカメラ等家電量販店 等」 「美術館」 「博物館」 「ホームセンター」 「GMS」 「ビル」 「消防 (設備等) ※警報器または現場での消防士の事故の数 等」 「警察 ※現場での警察官の事故の数 等」 「レスキュー ※現場でのレスキュー隊の事故の数 等」 「家庭 (世帯数)」 「地下街」 「通行所/通学路」 「火災 (現場)」 「地下 (の工事) ※地下で実施している工事の数 等」 「炭鉱」 「物流現場 (物流センター) ※物流センターの数 等」 「病院」 「インテリジェントホスピタル」 「ショッピングセンター」 「スーパーマーケット」 「工事現場 (作業現場)」 「道路 ※大型建機を使った事故の数 等」 「プラント」 「刑務所」 「薬局」 「研究所 (研究施設・研究分野)」 「アミューズメント施設 (エンターテイメント)」 「展示施設」 「駅 (ホーム、構内、改札)」 「パチンコ屋」 「電車 (の中) ※毎日走っている電車の数 等」 「コンビニエンスストア」 「百貨店」 「線路の上 (保線作業現場) ※線路で作業を行う人に関連する事故の数 等」 「レジャーランド (東京ディズニーランド 等)」 「遊園地」 「ホテル」 「車の工場」 「大企業」 「大学 (2000人規模の大学)」 「介護施設」 「園児の遊び場所 ※幼稚園児等が遊ぶ場所の数 等」 「塾」 「災害現場」 「駐車場」 「カジノ」 「マンション」 「信号」 「基地局」 「コンビナート」 「トンネル」 「橋 (の工事)」 「ピッキングヤード」 「データセンター」「コールセンター」「ショッピングモール」「食品工場」「土木現場」「(銀行の) ATM」 「マシンルーム」 「工事現場 (仮工事のみ)」 「高層ビル」 「自動倉庫」 「無人化センター」 「街 ※商店街、不動産事業者またはナビゲーション・サービスを行っているところ 等」 「会議室」 「トランクルーム」 「運用メンテナンス会社」 「学校 (小学校 等)」 「皇居 (前、周辺)×事件、検挙 (の数)」 「ゲームセンター」 「空港」 「車両基地」 「港湾」 「原子力発電所」 「運送会社」 「テレビ局 (取材機器が置いてある場所の数)」 「公共施設」 「商業施設」 「エレベーター (ホール)」 「造船会社」 等

    特に、今後の少子高齢化社会、省エネ・環境推進社会に向けて着実に安全・安心・エコな社会を実現するために 「位置捕捉(屋内中心)」 の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。従って、今なお 「位置捕捉 (屋内中心)」 はIT業界において最も注目・期待されているポテンシャル・ビジネス・テーマの一つといえよう。

    こうした市場の声を受けて、ESP総研では、「位置捕捉<屋内中心>(実態)市場」 の全貌、将来の見通しを明確化するべく、2008年12月~2009年1月の間で顕在化している 「位置捕捉<屋内中心>」 プレイヤー主要29社・団体を抽出、彼らの中で主要17社・団体へのインタビューを多面的に実施し、「位置捕捉 (屋内中心)」 実態ビジネス×市場検証 (実態ビジネス×ターゲット・セグメント×ポテンシャリティ探索 (全体: 84セグメント、ヒト分野/モノ・その他分野 別)、2008年12月~2009年1月時点における 「位置捕捉 (屋内中心)」 実態市場、今後の有望&重点・注目分野&ターゲット分野)、短中長期に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析 (「短期的」 「長期的」 (実態的) に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?) を行った。

    特に重点を置いたのは、下記のような内容である。

    「位置捕捉 (屋内中心)」×主要プレイヤー (17社・団体) の個別ケーススタディ分析や 「位置捕捉 (屋内中心)」 ビジネスをリードする主要プレイヤー (17社・団体) のマーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析 (個票項目分析) しながら、「位置捕捉 (屋内中心)」 ビジネスの潜在市場規模推移・予測)<TOTAL/有望分野30テーマ (セグメント別)> (2009年度~2013年度 (数量・金額/楽観・悲観シナリオ 別)>

    → 「位置捕捉 (屋内中心)」 実態市場規模推移 (2007年度~2011年度)×セグメント別 [ハードウェア (HW)/ソフトウェア (SW)/SI・カスタマイズ (SI)/サービス売り]

    → 屋内を中心とした位置捕捉ビジネスの現状分析とコンサルティング (助言) <市場概況×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測/位置捕捉ビジネスの位置付け&価値(V)

    → 魅せ方/位置捕捉ビジネスの課題 (全体、業界、ビジネス)/位置捕捉ビジネスの進め方 (コンサルティング&助言)

    → 当該ビジネスを成功させるためにはどうしたら良いのか?/適用分野 (全体/ヒト/モノ・その他) <現状>、対象ターゲット分野 <今後>×俯瞰図/「位置捕捉 (屋内中心)」×重点ターゲット顧客仮説 (コンサルティング)/「位置捕捉」 ベンダ (提供者側) と「位置捕捉 (潜在/顕在) ユーザー」 における価格認識ギャップ/「位置捕捉」 が付加価値に変化するまでのシナリオ・ステップ/「位置捕捉」×「SI(ソリューション)」 「パッケージ (H/W、S/W)」 「サービス」 モデル別×組み合わせ最適化 (相互連携/複合・融合/付加価値化)・相関図MAP/>

    → 「屋内位置捕捉 (ビジネス)」 がもたらす近未来市場 (社会) 創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化 (総括絵12枚、個票絵98枚)

    今回の調査によって、「位置捕捉 <屋内中心> (ビジネス)」 についてどの分野(セグメント)でどの程度の規模のマーケットが創出され、どのようなスピード(時間)とベクトル(方向性)で拡大していくのか?を多面的に調査した。

    【調査対象】

    ESP総研が過去から取材を行ってきた人脈=企業・団体 (各省庁や業界団体も含む) 等合計で29社を中心に調査・分析を行った。

    【調査方法】

    専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話によるフォロー取材、並びに独自データベースの活用により調査・分析を行った。

    【調査&レポート期間】

    2008年11月27日(取材開始)~2009年12月→2009年1月(訪問取材 : 17社)~2009年7月27日(絵の制作終了)~2009年10月7日(分析&レポーティング終了)

    ▼ 資料目次
      I. 未来絵 編

    ~ 「屋内位置捕捉(ビジネス)」がもたらす近未来市場(社会)創造、インタビューから(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化 (総括絵12枚、個票絵98枚) ~

    <総括絵> ※ 計98枚 / シェアが大きい順にナンバー付け

    1. 【倉庫・工場】
    2. 【ビル・オフィス・研究所】
    3. 【病院・薬局】
    4. 【店舗・遊戯施設・ホテル】
    5. 【交通・道路・車】
    6. 【学校】
    7. 【駅・鉄道】
    8. 【データセンター】
    9. 【工事現場(屋外も含む)】
    10. 【街・タウン・その他】
    11. 【家・自宅・庭】
    12. 【展示施設】

    屋内位置捕捉×個票絵 : 総括絵 対比表

    <個票絵>

    (1-1) 土木現場×トンネル工事×安全管理ニーズ→根強い需要((株)日立製作所)
    (1-2) セキュリティスタイルの変化・進化((株)日立製作所)
    (2-1) ビル内の点検管理の場所をトラッキング(ハネウェルジャパン(株))
    (2-2) ガードマンの巡回監視(ハネウェルジャパン(株))
    (2-3) ミッションクリティカル(消防、警察、レスキュー)×侵入地点&動き・状態追跡(ハネウェルジャパン(株))
    (2-4) 自分がどこにいて、誰に会わなければならないか?を建物の中で自動的に言ってくれるロボット(ハネウェルジャパン(株))
    (2-5) 事件、事故時の危険領域特定・原因追及<独立型の自律位置捕捉機器>(ハネウェルジャパン(株))
    (2-6) 炭鉱現場(地下)での自分の位置管理(ハネウェルジャパン(株))
    (3-1) マテハン×特急ロット×ウェイティング位置確認(丸紅情報システムズ(株))
    (3-2) 製造業における仕掛かり管理×位置把握(丸紅情報システムズ(株))
    (4-1) 製造工場で作られている大きいサイズの「モノ」の位置管理ニーズが拡大(NECエンジニアリング(株))
    (4-2) フォークの運行をいかに効率良く回すのか?工程管理を行う為に、例えば今、製品がどのラインのどの位置にあるのか?といった位置捕捉需要(NECエンジニアリング(株))
    (4-3) 動線を管理し、例えば棚にあるレイアウトを変更することで業務効率UP(NECエンジニアリング(株))
    (4-4) 店舗における従業員の動線管理需要 (NECエンジニアリング(株))
    (4-5) 絵の前に行った際の情報案内、詳細な解説、着くまでの経路案内といったCS(顧客満足度)向上分野での需要拡大(NECエンジニアリング(株))
    (4-6) 高価な物(モノ)、例えば生産設備紛失対策に活用(NECエンジニアリング(株))
    (4-7) 予定管理→実績としての可視化管理(NECエンジニアリング(株))
    (4-8) 動きの無駄を可視化(NECエンジニアリング(株))
    (4-9) レイアウト変更のためのデータ計測(NECエンジニアリング(株))
    (5-1) 掃除婦がしっかりと掃除したのか?をシステムでチェック・管理する需要(スプリームシステムコンサルティング(株))
    (5-2) 人の位置をセンシング→適切な広告を出す(スプリームシステムコンサルティング(株))
    (5-3) カートにLCDを付ける→デジタルサイネージ・ソリューション(スプリームシステムコンサルティング(株))
    (5-4) (室外)人工芝刈り機等のロボット、室内を綺麗に掃除するロボットへの期待(スプリームシステムコンサルティング(株))
    (5-5) 位置情報を広告活動に反映 (スプリームシステムコンサルティング(株))
    (6-1) 高価な医療機械→病棟で貸し出し紛失防止((株)メリテック)
    (6-2) ホテルにおけるアセット管理((株)メリテック)
    (6-3) 車椅子盗難防止((株)メリテック)
    (7-1) 老人におけるベットからの転落事故検出→ベット見守りシステム(古河機械金属(株))
    (7-2) 生産工場の人件費削減、効率改善による現場の見える化(古河機械金属(株))
    (7-3) 二人いなければ、どうしても何かあった時に困るといった危険エリアでの可視化(古河機械金属(株))
    (8-1) エンジンやタイヤの脚周りにおけるボルトの締め忘れ((株)アイオイ・システム)
    (8-2) 工場における流れ作業時の間違い回避((株)アイオイ・システム)
    (8-3) 長期保管に伴う品質劣化防止対策((株)アイオイ・システム)
    (8-4) モノの紛失に伴い、紛失物が見つかるまでの徹夜作業負荷軽減・解消((株)アイオイ・システム)
    (8-5) 倉庫にあるはずのものがないといったことに対する対策・手段((株)アイオイ・システム)
    (8-6) 現場からの勝手な持ち出し管理((株)アイオイ・システム)
    (8-7) 高いところから落とす等といった衝撃テストへの活用((株)アイオイ・システム)
    (9-1) 店舗における人の出入りカウンター(人間ポインター)×マーケティングへの活用((株)サイヴァース)
    (9-2) 大きい建物(展示施設)の中の画面と壁面に投影→人が地図の上に来る:例えばある場所に来ると、ムービーが投影される((株)サイヴァース)
    (9-3) マーケティングに活用→駅や店舗における人カウント作業の削減((株)サイヴァース)
    (9-4) 交通量調査における人件費削減((株)サイヴァース)
    (9-5) 駅のホームにおける人数制限((株)サイヴァース)
    (9-6) ステレオビジョン活用分野→人がホームから落ちた際の緊急通知に活用((株)サイヴァース)
    (9-7) 地下街における混雑把握&デジタルサイネージを活用した広告誘導((株)サイヴァース)
    (10-1) アクティブRFIDを活用した学校(大学)における出席・遅刻・早退確認((株)信興テクノミスト)
    (10-2) アクティブタグ→携帯のストラップが出席管理端末に変化・進化((株)信興テクノミスト)
    (10-3) カードを配布することによる出席管理の改善→登校自動管理((株)信興テクノミスト)
    (10-4) 発信機持参による出席管理~学生に与えるサービスの向上に活かす((株)信興テクノミスト)
    (11-1) 電車の位置と保線作業員位置の捕捉→電車通過時にアラームを飛ばして避難を促す→危険な場所で作業員の位置捕捉とアラーム発報((株)谷沢製作所)
    (11-2) 広い工場における倒れセンサーの活用((株)谷沢製作所)
    (11-3) 1人作業支援((株)谷沢製作所)
    (11-4) 技術継承×教育ツールへの活用((株)谷沢製作所)
    (11-5) カメラ、映像、地図上への表現による情報共有スピードの向上((株)谷沢製作所)
    (12-1) 医療機材管理の需要((株)日本エアロスカウト)
    (12-2) 病院における医療器材の稼働率可視化(見える化)((株)日本エアロスカウト)
    (12-3) 作業員の安全管理、勤怠管理((株)日本エアロスカウト)
    (12-4) 医療機器の棚卸しに活用((株)日本エアロスカウト)
    (12-5) 製造業における倉庫管理×モノの位置把握((株)日本エアロスカウト)
    (12-6) 課題、問題、無駄発見のための可視化ツール((株)日本エアロスカウト)
    (12-7) アセット管理によるリソースコントロール((株)日本エアロスカウト)
    (12-8) お年寄りの動き検知→孤独死防止((株)日本エアロスカウト)
    (12-9) 渋滞×感知式信号の動的コントロール→動的な交通の最適化((株)日本エアロスカウト)
    (13-1) データセンターにおけるオペレータ/サービスデスクの無人化((株)野村総合研究所)
    (13-2) 病院における医師、看護士の位置捕捉((株)野村総合研究所)
    (13-3) 工事現場における人の位置捕捉((株)野村総合研究所)
    (13-4) データセンターにおける端末の置き忘れ、端末の管理者、入館者×位置捕捉((株)野村総合研究所)
    (13-5) 土地勘のない場所における誘導サービス、ナビゲーション・ガイド((株)野村総合研究所)
    (13-6) フリーアドレス採用×大型ビル・オフィスにおけるプレゼンス連動×人の位置捕捉((株)野村総合研究所)
    (13-7) 広大なデータセンターにおけるお客様の存在確認&位置(フロア)把握((株)野村総合研究所)
    (13-8) データセンターにおける遠隔操作支援→立入禁止エリアに近付いた際にアラームを出す等といった仕組み((株)野村総合研究所)
    (13-9) データセンターにおける管理スタッフ無人化(バーチャル管理)→管理者が作業を行う際の位置捕捉&遠隔ナビゲーション((株)野村総合研究所)
    (14-1) 建物の中の自動販売機、コピー機等の位置情報との紐付け・管理(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-2) 倉庫におけるモノの管理(フォークリフト~パレット~順番出し~資材管理)×位置捕捉→RFIDソリューション(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-3) フルオートメーション化→RFID操作・管理→ニアフィード→RFIDを使った位置情報、在庫管理(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-4) 日本版SOX法→(資産)管理需要拡大→管理物×タグ・位置管理(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-5) 行動変化に伴う状況のリアルタイム把握×位置情報連動→自動対応(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-6) 自分の行動パターン化→状態検知→最適移動交通ナビゲーション(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-7) メンテナンス会社におけるサポートスタッフの位置捕捉→迅速対応(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-8) 人の行動履歴×マーケティング活用、位置情報連携×改札・入館等の情報連携・活用(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-9) レジャー施設×駅通過人数×人の流れの把握×位置情報連携(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (14-10) SUICA×位置情報連動(日本ヒューレット・パッカード(株))
    (15-1) 道路上におけるアスファルトを均す大型ローラー:建機誘導×巻き込み事故防止((株)アムテックス)
    (15-2) 倉庫における商品位置把握&在庫状況把握、作業員の動き計測・動線チェック((株)アムテックス)
    (15-3) 学校に不審者が入らないような対策((株)アムテックス)
    (15-4) 薬・薬剤の取り違い防止、成分配合チェック(異物混入チェック)((株)アムテックス)
    (15-5) 人命救助:時間との戦い(1秒1秒を争う)の中での機材管理((株)アムテックス)
    (16-1) パレット等搬送器具管理(グローバル視野で)(日本ユニシス(株))
    (16-2) 製造現場における正確なロケーション管理→熟練者の管理に貢献、熟練工の高齢化に伴う技術継承に貢献(日本ユニシス(株))
    (16-3) フォークリフト×位置捕捉、オペレーションの簡易化、自動化(日本ユニシス(株))
    (17-1) 皇居警察における不審者チェックに活用、警備会社における不審者キャッチ&追跡(高千穂交易(株))
    (17-2) 展望台におけるデモンストレーション(パーソントラッキング)→人の集まりによるライトアップ&ライト変化→エンターテイメント的な活用(高千穂交易(株))
    (17-3) パーソントラッキング→人の動き検知(映像反応)→ゲームへの活用(高千穂交易(株))
    (17-4) 外周進入セキュリティへの活用(人の位置捕捉)(高千穂交易(株))
    (17-5) 認証→持ち出し管理、テレビ局における取材機器×持ち出し管理(高千穂交易(株))
    (17-6) 病院における看護士の効率的な入院患者までのルートアクセス管理→患者が命を落とす比率の低下へ(高千穂交易(株))
    (17-7) SOX法に伴う資産管理の需要拡大(高千穂交易(株))
    (17-8) フィジカルセキュリティの可視化、外部業者の位置把握・管理→警備にかかる人件費削減(高千穂交易(株))
    (17-9) 商業施設におけるクローズ時間でのパーソントラッキング→人の追跡、異常時のアラーム(カメラとの連動)(高千穂交易(株))

      II. 総括 編

    1. 総括 (結論) [屋内を中心とした位置捕捉ビジネスの現状分析とコンサルティング]

    1) 市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測
    2) 位置捕捉ビジネスの位置付け&価値(V)→魅せ方<結論>(1)
    2) 位置捕捉ビジネスの位置付け&価値(V)→魅せ方<結論>(2)
    3) 位置捕捉ビジネスの課題(全体、業界、ビジネス)<結論>
    4) 位置捕捉ビジネスの進め方(コンサルティング&助言) →当該ビジネスを成功させるためにはどうしたら良いのか?<結論>
    5-1) 適用分野(全体/ヒト/モノ・その他)<現状>、対象ターゲット分野<今後>×俯瞰図
    5-2) 適用分野(着眼点・実績)セグメント別<全体>「位置捕捉(屋内中心)」シェア(主要17社・団体) (2008年12月~2009年1月 調査時点)
    5-3) 適用分野(着眼点・実績)セグメント別<ヒト>「位置捕捉(屋内中心)」シェア(主要17社・団体) (2008年12月~2009年1月 調査時点)
    5-4) 適用分野(着眼点・実績)セグメント別<モノ、その他>「位置捕捉(屋内中心)」シェア(主要17社・団体) (2008年12月~2009年1月 調査時点)
    6) 「位置捕捉(屋内中心)」×重点ターゲット顧客仮説(コンサルティング)
    7) 「位置捕捉」ベンダ(提供者側)と「位置捕捉(潜在/顕在)ユーザー」における価格認識ギャップ
    8) 「位置捕捉」が付加価値に変化するまでのシナリオ・ステップ
    9) 「位置捕捉」×「SI(ソリューション)」「パッケージ(H/W、S/W)」「サービス」モデル別×組み合わせ最適化(相互連携/複合・融合/付加価値化)・相関図MAP
    10-1) 当該主要17社・団体(個票分析) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移(2007年度/2011年度)の換算(2008年12月~2009年1月 調査時点)
    10-2) 当該主要17社・団体(個票分析) ×当該売上額(TOTAL)推移の換算(2008年12月~2009年1月 調査時点)
    10-3) 当該主要17社・団体(個票分析) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移の換算(2008年12月~2009年1月 調査時点)
    10-4) 当該主要16社・団体(個票分析) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移の換算(2008年12月~2009年12月 調査時点)
    11-1) 当該主要17社・団体(個票分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2008年12月~2009年1月 調査時点)
    11-2) 当該主要16社・団体(個票分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から単純集計できた当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2008年12月~2009年1月 調査時点)

    2.総括 [屋内を中心とした位置捕捉ビジネスの潜在市場規模推移・予測]

    0) 有望分野:30テーマ(セグメント)における「屋内(Indoor中心)」を中心とした「位置捕捉市場」潜在市場規模推移・予測(TOTAL)
    1-1) 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(有望分野・フィールド)潜在市場規模(金額ベース)積上(楽観的潜在市場規模予測・推移)
    1-2) 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(有望分野・フィールド)潜在市場規模(金額ベース)積上(悲観的潜在市場規模予測・推移)
    2-1) 「オフィス(都内 等)」<抽出件数:7件(全体の41.2%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-2) 「工場(大規模中心)」<抽出件数:12件(全体の70.6%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-3) 「倉庫」<抽出件数:11件(全体の64.7%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-4) 「店舗(流通系:家電量販店 等)」<抽出件数:5件(全体の29.4%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-5) 「ビル」<抽出件数:5件(全体の29.4%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-6) 「消防(設備等) ※警報器または現場での消防士の事故の数 等」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-7) 「地下街」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-8) 「通行所/通学路」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-9) 「地下(の工事) ※地下で実施している工事の数 等」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-10) 「物流現場(物流センター) ※物流センターの数」<抽出件数:7件(全体の41.2%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-11) 「病院」<抽出件数:8件(全体の47.1%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-12) 「工事現場(作業現場)」<抽出件数:4件(全体の23.5%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-13) 「道路 ※大型建機を使った事故の数 等」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-14) 「刑務所」<抽出件数:3件(全体の17.6%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-15) 「研究所(研究施設・研究分野)」<抽出件数:3件(全体の17.6%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-16) 「アミューズメント施設(エンターテイメント)」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-17) 「駅(ホーム、構内、改札)」<抽出件数:3件(全体の17.6%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-18) 「線路の上(保線作業現場) ※線路上での作業スタッフ事故の数 等」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-19) 「ホテル」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-20) 「車の工場」<抽出件数:3件(全体の17.6%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-21) 「大企業」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-22) 「大学(2000人規模の大学)」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-23) 「基地局」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-24) 「データセンター」<抽出件数:3件(全体の17.6%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-25) 「自動倉庫」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-26) 「街(商店街 等)」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-27) 「会議室」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-28) 「運用メンテナンス会社」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-29) 「学校(小学校 等)」<抽出件数:4件(全体の23.5%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模
    2-30) 「運送会社」<抽出件数:2件(全体の11.8%)>向け屋内中心×位置捕捉ビジネス×潜在市場規模

      III. 個票分析 編

    1. 「屋内位置捕捉」 プレイヤー一覧 (取材OK企業=17社、屋内位置捕捉プレイヤー全体=29社)
    2-1. 主要17社・団体における「位置捕捉」基本システム構成(指標)価格帯×相関MAP×開始時期(参入時期)クロス
    2-2. 「屋内位置捕捉」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(17社)
    3-1. 主要17社・団体における分野・対象別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×注目度/収束度 MAP(2008年12月~2009年1月 調査時点)
    3-2. 主要17社・団体における分野・対象別 合計点数(裏付け)検証 有望度(ヒト/モノ・その他 別)×注目度/収束度 MAP(2008年12月~2009年1月 調査時点)
    3-3. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス 点数化ランキング一覧(全体)
    3-4. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス 点数化ランキング一覧(ヒト)
    3-5. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス 点数化ランキング(モノ、その他)
    3-6. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧(ヒト、モノ、その他 別×適用分野有望度MAP:俯瞰図)※ヒト=☆、モノ=○、その他(薬、大型建機、カート、かご車、フォークリフト、作業設備 等物品ではないもの 等)=△、捕捉区分不明は□とした。
    3-7. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧 点数化(ヒト、モノ、その他 別×適用分野有望度MAP:俯瞰図)※ヒト=☆、モノ=○、その他(薬、大型建機、カート、かご車、フォークリフト、作業設備 等物品ではないもの 等)=△、捕捉区分不明は□としたが、それぞれを10点として数値化した。
    3-8. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧 点数化(ヒト ×適用分野有望度MAP:俯瞰図)※ヒト=☆を10点として数値化した。
    3-9. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧(モノ、その他 ×適用分野有望度MAP:俯瞰図)※モノ=○、その他(薬、大型建機、カート、かご車、フォークリフト、作業設備 等物品ではないもの 等)=△を10点として点数化した。
    4-1. 「屋内位置捕捉」主要ベンダ17社におけるプレイヤー別×位置捕捉採用技術×直近売上高 相関図MAP(どの位置捕捉技術が最も実績があるのか?有望か?)
    4-2. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) 別×位置捕捉採用技術MAP(相関図)
    5-1. 個票(17社・団体)分析「ビジネスモデル」(1)~(3) 2008年12月~2009年1月
    5-2. 「個票(17社・団体)分析」×「販売チャネル」(ゼロ段階) 2008年12月~2009年1月
    5-3. 「個票(17社・団体)分析」×「販売チャネル」(1段階) 2008年12月~2009年1月(1)/(2)
    5-4. 「個票(17社・団体)分析」×「販売チャネル」(2段階) 2008年12月~2009年1月
    6-1. 「個票(17社・団体)」「重点戦略(価格)」×「品質(技術レベル)」(2008年12月~2009年1月)
    6-2. 「個票分析(17社・団体)」×「重点戦略」×「施策形態」(2008年12月~2009年1月)
    6-3. 主要17社・団体における分野・対象別 合計点数(裏付け)検証 販売ターゲット×方向性 MAP(2008年12月~2009年1月 調査時点)
    6-4. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×販売ターゲット ランキング一覧 ※重点分野◎を20点、ターゲット分野○を10点とした。
    6-5. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×販売ターゲット マトリックス一覧(◎○区分一覧) ※重点分野は◎、ターゲット分野は○とした。
    6-6. 主要17社・団体における「屋内位置捕捉(中心)」×販売ターゲット マトリックス一覧(点数化一覧) ※重点分野◎を20点、ターゲット分野○を10点とした。
    7-1. 開始時期(2008年12月~2009年1月 調査時点)
    7-2. 導入実績(数量ベース) (2008年12月~2009年1月 調査時点)
    7-3. 目標(数量ベース) (2008年12月~2009年1月 調査時点)
    7-4. 導入実績(金額ベース) (2008年12月~2009年1月 調査時点)
    7-5. 目標(金額ベース) (2008年12月~2009年1月 調査時点)
    8-1. 「位置捕捉(屋内中心)」ビジネス 主要ベンダ(17社・団体)当該売上予測推移 一覧
    8-2. 「位置捕捉(屋内中心)」ビジネス 主要ベンダ(17社・団体)当該市場 マクロ的潜在市場規模(金額ベース中心)認識 一覧
    9-1. 「個票(17社・団体)分析」×「市場拡大要因」分析(2008年12月~2009年1月 調査結果)(1)/(2)
    9-2. 「個票(17社・団体)分析」×「市場阻害要因」分析(2008年12月~2009年1月 調査結果)(1)/(2)
    10-1. 「個票分析(17社・団体)」×「今後の方向性」×全体傾向(数値統計)
    10-2. 「個票分析(17社・団体)」×「今後の方向性」×拡大戦略/現状維持(様子見)戦略別 因子MAP
    11. 「屋内位置捕捉」ベンダ×マーケティング・マトリックス(17社/部門)

    【ターゲット視野、重点ターゲット領域 は以下の通り 84セグメント】(屋内位置捕捉)

    [No.] [分野(エリア)・フィールド]
    1. オフィス(都内 等)
    2. 工場(比較的に広大な 等)
    3. 倉庫
    4. 店舗(流通系店舗) ※ヨドバシカメラ等家電量販店 等
    5. 美術館
    6. 博物館
    7. ホームセンター
    8. GMS
    9. ビル
    10. 消防(設備等) ※警報器または現場での消防士の事故の数 等
    11. 警察 ※現場での警察官の事故の数 等
    12. レスキュー ※現場でのレスキュー隊の事故の数 等
    13. 家庭(世帯数)
    14. 地下街
    15. 通行所/通学路
    16. 火災(現場)
    17. 地下(の工事) ※地下で実施している工事の数 等
    18. 炭鉱
    19. 物流現場(物流センター) ※物流センターの数 等
    20. 病院
    21. インテリジェントホスピタル
    22. ショッピングセンター
    23. スーパーマーケット
    24. 工事現場(作業現場)
    25. 道路 ※大型建機を使った事故の数 等
    26. プラント
    27. 刑務所
    28. 薬局
    29. 研究所(研究施設・研究分野)
    30. アミューズメント施設(エンターテイメント)
    31. 展示施設
    32. 駅(ホーム、構内、改札)
    33. パチンコ屋
    34. 電車(の中) ※毎日走っている電車の数 等
    35. コンビニエンスストア
    36. 百貨店
    37. 線路の上(保線作業現場) ※線路で作業を行う人に関連する事故の数 等
    38. レジャーランド(東京ディズニーランド 等)
    39. 遊園地
    40. ホテル
    41. 車の工場
    42. 大企業
    43. 大学(2000人規模の大学)
    44. 介護施設
    45. 園児の遊び場所 ※幼稚園児等が遊ぶ場所の数 等
    46. 塾
    47. 災害現場
    48. 駐車場
    49. カジノ
    50. マンション
    51. 信号
    52. 基地局
    53. コンビナート
    54. トンネル
    55. 橋(の工事)
    56. ピッキングヤード
    57. データセンター
    58. コールセンター
    59. ショッピングモール
    60. 食品工場
    61. 土木現場
    62. (銀行の)ATM
    63. マシンルーム
    64. 工事現場(仮工事のみ)
    65. 高層ビル
    66. 自動倉庫
    67. 無人化センター
    68. 街 ※商店街、不動産事業者またはナビゲーション・サービスを行っているところ 等
    69. 会議室
    70. トランクルーム
    71. 運用メンテナンス会社
    72. 学校(小学校 等)
    73. 皇居(前、周辺)×事件、検挙(の数)
    74. ゲームセンター
    75. 空港
    76. 車両基地
    77. 港湾
    78. 原子力発電所
    79. 運送会社
    80. テレビ局(取材機器が置いてある場所の数)
    81. 公共施設
    82. 商業施設
    83. エレベーター(ホール)
    84. 造船会社

      IV. 個票 編 (17社・団体)

    1. (株)アイオイ・システム
    2. (株)アムテックス
    3. NECエンジアリング(株)
    4. (株)サイヴァース
    5. (株)信興テクノミスト
    6. スプリームシステムコンサルティング(株)
    7. 高千穂交易(株)
    8. (株)谷沢製作所
    9. (株)日本エアロスカウト
    10. 日本ヒューレット・パッカード(株)
    11. 日本ユニシス(株)
    12. (株)野村総合研究所
    13. ハネウェルジャパン(株)
    14. (株)日立製作所
    15. 古河機械金属(株)
    16. 丸紅情報システムズ(株)
    17. (株)メリテック

    【屋内位置捕捉(ビジネス)主要ベンダ各社(17社・団体)共通項目】

    1. 「位置捕捉」ソリューション&サービス概要(メニューや価格等)
    2. 適用分野・対象エリア(着眼点と実績、優先順位「位置捕捉対象(ヒト/モノ 等)」)
    3. 主要技術(技術別有望適用分野)
    4. ビジネスモデル・販売チャネル
     1) ビジネスモデル
     2) 販売チャネル
    5. 重点戦略・販売ターゲット
     1) 重点戦略
     2) 販売ターゲット
    6. 開始時期・導入実績・(今後の)目標
     1) 開始時期
     2) 導入実績
     3) (今後の)目標
    7. 当該市場規模(感)/当該売上計画(2007年度~2011年度)
    8. 市場拡大要因/市場阻害要因(位置捕捉)
     1) 市場拡大要因
     2) 市場阻害要因
    9. ユーザー事例
    10. 今後の方向性(当該事業/変化<シナリオ>ポイント)
    11. 「位置捕捉(ビジネス)」によって近未来シーンとしてどのようなことが可能になるのか?「位置捕捉(ビジネス)」によって未来がどのように変わるのか?重要な観点

    商品名
    2009年「位置捕捉」ビジネス白書(上)<屋内中心編>
    発刊
    2009年10月
    発行
    株式会社 ESP総研
    調査
    株式会社 ESP総研
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 478ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    108,000 円 (税抜 100,000 円+消費税 8,000 円)
    報告書 [PDF版]
    108,000 円 (税抜 100,000 円+消費税 8,000 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    162,000 円 (税抜 150,000 円+消費税 12,000 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ