リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

ホームICTサービス市場の展望と課題

ホームICT市場, ホームICTサービス, ホームネットワーク市場, ケータイホームシステム, 家庭内ネットワーク, ネットワーク家電, 次世代ネットワークNGN, OSGiプラットフォーム, 遠隔ホームセキュリティシステム, エコシステム

ホームICTサービス市場の展望と課題

Clip!

~ OSGiプラットフォーム戦略の可能性 ~

  • オススメ

ホームICTサービス市場の展望と課題

ホームICTサービス市場の展望と課題

  • ホームICTサービスの事業収益モデルや今後の方向性を分析!
  • 2015年までのソフトウエア/サービスのホームICT市場規模を予測!
  • OSGi技術概要・国内外標準化動向についても掲載!
  • ホームICTサービス関連各社の取り組み、他分野との連携動向も!
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!
  • 商品コード: ROA00047

    【資料概要】


    今後のNGNの起爆剤として最も期待されるホームICT市場の事業モデル・関連各社の取り組みを、ソフトウエア/サービス市場に焦点をあててレポート!


    NGN (Next Generation Network : 次世代ネットワーク) の起爆剤として最も期待されている分野の1つと考えられるホームICT (Information and Communications Technology : 情報通信技術)。


    本レポート 『ホームICTサービス市場の展望と課題』 では、NTTの 「ホームICT」 コンセプトを中心に、将来的に考えられる事業収益モデルや今後の方向性について分析し、2010年~2015年のソフトウエア/サービスの市場規模について予測を行っている。

    ▼ 『ホームICTサービス市場の展望と課題』 エグゼクティブサマリー


    1990年代後半から2000年代初頭にかけて、ホームネットワーキングが次の主戦場として注目されてきた。リビングルームを掌握するベンダーが、長きにわたって家庭内のエコシステムを構築できるとの考えであった。


    ところが2000年代中頃まで、思いのほかホームネットワーク市場に光は当たっていない。家電メーカーはリビングルームだけでなく、家屋の設備機器までをネットワーク化した安全・快適・便利なシステムを提供し続けたが、その多くがホームセキュリティ製品や関連サービスにとどまっており、真の意味でのホームネットワーク・アプライアンスという意味では思ったほど需要喚起に結び付いていない。


    背景には、家内に設置されている機器同士の互換性や拡張性、相互接続性などの課題があった。各メーカーが独自の方式で囲い込みを図った提案は、マルチベンダーの機器が当たり前のユーザー環境にそぐわなかったのである。自社だけで独占展開を図ったため、エコシステムの構築がうまくいかなかったと言い換えてもいい。その後、業界側も協力して複数の標準化に奔走し、AV機器やコンテンツ系では高速通信のDLNA、家電制御系では低速のECHONETが上位プロトコルの標準化として認知されてきた。しかし、それらを統合的かつ拡張的に利用できるプラットフォームがなく、相互接続性が十分確立できていたとは必ずしも言えない状況であった。


    そんな中、ホームネットワーク市場に再び脚光を集める環境が育ってきた。トリガーとなったのが、薄型テレビの普及とIPTVのコンセプトであり、それを後押ししたアナログ停波の政策である。ネット家電が普及に結びつかなかった中、LANインターフェイスの付いたテレビの登場は、NGNの展開と相まってホームネットワーク市場に再び光を当てることとなった。


    さらにNTTはじめ、ベンダー各社が提唱するOSGi技術ベースのOSAPや 「ホームICT」 コンセプトが、これまでの互換性や拡張性、相互互換性といった問題をある程度解決するプラットフォームとして業界標準化の地位を獲得した。2009年末におけるNTTのテストベッド提供と賛同企業の多さを考えると、まさに2010年がホームネットワーク成長元年として感じさせるに十分なトレンドであろう。


    以上の点を鑑み、本レポートにおいてはNTTの 「ホームICT」 コンセプトを中心に、将来的に考えられる事業収益モデルや今後の方向性について分析し、ソフトウエア/サービスの市場規模について算出を試みた。


    [図] ホームICTサービス市場規模予測 (2010年~2015年)
    【図】ホームICTサービス市場規模予測 (2010年~2015年)[ホームICTサービス市場の展望と課題]


    実際のサービス開始は2010年下半期になるとみられるが、当初予定されている遠隔セキュリティ (監視) システムは需要の高いサービス分野であるため、順調な普及が期待される。警備会社によるセキュリティ専門サービスだけでも、すでに100万世帯以上が加入している市場であるため、その半額以下で提供できる遠隔サービスの普及期待値は高いと考えられる。


    また、NTT東西による月額500円のPCリモートサポートがすでに150万件を獲得しており、これらメインテナンス関連のサービスが今後OSGiベースに移行することが予想されるため、ホームICT市場におけるセキュリティ関連分野に次ぐ牽引サービス分野として期待されている。


    その後、AV機器連携によるコンテンツ (メディア) シェアなどのサービスも登場する中、2012年の夏季オリンピックや2014年のワールドカップといったプログラムが市場を牽引し、2015年のCO2削減目標を目指したHEMSの普及なども想定すると、最終的に2015年には500万世帯が何らかのホームICTサービスを利用するものと思われる。


    OSGi技術はリリースを重ねるごとに拡張され、一般世帯の枠を超えてSOHOやオフィス、工場などでの利用も想定されているほか、対象デバイスも家電や AV機器から家屋設備を越えてモバイル機器等へも浸透が期待されている。しかし、本レポートでは純粋に一般世帯を対象としたB2CもしくはB2B2C市場を調査範囲に限定して分析した。また、市場規模選定にあたっては、ネット対応アプライアンス市場やホームネットワーキングに伴うネットワーク機器やプラットフォーム関連機器等の市場はあえて除外し、プラットフォームの普及に伴うソフトウエア/サービス市場のみに焦点を当てている。


    NGNのキラーサービスとしてIPTVやテレビ電話が叫ばれてから久しいが、今後のNGNの起爆剤としてホームICTが最も期待されている分野の1つであることは間違いない。家電やAV機器をダイナミックに活用する同市場には今後多くの事業可能性が期待されることから、本レポートがその可能性を追求する一助となれば幸いである。

    ▼ 資料目次


      ・ エグゼクティブサマリー

      1 ホームICT概要


      1-1 ホームICTの定義と活用範囲
      1-2 OSGi技術概要
      1-3 国内外標準化動向

      2 他分野との連携動向


      2-1 IPTV
      2-2 モバイル
      2-3 エコ対策

      3 事業モデル分析


      3-1 バリューチェーン分析
      3-2 収益モデル分析

      4 ロードマップ分析

      5 関連各社の取り組み


      5-1 プラットフォーム事業者
       5-1-1 NTTドコモ
       5-1-2 NTT東西/NTTコミュニケーションズ
      5-2 プラットフォーム支援事業者
       5-2-1 NTTコムウェア
       5-2-2 オプティム
      5-3 サービス事業者/機器ベンダー
       5-3-1 パナソニック電工
       5-3-2 日立
       5-3-3 東芝
       5-3-4 シャープ/NEC

      6 市場成長性

      7 インプリケーション


      【図目次】


      [図1-1] ホームICTの定義
      [図1-2] OSGiフレームワーク
      [図1-3] OSAPの概要
      [図1-4] HGIと他標準化団体の関係
      [図2-1] NGNマイグレーションシナリオ
      [図2-2] IPTVとホームICTのシナジーモデル例
      [図2-3] モバイル端末からのAV機器制御のシステム構成
      [図3-1] ホームICTのバリューチェーン
      [図3-2] NTTにおけるホームICTのプラットフォーム収益モデル
      [図4-1] ホームICTシステム概要
      [図4-2] ホームICTサービスロードマップ
      [図5-1] ケータイホームシステム構成図
      [図5-2] ケータイホームシステムのアプリ画面イメージ
      [図5-3] NTTコミュニケーションズと大和ハウス工業の共通プラットフォーム開発イメージ
      [図5-4] TR-069対応プラットフォーム技術
      [図5-5] オプティムのホームICT技術連携
      [図5-6] パナソニック電工のOSGiプラットフォーム実証実験
      [図5-7] ホラソネットワークの構成図
      [図5-8] 日立インテリジェント・ホームゲートウェイ
      [図5-9] FEMINITY ネットワーク家電システム
      [図5-10] シャープのホームICTへの取り組み
      [図5-11] シャープのDCエコハウス イメージ
      [図5-12] NECのホームICTへの取り組み
      [図6-1] ホームICTサービス市場規模予測 (2010年~2015年)

      【表目次】


      [表1-1] ホームネットワーク標準化動向
      [表6-1] 本レポートにおけるホームICT市場の定義領域

    商品名
    ホームICTサービス市場の展望と課題
    発刊
    2010年01月
    発行
    株式会社 ROA Group
    調査
    株式会社 ROA Group
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 63ページ
    備考
    PDF版のレポート 及び 付属Excelデータ には、コピー・データ加工防止のため、データに保護がかかっております。
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ