リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート2)<総括 編>

スマートグリッド市場規模, スマートグリッド影響, スマートホーム市場, スマートメーター市場, AMI(アドバンスト・メータリング・インフラ)市場, BEMS(ビルエネルギー管理システム)市場, HAN(ホームエリアネットワーク)市場, HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)市場, 情報家電市場, 電気自動車市場, 電気自動車充電スタンド市場, バッテリー市場, 太陽光発電システム市場, 二次電池市場, NAS電池市場, 太陽電池市場, 燃料電池市場, リチウムイオン電池市場, センサーネットワーク市場, エネルギー見える化システム市場

2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート2)<総括 編>

Clip!

~ スマートグリッド関連市場規模の推移と予測、スマートグリッドによって影響を受ける42テーマ各市場の分析、重要なイノベーションのマッピングも! ~

  • オススメ

スマートグリッドがもたらす変革・将来予測に関する市場調査Part2: 総括編

2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート2)<総括 編>

  • 関連事業者・団体への取材からスマートグリッドによる市場変革を明らかに!
  • スマートグリッド直接関連市場規模を俯瞰、関連市場42テーマの予測!
  • スマートグリッドの影響を受ける42テーマの関連市場規模・推移を予測!
  • スマートグリッド関連市場の重点25テーマについてはランキングも!
  • 将来の変革ポイント204点を実現時期とイノベーション度を軸にマッピング!
  • ケーススタディ『未来絵 編』、取材記事収録『個票 編』の三部作!
  • 商品コード: ESP00012

    【資料概要】

    日本国内のスマートグリッド直接関連市場規模・推移を予測!スマートグリッドによって影響を受ける関連市場についても、重点市場42テーマを分析、25テーマをランキング!

    当資料 『2010年 「スマートグリッド」 がもたらす変革 (イノベーション)/将来予測に関する市場調査 (パート2) <総括 編>』 は、スマートグリッド直接関連市場の規模・推移予測、スマートグリッドによって影響を受ける関連市場を42テーマ抽出し、重点市場ごとの市場規模と推移予測が掲載されています。

    直接取材によるヒアリング調査は、スマートグリッドに関連する事業者・団体等、計150社・団体を対象に行われており、スマートグリッドによって影響を受ける関連市場の重点テーマは、全1,380テーマ (重複あり) から出現度・影響度の高いテーマを中心に、42テーマが抽出されています。

    また、スマートグリッドによってもたらされる将来の重要な変革 (イノベーション) ポイントとして、計204シナリオからコメント・キーワードを抽出、X軸を実現時期 (「短期的に実現」 「長期的に実現」 のどちらに近いか)、Y軸をイノベーション度合い (「イノベーション度 (高)」 「イノベーション度 (低)」 のどちらに近いか) として、それぞれマッピングした結果が掲載されています。

    1) 「スマートグリッド」 関連市場規模予測 <2008~2014年度> (日本国内市場)

    A. 「スマートグリッド」 直接関連市場規模 (各省庁データから俯瞰)
     各省庁が掲げている 「スマートグリッド」 関連市場規模×最大値(Max.) / 最小値(Min.)
     『2008年度~2014年度』 (市場規模予測・推移 ※ 2010年度以降がベース)

    B. 「スマートグリッド」 によって影響を受ける関連市場規模
     重点市場 <42テーマ>
     『2008年度~2014年度』 (市場規模予測・推移)
     ※ 複数の定義がある場合、最大値を採用

    2) 「スマートグリッド」 によって影響を受ける関連市場規模

     重点市場 <25テーマ> ランキング
     『2008年度~2014年度』 (市場規模予測・推移)
     ※ 重複、ダブルカウントを除いたセグメント

    3) 「スマートグリッド」 とWeb上で発信している企業・団体・キーマン<知見者> 150件を抽出

     → 「スマートグリッド」 公開データ、文献も収集
     → 「スマートグリッド」 関連蓄積データの整理
       (独自取材をベースに蓄積したデータの整理)

    (1) 「スマートグリッドによって影響を受ける市場」 : 計1,380テーマ (重複あり) を抽出
     → 複数 (重複) 回答が4件以上のテーマを中心に抽出
     → 合計42テーマ (影響度: 高の重点テーマ) を抽出
     → 最終的に重複、ダブルカウントを除いて25テーマ (セグメント) に絞込

    (2) 「スマートグリッド」 によって起こる将来 「変革」 ポイント : 計204シナリオ
     (Before→After) コメント・キーワードを抽出
     → X軸で 「短期的に実現」 「長期的に実現」 のどちらに近いのか?
       Y軸で 「イノベーション度 (高)」 「イノベーション度 (低)」 のどちらに近いのか?
       それぞれマッピング!

    4) 「スマートグリッド」 関連市場規模 (裏付調査) <全テーマ共通>

    (1) 言葉の定義
    (2) 「スマートグリッド」 × 市場規模 (金額ベース) 調査結果コメントに含まれる市場規模数値の定義・範囲
    (3) 「スマートグリッド」 × 市場規模 (金額ベース) 調査結果コメント
    (4) 「スマートグリッド」 × 市場規模 (金額ベース) 調査結果コメントから予測できる 「スマートグリッド」 × 市場規模 (金額ベース) 推移 (過去2年間、今後5年間)・予測 【グラフ&表】

    ▼ 当資料は、[Part1: 未来絵編] [Part2: 総括 編] [Part3: 個票 編] の3部構成となっています。下記も併せてご活用ください。

    >> 『2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート1)<未来絵 編>』
    >> 『2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート3)<個票 編>』

    【調査対象】

    1) Web上にて 「スマートグリッド」 と言及している事業者・団体等合計で150社・団体すべてに取材依頼を実施、「スマートグリッドによって影響を受ける市場」 ならびに 「スマートグリッドによって起こる将来 「変革」 ポイント」 について、可能な限り数多く取材。

    なお、各省庁 (環境省、経済産業省) にも電話にて横断的にヒアリング <※ 「スマートグリッド」 関連市場規模 (数値)×知見者> を実施したが、すべての企業・団体から当該レポートに反映できるだけの有効・有益な情報が収集できた訳ではない。

    2) その結果、「スマートグリッド」 によって影響を受ける市場 合計1,380テーマ (重複あり) を抽出。さらに複数 (重複) 回答が4件以上のテーマを中心に抽出 (3件以下で影響度が低いテーマは今回の深堀調査対象から除外)。そこからさらに、影響度の高い重点テーマ計42テーマに絞り込んだ。

    「スマートグリッドによって起こる将来の変革ポイント」 については、合計204シナリオ (Before→After) コメント・キーワードを抽出すると共に、回答コメント・キーワードを 、X軸で 「短期的に実現」 「長期的に実現」 のどちらに近いのか?、Y軸で 「イノベーション度(高)」 「イノベーション度(低)」 のどちらに近いのか?をそれぞれマッピングしている。

    3) 上記の、Web上にて 「スマートグリッド」 と言及している事業者・団体等 計150社・団体は以下の通り。

    【取材依頼&回答先】

    愛知時計電機(株)/IBSジャパン/アヴネット ジャパン(株)/青森県六ヶ所村/アクセンチュア(株)/アナログ・デバイセズ(株)/イーソリューションズ(株)/イオスエナジーマネジメント(株)/伊藤忠商事(株)/伊藤忠テクノソリューションズ(株)/伊藤忠都市開発(株)/インターニックス(株)/インテル(株)/(株)インフォセック/(株)インフォテック/日本電気(株)/NECエレクトロニクス(株)/(株)NTTデータ/(株)NTTドコモ/(株)NTTファシリティーズ/エリーパワー(株)/大阪ガス(株)/大阪府堺市/大崎電気工業(株)/沖電気工業(株)/沖縄電力(株)/(独)科学技術振興機構JSTイノベーションサテライト新潟/川崎重工業(株)/関西学院大学/関西電力(株)/(株)関電工/北九州市/九州大学/九州電力(株)/京セラ(株)/京セラコミュニケーションシステム(株)/京都大学/グーグル(株)/クオリティ(株)/クロスボー(株)/経済産業省/KDDI(株)/コーンズドッドウェル(株)/古河電気工業(株)/古河電池(株)/ザイリンクス(株)/サクサ(株)/SAPジャパン(株)/三洋電機(株)/JFEエンジニアリング(株)/資源エネルギー庁/シスコシステムズ合同会社/治部電機(株)/清水建設(株)/シャープ(株)/(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/(財)新機能素子研究開発協会/新神戸電機(株)/スパークス・グループ(株)/(株)スピナカー・システムズ/(株)スマートエナジー研究所/スマートシティ企画(株)/住友精密工業(株)/住友電気工業(株)/積水化学工業(株)/積水ハウス(株)/(株)創大/大和ハウス工業(株)/(株)立花エレテック/地域社会パートナーズ(株)/中国電力(株)/DS2/ディジ インターナショナル/(財)電気安全環境研究所/(株)デンソー/(財)電力中央研究所/東京海上キャピタル(株)/東京ガス(株)/東京工業大学/東京大学/東京電波(株)/東京電力(株)/(株)東芝/東邦ガス(株)/東光電気(株)/東光東芝メーターシステムズ(株)/東洋計器(株)/(株)トーメンエレクトロニクス/(株)トヨタIT開発センター/トヨタ自動車(株)/(株)トリケップス/長岡技術科大学/ナショナルセミコンダクタージャパン(株)/(株)ナノオプトニクス・エナジー/奈良先端科学技術大学院大学/(社)新潟県電子機械工業会/日揮(株)/日建設計/日産自動車(株)/日本アイ・ビー・エム(株)/(財)日本エネルギー経済研究所/日本オラクル(株)/日本ガイシ(株)/日本GE(株)/(株)日本製鋼所/日本テキサス・インスツルメンツ(株)/日本ヒューレット・パッカード(株)/日本風力開発(株)/パナソニック(株)/パナソニック電工(株)/(株)PALTEK/菱重エステート(株)/(株)日立製作所/(株)日立ビルシステム/VPEC(株)/富士通(株)/(株)富士通総研/富士電機(株)/富士電機システムズ(株)/富士電機ホールディングス(株)/ベタープレイス・ジャパン/(株)ベルニクス/慶応義塾大学/マキシム・ジャパン(株)/丸文(株)/三井住友海上キャピタル(株)/三井不動産(株)/三菱重工業(株)/三菱電機(株)/(株)明電舎/(株)メガチップス/矢崎総業(株)/ヤマハ発動機(株)/横浜市/(株)理経/リコーエレメックス(株)/立命館大学/YSエネルギー・リサーチ 他

    ※ 「スマートグリッドによって影響を受ける市場」 「スマートグリッドによって起こる将来の変革ポイント」 などについて、あくまで個人的見解とするなど、非公開とする対象は上記に含んでいない。

    【調査方法】

    専門調査員による直接面接取材をベースに一部電話による取材、メールやFAXでのフォロー並びに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

    【調査&レポート期間】

    1) 第一次調査 : 2009年11月4日 (取材依頼開始) ~ 2009年12月 (訪問取材中心: 5社・団体終了、電話取材については2009年12月中に順次実施した)
    2) 第二次調査 : 2010年4月1日~2010年9月27日 (関連市場規模算出、将来シナリオ予測など原稿確認チェック終了)

    ▼ 資料目次

    表紙
    0-1. メインテーマ/サブテーマ
    0-2. 調査設計 (1-1)
    0-2. 調査設計 (1-2)
    2010年 「スマートグリッド」 がもたらす変革 (イノベーション)/将来予測に関する市場調査 <総括 編> (T字型調査の実施:将来予測調査重視)

      1. 「スマートグリッド」 関連市場規模推移・予測
       (2008年度<実績>~2014年度<予測>)

    1) 調査のステップ (手順)
    2) 関連市場規模の定義・ランク 階層別

    1. 「スマートグリッド」 関連市場規模予測 <2008年度~2014年度> (日本国内市場)

     A. 「スマートグリッド」 直接関連市場規模 (各省庁データから俯瞰)
     B. 「スマートグリッド」 によって影響を受ける関連市場規模 (重点市場)<42テーマ>
      ※ 複数の定義がある場合、最大値を採用

    2. 「スマートグリッド」 によって影響を受ける関連市場規模
      重点市場 <25テーマ> ランキング

     ※ 重複、ダブルカウントを除いたセグメント (2008年度~2014年度×市場規模予測推移)

    A. 「スマートグリッド」 直接関連市場規模 (各省庁データから俯瞰)

    (1) 「スマートグリッド」 × 関連市場規模 (日本国内市場) <1>
       「スマートグリッド」 直接関連市場 (各省庁が掲げている数値の俯瞰)
    (2) 「スマートグリッド」 × 関連市場規模 (日本国内市場) <1> 環境省データ
       「スマートグリッド」 × 関連市場規模 (日本国内市場) <2> 経済産業省データ (1)
       「スマートグリッド」 × 関連市場規模 (日本国内市場) <2> 経済産業省データ (2)

    B. 「スマートグリッド」 によって影響を受ける関連市場規模 <42テーマ>

    (1) 「AMI (アドバンスト・メータリング・インフラ)/アドバンストメーター/自動検針/ガスメーター/スマート・メーター/電力メーター」 × 関連市場規模 (抽出件数: 137件)
     <電量計 「スマートメーター」 関連ビジネス/スマートメータ>

    (2) 「BEMS」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <省エネルギー×BEMS (ビルエネルギー管理システム)>

    (3) 「GPSを用いた広域監視装置」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <広域監視装置>

    (4) 「ホームエリアネットワーク (HAN)」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <ホームネットワーク関連>

    (5) 「HEMS」 × 関連市場規模 (抽出件数: 18件)
     <HEMS (ホームエネルギーマネジメントシステム)>

    (6) 「LED照明」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <LED照明 (一般照明用途)>

    (7) 「NAS電池」 × 関連市場規模 (抽出件数: 14件)
     <NAS電池 (ナトリウム硫黄電池)>

    (8) 「インバーター」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <汎用インバータ>

    (9) 「エネルギーマネジメント (管理) システム/サービス」 × 関連市場規模 (抽出件数: 15件)
     <エネルギーマネジメントシステム関連>

    (10) 「急速充電スタンド/急速充電器 (EV用充電スタンド)」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <EV用充電器>

    (11) 「クラウドコンピューティング」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <クラウドコンピューティング/クラウド型サービス>

    (12) 「コンサル、IT サービス」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <ビジネス・コンサルティング>

    (13) 「高温超電導ケーブル/高温超伝導送電線」 × 関連市場規模 (抽出件数: 6件)
     <電力用電線・ケーブル>

    (14) 「サーバ」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <サーバ>

    (15) 「サイバーセキュリティ」 × 関連市場規模 (抽出件数: 5件)
     <情報セキュリティ>

    (16) 「充電管理システム/充電スタンド管理システム」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <EV・PHV充電器>

    (17) 「情報家電」 × 関連市場規模 (抽出件数: 12件)
     <ネットワーク化した情報家電 (総務省データをベースに試算)/新世代系情報家電製品+次世代系情報家電 (ネット家電) 製品の市場>

    (18) 「自家発電システム」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <自家発電システム>

    (19) 「センサー」 × 関連市場規模 (抽出件数: 10件)
     <センサー>

    (20) 「センサーネット」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <センサーネットワーク関連 (総務省データを元に試算)>

    (21) 「双方向通信 (M2M)」 × 関連市場規模 (抽出件数: 5件)
     <M2M>

    (22) 「太陽光発電/太陽光発電システム・装置」 × 関連市場規模 (抽出件数: 82件)
     <太陽光発電システム/ソーラーパワー/太陽光発電システム関連>

    (23) 「太陽電池」 × 関連市場規模 (抽出件数: 24件)
     <太陽電池/太陽電池 (環境省) ※参考/薄膜シリコン太陽電池>

    (24) 「宅内ネットワーク」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <次世代ホームネットワーク関連/ネットワーク家電>

    (25) 「蓄電池」 × 関連市場規模 (抽出件数: 69件)
     <蓄電池/二次電池>

    (26) 「データーセンター 」 × 関連市場規模 (抽出件数: 9件)
     <データセンターサービス/データセンター/データセンターの設備インフラ>

    (27) 「データ管理ビジネス」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <データ管理ソフトウェア>

    (28) 「停電管理/停電管理システム」 × 関連市場規模 (抽出件数: 5件)
     <UPS>

    (29) 「電気自動車」 × 関連市場規模 (抽出件数: 77件)
     <電気自動車/電動自動車関連>

    (30) 「電力貯蔵システム/装置」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <電力貯蔵・電源品質対策機器/電気二重層キャパシタ>

    (31) 「電力ルーター」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <ルーター>

    (32) 「電気自動車の蓄電池 (バッテリー)」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <鉛蓄電池/ハイブリッド車・電気自動車用バッテリー>

    (33) 「二次電池」 × 関連市場規模 (抽出件数: 9件)
     <二次電池/電力貯蔵システム/ハイブリッド車向け2次電池/大型製品向け2次電池全体 (大型二次電池)>

    (34) 「燃料電池」 × 関連市場規模 (抽出件数: 17件)
     <燃料電池/燃料電池 (環境省試算)>

    (35) 「バッテリー」 × 関連市場規模 (抽出件数: 6件)
     <バッテリーシステム/リチウムイオンバッテリー/ニッケル水素バッテリー>

    (36) 「パワーエレクトロニクス」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <パワーエレクトロニクス>

    (37) 「ヒートポンプ給湯器」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <住宅用 「エコキュート」/業務用ヒートポンプ式給湯器/ヒートポンプ式給湯器>

    (38) 「プラグイン・ハイブリッド車 (PHEV)」 × 関連市場規模 (抽出件数: 23件)
     <ハイブリッド自動車 (環境省推計)>

    (39) 「風力発電」 × 関連市場規模 (抽出件数: 28件)
     <風力発電システム/風力発電/バイオマス発電等>

    (40) 「ホーム・オートメーション」 × 関連市場規模 (抽出件数: 4件)
     <ホームオートメーション・情報化住宅関連設備機器>

    (41) 「見える化 (エネルギーや電力消費量)」 × 関連市場規模 (抽出件数: 8件)
     <エネルギー見える化システム/エネルギーマネジメントシステム・ソリューション>

    (42) 「リチウムイオン電池」 × 関連市場規模 (抽出件数: 8件)
     <小型電子機器に搭載されているリチウムイオン電池 (グローバル市場)/リチウムイオン電池市場 (国内)>

    【上記42テーマ (セグメント) × 共通項目】
    (1) 言葉の定義
    (2) 「スマートグリッド」 × 市場規模 (金額ベース) 調査結果コメントに含まれる 「市場規模」 (金額ベース) 数値の定義・範囲
    (3) 「スマートグリッド」 × 市場規模 (金額ベース) 調査結果コメント
    (4) 「スマートグリッド」 × 市場規模 (金額ベース) 調査結果コメントから予測できる 「スマートグリッド」 × 市場規模 (金額ベース) 推移 (過去2年間、今後5年間)・予測 【グラフ&表】
    ※ 市場規模予測は2008年度 (実績)~2014年度 (予測) までの7年間を推定・予測

      2. 「スマートグリッド」 によってもたらされる重要な変革 (イノベーション) シーン
      (Before→After) <204種類のコメント・キーワードをマッピング>

    ※ X軸に 「短期的に実現」 「長期的に実現」 のどちらに近いのか?、Y軸に 「イノベーション度 (高)」 「イノベーション度 (低)」 のどちらに近いのか?をそれぞれマッピング

    [0] セグメント別集計
    [1] スマートメーター領域 (19件)
    [2-1] HOME (家) × エネルギー管理領域 (23件)
    [2-2] HOME (家) × 機器&端末・ネットワーク化領域 (17件)
    [3] 電気自動車領域 (24件)
    [4] データ収集 (モニタリング)・管理・活用領域 (8件)
    [5] セキュリティ・リスク管理領域 (16件)
    [6] 電力売買領域 (6件)
    [7] 国策・国家レベルの領域 (27件)
    [8] 再生可能エネルギー領域 (5件)
    [9-1] その他領域 (22件)
    [9-2] その他領域 (19件)
    [9-3] その他領域 (18件)

      3. 奥付け

    3. 奥付け (1) / 奥付け (2)

    商品名
    2010年「スマートグリッド」がもたらす変革(イノベーション)・将来予測に関する市場調査(パート2)<総括 編>
    発刊
    2010年09月
    発行
    株式会社 ESP総研
    調査
    株式会社 ESP総研
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 67ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    153,900 円 (税抜 142,500 円+消費税 11,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ