リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

ホテルの売上倍増実践テクニック100

ホテル業界, ホテル産業, ホテル市場, ホテルレストラン市場, ホテル経営, ホテルコンサルティング, ホテルビジネス, ホテルの売上倍増実践テクニック100

ホテルの売上倍増実践テクニック100

Clip!

~ [宿泊部門][レストラン部門][宴会部門][その他]の4つのステージですぐに実践できるテクニックを、「数量獲得」「単価上昇」 という二つの観点から計100種類紹介! ~

  • オススメ
  • ※ 当商品は販売終了いたしました。

ホテルの売上倍増実践テクニック100

ホテルの売上倍増実践テクニック100

  • 宿泊/レストラン/宴会他、部門別に売上をアップさせる戦術(施策)とは!
  • 明日からすぐに使える、即効性のあるアイディアを100例紹介!
  • ホテルビジネスの基本を踏まえ、「数量獲得」「単価上昇」の2方向を軸に!
  • ホテル経営者/総支配人/マーケティング担当者他、業界関係者必見!
  • この本を読まずして、売上が上がらないと言うことなかれ!
  • 商品コード: OTP00002

    【資料概要】


    ホテルビジネスの基本を踏まえた上で、部門別に売上げをアップさせる戦術(施策)を100例紹介した実践ビジネス書!明日からすぐに使える!


    本書 『ホテルの売上倍増実践テクニック100』 は、ホテルビジネスの基本を踏まえた上で、部門別に売上をアップさせる戦術 (施策) を100例紹介した、かつてない実践的ビジネス書です。


    100のテクニックは、どれもすぐに行動に移せるものばかりで、「不況だからしょうがない」 とあきらめる前に、やり残されたことはないか確認してみてください。即効性のある戦術的なアイディアを、できるものからひとつひとつ行動に移すだけで、業績がみるみるアップします。ホテル経営者、総支配人、マーケティング担当者、レベニューマネージャー必見の一冊です!

    【著者プロフィール】


    ホテル向けのコンサルティング会社である、株式会社亜欧堂 代表取締役。
    レストラン、宴会、宿泊などホテルのあらゆるオペレーションをマネージャーレベルで経験後、電鉄系ホテルチェーンのシステム導入プロジェクト責任者、外資系ファンドホテルチェーンでのレベニュー・マネジメント部門責任者を歴任。


    2007年5月亜欧堂設立、2009年6月より同職。
    レベニュー・マネジメント部門では、高度なレベニュー・マネジメントの導入に加え、マーケティングの要素を加える事で、てこ入れを行った全てのホテルで増収を達成。亜欧堂設立後は、WEB増収やシステム導入のサポート、社内教育などのプロジェクトの支援を精力的に行っている。

    【本書で紹介されているテクニック (一部抜粋)】

    ▼ 宿泊部門


    (1) 基本戦術 : いろいろな価格帯でプランを販売する
    (2) 基本戦術 : 売れなくてもいいから正規料金で半年先まで販売する
    (3) 基本戦術 : プラン展開図で抜け漏れを探す
    (6) 基本 : 数量獲得 : サイト別でなくターゲット別にプランをつくる
    (7) 基本 : 数量獲得 : 最も安価な部屋タイプを使ったプランを充実させる
    (8) 基本 : 数量獲得 : 早割プランを販売する
    (9) 基本 : 数量獲得 : 連泊プランを販売する
    (10) 応用 : 数量獲得 : 連泊特典を設定する
    (12) 応用 : 数量獲得 : 4人で買ってもらえる工夫をする
    (13) 基本 : 数量獲得 : 定額精算の出張者用プランを作る
    (14) 基本 : 数量獲得 : ホテルの周辺店舗と提携したプランを考えてみる
    (17) 応用 : 数量獲得 : マジックナンバー8
    (19) 基本 : 数量獲得 : 販売経路をなるべく増やす
    (21) 応用 : 数量獲得 : 電話予約は逃がすな!
    (24) 応用 : 数量獲得 : 需要の高い日は、連泊プランだけ販売する
    (25) 応用 : 数量獲得 : 企業の出張手配者を手厚くもてなす
    (27) 応用 : 数量獲得 : 「○○なら一番」という強みをつくる
    (29) 基本 : 単価上昇 : プランで使う部屋タイプを、デラックス以上で考える
    (31) 基本 : 単価上昇 : 売らない客室をつくらない
    (32) 応用 : 単価上昇 : 実費精算の出張者向けプランをつくる
    (34) 応用 : 単価上昇 : 翌日が低稼働なら、滞在時間延長を低価格で提供する
    (35) 応用 : 単価上昇 : 特典をオプションとして販売する
    (37) 応用 : 単価上昇 : 早割を早得に変えてみる
    (38) 基本 : 単価上昇 : レートフェンスを設ける
    (39) 応用 : 単価上昇 : フォーキャスト型プライシングで、単価を上げる
    (40) 応用 : 単価上昇 : ベストレートギャランティー
    (41) 基本 : 単価上昇 : 特定の部屋タイプが全体の30%を超えないように客室料金を設定する
    (42) 基本 : 単価上昇 : 年間稼働率が90%を超えたら、正規料金を値上げする
    (43) 基本 : 単価上昇 : レートイールドが80%以上で正規料金を値上げする
    (44) 応用 : 単価上昇 : 電話予約には、必ず2つの選択肢を提供する
    (45) 基本 : 単価上昇 : 単価の高いプランはすべての販売経路で販売する
    (46) 基本 : 単価上昇 : 単価の低いプランは手数料の低い予約経路で販売する
    (48) 応用 : 単価上昇 : アップセル用のガイドブックを用意し、チェックインの際に見てもらう
    (51) 基本 : 単価上昇 : 宿泊日直前で値下げしない
    (52) 基本 : 単価上昇 : 全館売り止め状態は失敗だと考える

    ▼ レストラン部門


    (53) 基本 : 数量獲得 : インターネットを活用する
    (54) 応用 : 数量獲得 : フェアは地元誌と連動する
    (56) 基本 : 数量獲得 : 宴会場の前にレストランのパンフレットを置いておく
    (58) 基本 : 数量獲得 : 宿泊料金との関連を考える
    (61) 基本 : 数量獲得 : レイアウトを見直す
    (62) 応用 : 数量獲得 : お水をお持ちしましょうか?
    (63) 基本 : 数量獲得 : 2食付宿泊プランを販売
    (64) 応用 : 数量獲得 : 利用券付宿泊プランを販売
    (67) 応用 : 数量獲得 : 館内施設とセットになったチケットを販売しよう
    (69) 基本 : 単価上昇 : 予約の目的を聞き、オプションを提案する
    (70) 応用 : 単価上昇 : 自社サイトに、レストランの利用シーンを掲載してみる
    (72) 応用 : 単価上昇 : アラカルトの頼み方をさり気なく知らせる
    (73) 基本 : 単価上昇 : お水は頼まれてからお持ちする
    (74) 基本 : 単価上昇 : ビールは、プレミアム系と標準的な物の2種類置いておく
    (75) 応用 : 単価上昇 : ワインの売り方工夫あれこれ
    (77) 基本 : 単価上昇 : 「おかわりか別のものをお持ちしましょうか」と尋ねる
    (78) 応用 : 単価上昇 : デザートメニューを別に用意
    (79) 基本 : 単価上昇 : 価格分布を分析してみる

    ▼ 宴会部門


    (80) 基本 : 数量獲得 : 需要が低い日には安くする
    (81) 応用 : 数量獲得 : MICE用の商品を作る
    (83) 基本 : 数量獲得 : 全従業員営業体制!
    (84) 応用 : 数量獲得 : スタッフが紹介できるプランをつくり、母校に挨拶に行かせよう
    (85) 応用 : 数量獲得 : ショールームは、完成した部屋を見せる
    (87) 基本 : 単価上昇 : 高価なプランはいつでも販売する
    (88) 応用 : 単価上昇 : 期日が近くなった時に、追加提案をしてみる
    (89) 応用 : 単価上昇 : オプションをロングテール化
    (90) 応用 : 単価上昇 : 会議にもオプション販売を試してみる
    (91) 応用 : 単価上昇 : リードタイム分析を宴会にも取り入れる

    ▼ その他


    (93) 基本 : ゲストの要望は、売り上げを増やすチャンスです!
    (94) 応用 : 自由行動がある団体のゲストに、オプションの提案をしてみる
    (97) 基本 : アジェンダとミニッツを活用しよう
    (100) 応用 : スキャンパーという発想の方法

    【掲載イメージ】

    [ホテルの売上倍増実践テクニック100]

    [ホテルの売上倍増実践テクニック100]

    ▼ 目次/図表
      第1章 はじめに

      第2章 基本的なマーケティングを押さえよう

      第3章 ホテルビジネス戦略の2つの方向性

      第4章 ビジネスプラン作成

      第5章 宿泊部門の具体的戦術

      第6章 レストラン部門の具体的戦術

      第7章 宴会部門の具体的戦術

      第8章 その他の戦術・テクニック

      第9章 KPI重視の経営 (レポート・会議) の勧め

    商品名
    ホテルの売上倍増実践テクニック100
    発刊
    2009年07月
    発行
    株式会社 オータパブリケイションズ
    著者
    堀口 洋明
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A5判 277ページ
    販売価格

    報告書 [製本版]
    10,584 円 (税抜 9,800 円+消費税 784 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。



    このページのTOPへ