リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

携帯電話向け電子書籍市場の変遷 (2006~2007)

電子書籍市場, 電子書籍配信サービス, 電子コミック配信, ケータイ小説配信, 漫画配信, 携帯コミック配信

携帯電話向け電子書籍市場の変遷 (2006~2007)

Clip!

~ ケータイ小説・携帯マンガ(漫画ダウンロード)・電子コミック(コミックダウンロード)他、携帯電話向け電子書籍の成長期における市場変遷・関係各社の動向を一挙収録! ~

商品コード: MRP00015

【資料概要】


携帯電話向け電子書籍サービスの成長期における市場変遷を一気に把握!
急激な成長を遂げた携帯電話向け電子書籍サービスの成長期における市場概況、携帯電話事業者の動向、コンテンツ・プロバイダなどの動向、2002年~2006年度の携帯電話向け電子書籍の市場規模推移と予測を掲載し、同市場の成長過程を、業界関係各社の主要な動向と合わせて、一挙に把握することができるレポートです。


本資料は 『携帯電話向け電子書籍市場』 シリーズから、2006年1月に発刊された 『携帯電話向け電子書籍市場の動向と今後の展望』 及び 2007年2月に発刊された 『携帯電話向け電子書籍市場の動向と今後の展望 (2)』 をまとめてご提供いたします。


携帯電話向け電子書籍市場の成長期の変遷を、効率的に把握できる一冊として、同サービスの研究や、事業スキームを応用した新サービスの企画など、幅広くご活用いただくことができます。

【トピックス】 ※ 本レポートからの抜粋記事


電子書籍配信サイト数の急増で市場規模も拡大
2006年12月末時点における既存事業者3社の電子書籍配信サイト数は合計255サイトに達している。そのうちNTTドコモは58サイト、auが118サイト、ソフトバンクモバイルは79サイトになっている。配信サイト数の急増に伴い、市場規模も2005年度には46億円に達した。


携帯電話事業者各社の電子書籍コンテンツに関する動向をみると、NTTドコモは2006年11月に角川グループホールディングスなどと携帯電話向け映像コンテンツ市場に関する業務提携を行い、携帯電話向け電子書籍や漫画などの充実も図った。一方、auは無料ダウンロード・キャンペーンを行うなど電子書籍コンテンツの普及に余念がない。さらにソフトバンクモバイルも2006年11月に、「Yahoo!ケータイ」における「SoftBank 3G」向け「電子コミック」の作品数が3,000作品を突破したと発表している。


音楽やゲームに続く有望市場への期待
電子書籍コンテンツ普及の背景には、データ通信サービスの高速化やパケット定額制サービスの導入、コンテンツ・プロバイダ(CP)の相次ぐ参入によるコンテンツの拡充などがあげられる。これまでは電子書籍コンテンツはデータ通信の高速化と定額制サービスの浸透が普及を促してきた格好であった。
しかし、ここに来て、さらなるCP各社の相次ぐ参入がコンテンツの拡充をもたらし、電子書籍コンテンツ普及の追い風になっている。


パケット定額制などで普及の兆し
電子書籍市場が普及の兆しをみせている。これまで電子書籍はパソコンやPDA(Personal Digital Assistant:携帯情報端末)向けが主流で、じわじわと市場規模を拡大させてきた。しかし、2004年には携帯電話向けへの利用が急拡大している。それに伴い、2004年度の市場規模(インプレス調べ)は前年度比150.0%増となる約45億円で、パソコン/PDA向けが同94.1%増の約33億円、携帯電話端末向けは同1,100.0%増となる約12億円になった。

【電子書籍市場規模の推移と予測 (2001~2005年度)】


2005年度の端末向けはパソコン/PDA向けと同規模
インプレスが2005年9月9日に、電子書籍の市場動向や利用者動向をまとめた調査レポート「電子書籍ビジネス調査報告書2005」の販売を開始した。
同レポートによれば、2004年度末時点での国内における電子書籍市場規模は前年度比150.0%増となる約45億円で、パソコン/PDA向けが同94.1%増の約33億円、携帯電話端末向けは同1,100.0%増となる約12億円になったという。

【電子書籍市場規模の推移と予測 (2001~2006年度)】


2005年度にパソコン/PDA向けと同規模に
インターネット生活研究所が2006年9月29日に、電子書籍の市場動向や利用者動向をまとめた調査レポート「電子書籍ビジネス調査報告書2006」「電子コミックビジネス調査報告書2006」の販売を開始した。同レポートによれば、2005年度末時点での日本国内における携帯電話向け電子書籍市場規模は前年度比283.3%増となる約46億円で、そのうち電子漫画が約23億円、電子小説などは約23億円になったという。

【キーワード】


◆ 2004年度の市場は12億円!!
インプレスによれば、2004年度の電子書籍市場は前年度比150.0%増となる約45億円、パソコン/PDA向けが同94.1%増の約33億円、携帯電話端末向けは同1,100.0%増となる約12億円になったという。


◆ KDDIが積極推進!!
いち早くパケット定額制サービスを導入したKDDIは電子書籍に関し、2005年4月に書籍ポータル・サイト 「EZ Book Land!」、12月にはEZ Book Land!内に 「立読み図書館」 も開設した。


◆ 子供向けを検討中のウィルコム!!
すでに老舗出版社の新潮社が2002年1月から有料小説配信サービスを 開始した。現在ではNTTソルマーレやソニー・ピクチャーズエンタテインメント、凸版印刷、パピレス、バンダイネットワークス、モバイルブック・ジェーピーなども参入している。


◆ 2005年度の市場は46億円!!
インターネット生活研究所によれば、2005年度の携帯電話向け電子書籍市場は前年度比283.3%増となる約46億円になったという。


◆ 事業者各社も電子書籍に注力!!
NTTドコモは角川グループホールディングスなどと業務提携を行い、auも無料ダウンロード・キャンペーンを行うなど電子書籍コンテンツの普及に余念がない。


◆相次ぐCPの参入でコンテンツが充実!!
コンテンツ・プロバイダ各社の相次ぐ参入が電子書籍コンテンツの拡充をもたらし、普及の追い風になっている。

▼ 目次/図表


■ 携帯電話向け電子書籍市場の動向と今後の展望 [2006年1月発刊]


 要約
 キーワード

  1. 市場概況


 パケット定額制などで普及の兆し
 事業者やCP各社も普及を後押し

  2. 電子書籍市場規模の推移と予測 (2001~2005年度)


 2005年度の端末向けはパソコン/PDA向けと同規模
  図 : 電子書籍の市場規模推移と予測 (インプレス/エムレポート推定)
  表 : 電子書籍の市場規模推移と予測 (2002~2006年度)
 【普及拡大要因】
 【普及阻害要因】
 2010年に1,000億円超の市場拡大に期待するシャープ

  3. 携帯電話事業者の動向


 KDDIの動向
  05年12月からEZブックの作品を拡充
   表 : EZブックの累積ダウンロード数の推移
  05年12月からEZ Book Land!に立読み図書館を開設
  05年8月から電子書籍コンテンツの企画提案研究を開始
  05年4月に書籍ポータルのEZ Book Land!を開設


 05年夏から電子書籍が伸びているNTTドコモ

  4. コンテンツ・プロバイダなどの動向


 デジブックジャパンの動向
  1月から熊田曜子さん撮り下ろし写真集の配信を開始
  05年9月にNTTドコモ向け電子書籍総合サイトを開設
   表 : いまよむのサービス概要


 1月から電子書籍配信サービスを開始したドワンゴ
 1月から書き下ろし小説を無料配信するネスレ


 NTTソルマーレの動向
  05年12月から漫画版1リットルの涙の配信を開始
  05年9月から女性向け携帯電話漫画の配信を開始
  05年9月から小学館の人気作8作品の配信を開始
  05年5月からKDDI向け漫画配信サイトを開設


 パピレスの動向
  05年12月からウイルコム向けに電子書籍の販売を開始
  05年9月から天樹征丸さんの新作書き下ろし小説の連載を開始
  05年7月にFOMA向け電子書店パピレスを開設
  05年2月にCDMA 1X WIN向け電子書店パピレスDXを開設


 凸版印刷の動向
  05年12月からツーパラと1X WIN向け英語学習用電子書籍の配信を開始
  05年8月1日からKDDIとボーダフォン向けに漫画配信を開始
  04年10月から1X WINのEZアプリ対応電子書籍の配信を開始


 05年12月からコミック配信を開始した講談社とビットウェイ
 05年12月に専用検索サイトを開設したリーディングスタイル


 大日本印刷の動向
  05年11月に電子書籍貸出サイトを開設
  05年4月にCDMA 1X WIN向け電子書籍配信サイトを開設


 05年11月から手塚さん原作漫画の有料配信を開始した手塚プロ


 モバイルブック・ジェーピーの動向
  05年9月から川嶋あいさんの最後の言葉の有料配信を開始
  モバイルブック・ジェーピーの増資を続けるエムティーアイ
  04年7月にiモード向け電子書籍配信サイトを開設したMCJ


 05年9月に漫画ソフトを開発したキステム


 バンダイネットワークスの動向
  05年8月にVodafone live!向け電子コミック・サイトを開設
  03年8月から電子書籍配信サービスを開始した老舗


 ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの動向
  05年8月から有名漫画家のコミック配信事業を開始
  05年8月からEZweb向けに電子コミック・サイトの配信を開始


 05年8月からアジア向けに漫画配信を開始した三菱商事など
 05年8月からau向けに漫画の配信を開始したシャープ
 05年8月にパピレスと提携を行ったフォーサイド
 05年4月に文学作品の無料閲覧キャンペーンを実施したJTB
 04年8月からEZweb向けコミック配信を開設したDGモバイル


 新潮社の動向
  02年1月からEZwebで有料小説配信サービスを開始
  03年4月に週刊コミックバンチの携帯電話サイトを開設

  5. 関連リンク

 表 : 関連リンク(五十音順)


■ 携帯電話向け電子書籍市場の動向と今後の展望 (2) [2007年2月発刊]


 要約
 キーワード

  1. 市場概況


 電子書籍配信サイト数の急増で市場規模も拡大
 音楽やゲームに続く有望市場への期待

  2. 電子書籍市場規模の推移と予測 (2001~2006年度)


 2005年度にパソコン/PDA向けと同規模に
  図 : 携帯電話向け電子書籍の市場規模推移と予測 (インプレス/エムレポート推定)
  表 : 携帯電話向け電子書籍の市場規模推移と予測 (2002~2006年度)

  3. 携帯電話事業者の動向


 NTTドコモの動向
  06年11月に角川グループと業務提携
  06年9月末時点では月間4億円の市場規模


 KDDI(au)の動向
  06年12月に集英社と無料ダウンロード・キャンペーンを実施
  06年10月末時点では月間3億円の市場規模
  06年8月にEZブックで電子漫画の無料ダウンロードを実施
  06年4月に書き下ろし恋愛小説の長期掲載を実施


 ソフトバンクモバイルの動向
  06年11月に電子コミックが3,000作品を突破
  06年10月以降のシャープ製端末でXMDF形式に対応
  06年6月のアンケートでは上々の回答
  06年6月からDisney・モバイルコミックを先行開始

  4. コンテンツ・プロバイダなどの動向


 セルシスの動向
  07年2月に2つのソリューション・メニューを追加
  07年1月に海外向け電子漫画配信の支援プログラムを開始
  06年10月にauとSBM向けにビューアの提供を開始
  06年7月に電子書籍ソリューションの共同展開で合意


 徳間書店とエイティングの動向
  07年2月にEZweb向け電子書籍配信サイトを開設
  06年11月にYahoo!ケータイ向け電子書籍配信サイトを開設


 07年1月から音声コンテンツの配信を開始したForecast Com
 07年1月に作成ツールの提供を開始したスターティア
 06年12月にモバイル向け電子書籍検索サイトを開設したhon.jp
 06年12月から朗読コンテンツの配信を開始したことのは出版
 06年12月に電子漫画などの制作/配信管理システムを販売
 06年11月に電子書籍配信サイトを開設した電子文庫出版社会


 モバイルブック・ジェーピーの動向
  06年11月末からオーディオ・ブックの供給を開始
  06年3月から電子書籍の取次サービスを開始


 ドワンゴの動向
  06年11月にiモード向け魔法の図書館plusを開設
  06年8月に魔法のiらんどと業務/資本提携を実施


 06年11月からXMDF形式の電子書籍販売を開始したパピレス
 06年11月にiモード向け電子書籍サイトを開設したツタヤオンライン
 06年10月に電子書籍の流通事業を本格開始したDNPとMBJ
 06年11月に電子書籍配信を開始したインフォコム


 ビットウェイの動向
  06年10月から電子漫画取次サービスを開始
  06年6月に携帯電話向け漫画販売サイト名を統一化
  急増する電子書籍配信サービスの売上高
   表 : 電子書籍配信サービスの売上高推移と予測 (2003~2008年度)


 NTTソルマーレの動向
  06年9月末に5,000万ダウンロードを突破
   表 : コミックi/コミックシーモアにおけるダウンロード数の推移
  06年7月にマッグガーデンの人気TVアニメ作品の販売を開始
  女性会員が急増
  06年2月にBADBOYSの配信を開始


 松下電器産業の動向
  06年9月にワーズギアを共同設立
   表 : ワーズギアの会社概要
  06年6月にYahoo!ケータイ向け電子漫画配信サイトを開設
  06年3月にiモード向け電子書籍サイトを開設


 角川モバイルの動向
  06年9月から人気漫画の配信も開始
  06年4月に携帯電話向け電子書籍配信サイトを開設


 06年9月にiモード向け電子漫画配信サイトを開設したcomic.jp
 06年9月にデジタルカタパルトを設立したMOVIDAと共同印刷
  表 : デジタルカタパルトの会社概要


 集英社の動向
  06年8月に電子漫画配信サイトに男性誌漫画を追加
  06年5月から携帯電話向け電子漫画配信サイトを開設


 アクセルマークの動向
  06年8月からEZweb向けフィルム・コミック配信を開始
  06年3月からiモード向け電子書籍コンテンツ配信を開始


 06年6月にSBK向け有料漫画配信サイトを開設したBbmf
 06年7月に手塚治虫アニメブックの提供を開始した手塚プロなど
 06年6月に番町製作所を設立したアニプレックス
 06年4月に女性向け電子書籍配信サイトを開設したBIGLOBE
 06年2月に電子書籍配信サイトを開設したイマジニアなど
 06年3月に魔法の図書館を開設した魔法のiらんど


 新潮社の動向
  新潮ケータイ文庫の会員数は30,000を突破
  新潮社の考えるケータイ向け小説


 電子漫画が一役買ったコスメ販売

  5. 関連リンク


 表 : 関連リンク(五十音順)

商品名
携帯電話向け電子書籍市場の変遷 (2006~2007)
発刊
2008年11月
発行
エムレポート
調査
エムレポート
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 50ページ
販売価格

報告書 [PDF版]
25,920 円 (税抜 24,000 円+消費税 1,920 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ