リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート3)<個票 編>

スマートグリッド事例, スマートグリッド影響, スマートグリッド事業戦略, スマートグリッド市場規模, スマートグリッド課題, スマートホーム市場, エネルギー見える化

2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート3)<個票 編>

Clip!

~ スマートグリッドによっていつ、何が、どのように変わるのか?変化の階層別ポイントと時間軸に沿ったシナリオを、様々な観点から立体的に把握! ~

  • オススメ

スマートグリッドがもたらす変革・将来予測に関する市場調査Part3: 個票編

2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート3)<個票 編>

  • スマートグリッド関連市場をリードするキーマンへの直接取材を収録!
  • スマートグリッドがもたらす変革とは?最先端の生のコメントを採録!
  • イノベーションのポイント/シナリオ/内容/今後の方向性を時間軸で掴める!
  • スマートグリッドに関連する必要な情報を様々な観点から立体的に掴める!
  • ケーススタディ『未来絵 編』、関連市場の推移予測『総括 編』の三部作!
  • 商品コード: ESP00013

    【資料概要】

    スマートグリッドによって影響を受ける業界・市場、業界構造の変化、新たなシーンにより需要が高まる製品・サービス、新市場・ビジネスチャンスや関連課題・解決手段も!

    当資料 『2010年 「スマートグリッド」 がもたらす変革 (イノベーション)/将来予測に関する市場調査 (パート3) <個票 編>』 は、「スマートグリッド」 関連分野のポテンシャル主要プレイヤー/キーマン<当該市場をリードする知見者> 5社・団体への生の取材インタビューを収録したレポートです。

    インタビュー先は、エシェロン・ジャパン(株) / (株)NTTデータ経営研究所 / 関西学院大学大学院 総合政策研究科 / 富士電機ホールディングス(株) / VPEC(株) の5社・団体で、それぞれに深堀取材した内容が掲載されています。

    (1) 取材インタビューは、スマートグリッド関連分野のキーマン <当該市場をリードする知見者> 5社・団体に対して実施。生のコメントを100%復元!

    (2) この (パート3) 「個票 編」 によって、時間軸で 「スマートグリッド」 がもたらすイノベーションのポイント、イノベーションのシナリオ、イノベーションの内容&今後の方向性を掴める! (イノベーション=変革)

    (3) 「スマートグリッド」 に注目している方々全員が求めている下記のような情報・観点を立体的に掴める!

    [1] 「スマートグリッド」 への最新の取り組み状況
     1. 製品&サービス&ソリューション内容
     2. 価格指標
     3. (当該事業) 開始時期
     4. 累計実績
     5. 適用分野 (優先順位順)
     6. 主要技術
     7. 設備投資計画 (金額、内容、時期)
     等

    [2] 「スマートグリッド」 に関する長期的な事業戦略・将来ビジョン・今後の方針 (計画) <マイルストーン (導入期→発展期)、ロードマップ (現状→近未来→未来)>

    [3] 「スマートグリッド」 の有望 「想定用途」 「アプリケーション」

    [4] 「スマートグリッド」 によっていつ、何が、どのように変わるのか? (1年後/3年後/5年後 等) <「変化」 の階層別 (ヒト、モノ、サービス、環境、生活、ビジネス 等) ポイント軸と時間軸に沿った 「変化シナリオ」 (仮説)>

    [5] 「スマートグリッド」 によって生まれる新たな新市場/新ビジネス (サービス) or ビジネスチャンスは? (そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は?)

    [6] 「スマートグリッド」 によって近未来 (1年後/3年後/5年後 等) にどういった (新たな or 変化) シーンが起こるのか?創造できるのか? (ヒト、モノ、場所 を軸に掲げながら)

    [7] 「スマートグリッド」 によって影響を受ける業界・市場は? (その理由)/影響内容 (どのように日本の事業者 : メーカー等は影響を受けるのか?)

    [8] 「スマートグリッド」 によって需要が高まる製品・サービス

    [9] 「スマートグリッド」 による業界構造の変化 (垂直統合→変化)、規制緩和 等

    [10] 「スマートグリッド」 関連課題と脅威、解決手段

    ▼ 当資料は、[Part1: 未来絵編] [Part2: 総括 編] [Part3: 個票 編] の3部構成となっています。下記も併せてご活用ください。

    >> 『2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート1)<未来絵 編>』
    >> 『2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート2)<総括 編>』

    【調査対象】

    Web上にて 「スマートグリッド」 と言及している事業者・団体等合計で 57社・団体すべてに取材依頼を実施、そのうち 5社が深堀インタビュー取材をOKしたことから、彼ら (5社・団体) を中心に深堀インタビュー・分析を行った。

    なお、残りの52社・団体については電話にて部分的にインタビューを実施したが、すべての企業・団体から当該レポートに反映できるだけの有効・有益な情報が収集できた訳ではない。

    【調査方法】

    専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話による取材、並びに独自データベースの活用により調査・分析を行った (軸は訪問取材)。

    【調査&レポート期間】

    2009年11月4日 (取材依頼開始) ~2009年12月 (訪問取材中心: 5社・団体終了、電話取材については2009年12月中に順次実施した) → 2010年7月4日 (原稿確認チェック終了)

    ▼ 資料目次
      <インタビューリスト (57社・団体/部門)>

    「スマートグリッド」 ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス (57社・団体/部門)

      <インタビュー(個票) 5社・団体分>

    1. エシェロン・ジャパン (株)

    <Q&A形式で回答: 質問に沿った回答コメント ※ 但し、回答可能な項目のみ言及>

    2. (株) NTTデータ経営研究所

    <Q&A形式で回答: 質問に沿った回答コメント>

    3. 関西学院大学大学院 総合政策研究科

    <フリースタイル形式: 回答可能な項目のみ言及>

    4. 富士電機ホールディングス (株)

    <Q&A形式で回答: 質問に沿った回答コメント ※但し、回答可能な項目のみ言及>

    5. VPEC (株)

    <前半はフリースタイル形式: 回答可能な項目のみ言及、後半はQ&A形式で回答: 質問に沿った回答コメント>

    【「スマートグリッド」 主要ポテンシャル・プレイヤー各社 (5社・団体) 共通項目】
    ※ ただし、個票の中には以下の項目すべてに回答していない企業・団体も存在する。

    1) 「スマートグリッド」 への最新の取り組み状況について
     1. 製品&サービス&ソリューション内容
     2. 価格指標
     3. (当該事業) 開始時期
     4. 累計実績
     5. 適用分野 (優先順位順)
     6. 主要技術
     7. 設備投資計画 (金額、内容、時期)
     等

    2) 「スマートグリッド」 に関する長期的な事業戦略・将来ビジョン・今後の方針 (計画) <マイルストーン (導入期→発展期)、ロードマップ (現状→近未来→未来)> について

    3) 「スマートグリッド」 の有望 「想定用途」 「アプリケーション」 について

    4) 「スマートグリッド」 によっていつ、何が、どのように変わるのか? (1年後/3年後/5年後 等) <「変化」 の階層別 (ヒト、モノ、サービス、環境、生活、ビジネス 等) ポイント軸と時間軸に沿った 「変化シナリオ」 (仮説)>

    5) 「スマートグリッド」 によって生まれる新たな新市場/新ビジネス (サービス) or ビジネスチャンスは? (そしてそれらのビジネスモデル/想定市場規模は?)

    6) 「スマートグリッド」 によって近未来 (1年後/3年後/5年後 等) にどういった (新たな or 変化) シーンが起こるのか?創造できるのか? (ヒト、モノ、場所を軸に掲げながら)

    7) 「スマートグリッド」 によって影響を受ける業界・市場は? (その理由)/影響内容 (どのように日本の事業者 : メーカー等は影響を受けるのか?)

    8) 「スマートグリッド」 によって需要が高まる製品・サービス

    9) 「スマートグリッド」 による業界構造の変化 (垂直統合→変化)、規制緩和 等

    10) 「スマートグリッド」 関連課題と脅威、解決手段

    商品名
    2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート3)<個票 編>
    発刊
    2010年07月
    発行
    株式会社 ESP総研
    調査
    株式会社 ESP総研
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 56ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    32,400 円 (税抜 30,000 円+消費税 2,400 円)
    報告書 [PDF版]
    32,400 円 (税抜 30,000 円+消費税 2,400 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    48,600 円 (税抜 45,000 円+消費税 3,600 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ