リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート2)<総括 編>

センサーネットワーク市場規模, センサーネットワーキング, センサーネットワーク動向, センサーネットワークビジネスモデル, センサーネットワーク技術, センサーネットワーク市場予測, センサーネットビジネス白書

2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート2)<総括 編>

Clip!

~ センサーネット先端&有望ビジネス・シーズの「セグメント&ビジネスモデル別有望度評価」「セグメント&ビジネスモデル別市場規模」を多面的かつ網羅的に、センサーネットワーク市場全体を俯瞰! ~

  • オススメ

2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート2)<総括 編>

2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート2)<総括 編>

  • 最新のセンサーネットワーク市場の実態と全貌、将来の見通しを明確化!
  • 27の事業者・団体への取材からセンサーネットによる市場変革を明らかに!
  • 顕在化しているセンサーネットの実態とビジネス&シーズを抽出!
  • センサーネットワーク関連38セグメント別の実態と潜在市場規模推移!
  • 重点ターゲット領域のクロス集計・分析、ポテンシャリティ探索・評価も!
  • ビジネスモデル別[ハード/ソフト/SI/コンサルティング/ASP]分析も!
  • ケーススタディ『未来絵 編』、取材記事収録『個票 編』の三部作!
  • 商品コード: ESP00008

    【資料概要】

    センサーネットワーク重点市場の実態を38セグメントごとに分析、探索的に市場を検証、市場規模推移の予測も!

    当資料 『2010年 「センサーネット」 ビジネス白書 (パート2) <総括 編>』 は、センサーネットワーク関連市場の実態と全貌・将来の見通しや市場変革を、27の関連事業者・団体への独自の直接取材・ヒアリングを元にまとめた資料です。

    顕在化しているセンサーネットワークの実態とビジネス&シーズ38セグメントを抽出し、セグメント別にビジネスの実態、ターゲット・セグメント、ポテンシャリティを探索して市場を検証、ターゲット視野・重点ターゲット領域とクロス集計した分析が施されています。

    また、38セグメント別のセンサーネットワーク重点ターゲット領域については、セグメント別 [ハードウェア/ソフトウェア/SI/コンサルティング/ASPサービス]の実態と潜在規模推移の測定にも重点が置かれています。

    1) 「センサーネット」 ビジネス・プレイヤー一覧 (取材OK企業=27社・団体、「センサーネット」ビジネス・プレイヤー全体=81社・団体)

    2) 総括 (結論) 「センサーネット」 ビジネスの現状分析とコンサルティング

    (1) 市場概況 (結論) × ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測
    (2) 「センサーネット」 ビジネスの位置付け&価値(V)→魅せ方⇒どのようにユーザーに切り込んで説得していくのか?
    (3) 「センサーネット」 ビジネスの課題・問題点 (全体、業界、ビジネス)
    (4) 適用分野<現状>、対象ターゲット分野<今後> × 俯瞰図
    (5) 「センサーネット」 × 重点ターゲット顧客仮説 (コンサルティング)
    (6) 「センサーネット」 が付加価値に変化するまでのシナリオ・ステップ
    (7) ビジネスモデル別 当該売上額推移 (2008年度/2012年度) の換算
    (8) ビジネスモデル × 売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ
    (9) 適用分野 (着眼点・実績) セグメント別 「センサーネット」 実態市場規模推移、潜在市場規模 「2008年度⇒2012年度」
    (10) 主要27社・団体における分野・対象別 合計点数(裏付け)検証 有望度<ターゲット 収束度が高いフィールドMAP>
    (11) 「センサーネット」 ビジネスの今後のシナリオ

    3) 「センサーネット」 ビジネスをリードする主要プレイヤー (27社・団体) マーケティング戦略キーワードを多面的にクロス分析 (個票項目分析)!

    【ポイント】

    1) 「センサーネット」 実態ビジネス × 市場検証 (実態ビジネス×ターゲット・セグメント×ポテンシャリティ探索<合計38セグメント 別>×ターゲット視野/重点ターゲット領域のクロス集計・分析)

    ・ 2009年11月~2009年12月時点における 「センサーネット」 実態市場は?
    ・ 今後の有望ビジネス(分野/アプリケーション)は?
    ・ 短中長期に見た当該ビジネスの方向性と収束度/時間軸別×市場浸透ロードマップを客観評価&多面的に分析 (「短期的」 「長期的」 (実態的) に見て垂直・水平展開できる有望フィールドはどこか?など)

    2) 「センサーネット」 実態/潜在市場規模推移 (2008年度~2012年度) × ビジネスモデル : ハードウェア(HW)/ソフトウェア(SW)/SI・カスタマイズ(SI)/コンサルティング/ASPサービス 別など

    ▼ 当資料は、[Part1: 未来絵編] [Part2: 総括 編] [Part3: 個票 編] の3部構成となっています。下記も併せてご活用ください。

    >> 『2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート1)<未来絵 編>』
    >> 『2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート3)<個票 編>』

    【調査目的と背景】

    既に2010年度に突入したが、「センサーネット」 ビジネスは一進一退を繰り返しながらじわじわと 「実証実験フェーズ」 から 「実運用フェーズ」 に移行しつつある。そういった中で、最新の 「センサーネット」 ビジネスが実態的にどの程度進み、短期的かつ長期的に見てどういった分野 (セグメント) でどの程度の市場 (規模) が見込めるのか?

    時間軸別に市場浸透ロードマップを客観的にチェックし、「センサーネット」 先端&有望ビジネス・シーズの 「セグメント&ビジネスモデル別 有望度評価」 「セグメント&ビジネスモデル別 (実態/潜在) 市場規模」 を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが継続的に求められている。

    「センサーネット」 社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、ヒト・モノ・エリア (周辺環境等) の状況を正確に感知 (センシング)・認識し、状況や (屋外、屋内、その中間といったエリア・セグメント毎の) 環境に即した最適なサービスへと結びつけるためのユビキタス・センサーネットワーク技術が不可欠となっている。

    この一連の技術の実現により、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。例えば、下記のようなものを挙げることができる。

    「ITセキュリティ・監視」 「一般家庭用、ホームネットワーク (ホームオートメーション) 分野、超高級マンション、住宅、ホームセキュリティ、ホーム市場」 「医療系 (バイオ等)、ヘルスケア、バイタルデータ (人体センサー 等)、病院、健康管理分野、メタボ対策、パーソナルヘルスケア、人の動態、生態情報を取る等のモニタリング、生態分野」 「インフラ系、公共インフラ系 (電気、ガス、水道)」 「オフィス分野、オフィスビル、ビル・建物、オフィス業務支援」 「学校 (大学、公立の学校、教育委員会向け等)」 「環境計測・環境監視、計測のセンシング・モニタリング/環境監視 (田んぼや山奥、河川の水位 等)・空調・省エネ・エネルギーマネージメント (スマートグリッド等も含む)、CO2削減、地球環境、環境基準監視、屋上緑化」 「危険分野、危険性が高い建築現場 (工事現場関係)、安全管理、安心・安全」 「建築、建設分野 (工事現場/建築現場/建設工事)、土木分野」 「公共、国、自治体、行政等」 「工業用リモート監視、機械状態監視」 「工場、プラント (保全管理や構造物管理 等)、コンビナート」 「構造物監視、橋等人がいけないようなところ、建造物、ライフライン監視」 「小売・流通系、外食チェーン店 (民生系の多店舗チェーン店舗)、物流関係、店舗、フランチャイズ」 「コンビニ」 「自動検針分野 (水道のメーターを見る等)、テレメタリング、水道計周り」 「自動販売機」 「食品等 (トレーサビリティ)、食品の衛生管理・品質管理」 「製造業」 「石油や石油化学分野 (防爆が必要な分野、非防爆エリア)」 「設備会社、設備保全」 「船内」 「倉庫」 「駐車場監視 (セキュリティ 等)」 「デパートの監視」 「電気電子や自動車等」 「電力会社」 「動物の生態監視、野生動物 (動物) の生態を見る」 「道路」 「都市エリア」 「農業分野 (農作物や果樹園などを動物が荒らさないように。作物の状態を見るために湿度センサーなどを導入)、農場系、農業のFA化、食の安全、ハウス、アグリ・畜産 (家畜の管理)、農業経営者、畑、農家、牧場を保有する酪農家」 「配線工事分野」 「百葉箱」 「ホームセンター、スーパーマーケット」 「ホテル」 「予知、予防、保全 (工作機械×モーターの劣化、エアコン等)」 「リモコンや玩具」 「老人ホーム、介護 (在宅介護 等)」 他

    特に、今後の少子高齢化社会、省エネ・環境推進社会に向けて着実に安全・安心・エコな社会を実現するために 「センサーネット」 の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。

    今なお 「センサーネット」 は産学官共に最も注目・期待しているポテンシャル・ビジネス・テーマの一つといえよう。

    「センサーネット (ビジネス)」 に対する注目度が高まってから (2004年以降) というもの、「センサーネット (ビジネス)」 の実態 (実状) について定点観測したいといった要望 (声) を数多くの企業 (業種/部門) から引き続き頂いている。

    従ってESP総研では、最新の 「センサーネット (実態) 市場」 の全貌、将来の見通しを明確化するべく、当該主要企業・団体 (27社・団体) へのインタビューを多面的に実施し、2009年11月~2009年12月の間で顕在化している 「センサーネット」 実態ビジネス&シーズ38セグメントを抽出、ターゲッティング分野×ポテンシャリティ探索・評価、「センサーネット」 関連ビジネス市場規模の算出を行った。

    特に重点を置いたのは38セグメント別 「センサーネット (ビジネス)」 のポテンシャル・ターゲット視野/重点ターゲット領域のクロス集計・分析、セグメント (ハードウェア/ソフトウェア/SI/コンサルティング/ASPサービス) 別 「センサーネット」 実態/潜在規模推移 (2008年度~2012年度) の測定である。

    【調査対象】

    ESP総研が過去から取材を行ってきた人脈=企業・団体 (各省庁や業界団体も含む) に加え、Web上にて 「センサーネット」 と言及している事業者・団体等合計で81社・団体すべてに取材依頼を実施、そのうち27社・団体 (取材依頼合計数に対して、33.3%) が取材OKしたことから、彼ら (27社・団体) を中心に深堀インタビューを行った。

    【調査方法】

    専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話による取材、並びに独自データベースの活用により調査・分析を行った (主は訪問取材)。

    【調査&レポート期間】

    2009年11月4日(取材開始) ~ 2009年12月21日(訪問取材中心: 27社・団体終了) → 2010年4月12日(総括の制作・チェック終了)

    ▼ 資料目次
      1. 「センサーネット」 の定義・位置付け

    1-1. ユビキタスネットワーク社会の将来イメージ×カテゴライズ(分類) における 「センサーネットワーク」 の定義・位置付け (出典:総務省資料をベースに定義×位置付け)
    1-2. 国内外における研究開発動向 × 「センサーネットワーク」 の位置付け (出典: 総務省資料をベースに研究開発動向についてピックアップ)

      2. 2010年 「センサーネット」 ビジネス白書 (T字型調査の実施: 垂直深堀調査重視)

    2-1. 「センサーネット」 ビジネス・プレイヤー一覧 (取材OK企業=27社・団体、「センサーネット」 ビジネス・プレイヤー全体=81社・団体) <取材決定率=33.3%)>

      3. 総括 (結論) (「センサーネット」 ビジネスの現状分析とコンサルティング)

    1) 市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測
    2) 「センサーネット」 ビジネスの位置付け&価値(V)→魅せ方⇒どのようにユーザーに切り込んで説得していくのか?<結論(2009年11月~2009年12月に追加されたコメントのみ)>(1)~(2)
    3) 「センサーネット」 ビジネスの課題・問題点 (全体、業界、ビジネス) <結論(2009年11月~2009年12月に追加されたコメントのみ)>
     <1>個別企業における課題・企業努力面
     <2>技術・製品(開発)周り
     <3>ニーズ(引き合い含む)・需要・景況感・ポテンシャル周り
     <4>時間(タイミング)・コスト・投資対効果周り
     <5>法的な問題、国の施策等の外部環境
    4) 適用分野<現状>、対象ターゲット分野<今後>×俯瞰図
    5) 「センサーネット」×重点ターゲット顧客仮説 (コンサルティング)
    6) 「センサーネット」が付加価値に変化するまでのシナリオ・ステップ
    7) 当該主要27社・団体(個票分析) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移(2008年度/2012年度)の換算(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    8) 当該主要27社・団体(個票分析) ×当該売上額(TOTAL)推移の換算(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    9) 当該主要27社・団体(個票分析) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移の換算(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    10) 当該主要21社・団体(個票分析) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移の換算(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    11) 当該主要27社・団体(個票分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    12) 当該主要21社・団体(個票分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できた当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    13) 「センサーネット」実態市場規模推移「2008年度⇒2012年度」(主要27社・団体のみ)<適用分野×主要セグメント別> (2009年11月~2009年12月 調査時点)
    14) 適用分野(着眼点・実績)セグメント別「センサーネット」実態市場規模推移(主要27社・団体のみ) 、潜在市場規模(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    15) 主要27社・団体における分野・対象別 合計点数(裏付け)検証 有望度<ターゲット 収束度が高いフィールド(2社以上がターゲット分野として掲げているセグメント)のみ抽出>MAP(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    16) 「センサーネット」ビジネスの今後のシナリオ

      4. 総括 (個票集計×まとめ)

    4-1. 主要27社・団体における「センサーネット」基本システム(※ SIやシステム: ハードウェア+ソフトウェア提供に限定)構成(指標)価格帯×相関MAP×開始時期(参入時期)クロス
    4-2. 「センサーネット」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(27社)
    4-3. 主要27社・団体における「センサーネット」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) 別×「センサーネット」採用技術MAP(相関図)
    4-4. 「センサーネット」主要ベンダ27社におけるプレイヤー別×「センサーネット」採用技術×直近売上高 相関図MAP(どの「センサーネット」技術が最も実績があるのか?有望か?)
    4-5. 主要27社・団体における分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上高換算(主要27社・団体)、潜在市場規模換算 マトリックス一覧
    4-6. 「個票(27社・団体)分析」 ×「販売ターゲット」(方向性と収束度)分析<2009年11月~2009年12月時点>(1)~(2)
    4-7. 主要27社・団体における「センサーネット・ビジネス」×販売ターゲット マトリックス一覧(企業別×販売ターゲット別 星取表)
    4-8. 個票(27社・団体)分析「ビジネスモデル」集計&分析(2009年11月~2009年12月)
     1) ソフトウェア販売/ソフトウェア開発(組み込み系開発含む)軸で見た場合
     2) SI/カスタマイズ軸で見た場合
     3) 機器/システム製造・販売・その他軸で見た場合
     4) コンサルティング軸で見た場合
     5) ASPサービス軸で見た場合
    4-9. 個票(27社・団体)分析「販売チャネル」集計&分析(2009年11月~2009年12月)
     1) ゼロ段階=直販軸で見た場合
     2) 1段階チャネル(代理店/SI‘er経由)軸で見た場合
     3) 2段階チャネル(卸や代理店/SI‘er経由)軸で見た場合

      5. 個票分析 編

    5-1-1. 「個票(27社・団体)分析」 ×「適用分野」調査結果<2009年11月~2009年12月時点>(1)~(2)
    5-1-2. 主要27社・団体における「センサーネット・ビジネス」×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)
    5-1-3. 主要27社・団体における「センサーネット」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)
    5-2-1. 「個票(27社・団体)分析」×「技術クロス分布」(2009年11月~2009年12月)
     (1) <今回調査(2009年11月~2009年12月)で新規に追加>
     (2) <前回調査(2008年7月~2008年8月)で新たに追加>
     (3) <前々回調査と同様>
    5-2-2. 「個票分析(主要27社・団体)」×「主要技術」一覧(1)~(4)
    5-3-1. 個票(27社・団体)分析「ビジネスモデル」(1)~(6) 2009年11月~2009年12月
    5-3-2. 「個票(27社・団体)分析」×「販売チャネル」(ゼロ段階) 2009年11月~2009年12月(1)~(3)
    5-3-3. 「個票(27社・団体)分析」×「販売チャネル」(1段階)2009年11月~2009年12月(1)~(3)
    5-3-4. 「個票(27社・団体)分析」×「販売チャネル」(2段階)2009年11月~2009年12月(1)~(2)
    5-4-1. 「個票(27社・団体)」「重点戦略(価格)」×「品質(技術レベル)」(2009年11月~2009年12月)
    5-4-2. 「個票分析(27社・団体)」×「重点戦略」×「販売形態」×「重複件数」(2009年11月~2009年12月)
    5-4-3. 「個票分析(主要27社・団体)」×「重点戦略 変化(2008年7月~2008年8月<調査> ⇒ 2009年11月~2009年12月<調査>)」相関MAP(1)~(2)
    5-4-4. 「個票分析(主要27社・団体)」×「重点戦略」キーワード一覧(1)~(4)
    5-5-1. 「個票(27社・団体)分析」 ×「販売ターゲット」(方向性と収束度)<2009年11月~2009年12月時点>
    5-5-2. 「個票分析(主要27社・団体)」×「販売ターゲット×方向性 収束度 比較測定(2008年7月~2008年8月 ⇒ 2009年11月~2009年12月)」相関MAP
    5-5-3. 「個票分析(主要27社・団体)」×「販売ターゲット」結果一覧&前回調査との比較総合分析<2009年11月~2009年12月時点>(1)~(3)
    5-6-1. 「個票分析(主要27社・団体)」×「(導入)実績、目標(数量ベース)」2008年7月~2008年8月時点から2009年11月~2009年12月時点までの調査比較総合分析(0)結論
    5-6-1. 「個票分析(主要27社・団体)」×「(導入)実績、目標(数量ベース)」2008年7月~2008年8月時点から2009年11月~2009年12月時点までの調査比較総合分析(1)~(6)
    5-6-2. 「個票分析(主要27社・団体)」×「(導入)実績、目標(金額ベース)」2008年7月~2008年8月時点から2009年11月~2009年12月時点までの調査比較総合分析(0)結論
    5-6-2. 「個票分析(主要27社・団体)」×「(導入)実績、目標(金額ベース)」2008年7月~2008年8月時点から2009年11月~2009年12月時点までの調査比較総合分析(1)~(5)
    5-6-3. 開始時期(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    5-6-4. 導入実績(数量ベース) (2009年11月~2009年12月 調査時点)
    5-6-5. 目標(数量ベース) (2009年11月~2009年12月 調査時点)
    5-6-6. 導入実績(金額ベース)(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    5-6-7. 目標(金額ベース)(2009年11月~2009年12月 調査時点)
    5-7. 「センサーネット」ビジネス 主要ベンダ(27社・団体)当該売上予測推移 一覧
    5-8. 「センサーネット」ビジネス 主要ベンダ(27社・団体)当該市場 マクロ的潜在市場規模(金額ベース中心)認識 一覧
    5-9-1. 「個票(27社・団体)分析」×「市場拡大要因」分析(2009年11月~2009年12月 調査結果)(1)~(2)
    5-9-2. 「個票分析(主要27社・団体)」×「市場拡大要因」(2009年11月~2009年12月)相関MAP(1)~(2)
    5-9-3. 「個票分析(主要27社・団体)」×「市場拡大要因」(2009年11月~2009年12月)コメント・マトリックス一覧(1)~(7)
    5-10-1. 「個票(27社・団体)分析」×「市場阻害要因」分析(2009年11月~2009年12月 調査結果)(1)~(2)
    5-10-2. 「個票分析(主要27社・団体)」×「市場阻害要因(2009年11月~2009年12月)」相関MAP(1)~(2)
    5-10-3. 「個票分析(主要27社・団体)」×「市場阻害要因(2009年11月~2009年12月)」コメント・マトリックス一覧(1)~(6)
    5-11-1. 「個票(27社・団体)分析」×「ユーザー事例」分析(2008年7月~2008年8月調査 ⇒ 2009年11月~2009年12月調査 方向性分析)
    5-11-2. 「個票分析(主要27社・団体)」×「ユーザー事例 進化&変化(2008年7月~2008年8月調査 ⇒ 2009年11月~2009年12月調査)」変化ポテンシャル・シェア
    5-11-3. 「個票分析(主要27社・団体)」×「ユーザー事例 進化&変化(2008年7月~2008年8月調査 ⇒ 2009年11月~2009年12月調査)」相関MAP
    5-11-4. 「個票分析(主要27社・団体)」×「ユーザー事例」前回調査との比較総合分析(1)~(3)
    5-12-1. 「個票分析(27社・団体)」×「今後の方向性」×全体傾向(数値統計)
    5-12-2. 「個票分析(主要27社・団体)」×今後の方向性×コメント一覧(1)~(2)
    5-12-3. 「個票分析(27社・団体)」×「今後の方向性」×拡大戦略 因子MAP(優先度 高)
    5-12-4. 「個票分析(27社・団体)」×「今後の方向性」×拡大戦略 因子MAP(優先度 低)
    5-12-5. 「個票分析(27社・団体)」×「今後の方向性」×現状維持(様子見)戦略 因子MAP
    5-12-6. 「個票分析(27社・団体)」×「今後の方向性」×拡大戦略+現状維持(様子見)戦略 因子MAP

    商品名
    2010年「センサーネット」ビジネス白書(パート2)<総括 編>
    発刊
    2010年04月
    発行
    株式会社 ESP総研
    調査
    株式会社 ESP総研
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 153ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    32,400 円 (税抜 30,000 円+消費税 2,400 円)
    報告書 [PDF版]
    32,400 円 (税抜 30,000 円+消費税 2,400 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    48,600 円 (税抜 45,000 円+消費税 3,600 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ