リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

未来予測2009-2019

環境ビジネス, エネルギー資源市場, 鉱物資源市場, バイオテクノロジー市場, 主要国GDP予測, 新興国ビジネス, 有望技術ロードマップ, マクロ経済分析, 日本型産業構造モデル, 地方経済構造, 国民総幸福量, 食糧価格推移, 穀物需給予測, 未来予測

未来予測2009-2019

Clip!

~ 大不況後の事業戦略立案のための基礎資料 ~

  • オススメ

未来予測2009-2019

未来予測2009-2019

  • 大不況の規模と期間、構造的に失われる需要はなにか?
  • 世界の基礎需要の変化によって起こる市場の移動は?
  • 環境・資源等の制約条件は何を変えるのか?
  • 2009/2019の有望ビジネスは何か?
  • 日本の主要産業はどう変容していくのか?
  • 地方の衰退と再生、都市の進化はどう進むのか?
  • 10年スパンで主要指標を多角的に長期予測、大きな潮流を捉えて分析!
  • 商品コード: TCI00002

    【資料概要】


    大不況後の中長期事業計画立案に際し、着目すべきデータを世界中から網羅!全ページフルカラー仕様で2019年までの予測をグラフィカルに図解!

    当資料 『未来予測2009-2019』 は、未来予測手法に基づき10年スパンでの大不況を含む主要な未来予測指標と仮説を網羅的に整理し、大きな潮流を捉えて分析、企業各位の事業戦略立案のために資するデータをご提供いたします。

    サブプライムローン問題から端を発した金融危機は瞬く間に世界に波及し、大不況をもたらしています。100年に一度とも評される厳しい経済環境のなかで、多くの企業は業績の低迷を余儀なくされ、難しい舵取りを迫られています。

    しかし、こうした特異な状況下では多くの指標となるデータのブレが大きくなり、将来が見通しにくくなっています。大不況も未来予測の基本原則からみれば循環的な動きとして、元に戻る性質をもっているといえますが、一方では地球規模の制約や構造的な変化も進行しており、大不況後の世界はむしろ以前とは違った着地点に向かう可能性も少なくないと見込まれます。

    直近の大不況を踏まえた予測として、今後の10年間の世界と日本の変化を様々な角度から捉えています。今後10年間の世界の変化は、21億人の先進国型消費人口増、環境・資源制約、世界経済のフラット化、ロングライフ化による消費マインドの変化、都市への人口集中などが主要な潮流となり、有望事業の創出と淘汰をもたらしていくものと予測されます。

    本書 『未来予測2009-2019』 は、世界及び日本の将来像を豊富なデータを基に多角的に長期予測した資料です。本書の全体構成は、「総括」 で独自の視点を交えた予測と仮説を展開し、各項目で企業活動に影響を与える可能性の高い変化について、信頼性の高いデータに基づいて分析・予測を行っています。

    多くの注目商品・サービスにおける10年という長期レンジでの予測を掲載し、また、今後の技術テーマごとの有望技術ロードマップも収録されています。全編フルカラー仕様で、ビジュアルなグラフ・図が満載です。計画書・企画書等のバックデータとして、ご活用ください。

    混沌とした大不況のなか、企業各位の将来を見据えた事業戦略立案に際しての参考資料として、ご活用いただければ幸いです。

    【 『未来予測2009/2019』 編集委員】

    原 陽一郎
      長岡大学 学長
      元 (株)東レ経営研究所 代表取締役社長

    安部 忠彦
      立教大学 ビジネスデザイン研究所 特任教授
      (株)富士通総研 取締役 経済研究所研究理事

    鈴木 衡一
      インベスコ投信投資顧問(株) シニアファンドマネージャー

    清水 克彦
      (株)東京創研 代表取締役

    【レポートイメージ (一部抜粋)】

    I 総括 > 4-1. 世界の大不況
    世界の大不況[未来予測2009-2019]

    I 総括 > 4-4. ロングライフ型経済への移行 (日本)
    [未来予測2009-2019]

    【掲載図表サンプル】

    [図] 2009/2019 有望ビジネステーマ
    2009/2019有望ビジネステーマ[未来予測2009-2019]

    [図] アメリカの金融資産の推移
    アメリカの金融資産の推移[未来予測2009-2019]

    [図] ミドルクラス人口増が食料需給に与える影響予測
    ミドルクラス人口増が食料需給に与える影響予測[未来予測2009-2019]

    [図] 世界地域別の人口・GDPの累積増加額(2009/2019)大不況シナリオ
    世界地域別の人口・GDPの累積増加額(2009/2019)大不況シナリオ[未来予測2009-2019]

    ▼ 資料目次
      I 総括

    はじめに
    1. 未来の変化の構造と未来予測の手法
    2. 2009/2019 世界と日本の変化における基本潮流
    3. 2009/2019 世界と日本の主要な変化
     3-1. 制約条件
     3-2. 構造的変化
     3-3. 表層的変化と本書の章立て
    4. 2009/2019 の主要な論点
     4-1. 世界の大不況
     4-2. 地球規模の環境資源の制約
     4-3. 市場の移動
     4-4. ロングライフ型経済への移行 (日本)
     4-5. 日本型産業構造モデルの変容と再編
     4-6. 地方の衰退と再生
    5. 有望ビジネステーマ

      II 大不況

    1. 世界の金融資産規模
    2. サブプライムローン
    3. 個人消費の長期トレンド
    4. 米国消費者ローンと個人支出の推移
    5. 米国のフリーキャッシュローンは急拡大
    6. アメリカの金融資産の推移
    7. アメリカのクレジット市場と金融機関の損失
    8. サブプライムに端を発した世界金融恐慌による金融機関の損失規模推計
    9. レバレッジの解消
    10. 信用収縮
    11. 株式市場の下落
    12. 欧州での金融危機
    13. アイスランドの国家破綻
    14. アメリカの大不況の構造
    15. 大不況の波及
    16. 公的機関による主要国のGDP予測
    17. 主要国GDP予測 (OECD予測・東京創研予測)
    18. 金融バブル崩壊からデフレに至る流れ
    19. (参考) 主要先進国のGDPの推移
    20. 日本の景気後退
    21. 円安バブルの終焉から円高へ
    22. アメリカ財務省証券保有国の保有高の推移
    23. 主要国の政府債務残高
    24. 通貨ごとの外貨準備保有比率
    25. 主要国の通貨供給量の伸び
    26. 主な国のマーシャルのK
    27. ドル・ユーロ・円の実質実効為替レート
    28. 世界的な失業者数の増加
    29. 安全保障面では変わらずスーパーパワーのアメリカ
    30. 各国の不況対策
    31. G20の財政出動 (真水分) 規模
    32. 国別産業構造と大不況の影響
    33. 世界のフラット化
    34. 先進国の製造業比率の低下

      III 環境制約、食料・資源制約

    1. 温暖化が進む地球環境
    2. 未来シナリオ別気温上昇予測
    3. CO2濃度目標レベル別世界平均気温上昇予測
    4. CO2排出源
    5. IEA (国際エネルギー機関) のシナリオ
    6. 再生可能エネルギー普及
    7. 標準シナリオによる再生可能エネルギーの予測
    8. バイオ燃料の状況
    9. バイオ燃料の食糧生産との競合状況
    10. 再生可能エネルギーの国別設備状況
    11. 世界の原子力発電計画
    12. 日本の原子力発電計画
    13. ウラン供給の問題
    14. 日本の長期エネルギー需給見通し
    15. 省エネ技術導入ケース
    16. 環境対応車の普及
    17. 中国・インドの脅威
    18. 環境規制の増加
    19. 「環境と安全」 : 世界国際条約一覧
    20. 環境・安全に関わる世界的な規制の動向
    21. 京都メカニズム
    22. 環境ビジネス
    23. 日本の環境ビジネスの優位性
    24. 増加が続く世界人口と食料・資源需要
    25. ミドルクラス人口増が食料需給に与える影響予測
    26. 所得の増加は商品性の高い肉類の消費増を招く
    27. 新興国農業の先進国化
    28. 穀物需給の推移
    29. 食糧価格の推移
    30. 穀物・植物油の需給予測
    31. OECD諸国、非OECD諸国の食肉需給予測
    32. 主要国の食料自給率
    33. 各国際機関による食料全体の需給予測
    34. 地球環境問題の影響
    35. 深刻化する水不足の実態
    36. 淡水の不足は更に深刻
    37. バイオ燃料政策の影響
    38. 農産物貿易率と食料輸入量予測
    39. 輸出側からみた農産物貿易
    40. 遺伝子組換え作物
    41. 世界規模での生産管理
    42. 従来予測を上回る可能性がある石油需給
    43. 石油需要予測
    44. エネルギー資源の生産量・埋蔵量 (原油・天然ガス)
    45. エネルギー資源の生産量・埋蔵量 (石炭・ウラン)
    46. 注目代替燃料
    47. 資源の戦略物資化
    48. アフリカ大陸の資源
    49. 鉱物資源メジャーの寡占化
    50. 資源ナショナリズムと囲い込み
    51. ロシアのガス供給支配の構造
    52. 鉱物資源の生産量・埋蔵量 (プラチナ、リチウム、鉄鉱石)
    53. 鉱物資源の生産量・埋蔵量 (レアアース、ニッケル、タングステン)
    54. 日本の海外資源依存
    55. 魅力的な 「都市鉱山」
    56. 資源価格の高騰

      IV 市場の移動

    1. 世界総人口 (2005/2020) の推移
    2. 先進国型消費人口の急増 (2009/2019)
    3. 先進国型消費人口の地域別変化 (2009/2019)
    4. 世界地域別GDPの10年間の伸び (2009/2019) 従来シナリオ
    5. 世界地域別の人口・GDPの累積増加額 (2009/2019) 従来シナリオ
    6. 世界地域別GDPの10年間の伸び (2009/2019) 大不況シナリオ
    7. 世界地域別の人口・GDPの累積増加額 (2009/2019) 大不況シナリオ
    8. 従来予測GDPとGDP成長率1.5%減少シナリオとの比較
    9. 主要国及び注目国のGDP伸び率 (2009/2019)
    10. 主要国及び注目国の一人当たり名目GDP (2009/2019)
    11. 新興諸国の人口/GDPのPortfolio
    12. 各地域圏におけるGDP規模
    13. 世界経済における米国の影響力
    14. 「G7」 から 「G13」へ : 米国・G7のGDP世界シェア低下
    15. 先進国高齢化と医療費支出の拡大
    16. 新興国の高齢化市場拡大
    17. 新興国の医薬品市場
    18. 都市に移動する世界の市場
    19. 世界的な都市インフラ需要の急拡大
    20. 変動し始めた各国外貨準備高
    21. 主要な国の経常収支が変化
    22. 製造業が大きく伸びているアジア・東欧
    23. 電気・ガス・水道市場が急伸するアジア・アフリカ・南米
    24. 輸出産業が急伸しているBRICs
    25. 世界的なM&Aの動向
    26. M&A件数の推移
    27. 各経済圏総人口及び宗教人口
    28. 世界の言語別人口
    29. 世界のインターネット人口
    30. 言語圏とインターネット経済圏
    31. 米国におけるヒスパニック層の影響力拡大

      V ロングライフ型経済構造への転換

    1. 年齢別人口構成の推移
    2. 人口の推移
    3. 労働人口比率の国際比較
    4. 雇用形態別雇用者数の推移
    5. 高齢者の雇用と背景
    6. 家族類型別一般世帯数と平均世帯人員の推移
    7. 平均寿命の伸びと定年延長
    8. 社会保障費負担の試算1
    9. 社会保障費負担の試算2
    10. 社会保障の国際比較
    11. 医療費の動向
    12. 社会保障費の動向
    13. 現行制度を維持した場合の世代毎の受益と負担
    14. 2025年の医療介護費用試算
    15. 2025年改革シナリオにおける主な重点化要素
    16. 高齢化の急速な進展
    17. 労働力の二分化
    18. 賃金と労働生産性
    19. 労働力減少社会
    20. 高齢化に伴い今後の急減が予測される職業
    21. 女性の労働力化国際比較
    22. 日本女性の年齢階級別労働力率の推移
    23. 共働き世帯と一人親世帯の推移
    24. 労働時間の推移
    25. 有給休暇の取得状況
    26. 生活満足度
    27. 今後の生活の見通しと力点
    28. 健康志向
    29. 現在の健康状態
    30. 婚姻・出産
    31. 初婚の妻の年齢 (各歳) 別婚姻件数の割合
    32. 結婚観・出産観
    33. 社会における男女の地位の不平等感
    34. 正規・非正規社員 (妻) の出生
    35. 国民生活での重要度
    36. インターネット利用者数・人口普及率の推移
    37. インターネット利用の目的・用途
    38. 年齢別インターネットの目的・用途
    39. インターネットでの購入
    40. 低炭素社会の認知度
    41. 「低炭素社会」 をつくるための重要な取組み
    42. 温暖化防止の取組み
    43. 日常の買物の際、環境のことを考えているか
    44. 環境税導入の賛否
    45. 大学院学生数の推移
    46. 消費者態度指数の推移
    47. 月間消費支出と増減率の推移
    48. 世帯人員と世帯主の年齢の推移
    49. エンゲル係数の推移
    50. 世帯効率
    51. 消費支出の傾向 (食品・通信)
    52. 食料への支出の状況
    53. 家計と保健・医療・健康
    54. 貯蓄の世帯分布
    55. 60歳以上の二人以上の無職世帯の家計赤字
    56. 60歳以上の単身無職世帯の家計赤字
    57. 高齢者世帯の消費支出と平均消費性向
    58. 高齢者世帯の消費支出の伸び率
    59. 住宅ストックの状況
    60. 居住ニーズのミスマッチ
    61. 高齢者の住み方と住宅リフォームの状況
    62. 医療保険契約数の伸び
    63. 電子マネーの現状
    64. 国民総幸福量 (GNH)
    65. 国民総幸福量の指標化1
    66. 国民総幸福量の指標化2
    67. 「国民の豊かさの国際比較 (OECD比較)」 1
    68. 「国民の豊かさの国際比較 (OECD比較)」 2

      VI 日本型産業構造モデルの変容と再編

    1. 日本産業構造の変化
    2. 労働生産性の変化
    3. 産業構造論 「ボーモル病」 仮説について
    4. 業種別開廃業率
    5. 労働分配率の推移
    6. 雇用者数の増減と海外生産比率
    7. 日本の研究開発費総額の動向
    8. 日本の目的別研究開発費の動向
    9. 日本の研究開発費の産業別内訳
    10. 産業別売上高に対する研究費比率
    11. 日本の貿易量・貿易相手国 : 輸出額の推移
    12. 日本の貿易量・貿易相手国 : 相手国別状況
    13. 国内工場立地の状況
    14. 製造業の機能分業の方向性
    15. 技術輸出・輸入の状況
    16. 技術輸出・輸入の産業別内訳
    17. 特許出願状況 : 重点推進8分野
    18. 特許出願技術動向 : 企業ランキング : 半導体製造装置、バイオセンサ
    19. 特許出願動向 : 企業ランキング : バイオメトリクス / ナノインプリント
    20. 特許出願動向 : 企業ランキング : 光伝送システム
    21. 特許出願動向 : 企業ランキング : ディーゼルエンジン
    22. 特許出願動向 : 企業ランキング : 自然冷媒
    23. 対内直接投資の比率
    24. 海外生産比率の推移
    25. 業種別現地法人企業数推移
    26. 現地法人売上高推移
    27. 現地法人設備投資額推移
    28. 現地法人従業員数推移
    29. 現地法人経常利益率推移
    30. 現地法人現地調達比率推移
    31. 公正取引委員会の見た国内の合併動向
    32. 合併動向1
    33. 合併動向2
    34. クロスボーダーM&A買収国の状況
    35. クロスボーダーM&Aの買収側と被買収の国別状況
    36. 業界別クロスボーダーM&Aの推移
    37. 高度外国人人材の活用
    38. 高度人材獲得競争
    39. 世界各国都市の賃金水準
    40. 株式市場の構成
    41. ゼロ金利
    42. 09年主要産業の見通し1
    43. 09年主要産業の見通し2
    44. 機械受注統計の動向
    45. 国内企業再編への潮流
    46. 産業別自己資本比率推移
    47. 総資本経常利益率推移
    48. 売上高経常利益率推移
    49. 配当率の推移
    50. 自己資本比率と特許保有数 : 総合電機・重電機
    51. 自己資本比率と特許保有数 : 電子部品・自動車
    52. 自己資本比率と特許保有数 : 電機
    53. 自己資本比率と特許保有数 : 化学-1
    54. 自己資本比率と特許保有数 : 化学-2
    55. 自己資本比率と特許保有数 : 製薬
    56. 自己資本比率と特許保有数 : 機械
    57. 自己資本比率と特許保有数 : 重工業・環境機械・鉄鋼
    58. 自己資本比率と特許保有数 : 輸送用機械
    59. 自己資本比率と特許保有数 : 石油石炭・鉱業
    60. 自己資本比率と特許保有数 : ゴム
    61. 自己資本比率と特許保有数 : 窯業
    62. 自己資本比率と特許保有数 : 非鉄金属
    63. 自己資本比率と特許保有数 : 電線・製紙
    64. 自己資本比率と特許保有数 : 金属製品・精密機械
    65. 自己資本比率と特許保有数 : 食品
    66. 産業別 : 経常利益率・自己資本比率

      VII 地方経済構造のリストラクチャリング

    1. 都市への人口集中
    2. 都道府県別労働人口の増減
    3. 都道府県別高齢世帯の増減予測
    4. 県民所得と県内総生産伸び率のポートフォリオ
    5. 労働力人口/県内総生産伸び率ポートフォリオ
    6. 都道府県の人口/経済指標との相関性
    7. 都道府県別の歳入・地方債残高
    8. 財政力指数から見る地域格差
    9. 県民所得・ジニ係数から見る地域格差
    10. 都市階級別・地方別の消費支出
    11. 都道府県別の年金経済比率
    12. 都道府県別の業況判断DI
    13. 県庁/非県庁所在地における開業動向
    14. 地方自治体の財政健全性
    15. 県内総生産増減率に対する産業別寄与度
    16. 公共事業費縮小によるマイナス経済効果
    17. 後期高齢者医療制度における地域格差
    18. 情報サービスにおける地域格差
    19. 過疎化が進んでいる都道府県
    20. 地域別の限界集落分布状況
    21. 限界集落の構成状況
    22. 日本の土地資産額 (全国・都道府県別)
    23. 都道府県別の土地1㎡当たりの平均価格
    24. 農林水産業における 「高齢化」
    25. 新規就農者と農業法人数及び林業人口
    26. 耕作放棄地の増加
    27. 都道府県別農業人口及び農業所得
    28. 農産物輸入の動向
    29. 都道府県別の食料自給率
    30. 農林水産業改革
    31. 日本国土の将来的な姿
    32. 国の歳出・税収の現状
    33. 公債残高の累積額と公債依存度
    34. 財政を圧迫する利払い費
    35. 政令指定都市への人口集中
    36. 中枢都市主導時代の到来
    37. 政令指定都市及び所在道府県の財政力指数
    38. 政令指定都市及び所在道府県の財政健全性
    39. サービス業における人口集中地域の優位性
    40. 東京都・政令指定都市マスタープランにおける重点産業

      VIII 有望技術・産業と市場予測

    有望産業・技術の動向
    1. 有望技術・市場の位置付け
    2. 有望技術・製品群
    3. 有望製品の市場規模・予測 : 1
    4. 有望製品の市場規模・予測 : 2
    5. 有望製品の市場規模・予測 : 3
    6. 有望製品の市場規模・予測 : 4
    7. 有望市場規模予測 : 情報通信1
    8. 有望市場規模予測 : 情報通信2
    9. 有望市場規模予測 : 情報通信3
    10. 有望市場規模予測 : 情報通信4
    11. 有望市場規模予測 : 情報通信5
    12. 有望市場規模予測 : 情報通信6
    13. 有望市場規模予測 : 情報通信7
    14. 有望市場規模予測 : 情報通信8
    15. 有望市場規模予測 : ナノテクノロジー1
    16. 有望市場規模予測 : ナノテクノロジー2
    17. 有望市場規模予測 : ナノテクノロジー3
    18. 有望市場規模予測 : ナノテクノロジー4 MEMS-1
    19. 有望市場規模予測 : ナノテクノロジー4 MEMS-2
    20. 有望市場規模予測 : 医療1
    21. 有望市場規模予測 : 医療2
    22. 有望市場規模予測 : 健康1
    23. 有望市場規模予測 : 健康2
    24. 有望市場規模予測 : ロボット
    25. 有望市場規模予測 : 環境
    26. 有望市場規模予測 : エネルギー1
    27. 有望市場規模予測 : エネルギー2
    28. 有望市場規模予測 : エネルギー3
    29. 有望市場規模予測 : エネルギー4
    30. 有望市場規模予測 : エネルギー5
    31. 有望市場規模予測 : エンジニアリング1
    32. 有望市場規模予測 : エンジニアリング2
    33. 有望市場規模予測 : 航空・宇宙

      IX 有望技術ロードマップ

    技術戦略マップ2008 技術分野別ウエイト分析
    技術戦略マップ2008 再抽出目次

    情報通信
    1. 半導体分野 LSTPデバイス技術
    2. 半導体分野 リソグラフィ技術
    3. 半導体分野 設計 (SoC設計)
    4. 半導体分野 製造
    5. ストレージ・メモリ分野 ストレージ1
    6. ストレージ・メモリ分野 ストレージ2
    7. コンピュータ分野1
    8. コンピュータ分野2
    9. コンピュータ分野3
    10. ネットワーク分野1
    11. ネットワーク分野2
    12. ネットワーク分野3
    13. ユーザビリティ分野1
    14. ユーザビリティ分野2
    15. ユーザビリティ分野3
    16. ユーザビリティ分野4
    17. ユーザビリティ分野5
    18. ソフトウエア分野

    ナノテクノロジー・材料
    19. ナノテクノロジー 環境・エネルギー
    20. ナノテクノロジー 電子情報 半導体1
    21. ナノテクノロジー 電子情報 半導体2
    22. ナノテクノロジー 電子情報 光デバイス
    23. ナノテクノロジー 電子情報 メモリ・ストレージ
    24. ナノテクノロジー 電子情報 ディスプレイ1
    25. ナノテクノロジー 電子情報 ディスプレイ2
    26. ナノテクノロジー バイオ・医療1
    27. ナノテクノロジー バイオ・医療2
    28. ナノテクノロジー バイオ・医療3
    29. ナノテクノロジー バイオ・医療4
    30. ナノテクノロジー ナノ加工技術 ナノ空間1
    31. ナノテクノロジー ナノ加工技術 ナノ空間2
    32. ナノテクノロジー ナノ加工技術 ナノファイバー
       部材 燃料電池部材1
    33. 部材 燃料電池部材2
       部材 光学部材1
    34. 部材 光学部材2
    35. 部材 建築用部材1
    36. 部材 建築用部材2
    37. 部材 自動車用部材
    38. 部材 計測・評価/動的プロセス計測技術1
    39. 部材 計測・評価/動的プロセス計測技術2
    40. 部材 共通基盤技術/材料製造技術/結晶粒制御・アモルファス化技術 (情報家電)
    41. 部材 共通基盤技術/材料製造技術/結晶粒制御・アモルファス化技術 (環境エネルギー) 1
    42. 部材 共通基盤技術/材料製造技術/結晶粒制御・アモルファス化技術 (環境エネルギー) 2
    43. ファイバー マテリアルセキュリティ
    44. グリーン・サスティナブルケミストリー

    システム・新製造
    45. ロボット 次世代産業用ロボット
    46. ロボット サービスロボット、フィールドロボット
    47. MEMS分野1
    48. MEMS分野2
    49. MEMS分野3
    50. MEMS分野4
    51. MEMS分野5
    52. MEMS分野6
    53. MEMS分野7
    54. 設計・製造・加工
    55. 航空機 材料・構造技術
    56. 航空機 材料・構造技術、装備品 (システム) 技術
    57. 宇宙 衛星基盤技術1
    58. 宇宙 衛星基盤技術2
    59. 宇宙 衛星基盤技術3
    60. 宇宙 地球観測
    61. 宇宙 エネルギー利用
    62. 宇宙 有人宇宙

    バイオテクノロジー
    63. 創薬・診断1
    64. 創薬・診断2
    65. 創薬・診断3
    66. 創薬・診断4
    67. 創薬・診断5
    68. 創薬・診断6
    69. 診断・治療機器1
    70. 診断・治療機器2
    71. 診断・治療機器3
    72. 診断・治療機器4
    73. 診断・治療機器5
    74. 再生医療1
    75. 再生医療2
    76. 再生医療3
    77. 生物機能活用技術1
    78. 生物機能活用技術2

    環境
    79. CO2固定化・有効利用
    80. 3R
    81. 3R 金属資源
    82. 化学物質総合評価管理

    エネルギー
    83. 総合エネルギー効率の向上に寄与する技術 燃料電池、電力貯蔵
    84. 総合エネルギー効率の向上に寄与する技術 クリーンエネルギー自動車、バイオマス燃料製造、風力発電、CO2回収
    85. 総合エネルギー効率の向上に寄与する技術 水素製造・輸送・供給、太陽光発電
    86. 総合エネルギー効率の向上に寄与する技術 地熱発電、電力系統制御、軽水炉
    87. 超電導技術

    ソフト
    88. コンテンツ分野 基盤技術1
    89. コンテンツ分野 基盤技術2
    90. コンテンツ分野 実現を目指すコンテンツ・システムごとの要素技術1
    91. コンテンツ分野 実現を目指すコンテンツ・システムごとの要素技術2

    商品名
    未来予測2009-2019
    発刊
    2009年04月
    発行
    株式会社 東京創研
    監修
    株式会社 東京創研
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 420ページ 全カラー
    販売価格

    報告書 [製本版]
    216,000 円 (税抜 200,000 円+消費税 16,000 円)
    報告書セット [PDF版+製本版]
    248,400 円 (税抜 230,000 円+消費税 18,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ