リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

『2020年二酸化炭素25%削減の衝撃』調査報告書

CO2削減関連市場動向, 環境ビジネス, 排出権取引, CO2削減政策動向, 世界国別CO2排出量, CO2削減企業動向, GHG総排出量, 温室効果ガス排出量, IEA450安定化シナリオ, CO2排出抑制, CO2削減対策, 二酸化炭素25%削減, 地球温暖化対策

『2020年二酸化炭素25%削減の衝撃』調査報告書

Clip!

~ 世界各国のCO2削減政策動向、国内企業の戦略と現状、2020年の企業戦略と環境技術・製品・サービスのビジネスチャンス及び市場規模の予測! ~

  • オススメ

『2020年二酸化炭素25%削減の衝撃』調査報告書

『2020年二酸化炭素25%削減の衝撃』調査報告書

  • 世界各国のCO2排出量、CO2削減に関する各国の政策動向から解説!
  • 国内の主要業界団体・産業界の取り組み最新動向を独自調査!
  • 主要企業のCO2 25%削減対応の見解と企業戦略の現状を収録!
  • 大転換を迫られる産業界の事業戦略転換の論点を明らかに!
  • 主要企業が取り組んでいる事業戦略転換の論点を明確化!
  • CO2削減関連市場の動向と予測、市場への影響と今後の有望市場も!
  • 商品コード: TCI00003

    【資料概要】


    企業の生産・供給体制の大幅な転換の必要性、及びその規制から生じる新たなビジネスチャンスという2つの局面から生じるものと推測!

    鳩山内閣が打ち出した、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減を達成するという目標は、2010年1月末に国連気候変動枠組条約事務局へ提出され、政府は行程表作りに着手しはじめました。

    この25%削減という目標は単に二酸化炭素削減のための費用負担が増加するだけではなく、今後10年の日本の産業基盤を揺るがす大変革を引き起こす可能性があると予想されます。

    限界削減費用の高い日本企業は生産・供給体制のドラスティックな再構築を迫られ、海外との事業連携を強めると見られ、また、新たな制度やライフスタイルの変革は製品コンセプトの大幅変更や旧来の目標時に比して先鋭化されたビジネスチャンスをもたらすと考えられます。

    そのため本調査 『2020年二酸化炭素25%削減の衝撃』 では、このような背景を踏まえた形で、二酸化炭素削減目標に伴い主要企業が取組んでいる事業戦略転換の論点の明確化、そして業界及び企業の技術・製品における有望なビジネスチャンスを抽出していくことにスポットを当てております。

    当資料 『2020年二酸化炭素25%削減の衝撃』 調査報告書 では、こうした問題意識を踏まえ、主要企業ヒアリングと最新データ分析によって以下の4つの調査視点からのアプローチを行っています。

    ・ 予想される政策をうらなう視点からのCO2削減政策の最新動向 (世界・日本)
    ・ 主要企業が取り組んでいる事業戦略転換の論点の明確化
    ・ CO2 25%削減を前提とした環境技術・製品・サービス市場規模の予測
    ・ 企業戦略の現状と有望ビジネス

    【はじめに (序文)】

    日本における地球温暖化への取り組みは、鳩山首相の国連での25%削減演説によって新しい局面を迎えている。国際公約ともいうべき日本のアピールは国際世論には好感されたが、国内では充分な論拠や具体策が示されなかったこともあり、大きな波紋をもたらした。

    CO2排出抑制は、世界にとって極めて重要な克服すべき課題であることは言うまでもないが、理想論だけでは解決できない重大な国勢影響要因を内包している。CO2削減は膨大な負担を要し、排出枠は経済発展の権利に直結しかねない側面を持っている。つまり、CO2削減は理想的な国際協調を必要とする一方、各国の功利的、現実主義的交渉の場でもあるといえ、極端にいえば、軍縮交渉にも似た経縮交渉の側面を持っている。COP15までの世界各国の取り組み状況をみてみると、EU、日本などの先進国が急進派となり、米国が中間派、中国をはじめとした新興国・途上国が排出権利派となっている。

    先進国グループは理想論を旗印にしながらも、来るべき時代に先駆けて標準やビジネスモデル・技術で世界をリードしようという思惑が見え隠れする。新興国・途上国は先進国責任論や一人当たりの排出量 (権) を盾に、先進国に対するキャッチアップスピードの維持を企図している。米国は強い拡大志向を国是としていることから、制約的な政策は取りにくく、民意の熟するのを待っている。こうした結果、COP15までに出された各国の政策の総計は地球温暖化の抑止には充分とは言えず、さらに交渉が続くとみられている。特に、先進国と途上国の対立は先進国の関税化など保護主義的政策の検討という火種を残しながら先鋭化の兆しを見せている。

    こうしたなかで日本は京都議定書のホスト国として充分な成果を出せなかったこともあり、諸外国に比して突出して高い削減限界費用にもかかわらず、高い削減目標を打ち出している。日本にとってCO2削減政策は国際的な位置取りの視点と国内構造の転換の二つの視点から捉える事ができる。

    まず日本にとっての国際的な位置取りでは、理想論的には犠牲的貢献で国際関係を良好に保つ一方、実利的には世界をリードする環境技術で今後の世界市場におけるヘゲモニーを握ることであろう。国内構造の転換では、先進国として遅れをとっている産業構造の転換や低迷する内需の打開を図るということである。こうした狙いは長期的 (2050年) には大きなエネルギー転換が避けられないという見通しの中で、低迷が続く日本の生きる道としての選択肢のひとつかもしれない。

    本調査はこうした問題意識のなかで大きな転換を迫られる可能性が高い産業界の事業戦略転換の論点を明らかにすることを目的として実施した。調査結果は結論からいえば、日本企業は大きな転換には慎重であり、また準備もできていないということである。長期的でダイナミックな戦略の転換にポジティブに取り組む企業は少ないし、組織的対応も小規模に留まっている。多くの企業、特に川上型企業は政策の具体化に懐疑的であり、負担増やGDP下押し、雇用の喪失への影響が大きすぎるとみて、政策のトーンダウンや政府のガバナビリティ不足から制度設計に難航すると予想している。

    25%削減が推進されるとしても+αの対応策は排出権取引、海外移転、燃料転換等消極的なものが多く、ビジネスチャンスとミックスした戦略構築は多くはみられない (一部川下企業)。25%削減を推進した場合、東京創研の推計でも急成長市場が数多く生み出されるが、本格化するのは政策による規制・誘導 (補助金) 後と見ており、強い積極性は見られない。

    東京創研の予測では世界の温暖化対応は安定化450シナリオからは大きく遅れると見ているが、CO2削減への取り組みが後退することはあり得ない。いずれ、大きな気候変動が起こり、急激に世界はエネルギー転換に舵を切る。実際のビジネスではその時間軸が大きな意味を持つが、当面、最も期待される方向性はCO2削減とGDP成長が整合する領域である。世界のほとんどの国民はCO2削減で貧乏になることや大きな不便が生じることは望んでいない。ビジネスモデルや技術開発によって 「負担を感じないCO2削減」 を行うことに一層強いニーズが生まれるとみられる。

    日本にとってCO2 25%削減に取り組むことの是非は、現時点では明確な答えがでない。しかし、日本企業、あるいは、国全体にとって、CO2削減を期に起こる社会構造の変化にどう対応し、成功のシナリオを描くかは極めて重要な取り組みとなることは疑いない。

    ▼ 資料目次
      PHASE 1 CO2削減の最新動向

    1. 地球温暖化に関する長期展望

    ・ 地球温暖化の予測
    ・ 世界各地域に予想される温暖化の影響
    ・ 温暖化抑制策の方向性
    ・ CO2削減目標シナリオ (安定化シナリオ)
    ・ 温暖化対策のコスト推計
    ・ IEA450安定化シナリオについて
    ・ IPCC以外の温暖化影響予測

    2. 各国のCO2削減政策動向

    ・ 世界のCO2排出量
    ・ 各国別累積CO2排出量
    ・ 日本の2008年度GHG総排出量 (速報値)
    ・ 国別GHG削減政策
    ・ 各国の限界削減費用
    ・ 中国の排出削減について
    ・ 先行して排出削減に取り組んだドイツの事例

    3. 国内CO2削減政策動向

    ・ 地球温暖化に関する政策の推移
    ・ 民主党政権の政策検討動向 (2009年9月以降)
    ・ 経済産業省のCO2削減政策
    ・ 環境諸のCO2削減政策
    ・ 国土交通省のCO2削減政策
    ・ 東京都のCO2削減政策

    4. 主要業界団体取組み最新動向

    ・ 日本鉄鋼連盟
    ・ 日本化学工業協会
    ・ 電機・電子4団体
    ・ 板硝子協会
    ・ 日本アルミニウム協会
    ・ セメント協会
    ・ 日本産業機械工業会
    ・ 電気事業連合会
    ・ 石油連盟
    ・ 日本自動車工業会
    ・ 日本ガス協会
    ・ 日本製紙連合会
    ・ その他

      PHASE 2 主要企業事業戦略転換の論点抽出

    1. 調査対象企業のCO2 25%削減に対応する見解・総括

    ・ CO2 削減に対応する組織体制
    ・ CO2 25%削減目標に対する認識
    ・ CO2 25%削減政策に関わる見通し
    ・ CO2 削減に対する基本方針
    ・ CO2 削減に関する主要な見解

    2. 企業個票編

    ・ 東京ガス(株)
    ・ 東京電力(株)
    ・ 旭硝子(株)
    ・ 出光興産(株)
    ・ 新日本製鐵(株)
    ・ 住友化学(株)
    ・ 東レ(株)
    ・ 三菱化学(株)
    ・ 三菱マテリアル(株)
    ・ 日本ガイシ(株)
    ・ 王子製紙(株)
    ・ 花王(株)
    ・ 三洋電機(株)
    ・ 大和ハウス工業(株)
    ・ (株)東芝
    ・ 日本電気(株)
    ・ (株)日立製作所
    ・ (株)ブリヂストン
    ・ 本田技研工業(株)
    ・ 三菱重工業(株)

      PHASE 3 CO2削減関連市場動向編

    1. 2020年における1990年比CO2 25%削減に関する検討

    ・ 2020年の温室効果ガス排出量推計
    ・ 個別部門での削減対策について

    2. 世界市場、国内市場の総市場予測について

    3. 民間予測によるCO2削減関連市場動向編

    ・ 発電関連市場
    ・ エネルギー関連市場
    ・ ゴミ処理関連市場
    ・ 製造業関連市場
    ・ 物流関連市場
    ・ 小売業関連市場
    ・ オフィスビル関連市場
    ・ 家庭関連市場
    ・ 公共施設関連市場
    ・ ICT関連市場
    ・ その他特記事項

      PHASE 4 総括

    1. 温暖化の進展と各国政策

    ・ 温暖化の進行
    ・ 各国の政策
    ・ COP15以降より厳しい削減目標へ
    ・ 世界の地球温暖化対策技術
    ・ CO2削減進展のシナリオ予測

    2. 日本のCO2削減対策の動向

    ・ 政策検討状況
    ・ 日本の今後10年間におけるCO2削減コスト
    ・ GDP成長とCO2削減を両立させたドイツの例

    3. 業界・企業の取組最新動向

    ・ 業界・団体のCO2排出量
    ・ 各業界団体の自主計画目標と達成度
    ・ 業界団体の取組の現状
    ・ 企業のCO2 25%削減目標に対する見解
    ・ 産業界におけるCO2 25%削減の方向性 (東京創研 見通し)

    4. 市場影響要因と有望市場

    ・ 削減効果が高い対策と対応する市場
    ・ 政策に強い影響を受けている分野
    ・ 2020年有望市場予測の概要

    商品名
    『2020年二酸化炭素25%削減の衝撃』調査報告書
    発刊
    2010年02月
    発行
    株式会社 東京創研
    編集
    株式会社 東京創研
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 431ページ
    販売価格

    報告書 [製本版]
    648,000 円 (税抜 600,000 円+消費税 48,000 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ