リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

未婚男女のブライダル&結婚意識調査 2010

ブライダル市場, 未婚者結婚観, 結婚意識調査, 結婚価値観, 結婚式トレンド, ブライダルビジネス, ブライダルマーケット, 結婚式市場, ハウスウェディング市場, 挙式スタイル意向度, 写真婚意向度, 披露宴会場意向度, 晩嬢ライフスタイル, 独身ライフスタイル

未婚男女のブライダル&結婚意識調査 2010

Clip!

~ 未婚男女の 「挙式」「披露宴・パーティー」「結婚」 の意向と意識に関する調査報告書! ~

  • オススメ

未婚男女のブライダル&結婚意識調査 2010

未婚男女のブライダル&結婚意識調査 2010

  • 未婚者の「挙式」「披露宴・パーティー」「結婚」意向・価値観が明らかに!
  • 性・年代別をベースに、意向別/スタイル別など多様な分析軸も!
  • ホテル/専門式場/レストランの意向シェア、各ターゲット像が鮮明に!
  • 意向/非意向者の価値観の差から、現状の不満や今後のニーズを検証!
  • 広告・PR、ブランド/商品開発他、ブライダルビジネス企画の基礎資料に!
  • 大きく見やすいカラーグラフと分析コメントでポイントが一目瞭然!
  • セグメント別クロス集計表/自由回答集付きの報告書セットも!
  • 商品コード: BIS00001

    【資料概要】


    「挙式」 「披露宴・パーティー」 「結婚」 に対する意向・受容性 / 志向・トレンド / ニーズ他について、性・年代ごとに検証!セグメントごとの価値観の差から、ブライダルビジネスにおけるターゲット層が鮮明に!


    かつては 「ハデ婚」 「ジミ婚」、最近では 「おめでた婚」 や 「リゾ婚」 といった言葉が生まれているように、結婚式のスタイルやトレンドは時代とともに常に変化しています。


    しかし、人生最大の “ハレ” であるにもかかわらず、最近では挙式や披露宴を行わない “式なし層” が結婚する総組数の約半分となり、結婚式は 「当然の儀式」 ではなくなっているという現状があるのも事実です。長引く不況、晩婚化などさまざまな要因が考えられますが、いずれにしても消費者の心をつかむ商品をつくり、的確なアプローチをして、結婚式を挙げたいと思ってもらうところからコミュニケーションしなければいけない時代になったといえるでしょう。


    Bridal Business InSightでは、これからのブライダルビジネス市場において、迷子にならずに歩いていくために、必要な地図・羅針盤としての基礎情報をご提供することを目的に、まず第一弾として 「未婚男女のブライダル&結婚意識」 について、独自企画による調査を行い、当報告書 『未婚男女のブライダル&結婚意識 2010』 にまとめました。


     結婚したい人はそもそもどれぐらいいるのか。
     挙式、披露宴をしたい人はそのうちの何%なのか。
     挙式、披露宴をしたい人、したくない人では考え方にどんな違いがあるのか。
     それらは、男女や年代別にどう変化するのか。


    今回の資料は、基礎的な情報を中心に構成されており、これを読めばすぐにビジネスチャンスが分かる、というものではありません。しかし、どのような市場であれ、より魅力的な商品・サービスをつくり、その良さを最大限に引き出すと共に、効果的にアピールを響かせるためには、生活者をまずよく知る必要があります。


    市場の約半数が眠っているということは、それだけ開拓の余地があるということ。仮に “式なし層” の10%を “式あり層” に転換させることができれば、とてつもなく大きな伸長になります。この基礎データ資料が、御社のマーケティングに少しでもお役に立てば幸いです。

    【調査設計について】


    この調査では、対象者に 「結婚」 と 「結婚式」 を分けて回答してもらうため、次の3つのカテゴリーについて質問しました。それぞれの定義と調査項目は以下の通りです。

    カテゴリー定義主な調査項目
    挙式について「挙式」 =
    結婚を誓う儀式を全て含み、神前や教会などのスタイルは問わない
    Q. 挙式意向度
    Q. 最意向する挙式スタイル
    Q. 最意向する挙式ゲスト
    Q. 自分の挙式に欲しいイメージ
    Q. 挙式に関する価値観
    披露宴・パーティについて「披露宴・パーティ」 =
    二人の結婚披露を行うものを全て含み、規模やスタイルは問わない
    Q. 披露宴・パーティ意向度
    Q. 最意向する披露宴・パーティ会場
    Q. 最意向する披露宴・パーティゲスト
    Q. 自分の披露宴・パーティに欲しいイメージ
    Q. 披露宴・パーティに関する価値観
    結婚について「結婚」 =
    「挙式」 や 「披露宴」ではなく、「結婚すること・結婚した生活」 あるいは 「法的に認められた夫婦」 になること
    Q. 披露宴・パーティ意向度
    Q. 最意向する披露宴・パーティ会場
    Q. 結婚意向度
    Q. パートナー意向度
    Q. 結婚に関する価値観
    Q. 結婚生活に関する考え方
    その他 Q. ブライダルに関する情報源
    Q. ゲスト経験

    【調査で検証したこと】


    この調査で、検証した主な事項 (結果から分かること) をまとめると、以下のようになります。
    属性に条件をつけていない、一般の未婚男女の結果ですので、さらなる検証を重ね、リノベーションやターゲティング、広告・PRのヒント、ブランド開発、商品開発などに進むうえでの基本資料としてご活用いただけます。

     検証事項活用例
    [意向・受容性]・ 挙式や披露宴・パーティに対する意向はどの程度あるのか
    ・ 結婚に対する意向とどのような関連があるのか
    ・ 性別や年代別によってどう変化するのか
    市場規模予測/ターゲティングヒントなど
    [志向・トレンド]・ どんなスタイルの挙式がしたいのか
    ・ どんな会場で披露宴・パーティをしたいのか
    ・ 教会式、神前式など意向する挙式スタイルによって、挙式に求めるイメージや価値観はどう変化するのか
    ・ ホテル、レストラン、専門式場 (ゲストハウス) など意向する会場によって、披露宴・パーティに求めるイメージや価値観はどう変化するのか
    リノベーション・広告PR
    商品開発のヒント
    ターゲットプロフィールの把握など
    [ニーズ]挙式や披露宴・パーティに対し、どんな価値観を持っているのか
    意向する会場によって、価値観はどう変わるのか。また、どんな情報を参考にするのか
    挙式や披露宴・パーティの意向、非意向を分ける要因は何か
    非意向者の現在の挙式や披露宴・パーティに対する不満は何か
    ブランド開発・商品開発のヒントなど
    【使用した分析軸】


    本報告書では、調査結果を以下のようなセグメントに分けて分析しました。
    性・年代別をベースに、挙式、披露宴・パーティに対する意識をより詳細に把握するため、意向別やスタイル別などを追加しています。

    分析軸検証事項
    [性・年代別]挙式、披露宴・パーティに関する意識は性・年代別でどう変化するのか。全ての質問について分析。
    [結婚・パートナー意向別]婚姻届を出す結婚へのこだわり度によって、挙式、披露宴・パーティに関する意識はどの程度違うのか。
    [挙式意向別]挙式意向者、非意向者では価値観にどのような違いがあるのか。非意向者の不満要素は何か。意向者の意向ポイントは何か。
    [最意向する挙式スタイル別]教会式、神前式、人前式意向者の挙式に対する価値観や求めるイメージはどのように違うのか。
    [披露宴・パーティ意向別]披露宴・パーティ意向者、非意向者では価値観にどのような違いがあるのか。非意向者の不満要素は何か。意向者の意向ポイントは何か。
    [最意向する会場別]ホテル、専門式場 (ゲストハウス)、レストラン意向者の披露宴・パーティに対する価値観や求めるイメージにはどのような違いがあるのか。
    参考にするブライダル情報源は何か。

    【調査結果一部紹介】

    未婚男女の結婚意向は半数強。「結婚したくない」は2割存在。一方、いわゆる事実婚のような 「パートナー」 志向は3割強。挙式意向 35.6%、披露宴・パーティ意向 28.2%。


    ■ 婚姻届を提出する結婚に対する意向は未婚男女の半数強。「結婚したくない」 の非意向は2割存在する。
    ■ いわゆる事実婚のような 「パートナー」 の存在への意向は3割強と 「結婚意向」 に比べると低い。
    ■ 挙式に対する意向はTOP2で35.6%。非意向とほぼ同率であり、強い意向は見られない。「披露宴・パーティ」 に対しては28.2%とさらに低く、非意向が4割強と大きく上回る。


    [図] 「結婚」「パートナー」「挙式」「披露宴・パーティ」に対する意向度 <全体>
    【図】「結婚」「パートナー」「挙式」「披露宴・パーティ」に対する意向度[未婚男女のブライダル意識 2010]

    婚姻届を提出する 「結婚」 に対しては、男女とも若年層ほど高い傾向に。年代差が大きく、40-44歳層では男女とも4割未満に下がる。特に女性では、35歳以上で意向が減少し、「結婚したくない」 という意識が高まる。


    ■ 婚姻届を提出する結婚に対しては男女とも若年層ほど高い傾向。男女とも40-44歳は4割未満と最も低く、年代によって大きく開いている。
    ■ 女性は35歳以上で意向が減少し 「結婚したくない」 という意識が高まる。


    [図] 「婚姻届を提出する結婚」 に対する意向度 <性・年代別>
    【図】「婚姻届を提出する結婚」に対する意向度[未婚男女のブライダル意識 2010]

    「挙式」 に取り入れたいイメージは、1位「シンプルな」 (38.2%)、2位 「ナチュラルな」 (26.1%)、3位 「清らかな」 (24.2%)。女性20代において特に、ウエディングらしいイメージも求められ、挙式に対するイメージが豊かに広がっていることを窺える。


    ■ 提示した 「挙式」 に取り入れたいイメージでは、「シンプルな」 (38.2%) が最も高く、次に 「ナチュラルな」 (26.1%)、「清らかな」 (24.2%) と続く。
    ■ 女性20代では、「ロマンチックな」 「キュートな」 「エレガントな」 「あでやかな」 といったウエディングらしいイメージとともに 「ナチュラルな」 「やさしい」 「清らかな」 イメージも求めており、挙式に対するイメージが豊かに広がっている。


    [図] 自分の 「挙式」 に取り入れたいイメージ1
    【図】自分の「挙式」に取り入れたいイメージ[未婚男女のブライダル意識 2010]

    「挙式」 に対する価値観では「結婚の節目として必要な儀式」42.8%、「必要性を感じない」50.1%を下回る。一方、「費用をかけたくない」 「準備が面倒」 といった意識が強く、「簡単に済ませたい」 「見られるのが恥ずかしい」 が続く。


    ■ 「挙式」 については、「費用をかけたくない」 「準備が面倒だと思う」 がほぼ並んで高く、どちらも 「非常にあてはまる」 が約3割を占める。続いて 「簡単に済ませたい」 「見られるのが恥ずかしい」 という気持ちが高い。
    ■ 「挙式は結婚の節目として必要な儀式だと思う」 は 42.8% (TOP2) で、「必要性を感じない」 (50.1%) が上回った。


    [図] 「挙式」 に対する価値観
    【図】「挙式」に対する価値観[未婚男女のブライダル意識 2010]

    挙式 及び 披露宴・パーティーに取り入れたいイメージの差は、挙式が 「清らかな」 「シンプルな」 、披露宴・パーティーでは 「くつろいだ」 「気楽な」 「カジュアルな」がそれぞれに欲しいイメージ。「ナチュラルな」 はどちらにも求められている。


    ■ 挙式と披露宴・パーティに取り入れたいイメージを比較し、どのような差があるかを調べた。「清らかな」 「シンプルな」 は挙式により欲しいイメージ、「くつろいだ」 「気楽な」 「カジュアルな」 などは披露宴・パーティでより欲しいイメージである。
    ■ 「ナチュラルな」 はどちらにも欲しいイメージである。


    [図] 「挙式」と「披露宴・パーティ」/取り入れたいイメージ比較 <全体>
    【図】「挙式」と「披露宴・パーティ」/取り入れたいイメージ比較[未婚男女のブライダル意識 2010]

    挙式と披露宴の価値観を比較すると、「結婚するうえで必要」 と捉えているのは挙式。 「今のスタイルにこだわらなくてもよい」 は披露宴・パーティで高い。


    [図] 「挙式」と「披露宴・パーティ」/価値観比較 <全体・性別>
    【図】「挙式」と「披露宴・パーティ」/価値観比較[未婚男女のブライダル意識 2010]


    当資料では、全編にわたって上図のような大きく見やすいカラー図表で、調査結果が分かりやすく提示されています。また、全ての図表に分析コメントが入っており、重要なポイントがすぐに分かります。

    【アンケート調査概要】


    ▼ 調査目的


     未婚男女の 「挙式」 「披露宴」 「結婚」 に関する意識を明らかにすることにより、
     今後のブライダルビジネスにおけるマーケティング活動の資料とする。


    ▼ 調査対象者


     日本国内に在住している20~44歳の未婚男女 ※
     ※ 「婚姻届を提出したことがない」 「子供がいない」 対象者に限定


    ▼ 調査手法


     インターネット調査


    ▼ 有効回答数


     計1,000名
     [男女別に各500件、
      年代別 (20-24歳/25-29歳/30-34歳/35-39歳/40-44歳) に均等に各100件]


    ▼ 調査期間


     2009年10月16日~10月21日

    ▼ 資料目次


      ・ はじめに

      I 調査の方法と本報告書について


      1. 調査概要
        ・ 調査の目的/調査の方法
        ・ 調査した主な項目と検証事項
      2. 対象者プロフィール
        ・ 居住地域/同居有無
        ・ 性・年代別の同居有無/職業
        ・ 性・年代別の結婚に対する現在の予定
      3. 本報告書の見方
        ・ 分析軸について
        ・ グラフについて

      II 結果のまとめ


      1. 未婚男女全体の傾向
        ・ 「結婚」 「挙式」 「披露宴・パーティ」 に対する意向はどの程度あるのか
        ・ 「挙式」 にどんな意識を持っているのか、どんな形でしたいのか
        ・ 「披露宴・パーティ」 にどんな意識を持っているのか、どんな形でしたいのか


      2. 年代による変化と男女の違い
        ・ 年代や男女の違いにより、ブライダル意識はどう変化するのか


      3. 性・年代別/各層のブライダル観
        ・ 男性20-24歳/男性25-29歳のブライダル観
        ・ 男性30-34歳/男性35-39歳のブライダル観
        ・ 男性40-44歳/女性20-24歳のブライダル観
        ・ 女性25-29歳/女性30-34歳のブライダル観
        ・ 女性35-39歳/女性40-49歳のブライダル観
        ・ 各意向で見るブライダル市場での受容性


      4. ホテル、専門式場、レストラン意向者のプロフィール
        ・ ホテル最意向者のブライダル観と情報接触
        ・ 専門式場・ゲストハウス最意向者のブライダル観と情報接触
        ・ レストラン最意向者のブライダル観と情報接触


      5. ヒントとキーワード

      III 結果の詳細


      3.1. 「結婚」 「挙式」 「披露宴・パーティ」 に対する意向
       1. 「結婚」 に対する意向
       2. 「挙式」 に対する意向
       3. 「披露宴・パーティ」 に対する意向
       4. 「挙式」 「披露宴・パーティ」 に対する意向比較


      3.2. 「挙式」 に関する意識
       1. 意向する 「挙式」 スタイル
       2. 自分の 「挙式」 に招待したいゲスト
       3. 自分の 「挙式」 に取り入れたいイメージ
       4. 「挙式」 に対する価値観


      3.3. 「披露宴・パーティ」 に関する意識
       1. 意向する 「披露宴・パーティ」 会場
       2. 自分の 「披露宴・パーティ」 に招待したいゲスト
       3. 自分の 「披露宴・パーティ」 に取り入れたいイメージ
       4. 「披露宴・パーティ」 に対する価値観


      3.4. 「挙式」 と 「披露宴・パーティ」 比較
       1. 招待したいゲスト比較
       2. 取り入れたいイメージ比較
       3. 価値観比較


      3.5. 「結婚生活」 に関する意識
       1. 「結婚」 に対する価値観
       2. 「結婚後の生活」 に対する考え方


      3.6. ゲスト経験
       1. ゲスト経験回数
       2. 直近のゲスト経験 : 時期
       3. 直近のゲスト経験 : 「披露宴・パーティ」 会場
       4. 直近出席会場と最意向会場


      3.7. ブライダルに関する情報源
       1. 会場選択時に参考にするブライダル情報源
       2. 「ゼクシィ」 認知度
       3. 「ゼクシィ」 参考度

      【附録1】 理想の 「挙式」 「披露宴・パーティ」 とは? [自由回答一覧 / PDF形式]


       (* 報告書セット [完全版/ダイジェスト版] のみ)

      【附録2】 クロス集計表データ [Microsoft社 Excel形式データ]


       (* 報告書セット [完全版/ダイジェスト版] のみ)

      【附録3】 婚姻関連統計データ集 [PDF形式]


      ■ 未婚率&未婚者数推移 (1950年~2005年)
      ■ 婚姻件数 【全体】&婚姻率推移 (1970年~2008年)
      ■ 婚姻件数 【エリア別】&構成比推移 (1970年~2008年)


      ■ 婚姻件数 【初婚/再婚別】&初婚率推移 (1970年~2008年)
      ■ 初婚者件数推移 【性年齢別】 (1970年~2008年)
      ■ 初婚者の年次構成比推移 【性年齢別】 (1970年~2008年)
      ■ 平均初婚年齢&夫妻の年齢差推移 (1970年~2008年)

    ▼ 販売形態別のご提供内容


    本報告書は、下記の3つのタイプでご提供しております。


    全てのご提供形態に、見やすいカラー製本をセットでご提供いたします。
    [完全版] では、プレゼンや資料作成に使いやすい Microsoft社 PowerPoint 形式のデータをご提供! その他にも、ご活用時に有利な特典が満載です!

     報告書セット
    [完全版]
    報告書セット
    [ダイジェスト版]
    報告書
    [ダイジェスト版]
    ▼ 報告書に含まれる分析軸
    性・年代別分析
    結婚・パートナー意向別分析
    挙式意向別分析
    最意向の挙式スタイル別分析--
    披露宴・パーティ意向別分析
    最意向の会場別分析--
    ▼ 納品物
    報告書製本1部&PPT製本1部&PDF製本1部&PDF
    自由回答集 「私の理想の結婚式」PDFデータPDFデータ-
    クロス集計データ*エクセルデータエクセルデータ-
    [特典1] 婚姻関連統計データ集
    [特典2] 説明報告会*--
    [特典3] 追加集計*--
    販売価格 (税・送料込み)105,000円78,750円52,500円


    * [クロス集計データ] Microsoft社 Excel形式による集計表データとなります。(再加工可)
    * [特典2] ご希望で説明報告会を承ります。(交通費実費をご請求)
    * [特典3] ご希望で追加集計を無料にて承ります。(発売後半年間限定/集計可能な範囲・仕様は個別にご相談)

    商品名
    未婚男女のブライダル&結婚意識調査 2010
    発刊
    2009年12月
    発行
    企画/編集
    調査
    PLANiDEA LLC.
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 約100ページ
    販売価格

    報告書 [ダイジェスト版]
    54,000 円 (税抜 50,000 円+消費税 4,000 円)
    報告書セット [ダイジェスト版]
    81,000 円 (税抜 75,000 円+消費税 6,000 円)
    報告書セット [完全版]
    108,000 円 (税抜 100,000 円+消費税 8,000 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態 [Bridal BIS]
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ